社会人になると、様々な仕事に関する知識であったり、ビジネスにおいて必要な能力というものが要求されるようになりますよね。

中には高度なスキルなどを要求されてしまう事もあり、社会人になりたての状態であると、まったく意味が分からないというような状況になってしまう事もあるかと思います。

レベルの高い話になると、言っている言葉の意味がそもそも理解できないというような事態になってしまう事もあるかと思います。

ビジネス用語などは、実際に現場でたくさん使われており、最初は意味がわからないので意味を理解するところから始まる場合などもあります。

英語の意味などをしっかりと知っていたり、英語が話せる人であれば、なんとなく理解できるかもしれませんが、大部分の人は英語に対する教養なども個人差などがったりするので難しいのが現状です。

今回はそんなビジネス用語の中でも比較的使用されることが多い言葉についてご紹介していきたいと思います。

ビジネス用語に関して疎いという方には、知って頂きたい内容となっていますので、理解してみてくださいね。

様々なビジネス用語が使われている現代

ビジネス用語ってけっこう職場でも使われる機会は多い所があるかと思います。

職場によっても違うかもしれませんが、昔と違い、今は英語を用いる所がたくさんありますので、よく使われるビジネス用語くらいは知っておかないと後から知ってしまうという状況になりますし、その時に意味を理解できないと会話もできませんし、話が変な内容になってしまう可能性などもあります。

なので、しっかりと意味を理解する事が大事ですし、事前にある程度は知っておく必要性があります。

ビジネス用語はたくさんあり、全部は覚えられないかもしれませんが、職場によって使われている用語などはけっこう限定的な事もありますので、ある程度主要な物を理解しておけば問題にはならないかもしれません。

出てくる頻度が高い物に関して、ある程度理解しておけばいざという時に便利ですし、恥をかかないで済むようになりますので、知っておいてくださいね。

あなたはどれくら理解していますか?


あなたが働いている職場ではビジネス用語は使われていますか?
まったく使われていないという職場のあれば、けっこう使われている職場もあったりされるのではないでしょうか?
確かにわざわざ略す意味がわからないという事だったり、略す前の段階でもそんなに文字数変わらないじゃんと思う事もあるかもしれませんが、それが職場で使われている以上、どうしてもある程度は理解しておかないといけないものになります。

そこで反抗したとしても、意味がないですし、解決にも繋がりませんし、自分が損をするだけです。

なので、しっかりと意味を理解して、備えておくことが大事になりますので、面倒だとしてある程度は理解できるように頑張りましょう。

急に使われても理解出来ない

ビジネス用語って、知っておかないと急に使われたりしますし、社内でよく使っているものはいちいち新人相手に訳したりもしてくれない場合があります。

勝手に学んで来いという事であったり、事前に勉強しておけと言われてしまえばそれで終わりになりますので、なるべく早い段階で習得しておかないと、指示や話している内容が理解できない事にもなります。

そうなってしまうと、どうしてもミスに繋がってしまったり、信頼がなくなってしまったりもしますので、自分自身の為にも理解しておくことが大事であるという事をおぼえておきましょう。

最初は難しいかもしれませんが、いざ習って使ってみれば、すぐに理解できるものもたくさんありますので、知っておいて損はないですよね。

入社したては余計に分からない!


入社したての時には、余計にわからなくなってしまうものです。

なぜなら、職場に入ったばかりであると、基本的な業務などもはじめからになりますので、わからない事がたくさんある状況になります。

そんな状況の中で、新しい聞いた事もない言葉を言われてもいまいちピンと来ないですし、焦ってしまいがちになりますよね。

だからこそ、事前に知っておく事が大事ですし、しっかりと勉強しておけば、いざという時に言われてもピンとくる事が出来ますよね。

とにかく最初は右も左もわからない状態から始まるので、最初はある程度忙しくなります。

なので、余裕がある時にしっかりと勉強しておく事が大事になるという事を覚えておきましょう。

仕事に支障が出る場合も

意味が分からないと、先ほどもお伝えした通りですが、仕事に関して支障が出てしまうケースなども存在します。

仕事に支障が出てしまえば、当然責任を負わなければいけません。

意味がわからなかったからという言い訳は通用しませんし、ビジネスマンとしての品格を問われてしまう事にもなりかねません。

なので、意味がわからないという事の関する恥は一瞬ですみますが、大事な場面でのミスはずっと残ります。

なので、わからないのであれば、すぐに調べる事が大事ですし、意味を知りたいのであれば、すぐに誰かに聞くなどして対処をする必要があるといえるでしょう。

マターってどういう意味?

