社会人になり仕事をするようになると、様々な悩みの方が生じてくるという経験は誰しもが持っていることではないでしょうか。

順風満帆に仕事をこなしている人もいれば、中には悩みや問題と向き合いながら、大変な毎日を過ごしている方もたくさんいるのではないでしょうか。

学生の時はここまで仕事が難しいと想像した事はなかったのではないでしょうか。

特に、新卒として企業に勤めるようになった方については、おそらく一番今までの人生の中で今までの生活と、新社会人としての生活のギャップを感じる部分になるかと思います。

何をするにしても新しいことがたくさんあり、新しいことをするときは当然最初からうまくいくはずもなく、怒られたり、悩んだり、失敗をしたり、どうすれば良いのか分からないことがたくさんあるかと思います。

最終的には仕事を辞めたいと言う風に考えることにつながってしまう方もいるのではないでしょうか?
今回は仕事を辞めると言う事に関して、実際に会社をやめるという決断をする前に少し立ち止まって考えていただく、ということに関してご紹介していきたいと思います。

仕事辞めたいって思っている人はいませんか?

辛いことがあった時に立ち向かっていける人間はどんどん成功していくことができるかと思いますが、迫り来る壁が大きければ大きいほど自信がなくなってしまい、立ち向かっていく勇気がなくなってしまう人も存在すると言えるでしょう。

立ち向かうという事は、勇気が必要ですし、根気が必要です。

時には逃げたくなってしまう考え方をしてしまう方もいるのではないでしょうか。

仕事において、逃げたくなるということは仕事を辞めると言うことに直結するかと思います。

新社会人として働きだした方については、特に最初の1か月は自分が想像していた以上に仕事がうまくいかなくて、悩んだり傷ついてしまったりすることもあるのではないでしょうか。

学生の時に非常に多くの時間をアルバイトに費やしている方は、ある程度社会での活動に慣れている方もいるかもしれませんが、今までアルバイトをしたことが無い方だったり、そこまで長時間アルバイトをしたことがない方については、実際に企業に正社員として勤めた場合、自分が想像していた現実とのギャップを大きく感じることになるかと思います。

今までの学生の生活と社会人になってからの生活は大きく変化しますし、自分自身の時間がなくなってしまい、気づけば次の日になっていて出勤時間が迫っているなんていう経験があるかと思います。

今まさに仕事辞めたいと悩んでいる方はたくさんいるかと思いますが、仕事を辞めるという決断はすぐにできます。

だからこそ仕事を辞める前に一度立ち止まっていただき、正しい選択なのかどうか、悩んで見ることをお勧めいたします。

仕事辞めたいと思う前に!仕事をやめたらこうなる


仕事を辞めたいと思う前に、仕事を辞めると起こってしまう事について一度確認していただく事が大事になるかと思います。

先ほどからお伝えしている通り、仕事を辞めることは非常に簡単な事です。

簡単であるからこそまずはその選択が正しいとかどうか確認することが大事なのです。

やめることは簡単ですが入ることは難しかったのではないでしょうか。

今手にしている立場を簡単に手放して本当に正しいのかどうかということを見つめ直す時間が必ず必要になります。

もちろん中には、仕事を辞める事が本当の意味で正しい選択になる場合もあるかと思います。

ただ、今の仕事が単純に辛いから辞める、面白くないから辞める、次にしたいことが見つかっていないが、今の現状が辛いから逃げ出したい、などという次の目的がない辞め方は最終的に自分を追い込んでしまう可能性があります。

本当の意味で病気などで精神的に辛い場合は仕方がないかもしれませんが、そうでないのであれば一度仕事を辞めたら起こりうる状況を想定して、その上で決断をするようにしましょう。

