シンパシーという言葉を聞いたことはありますか?

シンパシーは相手に対する共感のことを言います。

これを感じていなければ人間関係がうまくいかないといわれているほど、人間の生活の中では大事なものがシンパシーなのです。

そんなシンパシーを嫌になるくらい感じてしまうようなシチュエーションが、世の中にはたくさん広がっていますよね。

身近なシンパシーを感じるシチュエーションを集めた物語は人の共感を生んで人気になりますし、こうしたシンパシーをあまり感じられない作品のことを独特でユニーク、異端と呼ぶこともあります。

それでは、身近なシチュエーションの中では、人はどんなところにシンパシーを感じるのでしょうか。

ちょっと分かるかも、程度ではなく、「それ分かる!」と、思わず声をかけてしまいたくなるようなシチュエーションを集めてみました。

また、後半では「シンパシーとは何か?」ということについて詳しくご説明します。

シンパシーについてあまり知らないという方も、シンパシーについて見てみることにしましょう。

仕事や友達・恋人関係で共感を得らえる16個のシチュエーション

相手に対する共感を覚えるシーンは人によってかなり異なるでしょう。

ですが、誰もが「分かる!」と思ってしまうようなシチュエーションもいくつかあります。

「こんなところに共感しているのは私だけ?」と思いがちですが、意外と、誰もが共感してしまうような16個のシチュエーションをまとめました。

周囲の人とどのようなシチュエーションが共感できるか考えてみると、面白いかもしれませんね。

仕事編

仕事場で感じる「あるある」。

それこそがまさに、シンパシーを感じるシチュエーションとも言えます。

それでは、そんなシチュエーションにはどのようなものがあるでしょうか。

仕事場では苦労をたくさんしているという人ほど理解できるシチュエーションについて見てみることにしましょう。

1. お客さんが間違えているのにこちらが謝らなければいけない

お客様は神様です、といわれることがあります。

現代では必ずしもそれが正しいわけではありませんが、やはり、お客様に失礼なことはできないのが当たり前の話です。

そのお客様も人間ですから間違えることがあります。

間違った知識を基にクレームをつけてくることもあるでしょう。

社会人は、そうしたお客さんに対しても丁寧な対応をしなければいけないのです。

相手が悪いのに自分が謝らなければいけないシチュエーションでの感情は、色々な人にシンパシーを抱いてもらうことができるのではないでしょうか。

2. 上司に対して本心ではない笑顔を常に見せている

社会人になると、自分の表面上の感情が、必ずしも内面にもうつされているわけではありません。

特に、上司の前では自分の悔しい気持ちや憤りを隠して、笑顔を常に見せている人もいるのではないでしょうか。

上司の前ではにこやかに、という常識を知っていたとしても、多くの人は違うことを考えているでしょう。

この気持ちは、その上司でさえも若いころに経験して分かっているかもしれませんね。

それほどまでに、このシチュエーションは社会に出ている多くの人にシンパシーを生むでしょう。

3. 体調が最悪でも代わりがいなくて出勤しなければいけない

学生時代は、自分の体調が悪い時には簡単に休むことができました。

自分の身体を優先にしなければいけなかったのです。

ところが、学生を終えて社会人になってしまうと、そう簡単に会社を休むことはできません。

終わらせなければいけない仕事はたくさんありますし、自分にしかできない仕事がある人もいます。

そのため、体調が最悪な場合でも、変わりがいなくて出勤しなければいけないということはよくあるでしょう。

その時の辛さにシンパシーを感じる人は多くいます。

そういったシチュエーションを実際に体験した時には、周囲からのフォローの優しさを身にしみて感じるのではないでしょうか。

4. 自分の成果を横取りされる

自分の成果を横取りされるということもあるようです。

先輩・後輩の縦社会が厳しいところではその傾向があるかもしれません。

上司が嫌な人間で会ったときにも、そういったことが起こって大変な目に遭っている人もいるでしょう。

だからこそ、そうした状況を思い浮かべたときに、シンパシーを感じない社会人の方はいないのではないでしょうか。

自分がやってきた仕事の成果だけを横取りされていると考えると、悔しくて仕方ないですよね。

5. お局社員にいじめられる

お局社員にいじめられるというのは、女性に多くありそうな状況です。

お局さんとの付き合いはなかなか難しいものですし、そのお局さんが良い人なら良いですが、あまり人好きのする性格ではなかった場合、女性社員の心のストレスはどんどんたまっていきます。

