あなたは厄年という存在を知っていますか?

普段生活をしている中で、あまり意識する事は少ないかもしれませんが、嫌なことが続いてしまったり、面倒な事に巻き込まれてしまった場合には、厄年をちょっと気にしたりもする事があるのではないでしょうか?

ただ、あまりこういった迷信めいたことは信じたくさはない、という方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

そう思ってしまえば、そのように感じるだけであり、実際はただ不幸が続いただけだという風に感じる方もいるでしょう。

感じ方は人それぞれであり、厄年というものが本当に存在するのかどうかという所は実質本人の気持ちの持ちようになる可能性が高いといえるでしょう。

今回は、そんな厄年に関してご紹介していきたいと思います。

厄年に関する対策であったり、厄年という事に関して詳しくご紹介していきたいと思いますので、最近災難が続いているという風に感じている人ほど必見の内容となっています。

対策方法や実際にしておいた方が良い事など、様々な角度からご紹介していきたいと思いますので、是非参考にしてみてくださいね。

自分の厄年がいつか知ってる?

あなたは普段から厄年などを気にしている方ですか?

普段気にしていない方であれば、詳しく知らないかもしれませんが、普段から厄年など、迷信めいた事を信じていたり、気にしていたりする方には詳しい方もかなりいらっしゃるのではないでしょうか?

自分自身の厄年を知っておくという事は、いざという時に便利ですし、こういった事を信じる事によって、一種の心の拠り所にもなりますので、逆の発想を用いて、しっかりと厄年の対策をとっておけば大丈夫という安心感を得られるようにもなります。

対策をしたからこそ、逆に力を発揮できるという風に前向きな考え方ができるようにもなりますので、対策を行う事が良い事であり、信じすぎることが悪い事ではないという事にも繋がります。

自分自身の事くらいは知っておき、いざという時に行動できるように予備知識として持っておくだけでも違うかと思いますので、あまり詳しくない方、興味がない方にこそ知って頂きたい内容となっています。

厄年とは?

まずは厄年について知らないという方には知って頂くために詳しくご紹介していきたいと思います。

厄年というのは、災難が続く年であるともいわれています。

例えば、今年に入ってからあまり良くない事だったり、災難が連続して続いている気がするという事ってありませんでしたか?

災難は続くという事は、基本的にはそこまで確率としては高くないように感じますが、よりにもよってけっこうな規模の災難は続くような事ってあったりしませんか?

そういう時には自然と厄年というものが本当に存在するという風に感じやすくなるものです。

厄年を知らない方は、この時期とこの時期など、決まった時期に起こるという風な概念を持っているかもしれませんが、確かに時期は決まっていますが男性と女性で違ったりとか、細かい区分があります。

なので、今回知らないという方にこそ見て頂きたいですし、この手の話題になった時についていけなくなってしまうのを防ぐために事前に予備知識として知っていただければ幸いです。

厄年は3種類ある

厄年にはなんと種類がいくつかあるのです。

知らない方はこういった種類があるという事に関してもあまり詳しくなかったりするのではないでしょうか?

厄年は種類があり、段階などもありますので、しっかりとこういった知識を得ておけば、いざという時に話に遅れたりしないで済みますし、自分自身が今どういう時期なのか、厄年になっていないかという事を知れる機会にもなりますので、覚えておいてくださいね。

最初はなかなか覚えられないかもしれませんが、意識しておくとしっかりと理解できるかと思いますので、厄年という事に関して、自分自身が興味をもって理解してみてくださいね。

前厄

まずは前厄についてご紹介していきたいと思います。

前厄というものは、いわゆる本厄の前年の年にあたる時期になります。

本厄が一番悪い年であり、その次に悪いといわれるのが前厄になります。

人によってはこの時期に厄払いに行かれる人もけっこう多くいらっしゃるかもしれませんが、実質はこの時期は気を付けて生活をするという事に注意していただければ特に問題はないそうです。

来年から本厄になるという方にとっては、体に変化の兆しがみられる時期にもなりえるので、しっかりと注意をする事が大事になるのではないでしょうか?