仕事を辞める上で問題になることをこれからまとめてご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

とにかく問題はお金

仕事を辞める上で一番最初に問題になることはお金の面になるかと思います。

人間は生活をするだけで非常にお金がかかります。

毎月の必要経費は人によって違いますし、金額も様々とかと思いますが、一般的に考えてまず、家賃がかかります。

生活をするだけでもある程度のお金が必要になりますし、当然ながら食事も必要になるので食費がかかりますよね。

それ以外にもインターネットや携帯電話、電気、水道、ガスなどの光熱費などは当然ながらかかってくるかと思います。

人によっては車を購入している場合は車のローンの支払いがあったり、クレジットカードを利用している場合はクレジットカードの支払いがあったりするかもしれませんね。

節約をすることで多少お金を減らすことができるかもしれませんが、それでも毎月必要な経費はある程度かかってきます。

貯金がない状態で仕事を辞めてしまったらそもそもの生活ができなくなってしまうので、頼る人もいなければ本当の意味でピンチになってしまいます。

どんなに辛くても生活ができないのであれば辞めてしまうのは無謀な策になります。

なので、まずはお金を貯金してある程度生活できる貯金が貯まったら仕事を辞める、という社会的な順番を考えて行動することが大事になるのではないでしょうか。

不安になる


仕事を辞めてしまった場合、不安感に苛まれることが言えるのではないでしょうか。

仕事を辞めるということは、自分自身が想像しているよりも追い込まれてしまうことにつながります。

不安を感じながら働く方がもっと不安に感じるという方もいるかもしれませんが、仕事を辞める人は中途半端な止め方をすればするほど自分自身を蔑んでしまいがちなります。

中途半端に逃げてしまったという現実が自分自身の自信を喪失させてしまい、次の行動をとれなくなってしまう場合もあります。

それに反してしっかりとした辞め方を行った場合だったり、次の目的を持ってしっかりと辞める場合に関しては、そういった不安に苛まれることはないかと思います。

逃げるように辞めてしまったら、次の仕事がどうしよう、お金が足りない、などの細かい不安などを感じながら生活していかなければならないので、余裕がなくなってしまいがちになります。

誰にも頼れない状況で一人暮らしなどをしている場合は、きちんと考えた上で行動しないと中途半端に仕事辞めてしまうと困った状況になってしまうということを理解した上で行動することが大事です。

転職でいろいろ追われる

仕事を辞めると次の仕事を見つけるまでの間が非常に大変になります。

目的をもって仕事を辞める方はきちんと次の仕事を見つけてから退職する方が多いかと思いますが、逃げるように辞めてしまった方の場合は次の仕事が見つかる前に仕事を辞めてしまう方が多いかと思います。

ある程度の貯金がある状態であれば、そこまで深刻な状況には立たされないかもしれませんが、お金がない状態で転職活動を行うのは非常に危険です。

転職活動を行う場合は、どうしてもある程度の期間が必要になります。

ヘタをすると1か月以上かかってしまう場合などもあり、それまでの間仕事をせずに収入もない状態で生活をしなければいけないので、非常に精神的にも焦ってしまいがちになります。

焦ってしまうと転職活動も落ち着いて行えない場合などもあり、満足いく結果が得られない場合などもあります。

転職活動が自分の想像よりも困難な状況になるということは、基本的に大きくありえますので、転職活動である程度の期間は追われてしまうということを自覚した上で、仕事を辞めないと、非常に後悔してしまうことにつながります。

この点を理解した上で行動をすることをお勧めいたします。

仕事辞めたいと思った時に立ち止まって考えたいこと

仕事を辞めてしまった場合に起こりうる今後の事をご紹介していきましたが、これを踏まえた上で仕事を辞めたいと思った時に、一旦立ち止まって考えていただきたいことがたくさんあります。

安易に仕事を辞めてしまった場合は、先ほどお伝えした通り、非常にたくさんの今後の事に悩まされてしまい、後悔してしまう方がたくさん存在しているからです。

安易な気持ちで仕事を辞めてしまうと、自分自身を追い込まれてしまうことにもなりますので、立ち止まってまずはしっかりと考えてみてください。

具体的にどういうことを考えるべきかということについて、これから詳しくご紹介をしていきたいと思います。

様々な視点からご紹介をしていきたいと思いますので、今後仕事を辞めたいと今現在悩んでいる方については、参考にしていただき一つ一つ冷静に考えていただければと思います。

