今やメールや連絡のやりとりの主流になっている「LINEで告白をしたい」と考えているなら、いくつかの方法があります。

今回は、LINEの告白で成功したいと考える人には必見の内容になります。

好きな人に、うまく気持ちを伝えられないあなたにLINEを駆使してどのようにすれば告白が成功するのかをお伝えしていきます。

告白するときに、相手の顔が見えなかったり相手の様子が分からないため、やりとりが難しいかと感じますが、相手の性格や癖、行動などをよく思い出しながらLINE告白を成功させてみましょう。

失敗率は低い!?LINEで告白する方法

以外と、LINEでの告白の成功率が高いようです。

その理由としては、細かな気持ちまで伝えられるようなスタンプが登場してきたり、微妙なニュアンスの気持ちを代弁してくれるようなスタンプも登場しているため、うまく自分の気持ちが伝えやすいのかもしれません。

さらに、既読がつくことで相手の様子がよくわかりメールを見た確認が出来るのも、LINEで告白が成功する技なのかもしれません。

このように、自分の気持ちを伝えることと、タイミングさえ合えば告白が成功するのではないでしょうか?では、さらにLINEについて深く掘り下げてリサーチしていきたいと思います。

LINEの内容

告白するときのLINEの内容について、ご説明していきます。

告白をするのですから、あまり長々と読みづらい文章を繋げても、相手は読むのすらめんどくさく感じます。

できるだけ、シンプルにわかりやすい文章を考えておくようにしましょう。

さらに、相手のどの部分が好きなのか、またどうして付き合いたいと思ったのかなど動機を考えておくのもいいですね。

そこをしっかりと考えておくことで、相手からのLINEの返信にもスムーズに応えることができます。

相手も、「自分のことが、本気で好きなの?」と疑わせるような行動してしまえば、付き合うのすら不安になるのも分かります。

しかし、スムーズに告白の話が進めば、相手も安心することでしょう。

このようなことに注意をしながら、LINEの告白をしてみましょう。

とにかく短く、シンプルに

先ほどもお伝えいたしましたように、長文はNGです。

とにかく短く、そしてわかりやすく、さらにシンプルに自分の気持ちを伝えましょう。

あまり長々と文章を送りつけたところで、相手が忙しかったり読むのがめんどくさいと感じる長文であれば、この先お付き合いをするのすらめんどくさく感じてしまいそうです。

そうならないためにも、目で見てすぐに内容が伝わるくらい短い文章がおすすめです。

特に女性から男性告白する場合は、長文はやめておきましょう。

確かに、あれもこれもと気持ちを伝えたいのはわかりますが、男性はストレートに「好き」と言われるのが1番心に残り、グッとくる効果も高いのです。

さらに、女性へ告白する方も、長文を送って告白を伝えたところで、めんどくさく感じたり、長文がわずらわしく感じてしまう女性も増えてきています。

男性も女性も共に告白する文章話短く、シンプルに伝える事で愛の告白が成立するようです。

好き、付き合いたいという言葉を入れる

やってはいけない事は、「ずっとそばにいて。」「これからも一緒にいて欲しい。」などの曖昧な表現を避けるようにしてください。

必ず、「好き」「付き合いたい」などはっきりわかる言葉で気持ちを伝えて下さい。

そのキーワードが入ってないために、「友達としていつまでも仲良くしていてね。」と言われたと勘違いをしてしまったり、どのような意味なのかがあまり分からず抽象的になってしまい、告白の返事を曖昧にされてしまう可能性もあります。

そうならないためにも、しっかり「好き」「付き合ってください」と言う言葉を入れるようにしましょう。

LINEでの告白で1番心配なのは、気持ちの伝わりづらさです。

あなたが伝えたい言葉が、相手にはどのようなニュアンスで伝わっているのかがわからない場合があるのです。

やはり、愛の告白は相手の目を見てできることが理想なのかもしれません。

返事がほしいと伝える

そしてさらに、返事をしてほしいと伝えておきましょう。

一方的に、自分の気持ちを伝えるだけで良いのであれば、このような言葉は必要ありませんが、お付き合いを考えているのであれば、必ず返信してほしい気持ちを添えてLINEメッセージに託しましょう。

