あなたは金縛りという現象知っていますか?

恐らく誰しもが一度は聞いてことがある現象だと思います。

金縛りが起きると、非常に怖い現象に繋がるという事も聞いたことがあるかと思います。

都市伝説のように感じる事もあれば、実際に体験したことがあるという方も中にはいらっしゃるのはないでしょうか?

体験した事がない人にとっては夢のような話でありますが、実際に体験した事がある人は笑い話には出来ないのではないでしょうか。

実際に金縛りにあったという人を一人くらいは、身近に存在しているという人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな金縛りという現象について詳しくご紹介していきたいと思いますので、興味がある人は見てみてくださいね。

金縛りってあったことある?

あなたは金縛りという現象について詳しく言っていますか?

先ほどお伝えした様に金縛りにあったことがある人はおそらくあまりいないかと思います。

ただ中には体験した事がある人もいらっしゃるかと思います。

金縛りという現象については実際に体験したかでなければよりリアルにわからないかと思います。

金縛りという現象は理由があって起こるのか、それとも心霊的な現象になるのか、今までは謎でしたが、最近では金縛りが起きる理由について詳しくわかるようになりました。

金縛りという現象に関して今まで経験したことがない人は理解できないかもしれませんが、もしかしたら金縛りにこれからあう可能性もあります。

めちゃくちゃ怖い!

実際に金縛りにあったことがある人は理解できるかもしれませんが金縛りにあっているときは非常に怖い気持ちになります。

よく言われるのが金縛りにあっている状況になると後ろに誰かがいるような気配がするということがいえます。

よく怖いテレビ番組でも紹介されているかと思いますが、金縛りにあってる状況は体が全く動かない状況になります。

なので後ろに誰かの気配があっても首は動かないので見ることができない状況になり、ますます怖い気持ちになります。

なぜこのような金縛りが起きるのか考えたことがありますか?

もしも理由を知らないという方は是非この機会に入っていただければと思いますのでぜひ見てみてくださいね。

金縛りの仕組みをまず知ろう

まずは金縛りという仕組みについて知っていただくことが一番理解していただける状況になるかと思います。

今までは金縛りがなぜ起きるのか全く分からずに心霊現象と言われていましたが、金縛りが起きる理由についてはいくつかの説があります。

今回は詳しく金縛りが起きる仕組みについてご紹介していきたいと思いますので、全く知らないという方には参考にしてみてください。

なぜ金縛りが起きるのかということについて行っていただければ金縛りが実際に起きた時にいくつかの対処法なども考えることができます。

また、冷静になって金縛りの状況を理解することができることになりますので恐怖から逃れることも可能になります。

眠りの2つの種類

まずは金縛りについてご説明させていただく前に眠りのメカニズムについてご説明させていただきたいと思います。

眠りには二つの種類があるという事はご存知ですか?

今まで眠りについて少しでも興味を持ったかたについては知っている可能性が高いと言えます。

ただそれに反して今まで眠りに関して興味を持ったことが無い方は知らないかもしれませんので是非この機会にしていただきたいと思います。

この二つの種類の眠りについて知っていただければ金縛りをひも解くヒントになるかと思いますのでぜひ参考にしていただきたいと思います。

レム睡眠

まずはレム睡眠についてご紹介していきたいと思います。

あなたはレム睡眠と言う言葉を聞いたことがありますか?

おそらく大多数の方がレム睡眠と言う言葉を聞いたことがあるかと思います。

あなたは今まで眠っている時に深い睡眠を行なっている状況と、比較的浅い睡眠を行なっている状況と感じたことはありませんか?

一般的に睡眠については時間とともに眠りがだんだんと深くなっていく傾向があります。

つまり、最初は眠りが浅くどんどん時間が経つにつれて深い睡眠へと移行していくということになります。

最終的には深い睡眠から再び浅い睡眠状態になり、最終的に目が覚めるという風になっています。

なのであなたは朝起きた時にどうしても眠くて二度寝をすることがあるかと思いますが、その時の眠りは比較的浅い睡眠になっている状況になるかと思います。

これは誰しもが一度は経験があるのではないでしょうか?

