あなたは劣等感を持っていますか?と質問すると、大抵の人は「はい」と答えるでしょう。

人は誰でも劣等感を感じながら生きていると、私は思います。

筆者である私自身も、劣等感を感じる部分は沢山あります。

背がとても低いこと。

その上胴長短足ぎみで、スタイルが悪い。

肌荒れがひどく、特に学生時代はニキビだらけの顔で、今はそのニキビ跡だらけ。

女性ですが、あまり可愛げのない性格で、どちらかというと人づきあいが苦手…などなど。

挙げればキリがありません。

皆さんにも、何かしら劣等感を感じる部分はあるのではないでしょうか?

しかしながら、この劣等感に囚われて苦しさを感じる人もいれば、劣等感を感じる部分はありつつも、気にせずに過ごしている人もいます。

私も、劣等感はあるか?と聞かれればいくらでも挙げられるのですが、普段はほぼ忘れています。

劣等感ってどういう意味?


ところで、この“劣等感”ってどういう意味かをご存知ですか?

みなさん言葉は知っているし、聞いたこともあるでしょう。

でも、改めて聞かれると…?何となくは分かっているけど…と思う人も多いかもしれませんね。

劣等感という言葉の意味について調べてみると「劣等感とは自分が他人に劣っていると感じること。(wikipediaより)」とあります。

皆さんの理解とあっていたでしょうか?

また、劣等感って「つまりはコンプレックスのことでしょ?」と思っている方も多いと思いますし、特に日本では実際にそういった使われ方をしています。

ところが、本来コンプレックスと劣等感は関係がないんだそうです。

心理学的に、コンプレックスとは、複雑に絡み合った倒錯的な心理状態を表わす用語とのこと。

例を挙げれば“マザーコンプレックス”などは、正常な状態ではない愛のカタチであり、倒錯的な要素が強いことがわかりますよね?

劣等感はアドラー心理学から広まったと言われている


先に、劣等感とコンプレックスについてそれぞれ解説しました。

この劣等感を最初に表現したのは、アルフレッド・アドラーだと言われています。

この人物こそが、2013年に出版され大ヒットした『嫌われる勇気』で解説されているアドラー心理学の創立者です。

この中で、劣等感やコンプレックスの違いについても詳しく解説されています。

アドラーは劣等感のことを「“価値”が“より少ない”“感覚”」と表現しているそうです。

実際にはドイツ語なのですが…つまり劣等感は「自らへの価値判断に関わる言葉」であると、『嫌われる勇気』の中で解説されています。

アドラーは、「個人心理学」を提唱した人物とも言われています。

劣等感においても、全ては“自分で決めた価値判断により生み出された感覚”であると言えるでしょう。

アドラー心理学では、劣等感さえも、それを感じることによって、自分にとって都合のいいある目的を果たしていると考えるそうです。

過去の原因ではなく、今の目的を考えるのがアドラー心理学。

劣等感を感じるようになってしまった原因ではなく、劣等感を感じることによって得られる目的があるということなのです。

劣等感が強い人の特徴


さて、この記事を読んでいるあなたは、ご自身が強い劣等感に苦しんでいる人でしょうか?

