人には様々な感情があります。

その中には暖かいものもあれば冷たく醜いものもある事でしょう。

私たち人間は、自分の中にあるそれらの感情と向き合いながら生きていかなければなりません。

それが例え苦しい事だとしても、向き合う事から逃げてはいけないのです。

多くの感情がある中で、特に人の気持ちを覆いつくしてしまうものが負の感情です。

負の感情がある事によって、人は相手を傷つけたり悲しませたりしてしまう事があるからです。

『嫉妬』はその最たるものです。

嫉妬する相手や物は人によって違います。

他人からは理解されないような事も、その人に取って見れば大きな出来事と言う事もあるでしょう。

その中で、自分の気持ちを押さえる事が出来ず嫉妬などの負の感情にそのまま流されてしまっては大きなトラブルに発展してしまう可能性も大いにあります。

仕事・恋愛・友情。

嫉妬の対象になる事は沢山あります。

どこにそのスイッチが隠されているのかは当の本人にも分からない事なのかもしれません。

普段は温故な人でさえ、嫉妬に心を囚われてしまっては何をしでかすか分からないという事もあるかもしれません。

私たちは、自分の感情をコントロールする力を身に付ける事が必要です。

それが出来るかどうかによって今後の人生がより良い物になって行くかどうかが変わって来るのでしょう。

そのため、今回は嫉妬を抑える方法をご紹介させて頂きます。

今まで感情のままに過ごしてしまいトラブルの原因となった事がある方も、これをきっかけに新たな対策を自分の中でする事が出来るようになるかもしれません。

結局心を変える事が出来るのは他人では無く自分自身なのです。

その事を忘れずに過ごして見てはいかがでしょうか。

嫉妬の気持ちを抑えるための6個の方法

嫉妬の感情は誰もが持つ可能性があります。

それは年齢や性別に関係無く、例えどんなに人格者だと言われている人であったとしても同じように感じる事があるのです。

普段温厚な人でさえ、嫉妬の気持ちに心が囚われてしまったら、どんな行動を取るか分かりません。

中には犯罪に手を染めてしまう事だって十分に考えられるのです。

それくらい嫉妬という感情は私たちに大きな影響を与え、心を惑わす力があります。

そのため、私たちは、嫉妬する気持ちと上手く付き合って行かなければならないのです。

そんな面倒な事をするくらいなら、はなから嫉妬という気持ちが出てこない様にすれば良いと思う人も居るかもしれません。

しかしながら、嫉妬する気持ちはそう簡単に押さえる事が出来るものではありません。

自分の中ではどうしようも無いような気持ちから来るものであり、向上心があればある程、嫉妬する気持ちも大きくなって来るのです。

更に、そこに恋愛感情などが加われば更に自分ではコントロールする事が出来ない程、負の感情として自分の心を支配する事となるのです。

ですから、私たちは嫉妬する心を押さえつけるのでは無くいかに上手く付き合う事が出来るかを考える事が重要なのです。

嫉妬心が出る事は、人間として当たり前の感情です。

問題は、それといかに上手に付き合っていくかという所でしょう。

