社会人になり仕事をするようになると、様々な悩みの方が生じてくるという経験は誰しもが持っていることではないでしょうか。

順風満帆に仕事をこなしている人もいれば、中には悩みや問題と向き合いながら、大変な毎日を過ごしている方もたくさんいるのではないでしょうか。

学生の時はここまで仕事が難しいと想像した事はなかったのではないでしょうか。

特に、新卒として企業に勤めるようになった方については、おそらく一番今までの人生の中で今までの生活と、新社会人としての生活のギャップを感じる部分になるかと思います。

何をするにしても新しいことがたくさんあり、新しいことをするときは当然最初からうまくいくはずもなく、怒られたり、悩んだり、失敗をしたり、どうすれば良いのか分からないことがたくさんあるかと思います。

最終的には仕事を辞めたいと言う風に考えることにつながってしまう方もいるのではないでしょうか?
今回は仕事を辞めると言う事に関して、実際に会社をやめるという決断をする前に少し立ち止まって考えていただく、ということに関してご紹介していきたいと思います。

仕事辞めたいって思っている人はいませんか?

辛いことがあった時に立ち向かっていける人間はどんどん成功していくことができるかと思いますが、迫り来る壁が大きければ大きいほど自信がなくなってしまい、立ち向かっていく勇気がなくなってしまう人も存在すると言えるでしょう。

立ち向かうという事は、勇気が必要ですし、根気が必要です。

時には逃げたくなってしまう考え方をしてしまう方もいるのではないでしょうか。

仕事において、逃げたくなるということは仕事を辞めると言うことに直結するかと思います。

新社会人として働きだした方については、特に最初の1か月は自分が想像していた以上に仕事がうまくいかなくて、悩んだり傷ついてしまったりすることもあるのではないでしょうか。

学生の時に非常に多くの時間をアルバイトに費やしている方は、ある程度社会での活動に慣れている方もいるかもしれませんが、今までアルバイトをしたことが無い方だったり、そこまで長時間アルバイトをしたことがない方については、実際に企業に正社員として勤めた場合、自分が想像していた現実とのギャップを大きく感じることになるかと思います。

今までの学生の生活と社会人になってからの生活は大きく変化しますし、自分自身の時間がなくなってしまい、気づけば次の日になっていて出勤時間が迫っているなんていう経験があるかと思います。

今まさに仕事辞めたいと悩んでいる方はたくさんいるかと思いますが、仕事を辞めるという決断はすぐにできます。

だからこそ仕事を辞める前に一度立ち止まっていただき、正しい選択なのかどうか、悩んで見ることをお勧めいたします。

仕事辞めたいと思う前に!仕事をやめたらこうなる


仕事を辞めたいと思う前に、仕事を辞めると起こってしまう事について一度確認していただく事が大事になるかと思います。

先ほどからお伝えしている通り、仕事を辞めることは非常に簡単な事です。

簡単であるからこそまずはその選択が正しいとかどうか確認することが大事なのです。

やめることは簡単ですが入ることは難しかったのではないでしょうか。

今手にしている立場を簡単に手放して本当に正しいのかどうかということを見つめ直す時間が必ず必要になります。

もちろん中には、仕事を辞める事が本当の意味で正しい選択になる場合もあるかと思います。

ただ、今の仕事が単純に辛いから辞める、面白くないから辞める、次にしたいことが見つかっていないが、今の現状が辛いから逃げ出したい、などという次の目的がない辞め方は最終的に自分を追い込んでしまう可能性があります。

本当の意味で病気などで精神的に辛い場合は仕方がないかもしれませんが、そうでないのであれば一度仕事を辞めたら起こりうる状況を想定して、その上で決断をするようにしましょう。