社会人として、けっこう多用されるビジネス用語はある程度知っておく事にこした事はありません。

比較的、用いられる用語は決まっている事も多いので、事前に調べる事もある程度容易になるのではないでしょうか。

今回はまず、多用されることが多いビジネス用語として、マターという言葉についてピックアップしてご紹介していきたいと思います。

マターはけっこう使われますし、理解しておけば、いざという時に頼りになるので、使っていただきたい言葉になります。

知らないという方は、この機会に知っていただければ、非常に便利かと思いますので、しっかりとこの機会を活かして記憶に刷り込んでいきましょう。

それでは見ていきましょう。

案件・担当すべき仕事という意味

マターという言葉の意味がわからないと、まったく意味がわからないという事になりかねません。

なので、意味を知って頂きたいのですが、まず言葉の意味としては、案件、そして担当すべき仕事という意味合いを持っています。

マターという言葉にはこれほどの意味合いが込められており、マターという言葉だけでこの意味を略称できると考えると、便利な言葉になるのではないでしょうか。

なので、上司からマターという言葉が出た時には、とっさに案件や、担当すべき仕事という言葉に変換して、理解しておくことが大事になるのではないでしょうか。

これさえ知っておけば、ある程度今後マターという言葉が出たときには理解していただけるのではないでしょうか。

部署名や個人名の後に付ける

マターという言葉の意味が理解できたけど、実際にどういう風に使っているのか知りたい方も多いはずです。

マターという言葉は、先ほどご紹介した通り、案件や担当すべき仕事という意味合いになるので、一般的に部署だったり、個人名の後につけるような使い方がかなり多いかと思います。

例えば、岩田マターという言葉があるとすれば、それはその案件は岩田さんが担当している仕事ですという意味になります。

これを聞くと、けっこうパッとイメージができるようになるのではないでしょうか?

また、企画部マターという言葉あれば、企画部が担当している案件になるという意味合いにもなるので、非常に理解がしやすい言葉になるのではないでしょうか?

こういう言葉をふいに聞くと意味がわかりませんが、実際に聞いたことがあれば、すぐにイメージできるようになりますよね。

これであなたはもうマターという言葉を理解した状態になりました。

意外とこれですぐに覚えられるという方も中に入るので、しっかりと記憶に刷り込んでみてくださいね。

よくあるマターの使い方

マターという言葉の意味についてはしっかりと理解していただけたのではないでしょうか?

言葉の意味を理解できたところで、実際にどういう使い方例があるのか知りたいという方も中にはいらっしゃるかと思います。

基本的には、先ほどご紹介した通り、部署だったり、個人名の後に就くようなイメージになります。

そして、基本的な使い方であったり、使う場面などについても併せてご紹介していきたいと思います。

「〇〇のマターです」

よくある使い方として、先ほどもご紹介した通り、市橋のマターになりますなどという使い方になるかと思います。

個人名の後にそのままつけるだけでもう言葉の意味といてはそのまま伝えることができるようになります。

使い方を間違ってしまったら、意味が分からない事になりますので、基本的な意味と、使い方自体は必ず理解しておく事が大事になります。

もしもここが間違ってしまっていたら、意味のわからない言葉になりますし、相手に対しても失礼になります。

間違われた人にも迷惑になる可能性がありますので、きちんと理解して、使い方なども間違った使い方をしないように出来る人だけが使うようにはしましょうね。

目上の人には決して使ってはいけない

ここで覚えて頂きたいのが、決して目上の人に対して使ってはいけないという事です。

例えば、部長が岩田さんという方だったとして、岩田マターです、なんていう言葉のつかいかたは非常に失礼に当たります。

なので、使う場合は岩田さん、もしくは部長マターになります、という言葉を使う方が適切ですよね。

でも、目上の人の聞かれる場合には、基本的にはきちんと岩田部長が担当になります、という言葉を使って方が綺麗ではありますよね。

あなたも目上の人に対して、キチンと敬語はつかいますよね?