逆に言えば、これからご紹介することを考えずに辞めてしまった場合に、困った状況に立たされることもあるかと思いますので、自分自身のためだと思ってまずは冷静に考えることをお勧めいたします。

休んで考えよう

まずは冷静に考えることが必要になりますので、しっかりと自分自身の体と精神を休ませた上で考えることが大事です。

嫌なことがあった時に衝動的に考えてしまうと、冷静な判断ができない状況で物事の結論を出してしまいがちになります。

冷静に考えることで今後起こりうることについて対処方法などを考えながら行動することができます。

冷静に考えることができない状態であると、大事なことをすっぽ抜かして考えてしまうことにも繋がってしまいます。

特に仕事が終わって疲れている状態で考えてしまってもなかなか良い結論を出すことが出来ないかと思いますので、しっかりと休みの日など精神的にリラックスして考えられる状況で今後の事を休みながら考えることが大事であると言えるでしょう。

頭の中身を全部紙の上にぶちまけてみる

自分自身の頭の中身を整理することで冷静に考えることが出来、なおかつ具体的に良い方法を考えることができるかと思います。

自分自身の頭の中を整理するには、自分自身が考えていることを紙などの用紙に書くことを非常にお勧めいたします。

紙に書くことで自分自身が感じていること、そして考えてることを漏れなく整理することができるようになります。

逆を言えば自分自身の頭の中だけで結論を出してしまうと、冷静に考えるべき全ての点を把握できなくなってしまうことにも繋がってしまいます。

しっかりとした計画を立てないとつまずいてしまうことが予想されますので、漏れなく考えるにはやはり紙などの用紙に書くことが大事であると言えるでしょう。

もしくは普段から仕事をしている上で感じたこと、そして今後どうしたいかということをスマートフォンなどのメモに書きつづっておくことで、整理をする時に非常に役立ったりもします。

なので小さいことでも気になったことがあれば、どんどんメモをしていくようにすることが大事ですよ。

ストレス発散してみる

立ち止まってしっかりと考えるためには冷静になることが大事であるとお伝えしました。

冷静になるためには自分自身の体の中に溜まっているストレスを1度発散することが大事であると言えるでしょう。

ストレスを発散することによって、自分自身の中に溜まっている悪いものを吐き出すことができるようになります。

ストレスを吐き出すことによってリラックスした自分を取り戻すことが出来ますし、当然ながら冷静な判断思考が行えるようになります。

なので結論を出す前に自分自身がストレスが溜まってしまい、パニックになってしまっている状況があれば、まずは一度ストレスを発散してみる事から始めてみて下さい。

もしかするとストレスを発散すると前向きな気持ちになり、今の仕事をもう少し続けても良いかな、という前向きな気持ちになることもあるかもしれません。

一時的な感情だけで決断を出してしまうことは非常に危険な行為になります。

リラックスするためにはどうすればいいかということを考えた時に、必然的にストレス発散が必要になるかと思いますので一度行ってみることをお勧めします。

やめた時のリスクを考える

仕事を辞める前に立ち止まって考えていただきたい事の中で、辞めた時のリスクについてしっかりと考えることが重要になるかと思います。

この点を是非とも必ず考えて頂きたい項目になりますので、非常に重要な項目であるということを理解した上で考えてみてください。

仕事を辞めるということは新しい可能性を秘めた行動になるかもしれませんが、それと同時に多大なるリスクを背負うということにもつながります。

このリスクの点を考えずに行動してしまう場合は後々に大きな後悔へとつながる場合もありますので。

これからご紹介する各項目について納得のいく結論を出せるかどうかが大きな分岐点になるという事を理解しておいてくださいね。

転職準備はできているか?