仕事を辞める上で問題になることをこれからまとめてご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

とにかく問題はお金

仕事を辞める上で一番最初に問題になることはお金の面になるかと思います。

人間は生活をするだけで非常にお金がかかります。

毎月の必要経費は人によって違いますし、金額も様々とかと思いますが、一般的に考えてまず、家賃がかかります。

生活をするだけでもある程度のお金が必要になりますし、当然ながら食事も必要になるので食費がかかりますよね。

それ以外にもインターネットや携帯電話、電気、水道、ガスなどの光熱費などは当然ながらかかってくるかと思います。

人によっては車を購入している場合は車のローンの支払いがあったり、クレジットカードを利用している場合はクレジットカードの支払いがあったりするかもしれませんね。

節約をすることで多少お金を減らすことができるかもしれませんが、それでも毎月必要な経費はある程度かかってきます。

貯金がない状態で仕事を辞めてしまったらそもそもの生活ができなくなってしまうので、頼る人もいなければ本当の意味でピンチになってしまいます。

どんなに辛くても生活ができないのであれば辞めてしまうのは無謀な策になります。

なので、まずはお金を貯金してある程度生活できる貯金が貯まったら仕事を辞める、という社会的な順番を考えて行動することが大事になるのではないでしょうか。

不安になる


仕事を辞めてしまった場合、不安感に苛まれることが言えるのではないでしょうか。

仕事を辞めるということは、自分自身が想像しているよりも追い込まれてしまうことにつながります。

不安を感じながら働く方がもっと不安に感じるという方もいるかもしれませんが、仕事を辞める人は中途半端な止め方をすればするほど自分自身を蔑んでしまいがちなります。

中途半端に逃げてしまったという現実が自分自身の自信を喪失させてしまい、次の行動をとれなくなってしまう場合もあります。

それに反してしっかりとした辞め方を行った場合だったり、次の目的を持ってしっかりと辞める場合に関しては、そういった不安に苛まれることはないかと思います。

逃げるように辞めてしまったら、次の仕事がどうしよう、お金が足りない、などの細かい不安などを感じながら生活していかなければならないので、余裕がなくなってしまいがちになります。

誰にも頼れない状況で一人暮らしなどをしている場合は、きちんと考えた上で行動しないと中途半端に仕事辞めてしまうと困った状況になってしまうということを理解した上で行動することが大事です。

転職でいろいろ追われる

仕事を辞めると次の仕事を見つけるまでの間が非常に大変になります。

目的をもって仕事を辞める方はきちんと次の仕事を見つけてから退職する方が多いかと思いますが、逃げるように辞めてしまった方の場合は次の仕事が見つかる前に仕事を辞めてしまう方が多いかと思います。

ある程度の貯金がある状態であれば、そこまで深刻な状況には立たされないかもしれませんが、お金がない状態で転職活動を行うのは非常に危険です。

転職活動を行う場合は、どうしてもある程度の期間が必要になります。

ヘタをすると1か月以上かかってしまう場合などもあり、それまでの間仕事をせずに収入もない状態で生活をしなければいけないので、非常に精神的にも焦ってしまいがちになります。

焦ってしまうと転職活動も落ち着いて行えない場合などもあり、満足いく結果が得られない場合などもあります。

転職活動が自分の想像よりも困難な状況になるということは、基本的に大きくありえますので、転職活動である程度の期間は追われてしまうということを自覚した上で、仕事を辞めないと、非常に後悔してしまうことにつながります。

この点を理解した上で行動をすることをお勧めいたします。

仕事辞めたいと思った時に立ち止まって考えたいこと

仕事を辞めてしまった場合に起こりうる今後の事をご紹介していきましたが、これを踏まえた上で仕事を辞めたいと思った時に、一旦立ち止まって考えていただきたいことがたくさんあります。

安易に仕事を辞めてしまった場合は、先ほどお伝えした通り、非常にたくさんの今後の事に悩まされてしまい、後悔してしまう方がたくさん存在しているからです。

安易な気持ちで仕事を辞めてしまうと、自分自身を追い込まれてしまうことにもなりますので、立ち止まってまずはしっかりと考えてみてください。

具体的にどういうことを考えるべきかということについて、これから詳しくご紹介をしていきたいと思います。

様々な視点からご紹介をしていきたいと思いますので、今後仕事を辞めたいと今現在悩んでいる方については、参考にしていただき一つ一つ冷静に考えていただければと思います。

