ここ数年、世間ではハンドメイドが大きなブームとなっていますが、自分の手で可愛い雑貨やアクセサリーを作るのってやっぱり誰でもちょっとは憧れるものですよね。

しかも手作り雑貨って自分の理想通りのものが作れたり安く済ませることができたりと、実はメリットもいっぱい!市販の雑貨より魅力的な部分だってたくさんあったりするんですよ。

ただそんな憧れはあるものの、中には「何を作ったらいいか分からない」「不器用な自分には絶対に無理」なんて不安からなかなか手作りを実践することができないなんて人も多かったりしますよね?

そこで今回はそんな人達のためにも、手作りして楽しむことができる16個の雑貨アイディアをご紹介♪

どれも可愛いのに本当に簡単な作り方のものばかりだから、きっと初心者の方でもすぐに作ることができるはずですよ。

また今回は素材を買うのにオススメな場所なども一緒にご紹介していくので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

それでは早速見ていきましょう!

手作りして楽しみたい16個の雑貨アイディア

「手作りってやってみたいけど、どんなものが作れるのか分からない」「あんな可愛い雑貨やアクセを本当に自分が作れるのかちょっと不安」

なんて人達のために、今回は初心者でも簡単に作れる手作り雑貨のアイディア16個をご紹介していきたいと思います。

どれも手作りとは思えないくらい本当に可愛い雑貨ばかりだし、ネットなどで検索してみると結構レシピも簡単なものばかりなんですよ。

ぜひ参考にしながら、手作りに挑戦してみてくださいね。

1. フェルトのお花

まずはフェルトのお花をご紹介。

こちらは立体的なコロンとした可愛らしいお花の形をしていて、1つ作ればヘアアクセやコサージュ、ポーチに付けたりといろんな雑貨に応用することができるんです。

しかも一見複雑そうだけど、実は作り方もとっても簡単。

フェルトを折って切り込みを入れて、グルグル巻いていくだけ…たったこれだけで良いんです。

フェルトの色や切り込みの太さによってお花の表情も変わってくるので、自分のお好みに合わせて色々試してみるのも良いかも。

またネットで探してみると、違った形のいろんなお花の作り方なんかも載っていたりするので、作業に慣れてきたらそちらを作ってみても良いと思いますよ。

最近は100均などでも様々なカラーのフェルトが売られるようになって材料費もかなりお手頃に済ませることができるので、初心者の方にも挑戦しやすいのではないでしょうか。

2. サンキャッチャー

サンキャッチャーとはガラスなどのパーツを使って作るお部屋用のアクセサリーのことで、これを吊るすことで太陽の光を反射させ、お部屋に虹色の綺麗な光を運び込むことができるようになっています。

これも一見難しいようですが、作り方はとっても簡単。

好きな色のガラス玉やクリスタル・ビーズなどを好きなようにワイヤーに通し、それを数本作れば良いだけなんです。

最後にパーツを通したワイヤー数本を1つにまとめてシャンデリアのような形にするのが一般的なサンキャッチャーのイメージですが、初心者なら1本1本バラバラにカーテンレールなどに吊るすのも簡単で良いかも。

パーツの種類や並べ方だけでなくワイヤーの長さなども変えて調節すると、見た目がだいぶ綺麗になりますし、光の色や入り方なども変化して楽しむことができますよ。

3. ヘアゴム

手作り雑貨の中でも特に作りやすく初心者の方にもオススメなのが、ヘアゴム。

市販のゴムにパーツをくっつけるだけ、という本当に簡単な作り方で作れてしまいますし、パーツを変えるだけで色々なデザインの可愛いヘアゴムをどんどん作り上げることができてしまうんです。

中でも人気のパーツとなっているのはやはりリボンやポンポンあたり。

100均や雑貨屋などに売っているパーツを買ってきてくっつけても良いですし、リボンやポンポンなども作り方が簡単なので1から自分で作って完全オリジナルのヘアゴムにする人も多かったりするんですよね。

またシンプルなデザインが好きな人なら、クリスタルやビーズをヘアゴムに通したり、ボタンや金具のパーツなどをくっつけるデザインなんかも良いと思います。

とにかく本当にシンプルで作りやすいので、手作りが不安…という方でも挑戦しやすい作品になっていますよ。

4. フォトフレーム

近頃は100均でも本当に様々なサイズ・デザインのフォトフレームが販売されるようになってきましたが、それを使ってもっとオシャレなオリジナルのフォトフレームに変身させるというのも人気になっているんです。