これからご紹介するいくつかの方法を参考に、自分の気持ちを解決してみてはいかがでしょうか。

1. 嫉妬の気持ちを自分の中で消化しよう

嫉妬する気持ちは、どんな人にも起こる感情です。

そのため、それが悪いと言う事では無く人間として当たり前の事と言えるでしょう。

どんなに普段大人しい人でもその感情を持っている可能性はあり、人からは見えない心の中がどうなっているのかは本人しか理解する事が出来ない部分です。

嫉妬する感情が出た際は、まずは自分の中で解決するようにしましょう。

その嫉妬心に心を惑わされ、あからさまな行動に出てしまうとそれによって周りの人が迷惑を感じる可能性があります。

あなたの言動によって、無駄な争いが発生してしまう可能性も十分に考えられるのです。

あなたが心の中で、どんな感情を持つかはあなたの自由です。

それによって、多くの人が迷惑を被る事は無いかもしれません。

しかしながら、自分の感情を外に出して行動として示したり言葉を発する事によっって、迷惑がかかる事があるかもしれないのです。

その為、負の感情は自分の中で解決するようにしましょう。

多くの人と関わるという事は良い事もあれば悪い事もあります。

それが人生の醍醐味であり、それをいかに自分の中でプラスに変化させる事が出来るかによって私たちの人生は良いものにも悪い物にもなる事があるでしょう。

その事を忘れずに行動してみてはいかがでしょうか。

感情を表に出すと人に迷惑がかかる

負の感情というものは、人を引き付ける力があります。

その為、悪口・陰口なとという物はつ楽しくなってしまい、多くの人が参加する状態になる事もめずらしい事ではありません。

特に女性にはそういった傾向があり、さほど大きな出来事出ないような事も、集まって話をする事によって悪意のある噂話になる事もめずらしい事ではありません。

また、まだ心の幼い未成年などは相手の気持ちを考えて行動する事が出来ません。

その為、その場しのぎの楽しさに心を惑わされる事によって最初は悪意の無い噂話がいつしか大きな感情となりいじめに発展してしまう事もあるでしょう。

その為、私たちは負の感情に取り込まれてしまわない為にも、自分の行動をしっかりと律して行かねばなりません。

あなたが持った嫉妬の感情によって発せられた言葉によって、誰かがその感情に引きずられ心を惑わされる事があるかもしれません。

その為、自分の中に起きた嫉妬という負の感情に他人を巻き込んではいけません。

そうならない為にも、自分の感情は自分の中に留めて置く事にしましょう。

それが出来るかどうかによって、あなたの周りの人の気持ちが大きく変わる事があるかもしれません。

2. 嫉妬の気持ちをバネに自分を成長させよう

嫉妬する気持ちと言うとは、どうしても気分を後ろ向きにしてしまいます。

そればかりか悪い方に気持ちを引っ張ってしまう事も大いにあり、自分でも思いもしないような行動に出る事があるかもしれません。

特に恋愛の場合には、相手の気持ちを自分に振り向かせる努力をするのでは無く自分よりももっと仲良くしている同性に対して敵意をもつ事で、そっちの足を引っ張るような行為をしたり酷い時には嫌がらせのような事をしてしまう事もあります。

