あなたは健康管理をきちんと行っていますか?
健康管理って非常に難しいですし、毎日気遣いのはかなり大変ですよね。

ただ、健康管理を行っていないと、いざという時に体調が悪くなってしまった時に困ってしまいますよね。

社会人であれば、普段からしっかりと健康管理を行う事が大事になりますし、風邪で休んでしまうという事は、しょうがない事でもありますが、現実的にはどうしても休めない事ってありますよね。

例えば、仕事においてどうしても出席しなければいけないような事があった時には、どうしても休めないですし、休んでしまったとしても上司などに迷惑がかかりますし、信頼も同時になくなってしまうのが現実です。

だからこそ、しっかりと普段から健康管理を行っておくことが大事ですし、しなければいけないのです。

今回はこの健康管理についてしっかりとご紹介していきたいと思います。

特に、一人暮らしであると、なかなか気を付けていても不十分だったり、そもそも気を付ける余裕がないという事もあるかもしれません。

だからこそ、該当する方には是非とも気を付けて頂きたい内容となっていますので、確認してみてくださいね。

やるべき健康管理方法8選

健康管理方法ってたくさんありますが、実際に何からすればいいのかわからないという方もかなり多いのではないでしょうか?
たくさんの健康方法がある中で、実践していただきたい方法をいくつかまとめてご紹介していきたいと思います。

その中から自分自身がすぐに実践できる方法であったり、自分自身に足りていないなと感じる事に関して実践していただければと思います。

一番大事なのは、継続する事であり、一日したから大丈夫という事にはなりません。

毎日継続する事が一番大事であり、一番の効果的な方法です。

なので、最初は難しいかもしれませんが、継続して行う事により、だんだんとそれが日常化してくることが大事なのです。

身体が資本なので、不健康になってしまった場合、何もかもできなくなってしまう可能性がありますので、まずは自分自身の体を大事にしていただきたいと思います。

1、バランスの良い食事を取る


まずは、大事にしていただきたいのが、食事のバランスを見直すという事です。

特に一人暮らしの方については、仕事などで忙しかったりされると、どうしても手抜きになってしまうのが食事になります。

食事って自炊をするとどうしても時間が掛かったりしてしまうので、放棄しがちになりますよね。

でも、しっかりと食事などのバランスを見直す事で、生活習慣病にかからないようにもなりますし、栄養バランスをしっかりと気を付ける事で、常に健康的でいられるようになります。

食事が栄養バランスが壊れたり、不健康であった場合は、病気になりがちにもなりますし、コンビニや弁当などばかり食べていると栄養が偏ってしまいがちになります。

食事のバランスについてはまずは見直していただきたい事になりますので、注意してくださいね。

卵はおすすめ食材

食事のバランス等を考えた時に、おすすめの食材はいくつかありますが、まずは簡単な実践しやすい事から始めていただきたいので、卵を摂取するようにしてください。

卵がおすすめの理由については複数あるのですが、まずは栄養バランスが最適だという事です。

冷静に考えてみてください。

卵ってそのまま栄養がたくさん詰まっているからこそ、中のひながかえって、栄養を摂取しながら成長できるんです。

なので、必要な栄養バランスが豊富に入っており、なおかつ自然に作られない必須の栄養素なども入っているので、完全栄養食品になるんです。

これがいかにすごいのかという事をしっかりと理解することが大事です。

忙しい方であったり、どうしても偏った食事を摂取しがちになってしまうという方でも、卵料理を作るくらいの時間はありますよね。

なので、卵についてはしっかりと摂取していただきたい食品になりますので、意識して摂取してくださいね。

2、質の良い睡眠を取る


次に、気を付けていただきたいのが、質の良い睡眠をしっかりと取るという事です。

睡眠は非常に大事な行いであり、睡眠が質の悪い睡眠をとっていると体がどうしても弱くなってしまいます。

ついつい最近では、寝る前までスマホをいじってしまったり、パソコンなどを扱ってしまったりする場合が多いかと思います。

スマホから発せられるライトなどが、目に刺激を与えてしまいそれが原因で寝つきが悪くなってしまうという事もあったりするので、質の良い睡眠を得たいのであれば、意識してスマホなどは触らないようにすることが大事になります。

