あなたは、好きな人にラブレターを書くときにどのようなことに注意をして書こうと思いますか?

自分の気持ちをわかるように伝えるのではなく、相手の心に響くようなラブレターをかけたら、もしかしたら恋愛が成功出来るかもしれません。

今回は、この記事を読むだけでラブレターで成功出来るよう、注意点について9つ上げていきたいと思います。

たった9つのことを注意するだけで、ぐっと成功に近づくラブレターの書き方ができることでしょう。

これをもとに、内容を整理し素敵なラブレターを書いてみてはいかがでしょう?きっとそのラブレターをもらった相手も、心を打たれあなたに惹かれる部分もあるのではないでしょうか。

素敵な恋愛をスタートさせれるよう、応援しています。

ラブレターで告白したい

面と向かって相手に「好きだ!」と言えないあなたに、ラブレターで告白をしたいと考えているのでしょう。

ラブレターで告白をする場合、相手に素敵な言葉を綴り、あなたの気持ちを載せることで、相手の心を揺さぶることができるかもしれません。

しかし、一方やり方を間違えてしまえばその心を揺さぶる気持ちもはかなく消えてしまう可能性があります。

そうならないために、ラブレターで告白を成功させるためにどのようなタイプの方がラブレターで成功できるのかを確認していきたいと思います。

以下の項目にチェック項目が多いほど、ラブレターで告白を成功できる確率が高いといえます。

いちど、チェックをしてみてはいかがでしょうか?

面と向かって言える勇気はない

やはり、大好きな相手に面と向かって好きだと言う勇気がないと言う方にラブレターはおすすめです。

実際大好きな相手を目の前にし、告白する事はとても大切なことで、成功率も高くなるのですが、緊張しすぎてうまく言葉を伝えることができなかったり、言葉が出てこない場合もあります。

そうなれば、告白したけど相手にうまく気持ちを伝えられない。

などと言うことに陥ってしまいます。

そうならないために、あなたの気持ちを全て出し切る方法は、1つしかありません。

それは、手紙に気持ちを託すことです。

文章を書くのが得意

告白で、成功できるポイントは、相手にどれだけ心の響くメッセージを届けることができるのかです。

確かに、相手もあなたに全く興味がないのにラブレターをもらうだけでお付き合いがスタートすると言う事はあり得ません。

しかし、興味のなかった相手から心打たれるようなラブレターをもらうことで、心が180度変わると言う事はよくある話なのです。

それだけ、文章には人の心を揺さぶる不思議な力があるのです。

もしあなたが、文章書くのが得意であればそれはかなりのポイントが高い得点になるのではないでしょうか。

その文章を書くのが得意なところを生かし、素敵なラブレターを書いてみてはいかがでしょうか。

言いたいことがちゃんと伝わる気がする

先ほどもお伝えしましたように言葉ではなかなか演説のようにうまく伝えられなくても、文章にすることで言いたいことがきちんと伝わり、また素敵な言葉が出てきたりする場合があります。

このように、伝えたいことをきちんと伝えるだけでなく、何度も読み返すことでさらに気持ちを伝えることができたり、素敵な文章書けたりいるのではないでしょうか。

あなたが、言葉でうまく伝えられないのであれば、言いたいことがきちんと伝わる方法を選べばいいのです。

それが、言葉で伝えようが、手紙で使いようがきちんと伝われば問題は無いのです。

ラブレターを送ってみたい

今まで、ラブレターを書いたことがないあなたに、いちどラブレターを送ってみたいと言う相手がいるのであれば、ぜひあなたの心の気持ちを文章に託しラブレターとして送ってみてはいかがでしょうか。

しかし、ラブレターは残ってしまうものなのです。

なので、下手な文章や恥ずかしい文章は極力欠かないことが良いでしょう。

後で何度も読み返し、不自然でなかったり恥ずかしくなるような文章でなければもらっといても嬉しいのではないでしょうか。

このように、ラブレターをいちど送ってみたいという方にも、ラブレターはオススメになります。

プレゼントに添えたい

相手の誕生日や、プレゼントなど何か特別な日にラブレターを添えて送りたいと言う方に非常にオススメになります。

確かに、愛の告白でラブレターをもらうことも嬉しいのですが、お付き合いしている相手から普段のあなたへの気持ちも込められたプレゼントとともに、お手紙に託してラブレターとして気持ちを伝えてくれたら、もらった相手はどれだけ嬉しいことでしょう。

