人には、時に譲れないポイントというものがあります。

それがある事によって、自分自身を保って居る事が出来るという事もあるでしょう。

その為、私たちは、その気持ちを大事にして行かなければなりません。

それを人は『プライド』と呼ぶのかも知れません。

プライドがあるからこそ、自分を鼓舞し頑張る事が出来るのです。

ですが、時にプライドは高すぎてしまう余りに自分自身を苦しめる事に繋がる事もあるかもしれません。

自分の事は一番良く分って居ると思っていても、実はそれは自分の思い込みかもしれないのです。

勿論、心のうちは誰にも分かりません。

そういう意味では、心の中は自分が一番良くわかって居るのかもしれません。

ですが、その他はどうでしょうか。

例えば、仕事や学校生活など他人と多く関わって行く場合人は他人と自分を比べる事になるでしょう。

自分のなかではかなりいい出来だと思って居たとしても、他人から見れば層でも無いと言う事もあるかもしれません。

その差があればある程、自分の中のプライドが傷つく事にも繋がるかもしれません。

更には、その差に気が付く事が怖くて動けないと言う事もあるかもしれません。

私たちは、自分の感情だけで生きていく事は出来ません。

時には考え方を世間に合わせなければいけない事もあるでしょう。

その結果、自分の大事にしているプライドだって捨てなければならない時が来るかもしれ無いのです。

そうなった時、自分の事を傷つける事無く向き合う事が出来るかどうかが需要なのでは無いでしょうか。

プライドは人生に必要か?

人生に必要な物は、その人によって違うでしょう。

同じ質問をしたとしても、お金と答える人も居れば、友人や恋人・愛情などの人間との繋がりを考える方も居る事でしょう。

それはどれも正しい答えであり、正解の無い答えでもあります。

その中の一つにプライドというものがあります。

プライドとは、自分の中で譲れない思いのような物を指します。

それがある事により、人は信念をもって生きていく事が出来るのです。

プライドの持ち方は人それぞれです。

他人に負けない様に強く生きる事を自分のプライドとしている人も居れば、他人を傷つけず優しく生きる事をプライドにしている人もいます。

つまり、プライドと言っても内容は人によって様々であり、ある意味真逆のプライドを持っている人々も居ると言う事なのです。

内容は人それぞれではありますが、『プライド』をもって生きている事に変わりはありません。

人間にが誰しも生きていく中で譲れない思いと言うものが必ずある物です。

それがあるからこそ、自分らしく生きていく事が出来るとも言えるでしょう。

その為、そのプライドは大事にして行かなければなりません。

ですが、中には捨ててしまった方が楽なプライドというものもあります。

それを捨てる事が出来れば、より人生を生きやすく感じる事が出来るかもしれません。

そこで今回は、そんなプライドの捨て方についてご紹介させて頂きます。

いきなりプライドを捨てると言われても悩む事もあるかもしれません。

しかし、今回の方法を少しでも頭の中に入れておくだけでいざという時に自分を支える力になる事でしょう。

是非お試しください。

1. プライドとは?


『プライド』という言葉を辞書でひいてみると、自慢、得意、満足、自尊心、誇り、プライド、うぬぼれ、高慢、思い上がり、自慢のたねなどという言葉が出てきます。

つまりは自分自身を評価する事であり、譲る事の出来ない思いのようなものなのでしょう。

プライドがある事によって、人は物事に対してやる気を見せたり他人には負けたくないという闘争心を持つ事が出来るでしょう。

その為、生きていく上であった方が良い感情と言えなくもありません。

自分自身の現状に満足していては、いつまでたっても前に進む事は出来ません。

向上心をより持つ為にも、プライドをもって生活する事はとても大事な事なのでしょう。

しかしながら、何事にも限度というものが必要です。

もって居る事で良い効果を発揮する事が出来るプライドですが、あり過ぎてしまってはかえって身動きが取れなくなってしまう事もあります。

何か物事に挑戦したいと思っても、プライドがある事によってなかなか前に進む事が出来なくなってしまうのです。

『失敗したらどうしよう』『周りに笑われたくない』そんな思いが、前に進む力を押さえこんでしまって居るのかもしれません。

プライドをもって生きていく事は大切な事です。

ですが、それが高すぎる余り前に進めなくなってしまっては正に本末転倒です。

そんなプライドなのであれば、捨ててしまえば良いのです。

そこまで高くしてしまったプライドをいきなり手放す事は出来ないかもしれません。

しかしながら、それをする事が出来るようになれば、人生はぐっと違った形を見せてくれるでしょう。

プライド手放す事は、結局自分で決める事しか出来ません。

その事を良く考え行動に移して見てはいかがでしょうか。

2. 何故プライドが高くなる?