なかなか返事が来ないと、こちらも相手に対して、変に構えてしまったり、不安な気持ちでいっぱいになってしまうかもしれません。

そうならないためにも、必ず「返事が欲しい」と伝えるようにしておきましょう。

返事が欲しいと伝えてあるにもかかわらず返事がないのであれば、忙しいのかあなたへの返事に困っているのかもしれません。

できるだけ、返事は相手のペースに合わせておきましょう。

焦って、何度も相手に返事をおねだりしたところで相手は、それすらわずらわしく感じてしまう場合がありますので、相手からの返事はあせらず気長に待つことが大切です。

しばらくたっても返信がない場合、押しの一手をすると良いかもしれません。

LINEを送る時間帯

さて、ここからはLINEを送る時間帯についてお伝えしていきます。

やはり、告白をするタイミングは相手がリラックスしている時間帯やひとりでいる時間を狙って告白LINEを送るといいかもしれません。

あまり仕事で忙しい時間帯に送ってしまうと、既読スルーされてしまったり落ち着いて内容が読めないために、告白されていたことすらわかっていない場合もあります。

そうならないためにも、相手がゆっくりとリラックスをし1人の時間を楽しめる時に送りましょう。

自分に置き換えて考えてみれば、忙しい時に「好きだ」と言われても、なかなか頭に入ってこない場合があります。

あなたならどのようなシチュエーションでどのようなタイミングで告白をされたいと感じますか?様々な角度から相手の気持ちを考えることが非常に大切なことです。

このことを頭に入れ、LINE告白をしてみてください。

相手がゆっくりしている間

もし、夜時間がなく昼間に送るのであれば、相手の休憩時間に合わせて送るといいかもしれません。

あくまでも仕事中ですので、ゆっくりと落ち着いた時間とは言い難いかもしれません。

そのため、相手がゆっくりしている時と言うのはお風呂上りや、眠る前など静かな時間がいいかもしれません。

何度か、相手と話をし相手がどの時間にゆっくり過ごしているのかを確認しておくのも大切です。

相手のことを思いやり、ベストなLINE告白を考えているのであれば、相手のペースや時間も考えてあげることが大切です。

このように、告白をするときに忙しい時間帯はできるだけ避け、相手がゆっくりしている時間帯を狙って告白をすることが大切です。

また、相手がゆっくりしている時間帯を見計らい、連絡をしてみても良いかもしれません。

このように、できるだけ相手がリラックスした状態であなたの話を受け入れられるよう、タイミングを考えておきましょう。

仕事帰りで家でダラダラしている時間など

仕事の定時の時間を過ぎ、そろそろ家に着く頃かな?と思う時間帯や、仕事帰りで家でダラダラしているような時間帯にLINEの告白を送っても良いでしょう。

とにかく、相手がリラックスをしている時間帯に送ることがポイントです。

せかせか忙しい時間帯に送っても、内容が3分の1も入ってこない可能性もありますし、仕事モードの為、気持ちを切り替えることができなかったりします。

そのため、家に帰ってダラダラしているタイミングを見計らってください。

家で、相手がゆっくりとリラックスしている時間帯であれば、ゆっくり落ち着いてあなたのLINEを読むことができるでしょう。

さらに、あなたの気持ちをリラックスした状態で受け取りますので、あなたからの気持ちを受け止めやすくなるのかもしれません。

リラックスをしていれば、のもオフの状態になりますのであなたからの連絡も頭の中に入って来やすいのです。

このように、リラックスした状態で告白をされるのとしないのとでは、告白の返事にもかなり差が出てくるのかもしれません。