ぜひ、プレゼントに添えてラブレターを送ってみてはいかがでしょうか。

もらった相手も、とても良い思い出になりあなたからのラブレターをいつまでも取っておくかもしれません。

ラブレターを書くときの注意9個

では、ここからは本題に入ります。

ラブレターを書くときの注意9個についてご紹介していきたいと思います。

あなたが普段書いている文章とは全く違う書き方になるかもしれません。

しかし、それはあなたの気持ちをうまく伝えるために必要な行為なのです。

しっかりと9個の注意点を守りすばらしいラブレターができることを祈っております。

さらに、相手の心をつかむような文章のフレーズと内容に、もらった相手も素敵な気分になるような、そんな素敵なラブレターが出来上がるといいですね。

可愛い便箋と封筒を選ぶ

かわいい封筒と便箋を選ぶ事はとても大切です。

シンプルすぎてもそっけない感じに思われますし、晴れすぎてもごちゃごちゃしすぎてよくわかりません。

男性に送る場合も女性に送る場合もどちらの場合にも可愛い便箋と封筒を選ぶといいかもしれません。

わかりやすいパターンであれば、ハートが載っているような封筒と便箋がいいかもしれません。

もらっといても一目でラブレターだと気づいてくれますので、ハート型が乗った封筒と便箋はおすすめです。

さらに、かわいい封筒と便箋を選ぶことでもらう相手の気持ちもワクワクするような気持ちになる事でしょう。

もし、かわいい封筒と便箋を選ぶのがどうしてもできない場合、気持ちが伝わるような真っ赤な封筒と便箋や、シンプルに大きなハートが載ったデザインの封筒と便箋を選んでも良いかもしれません。

あくまで受け取りやすいデザインで

こだわりすぎず、もらった相手があくまで受け取りやすいデザインがいいかもしれません。

こだわりすぎて変なキャラクターの封筒と便箋を送ってしまわないよう注意も必要です。

やはり、愛の気持ちを伝えるものですので男性から見ても女性から見ても可愛らしいと思われるデザインが1番ですが、もらって恥ずかしくなるような受け取りにくいデザインの封筒と便箋は控えるようにしてください。

さらに、相手がもらって嬉しいような封筒と便箋を選ぶことでさらにあなたの好感度やセンスもアップするのではないでしょうか。

相手の気持ちを考え、選ぶセンスもやはり告白を成功させるためのキーポイントになるのではないでしょうか。

字は綺麗に書く

汚い文字や文章であれば、いくら良い内容でも読む気が失せてしまいます。

そうならないために、できるだけ文字はきれいに書くことをお勧めします。

ラブレターをもらったはいいけどなんて書いてあるのか汚くて読めない、ラブレターをもらって嬉しかったけど字が汚かった。

などと言うことになれば、あなたの不器用さが伝わってしまうとともにもらった相手もちょっぴりがっかりしてしまうことでしょう。

相手をがっかりさせないためにも、ぜひ字をきれいに書けるように、練習をしておくといいかもしれません。

男性でも女性でも、次の綺麗な人は憧れますよね。

さらに、字がきれいな男性や女性はその人自身が美しく見える傾向にもありますので、ぜひ字をきれいに書けることがが出なら、練習しきれいな字を書けるようにしておきましょう。

ポエムにならないようにする

ポエムになってしまうと、後々読んだときにも恥ずかしい内容になっている場合があります。

さらに、ポエムになってしまえば歌の歌詞や詩のようになってしまいますので、伝わりにくい場合もあります。

何度も読み返し、ポエムのようなフレーズやポエムのような内容になってしまっていないかをよく確認するとともに、何度も読み返し、文章が自然な流れになるのかも!よく確認しておきましょう。

ポエムにならないために、日が落ちるまでにラブレターを書くこともいいかもしれません。

夜になると、気持ちが盛り上がってしまうためポエムのようなラブレターになってしまったり、恥ずかしい内容のラブレターが出来上がってしまう可能性がありますので、夜になる前にラブレターを書いてしまうことも一つの方法です。