逆に言えば、これからご紹介することを考えずに辞めてしまった場合に、困った状況に立たされることもあるかと思いますので、自分自身のためだと思ってまずは冷静に考えることをお勧めいたします。

休んで考えよう

まずは冷静に考えることが必要になりますので、しっかりと自分自身の体と精神を休ませた上で考えることが大事です。

嫌なことがあった時に衝動的に考えてしまうと、冷静な判断ができない状況で物事の結論を出してしまいがちになります。

冷静に考えることで今後起こりうることについて対処方法などを考えながら行動することができます。

冷静に考えることができない状態であると、大事なことをすっぽ抜かして考えてしまうことにも繋がってしまいます。

特に仕事が終わって疲れている状態で考えてしまってもなかなか良い結論を出すことが出来ないかと思いますので、しっかりと休みの日など精神的にリラックスして考えられる状況で今後の事を休みながら考えることが大事であると言えるでしょう。

頭の中身を全部紙の上にぶちまけてみる

自分自身の頭の中身を整理することで冷静に考えることが出来、なおかつ具体的に良い方法を考えることができるかと思います。

自分自身の頭の中を整理するには、自分自身が考えていることを紙などの用紙に書くことを非常にお勧めいたします。

紙に書くことで自分自身が感じていること、そして考えてることを漏れなく整理することができるようになります。

逆を言えば自分自身の頭の中だけで結論を出してしまうと、冷静に考えるべき全ての点を把握できなくなってしまうことにも繋がってしまいます。

しっかりとした計画を立てないとつまずいてしまうことが予想されますので、漏れなく考えるにはやはり紙などの用紙に書くことが大事であると言えるでしょう。

もしくは普段から仕事をしている上で感じたこと、そして今後どうしたいかということをスマートフォンなどのメモに書きつづっておくことで、整理をする時に非常に役立ったりもします。

なので小さいことでも気になったことがあれば、どんどんメモをしていくようにすることが大事ですよ。

ストレス発散してみる

立ち止まってしっかりと考えるためには冷静になることが大事であるとお伝えしました。

冷静になるためには自分自身の体の中に溜まっているストレスを1度発散することが大事であると言えるでしょう。

ストレスを発散することによって、自分自身の中に溜まっている悪いものを吐き出すことができるようになります。

ストレスを吐き出すことによってリラックスした自分を取り戻すことが出来ますし、当然ながら冷静な判断思考が行えるようになります。

なので結論を出す前に自分自身がストレスが溜まってしまい、パニックになってしまっている状況があれば、まずは一度ストレスを発散してみる事から始めてみて下さい。

もしかするとストレスを発散すると前向きな気持ちになり、今の仕事をもう少し続けても良いかな、という前向きな気持ちになることもあるかもしれません。

一時的な感情だけで決断を出してしまうことは非常に危険な行為になります。

リラックスするためにはどうすればいいかということを考えた時に、必然的にストレス発散が必要になるかと思いますので一度行ってみることをお勧めします。

やめた時のリスクを考える

仕事を辞める前に立ち止まって考えていただきたい事の中で、辞めた時のリスクについてしっかりと考えることが重要になるかと思います。

この点を是非とも必ず考えて頂きたい項目になりますので、非常に重要な項目であるということを理解した上で考えてみてください。

仕事を辞めるということは新しい可能性を秘めた行動になるかもしれませんが、それと同時に多大なるリスクを背負うということにもつながります。

このリスクの点を考えずに行動してしまう場合は後々に大きな後悔へとつながる場合もありますので。

これからご紹介する各項目について納得のいく結論を出せるかどうかが大きな分岐点になるという事を理解しておいてくださいね。