しかし、冷静になって考えて見れば、それは全くもって無駄な行為です。

自分より仲良くしている同性の足を引っ張ったからと言って、異性があなたに興味をもってくれるとは思えません。

それっばかりか、その醜い行為を見られてしまう事によって幻滅されてしまう可能性も大いに考えられるからです。

その為、嫉妬によって起こす様々な行為は無駄な事が多く、出来るだけそれをさける方法を考えるべきでしょう。

どうしても嫉妬の気持ちが消えないと言う人は、それをばねにする方法を考えて見てはいかがでしょう。

恋愛で嫉妬してしまうのであれば、その嫉妬している相手と自分を比べ何が足りないのかを考えてみれば良いのです。

そして、その足りない部分を自分なりに補う事が出来るように解決すれば良いのです。

嫉妬したまま、負の感情を持っていても何の良い事もありません。

そればかりか、自分の心を醜くし、更に良くない結果を自分で招いてしまう事だってある事でしょう。

ですが、その嫉妬した事によって気が付いた自分の欠点を解決する方法を考える事で自分を前向きにする事が出来るかもしれません。

単なる嫉妬は、無駄な行為です。

ですが、それによって自分の行動を改善したり向上心を持つ事が出来るのであれば、それはとても意味のある事なのかもしれません。

同じ出来事が起きたとしてもそれを前向きに捉える事が出来る人も居ればどうしても後ろ向きに捉えてしまう人もいます。

どちらが言いかは明らかです。

自分の人生をより良い物にする為にも、私たちは常に前向きに行動して行く事を心がける必要があるでしょう。

相手に負けないように頑張る気持ちを奮い立たせよう

人には出来る事もあれば出来ない事もあります。

自分がとても苦手な事を、難なくこなしている人をみると、つい羨ましい気持ちを持つ事があるかもしれません。

その心が大きくなればなる程、嫉妬という気持ちは出てきます。

嫉妬する気持ちを大きくしてしまうと、負の感情が自分の中で大きくなり、どうにも出来なくなる事もあるかもしれません。

そうなってしまわない為にも、私たちは嫉妬という負の感情と上手く付き合っていく方法を学ばなければならないのです。

嫉妬してしまう事で、一番良くない事は自分の事を棚に上げてその嫉妬心を持った相手に対してマイナスな行為を働いてしまう事です。

人によっては嫌がらせをしたりなどの意地悪をしてしまう事もあるかもしれません。

しかしながら、それをやった所で何か自分に取ってプラスがあるかと聞かれればそれはおそらくありません。

そればかりか、自分の心が醜くなりより自分の事が嫌になってしまうでしょう。

そうならない為にも、嫉妬の心が自分の中に芽生えたら、相手ではなく自分の行動を見直す努力をしてみましょう。

嫉妬の心が出ると言う事は、それだけ相手に対して『羨ましい』『こうなりたい』という思いがあるからです。

その気持ちをマイナス方向にでは無く、プラスの方向に変える事が重要なのです。

相手に対して羨ましいと思うのであれば、自分はどうやったらそれに慣れるのか。

それを考える事が重要なのです。

自分の負の感情に対して、真っすぐ向き合う事は難しい事かもしれません。

他人を羨み妬んだ方が簡単で、自分が傷つく事もありません。

しかしながら、それをした所で、何の解決にもならないでしょう。

私たちは、常に変化している生き物です。

その変化をプラスの方にするのか、マイナスな方にするのかは自分の努力次第でしょう。

その事をきちんと自分の頭の中に入れていかに前向きに考えを変換させる事が出来るかどうかが重要なポイントです。

3. 人は人、自分は自分と割り切ろう

10人10色という言葉がある様に、この世の中に自分と全く同じ人生を歩んでいる人は居ません。

同じ時に生まれた双子であったとしても、そこから歩む人生は全くの別物です。

同じ親から生まれようと、同じ地域に住んでいようとそれは変わる事はありません。

ですが、人はつい他人と自分を比べてしまう生きものです。

その差に嘆き悲しむ事もあるかもしれません。

『どうしてて私はこうなんだ』『自分も彼女のような家に生まれたかった』『あんな見た目になりたかった』家柄・容姿・学力など言い出したらきりが無い程です。

その差は誰しもが感じる物であり、人によって羨ましいと感じる部分は違うのでしょう。

ですが、その違いは簡単に埋まる物ではありません。

自分の努力によって変わる事もあるかもしれませんが、容姿や家柄などは生まれた時から既に決められたものであり後からどうこうする事が出来る物ではありません。

その為、その部分に対して幾ら嘆き悲しんだ所で無駄な行為であり、どうする事も出来ないのです。

人と自分を比べる事は、誰しもが行う行為でしょう。

その事自体は悪い事ではありません。

しかしながら、その時に、どうする事も出来ない差を嘆き悲しんだ所でなんの解決にもならないでしょう。