告白LINEを送るタイミング

ここでは、さらにレベルの高いLINE告白を送るタイミングについてお伝えします。

告白が成功する最も重要なポイントは、「タイミング」にあります。

タイミングが合わなければ、どれだけ好きでもお付き合いすることができません。

告白を成功させるためにも、ぜひタイミングは合わせられるようにしておきましょう。

お互いに、お互いのタイミングを見計らい、ベストタイミングで告白をしてみましょう。

そうすれば、告白が成功する確率がかなり高くなることとお付き合いのできる環境が整う事でしょう。

タイミングが、なかなか難しいと言う方には告白をする前に、少しだけ2人の気持ちを確かめるのも大切かもしれません。

2人が会っている時間に相手はあなたのことをどのように考えているのか、またはどのようにあなたのことを感じているのかなどを調べておくことも大切です。

さらに、ベストなタイミングとはお互いの気持ちがお互いに求め合い、この先お付き合いをしていきたいと思えるような存在に、違いが互いになって求めていることが条件です。

このように、告白LINEを送るタイミングは非常に重要と思われます。

出会って3ヶ月経ってから

出会ってすぐにお付き合いを申し込む方もいますが、やはり相手のことをあまり見えていない場合もありますので、出会ってから3ヶ月ぐらい経ってからお付き合いを申し込むといいかもしれません。

出会って、3ヶ月以内にLINEの告白を送り、成功する可能性もありますが、やはり2人で少しずつデートを重ねたり、相手の性格や自分との相性などをよく考えながら告白のタイミングを見計らいましょう。

焦って告白をしても、相手は友達のまま恋人とは思えない状態であれば、もちろんお付き合いは断られます。

いちど振られてしまうと、2度目の告白はかなり難しいものとなります。

そうならないためにも1回目で告白を成功させる事は非常に大切です。

すごく、低い確率で2回目以降に告白をして成功する事例もあります。

しかし、1回目の告白が1番インパクトが強いため、2回目3回目と回数が増えるにつれ、相手もあなたのパターンが分かってきます。

そうなれば、互いの追いかけっこのようになりますので、付き合えるまでが非常に長くなってしまったり、お付き合いができなくなってしまう可能性も高くなります。

1年以上はもう友情関係

お互いが知り合い、出逢ってから1年以上経ってしまえば相手も自分のことを異性として見ているとは感じられないかもしれません。

そのため、友情関係が出来上がってしまったり相手に好きな人ができてしまったり、友達以上に見ることができない関係になってしまう事がよくあります。

時間が経ちすぎてしまえば、互いに恋する気持ちが無くなり他の人との出会いも増え、あなたのことを恋人として見ることが難しい時期に入ってしまいます。

いい時期に良いタイミングで告白をする事はとても大切です。

相手のことを思い、お付き合いをしたいと思っているなら遅すぎず早すぎずを心がけ、2人が良いタイミングを見計らい、LINE告白をしましょう。

LINE機能を使った告白方法

それではいざ告白に移りたいのですが…。

まずはLINE機能を使った告白方法をご紹介していきます。

LINE機能は非常に便利で、自分の伝えたい気持ちなどスタンプという手段もあります。

LINEスタンプの数も今や数知れず…このように微妙なには明日からはっきりと伝えたい事まで様々なスタンプも選ぶことが可能になります。

さらに、テレビ電話や音声メッセージ、LINE電話でも告白が可能に。

このようにたくさんの機能を駆使してあなたに似合うLINE告白の方法を選んでみましょう。

テレビ電話で!