例えばお好みのパーツをグルーガンなどで貼り付けたり、ペイントしたり布を貼り付けたりするだけの簡単なリメイク法でも、デザインをガラッと変えることができてしまいます。

またわざと荒く塗装をしたり紙ヤスリなどで削ることで素敵なアンティーク風のフォトフレームに作り替えることも可能ですよ。

さらにフレームの内側にワイヤーや金網を取り付けたりしてディスプレイボードにしたり、あるいはフォトフレーム同士をくっつけて窓枠風のインテリアを作ったりと、作り方をちょっと工夫すれば大幅なリメイクをして楽しむことだってできてしまうんです。

フォトフレームを使ったリメイク法はまだまだ他にもあるので、自分で色々工夫しながら作っていっても楽しいかもしれませんね。

5. リース

リース、と聞くと昔はクリスマスツリーが一般的なイメージでしたが。

近年はクリスマスだけでなく、オシャレなリースをインテリアとしてお部屋に取り入れる人も多くなっているんですよね。

そしてそんなリースを自分達の手で作ってしまおうという人もどんどん増えてきているんです。

しかもリースは作り方も意外に簡単。

100均や花材屋さんに行けばグリーンやツルなどでできた自然素材のベースを買うことができるので、それに花やオーナメントなど好きなパーツを貼り付けるだけでオリジナルの素敵なリースを作れてしまうんです。

最近は100均にもいろんな種類のグリーンなどが売られるようになってきたので、それを組み合わせればお手頃で可愛いリースをあっという間に作ってしまうことだってできてしまいますよ。

花材屋さんなどに行けばもっと凝ったパーツなども色々手に入るので、よりオシャレなリース作りに挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

6. シュシュ

ちょっとしたまとめ髪も可愛く演出してくれる、万能アイテムのシュシュ。

このシュシュも手作り雑貨としては大人気となっていて、初心者の人の中にもまずシュシュ作りから入るという人が多くなっているんです。

シュシュは市販のものでも安く売られたりしていますが、材料が布とヘアゴムだけで良いので、手作りにすればもっとお手頃に。

ネットなどでレシピを見てみると、色々折り込んでいったり縫う所が多かったりと、一見複雑なやり方のようですが。

でも実際やってみるとこれも意外に簡単だったりするんですよ。

しかも手縫いでもできてしまうから誰でも作ることが可能。

もちろんより簡単に綺麗に作りたいのならやっぱりミシンがオススメですが、手縫いでも30分くらいでぱぱっと作ることができてしまいますよ。

ニットやレースなど他の素材を使えば、もっといろんな可愛いシュシュもたくさん作れてしまうので、お好みの素材を使って色々試してみても良いかもしれませんね。

7. ティッシュケース

ティッシュケースって市販のものを買うと意外に高かったりしますし、なかなか理想の物が見つからなかったりしますよね。

でも布1枚あれば、自分で可愛いティッシュケースを手作りしてしまうこともできてしまうんです。

作り方も複雑な作業などは一切なく、ただティッシュの大きさに合わせて縫えば良いだけ。

自分のお好みの布を1枚使うだけで、すぐに理想の素敵なティッシュケースが完成してしまうんです。

さらに大きさを変えればポケットティッシュ用のカバーなんかも作ることができてしまうんですよ。

ティッシュカバーって「わざわざ買う物でもない」なんて考えから使わないという人も多かったりしますが、こんなに簡単なら自分で作って、インテリアとしてお部屋に取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