また、質の良い睡眠をとりたいのであれば、様々な注意点もありますので、意識して気を付ける事を大事にしてください。

時間より質が重要

睡眠といえば、一般的には8時間が大事だという風に言われていますが、実際は時間よりも質の方がかなり大事になってきているといえるでしょう。

どんなに短い時間の睡眠でも、質が良ければそれだけで体力も回復します。

逆に長い時間寝ていても、質の悪い睡眠の場合は、疲れも取れませんし、体にも良くない睡眠になってしまう可能性がなどがあります。

寝すぎてしまって、体が痛くなってしまったり、頭が痛くなったりして、うまく回転しないという事もあったりもするでしょう。

自分自身に合った最適の睡眠時間、そして意識工夫をして睡眠と向き合う事が、健康にも繋がるのではないでしょうか?

【質の良い睡眠を取るコツは、こちらの記事もチェック!】

3、夏でも湯船に浸かる

夏でも湯船につかる事が大事になるといえるでしょう。

夏になると、どうしても熱いので、湯船につかったりする事をしなくなってしまう事もあるかもしれません。

ただ、湯船につかる事で、しっかりと疲れも取れますし、身体が癒される事にもなります。

血行も良くなりますし、自然と体が嬉しがってくれるかと思います。

普段からしっかりと湯船につかる事で、体の疲れを取る習慣を身に着けておく事で、いざという時に疲れが残らない状態にしておく事も大事になるのではないでしょうか?

半身浴や足湯でもOK

時間がない時だったり、面倒な時には半身浴や、足湯なども効果的であるといえるでしょう。

足の血流などを浴する事で全身がぽかぽかしてくれるでしょうし、半身浴も同じ効果を望む事が出来るかと思います。

しっかりと普段から体をケアする方法を実践しておく事で、いざという時に疲れない身体を作っておく事が大事になります。

疲れを取り、そして結果的にお風呂からあがった時に質の良い睡眠も導入する事ができるようになるため、非常におすすめの方法になります。

4、軽い運動をする

軽い運動を行う事も健康管理には大事になります。

なかなか忙しい方だったり、社会人になってしまうと、どうしても運動する時間などが無くなってしまったりしますよね。

意識して運動している人は実際はあまりいないでしょう。

ただ、それでも体が資本ですし、食事習慣もだんだんと不健康になっていく事もありますので、軽い運動は取り入れて頂きたい内容になります。

軽い運動ですので、簡単なウォーキングでも結構ですし、短い時間でもランニングをしたり、ヨガだったり、筋トレなど、様々な出来ることがたくさんあります。

軽い運動を生活の中に取り入れて頂き、継続的に行っていただきたいと思います。

激しい運動はNG

あまりにも激しい運動はあまりおすすめはできません。

もちろん、運動自体は良い事ですが、今まで運動をしていなかったのに激しい運動をしてしまった場合には、体に負担がかかりますし、激しい運動の場合は三日坊主になってしまう可能性もあります。

激しい運動を行っても、問題なければいいかもしれませんが、継続できなければ意味がないですし、体にも疲れが残ってしまいがちになります。

なので、出来れば軽い運動を長期にわたって継続的に行っていただく事が一番良い方法になるのではないでしょうか?

5、鼻呼吸を意識する

鼻呼吸を意識する事も簡単に実践できる健康方法になります。

鼻呼吸ってけっこう大事なのですが、中には口で呼吸してしまっている方もかなりいらっしゃるかと思います。

ただ、口で呼吸している場合、早めに鼻呼吸できるように意識する事をお勧め致します。

なぜなら、鼻呼吸と口呼吸を見比べた時に、口呼吸はデメリットがたくさんあるからです。

例えば、早い段階で口呼吸をしている場合、早めに改善しないとアデノイド顔貌になってしまう可能性があります。

イメージとしては、口が前に出っ張ったような顔の作りになってしまうかのうせいがあります。

また、口呼吸の場合、どうしても口の中が雑菌が繁殖してしまいがちになり、口臭がしてしまうようにもなってしまいます。

また、免疫力が低下してしまいますので、健康的のも悪い効果を持っています。

なので、気づいた段階で早急に鼻呼吸ができるように意識しておくことが大事であるといえるのではないでしょうか?