もしくは、周囲の人に劣等感が強い人がいて、その理由を知りたいと思っているのかもしれませんね。

自分の劣等感でも、身近な人の劣等感でも、その劣等感をいだいてしまう根深い理由があったりします。

それを知れば、考え方の変換が出来るかもしれませんね!
苦しさから解放される、キッカケを掴めるかもしれません。

ここからは、劣等感が強い人の考え方の特徴や、そこに至った背景を見ていきましょう。

劣等感は誰にでもあるものです。

それに支配され苦しめられてしまう人がいる一方で、自分の進化のバネにする人もいる。

捉え方がほんの少し違うだけ…

1.若い頃に勉強や容姿など何かで「劣っている」と感じた経験がある

では、劣等感が強い人は、いつからその感情に支配されるようになってしまったのでしょうか?その多くは、若いころの経験にあるそうです。

家庭や学校、社会生活…人は競争社会で生きており、常に比較される環境に置かれています。

嫌でも他人との比較をせずにいられない環境が、生まれながらにして整っています。

学校では、成績やテストの順位によって優劣が決められ、勉強が出来ないと劣っていると思わされます。

クラスメイトの可愛い女の子はちやほやされ、劣っているといじめの対象になることすらある。

また、家庭では兄弟姉妹で比べられ、「なんで兄弟なのに、あなたは出来ないの?」と比較される。

さらには親により、近所や同級生とも比べられ「うちの子はダメだから」と、否定され続ける。

こういったひとつひとつの経験から、「自分は劣っているんだ」という感情を、知らず知らずのうちに刷り込まれてしまうのです。

特に日本では、“謙遜”が控えめで美しいとされる気質があり、親の何の気なしの謙遜が、子供にとっては否定の感情を植え付けることになっている場合もあるのです。

2.理想が高すぎる可能性も

また、劣等感が強い人は“理想が高すぎる”場合もあります。

ただ、理想が高いというのは、決して悪いことではないと私は思います。

高い理想を掲げ、それを追求することは、自分の成長の糧にもなるはずです。

アドラー心理学では、このような欲求を「優越性の追求」と呼ぶそうです。

理想や目標を掲げ、「まだまだ未熟だ」「もっと極めたい」と、向上心を持って前進することは何ら問題ではないと。

ある種の劣等感が、自分の向上のための促進剤となる状況です。

でも、この理想に苦しめられてしまう人は、劣等感を成長のバネに使うことが出来ない状態にいます。

これもやはり、自己肯定感が希薄なことが原因だと私は思います。

他者から認められることを求め、他者から見た完璧な自分を思い描いていると、足りていない部分にばかり気を取られ、高い理想を持ち続ける無限ループにはまってしまいます。

3.自分が出来ないことばかりに目が行ってしまう

理想が高すぎる可能性のところでも少し触れましたが、劣等感が強い人は「自分が出来ないことばかりに目がいってしまいます」
これもやはり、自己肯定感が希薄なことが原因であると思われます。

自分の劣っているところばかりをクローズアップし、自分の優れている点にスポットを当てることが出来ません。

せっかく優れた面があるのにそれを無視してしまっては、自分が可愛そうだと思いませんか?優れている自分が「私を見て~!!」と叫んでいるかもしれませんよ!

