普段の生活の中で電話を利用することは日常的に多くあるかと思いますが、電話をする際にどういう方法であなたは電話をしますか?
多くの方が携帯電話、もしくはスマートフォンを使って電話をすることが多いかと思います。

自宅に固定電話がある場合は自宅の電話を使う場合も多いかと思いますが、現代ではスマートフォンを使って電話をする方が非常に多くいらっしゃるかと思います。

電話をする方法と聞いて大体の方が、今お伝えした方法を想像する事が多いかと思いますが、公衆電話を使って電話をされる方もなかにはいるかもしれません。

ただ、残念ながら現代において公衆電話のニーズは非常に低くなっていると言えるのではないでしょうか。

これは昔と比べて携帯電話などの通信事業が発達したことによって、多くの方が スマートフォンなどを契約していることに比例しているのではないでしょうか?
特に、現在の若い方については公衆電話という存在を知らない方も出てきていることになります。

今回はそんな公衆電話についてご紹介していきたいと思います。

最近の若い人は公衆電話を知らない!?

現在の若い世代の方は公衆電話を利用すると言うことは基本的に少ないのではないでしょうか?
と言いますのが、若い世代の方であればおそらく大多数の形がスマートフォンを契約していることが多いと言えるからです。

スマートフォンがあれば気軽にすぐに電話をすることも出来ますし、相手と連絡が取り合うことができるようになっています。

電話ができなかったとしても、最近ではメールなどの機能を使って相手に場所を知らせる機能もありますし、最近はメールよりも line を使う方が多いと言えるでしょう。

また、 line の機能自体にも電話をする機能が備わっているので、 line を使えばすぐに事足りてしまうということから、やはり公衆電話を使う機会が激減してしまっているのも、若い方が公衆電話を知らない状態になっていると言えるのではないでしょうか。

今の若い世代の方に公衆電話を使ったことがあるかと聞いた時に、おそらく大多数の形が使用したことがないと答えるかと思います。

しかし、公衆電話は時と場合によっては非常に便利な機能を持ったサービスになります。

なので、公衆電話についてよく知らないと言う方には、公衆電話の使い方やメリット等を知っていただければ幸いです。

公衆電話とは?


そもそも公衆電話という存在について知らないという方もなかにはいると思います。

確かに公衆電話を利用したことがないという方からすると、そもそも自分自身に必要ないですし、理解する必要もないということにつながるのでしょうね。

しかし、いざという時に公衆電話という存在を知っていることによって、大きく助けられる場面が生まれるかもしれません。

なので、普段利用しないという方こそ、公衆電話のメリット使い方などを知っていただくことによって、いざと言うときに困った状況から脱出させてくれる大きな助け舟と変化することができるかもしれません。

なので、公衆電話について知らないという方にこそ、是非見て頂きたいと思いますので詳しくご説明をしていきましょう。

誰でも使える公共の電話

公衆電話とは不特定多数の形が利用できる、公共の電話記であります。

公衆電話は通話サービスを提供してくれるシステムの一つの形態であり、公共性が高いサービスとして存在しているものになります。

基本的に誰でも利用することができ、利用する都度料金を支払ってもらえれば、使用が可能になる電話機なのです。

なので、例えば出先なので携帯電話をなくしてしまった、もしくは携帯電話を忘れてしまったという状況がもし生まれた場合に、非常に便利になるサービスになります。

お金を支払えば誰でも電話をすることができるサービスなので、非常事態になった時などに利用することができます。

駅や道端にあったりする


公衆電話がある場所については基本的には益や道端にあったりすることがかなり多いかと思います。

それは公共性の高さという点から見た時にやはり利便性が考慮されることが重要になるので、人の出入りが激しいところであったり、人が多く存在する場所に設置されるということが一般的に多くなり、それが必要であるからということになります。

例えば、駅や道端以外にもコンビニエンスストアであったり、空港のターミナルバスターミナル、ホテル、百貨店などの様々な場所で用意されていることが多いです。

特に人通りが多い場所

もちろん人が全くいない場所で公衆電話があると、非常に助かる場合もありますよね。

誰かに相談することもできず、どうすることもできない状況で公衆電話があれば非常に助かる場合もあるかと思いますが、基本的には人がたくさんいる場所、そして人通りが多い場所に設置されることが多いかと思います。

公衆電話を利用したことが今までにないという方でも、おそらく見たことがある人はたくさんいるかと思います。

おそらく、人通りの多い場所で公衆電話が存在してるの見たことがあるという記憶に結び付くかと思います。

硬貨とテレフォンカードが使える

公衆電話を利用する際にはどのようにして利用すれば良いのか、と言うことを知らない方がいるかもしれませんので、、利用方法についてもご紹介していきたいと思います。

基本的には公衆電話を利用する際には、使用する時間に比例してお金が必要になります。

なので、硬貨を入れて電話をするという方法になります。

もしくは、最近は持っている方が少ないかもしれませんが、テレフォンカードを使用して公衆電話を利用すると言った方法も存在します。

おそらく最近の若い方はテレフォンカードという存在自体を知らない、若しくは実際に見たことがないという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
昔はテレフォンカードなどを使用する機会がたくさんあったかと思いますので、ある程度の年齢の人からすると信じられないと思うかもしれませんね。

テレフォンカード収集をしていた人も

今では考えられないかもしれませんが、テレフォンカードを収集していた人達も存在しています。

テレフォンカードは日本の公衆電話で使用ができるプリペイドカードになるのですが、訳してテレカと呼ばれることも多いかと思います。

テレフォンカード収集をして何が楽しいかと思う方もいるかもしれませんが、コレクターズアイテムとして集めていた方も、昔はたくさんいました。

しかし、今では公衆電話を利用する機会が少なくなっているという状況もあり、コレクターズアイテムとしての価値としては非常に高くなっている傾向もあると言えるでしょう。

テレフォンカードを知らないという方でも、アニメなどのカードゲームなどは見たことがあるかと思います。

よく、カードが制作された当初のレアカードなどは高値で取引がされているということもあるかと思いますが、それと似ているという風に解釈してもらえればわかりやすいかと思います。