冷え性対策にも効果的

口呼吸ではなく、鼻呼吸に変える事で、効果的な効果を発揮する事が出来ます。

例えば、鼻にある粘膜が菌の侵入などを防いでくれる効果があるんです。

それに比べて、口の場合はそのまま入ってきてしまうので、取り込みやすく、免疫力も低下してしまいますので、まさにデメリットだらけなんです。

気を付けておかないと、これが原因で病気になってしまう事もありますので、必ず注意して矯正するようにしてください。

6、外出する際はマスクをする

外出をする際にはマスクを着用する事も、健康管理の一つとして大事になるのではないでしょうか。

しっかりと外出時にマスクをしておく事で、体内に菌が入り込む事を防いでくれます。

体内に菌が入ってしまうと、自然と体の中で菌を消滅させるために熱が起こったりしてしまいます。

普段から公共機関などを通勤で使用されている方には、必ずマスクの着用をしていただきたいと思います。

都心部であれば、満員電車だと思いますので、必ず気を付けてください。

マスクをしていないと、いつ誰の菌がはいってくるかわかりません。

誰にも文句は言えないですし、辛いのは自分だけなので、しっかりと対策を行っておくことが大事になるといえるのではないでしょうか。

帰宅時は手洗いうがいを忘れずに

帰宅した時には、しっかりとうがい手洗いを意識するようにしておいてください。

いつどこで菌が付着してしまっているかわかりません。

また、勘違いしがちになるのが、どうしても手を洗ったりする時に水を流して、水にぬれればそれで落ちたと思ってしまっている人です。

水に手をつけただけでは菌はおちません!
なので、しっかりと水で洗う時に洗剤をつけて、しっかりと綺麗に洗う事が大事になります。

また、その際にはしっかりと指と指の間や爪の間などを洗うようにしてください。

そうでないと、どうしても汚れなどが残ったままになってしまいがちになるので、結果的に意味がなくなりますので、気を付けてくださいね。

7、暖房・冷房は控えめに

次に大事にしていただきたいのが、暖房や冷房などの使い方です。

どうしても寒い時だったり、暑い時には、冷房や暖房にたよってしまいがちになりますよね。

確かに最近はかなり暑かったり、寒かったりもするので、どうしても必須になってしまっている面がありますが、便利な反面、デメリットなどもあります。

あまりにもちがいすぎる温度の中で生活してしまった場合自立神経に影響が及ぶ事もあったりもしますし、健康的にもあまり良くない傾向にあったりもします。

確かに頼りたくなる気持ちは非常にわかりますが、あまりにも違いすぎる温度の中で生活などをする際は、注意してください。

どんなにつらくても、そこまで変化のある温度設定にしないようにするなどして気を付けてくださいね。

体温調節機能の向上が健康維持に繋がる

暖房や冷房などを使う事により、体温調節機能などが発達するようになります。

これがくるってしまうと、体の健康が侵害されてしまう可能性などがあります。

逆にしっかりとこれを大事にしてると、この機能が向上して、結果的に体を守ってくれるという事にもなります。

なかなか辛い時期もあるかもしれませんが、あまりにも温度が違う過ぎるとこういった問題も怒ってしまうという事を意識しておいてくださいね。

8、禁煙

最後にご紹介するのは、禁煙です。

最近はどちらかというと禁煙ブームがあっている最中になりますよね。

昔はどこでも吸えたたばこが、今では吸える場所がかなり減っていますし、喫煙者の肩身もかなり狭くなっているのではないでしょうか?