この前厄に関して注意しておかなければいけない事が数点ほどあり、まずはお金に関して注意をしていただきたいと思います。

前厄はお金を失いやすい時期にもなります。

ビジネスであったり、プライベート、何かしらの形でお金を失いような事になりやすい時期にもなりますので、しっかりとお金の管理を行うことが大事であるといえるでしょう。

また、人の縁などもしっかりと管理しておかなければいけないのです。

人の縁を大事にする事で、この前厄に縁を失うような事にしないように注意をする事が大事です。

しっかりと普段から気を付けておけば、問題はないかと思いますので、しっかりと普段から気を付けるようにしましょう。

しかし、逆に良い部分もあり、この時期に関しては直感がさえるという風に言われています。

自分自身の直感がさえるということは、何かしらの形でアイデアやひらめきなどがある場合が多いです。

なので、何かしらの形でこのアイデアやひらめきに触れるような事を行うべきでもあります。

本厄

次にご紹介するのは、本厄です。

これに関しては名前の通りですが、本厄は一番悪い年になります。

例えば、生活環境が大きくかわってしまったり、体調に変化が起きやすいと言われる時期にもなります。

かなり不安な方はこうしてみると不安な気持ちかられるのではないでしょうか。

例えば、仕事において非常に責任感ある立場に立ってしまい、それが原因で体調をくずしたりとか、何かの病気にかかってしまい、急に体調が悪くなってしまったなど、健康面においての悪い影響が起きやすいという風に言われています。

普段から健康に関して気遣っている方には問題がないかもしれませんが、適当な生活をして体を気遣ったりすることがないような人はかなら怖い一年になってしまう可能性があります。

事故やケガに気を付けて、しっかりと生活を送る事が大事になるのではないでしょうか?
しかし先ほどの前厄同様、良い事もあります。

本厄に関して良い事は、学問であるという風に言われています。

こんなに悪い年に学問?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、学問が本厄にはかなり良いとされています。

例えば、試験を控えている年であったり、資格試験、会社での昇進に関する試験など、何かしらの知識における試験を控えている場合は、かなり良い時期になっている可能性がありますので、この本厄に試験を受けるように工夫してみてはいかがでしょうか?

勉強などをしっかりと行うことに最適な時期ともいわれているので、この時期に集大成として結果を残せるように人生を逆算してみてはいかがでしょうか?

そのほか、異性関係などに関しても良いとされており、この時期にパートナーを見つけることも非常に良い事だといえるでしょう。

最悪な時期なのに良い時期だと感じられるのは私だけでしょうか?(笑)

ただ、健康面においては注意が必要なので、気を抜かないようにしておくことが大事であるといえるでしょう。

後厄

3種類目は後厄です。

後厄とは、本厄の次の年にあたる年になるのですが、本厄が終わったからといって気を向いていると危ないですよ。

すぐに厄年があけるという事ではなく、この3年間は厄年にあたるようになります。

なので、しっかりと最後まで注意を抜かないようにすることは大事であるといえるのではないでしょうか?

ついつい本厄が終わってしまうと油断してしまいがちになりますが、この後厄を忘れてはいけません。

安心してしまうと油断して所から悪い事が起こってしまったり、災難が続いてしまうような事にもなってしまうので、この点は注意が必要です。

ちなみに、この後厄に関して言えば、大事なのは家族、家庭になります。

家庭を大事にしておかないと、家庭がボロボロになってしまう可能性がありますので、後厄には家庭を大事にするという事をしっかりと意識しておいてください。

その上で、今一度家族という存在、大事な存在をしっかりと見つめなおし、再認識する事が大事であるといえるのではないでしょうか?

