「友達の彼氏を好きになってしまった・・・。」

「好きになった人は、妻子持ちだった。」

「好きな人は既婚者」

などなど、好きになってはいけない人を好きにしなってしまった。

そんな時、どうしたらいいのか不安になりますよね。

好きになってはいけない人と分かっていても好きになってしまう。

この気持ちをどのように押し込めればいいのか分からない・・・。

今回はそんな好きになってはいけない人を好きになってしまったあなたに読んでもらいたいです。

1人で悩まずいくつかの解決方法を一緒に探していきましょう。

心惹かれる禁断の恋に落ちたとき・・・

久しぶりに恋をした。

しかし、恋をした相手は恋人がいる。

ダメだと分かっていても、彼のことが気になったり、さらに結婚している女性を好きになった男性もいる事でしょう。

そんな心惹かれる禁断の恋に落ちた時、あなたはどうしますか?略奪愛?それともこのまま気持ちを押し殺して我慢しますか?つまり、禁断の恋に答えは無いのです。

しかし、あなたは自分の気持ちを抑えられず相手ぶつけてしまったところで、相手にはパートナーがいたり恋人がいたりします。

さらに、結婚している相手であれば家庭を壊すことになりかねません。

もし、家庭を壊してしまったなら、そこには奥様の存在や旦那様の存在、または子どもたちまで巻き込み、傷つけてしまうことになりかねません。

しっかりとそのリスクまで考えておくことが大切です。

好きになってしまったときの対処方法

好きになってはいけない人を、好きになってしまったときの対処法としては、まずはデメリットをしっかり考えましょう。

さらに、好きにならないための行動を心がけることとともに気持ちを静かに冷ましてくように、切り替えていくことが大切です。

気持ちの切り替えをしていくとともに、さらにあなたには素敵な未来が待っていると信じて過ごしていくことも、大切なのかもしれません。

このように、あなたの気持ちが赴くままに好きになってしまったときの対処法を行ってみてはいかがでしょう?

好きになるデメリットを考える

まずは、好きになるデメリットを考えてみてください。

頭の中で、考えがまとまらないのであれば、実際に紙に書いて目視も大切です。

好きになってはいけない相手を好きになることで、どれだけの人が傷つき、あなたにも傷が及ぶことでしょう。

さらに、必ず相手がいますのであなたが好きになってしまうことで、相手のパートナーを傷つける事はもちろん、周りの人まであなたのことを「許せない」と、感じる人が出てくるかもしれません。