最近の若者もそこまで喫煙をしている人は多くなく、健康的な被害もかなりありますし、何よりもくさいので、あまり好まれていないという事になっています。

確かに、百害あって一利なしともいわれているほど不健康の代名詞とも呼ばれているたばこです。

吸っている方は、どうしても吸いたくなってしまうのでしょうが、吸わない人からすると迷惑でしかないですよね。

お金もかかりますし、それでいて健康にもならない、臭いもつくという事で、最近は電子たばこなどが販売もされていますが、それでもたばこを吸う人口はかなり減っているのではないでしょうか?

辞めるなら早い段階でやめないと、あとで取り返しがつかない事にもなりますので、注意が必要です。

風邪以外の病予防になる

たばこを吸う事で、様々な悪影響が及ぼすようになり、結果的には風邪以外にも、様々な病気に繋がったりする可能性もあります。

免疫力の低下にも繋がりますし、たばこを吸う事でビタミンを破壊してしまうという事にも繋がってしまうので、吸っている方はかなりの注意が必要です。

辞めたいと思っているのについつい吸ってしまう肩も中にはいますが、確かにやめるのはきつかもしれませんが、早い段階でやめる事で、はやめに体調を改善する事にも繋がります。

なので、意識して改善できるようにしておく事が大事になるといえるでしょう。

実は間違った治し方

どんなに気を付けていても引いてしまう時がきてしまうのが風邪なんですよね。

気を付けていても、ふとした瞬間にきつくなってしまい、悪い予感が的中してしまったという事は誰でも経験はあるかと思います。

だからこそ、風邪をひいた時に、どうしても熱を下げるためにみんな努力をするのですが、間違った治し方を行っている人も中に入るかと思います。

なのでここからは間違った治し方をしている場合などについてご紹介していきたいと思います。

間違った方法を試しても意味がないので、早い段階で気づく必要があります。

これからご紹介する方法を試していた方は、今後しないように注意してくださいね。

汗をかいて熱を下げる

汗をたくさんかけば、自然と熱が治るという事を聞いたことがある人もかなり多いかと思います。

ただ、これは実際は間違っているので、注意していただきたいです。

まず、汗をかいてしまいますが、これは体が菌をやっつけるために体の体温を上げて戦っているのです。

だからこそ自然と熱くなってしまった身体を冷やす為に汗をかいているんですが、汗をたくさんかけばかくほどいいと思っている人がいるようですが、汗をかくのはいいですが、たくさんかくと免疫力が下がってしまいますし、何より体力が消耗されてしまうのです。

そう考えると、汗をかきすぎるのは危険ですし、危ないので、しっかりと水分補給をする事が大事になってくるといえるでしょう。

冷やす方が効果的

むしろ、汗をかいている時には体を冷やした方が効果的なんです。

冷静に考えてみると、戦ってくれているから自然と体が熱くなっているんですよね?
そして、その熱くなった身体を守るために汗をかいているんですから、しっかりと冷たくした方が効果的であるという事です。

しっかりと体を冷やして、身体を冷たくすることが大事です。

ただ、ここで注意していただきたいのが、あまりにも冷やしすぎるのはダメだという事です。

あまりにも過剰に冷やしてしまうと身体に悪くなったり、寒気がするようになったりしてしまうので、それは気を付けることが大事になります。

そして、頭を冷やすのはあまり良くないと言われています。

身体を熱くしているのに、冷やしすぎてしまうと大本の意味がなくなってしまうという事に繋がるようなので、頭はそこまで冷やさないようにして、他の部位を冷やしたりして、緩和してあげるのが大事になると言えるでしょう。

風邪の時はお風呂に入ってはダメ

風邪をひいている時に、お風呂に入ってしまう人も中にはいますがこれはNGになります。

汗をたくさん書いた方がいいという方だったり、体の熱をあげるためにお風呂に入るという方も中にはいますが、これは危ない行為になります。

しかし、これもしっかりと考えた上であれば問題はないのですが、例えばかなり高い温度のお風呂に入る事がNGとされています。

例えば、42度以上のお風呂に入ると熱さに耐えるために筋肉が硬直してしまうという事になり、血流が悪くなったりするそうです。

結果的に体に悪い効果になってしまうので、ぬるめの温度で入る事がおすすめとされています。

ぬるめのお湯で『カラスの行水』をする

ぬるめのお湯に入り、具体的に言えば41度のお湯に入る事が好ましいと言われています。

入浴時間は大体20.30分くらいを目安にしていただき、そこまで長風呂をしないという事を大事にしていただきたいと思います。

体温が上がると免疫力は上がるともいわれており、冷やしすぎりと悪い効果があるともいわれていますので、その点は注意が必要であり、しっかりとお風呂上りには体の水気などを取り体を必要以上に冷やさないようにすることが大事であるといえるでしょう。

