あなたは、「再婚」を考えていますか?恐らく、こちらの記事を読んでいるという事は、幸せな将来を考えて、再婚する選択をしようとしているのかもしれません。

近年、日本では離婚がしている件数が621,000件となり、日本の約0.50%とされています。

「多い!!」と、思われた方ははもちろん、年々増加傾向にあるようです。

しかし、夫婦の意見の食い違いからの若い夫婦の離婚や子ども達が巣立つまでと、じっくり待った熟年離婚まであらゆる離婚を考えられます。

しかし、やはり老後を1人寂しく過ごす事にも抵抗を感じるシングルの方も多いようです。

そのため、再婚するシングルの方も増えてきているようですね。

そんな、方のために再婚される方が幸せになれるため、準備したい14個の心構えや準備しておく事をお伝えしていきます。

ぜひ、これを読んで素敵な再婚が出来るよう、十分準備をしておきましょう。

再婚で幸せになる!

近年、再婚して幸せになりたいと考える方も増加傾向にあるようです。

しかし、一度離婚での痛い経験があるため、同じ失敗をしてしまわないか不安になり、年齢的な事も交えなかなか再婚に踏み出せないシングルの方も多いようです。

そのため、離婚率はあがっても再婚率はまだまだ少ない傾向にあるようです。

さぁ、あなたも離婚での痛い経験から早く卒業し、明るい未来に向けて、再婚したいと思いませんか?私にはまだまだ離婚は早い。

なんて、考えてはいませんか?その間にも、素敵な相手が目の前を通り過ぎてしまっているかもしれません。

あなたに似合う素敵なパートナーを見つけるとともに、あなたがいつでも素敵な再婚のできるよう、あらゆる準備と心の準備をしておきましょう。

近年、離婚率が増加

近年、離婚率が増加傾向にあるこのご時世ですが、3組に1組は離婚しているようです。

しかし、団塊の世代に比べ離婚率は減少傾向にはあるようです。

主な時代背景に、女性の晩婚化や社会制度などの不満から離職した母親に対し、まだまだ対応が十分でないことが考えられます。

そのため、女性が結婚に対する理想や現実などギャップや制度の乏しさなどから結婚に対する見方も変わってきているようです。

そのため、離婚率の増加が緩やかに減少傾向にはあるのですが、それでも日本では3組に1組は離婚している計算になります。

このように、結婚をするに至るまでになかなか踏み出せない現状と、実際に、結婚して様々な理由から離婚するカップルが増えてきているようです。

再婚も珍しくない

もちろん離婚するカップルが増えれば、単純に考え再婚も珍しくないのではないでしょうか。

そのため、いちど離婚をしているカップルであれば、結婚生活がどのような生活になるのかがおおよそで予想がつくため、自分がいいと思える相手に出会えれば再婚を考えているようです。

しかし、多くの人は離婚の苦しさや金銭的問題などに悩まされ、再婚をためらう人も少なくありません。

そのため、再婚をしたいと考える方にはどのような特徴があるのでしょうか?

それはやはり、老後1人寂しく過ごすのが辛いと言う考えや、シングルマザーで父親のいない生活は子供にとってあまり良くないと考える母親などが、再婚を考えるようです。

このように、最近の傾向では再婚も珍しくないのかもしれません。

再婚で幸せを掴もう

再婚で幸せを掴むために、どのようなことに注意をしたら良いのでしょうか。

再婚で幸せをつかみたいなら、離婚に至った原因をよく考えてみましょう。

あなたか、パートナーのどちらかの原因で離婚に至ったのでしょうか?

それとも、お互いに折り合えることができなかったのでしょうか?このように、離婚に至るまでの原因にもかなり再婚への影響が出るようです。

再婚で幸せをつかむためには、やはりしっかりと離婚に至った原因を考えるとともに、反省し前向きになることが大切です。

失敗は失敗で過去のこと。

さらに失敗した事は消える事はありません。

しかし、過去のことを振り返ってばかりても前に進むこともできません。

しっかり将来の幸せを考えるのであれば、きちんと過去の失敗から学ぶよう反省が必要です。

幸せな再婚の準備・心構え14個

それではここからは幸せな再婚の準備や心構えについて14個説明していきたいと思います。

もし、あなたが本気で再婚を考えているならどのような家庭にしたいかなど具体的な想像も大切です。

このように、幸せな再婚の準備をしておくことで、素敵な人に出会えてもすんなりと相手のことを受け入れられる自分であるために、離婚から学んだことを力に変え、再婚に対する心構えをしておくと良いかもしれません。