この浅い睡眠と深い睡眠のうち、浅い睡眠がレム睡眠と言われています。

レム睡眠は一般的に体を休める眠りになると言われています。

またレム睡眠の時には脳が動いてる状況になっているので、その日のうちに経験した様々なことを必要な情報不要な情報と脳が処理をしている状況になります。

体が眠っているのに脳が起きている状況になるというのは不思議な現象ではないでしょうか。

ノンレム睡眠

次にご紹介するのはノンレム睡眠です。

先ほどお伝えした通りレム睡眠は比較的浅い眠りであるということなのですが、それに反してノンレム睡眠は比較的深い眠りになります。

先ほどお伝えしたレム睡眠は体を休める眠りと言われているのに対しノンレム睡眠は脳を休めるための眠りです。

レム睡眠の時とノンレム睡眠の時では休める部分が違ってくるので、効果的に体をそれぞれ休ませているという状況になります。

同じ睡眠でもこういった違いがあるということは非常に面白いことなのではないでしょうか。

今まで知らなかった方にとっては、睡眠がこういうメカニズムで起こっているという事も新しい発見になるのではないでしょうか。

ノンレム睡眠には様々な段階があり声をかければすぐに目が覚めるぐらいの浅い眠りの状態もあれば、多少の物音では目覚めないくらいゆっくりと休んでいる時もあります。

こういったノンレム睡眠は人間の脳が発達しているからこそ起る睡眠であり、他の生き物のなかでも特殊な眠りになるという事もいえるでしょう。

レム睡眠から入ると金縛りが起こる

金縛りという現象をレム睡眠ノンレム睡眠と絡めてご紹介していきたいと思います。

金縛りという現象は、一般的にはレム睡眠から入ると金縛りが起こると言われています。

なぜレム睡眠から入ると金縛りが起こるのか気になる方もいらっしゃるかと思います。

一般的に金縛りが起きる状態はレム睡眠の時に金縛りが起きると言われています。

先ほどお伝えした通りレム睡眠は体を休める眠りになりますので、体が休んでいますが脳は起きている状況になります。

いわば脳が覚醒している状況になりますので、頭は起きていても体は眠っているという不思議な状態になるのです。

またレム睡眠の時には体が活動を休止しているので呼吸を休止させてしまうことがあり息苦しさを感じてしまう原因にもなったりします。

金縛りの症状

実際にあったことがある人でなければその症状については理解できないかもしれません。

ただ一般的に金縛りが起きると感じることというのはある程度判明している状況になります。

金縛りにあったことがない人でもある程度の状況は想像することができるのではないでしょうか。

例えば自分の後ろに誰かいるように感じたり、体が全く動かなくなったり、息苦しさを感じたり圧迫感を覚えるようなことがあると言われています。

実際に金縛りにあった時に起きる症状についてこれから詳しくまとめてご紹介していきたいと思います。

今まで金縛りにあったことがない人は是非とも知っていただきたい内容となっていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

体が動かせなくなる

まず金縛りにあって経験することの非常に有名な症状としては体が動かせなくなるということです。

体がうまく動かせないことによる異常に強い不安を感じることが恐怖につながるのではないでしょうか。

金縛りが起きるということは先ほどお伝えした通り深い睡眠にあっている状況で体は休んでいるのに脳は起きているという状況になります。

脳が起きている状況なのに体が休んでいるので体が全く動かせなくなるということにつながるのですが、普段そのようなことを経験することはなかなかないので実際に経験してみると今まで感じたことのない強い不安が襲ってくることにつながるかと思います。

実際にもしあなたが金縛りにあった状況を考えてみてください。

いきなり体が全く動かない状況で強い不安感に襲われるのではないでしょうか?

意識はハッキリしている

金縛りにあっている時には先ほどお伝えしたとおり体が動かせなくはなるのですがその反面意識ははっきりしていることが多いです。

これは先ほどご紹介したレム睡眠ノンレム睡眠というところが関わってくるのですが、脳が起きている状態で体が休んでいる状況なので意識だけがはっきりしていることで生まれる状況になります。

今までに経験したことがない現象になるので異常に恐怖を感じる状況になるかと思います。

目を閉じてるのに景色が見える

金縛りにあっている時には非常に強いので目を閉じようとするのですが目を閉じていても景色が見えてしまうことがあります。

このような不可解な現象が起こってしまうことによりパニックになります。

冷静に考えてこのようなことが基本的に普段生活している中で起きることはありません。
このようなことが突然起こった時にパニックになったり対処法がわからなくなったりして余計に焦ってしまってしまいますね。

目を閉じても景色が見えると言うことは基本的にはあり得ないことだのですが景色が見えているということは夢を見ているという可能性があるようです。

夢なので基本的にはありえないことが起こる状況であり、そのため怖いことを考えたりしてしまうので強いものが見えたりしてしまうという状況が生まれてしまうと言えるのではないでしょうか。