このように、感情が入りすぎてしまうことも気をつけなければならないポイントになります。

長すぎないようにする

文章は、長すぎないようにしましょう。

長すぎてしまうと、読むのに疲れたり同じフレーズの繰り返しになってしまう可能性があります。

そうなれば歌の歌詞や、ポエムのようになってしまう可能性がありますので十分に注意が必要です。

このように、長すぎないようにすることで伝えたい気持ちを短編にまとめることもできますのでオススメの書き方になります。

できるだけ文章は短めに、またどれだけ長くても1枚の便箋で終わるよう心がけて文章を考えていくことも大切です。

あなたの気持ちをうまく伝えるためにいくつか素敵な言葉と内容を用意しておく事は大切ですが、伝えようとしすぎるあまり文章が長くなってしまう事は避けるように注意が必要です。

初めから清書しないで下書きする

書き始めから清書をするのはやめておきましょう。

まず、いらない紙の裏などに下書きをしてから文章を何度も繰り返し読みます。

そこで、伝えたい言葉をピックアップしてラブレターにするようにしていきましょう。

初めから清書してしまうと、途中で変な文章になってしまっても書き直すのが嫌になったり、このままでいいか…。

などと言う気持ちになってしまいますので、もらった相手が喜んで受け取ってくれるような素敵なラブレターになるよう、内容をよく考え、下書きをきちんとすることをおすすめします。

あなたも渡した後に後悔するような内容のラブレターは渡したくありませんよね?

そうならないためにも、初めから聖書せずに下書きをきちんとすることである程度の大まかな流れや内容も把握できますので、面倒くさがらずぜひ下書きをしてみてはいかがでしょう。

伝えたいことを書き出してみるのも手

清書する前に、下書きがめんどくさいと言う方にオススメなのが、伝えたいことを書き出してみるのもいいかもしれません。

箇条書きでも構いません。

とにかくどのようなやり方でも構いませんがあなたが、やりたいようなやり方で伝えたいことを書き出してみましょう。

そうすることで、伝え漏れがない素敵なラブレターに変身するかもしれません。

あなたが伝えたい内容を忘れないように書き出してみるのもいいですね。

とにかく使い方は自由ですが、伝えたいことをいちど書き出してみることも大切です。

伝えたいことや、あなたの気持ちを書き出してみることで、あなたの気持ちを再確認できるとともにさらに伝えたいことが湧いてくるかもしれません。

あなたに見合うやり方をやることが大切ですが、自分の気持ちを改めて確認する行為もとても大切だと感じます。

宛名と自分の名前を忘れない

宛名と、自分の名前を忘れずに記入しておきましょう。

誰が誰に書いたのかということがわからなければ、万が一落としてしまった場合誰に届けられるかもわかりません。

確かに、落とされた時に宛名と名前が書かれていれば誰が誰に書いたラブレターかはすぐにばれてしまいます。

しかし、そんなことを気にしていては相手に気持ちを伝えることができません。

きちんと伝える意味でも宛名と自分の名前は記入しておく方が良いでしょう。

ラブレターを渡すときに、きちんと宛名とあなたの名前が書かれているかを確認してから渡すようにしてみてくださいね。

好きという気持ちを伝える

まずは、ラブレターですのでメンイのあなたが相手の事を好きだという事をきちんと伝えましょう。

好きがきちんと伝わらなければ、相手は「何を伝えたいのだろう?」と疑問になります。

さらに、ラブレターならきちんと「好き」というキーワードを使い、相手の事をどのくらい好きなのかも伝えるといいかもしれません。

相手は、あなたがどれくらい自分に興味があり好きでいてくれるのか、とても気になっているのです。

その、相手が気になっているところを余すとこなく伝える事で、また相手もあなたの気持ちに傾く事になるかもしれません。

誰でも、恋愛感情の無かった相手から突然好きだと言われれば、相手の事が気になるのは当たり前なのかもしれません。

このように、好きと言われる事で、相手もあなたに興味が湧く可能性が高くなるのです。

ラブレターの渡し方

それではここからは、ラブレターの渡し方についてご説明していきたいと思います。

せっかくいいラブレターに、ラブレターに対応した相手に渡すのに、私方を間違えてしまえばうまくいくお付き合いも、消えてなくなる可能性があります。

きちんとした渡し方をすることで、相手にもより信頼感が芽生え、あなたのことを思うようになるのではないでしょうか。

それでは具体的なラブレターの渡し方についてご説明していきたいと思います。

最後の最後で詰めが甘くなってしまわないようきちんと計画して渡し方も考えましょう。

直接渡す

やはり、ラブレターは直接渡した方が効果が高いといえます。

口での告白ができない場合、手紙に託して気持ちを伝えますので、あなたがどれだけ本気で相手のことを考えているのかを伝えるチャンスにもなります。

そのため、直接相手の顔見てラブレターを渡す方法が1番有効的になりそうです。

しっかりとあなたの気持ちが伝わるよう、相手を呼び出しラブレターを出すことで相手も、きちんと考えなければならないと言う気持ちにもなりやすいため、直接渡すことでラブレターの効果が上がりお付き合いにつながる可能性も高くなると言えるでしょう。