最高に、準備と、心構えをしておくことで昔の再婚相手に出会えた時も、不安になることが少なく前向きに再婚を考えられるのではないでしょうか。

焦りは禁物

再婚したいと言う気持ちばかり先走り、焦ってしまう事はやってはいけません。

焦ってしまえば、焦りが相手にも伝わり相手はあなたからの気持ちが重く感じてしまう場合があるからです。

やはり焦って、再婚を考えたところで相手のタイミングもありますし、あなた自身の準備ができていなければ、再婚までに至る事はありません。

ここはしっかりと相手の気持ちやペースを考え、あせらずゆっくり愛を育むようにしてみてはいかがでしょうか?

やはり、焦るあまり余裕のない人物に見えてしまえば、再婚してからもいろんなことに焦っていては将来すら考えられません。

このように、いちど離婚してしまったことへの不安から再婚を焦るのは、相手の気持ちの離れてしまう1つの原因になるのかもしれません。

相手のハードルを上げすぎない

離婚した相手より、収入が上で顔立ちが整った人が良い。

などと、相手のハードルを上げすぎないことが大切です。

相手のハードルを上げることで、自分のハードルが下がってしまう可能性があります。

確かに、収入面や見た目など様々な問題を気にする方が見えます。

しかし何より1番大切なのは2人が幸せにいられるかと言うところが大切なのです。

収入がなければ生活ができないですし、美男美女でなくてもきちんとした格好は大切です。

しかし、2人が生活していけるだけの収入があれば、2人は幸せに暮らすのではないでしょうか?相手のハードルを上げすぎるあまり、自分に見合わない相手を探しているように捉えられるかもしれません。

そうならないためにも、自分の身の丈に合う再婚相手を探すことをおすすめします。

まだ離婚していないならしっかり別れる

もしまだ離婚をきちんとできていなくて、再婚を考えているのであれば、まずはきちんとけじめをつけてから再婚を考えるようにしましょう。

たとえ、今の結婚相手に不満があり愛していない相手なのかもしれません。

しかし、1つのことが終わっていないのにもう1つのことを始めてしまえば、お互いの相手に失礼に当たります。

さらに、まだ離婚してないのに再婚を考えているのであれば、結婚している相手から他に好きな人ができたから別れたなど、浮気を疑われる可能性も出てきます。

浮気をされて別れる場合、慰謝料等に発展してしまうケースもありますので十分に注意が必要です。

さらに、男性の場合離婚後すぐに再婚はできますが、女性の場合妊娠などの問題もありますので半年は再婚できない期間になります。

このように、離婚していないにも関わらず、再婚のことを考えるのであればまずはきちんと別れてから再婚相手を探しましょう。

曖昧な関係にしておくと後に影響が

離婚できず、曖昧なまま関係を続けていくと再婚したいときに再婚ができなかったり、曖昧な関係にしてしまったため、相手からは離婚は考えられず、別れられないといったケースも少なくありません。

このように、曖昧な関係にしておくと後々あなたの足を引っ張ることになりかねません。

相手と連絡を取り合っており関係を再度見直すよう促されることがうんざりしているのであれば、きちんとその気持ちをパートナーに伝えるとともに、きちんとした形で離婚することを大切にしてあげてください。

ダラダラとあなたと結婚生活を続けていても、相手にはあなたがどのような気持ちでいるのかを伝わりません。

一度愛した相手ですので、きちんとあなたの気持ちを伝えるとともに離婚を申し出ることが大切です。

養育費などきちんと話し合う

お子様がいるご家庭であれば、養育問題や養育費のことをしっかりと話し合いをしていく必要があります。

養育費はどちらが負担するのか、また月に何回かを子供との時間にするのかなどきちんと話し合うことで、後々トラブルになったり後で多額の費用を請求されることもありません。