そう考えると実際に怖いものを見たということも説明がつくのではないでしょうか。

息が苦しい

金縛りになると息苦しくなるということを先ほどお伝えさせていただきました。

これは体が眠っている状況で脳だけが起きている状況になるので体が眠っているので当然ながら体の活動が停止している状況になります。

だからこそ体の呼吸するという行動自体が動きが低下している状況になるので呼吸がしづらくなり圧迫感を覚えて息が苦しくなるということが生まれるのではないでしょうか。

冷静に考えれば辻褄が合うようなことでも急にありえないことが起こった状況になるとパニックになってしまうので冷静な考えが出来ずにどうしても焦ってしまいがちになります。

しかし、焦ってしまっている時こそ冷静に考えることが大事なのです。

声が出ない

声が出ないということも金縛りにはよくあることです。

先ほどの息が苦しいということと同様に、体が眠っているという状況になるので当然ながら体を使った動きがしにくくなるということが言えるのではないでしょうか。

だからこそ普段は何気なく行動できている子供突然出来なくなってしまい声が出せなくなるということも当然ながら起こり得るのではないでしょうか。

耳鳴り

金縛りにあっている時には耳鳴りがするという現象もよく起こります。

耳鳴りがするということも原因として考えられることが存在しており、耳鳴りが起きるのはストレスや疲労が原因だと言われています。

あなたも疲れた時に耳鳴りがなってしまったことはありませんでしょうか?

原因としてはストレスや疲労になるので金縛りが直接の原因と言うことではないようですが、もしかしたら金縛りが起きている状況になると耳鳴りがしやすくなったりする可能性もありますよね。

必ずしも因果関係があるということではないようなので、この点はしっかりと理解していただければと思います。

幻覚

金縛りが起こっている状況になると幻覚が見えてしまうというのも特徴です。

これは先ほどお伝えした通り脳だけが活発に動いている状況になるので夢を見ているという可能性もあります。

あなたも一度は夢を見たことがあるかと思いますが基本的に夢はありえないことが起きてしまうことがあります。

だからこそ起こり得ない事が起こっているので幻覚が見えてしまう様に錯覚するのではないでしょうか。

幻聴

金縛りにあうと幻聴が聞こえるということも特徴として報告されていますが、こちらも先ほどお伝えした通り夢を見ているのと同じ状況になり普段聞こえない様なものが聞こえたりすることにつながりますね。

夢を見ている時にありえないことが見えるのと同じように本来ないはずの音が聞こえたりするということもあったとしても不思議ではないのではないでしょうか。

実際に夢を見ている時にこれは夢を見ているなと当てられる人はあまりいないのではないのと同じように、実際に現場を聞いたとしてもそれが幻であるという事についてその場では冷静な判断が出来ない場合などもあるかと思います。

なので、なかなか判断が難しいかもしれませんが、冷静になって考えるという事を第一に考えてみてください。

金縛りの原因

これまでは金縛りが起きる状況であったり、実際に金縛りが起きた時に起りうる状況なのについてご説明しました。

金縛りにあったことがない人は一度くらいは金縛りにあってみたいと思いますか?

もちろん怖い思いをしたくないと思う方も中にはいるかと思いますがここからは金縛りが起こる原因について詳しくご紹介していきたいと思います。

どういう状況の時に金縛りが起きるのかということを知れば逆に金縛りを体験するには如何すれば良いかという方法がわかるようにもなります。

ぜひ興味がある方は金縛りの原因を理解していただき体験できるように一度実践してみてはいかがでしょうか。

きっと面白い体験ができると思いますよ。

体が疲れている

まずは体が疲れているという事が金縛りが起きる原因になると言えるのではないでしょうか。

体が疲れている状況になれば自然と体を休めるために深い睡眠をとる必要がでてきます。

そうすると体が眠っている状況になり、脳だけが起きる状況が自然と起こり得るのです。

先ほどお伝えした通り金縛りは体が眠っている状況で脳だけが起きている状況になるのでより金縛りにあいやすいと言う理由につながります。

金縛りに興味がある方は体をしっかりと追い込んで睡眠をとってみてはいかがでしょうか?