周りの人ばかりではなくあなた自身の心も深く深く傷ついてしまうことでしょう。

それだけ、好きになってはいけない人を好きになるリスクは高いと言うことです。

接触を極力減らす

実際に会うことで、好きな気持ちがましてしまわないよう接触を減らすことも大切です。

いつも通勤時間が同じだったり、同じ時間帯に休憩時間が被ってしまったり、連絡が来ても外を頼るよう促したり、様々な回避方が考えられるのです。

好きだからといって相手からの行動が拒めなかったり、ついつい受け入れてしまっていれば最終的に傷つくのはあなたです。

そのためにも気持ちが離れる方向へと自分自身を奮い立たせることが大切です。

さらに接触を極力減らすことで考えずに済む場合もあるのです。

しっかり気持ちを持って、相手とは毅然とした態度で接することが大切です。

会わない

相手から、「会いたい」などと言われても合わないほうが良いでしょう。

そこで会ってしまったら、あなたが努力して忘れようとする気持ちも逆戻りしてしまいます。

相手には、きちんとしたパートナーがいるのです。

相手に家庭があるひとであれば、パートナーだけではなく子供たちまで傷つけてしまうことになりかねません。

あなたがしっかりと気持ちを持つだけで、自分の幸せや相手の幸せを守ることができるのです。

もし、相手から会う約束を言われたり、会いたいなどと言われたとしても、会わないことが大切です。

そうすることで自分自身を守っていることも忘れないでください。

連絡を取らない

いつも、あなたから連絡をとっていたのであれば連絡はやめておきましょう。

万が一、相手からの連絡が入ってくるようであれば、忙しいからなどと理由をつけて合わないようにする方が賢いです。

連絡を取ってしまえば、あなたの気持ちも相手に逆戻りしてしまうこととともに、相手のパートナーやあなた自身も傷ついてしまう結果になります。

これ以上、先に気持ちを進ませないためにも連絡を取らないほうがお互いのためかもしれません。

あなた自身も、好きになった人が幸せであるように、あなたが連絡を取らないことでその幸せが守られ流のかもしれません。

自分自身の行動に気をつける事はもちろん、自分の気持ちばかりを私通すのではなく、相手のためにぐっと堪えることも大切なのです。

忘れる

好きになったことを忘れてしまいましょう。

それが簡単にできれば、人はどれだけ楽なのでしょうか。

それができないからこそ、人の面白みであり、また人の哀れな部分なのかもしれません。

あなたが好きになってはいけない人を、好きになることで、誰が幸せになるのですか?答えは見つからずとも、誰も幸せにはならないかもしれません。

たとえ、2人で駆け落ちをして2人になれたことで一瞬幸せな気持ちになれる場合もありますが、時が経つにつれて駆け落ちしたことが本当に正しかったのか?疑問に思う時が必ず来るはずです。

後ろめたい恋愛はさっさと忘れて、未来にある素敵な恋愛に心をときめかせてはいかがでしょうか。

他に好きな人を見つける

好きになってはいけない人、いつまでも好きでいると心が苦しいばかりでなく、せっかくの恋のチャンスも逃してしまう可能性があります。

そうならないために、先手を打って他に好きな人見つけてはいかがでしょうか?

好きになってはいけない人、いくら好きになっても報われない恋と分かっていますので、そんな人の事は早く忘れて、他に好きな人をつけることで、あなたの幸せへの近道にもなるかもしれません。

白ばかりを振り返らず、前に進むことを前向きに考えることで、あなた自身の幸せもぐっとあなたに近づくのかもしれません。

好きになってはいけない人を諦めるべき理由

では、好きになってはいけない人をなぜ好きでいてはいけないのか?その理由はたくさんあります。

ただ、あなたの好きと言う気持ちだけで押し通してしまえば、周りの人を傷つけることばかりではなく、ゆくゆくはあなた自身にその傷が帰ってくることでしょう。

好きになってはいけない人を諦めることで、あなた自身の幸せの近道になる事はもちろん、相手の幸せを願い自分の幸せをも願える心の広さにつながるのではないでしょうか。

さてここからは、好きになってはいけない人をあきらめるべき理由をいくつかご紹介していきます。

ぜひ参考にご覧ください。

幸せになれない

好きになってはいけない人を好きになることで、誰も幸せになることができないのです。

あなたが、本当に幸せになりたいのであれば、好きになってはいけない人は諦め、新たな出会いを求め一方踏み出すことが大切かもしれません。

このまま好きになってはいけない人を好きでいても、あなた自身を幸せではありません。

さらに、好きになってはいけない人を好きでいることで、せっかくの恋のチャンスを逃すこととともに相手もあなたの気持ちへ答えることもできないでしょう。

このように、好きになってはいけない人を好きになっても、誰も幸せにはなれないのです。

周りに迷惑をかけてしまう

好きになってはいけない人、好きになることで周りに迷惑をかけてしまいます。

つまり、あなたが好きになってはいけない人を好きになることで、一恵を困らせてしまう事はもちろん相手のパートナーや家庭があれば相手のご家族にまで嫌な思いをさせてしまいます。

さらに、あなたの好きになってはいけない人があなたに本気になるのも可能性が低いのです。

このように、周りに迷惑をかけてしまうだけではなく、あなた自身の恋も報われないことをよく知っておきましょう。

既婚者のリスクは大きい

さらに、相手が既婚者であれはなかなか離婚に至らせることも難しいでしょう。

既婚者の場合、お付き合いの時とは違い、法律で縛られることにもなりますので、その時の損害は心が傷つくだけではなく、損害賠償や金銭面でも多額の損害を受ける可能性が高いといえます。

このように、既婚者を好きになってしまった場合、リスクが大きいと心に留めておきましょう。

既婚者の場合、浮気相手も罰せられる可能性もあります。

そのため、あなたが既婚者を好きの場合あなたも損害賠償を求められたりする場合があります。

ように、既婚者を好きになってしまうリスクと言うのもしっかりと考えておくべきことなのかもしれません。

自分も相手も傷つけてしまう

好きになってはいけない相手を好きになることで、相手を傷つけることだけではなく相手の家族また子供や、最終的にはあなた自身も傷ついてしまう結果になるでしょう。

このように、好きになってはいけない人を好きになることで、将来が明るいとは、到底感じる事はできませんよね?