そのことも踏まえ、きちんとしたカタチで養育費等の話も済ませておくことが大切です。

養育費や、子供との関係はこの先も切っても切れない関係になります。

そのため、お金のかかる問題などはきちんと話し合うことが必要になります。

再婚禁止期間がある

先ほども少し触れた内容になりますが、再婚禁止期間などがあることも忘れずに調べておきましょう。

離婚して再婚するまでにあまり期間がない方は、再婚ができない場合もあります。

また、離婚後すぐに再婚をすれば結婚をしている最中に出会った異性と再婚に至ったと思われやすいため、どちらの場合にも離婚後のすぐに再婚は控える方が良いでしょう。

このように、再婚禁止期間もありますので、きちんと調べておくことが大切です。

子どもをどうするか

離婚をするにいたり、1番大切な問題が子どもをどうするかについてです。

子どもは、何の罪もありません。

あなたたちが離婚することで子どもに何か影響があるようであれば親の身勝手な行動と、親の責任になります。

そうならないためにも、子どもの幸せを考え自分たちの幸せを考えるように離婚を考えていきましょう。

まずは、子どもたちがどうしたいのかをよく考えてあげましょう。

親だけの判断で身勝手に決めてしまう事は良くありません。

1番は、子どもたちがどのように感じてどのようにしてくれるのかをきちんと話し合いすることが大切です。

自分たちの仕事や都合ばかりを押し通し、子どもに影響があるようでは1番意味がありません。

また、子どもは親の姿を見て育ってしまいますので、きちんとした親の姿を見せるようにことも大切です。

その上で、しっかりと2人で話し合い子どもをどうするのかをきちんと決めていきましょう。

子どもへの思いを断ち切る

もし、親権が相手に渡るのであれば、子どもへの想いはきっちりと断ち切り、子どもの幸せを願える親でありましょう。

さらに、子どもと会う機会などがあれば、どのようにして子どもと接するのかも別れる前にきちんと話し合いをしておきましょう。

子どもへの思いが断ち切れない場合、親権をどちらに譲渡するのかをきちんと話し合うことが大切です。

結婚しているパートナーとは別れたいが、子どもとは離れたくないのであればきちんとその意思を示すとともに、子どもへの気持ちと子どもがどうしたいのかを確認が大切です。

もし、あなたが結婚しているパートナーとはだめになっても、子どもとも定期的に会える時間を設け、それ以外の時間は子どもへの思いを完全に断ち切ることが大切です。

親権を持つならケアをしっかりと

もし、あなたが子どもの親権を持つのであれば、きちんと子どもの心のケアをすることと心の管理をしてあげましょう。

やはり、両親が離婚したと言うことでかなり心も傷がつき不安定な時期も続きやすいと考えられます。

そのため、親は1人だけになったと思わせるのでなく離婚をすることで、さらにみんなが幸せになったと感じさせることも大切です。

それぞれの幸せを願い生活している姿は、お互いに辛い目も乗り越えながら支え合い、生きていける親子になるのではないでしょうか。

このように、あなたが親権を持つのであれば、子どもの心のケアはとても重要で大切なことなのかもしれません。

相手の離婚の理由を知っておく

離婚同士の再婚の場合、再婚相手の離婚の原因や理由を必ず聞いておくようにしましょう。

また、自分が離婚した経験があるのであれば相手にきちんと何が原因で、離婚に至ったのかも説明が必要です。

将来を共に過ごしていく相手ですので、前に結婚していただいてとの事は関係ないと思いがちですが、同じ失敗をしないためにもきちんと何が原因だったのかまたは何が理由だったのかを伝えておく必要があります。