ストレスが溜まっている

金縛りにあう原因としてストレスが溜まっているということも原因の一つとしているのではないでしょうか。

これはなぜかと言いますと人間はストレスを感じると自律神経の働きが乱れることが分かっています。

自律神経が乱れると眠りが浅くなり寝不足で睡眠リズムが崩れてしまうということが分かっています。

睡眠リズムが崩れてしまうと金縛りが起きやすいということが分かっているので、ストレスが溜まってる時には自然と金縛りが起きてしまうということに繋がります。

不規則な生活リズム

不規則な生活リズムを行っていると体内時計が見られてしまい睡眠リズムが狂ってしまうことにより金縛りが起りやすくなってしまうということが分かっています。

生活リズムが狂ってしまうと自然と眠る時間であったり、食事の時間、行動する時間など全てがずれてしまいますよね。

こうしたことが原因で金縛りが起きてしまいます。

自律神経の乱れ

先ほどお伝えした通り自律神経が乱れてしまうと眠りが浅くなってしまうということが分かっています。

自律神経が乱れてしまうと体が上手に睡眠を取れなくなってしまうということになり結果的に寝不足になってしまうということになります。

寝不足になってしまうと変な時間に眠たくなってしまって結果的に睡眠リズムが崩れてしまうことにつながるので金縛りが起きやすくなるということになります。

興奮している

金縛りが起きる原因として興奮している状況と言うのも一つの理由です。

先ほどお伝えした通り体が眠っている状態で脳が起きている状態で金縛りはおきますので、体が疲れていて脳は興奮状態の時に金縛りが起きてしまいやすいので、注意が必要です。

金縛りにあいたくないと思うのであれば落ち着いて冷静になって睡眠を迎える様にすることが大切ですね。

枕が高い

金縛りの原因として枕が高すぎる場合そして枕が低すぎる場合が原因と言われています。

あなたが普段使っている枕は自分に適した高さになっていますか?
もしもよく金縛りにあうと感じる方で、枕が高い、もしくは低すぎると感じている場合は一度枕を変えてみてはいかがでしょうか。

きっと金縛りにあう確率が減ったりするのではないでしょうか、一度試してみてくださいね。

睡眠不足

睡眠時間が不足していると金縛りにあいやすいということが分かっていますが、これは睡眠のリズムが崩れやすくなるということにつながっているのではないでしょうか。

深夜に仕事をしていてよく徹夜をしたりする方は、金縛りが起きやすいと言われたりしていますので、深夜まで働いている方は、しっかりと睡眠リズムを崩さないように注意しましょう。

ただ睡眠リズムを治すためにわざと睡眠をとらなかったりしてしまうと体に負担がかかってしまうので上手に工夫することが大事です。

掛け布団が重い

掛け布団が重いと言うことも一つの原因になっている場合があります。

自分自身の体の上に重いものを乗せたりしているとそれが原因で金縛りにあってしまいやすいと言われています。

特に冬場などは重い掛け布団を使ったりする場合があるかと思いますが、体の下に暖かい寝具を敷くなど何かしらの工夫をすることで改善するようになるのではないでしょうか。

金縛りにあうという方は一度寝具を確かめてみてくださいね。

体の上に何か乗っている

自分自身の体の上に何かが乗っている状況であれば金縛りが起きやすいと言われています。

先ほどお伝えした掛け布団が重いと言うことも体の上に乗っていることが原因で金縛りへとつながってしまうと言えるのではないでしょうか。

例えば抱き枕など何かしら自分の体の上に乗っけて寝る習慣がある方は重いものは使用しないようにするなどの工夫が必要です。

金縛りの解決策!

ここまでは金縛りが起きる原因について詳しくご紹介していきました。

金縛りにあわない人はなかなか合わないかと思いますが金縛りにあいやすい形が存在しているのも事実です。

金縛りにあいやすい方にはこれからご紹介する解決策を実践していただきたいと思います。

もし金縛りにあった時にはこれからご紹介することを一度試していただき、改善するかどうか確認してみてください。

金縛りにあってしまったら

指を動かす

金縛りを解決する方法として指を動かすという方法が挙げられています。

金縛りにあってる時には基本的には体が動かない状況になるので動かしにくいとは思いますが、手の指先を瞬間的に素早く動かしたりすることによって金縛りが解けるということが伝えられています。

一瞬のうちに、ぴくっと動かすやり方が一番やりやすいと言われていますので一度試してみてはいかがでしょうか。

目を動かす

金縛りが起きた時に解決する対策として、目を動かすということがいえます。

先ほどお伝えした通り、体が動かない状況にある場合で、身体は動かせると言う場合が存在した時に有効な解決策になります。

それは、目を上下左右にしっかりと動かすことが大事だと言われています。

目を動かすことで脳が起きていると言うことを理解して筋肉を動かそうとするため、体が動かせない状況からだんだんと解放されると言う場合がありますのでしっかりと目を動かすことを意識してみてくださいね。