風邪薬を飲む

風薬を飲むという事も風邪をひいた時にはおこないがちなのですが、これも実は間違った方法だったりもします。

これに関しては、なんで?と思ってしまう方もかなり多いでしょう。

大部分の方が勘違いしている場合が多いのですが、風邪薬って風邪を治すための薬だと思っている方が多いようですが、実は治す薬ではないのです。

風邪薬は風邪の症状を緩和させるための薬になるので、根本的な解決をするための薬ではないんです。

なので、風邪薬を飲んだからあとは回復するなんてことはありません。

大切なのは、体の免疫力を高めるという事が大事になるので、直す方法ではないという事を理解しておく事が大事になります。

身体の免疫機能に任せる

最終的に大事になるのは、体の免疫力が大事になるという事を意識する事です。

免疫力が高まる事で、自然と菌に対抗する力が高まります。

逆にどんなに薬ばかりを飲んでいても免疫力が弱いと治らないようになってしまいます。

免疫機能にまかえて、あとは体がなんとかしてくれるという事になるので、水分補給だったり、ゆっくり休むなどの方法が一番大事になるのではないでしょうか?

無理してでも食べる

風邪をひいた時には、無理をしてでも食事を食べるという事がおすすめとされていました。

これは体の中に栄養を摂取して、体の免疫力を上げようとするものだと思いますが、結果的にはこれが間違いになっています。

身体が弱まっている時には、自然と消化機能なども落ちている事があります。

そんな状態で食べ物を摂取しようと思っても綺麗に消化はしてくれないですし、そもそも食欲がない状態が多いです。

なので、無理をして食べても逆効果なので、しっかりと休む事をまずは第一に考えることが大事になるといえるでしょう。

水分補給は必ずする

水分補給は必ず行うという事を大事にして下さい。

食事よりも、水分補給の方がかなり大事になってきます。

先ほどからお伝えしている通り、体が熱をもってしまっているので、当然ながら水分が足りていない状況になってしまいがちです。

そんな中、どうしても水分補給をしないと体が脱水症状になってしまう可能性もあります。

無理をしていると、脱水症状でそのままダブルパンチを食らってしまう事になりますので、必ず水分補給を行う事を大事にしましょう。

万病の元とも言われる風邪

風邪ってどんなに気を付けていてもかかってしまう事があるかと思います。

気を付けていても一度がかかってしまった経験が誰しもがあるかと思います。

だからこそ、しっかりと適切な対応が出来るように普段から知っておくことが大事ですし、それが社会人としては必須になってきます。

かかってしまったものはしょうがないのですから、あとはそこからいかに早く治すかという事に力を注ぐべきだともいえるでしょう。

かかってしまったのにいつまでの後悔しているよりかは、今出来る事をするほうが何倍も大事になるからです。

予防対策をしていても引いてしまう

どんなに日々対策をしていても引いてしまう時には引いてしまう風邪だからこそ、ひいてしまった後の事が大事になります。

しっかりと症状を抑えるために出来る事、そしてそのあとの方法をしっかりとただしい知識を身に着けておく事で、間違った方法で治したりしないようにすることが大事になります。

そのような事をしっかりと気を付けておけば、いざという時に困らないようになりますし、適切な対処ができるようになるといえるでしょう。

症状も人によって様々

風邪は、人によって症状などはかなり変わってくる事も特徴的だといえるでしょう。

特にそこまで辛くなかったという人もいれば、かなりつらかったという人もいるあたり、同じ風邪でも、人によって全く違った症状だったり辛さがあるという風にも言われています。

これってかなり不思議な事だと思いませんか?