人と人とは違う所があって当然なのです。

その事をきちんと理解して行動を決める様にして行きましょう。

自分の努力でどうにかなること以外は『仕方がない』と諦めてしまいましょう。

諦める事と、投げやりになる事とは違います。

それらを受け入れる事で、心を軽くする事が出来るかもしれません。

そうして自分の心と折り合いを付ける事で、人は前向きに生きていく力を手に入れる事が出来るようになるのです。

人と比較する癖をやめよう

人間には様々なタイプの人がいます。

自分の理想とする人になる事が出来て居る人など、いったいどれほど居るのでしょうか。

人は、自分の理想と現実との差に悩みながら成長して行くものなのです。

人は、自分に与えられた条件を受け入れる事も必要です。

どんなにお金持ちの家に生まれた人が羨ましいと思ったとしても、それを自分の物にする事は出来ません。

それと同じように、幾ら恵まれた容姿の人を羨んだ所で身長を伸ばしたり手足を長くする事は出来ないのです。

ですが、人は分って居ながらもついそれらの物に関心を抱き羨ましいと思ってしまいます。

それによって、嫉妬の心を持ち相手に対して嫌な態度を取ってしまう事もあるかもしれません。

ですが、それをやった所で何の意味も無いのです。

人と自分を比べ、向上心を持つ事が出来る人なのであれば大いに比べる事も必要でしょう。

ですが、そうではなくただ嫉妬心が大きくなってしまうような人は他人と自分を比べる事を辞めましょう。

それをした所で、自分には何のメリットもないからです。

人と自分を比べて、傷つき悲しんだとしてもそれを前向きな感情に変える事が出来ないのであればそれはまさに無駄な行為でしょう。

そんな事に時間を使う暇があるのなら、少しでも前向きに行動する事を心がけるべきでは無いでしょうか。

4. 自分に自信を付けて自分を好きになろう

他人に嫉妬をすると言う事は、それだけ相手の事を羨んでいると言う事にもなるでしょう。

『隣の芝生は青く見える』という言葉があるように、私たちはつい他人の方が良く見えてしまう物です。

実際にはさほど大きな差は無かったとしても、色眼鏡で見る事によって実際よりもずっと 差があるように感じてしまうのです。

相手を羨ましいと感じると言う事は、自分の事を隙では無いという裏返しにもなります。

自分自身に自身が無いからこそ、相手の事ばかりが良く見えてしまうのです。

その為、私たちは、嫉妬しない心を持つ為にはまずは自分自身の事を好きにならなければなりません。

子供の頃に、親からの愛情を十分に与えられなかった人や大人になり世間との差に打ちひしがれてしまった方は、劣等感を強く持つようになります。

それによって自己肯定感が低く相手より自分が劣っているかのような気持になってしまうと言う事の用です。

自分の事を一番良く知って居るのは、自分しか居ません。

その為、自分の事をまずは自分が一番褒めてあげましょう。

そうする事が自分の事を隙になる大きなきっかけとなるでしょう。

嫉妬の一因は自己否定感

他人の事はどうしても良く見えてしまう物です。

自分は苦労してもなかなか思うように行かない事を、難なくこなしている人を見ると羨ましく感じたり、嫉妬する心が芽生える事もあるかもしれません。

しかしながら、それは自分の勘違いの可能性も大いにあります。

例えば、仕事や勉強など自分が努力したのにも関わらず結果が伴わない事もあるでしょう。

それによって自身を失うばかりでは無く、反対に上手に出来て居る人に対して嫉妬の心をもってしまう事も十分に考えられます。

しかしながら、簡単に出来て居るように見えても実はその相手は並々ならぬ努力をしているのかもしれません。

自分がした以上の努力をしたからこそ、結果を得る事が出来た可能性もあります。

自己否定感が強いと言う事は、それだけ自己肯定感が低いという事になります。

その為、世間が思っている以上に自分の事を低く評価してしまうのでしょう。

努力が認められなければ誰しもが悲しい気持ちになる事でしょう。

その為、まずは自分の事を認め頑張りを称えて上げなければなりません。

5. 嫉妬の原因は自分自身にあると理解しよう

嫉妬する心が大きくなればなる程、つい相手が悪いかのような気持ちになってしまう事があります。

ですが、所詮は自分の気持ちの持ちようです。

その為、同じ出来事があったとしても、嫉妬する人も居ればいない人も居るのです。

つまり私たちが嫉妬という醜い感情に子心を囚われてしまう原因は、自分自身にあるのです。

人生は一度きりです。

どんな人になり、どんな人生を歩むかは自分自身が決める事です。

同じ人生を歩むのであれば、他人を羨み嫉妬してばかりの人生より自分に与えられた自分を隙になり楽しい時間を過ごす事の方が良いとは思いませんか?