自己肯定感を持っている人というのは、自分の出来ない部分同様に、自分が出来ている部分も見ています。

「ここまでは出来てる!では出来ていないここを頑張ろう!」と、劣等性を優越性の追求のために使うことが出来るのです。

4.いま目の前にある小さな幸せに気づけない

このように、自分の出来ないところばかりにスポットを当ててしまう劣等感の強い人は、目の前にある小さな幸せにも気が付くことが出来ません。

強い劣等感は、自分を認めることが出来ないだけでなく、他者をも認めることが出来ない強い力を持っていると私は思います。

周囲にはあなたを認めてくれている人がいても、心配して優しい言葉をかけてくれる人がいても、「そんなのウソだ」と、それすら否定してしまいます。

心配してくれている友達を目の前にして「私のことなんて誰も心配してくれない」と、相談しているようなものです。

それは、目の前の友達に対して失礼だと思いませんか?
そうやって、自分も周りも否定していると、今目の前にある小さな幸せにも気づくことが出来なくなってしまうのです。

5.自己肯定できていない

劣等感が強い人は、自己肯定が出来ていません。

簡単に言うと、自分に自信が持てないということです。

また、自己否定の感情が強いとも言えます。

劣等感が強い人というのは、他人と自分を比較して、自分の劣っている部分にばかりスポットを当ててしまいます。

そして自分を自分で否定してしまうのです。

人は誰でも、他者に認められることで、安心感や優越感を持つことが出来ますよね?でも、常に誰かが自分を認め、褒め続けてくれるわけではありません。

自分の価値を他者に依存しすぎていると、誰かに認めてもらえなければ、途端に不安になり、「自分は無価値な人間だ」と決めつけてしまうのです。

一方で自己肯定感を持っている人は、他者に認められていなくても、自分で自分を認め、自らを支えることが出来るのです。

自分の一番の味方は、自分だということです。

劣等感が裏目に出て、こういう行動や感情になってしまう人も

強い劣等感を持っていると「どうせ自分なんて」とあきらめてしまう人もいますよね?
自らの劣等感を言い訳にして、努力をあきらめてしまう状態。

これをアドラー心理学では“劣等コンプレックス”と呼んでいるそうです。

また、劣等コンプレックスを持ち続けていると、“優越コンプレックス”という特殊な心理状態に発展していくことがあるとも指摘しています。

これは、劣等性を自分の努力によって補修していくのではなく、“あたかも自分が優れているかのように振る舞い、偽りの優越感に浸る”ようになっていく状態であると。

たとえば、自慢話ばかりするというのも、自分に自信が無く劣等感の裏返しなだけだと…

自慢話ばかりする

自慢話ばかりする人というのもいますよね?