そうすることで、相手にも離婚に立った原因のカバーができたり、一緒に立ち直らせてくれる原動力になるのかもしれません。

やはり再婚するにあたり、同じ失敗を繰り返したくないものです。

相手も同じように、同じ失敗で離婚をしたくないと考えています。

このように、離婚同士の再婚の場合、きちんとお互いに離婚の理由を知っておくことが大切です。

本当に自分に合っている人か考える

再婚したい気持ちが焦るあまりに、本当に自分に合っている人かどうかを考えずに再婚をしてしまう場合もあります。

そうならないためにも冷静になり、本当に自分に合っている人かどうかを考える時間も必要です。

例えば、収入面だけで再婚を考えていたりしていれば、再婚したときには気づかなかった相手の本性が、再婚した後に気づくことにもなりかねません。

やはり、収入は大切な1つの最高の要素にもなりますがそれを軸に考えてしまっていては、性格の不一致や収入面は良くてもあなたが幸せになれる保証もありません。

このように、本当に自分によく似合っている相手なのかを見極める必要があります。

自分自身に何度も問いかけ、また再婚を考えている相手の行動や言動等をよく見て再婚を考えるようにしましょう。

ご両親への挨拶

再婚が決まれば、当然お互いのご両親へ挨拶へ行きます。

再婚と言うことで、初婚の時に比べればややフランクに話ができるかもしれませんが、きちんとご両親への挨拶は大切です。

いちど、離婚しているからとご両親の挨拶もしないまま再婚してしまえば、協力をしてもらいたい時に協力してもらえなかったり、親は無いものとされたと2人の再婚を反対されたりする場合があります。

そうならないためにも、きちんと順序よく再婚への道を歩んでいきましょう。

また、ご両親への挨拶の場合やはり初婚と同じようにきちんと自分が離婚した理由や今後2人がどうしていきたいのかをご両親へ伝えるべきでしょう。

そうすることで、お互いのご両親もどのような相手と再婚するのかが分かり、また何かあるときには応援してあげたいと言う気持ちにもなりやすいため、きちんとご両親の了解を得てから再婚をするようにしましょう。

式を挙げるのかどうか

結婚式を挙げるのかどうかについて、2人でよく話し合い考えましょう。

再婚同士の場合、女性はウェディングドレスをにかい切ることになるので、お金もかかりいらないわと言う女性も中にはいます。

しかし、2人の門出ではありますので身内だけでの挙式にするなど工夫も必要です。

このように、結婚式を上げるかどうかを話し合い、盛大に行うのかまたは身内だけのこじんまりしたアットホームな雰囲気の結婚式にするのかをよく考えて2人で決めましょう。

さらに、再婚したことを周りの人たちに報告しなければなりません。

今後、2人が心地よく生活していけるために、詳しい先の流れまできちんと決めておくことも大切です。

結婚生活のルールを決める

再婚した後、結婚生活のルールはどのようにするのかをきちんと決めておきましょう。

お互い再婚できた事はとても喜ばしいことですが、同じ失敗を繰り返さない為にもきちんと2人だけのルールを決めておきましょう。

前に結婚していた相手が自分のどういったところが嫌だと言っていたのか、また新たに再婚する相手にはどのようなことを今後して欲しいのかなどを具体的に話し合い、結婚生活がよりよいものになるよう2人で決まり事やルールを決めておきましょう。

そうすることで、いつまでも2人が仲良く暮らせることと、失敗しない環境作りになるのではないでしょうか。

前の結婚の反省点を活かす

前の相手とはうまくはいきませんでしたが、再婚する相手とはうまくいくかもしれません。

前の結婚相手との反省点などを上手く活用することで、今回の再婚はうまくいくかもしれません。

再婚をマイナスに捉えるのではなく、離婚したことで自分の欠点がよくわかり、次の再婚に生かせると言うようにプラスな考えを持つことで、前の結婚の反省点を生かせるのではないでしょうか。

このように、うまく前の結婚の反省点を生かすことで、今後再婚するにあたり再婚相手との結婚生活をスムーズに行えたり、仲良く過ごすことができるのかもしれません。

自信を持つ

離婚したことに、かなりマイナスイメージを自分自身に抱いてしまうのではなく、離婚をしたことで自分が成長できた部分や、再婚相手への思いなどを含め、自分の自信につなげていきましょう。

離婚した事は失敗ではありません。

離婚したに至った理由が大切なのです。

なぜ2人が離婚してしまったのかをよく考え、反省することが大切なのです。

それを乗り越えられることでさらに強い自分になり、自信につながるのではないでしょうか。

さらに、自信を持つことで再婚にも前向きなイメージと心の準備ができるため、マイナス思考になりすぎるのではなく離婚したことでプラスに持っていける考えをしていくことが大切なのです。