公衆電話に電話がかかってくることもある

公衆電話が基本的には発信専用になりますので、受信することは基本的にはないのですが、時には公衆電話に電話がかかってくることがある場合もあります。

公衆電話を利用したことがない方にとっては非常に不思議なこと現象であると思われる方も多いと思います。

なぜ公衆電話に電話がかかってくるのかと言いますと、緊急的な通報に関する折り返しの電話である場合があったり、若しくは業務用として電話をする場合があったりするケースがあるかと思います。

今ご紹介した二つのケース以外で電話がかかってくると言うことは基本的にはあり得ないことになります。

なので、電話がかかってきていれば、緊急的な状況で電話をしている場合がかなり多いと言えるのではないでしょうか。

撤去後の棚がSNSで話題に?

最近では twitter や facebook などのSNSを利用される方もかなり多いのではないでしょうか?SNSにあげられる写真にはたくさんのものがありますが、時々公衆電話が撤去された後の店が話題になったりしている場合があります。

この店は何だろうということで、不思議な気持ちから話題になることが多かったりするのですが、よくよく考えてみると公衆電話が必要がないという判断が下り、最終的に撤去されてしまった後の場所になっている場合が多くあるといるでしょう。

昔から公衆電話を利用してきた方にとっては少し悲しい写真に見えるのではないでしょうか?
時代の移り変わりによって、必要なもの、必要でないものということが区分されるようになってきている、という事への証拠になるのではないでしょうか。

(若い人にはわからないものとしてツイッターで話題になったことがあります)

公衆電話の歴史

公衆電話を利用したことが無い方のために、公衆電話の今までの歴史についても、あわせてご紹介をしていきたいと思います。

公衆電話の歴史を知ることで、公衆電話がどのように利用されてきたのか、そしてあまり使用されなくなった現在に至るまでの経歴についてを詳しく知ることによって、どれだけ公衆電話が便利であったか、そして需要があったかということに関して知っていただきたいと思います。

これまでの公衆電話の歴史について詳しくご紹介していきましょう。

携帯電話の普及前に設置された

元々公衆電話は携帯電話が普及される前に普及していった背景があります。

当然ながら携帯電話を持っている場合は携帯電話を使う頻度の方が多くなると思いますので、これは当然の話になるかと思います。

携帯電話が普及される前に設置されていたので、当然ながら公衆電話を昔の方は多く利用していました。

なぜかと言いますと、そもそも電話機自体が非常に高いものであり一般的な人たちが購入すると言った時に無理があったからです。

なかなか庶民の人には手の届くようなものではなかった為、富裕層の方々は持っていたかもしれませんが、一般的な人たちが購入することになるのはかなり先の話になっていたからです。

だからこそ必要な時に公衆電話を利用するというスタイルが浸透していたからこそ、昔の方は多く利用していたと言えるでしょう。

19世紀にヨーロッパで生まれる

公衆電話の歴史について知る場合は公衆電話の起源についても知っていただく必要があるかと思います。

公衆電話を知らない方にとっては、公衆電話は日本特有のものであるという風に考えがちかもしれませんが、もともと公衆電話が生まれたのは19世紀における欧州を起源とされています。

具体的には19世紀のヨーロッパで生まれたものであり、そこから北米やアジアだと各地で設置されていくこととなっていました。

公共機関の一つとして多く利用されるようになった公衆電話ですが、先ほどお伝えした通り一般市民が購入するには非常に電話機は高価な物であったので、なかなか手が届かないものであったということも、公衆電話が多く普及する理由の一つになったのではないでしょうか。

なので公衆電話は日本特有のものというわけではなくそもそもの起源は海外から始まったということを知識として知っておきましょう。

その後日本にも伝わる

先ほどお伝えした通り公衆電話は海外で生まれた機械になりますが、欧州で生まれ北米やアジアへと伝わる過程の中でその後日本にも公衆電話の技術が伝わるようになり、開発されて日本全国に設置されるようになりました。

公衆電話は国が運営している電話事業になり、国によって公共性を維持するのか、収益性を維持するのかという事で、大きく分かれているという事にもなります。

ただ、最近の日本では公衆電話はだんだん数が少なくなっていっている傾向にあるといえるのではないでしょうか。

最近は携帯電話・スマホの影響で減少

公衆電話が少なくなっている理由としては冒頭からお伝えしているとおり、携帯電話、そしてスマートフォンなどが普及していることによって減少しているということが理由につながるのではないでしょうか。

携帯電話の機能として電話機能はもちろんついていますし、最近ではラインなどのアプリを使って電話をする方も非常に多く存在しています。

そもそも携帯電話がかけ放題プランなどに加入している方は、キァリアの電話機能を使って電話している方も多く存在しています。

どこに出かけるにしてもスマートフォンなどを持って出掛ける方が非常に多いですし、最近では高齢の方でも携帯電話やスマートフォンなどを持っている方が非常に多くなっているので、結果的に公衆電話を利用してきた世代の形でも利用しなくなっているということが現状として起っているのではないでしょうか。

ただ、逆に携帯電話やスマートフォンなどをなくしてしまった方であったり、持ってくるのを忘れた方にとっては非常にありがたいサービスにもなっているかと思います。

だからこそ、数こそ減っていますが、公衆電話が完全になくなってしまうということは利便性の面から見て、可能性としてはかなり低いのではないでしょうか。