その話を聞いている方は、あまり気持ちのいいものではないのですが…

“もし、自分に自信をを持っていたら自慢などしない”と『嫌われる勇気の中』で指摘されています。

自分が優れているということを誇示しなければ、「誰も自分を認めてくれない」と思い、怖れていると言います。

これこそが、“優越コンプレックス”であると。

自らをアピールすることも時には必要かもしれません。

でも、必要以上に自慢話ばかりするという人は、劣等感が根底にあるということなのです。

悪口を言ったりして他の人を攻撃してしまう

また、悪口を言ったりして、他の人に対する攻撃性を持っている人もいます。

これは劣等感を、自らの努力によって克服しようとするのではなく、自分より優れた相手を傷つけ、引きずり降ろそうとする行為です。

そうすることで、自分が優位に立とうとしています。

他人を傷つけようとする人の心には、やはり強い劣等感が潜んでいるのです。

人を陥れようとするネガティブキャンペーンは、それに巻き込まれた人も、周囲で見ている人も、気持ちの良いものではありません。

人を攻撃して自分が優位に立ったとしても、そこには偽りの優越感しか生まれないのではないでしょうか?それで本当に劣等感から解放されるとは思えません。

まさに、劣等感が裏目に出てしまった行動と言えます。

人を信用できなくなってしまう

また、先にもふれた通り、強い劣等感から自己否定ばかりしていると、他者のことまで否定し、信用出来なくなっていきます。

周りの人がいくらあなたを認めてくれていても、その気持ちを素直に受け取ることが出来ないのです。

劣等感や自己否定は、自分で自分を傷つける感情ですが、それに支配されると、他人の言葉も信用出来ず、さらには他人に攻撃しはじめる結果となってしまいます。

人を信用出来なければ、自分を信用してもらうこともままなりません。

また、「自分はどうせ」「私なんて」と、自分の出来ない部分しか見ておらず、周りを見ることが出来ていないと、自分を見てくれている人の存在にも気づけません。

そして次第に、周囲から人は離れていってしまいます。

ともなると、自己嫌悪に陥り、劣等感はさらに強さを増していくのです。

劣等感の克服方法

強い劣等感を持っている人は「自分を強烈に支配するネガティブな感情から逃れたい!」「解放されて前向きに過ごしたい!」こう願っているかもしれませんね。

…こう願っているのならまだましで、自分が強い劣等感に支配されていることに、気づいていない人もいるかもしれません。

劣等感を克服するのには、まず自分が強い劣等感を持っていて、その感情に苦しめられていることに気付くことが重要です。

気付いていなければ、克服に向けた行動を起こすことも出来ないのですから。

“自らで気づいて、自分で克服したいと願うこと”この気持ちがなければ、何も変わりません。

では、ここからは劣等感を克服したいと願う人のために、劣等感克服のポイントをご紹介していきたいと思います。

基本的には、自己肯定感をもつことがポイントです

劣等感を持ってしまう背景には、人の“承認欲求”というものも絡んでいます。

承認欲求とは、他者に認めてもらいたいという欲求です。

他者から認めてもらうことは確かに嬉しいし、行動を起こす原動力にもなるものです。

ただ、これをはき違えると、「認めてくれる人がいなければ、行動も起こさない」となってしまいます。

『嫌われる勇気』の中でも、この承認欲求について詳しく解説されています。

「われわれは、他者の期待を満たすために生きているのではない」と。

自分で自分の人生を生きるのであって、他人の人生を生きているのではないとも言っています。

他者からの承認や、評価を基準に行動をするのは、他者の価値観…つまり、他人の人生を生きていることになっているというのです。

ですので、アドラー心理学では「承認欲求を否定」しています。

劣等感の克服には、この承認欲求から解放され、自分の人生を生きることが必要です。

ですが、そう簡単に逃れられるものではありません。

まずは他者との比較や、他人の価値観のものさしを捨て、自己肯定感を育てるようにすると良いでしょう。

自分で自分を認めてあげ、自信が持てる環境を作るのです。

他の人に負けないスキルを身につける

自己肯定感を持つことのひとつとして、「他の人に負けないスキルを身につけること」があります。

劣等感が強い人は、そう簡単に自分で自分を認めることが出来ません。

であれば、他の人より優れたスキルを身につけ、自己肯定出来る事実を作るのです。

本当は、人は誰でも何かしら優れた点を持っています。

それを見つけて、自分を認めてあげることが出来ればいいのですが、現状それに気づけないのであれば、自分が納得のいく事実を作るしかありません。

あくまでも、他人に認められるスキルではなく、自分が認められるスキルであることが重要です。

そして、そのスキルを身につけた自分。

また、その為に努力した過程すべてを、自分で褒めてあげるのです。

自分で自分のことを好きになる

劣等感が強い人というのは、「自分のことが好きですか?」と聞かれると「いいえ」と答えます。

自分で自分を認めることも出来なければ、自分を好きになることも出来ません。

「こんな自分が嫌」で、うらやましい誰かに成り代わりたいとさえ思っているでしょう。

でも、それは無理な話ですね?
「もし自分があの人のように絶世の美女だったら、幸せなはずだ」そんな風に思うのは、自分の現状を受け入れられず、「〇〇であれば、〇〇だったのに」と、劣等感を理由に努力をあきらめてしまった状態で、アドラー心理学によれば“劣等コンプレックス”。

結果を示したところで何が変わるでしょうか?というのが、アドラーの考え方です。

自分は自分でしかないし、他人は他人。

それぞれが自分の人生を生きるしかありません。

であれば、自分で自分を認め、好きになってあげなければ、他に誰が好きになってくれるのでしょう?自分が自分の一番の理解者であるべきなのです。

「あなたはできる」と毎日自分に言い聞かす

そう。

自分で自分を好きになるためには、自分の良いところにスポットを当ててあげることです。

「あなたはできる人よ」と、自分に言い聞かせてあげるのもいいかもしれませんね。

もっと細かく言うなら、「今日のここが良かった」「今日はこれが出来た」と、出来たこと、良かったことを丁寧に拾っていき、自分を褒めてあげることを習慣づけるといいでしょう。

出来たことや、良かったことを日記につけていくのもいいかもしれませんね。

劣等感に引きずられることがあっても、そこもまとめて認めてあげるのが、自己肯定の出来る人です。

自分の出来なかったこととセットで、出来た部分にも光を当てる。

出来ない部分があったからと言って、自分の全てがダメと言ってしまうのは、あまりにも自分が可愛そうです。

瞑想で精神を落ち着かせてみる

また、どうしても劣等感に心が支配されてしまうようなときは、心をリラックスさせてあげるのもいいかもしれませんね。

そんな時には、瞑想をして精神を落ち着かせるのがお勧めです。

全ての感情から自分を解き放ってあげるのです。

そして、全てをリセットさせてあげましょう。

瞑想って、なんだか怪しい宗教が行っているものと感じる方も多いかもしれませんが、
偉大な功績を残しているような著名人も実践している、科学的にも証明されたストレス解消方法です。

瞑想にはさまざまな効果があるのですが、劣等感に苛まれてしまう人にとって有益な効果は「不安が安らぐ」「観察力を高める」「欲求のあり方を変える」などが挙げられます。

瞑想の方法にはさまざまありますので、自分が続けやすい方法を探してみるといいかもしれません。

基本的には、深く呼吸を繰り返していくことで、その時間はそれだけに集中します。

一回に長時間やるのではなく、5分でも毎日繰り返すことが、何より大事だと言われています。

自分に合った方法で、習慣化してみるといいかもしれませんよ!