嫉妬して前向きに考えを変える事が出来れば、嫉妬する意味もあるかもしれません。

しかし、多くの場合は大抵の場合嫉妬するだけで終わってしまいます。

そればかりか黒い感情に気持ちがもって行かれてしまい、やることなす事全てが後ろ向きになってしまうと言う事も十分に考えられるでしょう。

嫉妬した所で、良い事は一つもありません。

私たちは自分自身の人生をより良い物にする為にも、嫉妬する事を辞めて前向きに考える事を身に付けていくべきでしょう。

6. ポジティブな思考回路を持とう

嫉妬という感情は、基本的にネガティブな心の中に生まれます。

その為、ポジティブな人は嫉妬はしないのです。

勿論、ポジティブな人であったとしても『羨ましい』という気持ちを抱く事は十分に考えられます。

しかしながら、羨ましいという気持ちと嫉妬という感情は似ている用でどこか少し違って居るのです。

羨ましいと言う気持ちは、単純に憧れも含まれます。

だからと言って、そのせいで自分が嫌な気持ちになる事も無いかもしれません。

しかしながら、嫉妬の場合はそれよりもっと暗く陰湿なイメージが付きまといます。

自分の感情を負の方向に持っていく事で、相手の事をより悪く感じるのです。

憧れで相手に対して何か悪い事を起こそうとはなかなか思いませんが、嫉妬であればその可能性も十分に考えられます。

普段はとても大人しく温厚な人であっても嫉妬によってとんでもない行動を起こす可能性も十分に考えられるのです。

それほどまでに嫉妬の力は強く、私たちを変えてしまう程の威力がある感情なのです。

その黒い感情に飲み込まれてしまわない為には、私たちは出来るだけ自分の考えをポジティブにして行かなければなりません。

それをする事が出来るかどうかによって、これからの気持ちのあり方を変える事が出来るのでは無いでしょうか。

嫉妬の気持ちは苦しい

嫉妬していると言う事は、それだけ自分の事を評価する事が出来ておらず現状に満足していない事の現れでもあります。

今生きている自分自身の事を認める事が出来ないという事なので、それはそれは苦しい心でしょう。

その感情を長く持ち続ける事によって思いもよらない事件を起こしてしまう可能性も十分に考えられます。

人間には多くの感情があります。

それがあるからこそ人間らしく過ごす事が出来るとも言えるでしょう。

しかしながら、その感情の中には厄介な物も多くあります。

それらの感情と折り合いを付け、出来るだけ自分自身の心を見失わずに過ごす事が大事なポイントなのです。

嫉妬の感情は、決して綺麗な物ではありません。

しかしながら、それこそが人間の本質なのかもしれません。

その為、嫉妬の感情を持つ事自体は悪い事ではありません。

むしろ当たり前の事なのかもしれません。

しかしながら、その感情に全てをもって行かれてしまっては、自分自身の人生の中の貴重な時間を無駄にする事にも繋がります。

その為、その出てきた気持ちをいかに解決する事が出来るかが重要なポイントなのです。

1. 嫉妬とは?

嫉妬とは、相手の事を羨む気持ちから生まれます。

その根源となるような出来事は人によって様々です。

仕事で相手が評価された事に嫉妬する人も居れば、自分が好きだった相手に話しかけられて居る同性を見るだけで嫉妬する事も十分に考えられるでしょう。

嫉妬の内容は、他人から見れば実にくだらない物ばかりです。

ですが、当の本人にしてみれば物過ごす需要な事の事もあるのです。

この様に、人の気持ちはその人にしか分からない部分が多々あります。

その為、その事を頭ごなしに否定した所で相手の気持ちが納得する事は無いでしょう。

そればかりかより曲りくねった感情をもってしまう事も十分に考えられます。

嫉妬の気持ちは、自分で解決する以外に打破する道はありません。

自分がいかに
自分の現状を認め、前向きに考える事が出来るかどうかにかかっています。

私たちは、長い時間をかけて、それに向き合って行かなければならないのです。

難しい事かもしれませんが、それを出来るか出来ないかによって人生は様々な形に変化していく事でしょう。

2. 人は何故嫉妬するのか?