まず考えて頂きたい項目として転職準備ができているかどうかということです。

しっかりと目的を持っている方であれば、おそらく辞める前の仕事に在職している間に次の転職活動を終わらせている方が多いかと思います。

理由としては次の転職活動を終わらせていることによって、スムーズに無職の期間を作らずに仕事を行えるように準備をするためだと言えるでしょう。

当然ながらお金の心配をなくすための行動にもつながっているという事もいえるのではないでしょうか。

もしくは、在職中は忙しくて転職活動ができないという方は就職活動するための貯金を蓄えるということが転職準備につながるのではないでしょうか。

そして自分自身がどういう方向に転職をしたいのか、という精神的な準備も行っている場合があるかと思います。

今ご紹介した全てのことが自分自身はできているのかどうか、ということを一度確認してみてください。

中途半端に準備をしている状態であると、上手くいかなかった場合に自分自身が追い込まれてしまう可能性もあります。

自分自身が想像しているより転職活動は非常に難しくもあり、時間のかかる行為になるという事をまずは理解しておかなければいけないといるでしょう。

生活は苦しくならないか?

退職することで自分自身の生活が苦しくならないかどうかということを事前に考えておくべき項目にもなるかと思います。

退職する前に立ち止まって考えていただきたいことの中ではかなり優先順位は高いかと思います。

そもそも生活自体が送れないほどお金に困ってしまう状況があるのであれば、転職などを行える状況でないということにもなります。

頼れる人が身近にいたり、もしくは仕送りをしてもらったりできるのであればお金の面などでは心配はないかもしれませんが、誰にも頼ることができない状況なのであれば必然的に生活が苦しくなるのであれば、まずは安定した生活を送れるまでは今の仕事を続けることが大事になります。

物事には優先順位があり、優先順位を間違えてしまうと大きな問題と繋がってしまいます。

生活が苦しくなるかどうかということは優先順位的にはかなり高い順になるので、優先順位を間違えずに行動することが大事であると言えるでしょう。

まずはお金を貯めて生活に困らない状況を作った上で、転職活動を行うか、もしくは仕事をしながら平行して転職活動を行う事が解決策へと繋がるかと思います。

転職のリスクは理解できてるか

転職をする上でのリスクについて理解をしていることが大事な項目にもなります。

すでに転職活動を終えているという方であれば、その辺りは問題ないかもしれませんが、仕事を辞めてから転職しようと考えている方については転職のリスクをまずは理解することから始めてください。

この点は、仕事を辞める前に立ち止まって考えておかないと、つまずいてしまいます。

そもそも転職をするということは難しい行為になります。

例えば、ある程度の年齢になっている場合であればすぐに転職先の企業を見つけるということは難しい状況になる場合もあります。

若かったとしても、以前就職した会社をすぐに辞めてしまった場合については何か問題があるのではないかと思われて次の転職先の面接を行うときに、非常に不利になってしまいます。

不利になるということは落とされてしまうということにもつながり、転職活動が長く続いてしまうということにもつながってしまいます。

転職活動が長くなれば長くなるほどお金の面で自分自身苦しめてしまう結果にもなってしまいます。

悪循環が続いてしまうということを考えた時に、必ず最悪の場合を想定しながら行動することが大事になります。

そうでなければ、もし最悪の事態が起きた時に対処方法がなくなってしまい、何も出来なくなってしまうという状況になってしまいます。

転職活動をする上でのリスクを十二分に理解しておくことが、今後の明暗を分ける分かれ道になると言えるのではないでしょうか。

自分の甘えじゃないか?