劣等感に囚われることを辞めるのが、最大の克服方法です。

毎日、数分でも劣等感から解放する時間を作るのも、いい効果を生むかもしれません。

逆に、優越感を感じすぎるのも問題ですよ

さて、ここまで劣等感について解説をしてきました。

その中で、何度か“優越コンプレックス”というワードを出しましたよね?その時にも軽く解説しましたが、優越性があってもコンプレックスになり得るということです。

実際優越性は、自分に自信を持たせてくれる自分の優れた部分です。

ですので、その優越性を追求したりすることには、何ら問題はありません。

でも、“優越コンプレックス”となる場合、そこにはやはり“劣等感”が潜んでいるということです。

劣等感の克服方法としても、自分の良いところ…つまり優越性にもスポットを当ててあげることと紹介しました。

であれば、劣等感ではなく優越感を感じるようにすれば良いようにも思えますが、それはちょっと違います。

劣等感も優越感も共存していていいということです。

劣等感と同じように、その感情が強くなると、優越感もコンプレックスとなってしまいます。

自分の優越性をアピールすることに終始し、周囲との比較を辞めていません。

それが、自慢話ばかりしたり、偽りの優越性を着飾ったりする行動を起こしてしまうのです。

結局、根底では劣等感に囚われていて、劣等感を怖れているだけ。

優越感をその逃げ道に使っている状態に陥ってしまいます。

自己肯定出来る人の中では、劣等感も優越感もどちらも共存しています。

どちらも自分であると認めているのです。

そうすると、自分の劣等感をバネに、優越性の追求へと向かっていけるのです。

どちらも、バランスが大事だということですね!

劣等感はマイナス面だけじゃない!これがあるから成功する人も!

“劣等感”それ自体は決して悪者ではない。

ということを、皆さんもう理解していますよね?
使い方次第で、自分の成長のバネにすることも出来るのが、劣等感。

強い劣等感に苦しんでしまう人というのは、その悪い側面ばかりを見てしまっています。

物事には、悪い側面もあれば、良い側面もあります。

劣等感も見方をかえれば、自分にとってプラスになる要素も持ち合わせているのです。

ちょっと話は脱線しますが、良くないこととして挙げられる“妄想”
きっと女性に多いですよね?
私の姉は、心理学について深く学んでいる人です。

私は姉から、心のことについて聞きかじっているのですが、その中で“勝手な妄想”による、悪影響についても聞いたことがあります。

この場合の妄想というのは悪い妄想であって、自分の悪いところばかりにスポットを当ててしまう劣等感とも似ていると思います。

例えば、彼に嫌われているわけでもないのに、あれこれ妄想して「嫌われちゃったかもしれない!どうしよう」と勝手に決めつけてしまったり…
忙しくて連絡が出来ないだけなのに「私と連絡を取りたくないのかも」と、悪い考えだけが暴走してしまいます。