靴箱やデスクに入れる

靴箱やデスクに入れる場合、他の人に見られてしまう可能性も高くなります。

しかし、靴箱やデスクなら相手も必ず見る場所になりますので、目に付きやすいところに置いておくことがポイントです。

もし相手の机の中がぐちゃぐちゃで汚い場合、靴箱をおすすめします。

さらに、靴箱も汚い場合、直接渡す方がいいかもしれません。

相手の状況を判断したり、相手に有効的なラブレターの渡し方ができればどのような渡し方でももいいと感じます。

あなたなりのラブレターの渡し方でいいと思うのですが、相手の状況がどのような状況かをよく把握しておく必要があります。

女子に告白する場合、靴箱やデスクの中もきれいに整理整頓されている場合が多いのですが男子に告白する場合ディスクに入れておけば教科書などを入れたときに一緒に奥に行ってしまい、くしゃくしゃになってしまう可能性も考えられます。

このように相手の状況と性格を判断しラブレターを渡す考え方も変えた方が良い場合もあります。

友人に渡してもらう

友人に渡してもらうことも1つの手です。

中の良い友達ならあなたが相手を好きなことをよく知っているため、あなたの気持ちを代弁して伝えてくれるかもしれません。

そのため、友達に渡してもらうことで伝えたいメッセージと一緒に伝えてもらうことが可能になります。

ラブレターをもらう時、かなりのドキドキ感と気持ちが舞上がってしまうためなかなかうまく伝えることができない場合があります。

そういった場合、友達に協力してもらいあなたの好きな相手にラブレターを渡してもらうことも可能かもしれません。

バレンタインデーにチョコと一緒に

もしラブレターを渡す時期がバレンタインデーに近いのであれば、バレンタインデーにチョコと一緒に渡すこともおすすめです。

逆にあなたの気持ちを伝えやすくなるため、あなたに有利な伝え方になると言えるでしょう。

さらに、バレンタインデーなら、他に告白する方もいらっしゃるので、万が一周りに告白がバレたとしても他に告白した人と紛れやすい可能性もあり、目立ちたくない方には、目立ちそうで目立ちにくい状況になりそうです。

このように、バレンタインデーなどの多くの人が告白するタイミングを狙い、告白に挑む事も良さそうです。

車や部屋にさりげなく置いておく

あなたが社会人なら、好きな人のクルマのワイパーなどに挟んでおくのもいいかもしれません。

しかし、雨の日などはそのラブレターをビニールに入れて置くか、さらに部屋にラブレターが置いてあればビックリされますので、あくまでも一人暮らしの方のポストへ入れておくなど、敢えて郵送してもいいかもしれません。

このように、さりげなくあなたからのラブレターを相手が手にする事で、心にグッとくる内容に感じるのかもしれません。

しかし、車や部屋などは相手が所有する物になりますので、あなたがラブレターを置くにしろ、利用される事で不気味に感じたり、ストーカーのように感じられてはいけないので、やはりここは出来るだけ直接相手に渡す方法がポイントの高い渡し方かもしれません。

ラブレターでの告白を成功させよう!

いかがでしたか?

あなたにぴったりなラブレターでの告白をイメージ出来ましたか?

イメージがしっかりでき、好きな相手に好きなことを伝えるとともに今後あなたと好きな相手がどのようになりたいかなどを歌い的に伝えていくことでよりラブレターとしての本領が発揮されるようです。

やはり好きな相手に隙を伝えるだけではお付き合いをすると言う事まではなかなか考えにくいものです。

また、相手がもらって返事に困るようなラブレターを渡すのも考えものです。

あなたが相手の立場になりもらった相手がどのように感じるのかをよく考えてラブレターの文章を考えるといいかもしれません。

このように、ラブレターでの注意事項は案外たくさんあるものです。

しかし、たったの9個の注意点を改善するだけでかなり告白の成功率も上がるのではないでしょうか。

これらの事を駆使して、ラブレターでの告白がうまくいくといいですね。