人生には色々な事が起こります。

人は、その中で自分で様々な事を判断し立ち向かって行かなければならないでしょう。

多くの出来事を処理して行く中では、効率的に物事を判断したり正しい決断をする事が重要となります。

その行動は、時として大きな結果を生み出すと共に大きな失敗となって降り注いで来る場合もあるかもしれません。

どんなに完璧に見える人であってもそれはおなじ事です。

何かついふと気を許してしまった時などに、思いもよらない失敗をしてしまう事もあるでしょう。

それを人は『詰めが甘い』というのでしょう。

自分で自覚する分には良いですが、他人から言われると少々カチンとくる言葉でもあります。

今回は、そんな詰めが甘いという状況についてご紹介させて頂きます。

詰めが甘いとは?

詰めが甘いとは、成功が見えているのに何らかのきっかけにそれを自らダメにしてしまう事を指します。

最初は気を張って生活している人でも、目の前に成功が見えてくるとつい意識を緩め油断させてしまうものです。

そんな時、大抵詰めが甘いと言われるような行動に出てしまうのでしょう。

人間は完璧ではありません。

その為、失敗してしまう事も多い事でしょう。

そうる可能性がある事を事前に理解してそうならないように自分の行動をしっかりと律する必要があります。

どんなに頑張ってやってきた事も、最後の最後に失敗してしまっては後味の悪い物になってしまいます。

そうならない為にも、自分の行動に過信する事無く常に冷静に行動する事を目指して行きましょう。

1. 辞書的意味


『詰めが甘い』という言葉は、元々将棋から来た言葉です。

物事の最後での対処が不適切で、成功しそうに至らない状況を指している言葉であり、誰かによって物事を悪い方向にされてしまうと言うよりは、自分自身のせいで失敗してしまう事を指して居ます。

この様に、日本語の中には将棋などから派生して伝わってきた言葉がいくつもあります。

直接的に物事を話すよりも、相手への伝わり方が優しいと言う事もあり、本音を出さず相手の様子を伺いながら話をする日本人ならではの言葉の文化ではないでしょうか。

こういった言葉達は、普段から使用したり聞きなれて居なければ内容を理解する事が出来ません。

その為、多くの言葉を自分の物にする為に常に言葉に対して敏感である必要があります。

あえて勉強をしようと思わなくとも、言葉に興味を持ちその都度意味をしっかりと理解する事で言葉の理解はより強くなって行く事でしょう。

その事を忘れずに行動して行きましょう。

2. 詰めが甘いとどうなる?