8. コースター

普段食卓でコースターを使っている人も多いと思いますが、このコースターもとっても簡単で作りやすいということで、大人気の手作り雑貨になっていたりするんです。

しかも手作りのコースターの魅力は、素材によって様々なデザインのコースターをたくさん作れてしまうというところ。

例えば1番定番なのは布のコースターですが、これも布を好きな形に切って縫うだけで簡単にできてしまいますよね。

また100均などで売っているコルクボードを切るだけで、あっという間にコルクコースターの完成。

レースやタイル・スタンプなどを貼ればより素敵なコースターに変身させることもできますよ。

また編み物が得意な人ならかぎ針編みでコースターを作っても良いですよね。

とにかくいろんな素材でのアレンジが利くので、好みや使いやすさに合わせて作れば、本当に自分の理想通りのコースターを完成させることができてしまうわけなんです。

9. 壁掛け小物入れ

ウォールラックなどの壁掛け小物入れも、昔から定番で人気の手作り雑貨だったりしますよね。

しかも作り方も土台となる布にポケットを付けていけば良いだけ、ととっても簡単。

用途や掛けたい場所などに合わせて、サイズやデザインも好きに変えることができてしまいます。

また最近は布以外に、木などで作られた100均の壁掛けアイテムなんかも大人気となっていますが、この壁掛けアイテムを使ってオリジナルにリメイクしてしまうという人も多かったりするんですよ。

例えばペイントをしたりフックなどを付けたりして好みの形に変えたり、中にはボックス型のアイテムをたくさんくっつけて壁掛け用の大きい棚を作ってしまったりと本当に素敵なリメイクまで。

小物の収納として使えるだけでなく、お部屋の中の良いインテリアとしてもとっても役立ってくれるんです。

お部屋の壁に何もなくて寂しい…なんて人はぜひこの手作り雑貨で、壁をオシャレに飾り付けてみてはいかがでしょう。

10. ペン立て

初心者の方にはペン立てを手作りするのもオススメだったりします。

というのもペン立ても複雑な作り方などがなく素材をちょっとリメイクするだけでできてしまうので、材料次第でいろんなデザインのものが簡単に作れてしまうんですよね。

中でも特に簡単で皆さんがよく使っているやり方が、元々ある入れ物をオシャレに飾り付けたりしてリメイクをする方法。

例えば瓶や空き缶やいらない箱、またよく捨ててしまいがちな牛乳パックやトイレットペーパーなども活用することができます。

こういった普段使わないアイテムに紙や布などを貼り付けたりパーツを飾るだけで、たちまち素敵なペンケースができてしまうわけなんです。

作業に慣れてきたらペイントをしたり、加工をしてアンティーク風に仕上げたりしても素敵ですよね。

とにかく難しい作業などはなくリメイク次第でお好みのペン立てを作ることができるので、まずは身近でいらない物や使わない物などを探して、簡単にアレンジすることから始めてみるのも良いのではないでしょうか。

11. 収納ラック

手作りというと小物やアクセサリーを想像する人も多いと思いますが、近年はDIY好きの女性が急増していることから、なんと家具まで自分で手作りしてしまおうという人も続出しているんですよ。

といってもそんな複雑で難しい家具というわけではありません。

例えば皆さんがよく作っているのが収納ラック。

これだってすのこなどを組み合わせて釘などで固定するだけで簡単に手作りしてしまうことができてしまうんです。

今、すのこは100均などでお手頃に手に入れることができるし、すき間や脚などがあることで組み立てやすくなっているので、簡単な家具作りにはもってこいなんですよね。

また最近の100均はいろんな木材や金網・パーツなんかも売られるようになったので、それを利用すればまた違ったラックを作ることができます。

簡易的なものなのでサイズはそこまで大きくありませんし、あまり重い物を乗せることもできませんが…玄関での靴置きやベランダでのグリーン置きなど、ちょっとしたものを置くのには十分役立ってくれると思いますよ。

12. 洗濯バサミ

最近は洗濯バサミも様々な可愛いデザインのものが販売されるようになってきましたが、自分でリメイクをすればオリジナルの可愛い洗濯バサミに生まれ変わらせることだってできてしまうんですよ。

例えば定番のやり方だと木製バサミにペイントをしたりマスキングテープを貼ったりしてリメイクしてしまう方法ですね。

特にマスキングテープは貼り付けるだけの簡単な作業であっという間にオシャレなデザインにすることができてしまうので、誰でもやりやすくオススメの方法となっています。

もっとこだわる人なら100均や雑貨でパーツを買ってきて貼り付けてしまう方法も良いでしょう。

また最近は猫やウサギなど動物のぬいぐるみを作り、洗濯バサミの上に被せてしまうというすごい洗濯バサミまで作っている人もいたりするんです。

ただの洗濯バサミもこれだけキュートな見た目になれば、洗濯もより楽しくできそうですよね。

いろんな大きさ・形の洗濯バサミをリメイクして、家の中のいろんなところで使ってみても良いかもしれませんよ。