あなたはペットを飼っていますか?

中にはペットを飼っているという人はかなりいるかと思いますが、その中でも人気なのが犬や猫を飼っているという人がかなり多いかと思います。

もちろんほかにも人気のペットはたくさんいますし、うさぎやハムスターなども人気ですよね。

今回は犬を飼うという事に関して様々な事をご紹介していきたいと思います。

犬を飼うという事によるメリットだったり大変さ、そのほか気を付けて頂きたい事などをまとめてご紹介していきたいと思いますので、気になる方は見て頂きたいと思います。

ちょうど今ペットが欲しいと思っていた方にはうってつけの内容となっていますので、見てみてくださいね。

あなたは犬派?それとも猫派?

動物が好きな方だと、基本的にどんな動物でも好きという方は多いかと思いますが、昔から二分化される要素として、犬派と猫派にわかれている派閥が存在していたと思います。

もちろんどちらもかわいいですし、どっちが上という事もないのですが、なんとなくどちらかの方が思い入れがあったり、実際に飼うならこっちがいいという好みがわかれる事が多かったかと思います。

今回は犬に関してのご紹介となっていますので、犬派の方にはより共感していただける内容となっているかと思います。

ただ、猫派の方にも見て頂き、共感していただきたいと思っていますので、見て頂ければと思います。

犬は大昔から人間の”友達”

犬は昔からの人間の友達という事で知られていますよね。

はるか昔から犬と一緒に生きてきたという歴史などもあり、犬との仲は深いものがあります。

古来より共存していた歴史などから、やはり犬の方がなんとなく思い入れがあるという方もかなり多いかと思います。

そういった歴史もあり、本能で感じる部分も中にはあるのかもしれませんね。

狩りなども一緒に行ったりしていたようなので、一緒に人生を歩んできた仲間という風にも捉えることができますよね。

愛犬がいることによる8個のメリット

愛犬がいるという事で感じるたくさんのメリットがありますが、今回はしぼった8つのメリットについてご紹介していきたいと思います。

もちろん様々なメリットがありますが、その中でも多い順番にご紹介していきたいと思いますので、参考にしてみてくださいね。

ご紹介する内容の中から、気になったものがあれば、犬を飼う決断をされてみてはいかがですか?

自分自身が本当に良いと思ったのであれば、犬との楽しい生活を送っていただきたいなと思います。

それでは見ていきましょう。

1、毎日が充実する

毎日が充実するようになるという事がやはり一番のメリットなのではないでしょうか。

犬と一緒に生活する事で、当然ながら犬と一緒に様々な事を楽しむ事ができるようになります。

例えば、部屋でも一緒に遊んだりもするでしょうし、一緒に寝たりもするでしょう。

なんだか家族ができたような気分になり、実際に一緒の時間を過ごしていく中で、ひとりの家族として感じるようになります。

時には一緒にお風呂にもはいったり、一緒に散歩をしたりなど、一緒に楽しめる事がたくさんあります。

だからこそ、毎日の時間が充実するようになりますので、犬を飼う理由の参考にしてみてはいかがでしょうか?

触れ合う事で”心”から繋がれる

一緒に様々な場面で触れ合う事で、自然と心から繋がる事ができるようになります。

よく犬を飼っている人の中には犬の気持ちがなどがしっかりとわかるようになるという方も中にはたくさんいらっしゃるかと思います。

一緒に生活をすると、一緒にたくさんの事をしていく中で、自然と心から相手を理解する事が出来るようになります。

そうなると、自然と相手が望んでいる事だったり、どうしてほしいのかという事も理解できりようになります。

もちろん自分自身が辛い時にはそれを察知して、慰めてくれるような行動をとってくれたりなど、思いやりの心を持っているのが犬です。

そうした触れ合いだったり、心の中での繋がりなどが犬を飼う事で得られる醍醐味でもあるのではないでしょうか。

2、ストレスが減る

犬を飼う事で、自然とストレスが軽減されるという事もあります。

一緒に生活をしていく中で、遊び相手にもなってくれますし、寂しい時間がなくなりますよね。

人間と違い、犬は喋れないですが、一緒の時間を共有する事で心が繋がる事ができるようになります。

繋がる心は、自然と孤独な時間をなくしてくれますし、親友ができるような感覚になるかと思います。

一人ではないんだという気持ちだったり、疲れた心などをいやしてくれるのは犬の醍醐味になるのではないでしょうか。

一緒に遊んだりする事で、気づけばこちらが癒されているという事も多々あります。

犬を飼って、楽しい時間を過ごされてみてはいかがですか?