好きになってはいけない相手は、やはり好きになってはいけないのです。

自分が傷つく事はもちろんのこと、相手を傷つけている姿を見たくありませんよね。

このように、好きになってはいけない相手を好きになる事は誰も幸せにもならず、不幸になってしまうことを意味するのかもしれません。

どのように向き合っていくべきなのか?

では、好きになってはいけない人を好きになってしまった時の気持ちをどのように受け止めたり、向き合ってくべきなのでしょうか。

好きになってはいけない人を好きになることで、周りが傷つく事はもちろん相手や自分を傷つけてしまうのであれば、何も良い事は無いと感じていませんか?

しかし、どのようなことにも良い麺と悪い面が存在します。

確かに、好きになってはいけない人を好きになることでマイナスの面が浮き彫りになってしまいがちですが、逆にプラス麺といえばどのような面があげられるのでしょうか?一緒に考えていきましょう。

好きという気持ちにさせてくれたことに感謝

まずは、何よりあなたに人を好きになると言う気持ちを教えてくれたことに感謝をしましょう。

相手が、とても魅力的な人であれば、あなたの幸せを願ってくれる事はもちろん、その人自身もきっと、周りから愛される人間なのではないでしょうか。

人を好きになる事は、なかなかできないものです。

確かに中にはすぐ人を好きになってしまう人もいます。

しかし、たいていの人間がすぐに人を好きになれる人ばかりではありません。

そういった意味で、好きと言う気持ちにさせてくれたことに感謝をすることで、次の恋のステップへ踏み出せることができるのではないでしょうか。

「どうなりたいか」よりも「どうありたいか」

あなた自身が今後、この恋愛を通してどうなりたいかと考えるよりも、自分自身がどのように振る舞い、行動できるようになるのかを考えるべきでしょう。

今、自分に置かれている状況をよく考え、正しい道を歩むとともに自分はどのようにあるべきかをしっかりと考える時期なのかもしれません。

そういった意味でも、好きになってはいけない人とどうなりたいのかを考えるより、あなたが今後どのような人間でありたいのかをしっかりと考えることが大切です。

ここで考え方を間違えてしまえば、あなた自身も幸せではない道を選んでしまう可能性が非常に高くなります。

今の自分の状況をしっかりわきまえ、どうありたいかを考えましょう。

本気で好きなら待つのが大事

もし、どうしても好きになってはいけない相手をあきらめられない場合、待つことも1つの方法かもしれません。

しかし先ほどもしましたように、幸せになれる確率はかなり低いのです。

待っている間に、他の人を好きになってしまう可能性もありますし、あなた自身も待つことに疲れてしまうかもしれません。

しかし、そのリスクさえ乗り越えていけるのであれば、じっくりと、時間をかけて待ってみてはいかがでしょうか。

それで、あなたの気持ちが満足するのであればそれに越した事はありません。

しかし、何度もお伝えしますように好きになってはいけない人を好きになることであなた自身が傷つくことになり、周りの人や好きな相手まで傷つける事は肝に銘じておいてくださいね。

ほぼ叶わない恋だと考える

好きになってはいけない相手を好きになってしまう事は、ほぼかなわない恋や愛だと考えることです。

たとえ、相手があなたの気持ちに気付き振り向いてくれたとしても、相手にはパートナーがいるわけですからそれを振り切ってあなたのところへ飛び込んでくると言うのは非常に難しい話なのかもしれません。

もし、お付き合いをしていてあなたのために別れてくれるのであれば、それはお付き合いをしていた人が傷つくわけです。

しかし、結婚している相手を好きになってしまった場合、結婚している相手や家族、子どもまでいますので、そこを振り払いあなたの元へ飛び込んできてくれるとは到底考えにくいものです。

このように、あなた自身の幸せはもちろんのこと、ほぼかなわない恋だと考えることがベストかもしれません。

恋心が本物か考え直す