どこの会社にも、人好きのしないお局さんというものはいますから、そういった人との付き合いについてフラストレーションがたまって、シチュエーションに対して強いシンパシーを感じる人は多いでしょう。

友達編

人間誰でも友人がいなければ面白くない、と言われています。

ですが、一方で、友人とのお付き合いがとても面倒くさくなってしまうこともありますし、うんざりしてしまうこともあるでしょう。

こうしたうんざりするシチュエーションこそが、「シンパシーを感じるシチュエーション」なのかもしれません。

あまり人には言えないけれど、思いきり首を縦に振りたくなるようにな「友人関係の中でシンパシーを感じるシチュエーション」について見てみることにしましょう。

1. すごく仲が良いと思っていた友達に陰で悪口を言われていた

友達関係とはいっても、それが表面上のまま内面も保たれているわけではありません。

自分はすごく仲が良いと思っていた相手に、陰で悪口を言われていたというのはとてもショックですよね。

自分にもあり得そうだと思っている人もいるかもしれません。

人の本音というのは簡単に分かるものではありませんから、相手からそう思われていた時のことを考えると、自分の感情も強く動くのではないでしょうか。

2. 未婚組と既婚組で派閥ができる

ある程度以上の年齢になると、未婚組と既婚組での派閥ができる、そのことに対して胃が痛くなっているというシチュエーションも多くの方から共感をいただけるのではないでしょうか。

自分は結婚に興味がないと思っている人でも、いつの間にか巻き込まれているのが、同級生や友人の間での「未婚・既婚問題」です。

確かに、理論的に考えればこれはおかしなことではありません。

未婚者と既婚者では時間の使い方も異なりますから、どうしてもグループ化してしまうのはおかしいことではないのです。

ですが、そこに感情的な問題が混じってきた場合には、胃の痛い話になるのではないでしょうか。

特に、結婚を焦る年代の女性の場合には、同級生との付き合いにもキリキリすることが少なくないようですね。

3. 自慢話や人の噂話でうんざりする

自慢話や人のうわさ話でうんざりとしてしまうのは、性別に関係なく誰もが感じることでしょう。

人の自慢話を聞いていて楽しいと思うことはほとんどありません。

これは上司の話でもそうですが、友人の話でも同じです。

噂話も、本気で楽しめる人もいますが、楽しくないと思う人は不快感視界抱きませんよね。

こうした話に対してのうんざり感は、本人に伝えることができないので、フラストレーションがたまるものです。

嫌だと思う話に合わせて話をしていなければいけない状況には、多くの人がシンパシーを抱くでしょう。

4. 自分の仕事上の商品の勧誘をしてくる

自分の仕事上の商品の勧誘をしてくる人もいます。

友人の助けが必要な人が、とにかく友人に声をかけまくっているという状況が生まれたとき、思わずため息を吐いてしまうような心境は理解できる人が多いのではないでしょうか。