目を見つめるだけでも癒される

犬のまっすぐで可愛い目を見るだけで自然と癒されるようになります。

犬は無邪気ですので、一緒に遊んでいてもその純粋な気持ちに癒される事が多いかと思います。

自然と犬も自分を頼りにしてくれたり、甘えてきてくれるので、自分という存在を認めてくれている、頼りにしてくれているという事を実感すると自然とこちらも嬉しくなりますよね。

そうなると、犬からはたくさんの癒しだったり、笑顔をもらう事が出来ます。

犬がいないとダメになってしまうくらい、犬は魅力的な生き物であり、パートナーであるという事を覚えて頂きたいと思います。

3、散歩で交流が生まれ、自然に人間関係が築ける

犬を飼うのであれば、必須なるのが散歩ですよね。

散歩が面倒だからといってしないような人であれば、犬を飼う資格はないといえるでしょう。

あなたも常に仕事ばかりではつまらないでしょう。

それ以外にも遊んだり、どこかに外出して息抜きをしたいという気持ちになるかと思います。

それを一切禁止にされてしまったらストレスは溜まりますし、非常に苦痛な事になります。

なので、犬にとっては家という縛られた空間だけで生きていくには窮屈なのです。

それに運動不足にもなり、病気にもなってしまう可能性もありますので、絶対に散歩には積極的に連れていくという事を意識しておく事が大事であるといえるのではないでしょうか。

散歩をする事で、犬との交流も生まれますし、時間をかける事によって自然と信頼関係も生まれてくるようにもなります。

孤独から解放される

孤独な時間から解放されるという事もメリットになります。

例えば、今まで友達も家族との交流もあまりなかった人が犬を飼いだして、散歩に行くと孤独だった時間から解放されて、犬と一緒に遊んだり、楽しい時間を共有できるようになります。