声を出そうとする

金縛りにあった時に声を出そうとすることも解決する対策方法になります。

声を出そうとすることは体を動かそうとしているということにもなりますので、体を動かそうとすればするほどしっかりと筋肉動かそうとする行為になるのでだんだんと解放されるということにつながります。

落ち着いて気にしない

金縛りを解決する対策方法として落ち着いて気にしないということも一つの方法になるのではないでしょうか。

金縛りは体だけが眠っていて脳が起きている状況になるので、自然と時間が経てば解決することにはなります。

永遠に金縛りが続くわけではないので落ち着いて気にしない状況を続けていれば自然と体の目覚めますので、冷静になって時間が過ぎるのを待つのも解決策の一つとしているのではないでしょうか。

金縛りの予防

規則正しい生活を送る

金縛りを予防する方法として規則正しい生活をするということが挙げられます。

規則正しい生活をすることできちんとした生活リズムを保つことができます。

生活リズムが崩れてしまうと当然ながら睡眠リズムも崩れてしまうので規則正しい生活を送ると言うことは睡眠リズムを崩さずに生活をするということにつながるので、結果的に金縛りになりにくい状況を作ることができるのではないでしょうか。

金縛りにあいやすいという方は普段から注意して規則正しい生活を送ってみてはいかがでしょうか。

ストレス解消をする

金縛りにあう原因としてストレスが挙げられましたので普段からストレスを溜め込まない状況を作り出すことが大事になります。

ストレスを溜め込まないようにするには普段からストレスを解消する方法行動をとる必要があるといえるのではないでしょうか。

休息をとる

体が疲れている状況であれば金縛りにあいやすいということを判明しているので普段からしっかりと休息をとることが大事だと言えます。

普段からスポーツをしている方や長い労働時間を行っている方はしっかりと合間に休憩をとったり体に疲れを溜め込まないようにすることが大切です。

横向きに寝る

体を横向きにして睡眠をとるということも金縛りにあわない方法になります。

仰向けになって寝ている状況であれば金縛りにあいやすいと言われていますので、横向きにして睡眠をとることで金縛りにあいにくい状況を作り出すことができるのではないでしょうか。

睡眠環境を整える

自分自身の睡眠環境をしっかりと整えることも大事だと言われています。

先ほどお伝えした通り、枕の高さが高すぎたり低すぎたりした場合に金縛りにあってしまいやすいということも分かっていますので、自分自身の睡眠環境をしっかりと適切なものにするという工夫が金縛りを防ぐ方法につながるのではないでしょうか。

ちょっとした違いになるかもしれませんが、この細かい違いが金縛りを誘発するという事にも繋がる事がわかっています。

細かい点でも、普段から気を付けておく事で、対策方法として繋がる事にもなりますので、細かい事でも実践する事が大事です。

自分自身の睡眠環境を今一度振り返っていただき、改善点があるのであれば、一度改善してみてください。

適切な寝具を選ぶ

先ほどお伝えした睡眠環境を整えるという事にも繋がってくるのですが、適切な寝具を選ぶということも金縛りを防ぐ方法につながります。

例えば重たい布団を体にまとって睡眠を行っている場合は比較的軽い寝具を使うようにしたりなど何かしらの工夫が必要になってくるのではないでしょうか。

そのためだけに寝具を変えたりするのは多少面倒だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、金縛りに多い頻度で悩まされている方にはぜひ改善していただきたい状況になるので、気を付けてみてくださいね。

寝る前はリラックスを

金縛りにあう原因として、脳が緊張状態にある場合は金縛りにあいやすいと言われていますので、寝る前はリラックスするように努めることが非常に大事です。

寝る前にスマートフォンなどをいじったり興奮するような刺激的なことをすることは極力避けましょう。

睡眠をとる30分前程度は何もせず自分自身をリラックスさせて睡眠を受け入れる体制をとることが大事になるのではないでしょうか。

金縛りにあっても落ち着いて対処すれば大丈夫!

いかがでしたでしょうか?

今回は金縛りにあう原因そして対策方法様々なことをご紹介していきました。

日常生活において金縛りにあうという方は基本的にはなかなかいらっしゃらないかもしれませんが、定期的に金縛りにあってしまうという方には、今回ご紹介した対策方法などを実践していただきたいと思います。

若しくは今まで会ったことがない方でも、もし今後金縛りにあってしまった場合にはお伝えした内容を思い出してください。

金縛りにあってしまった時にはパニックになりやすいですが、死んでしまうということはないので落ち着いて時間が過ぎるのを待つのもひとつの方法になるかと思います。

安心して落ち着いて対処しましょう。