やはりLINE告白をする場合、相手の顔を見ながらきちんと伝えたいと言う方にオススメです。

また、遠距離などで好きな相手に会えないときなどテレビ電話で告白もアリでしょう。

さらに、テレビ電話で相手がどのような表情であなたと会話をしているのか、またあなたの告白を聞いてどのような反応するのかなどまるですぐそばにいるかのように伝えることが可能です。

このようにテレビ電話を使いながら、お互いの距離を縮める事ができるのかもしれません。

テレビ電話機能を使い、距離が縮まることであなたがどれだけ相手とお付き合いをしたいのかも伝わる事でしょう。

LINEスタンプを送って反応をみる

先ほどもご説明いたしましたが、LINEスタンプを使って相手の反応を見ても良いでしょう。

今や、LINEスタンプも豊富な種類や自分の気持ちを代弁してくれるような素敵なスタンプもたくさん揃っています。

そのため、微妙なニュアンスの言葉や気持ちなども伝えやすくなっています。

自分の言葉ではなかなか恥ずかしくて言えないようなことでも、LINEスタンプを使えばすんなり送れてしまう場合もあります。

このように、LINEスタンプを使って送信し、相手の反応を見てみるのも1つの手かもしれません。

音声メッセージで告白

音声メッセージを使い、好きな人に告白をしてみても良いでしょう。

しかし、注意点は音声メッセージはメッセージとして残りますので相手が何度も再生を押しあなたの告白を聞くことができます。

しかし、告白した後になり送ったことが恥ずかしくなるような内容であれば、よく内容を考えた上で音声メッセージを使用しましょう。

このように、音声メッセージを使用する上で相手に自分の音声が残ってしまうと言うことを考えた上で、あなたなりの気持ちを込めてLINE告白をしてみてくださいね。

LINE電話でも告白OK!

LINE電話は、いつ電話しても無料ですので恋人との長話や、LINE告白などにもバッチリ使えます。

そのため、LINE電話で普段のように会話を楽しみ、そのまま告白をしてみてもいいですね。

お互いが、リラックスした状態で告白が出来るなら、かなり理想的なLINE告白になるのではないでしょうか。

このようにたくさんのLINE機能を駆使し、あなたの気持ちを伝えやすい機能を使い、LINE告白に挑んでみてはいかがでしょうか。

あなたに似合う機能を選び告白することで、より相手にあなたの気持ちが伝わりやすくなるのかもしれません。

LINEで告白する人が増えているって本当?

そうなんです、最近ではLINEで告白する人が増えてきているのです。

LINEは多機能なうえ、非常に使いやすくスタンプも豊富で、携帯を自分の好みで彩ることも可能なのです。

10年前では考えられないような携帯のあり方に、驚きと自分の細かな気持ちまで伝えられる多機能に感謝したいところです。

LINEは、便利で使いやすいだけではなく自分の気持ちを代弁してくれたり、相手の行動がわかったりしますので、自分の気持ちも伝えやすい機能が豊富だと考えられます。

LINEの告白が人気なわけ

LINEの機能がとても便利な事はよく理解できましたが、ではなぜLINE告白が人気なのでしょう?その秘密は、様々なところに気の利く機能が備わっているためです。

さらに、自分の気持ちを伝えやすい機能やスタンプが多いことと、フランクにLINEを使用する人が多いため軽い気持ちで言いたいことを伝えたり、いいやすかったりするためにLINEでの告白も人気なのかもしれません。

このように、今までは気持ちを伝えることが難しかった人であっても、LINEで自分の気持ちを伝えることが気軽にできたことが大きいようです。

多機能になればなるほど、気軽に使える人も増えてくるのでしょう。

いつでも気持ちを伝えられる

24時間、306 15日いつでも自分の気持ちを伝えられる。

そんな便利なことを叶えてくれる機能だからこそ、自分のタイミングで告白ができるのです。

これまでの携帯電話外車のみのプランであれば、時間に縛られたり、少し話をするだけで多額の料金の請求が来たりしていましたが、LINEがあればいつどこでどのようなタイミングで使っても料金無料は目から鱗です。