仕事を辞めるという決断をする前に、その決断は自分自身の甘えによる決断なのではないかということを自分自身に問いかけてみましょう。

大部分の方が自分自身の甘えを理由に仕事を辞めてしまった経験があるのではないでしょうか。

例えば仕事がうまくいかなかったり、失敗してしまうことによって自信がなくなってしまい、何となくその仕事を続けたくなくなってしまったという方もいたり、仕事内容がどうしても好きになれないという事だったり、単純に嫌いな先輩がいる状況だったり、結構単純な理由で会社を辞めたいと思ってしまう場合があるのではないでしょうか。

突き詰めていくとかなり単純な理由から会社を辞めたいと言う結論に導き出されている場合が多いかと思いますが、多くの場合は自分自身の甘えが理由で退職をしたいと考えてしまっていることが多いと言えるでしょう。

自分自身の甘えによる退職の決断は必ず行動する前に冷静に考えた方が良いといえるでしょう。

なぜならば自分の努力次第で今の状況を変えることができるからです。

努力をせずに辞めるという逃げの選択を行ってしまうことが、自分自身を悩ませてしまうことにもつながりますし、自分自身の成長にはつながらない行動になります。

一度逃げてしまった方については、次にまた同じ様な状況に立たされた時にまた逃げてしまうという傾向があります。

結果的にずっとうまくいかないというループにはまってしまう場合があるので、いつか自分自身を奮い立たせて問題を正面から受け止めることが必要になる時が来ます。

遅かれ早かれそのような場面が生まれるかと思いますので、単純に自分自身の甘えによる目的がない退職を考えている場合は、まずは現場を打開するために努力をした上で決断をするようにしてみてはいかがでしょうか。

本気で行い、もうだめだと思った時には退職の決断をしても良いかもしれませんが、努力をしないうちに決断をしてしまうのは少し気持ちが早いと言えるのではないでしょうか。

やめた時に周囲に迷惑をかけてしまうのでは

仕事を辞めるということは、自分以外の人に迷惑をかけてしまう行為になります。

例えば、自分自身が担当していた仕事に支障が出てしまう事にも繋がりますので、退職をしてしまうと自分自身が担当していた仕事が他の人の担当になるからです。

事前に退職を聞かされていて数ヶ月前からその準備を行っている場合であれば特に支障はないかもしれませんが、急に辞めると言い出して突然来なくなってしまった場合は周りの人に多大な迷惑がかかってしまいます。

辞めるということだけでも周りに負担がかかってしまうのに、それが突然となってしまうと会社としては非常に迷惑な話になってしまいます。

だからといって退職をするのを遠慮することが大切かといえばそうではありませんが、しっかりと物事の順序を考えた上での行動が必要になると言うことを理解しておいてください。

仕事辞めたい理由って何?

おそらく人間であればたったの一度でも仕事を辞めたいと思ったことくらいは誰しもがあるかと思います。

仕事を辞めたいと思う理由は様々かと思いますが、意外と単純な理由からやめたいということに結びつく場合も多々あるかと思います。

ここからは仕事を辞めたい理由について考えていきましょう。

仕事を辞めたい理由について占める割合が高いものをピックアップしてご紹介していきます。

給料が少ない

仕事を辞めたい理由の中でかなり多いのは給料が少ないと言う理由になるのではないでしょうか。

仕事を決める上で非常に大事な理由になるのが給料になるかと思います。

誰でも低い給料よりは高い給料が欲しいと思うのが当然ですよね。

なかには給料ではなくやりがいを求める方もなかにはいるかもしれませんが、それでも給料が少ないよりは多い方が嬉しいですよね。

給料があまりにも少ない場合はそれが理由で仕事を辞めたいと考える人も多いかもしれません。

最終的に給料が高い仕事へと転職するということを決断される方も多いと思います。

人間関係

人間関係が嫌で仕事を辞めたいと思う方も中には多くいるかと思います。

おそらく今までの人生の中で一つの職場に一人くらいは馬が合わない人は存在した経験があるのではないでしょうか。

当然ながら全員に好かれると思うことは間違った考え方であり、様々な人がいますので性格が合わない人が一人ぐらいいるのが当然な状況ではあります。

ただ、それが自分の上の立場の人であったり、仕事上どうしても関わらなければいけないような立場の人があった場合、毎日が辛い思いをする可能性があるかと思います。

人間関係が理由で仕事を辞めたいと思う方はかなりいらっしゃるかと思いますので、転職の理由として代表的な理由のひとつになるのではないでしょうか。

仕事内容

仕事内容が原因で仕事を辞めたいと考える人も多いかと思います。

例えば自分自身が想像していた仕事よりもかなりハードであって、ついていけないと言う方であったり、自分自身が想像していた仕事よりもかなりギャップのある仕事内容だったという場合も多いかと思います。