自分磨きをする

離婚をしてしまった原因は、おそらく相手ばかりにもありません。

自分にも離婚の原因があることを忘れないでください。

そのために、自分磨きをして、離婚前の自分を見返すようにしてください。

自分磨きをすることで、自分に自信もつき、前向きな気持ちになれるのではないでしょうか。

離婚したときのまま何もせずぼーっとしているのでは時間がもったいないです。

さらに、自分が成長できるためには何が今必要なのかを考えるため、自分磨きをして心を落ち着かせ何が足りなかったのかを考えていきましょう。

離婚を前向きに捉える

離婚は、マイナスのイメージになりやすいですが、離婚をしたことであなたが得られたことをよく考えてみましょう。

相手との生活が嫌で別れた人も、相手からいやと思われて別れられた人も、自分の反省点をよく見つめ直し離婚をマイナスに捉えるのではなく、前向きに捉えていくことが大切です。

本当に縁のある2人なら、離婚をしなかったり、また離婚してもお互い下のパートナー同士再婚する可能性も十分にかんかられます。

しかし、離婚したことで一旦落ち込んでも前に進む元気が出てくれば、きっと離婚を前向きにとらえることができるはずです。

離婚をうまく活用し前向きに捉えられることで、次に再婚する再婚相手も素敵な人と出会えたり、素敵な再婚生活を送ることができるのかもしれません。

前の妻/夫と比較しない

前に結婚していたパートナーと今のパートナーを比べるのはやめておきましょう。

同じ相手と再婚するわけではないので、全く別の人間と結婚するということを忘れず、比較はしてはいけません。

結婚生活で、1番苦しくなる原因は前のパートナーと比較してしまうことです。

さらに、前に結婚したパートナーと比較されて再婚相手も苦しくなることでしょう。

さらに、それを受け入れて結婚したにもかかわらず、前の妻や前の夫と比較された場合、あなた自身も苦しくなってしまうことと、相手を追い詰めてしまう原因にもなりかねません。

一人一人人は違うものです。

その人自身を見るように心がけていきましょう。

連れ子との関係を築く

もし、再婚相手につれ子がいるならつれ子との関係を築いていきましょう。

つれ子も片親になり辛い面や苦しみに直面している場合があります。

やはり、親には勝てません。

親には勝てませんが親の役割はできますよね。

親や大人の都合で離婚したり再婚したりしているわけですから、きちんとつれ子との関係を築いて上げるとともに、1日でも早くつれ子の親になれる努力をしていきましょう。

再婚をするときに、きちんと辛いことも仲良くやっていけるのかを考えておくことも大切です。

仲良くやっていけないと思っているにもかかわらず、再婚は考えないほうがいいですね。

どこかで折り合いの出来る接点や大人としてまずをしてあげられることを考えてみてはいかがでしょうか。

気遣いをしてあげる

つれ子の場合、父親が母親を失ってしまったと感じている子供が多いため、心のケアがとても重要になります。

気遣いをしてあげられる事はとても良いことなのですが、まずはつれ子が気持ちを冷静に保つことができる環境を整えてあげましょう。

昔のドラマのようにつれ子に対し意地悪をする継母や、虐待などをしてくる継父など、つれ子にとっては未知の世界です。

そのため、見知らぬ女性や男性を見ると不安でいっぱいになる場合があります。

その場合、親がしてあげられる事と子供自身が乗り越えて成長していく事が必要になってきます。

連れ後もきちんとした家族の一員に認めることと、連れ子が大きくなっても自分のことを親と慕ってくれるように努力していく必要があります。

そのために、再婚したパートナーや自分ができることをよく話し合いつれ子に対してのケアをお互いに行っていくことが大切です。

この人と幸せになるんだと心に決める

再婚するにあたり、曖昧な気持ちで言う事はとても不安になり、また同じ失敗を繰り返すのじゃないかと心配になったりします。

やはり、再婚を決意するのであれば「この人と絶対に幸せになるんだ!」と、心に決めておく必要があります。

むしろ、この人と幸せになれるんだと思えないような相手であれば再婚には向いてない相手なのかもしれません。

再婚を決意すると言う事は、新たに再婚する人と素敵な家庭を築き、また素敵な結婚生活を送ると言う決心をすることにつながります。

あなたが、不安や曖昧な気持ちでいれば相手にもその気持ちが伝わってしまうことと、再婚してもその先が不安でいっぱいになってしまうことでしょう。

やはり、再婚を決めたのであれば幸せになる決意をすることも大切です。

初婚と再婚の違い

では、初婚と再婚の違いについてよく考えていきましょう。

まず初婚の場合、初めての結婚ですので何もかもが新鮮で希望に満ちた気持ちで2人がいる事でしょう。

しかし再婚の場合、初めて以外の欠航になりますので、結婚の書類や提出しないといけないものには慣れているためそういった不安は無いのですが、初婚とは違いドキドキ感やワクワク感も少なく落ち着いた結婚になる可能性があります。