人にはそれぞれプライドがあります。

しかし、それぞれが持っているプライドの形が同じかどうかは分かりません。

内容は人によって様々です。

その為、人によっては捨てる必要の無いプライドを持っている事も十分に考えられるでしょう。

ですが、プライドによって失敗する事を恐れ動けなくなってしまうような事があるのであれば、そのプライドは捨てるべきです。

プライドが高くなってしまう理由には様々なものがあります。

例えば、自分自身を過大評価しすぎる余り、その評価より下になるような行為をしたくないという思いが働いてしまう為です。

挑戦には失敗がつきものです。

ですが、プライドが高ければ高い程失敗を恐れて挑戦する事が出来なくなってしまいます。

自分をより成長させる為には、時には失敗も必要です。

ですが、それが出来ないのです。

更には、対抗心や嫉妬心が強い人もプライドが高くなる要因かもしれません。

他人より自分の方が優れていると思う余り、ドンドンプライドが高くなって行くのです。

私たち人間は、どうしても他人と自分を比べてしまう生き物です。

それによって、喜んだり落ち込んだりします。

その行為は、無駄な事の様にも思えますがそれが人間ならではの感情なのかもしれません。

その為、相手と自分を比べる事自体は悪い事では無いでしょう。

ですが、その感情が歪んだ形で大きくなる事によってプライドが高くなってしまうのです。

大きくなったプライドは、自分自身の動きを狭い物にしてしまう事でしょう。

それによって生きにくいと感じる事もあるかもしれません。

そんなプライドはいっそ捨ててしまえば良いのです。

絶対に手放す事が出来ないと思うおようなプライドもいざ手放してみればそれは以外にもちっぽけな物であり、無くても何ら困る物ではありません。

プライドが高すぎる余り、自分自身でもどうする事も出来無くなってしまった方はこれを機会に一度すっかり手放して見てはいかがでしょうか。

以外にスッキリとした気持ちで過ごす事が出来るかもしれません。

1. 親の育て方がいびつ


人間を一人育てるという作業はとても大変で、難しいものです。

親としても、はなから子供をダメな人間に育てようと思って育てる人は殆どいないでしょう。

しかしながら、結果年てそうなってしまう事もあるのです。

大事に大事に育てていればそれで良いかと聞かれれば、子育てとはそういう問題ではありません。

真っ白な状態でこの世に生まれてきた子供に対して、私たち親は1から全ての事を教えて行かなければなりません。

それは以外にもとても大変な作業であり、時に叱る事も重要な場合もあります。

叱り過ぎてもほめ過ぎてもダメ。

だからこそ、子育ては難しいのです。

褒められ過ぎて育った人の中には、自己肯定感が強すぎる余りプライドが高い人が多々います。

自分の事が好きな事は良い事です。

この世の中、理不尽な事が沢山あるのでそれに立ち向かって行く為にもそれを乗り越える為に、自分の事を好きで居る事は良い事でしょう。

しかしながら、その気持ちが強すぎるあまりプライドが高くなり過ぎてしまうのは困りものです。

親からの愛情を選ぶ事は出来ません。

その為、子供はその与えられた愛情の中でしか人格形成をする事が出来ないのでプライドが高くなってしまう事は100%本人のせいとは言い切れないでしょう。

ですが、私たちは、その中で生きていかなければなりません。

自分の人生を嘆き、他人のせいにしたところで何の解決にもなりません。

そればかりか、自分の人生を自分でみじめな物にしてしまっている事だってあるかもしれないのです。

自分の人生を変える事が出来るのは、結局は自分です。

親のやり方にどうこういう時間があるのであれば、それを跳ねのける力を身に付ける事を考えましょう

2. いじめたりいじめられたりという経験がある

いじめは人として最低の行為です。

その経験がある事によって、人格が変わってしまう事も珍しい事ではありません。

それは、被害者は勿論加害者にも言える事なのです。

例えば、いじめを受けた事によって、自分の価値がとても低いもののように感じてしまう事があるかもしれません。