何も癒されるのは犬だけではありません。

自分自身も寂しい時間を犬との過ごす時間の中で、楽しい時間だと認識できるようになり、自然とストレスを解消させてくれるのです。

犬と一緒に楽しい時間を重ねれば重ねるほど、自然と一緒に楽しい時間が過ごせるようになるのではないでしょうか。

いつの間にか犬がいないとダメになってしまうくらい好きになってしまうかと思いますよ。

4、愛犬と一緒に成長出来る

犬を飼う事で、一緒に愛犬と成長していけるという事もメリットになります。

犬を飼う事で、最初はまずは信頼関係などを結んでいく必要がありますよね。

最初は犬も緊張していますし、今までの生活環境がガラッと変わるので、最初はまだ信頼されていません。

なので、きちんと信頼関係を結ぶ事から始まり、そのほかには犬がしてほしい事などを理解してあげるように努めたりする必要なども生まれてきます。

愛犬と接するうちに、様々な事を経験していくので、自分自身が人間的にも成長していくきっかけにも繋がるという事がいえるのではないでしょうか。

根気良さや愛情の伝え方など学べる

犬と過ごす中で、自然と犬に対してしつけなどを行う事も生まれてくるかと思います。

もちろんしつけってかなり大変ですし、難しい事にもなります。

最初はなかなかこちらのいう事を聞いてくれませんし、犬もそれを理解できないでいます。

これを何度も何度もくりかえていくうちに意味を理解するようになり、さらに信頼関係も築いていけるようになります。

さらに、愛情の伝え方などもしっかりと意識して行う必要があるので、こちらもどうすれば愛情を伝えられるようになるのかという事をしっかりと考える事に繋がります。

なので、一緒に人間的にも成長していく事が出来るという事もメリットになるのではないでしょうか。

5、子どもが飼うと思いやりの心が育つ

自分自身が子どもの時だったり、たとえば子どもがいる家庭で犬を飼おうとすると、自然と子どもが思いやりの心を持って育つようになります。

犬と一緒に生活する事によって、やはり犬に対してお世話をする事も生まれるかと思います。

例えば、一緒にお風呂に入ったり、食事やおやつを与えたりするなど。

一緒に遊んだりする事も多くなるかと思いますが、やはり言葉がしゃべれないので、相手が何をしてほしいのか理解してあげようとします。

そうなった時に、自然と相手の事を思いやれる気持ちが備わって来ることにつながるのではないでしょうか。

世話をする”責任感”も持つ

お世話をするという事から、自然と犬に対しての責任感を持てるようになります。

この責任感があるのとないのとでは、まったく違ってきます。

自然と犬に対しての思いやりの心もなどもそだつようになるので、周りに対して気遣いができるような心の持ち主になれるような事につながります。

人間としての成長なども大きく期待できますので、積極的に犬と関わらせてあげるという事も大事になるのではないでしょうか。

6、高齢者が飼う場合、生活に張りが出る

犬を飼う事で、しっかりとメリハリのついた生活にする事が出来るという事もメリットになります。

例えば、高齢者の方が犬を飼う事で、しっかりと犬に対する責任感がボケなどを防止してくれますし、責任感があるほどメリハリが出てくるようになります。

家族や周囲との繋がりも生まれる

周りとのつながりも、犬を通して生まれるようになり、暖かい絆が生まれるようになります。

例えば、犬を飼っていると孫などが犬が好きで遊びに来てくれる頻度が上がったりとか、そういった事も生まれるようになります。

犬を通して孫と一緒に遊んだりとか、そういった家族の絆までもさらに太くしてくれる事にも繋がりますので、参考にしてみてくださいね。

7、一生を掛けてたくさんの思い出をくれる

犬は人間と比べて、一生が短いです。

人間が生きている中で犬を飼うと、自然と犬の方が先になくなってしまうという事は多いですし、そういった経験をされた事がある方も多いかと思います。

一緒に生活をする中で、自然と家族になりますので、家族がいなくなった時のように寂しい思いに駆られてしまう事になるでしょう。

ただ、その分犬はたくさんの思い出を私たちに与えてくれるという事もまぎれもない事実になるのです。

「出会えて本当に良かった」を思える

犬に出会えて、本当に良かったと思えるような感情を与えてくれるのが犬です。

一緒に生活して、長い時間を共有すればするほど、犬がいなくなってしまった時に寂しくなりますし、それと同時に本当に会えてよかったと思わせてくれるのです。

この思いが、非常に大事であり、このように思わせてくれる事ってなかなかありません。

出会えて本当に良かったと思える人っておそらくそこまで存在しないかと思います。

ただ、そう思わせてくれるのが犬なので、暖かい時間を過ごしたいのであれば、犬を飼ってみる事をお勧め致します。

8、ケンカを仲裁してくれる

例えば、犬を飼う事のメリットとしてケンカの仲裁をしてくれる事もあるようです。

例えば、家族の中でケンカをしてしまったという事があり、きまずい関係になってしまったという事がよくある話だと思います。

もちろんすぐに謝れるような関係性であれば問題ないかと思いますが、中にはあまり謝るのが上手ではない人もいますよね。

そんな時に助けてくれるのも犬なんです。

円満関係の手助けをしてくれる

夫婦関係が気まずくなったりとか、家族の間でケンカをしてしまった時でも、自然と犬が仲裁に入ってくれる事もあります。

例えば、一緒に遊ぼうと来たり、結果として気まずい関係が流れている事も上手に空気を読んでくっつけてくれようとしたりしてくれます。

そういったきっかけがあれば、自然と謝れるような関係にもなりますし、円満でいられる事にもなりますよね。

犬が良い意味で空気を読んで、行動してくれるので、結果として良い関係を結び続ける事が出来るという事もあるのではないでしょうか。

犬を飼うのは大変な事も多い

犬を飼うという事は、かなり大変な事は多いのも事実です。

犬を飼うという事は、世話をしてあげる義務が生じます。

ただ可愛いから、寂しいからという理由だけで飼ってしまうと、時にはギャップを感じてしまう事にもなりかねません。

なので、しっかりと犬に対して何をしてあげないといけないのか、犬に対してどれくらい時間をかけてあげないといけないのかという事を理解しておくことが大事になります。

当然お金もかかりますし、余裕がないと難しいという事は理解しておく事が大事です。

実際にどういう事が必要になってくるのかという事を簡単にまとめていますので、みてみてくださいね。

エサ・おやつ代以外にお金が掛かる

犬に対して、おやつやエサなどを当然あげたりすることが必要になってくるのですが、そう考えると毎月犬に食事の代金が必要になってきます。

ただ、単純にそれだけで済むかというとそうではありません。

それ以外にもお金がかかってしまうという事を理解しておく必要があります。

ワクチンや狂犬病などの予防接種

犬に対して、病院に連れて行ってあげるという事も大事になってきます。

定期的な予防接種の代金が必要になりますし、それ以外にも費用が発生する事もあります。

なので、お金に余裕がないと、そこまでしてあげられないという事態にもなってしまいますし、そうなってしまうとどうしても自分の事を優先的にしてしまい、犬に対してかけてあげられるお金がなくなってしまうという事もあります。