このように、自分が今相手に気持ちを伝えたい!と思うタイミングで、告白LINEをすることが簡単にできてしまいます。

そのため、時間やお金に縛りがなく好きなときに相手に伝えられるのも大きなポイントです。

緊張しない

LINEには様々な機能があるため、自分に似合う機能を選び、告白をすることができます。

そのため、緊張せずに相手に告白できたり、リラックスした状態で相手に気持ちを伝えられることもできます。

このように、機能が豊富なため自分の気持ちもコントロールすることが可能になり、LINEで告白をする人が増えているのではないでしょうか。

緊張しすぎるあまり、相手に伝える言葉もうまく伝えられず、お付き合いに至らなかった…。

などと言うこともLINEを使えばかなり少なくなることでしょう。

時間や料金に縛られることもなく、心にゆとりができ、気軽にのびのびと使用できるLINE機能に完敗です。

気軽に気持ちを伝えられる

緊張せずに、相手に気持ちを伝えられるのであればもちろん、気軽に気持ちを伝えられることも可能です。

あなたの好きなタイミングで好きなときに、気軽に気持ちを伝えられる。

そのため、LINEを使って告白する人も多いのですね。

緊張しすぎていたり、重い雰囲気での告白は違いが苦しい気持ちになってしまいます。

そうなれば、告白の事より自分の気持ちをコントロールする方が大変になるかもしれません。

そうならないために、気軽に気持ちを伝えられる環境は非常に大切なポイントになります。

しっかりと自分の気持ちを考え、相手のことも考えながら素敵な告白ができるといいですね。

気まずさがなくなる

LINEでの告白は、何より気まずさがなくなると言うことが大きいようです。

LINEスタンプやLINE電話、さらに音声メッセージやテレビ電話機能など様々な多機能と、あなたが1番使いやすい機能を使い、互いに気軽に気持ちを伝えやすい状況になるといえます。

告白するときの重苦しさや緊張、気まずさなどもなくなり、あなたの気持ちを伝えやすくなるのではないでしょうか。

気まずさがなくなれば、自信が出てくる場合もありますし、物事を前向きに考えられる力にもなります。

そのため、「告白をしても怖くない!」と言うような気分になるのかもしれません。

普段言えないキザな言葉も言える

LINEの多機能を使い、自分なりに緊張しない方法で相手に告白をするため、普段の自分では言えないようなキザっぽい言葉も言えてしまうかもしれません。

普段なら恥ずかしくて伝えられないような言葉も、LINEスタンプが代わりに伝えてくれたり、あなたがリラックスした気持ちや状態でキザな言葉を伝えられるようになるかもしれません。

このように、自分がリラックスした状態で緊張もせず、気軽に相手への気持ちを伝えられるのであれば、気分が高揚し普段の自分ではない言葉が飛び出しても不思議ではないですね。

LINE告白のデメリット

では、ここからは逆にLINE告白のデメリットについてご紹介していきたいと思います。

今までは、メリットをたくさんご紹介して参りましたが、そんな便利な多機能LINEもデメリットが存在します。

そうならないために、今一度伝え方を考えたり告白のあり方を考え直してみてはいかがでしょう。

確かにLINEは便利です。

しかしその便利さ故に、大切に伝えなければならないことを忘れていませんか?

そこをしっかりと肝に銘じることで、便利なLINEも見事に使いこなすことができるのです。

LINEで告白のデメリットを知ることで、さらに素敵な告白ができるのかもしれません。

告白とは、相手に気持ちを伝えることです。

相手に気持ちが伝わればどのような伝え方でも構いません。

しかし、つながりは人と人との気持ちなのです。

そこを忘れずにLINE告白を使用するといいですね。

直接告白されたいって人が圧倒的に多い

やはり、何といっても直接告白されたと言う人が多いのが現実です。

とても大切なことですので、やはり自分の口から好きな相手に直接会って伝えたいと感じる人がほとんどなのでしょう。

また、メールやLINEなどで伝えられたと言う方の多くは、実際に会って告白をして欲しかったと言う本音も多いようです。

このように、直接告白されると言うことで相手の気持ちがどれだけ本気なのかが理解できたり、相手があなたに対しどのように思いを伝えてくれるのかを感じたり、見ている場合もあるのです。