詰めが甘いと言う事は、失敗をする可能性が高いと言う事です。

詰めの甘さを直すために気を付けるべきこと

詰めの甘さは、誰かに注意されて治るような物ではありません。

おそらく、自分自身が注意して治す以外に方法は無いでしょう。

その為、私たちは、いかに自分で注意するべきなのかを意識しながら行動する必要があります。

人はどうしても自分には甘くなってしまうものです。

ついうっかりを無くす為には日々を意識して過ごす以外には改善の方法は無いでしょう。

その気を付けなければいけないポイントについて詳しくご紹介させて頂きます。

1. 想像力を豊かにする


初歩的な失敗は普段のたるみによって生まれます。

その為、常に何か物事をはじめる際には心をしっかりと持つと同時に多くの事を意識しなければならないでしょう。

その中には、想像力をしっかりと持つという事も必要になってきます。

多く物事には必ず理由がある物です。

その理由を逆算する為には『これをやったらどうなるのかな?』と考える力が必要です。

その為にも、わたし達は様々な事を想像し、意識して行わなければならないのです。

2. 行動に移す前に一旦立ち止まって考える癖をつける

感情に任せて行動すると、多くの場合何らかの失敗を起こしてしまう事になるでしょう。

その為、出来るだけ冷静に物事を起こる事が出来るかどうかが重要なポイントなのです。

少し冷静な頭を取り戻す事が出来れば、自分が置かれている状況を判断する事が出来れば冷静に物事を判断する事が出来るでしょう。

それをする事が出来れば、無駄な失敗を回避する事が出来ます。

3. 情報を鵜呑みにしないで自分でも調べてみる

今の世の中には情報が溢れかえって居ます。

その為、自分の知りたいと感じた事をすぐに調べる事が出来るでしょう。

ですが、その調べた情報が正しいかどうかの判断を自分自身が行わなければなりません。

それを市内で全てを鵜呑みにしていると、いつか大きな失敗をする事にもなります。

その為にも得た除法を精査するという作業も必要でしょう。

多くの物事を調べて行けば、大体どれが偽情報なのかを判断する事は出来ます。

ですが、それを自己判断してしまっては意味がありません。

自分では正しいと思っている事もまずは一度冷静になる為にもゆっくりと時間をかけて調べる事が必要でしょう。

4. 仲間や周囲への報連相をしっかりする

人は基本的に一人で生きていく事は出来ません。

どんなに優れて居る日とでも誰かが必ずサポートしてくれて居るのです。

その為何か物事をはじめようという時は、必ず周りの人たちへの伝達を忘れない様にしてください。

自分一人では気が付く事が出来なかった計画の問題点や注意点を考えてくる事でしょう。

一人より二人、二人より三人の方がより多くの知識をもちより話をする事が出来る出そう。

なんでも感でも一人で抱え込んだ所で良い事は何一つありません。

その事を忘れずに一人で抱え込む事は辞めるようにしてみてはいかがでしょうか。

5. 計画表を作って行動する

行き当たりの行動は、失敗の確率を高めます。

その為、何か物事を開始する際はきちんと計画を立てる事をおすすめします。

位置で自分の目の前に情報として提示する事によって、より冷静に物事を判断する事が出来るようになります。

頭の名では完璧だと思っている内容も、実際に目で見て確認する事で、また新たな発見をする事が出来るかもしれません。

間違いに気が付き訂正する事だって出来るでしょう。

計画表や予定表を作る作業は、面倒に感じるかもしれませんが、後に大きな失敗をする事を思えばお安い御用といった所でしょう。

6. 常に失敗した場合をあらかじめ想定する

不足の自体と言うものはいつでも起こる可能性があります。

その対策を事前にして置かなければ結局まわりから『爪が甘い』と馬鹿にされてしまう事も十分に理解する事が出来ます。

いきなりの不測の事態においても迅速に対応する事はとても大切です。

不測の自体は、準備をしていないからこそ困るのです。

その為、何事もいつそういった出来事が起こるか分からないという現状をふまえそうなった時の対策を用意しておく必要があります。

それをしておく事で、例え何も起きなかったとしても安心して過ごす事が出来るでしょう。

想像力を鍛える事は、人生を安全に生き抜く為にも大変重要なポイントです。

その事を意識して、様々な事に興味を持ちながら生活するようにしていきましょう。

7. 言い訳をしない

『だって』や『でも』という言葉は否定の意味を持つ言葉です。

その為、この言葉を普段から多用する方々は、自分に言い訳ばかりをしている人だとも言えます。

そればかりか、失敗を他人のせいにしている事もあるかもしれません。

良い訳をする事で、自分自身の傷を小さいものにする事が出来ます。

誰かが悪かったなど、他の物のせいにする事は自分の心を守る事にも繋がるかもしれません。

人間は弱い生き物なので、時にそんな風にして逃げたくなる気持ちも分からない出はありません。

しかしながら、一緒に居る人が常に言い訳を繰り返すようなひとであればどうでしょうか?人として信用する事が出来ないと感じるでしょう。

そうなってしまわない為にも、言い訳をする癖を治す必要があるでしょう。

8. 何でもすぐに諦めない

諦めるという行為は、癖になります。

最初は多少の抵抗があったかもしれませんが、慣れてしまえば簡単にする事が出来るでしょう。

諦める事自体は悪い事ばかり出はありません。

出来もしない事に無理に固執するよりは、思考をかえて別のアプローチをする事の方がよっぽど大切だからです。

ですが、なんでも感でも諦めていいと言う事にはなりません。

自分の人生の中で譲れない出来事がある時には、絶対に諦めては行けないのです。

常に気を張って生きる事は大変な事ですが、譲れないポイントだけなのであれば少しは頑張る事も出来るのでは無いでしょうか。

後から大きな後悔をしない為にも、すぐに諦める癖を止め時にはこだわりを見せて見る事も重要です。

9. 「多分〇〇」という思考回路を捨てる

仮説はあくまでも仮説であり、確定ではありません。

物事は常に進化をしており、私たちが思っている以上に様々な出来事が日々起こって居ます。

その為『前はこうだった』『たぶんこうだろう』などと言う考え方は、正に詰めが甘い人の考え方であり大きな失敗の原因となるものです。

自分の思い込みで生活をしていれば、必ずつまずく時がやって来るでしょう。

その時に、失敗を未然に防ぐ為にも、借りで行動する事は大変危険です。

自分の思い込みで行動する事をさけ、実際に起きている事を参考に行動して行きましょう。

10. 常に冷静でいる