そうなると犬にしてみれば迷惑な話でしかありません。

余裕がなければ、飼うのは難しいという事をしっかりと理解しておく事は大事であるという事を覚えておきましょう。

トイレシーツなどの消耗品

トイレシーツなど、消耗品などもお金がかかってしまうという事は覚えておかなければいけません。

これも毎回と考えると、ある程度のお金が必要になります。

なので、ただ食事代があればそれでいいという考え方などは持たないようにしなければいけませんし、犬を飼うという事は、犬の人生を預かるという事にもなります。

それがいい加減な気持ちで飼ってしまっては絶対にいけませんので、その点に関してはしっかりと理解してあげることが大事になるのではないでしょうか。

排泄物の片付け

排泄物なども自然と生きていれば出てきますので、片付けなども必要になります。

当然、犬は本来であれば野生の生き物なので、人間のように最初からトイレで行うなどの行動が出来ない場合もあります。

時には思わぬ所で排泄してしまう事もありますし、最初はしつけを行う事から始めないといけなくなりますので、その点も根気が必要だという事を理解しておいてください。

粗相した時の掃除

粗相した時には当然片づけが必要ですし、片付けの必要な道具なども購入しておくことが必要になります。

散歩に行った時もそうですが、そのままにするのではなく、しっかりとお世話をしてあげたり、持ち帰ったりする事も大事になります。

なので、マナーを守る事も大事ですし、粗相をした時にはしっかりと犬の分まで対処してあげる事が必要になるという事を覚えておきましょう。

毎日の散歩

犬を飼うにあたり、絶対に必要なのがこの散歩です。

散歩をしてあげないと犬はものすごくストレスを感じます。

先ほどもご紹介した通りですが、あなたがどこかの部屋に閉じ込められてしまった時に、外の空気を吸わないと気分が悪くなってしまいませんか?

定期的に出られる環境であれば、問題ないかもしれませんが、それが自分の意思で出られない場合ものすごく苦痛に感じるかと思います。

これは犬も人間も同じなので、その点をしっかりと理解してあげる事が大事になるといえるのではないでしょうか。

1回サボるだけで凄くストレスを感じる

あなたが犬の立場に立ってみてください。

毎日散歩に連れて行ってもらえる場合と、飼い主の気分によって散歩に出かける場合、やはり期待している分散歩に連れて行ってもらえないとストレスに感じませんか?

同じ場所にずっと閉じ込められていると気分も悪くなってしまうかと思います。

なので、必ず犬に対してどれだけ疲れていても、しっかりと散歩に連れて行ってあげる事は大事ですし、犬に対する義務であるという事を覚えておきましょう。

子犬の場合はイタズラし放題

犬を飼う時には成犬ではなくて、まだ子犬の状態から飼う人もかなり多いかと思います。

ただ、子犬の場合、人間も同じですが、子どもっていたずら好きだったり、落ち着きがなかったりしますよね。

それは人間も子犬も同じであり、しっかりとしつけをする事から始めります。

最初はなかなかいう事を聞いてくれませんし、いたずらもしますので、最初はちょっと苦痛に感じるような事もあったりするかもしれませんが、これを理解しておくのと理解していないのとではかなり違ってきますので、最初はしっかりと覚悟して飼う事を決断する事が大事であるといえるのではないでしょうか。