いきなり他人に嫉妬の心をぶつける人は居ません。

たいては、まずは羨ましいという素直な気持ちから入るでしょう。

しかしながら、その素直な気持ちがいつの間にか屈折してしまい大きな出来ごとのようになってしまう事があるのです。

人を羨ましいと思もう事は良い事です。

それによって、自分の現状を変えようと思える原動力を得る事が出来るかもしれないからです。

ですが、そればかりに目を向けてしまっているといつの間にか前向きだった気持ちがいつの間にか負の感情に変わってしまっている事があり、私たちは嫉妬という後ろ向きな感情に心を捉えられてしまう事になるかもしれません。

嫉妬をする事で、自分の気持ちを相手にぶつける事も出来るかもしれません。

しかしながら、それをしたからと言って現状を変える事が出来るかと言えばそんな事はありません。

自分自身を変えたければ他人の事に目をやるのではなく、自分自身の行動を見直さなければなりません。

他人をただ羨むだけなら誰にでも出来る行為です。

問題なのはそこからいかに自分の利益になるように考えを変える事が出来るかどうかという事でしょう。

3. 嫉妬が深いと人間関係が崩壊する

嫉妬する心は、時として人を狂わす程の力があります。

それは、未熟な心の子供だけでは無く性別・年齢関係なく全ての人々に起こる可能性があります。

いくら世間的に人格者と言われているような人でも、一度嫉妬に心を取り込まれてしまっては自分の中では押さえきれない程の黒い感情に心が引っ張られてしまう事も十分に考えられます。

表面的にその気持ちを隠す事が出来て居るのであれば、まだ何とか取り繕う事も出来ます。

しかしながら、その気持ちが行動や言動に出てしまう事が問題なのです。

自分では上手く隠す事が出来て居ると感じる事でも、周りから見れば気持ちが筒抜けになってしまっている事もあるでしょう。

それによって人間関係に亀裂が入る事も大いに考えられるポイントです。

人間関係は信頼を勝ち取るまではとても大変な行為です。

ですが、その分、崩れて
しまう事は一瞬です。

一度壊れた関係を修復する事はとても難しくいままで大事にしてきた関係を一瞬で無にしてしまう事だってあるかもしれません。

そうならない為にも、嫉妬する気持ちは出来るだけもたないように生活する事が大事なポイントです。

4. 嫉妬はデメリットだらけ

嫉妬は人間の感情の中でも特に醜い物です。

嫉妬心がある事によって、冷静に物事を判断する事が出来ずに、事態を悪化させてしまう事もあるかもしれません。

よく考えて見れば、実際は大したことが内容な出来事であっても嫉妬心のある心の目で物事を見る事によって、より大きな出来事としてその事柄を見るようになってしまうのです。

嫉妬する事によって、自分の気持ちや行動を前向きに変化させる事が出来る人はいいかもしれません。

それによって、よりより自分になる為の力に変える事が出来るからです。

ですが、そんな前向きに物事を考える事が出来る人はおそらく嫉妬心で心を一杯にして、相手を傷つけたり攻撃したりしようとは思わないでしょう。

自分の感情をコントロールする事が出来ず、負の感情に全てを引きずられてしまうからこそ、我を忘れた行動に出てしまうのです。

嫉妬する事は、何も良い事を生みません。

自分の醜い感情によって全ての出来事が悪い方に引っ張られてしまう事もめずらしい事では無く、より悪い出来事を引き起こすきっかけになってしまうからです。

更には、嫉妬によって友人関係は勿論自分の周りにある人間関係を悪化させてしまう事も十分に考えられるからです。

その為、嫉妬は出来るだけしないに越した事はありません。

ですが、嫉妬心はもとうと思って持つ物では無く自然と心の中から出てくる感情の一つです。

その為、出てくる感情を出ないようにする事は意外と難しく聖人君主でも無い限りそこまで清らかな心をもって生活する事は出来ないでしょう。

問題なのは嫉妬という感情が出てくる事では無く、その出てきた感情をどうやって自分の中で処理する事が出来るかどうかと言う事にかかっています。

自分の心をコントロールする事が出来るのは自分だけです。

負の感情によってより悪い出来事を引き起こしてしまわない為にも、どうやったら自分の感情と向き会う事が出来るかどうかを考え行動する事が必要でしょう。

行きなり出来るようにはなりません。

自分の気持ちと常に向き合いながら、自分に最もあった方法を探して見てはいかがでしょうか。

【嫉妬しない方法は、こちらの記事もチェック!】