厄年は男女によって違う

厄年にも様々な種類があるという事をご紹介していきましたが、先ほど冒頭でもお伝えした通り、厄年は男性と女性によって違うようになっています。

これに関してしっかりと知っておかないと、そもそもが、厄年の時期に関して大きく勘違いしてしまったりする可能性などもありますので、しっかりと理解しておくことが大事になります。

その上で、気を付けるべき事に関しては気を付けておけば、あとは問題ないかと思いますので、厄年という事に関して、間違った理解をせずに、十二分に気を付けておいてください。

この男性女性との厄年の違いについてもしっかりとご説明していきたいと思いますので、しっかりと今回で知識として蓄えておいてください。

きっと理解しておけば、便利だと思いますよ。

年齢が異なる

具体的にどういう部分が違うのかという所が気になるかと思います。

厄年というものは、男性女性によって年齢が変わってきます。

例えば、男性はこの年に厄年だけど、女性はこの年は関係ないなどといった風になります。

なので、厄年ではないのに厄年だと思い込んでしまうような事も起きてしまうわけです。

それって非常にもったいない事ですし、無意味な事にもなりますよね。

それだけ信じる力って大事ですし、本当の意味をしっかりと理解しておく事は大事になります。

具体的な年数の違いに関してはのちほどご紹介していきたいと思います。

まずは男性と女性によって年数が違うという事をしっかりと理解しておいてください。

その上で、読み進んでいただければ、違うについてしっかりと理解していただけると思いますよ。

回数が異なる

次にご紹介する違いですが、これは厄年の回数に関係します。

男性と女性によって、厄年が訪れる回数が違ってくるのです。

これについては知らなかったという方もかなりいらっしゃるのではないでしょうか?

回数が違うという所を見てみると、なんだか多い回数の方がかわいそうに感じますよね。

なんだか損をしているような感じがするかと思います。

実際に回数を見てみると、女性の方が男性に比べて一回回数が多くなっているんです。

なので、女性は厄年が4回来るとも言われているので、非常に注意が必要です。

中には気づいたらもう終わっていたなんていう事もあったりするかもしれませんが、これから迎えようとしているのであれば、これからの事を考えてください。

しっかりと対応策などを行って入れば、それほど問題はないかと思いますので、しっかりと年数などを確認して対策法などを考慮して行動しておいてくださいね。

男性の厄年

まずは男性の厄年についてご紹介していきたいと思います。

男性の場合は厄年は合計で3回ほどあります。

なので、女性と比べて1回少なくなりますので、男性の方はラッキーですね(笑)
ただ、だからといって、それだけで安心をしてはいけません。

しっかりと厄年に関して間違った解釈をせずに、正しい知識を理解しておき、厄年に関しては対策法などを考えておかないといけません。

詳しい対策法などに関しては後で詳しくご紹介していきたいと思いますので、まずはそれぞれの年数などを覚えておいてください。

厄年は誕生日を基準に考えていただければ問題ないかと思います。

しっかりと自分自身の厄年をしっかりと理解しておく事で、いざという時に行動できるかと思います。

25歳

男性の厄年の一番最初ですね、男性の場合は厄年が始めてくるのは25歳と言われています。

なので、自然と前厄、本厄、後厄はそれぞれ24歳、25歳、26歳という風になります。

この年齢に関して注目してみると、仕事を初めてある程度慣れてくるくらいの年数になるのではないでしょうか?

大学を卒業したと仮定して考え見ると、社会人として2.3年ほど経過したくらいなので、仕事に関してある程度慣れてくるような年齢になるのではないでしょうか?

段々と給料なども上がってくるでしょうし、色々と余裕が出てくるくらいの年代になるのではないでしょうか。

そういった時にお金の面であったり、健康、早い人の場合は家族が出来ている場合などもありますし、もともとの家族に関しての対応の注意が必要になります。

比較的若い年代になりますので、色々と細かい部分まで対策するのは難しいかもしれませんが、是非とも行動していただきたいと思います。