齧られたり壊されたりする

子犬の場合は、最初は自分自身に対して齧られたり、何かものを壊されたりする事もあるかと思います。

犬の場合は、人間のような考え方が出来ないので、悪気はないのにそういう事をしてしまったりもします。

なので、最初はしっかりと注意する事も大事ですが、ある程度犬に対してしつけをする覚悟が必要です。

最初は思い通りにならないという事も覚悟して望まないと、いう事を聞いてくれないからといって放棄するという事にもなりかねません。

これは一番いけない事ですので、しっかりと事前に覚悟をしておく事が大事であるという事を覚えておいてくださいね。

途中で放棄出来ない

犬を飼うと決めたからには、途中で投げ出す事は絶対に許されません。

途中で投げ出すという事は、犬の命を捨てるという事にもなります。

そんな中途半端な覚悟で犬を飼おうと思うのであれば、犬からしたら迷惑な話でしかありません。

犬を飼うには、しっかりとした決意が必要であり、中途半端な覚悟は持たないようにするという事をしっかりと意識しておきましょう。

最期まで責任を持てるか

最後まで責任を持って犬を飼う事が出来るかどうかという事をしっかりと決断しておく事が大事になるといえるのではないでしょうか。

どうしても面倒に感じる事がある時もあるでしょうし、時間がない時もあるでしょう。

ただそれを言い訳にせずに、しっかりと犬に向き合う事ができるかどうかという事を確認しておくことが大事になるといえるのではないでしょうか。

どんなに愛しても先に死んでしまう

これだけは理解しておきたいのが、犬はどれだけ愛情を注いでいても、生き物ですので、自然と亡くなってしまいます。

寿命で考えていても、先に犬が亡くなってしまう事の方が多いでしょう。

家族の一員ですので、亡くなってしまった時には相応の悲しみが待っています。

ただ、犬を飼うという事でたくさんの事を教えてもらう事があります。

得られる事も多いですし、犬を飼う事は、人生において非常に大切な経験になるかと思います。

”死”を受け止める覚悟はあるか

犬が最終的に亡くなってしまうという事を受け入れる覚悟があり人のみが犬を飼う事ができるでしょう。

悲しみにくれてしまっても、犬は戻ってきませんし、しっかりとその分犬に愛情を注ぎ、後悔の無い時間を過ごしてあげる事が大事になるのではないでしょうか。

犬の死を受け入れる事ができるかどうかということを事前に確認しておく事が大事になるといえるのではないでしょうか。

【犬を飼う時の注意点については、こちらの記事もチェック!】

大きさ別で見る、人気の犬種

犬を飼おうと思っている方は、どんな犬が飼いたいと思いますか?

犬と一言でいっても、様々な種類がありますし、非常に特徴などもたくさん持っています。

なので、自分自身が好きな犬を飼う事が大事になるかと思いますが、特徴がたくさんあるのでわかりづらいかと思います。

今回は小型中型大型の順番に人気TOP3をご紹介していきたいと思いますので、参考にしてみてくださいね。

人気の小型犬TOP3

まずは小型犬のTOP3についてご紹介していきたいと思います。

小型犬は可愛い犬が多く、小さいため飼いやすいという事でも人気の種類になります。

小さい犬が好きだという方には小型犬が非常におすすめであり、部屋の中でも一緒に遊んだりできるのも魅力的です。

それでは見ていきましょう。

3、キャバリア

まずご紹介するのはキャバリアです。

キャバリアはイギリスの犬であり、名前のキャバリアは騎士という意味を持っているかっこいい犬ですね。

でも見た目は可愛いので、非常に愛らしい姿となっています。

モフモフしていて、長い耳や飾り毛があるのが特徴の犬になっています。

性格は穏やかで、愛情深く、物静かな性格で理想的な家庭犬であるともいわれています。

初めて犬を飼う方にはぴったりかもしれません。

ただ、寂しがり屋なので、しっかりとお世話してあげることが大事になるかと思います。

2、シーズー

次にご紹介するのはシーズーです。

シーズーは中国の犬であり、チベット高原などが原産となっています。

寒冷地の出身という事もあり、非常に体毛に覆われている外見となっています。

モフモフな毛が非常に愛らしく、かわいい犬となっています。

活発な性格でありながら、子どもや高齢者とも一緒に生活できるような犬となっており、無駄吠えも少ない犬になります。

非常に飼いやすい犬であるともいえるのではないでしょうか。

1、トイプードル

小型犬で人気といえば、やはりトイプードルになるのではないでしょうか。

トイプードルは非常に可愛い外見となっており、全身がカールした毛でおおわれているのが特徴的となっています。

可愛いくりくりした目も特徴的なので、非常に小型で飼いやすく、おすすめの犬種となっています。

初めて犬を飼う方は、小型犬から慣れていく事が非常におすすめなので、検討してみてはいかがでしょうか?