友人だから、そうむげに断ることもできずに困ってしまうのです。

友人だからと言って何でもできるわけではない、何をしても良いわけではないということを声を大にして言いたいのですが、それが簡単にできれば苦労はしませんよね。

5. 友達が作った料理を美味しくないのに美味しいと言う

友人関係を円滑にするためのものとして重要なのはもちろん、シンパシーですが、それ以上に円滑にするために大切なものがあります。

それは、嘘とお世辞です。

嘘もお世辞もなく、自分の気持ちを正直に話せる友人などそう簡単にいるわけではありません。

相手のことを傷つけないようにしようと思うと、相手の悪いところを面と向かっては言えないのが通常です。

「友達が作った料理がまずかったのに、相手の表情を見ると言えなくて、つい美味しいと言ってしまった」というような経験は、したことがある人も多いのではないでしょうか。

今では友チョコなども流行っていますから、友人の手作りを見て「うっ」となってしまった経験がある人も多いでしょう。

多くの人、特に女性がシンパシーを抱くはずです。

恋人関係編

恋人と一緒にときには、いつもよりも感情が大きく動くということもあるのではないでしょうか。

それは、愛情があるからこそです。

ですが、こうした感情が大きく動く関係の中では、たくさんうんざりすることもありますし、嫌だと思うこともあるでしょう。

悩むこともあるはずです。

それは誰もが同じであり、だからこそ「シンパシーを感じるシチュエーション」がたくさんあるのかもしれません。

恋人との生活で生じるシチュエーションの中から、多くの人の共感を得るようなシチュエーションを集めました。

1. 結婚したいけど妥協もしたくない

「結婚したいけど妥協もしたくない」という状況に陥っている友人を見たときに、シンパシーを抱く人は多くいるでしょう。

これは、男女ともにあるのではないでしょうか。

特に、同性の友人の愚痴に対して強くシンパシーを出だしてしまうことがありそうですね。

現代では晩婚化しているとも言いますし、女性を取り巻く状況も変わって、前よりも結婚に対する意識が変わってきています。

ですが、世間的、そして社会的に、良い大人が結婚を求められるという風潮は変わっていないため、結婚で悩む男女が増えてきています。

結婚していることを求められるとは言っても、だからといって誰でも良いわけではないというのは人間的な悩みではないでしょうか。

結婚はしなければいけないけれど、自分の好きな人以外とは結婚したくないというのは多くの若者が考える悩みであり、だからこそ、ある程度の年齢以上の男女には強く共感されるのです。

2. 恋人に実は二股をかけられていた

恋人に実は二股をかけられていたという状況の時に、多くの人がその気持ちに対してシンパシーを抱くでしょう。

自分が恋人に二股をかけられていたというときのことを考えてみると、怒りや悲しさが浮かんできます。

そして、その当事者にシンパシーを抱くだけではなく、同情を抱くこともあるのではないでしょうか。

誰しも、裏切られたときに冷静でいられるはずがありません。

自分には起こりえないと思い込んでいることであっても、想像してみると思わず気持ちが揺さぶられてしまような出来事に対してシンパシーを抱く人は多くいます。

3. 常に相手が何をしているか気になってしまう

恋愛感情を抱いたときに、誰もが感じるの感情ですね。

常に相手が何をしているかが知りたくてたまらないという状況に陥ってしまう人は多くいます。

相手のことが気になって仕方ないのは男女同じであり、そのため、この状況に陥っている人に対しては、性別関係なくシンパシーを抱くものでしょう。

4. すぐに既読にしないでわざと時間をおく

好きな人のLINEに対してすぐに既読を付けないで、わざと時間を置いておくというのも、多くの人が頷ける内容なのではないでしょうか。

時には好きになった人に対して一直線にアピールしてしまう人もいますが、多くの人にとって恋愛は駆け引きです。

それが上手いかどうかは別として、自分の気持ちがそう簡単にばれないようにふるまうのが普通です。

LINEの既読を付けないようにするというのはその最たるものでしょう。

相手からの返信にはしゃいでいるということがバレないように、わざと少しだけ時間を置いてみるのです。

この駆け引きは恋愛でよく使われますが、本当にドキドキしてしまいますし、誰もがその気持ちを理解できるのではないでしょうか。

5. 相手がびっくりするほどダサいファッションで現れた時のショック

これは、女性の方がシンパシーを感じることが多いのではないでしょうか。

普段はスーツばかり見ていた憧れの人が、私服になった瞬間にダサかった時のショックを思い浮かべると、笑ってしまいながらも同情を禁じ得ないような、そんな複雑な気持ちになるはずです。

特に、制服のある高校時代、もしくは就職してスーツばかりになってしまった社会人の恋愛ではこういった事態に陥りやすいでしょう。

同じことを経験した人なら、より強いシンパシーを感じるのではないでしょうか。