この“妄想”。

私もよく妄想することがあるのですが、私の場合はこの“妄想”によって、良いアイディアやひらめきが生まれることが多いのです。

それによって、仕事でよい提案が出来たり、新たなモノを生み出すことに役立っています。

この話をしたとき私の母は、「妄想って悪いものだと思っていたけど、いいこともあるんだね」と言っていました。

劣等感も同じです。

妄想と同じように、使い方次第。

自分の劣等性を埋めるために、優越性の追求をしていく。

それにより、成功者はより高みを目指していけるのです。

よくありませんか?こう思うこと

さて、ここからはアドラー心理学による劣等感の私なりの解釈も踏まえながら、私の経験と理解をもとに、劣等感について考えていこうと思います。

最初にお話しした通り、私にも劣等感はあります。

でも、実際私は劣等感に苦しめられてはいません。

ところが、私には姉がいるのですが、姉は劣等感の強い人です。

劣等感は「他人より劣っていると感じること」で、他者と比べることで感じる感覚です。

姉は、そこそこ美人だし、人当たりもよく、ひとつのことに辛抱強く取り組める真面目な人です。

私から見れば劣等感なんて感じる必要もなく、むしろ私のほうが劣等感を感じてもおかしくはありません。

でも、姉は妹である私と自分を比べ、劣等感を感じてきたと言います。

もちろん、私だけではなく、周囲の人と比べ劣等感を感じ、苦しさを感じているのです。

このように、特に身近な人と比べることで起こる感情が、劣等感と言えます。

「どうして自分はできないんだろう」

「どうして自分はできないんだろう」こんな風に思ったことはありますか?
これも、“人と比べ”自分は出来ないと感じているということです。

そう感じた経験は私にもありますし、今でも時には感じることもあると思います。

こう感じた経験を持っている人も多いと思いますし、自然な感情だとも思います。

ところが、劣等感の強い人は、常に他人と自分を比較して、「自分は出来ない」という思いに苛まれてしまいます。

さらに、「あの人は出来ていることが、自分は出来ない」と、他人と比較したときに自分は出来ていないから「自分はダメな人間」とまで決めつけてしまったりもします。

確かに、誰かが出来ることが自分は出来ないというのは、事実なのですが…
これをアドラー心理学では、客観的事実として解説されています。

では、この客観的事実により劣等感を持つのは当たり前かというと、そうではないということなのです。

自分を苦しめる劣等感は「主観的な解釈」であり、自らが下した価値判断。

客観的事実はあれど、それを劣等性と捉えるかどうかは自分次第であると。

まして「ダメ人間」というレッテルを貼る必要もなく、そのレッテルを貼るのもまた自分であるということなのです。

「~~ちゃんは良いよね。いつも。」

また「〇〇ちゃんは良いよね」と、人を羨ましく思う気持ち。

こんな感情だって、誰にでもありますよね。

もちろん私もありますよ。

美人な女優さんを見れば「いいな~。

あんな美人に生まれたかったな~」って思うし、肌の綺麗な人を見れば「あんな肌だったら彼に堂々とスッピンを見せられるんだろうな~」とか。

すらっと背の高い人を見れば「裾上げなしで、服を買えるんだろうな~」とか(笑)
ただ、この人を羨ましく思う感情にも、出所に違いがあったりするんですよね。

羨ましいという感情が、「妬み」や「嫉妬」からくるものであれば、それは苦しさを伴います。

そこには、その人をその場から引きずり降ろしてやりたいというような感情すら沸いてくるかもしれません。

例えば、肌の綺麗な人がニキビだらけの顔になればいいのに…というような。

もう一方で、苦しさを伴わない「羨ましさ」の感情もあります。

比較するからこその感情という側面もあるのは確かですが…この場合は“憧れ”や“羨望の眼差し”で他人を見ていて、そこに「妬み」や「嫉妬」の感情はありません。

もちろん、自分より肌がキレイな人と比べれば、自分が劣っているのは客観的事実であり、劣等感がゼロといったらウソになってしまいます。

でも、その劣等感をバネに「自分も同じような綺麗な肌になりたい」と、相手の状況が変わることではなく、自分が変わる努力をするのです。

こういった使い方であれば劣等感も、努力や成長の促進剤になると、アドラー心理学では解説されています。

羨ましさには確かに劣等感も生まれますが、どのような感情に起因しているかで、取るべき行動も、自分を支配する感情も大きく違ってくるということです。

まとめ

ここまで劣等感について解説してきました。

少しはよいイメージが持てるようになったでしょうか?
劣等感や優越感、このふたつの感情以外にも、人は様々な感情や欲求を抱きます。

でも、ひとつの感情や欲求に囚われないことが大切です。

全ての感情には良い側面もあれば、悪い側面もあり、自分にとってひとつも欠かすことの出来ない感情です。

その感情をもっているのが、自分なのです。

どれかひとつに囚われて苦しいときは、その感情の他の側面を見てあげてください。

また、他にはどんな感情があるのか、自分の心の動きを観察してみましょう。

自分が欲しているものを、自分で満たしてあげることが出来れば、他人に承認してもらわなくとも、自分を認めてあげることが出来るようになるはずです。

まずは、自分が自分の一番のファンになってあげること。

これを忘れないでください。