それと同時に、いじめた側は自分がとても偉い人になったかのような気持ちになってしまう事があるのです。

小学校の頃から、人間は皆平等であるとして教育を受けてきました。

しかしながら、実際は平等ではありません。

育った環境や持っている条件によって様々な差が生じています。

それがいじめの原因になる事もめずらしい事では無いのです。

いじめは、普通では考えられないような感情を体験する事が出来るのでしょう。

その為、人によっては高揚感を感じたりする事もあるかもしれません。

それによって勘違いを起こしてしまうのです。

ですが、結局は自分の価値はそんな事で決まる物ではありません。

その事を忘れずに勘違いしないように過ごしてください。

3. 孤独を感じて育った

一人で生きていく為には、自分を守る鎧が必要です。

その鎧の一つが、『プライド』という人も居るでしょう。

そのプライドがあるからこそ、孤独な自分を支える事が出来ると言う人もいます。

そんな人にとってみれば、いきなりプライドを捨てろと言われても無理な話かもしれません。

それどころかかえってより高いプライドを作ってしまう可能性もあるでしょう。

頼る人が誰も居ないような状態で、自分自身を守る為には弱い自分を隠さなければなりません。

そんな時プライドがある事によって、心を守る事が出来るのです。

ですが、最初は自分を守る為に持っていたプライドもいつの間にか、他人を遠ざける物になってしまっている事もあるでしょう。

そうなってしまってはそのプライドは良いものとは言えません。

自分の事を守る事は必要な事かもしれませんが、それが他人を傷つける事になってしまっては意味が無いからです。

孤独によって作られたプライドは、そう簡単に取れる物ではありません。

普段なら自分の力で取るべき物ですが、このプライドに関しては他人の力が加わる事によってスムーズに手放す事が出来るようになるかもしれません。

自分が心から信頼出来る人を見つける事が出来れば、心のバリアを少しづつ解いて行く事が出来るようになるかもしれません。

3. プライドを持つメリット

プライドがある人と聞くと、つい嫌な人をイメージしてしまいます。

その為プライド事態も嫌な物であるかのように感じてしまう事もあるかもしれません。

しかしながら、本来であればプライドは決して悪い物ではありません。

むしろ、プライドがある事によるメリットの方が多いくらいです。

例えば、人は誰しも譲れないものと言う気持ちがあるでしょう。

その気持ちを無くしてしまっては、自分自身を保って居る事が出来なくなってしまう事もあるかもしれません。

そのプライドがあるからこそ、私たちは頑張る事が出来るのです。

その考え方で行くと、プライドがあるからこそ他人と競争しようという気持ちにもなりやる気を持つ事が出来るのです。

プライドがある事は良い事です。

ですが、あり過ぎる事が大きな問題となって居るのです。

私たちは、自分が持っているプライドを大事にして行かなければならないでしょう。

1. 意識を高くもって言動できる

プライドを持っていると言う事は、それだけ『こうなりたい』という気持ちがあると言う事なのでしょう。

それは自分を成長させる為にとても大切な考え方の一つです。

その気持ちが無ければ、人は成長する事が出来ません。

自分自身を変えたい・こうなりたいと言う気持ちがあるか無いかによって、その後の成長する幅も大きく変わってきます。

また、他人と自分を比べ自分が負けていると感じるとプライドが高い人は『負けたくない』『そんなはずじゃなかった』と思う事が出来ます。

それを嫉妬にかえってしまっては意味がありませんが、それによってやる気を出す事が出来るのであればそれは素晴らしい事では無いでしょうか。

他人に対抗心を持つ事は、生きていくうえで重要な事です。

その事をより強く感じる為にも、プライドを持つ事はとても重要な事です。

なかなか対抗心を感じる事が無い方はこの機会に自分の中にあるプライドを少し前に出してみてはいかがでしょうか。

出し過ぎると良くないと言われているプライドですが、少しもって居る事によって得られるメリットは沢山あります。