どうして風邪を引いてしまうの?

なんで気を付けているのに、風邪をひいてしまうんだろうと考えた事がある人はいませんか?
全然引かない人もいれば、毎年かかってしまうという人もなかにはいますよね。

この違いって何だろうと考えた時に、なかなか結論が出てこない場合もあります。

この理由に関しては当てはまる可能性があるものからご紹介してきたいと思いますので、是非参考にしてみてくださいね。

免疫力の低下

まずは考えられるのが免疫力の低下になるといえるでしょう。

やはり、どんなに気を付けていても、免疫力が低下してしまっていると、それだけで病気に対抗する力が弱くなってしまい、普通ではかからない病気などにもかかってしまう事があります。

だからこそ免疫力をしっかりと普段から上げておくことが大事でありその行動が必須になってくるという事がいえるでしょう。

どんなにマスクをしていても、免疫力が低下していると意味がないという事を理解しておいてくださいね。

若くても高齢者並みに低下することも

年齢も関係はあるかもしれませんが、それでも一概にそれがすべてだとはいえません。

確かに子どもの頃などは冬場に半袖だったりする子もいますが、若くても老人並みに低下してしまうという事もあるようです。

普段の食生活であったり、先ほどご紹介した睡眠だったり、様様な健康管理が出来ていなかった場合はかかりやすくなっている場合があるので、注意が必要だと言えるでしょう。

加齢

加齢にともなって免疫力が低下していくという事はかなり起こりうる話になります。

若い時は、体が丈夫だった方もかなり多いかもしれませんが、年齢を重ねる事で、自然と免疫力が低下していき、病気にかかりやすくなったりもします。

結果的に風に関してもかかりやすくなってしまう事もあるかと思いますので、普段から継続して免疫力を上げる行動をする事がやはり大事になるのでしょう。

高齢者ほど症状が悪化する

高齢者であるほど、症状事態も悪化する傾向にあります。

これは体の中の免疫力がやはり低下している事により、病気の直りが遅くなってしまっているという事にも由来しているのかもしれません。

普段からある程度免疫を上げるために行動をする事が大事になるかもしれませんが、加齢により低下などはどうしてもしょうがない部分もありますので、いかにどれだけ免疫を普段から低下させないかがカギになるのではないでしょうか。

睡眠不足

睡眠不足であるという事も免疫力を低下させることに繋がるといえるでしょう。

睡眠不足であると、どうしても体の中には疲れが残ったままになり、健康とは言えない状態になってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、しっかりと睡眠をとる習慣を身に着けることが大事になります。

しっかりと睡眠をとる事で、免疫力を付ける事にもつながるので、睡眠は絶対にたっぷりと取れるように工夫しておきましょう。

偏った食生活

偏った食生活も、病気になりやすい原因を作る理由になります。

しっかりと普段から栄養バランスが取れた食事を摂っているのであれば、栄養が不足している身体にはなりませんが、普段からカップラーメンばかりを食べているような生活をしていると体の免疫力も低下してしまいますし、健康とは言えない身体になってしまいがちです。

なので、しっかりと体に免疫を付けられるような食事を摂れるように意識しておいてくださいね。

健康法を1つでも取り入れる事で風邪に強い身体を手に入れられる

いかがでしたでしょうか?

今回は風邪をテーマにして、健康管理の方法、引いてしまう理由などをご紹介していきました。

なかなか健康管理って継続して行うのは難しいかもしれませんが、それでも普段から出来ることは実践して頂き、気を付けるべき点はしっかりと気を付ける事は大事になります。

行動しないで健康は手に入らないので、普段から食事だったり、運動、うがい手洗いなど、簡単にできる部分はしっかりと行う事で、免疫力を上げて、健康な体のまま、生活していってほしいと思います。

身体が資本なので、身体には一番投資をしなければいけません。

だからこそ、食事などをけちけちして、面倒くさがっていてはいけません。

大事な身体にこそ、一番にお金をそそがなければいけないものになるので、この意識は高くもっていただきたいと思います。