本気じゃないと思われがち

LINEでの告白や、気軽に気持ちを伝えられるため軽い告白に感じ、本気じゃないと思われてしまう場合も多いようです。

そのため、告白をするーされたりなんて返信をしていいのかがわからない場合もあるようです。

緊張しない、気楽に告白ができる…という事は、告白する側には便利な店で利点かもしれません。

しかし告白される側にとってはなかなかその本気度が伝わらず、戸惑ってしまうようです。

やはり、本気だと思われるためにも、会って告白する必要がありそうです。

相手の目を見て、相手の気持ちを肌で感じ、あなたの気持ちを伝えるのです。

それを乗り越えて、告白は成功するのかもしれません。

気持ちが伝わりにくい

いくらLINEスタンプが便利だからと言って、使用し過ぎれば、却って気持ちが伝わりにくくなり、さらに本気じゃないと思われてしまう場合もあります。

のように、使いやすさだけを重視し告白した結果、かえって気持ちが伝わりにくいのであれば、その告白は成功とは言えません。

やはり、告白は素敵な思い出になります。

そのため、メールやLINEなどで告白されたとなると、相手はあなたがどれだけ本気であっても軽く感じてしまうかもしれません。

そのように誤解されないためにも、やはり気持ちをきちんと伝わる方法を選ぶべきでしょう。

気持ちが伝わりにくい場合、相手もどのように返事をしていいのかわからなくなります。

そのため既読スルーされてしまったり、なかなか返事が返ってこないと言うような現象も起きてしまうかもしれません。

既読無視されてブロックされることも・・・

LINEで告白を受けたために、相手がどれだけ本気なのかがわからず、既読無視されたなんてこともあり得ます。

さらに、ひどい場合無視された上にブロックされてしまう場合もあります。

あなたが、いくらリラックスした状態で「今なら相手に気持ちを伝えられる!」と、意気込んだところで相手にはその気持ちが伝わりません。

あなたがどれだけ相手のことを思い、本気で行動できるのか…。

そこが大事なのです。

確かに、LINEやメールは非常に便利なツールではありますが、ツールなだけであって100%気持ちを伝える道具にはなりません。

やはり、100%気持ちを伝える道具となればあなたの心と気持ちとあなたから発する言葉なのではないでしょうか。

その気持ちを相手も夢で見て肌で感じ、あなたの本気度が伝わるのではないでしょうか。

恥ずかしくなったらLINEで告白してみよう!(まとめ)

告白することが得意な人は少ないです。

むしろ、告白するのに時間がかかってしまったり、緊張しすぎて言葉が出なかったり、重たい雰囲気を作ってしまう…。

そのような場面があってこそ、列記とした告白なのではないでしょうか。

お互いどれだけ機械や機能に慣れていても、気持ちを伝える面では生身の人間同士です。

やはり心と心、気持ちと気持ちがつながり合わなければ告白は成功しません。

LINEで告白は、1つのツールであってそれが主になってしまう事は違うのかもしれません。

また、告白をしてみて、さらに最後の一手として「LINEでも告白」をしてみると言うような形でもいいかもしれません。

あまりにも、楽な方向に流れすぎて、失敗をしてしまわないよう肝に銘じておきましょう。

告白をし、お付き合いになり、さらに結婚する相手になるかもしれません。

そうなれば、告白から一生お付き合いをする相手になる可能性もあるわけです。

このように一生一緒に過ごす相手に、LINEで軽々しく告白をされては、告白をされたいてもちょっぴり悲しい気分になりますよね。

何より、気持ちを伝える事は大切ですが伝え方を間違えてしまえば、あなたが思う気持ちの半分も伝わらない場合があります。

そうならないためにも、LINEはツールとして使うことがオススメかもしれません。