自分自身の理想と現実のギャップが大きければ大きいほど、それは精神的な負担となる場合があり、日々の業務自体が辛いものになるかと思いますので、自然と仕事を辞めたい代表的な理由の大きなひとつになると言えるでしょう。

仕事をやめたらいけない人

仕事を辞めたいと考えた時に仕事を辞めるという決断をお勧めできない人についてご紹介していきたいと思います。

人によって自分自身が立たされている立場は様々存在しており、立たされている状況によっては仕事をやめるということを良しとしない場合なども当然ながら存在します。

自分自身がどういう状況にあるのか、ということを冷静に考えた上で行動することが大事であると言えますので、冷静に考えてみることをお勧め致します。

結婚して会社を辞める人

結婚をしている立場の人であればに会社を辞めると言う事は考えない方が良いかと言えます。

なぜならば結婚をしている人は自分一人の人生ではないからです。

当然ながら結婚した相手、もしくは結婚した相手との間に子供がいる場合は家族を養ってもらう大黒柱という存在になっているからです。

安易に自分だけの感情で選択できるほどの立場ではないので、家族を路頭に迷わせる可能性を考えた時に、順次をしっかり守って適切な行動を行う必要があると言えるのではないでしょうか。

家族を養うという当然ながら責任感を持ったうえで行動しなければいけないと言えるでしょう。

仕事をやめていい人

状況によっては仕事を辞めても良いと判断できる場合も当然ながら存在します。

もちろん仕事を辞めないに越したことはないかもしれませんが、ある状況に立たされているのであれば、仕事を辞めるという決断をしてもそれは自分自身が納得いく決断であり最終的に後悔しない決断なのであれば、早い段階で決断した方が良い例もあります。

具体的にご紹介していきたいと思いますので参考にしてみてください。

人間関係がうまくいかない

会社の人間関係がうまくいかないという人は辞めるという決断をとってしまってもしょうがない部分はあると言えるでしょう。

人間関係自体がどこの場所に行ってもうまくいかないという方であれば、少し自分自身のコミュニケーション手段を見直す場合が必要になるかもしれませんが、特定の会社で人間関係で悩んでしまっている場合は退職する決断をしてしまっても時には良いといえるでしょう。

人間関係がうまくいかないことによって下手をすると精神的な病気になってしまう場合などもあります。

精神的な病気になってしまった場合は当然ながら入院しなければいけない場合が生まれるし、それまでの間普段の生活が十分に行えない場合などもあります。

なので、今後そういった問題点が生まれるということを考慮すると、早い段階で退職をすることは適切な判断でもある場合があります。

仕事を辞める前にもう一度立ち止まって考えよう(まとめ)

自分自身が仕事を辞めるという決断する前に考えて頂きたい項目は非常にたくさんあるということが理解していただけたのではないでしょうか。

安易に決断をしてしまってはまずい状況になってしまうということも同時に理解していただけたかと思います。

一番大事なのは自分自身が後悔しないということです。

今の状況が辛いからという安易な理由ではなく、今後どういう方向に進んでいきたいか、そのためには今会社を辞めなければいけない、という前向きな気持ちを持っていれば問題はありませんので、自分自身の気持ちを整理して後悔しない選択を行うことが一番大事な事のではないでしょうか。

今、まさに会社を辞めたいと思っている方に、真剣に今後の事を考えるきっかけになり、後悔しない選択をするためのヒントになれば幸いです。

【仕事辞めたい病を克服するには、こちらの記事もチェック!】