しかし、2人が婚約を結結婚すると言う事はドキドキワクワクの楽しい生活ばかりでもありません。

歳をとれば、それなりについた生活も必要になってきます。

このように、初婚と再婚の違いについて嫁1つ丁寧に考えていきましょう。

結婚生活を分かっている

再婚の場合、初婚とは違い結婚生活の流れや結婚生活とはどういったものなのかが大体大まかにわかることでしょう。

そのため、結婚生活に伴う不安や流れなども考えやすい状況にあるため落ち着いた結婚生活を送ることができるでしょう。

結婚生活の大きな流れは想像できても、再婚する相手との結婚生活はまた別のものになりますので、2人だけで楽しめるようなことを考えたり2人が幸せに暮らしていけるような結婚生活を作り上げていく必要があります。

男性不信気味

女性の場合、再婚相手に対し男性不信になっている場合があります。

再婚する前に結婚していた男性が暴力を振ったり、気持ちを追い詰められるような言動を繰り返すような男性であれば、男性不信になっていてもおかしくはありません。

もしあなたがそんな女性と再婚を考えているのであれば、彼女が安心できる環境を作ることが大切です。

そのため、彼女の負った傷を自分が癒せるような努力をしてことも大切です。

男性不信気味の女性は、心に深い傷を負っているため完治したこともよくわかりません。

しかし、彼女の不安定な部分が少しでも減ったり彼女の笑顔が少しでも見られるのであれば、再婚は成功なのではないでしょうか。

周囲の目

初婚の場合、みんなの祝福が得られますが再婚の場合周囲の目がとても気になります。

再婚をみんなに知らせるとともに離婚したことを知る人も中にはいます。

そのような場合、どのように相手に映るのか、またどのように見られるのかが気になりますよね?しかしそれはどの方が再婚になったとしても、周囲の目は気になるものです。

社会での経験がある大人なら誰しも考えることではないでしょうか。

しかし、初婚では幸せにできなかった相手も、離婚により相手を幸せにできるのであれば、周りは2人が幸せであれば祝福をしてくれるのではないでしょうか。

世間はそんなに冷たくありません。

あなたが思うほど周囲の目は気にしなくても良い場合もあるのです。

式は控えめ

再婚の場合、やはり結婚式は身内だけの控えめの式が、いいかもしれません。

初婚とは違い再婚になりますので、互いに再婚同士の結婚であれば身内だけで済ませるのがいいかもしれません。

しかし、男性が再婚で女性が初婚の場合女性に権限を委ねるのが賢いです。

女性は、いちどはウェディングドレスを着てバージンロードを歩きたいと考えている方も多いようです。

そのため一緒にいちどのことと言う気持ちでもいるため、女性が初婚の場合は女性に権限を委ねてもいいかもしれません。

【バージンロードについては、こちらの記事もチェック!】

前の妻/旦那へのコンプレックス

前の妻や夫に対してのコンプレックスを感じる事はありません。

初婚では2人仲良く結婚生活を送る事しか頭にありませんので、コンプレックスは当然ありません。

しかしお互い違う相手と結婚をするわけですので、前の妻や夫と比較をしたりコンプレックスを感じてしまう必要は無いのです。

むしろ、別れてしまった相手ですので今あなたと相手が再婚を望んでいるのであれば前の妻や夫はもう過去の人なのです。

そのことを心に留めて、再婚への準備を進めていきましょう。

再婚は経験があるからうまくいきやすい?

再婚同士の結婚はうまくいきやすいかもしれません。

いちど、結婚生活や結婚を経験していますので、お互いの欠点や反省点などもよく理解できての結婚になります。

そのため、前の結婚のように何も材料のないところからのスタートではないので、気持ちを楽に再婚することができるのではないでしょうか。

さらに、今までのマイナスをプラスに変えていける相手であれば、あなたの欠点も欠点ではなくなのかもしれません。