人気の中型犬TOP3

それでは、ここからは人気の中型犬についてご紹介していきたいと思います。

中型犬はある程度の大きさもあるので、一緒に遊んでいてもアクティブな感じで遊ぶ事も出来ますし、大きいので、抱きしめたりなどの愛情表現なども可能となっています。

ちょっと大きいくらいの方が好きだという方にはお勧めですので、ご紹介していきたいと思います。

3、アメリカン・コッカー・スパニエル

中型犬で人気といえば、アメリカン・コッカー・スパニエルです。

ふわふわした毛に、愛らしい表情を持っているこちらの犬は、スペインが原産の犬になります。

たれ耳で長い毛をもっており、長方形の顔つきで非常に愛されている犬になります。

人懐っこく甘えん坊で、非常に頭が良い犬になるにで、しつけなどにも苦労する事なく飼う事が出来る犬になるのではないでしょうか。

2、シェットランド・シープドッグ

中型犬で人気といえば、シェットランド・シープドッグです。

こちらは、スコットランドが原産となっている犬であり、コリーと似ている姿をしています。

元々は牧羊犬の歴史を持っており、俊敏性とスピードを持っている犬でもあります。

温厚な性格であり、警戒心が高く、聡明さも兼ね備えているという犬になります。

警戒心が強いので、よく吠えるという特徴を持っているので、吠える事に関して慣れていない方だったり、しつけがあまり得意ではない人には少し注意した方が良いかもしれません。

1、ビーグル

中型犬で人気といえば、ビーグルです。

ビーグルはイギリス生まれの狩猟犬であり、嗅覚が非常に発達している犬種でもあります。

嗅覚が優れているので、麻薬探知犬だったり、検疫探知犬として活躍している犬になります。

活発な性格なので、遊ぶことが大好きなので、飼うとすれば非常にたくさん遊んであげる事が大事になります。

忙しい方や、遊ぶ時間があまりないという人にはあまり向いていませんので、一緒に遊ぶことが大好きな方にはお勧めの犬種になります。

人気の大型犬 TOP3

最後に、ご紹介するのが大型犬のTOP3です。

大型犬は好き嫌いが別れるかもしれませんが、大型犬の魅力はたくさんあります。

大きいからこそ、持たれたり、いっぱい抱きしめたりできるのも魅力的ですよね。

存在感もあるので、大きい犬が好きな人はもう大きい犬しか魅力を感じなくなってしまうという方も中にはいるのではないでしょうか。

それではご紹介していきましょう。

3、バーニーズ・マウンテンドッグ

大型犬で人気といえば、バーニーズ・マウンテンドッグです。

原産国がスイスであり、アルプスの厳しい気候の中牧畜犬としての歴史があります。

元々ミルクなどの農産物を輸送する際に引っ張っていた犬種として有名です。

温厚で優しい性格でありながら、飼い主以外には襲い掛かる事もある可能性があるとか。

ただ、人間との触れ合いが好きで、寂しがり屋な一面も持っています。

しっかりとお世話できる人にはお勧めの犬種であるといえるのではないでしょうか。

2、ラブラドール・レトリバー

大型犬で人気といえば、やはりラブラドール・レトリバーでしょう。

これはもう有名であるかと思いますが、カナダの原産国の犬になります。

カナダやイギリス、アメリカでも人気の犬種として有名であり、洞察力や作業力に優れている犬であるともいわれています。

障害者補助犬だったり、警察犬としても優秀な犬として使役されています。

社交的で温和で、従順な性格なので親しみやすい、優しい犬としても広く認知されています。

1、ゴールデン・レトリバー

大型犬のTOP1は、ゴールデン・レトリバーです。

ゴールデン・レトリバーもかなり人気の犬種になるのではないでしょうか。

イギリス原産の犬であり、忠誠心も高く、賢い犬であるという事で認知されています。

猟犬としても効果を発揮しており、人間に同調する能力を持っているともいわれています。

なので、静かにしてほしい時には静かにするし、遊ぶ時にはたくさん遊ぶという非常に賢い犬です。

犬種事に飼う上での注意事項が違うので、特徴を理解したうえで飼う事をお勧め致します。

愛犬は大切なものを与えてくれる

いかがでしたでしょうか?

今回は犬を飼う上でのメリットやデメリットなどをご紹介していきました。

メリットもあればデメリットもたくさんありますが、そえでも魅力的に思うのであれば、絶対に飼ってあげた方がたくさんの経験が出来ます。

犬と一緒に楽しい人生を送ってみてはいかがでしょうか?

今までに感じた事のない感動を与えてくれるかと思いますよ。