なので、目上の人に対しては略称などを用いずに、きちんと言葉を使って会話する事が大事になるといえるでしょう。

職場によってはそこまで厳しくない場所があるかもしれませんが、これが癖になってしまうと、ふとしたビジネスの現場で使ってしまって失礼になる場合もあるので、しっかりと注意する事が大事になるといえるのではないでしょうか。

「〇〇部のマターです」

先ほどご紹介した通りですが、どこの部署の担当なのかという事を伝えるときにも便利な言葉になります。

商品企画部のマターですという風に伝えれば、商品企画部が担当している案件なんだ、という風に理解する事が出来るからです。

長い言葉をいちいち伝えるのが面倒な時には、すぐに相手に情報を共有できるので、非常に便利な言葉になりますよね。

ビジネスの現場ではこのような言葉を用いられていることがかなり多く、あらかじめ理解しておけば、円滑なコミュニケーションが取れますし、ビジネスの現場でもこういう言葉を使っている面をみるとかっこ良いなと思ったり、なんだか仕事がデキるような感じもしますので、非常にメリットもあります。

早い段階でこのような言葉のバリエーションを増やしておくべきになるかと思います。

正式な部署名の後に付ける

しかし、ここで一番気を付けて頂きたいのが、正式な部署名をしっかりとつけるという事を意識していただきたいです。

マターという言葉などが略称になるので、部署名なども略していいやと思ってしまいがちになりますが、ここで部署名などがどっちにも捉えられるような微妙なニュアンスのものが存在した場合、混同してしまう可能性もありますよね。

実際に混同してしまったせいで、言葉の意味が変な事になってしまったという事もありますし、間違ってしまったせいで、問題が発生したという事にもなりかねません。

なので、しっかりと略称できる部分は略称して、略称しない部分は略称しないという事を理解して使う事が大事になるのではないでしょうか?

「この案件、誰のマター?」

上司などから聞かれる際には、このように聞かれることが多いようにも感じます。

これは誰のマターなのか?という事を聞かれた際には、しっかりと誰誰の担当ですという風に伝える事が出来ますよね。

これさえ知っておけば、すぐに答えられますし、上司に対しても仕事がわかってきたなと思ってもらえる可能性が生まれます。

ビジネス用語ってけっこう難しいと思われがちですが、意外と知ってしまえば便利な言葉ばかりなので、けっこう便利だったりします。

普段から使っている言葉がかなり長ったらしい言葉を使っていたなぁと思ったりもしてくるほど、便利なものもあるので、これを機会にいくつか学んでみるのもいかがでしょうか?

けっこう便利な物がたくさんあるので、品格もつきますし、知識としても持ってもらえれば損は絶対にないかと思いますよ。

使う時に注意すべき事

ビジネス用語を使う時に注意する事をお伝えしておきたいと思います。

注意するべき時をしっかりと把握しておく事で、いざという時に判断が出来ますし、ビジネスの現場でも生かすことが出来ます。

しっかりと使うのであれば、ルールを守って使う事が大事ですし、使うなら理解しておく事が大事です。

あなたも何かの道具を購入した時にはしっかりと説明書を読んだりもしますよね。

それと同じで使うのであれば、失礼のないように使う事が大事です。

この注意すべき点などもしっかりとご紹介していきたいと思いますので、意味とセットで覚えてみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

社外の人には使わない

社外の人に対しては使わないようにすることが大事です。

これはけっこう混同してしまいがちになるので必ず注意していただきたい点になります。

社外の人は、自社の方ではないので、きちんとした礼儀をもって接する事が大事になります。

そんな相手に対してビジネス用語で返してしまったりすると、それは失礼に当たります。

なので、相手から聞かれたとしてもきちんとした言葉で返すことが大事です。

これはマターに関連する事以外にも、すべてに共通する事になります。

なので、しっかりとこの部分は失礼にあたるんだという事を理解して使ってください。

覚えたての頃は、見境なしにつかってしまったりする人もいるので必ず注意してくださいね。

”担当”などに言い換えて使うべき

もしも相手から、担当を聞かれた際には、しっかりとマターという言葉を使わずに、担当という言葉を使うように徹底すり必要があります。

ここで言葉遣いを間違ってしまったら、時には大問題に発展してしまう場合もあります。

優しい方であれば、見逃したり、気にしないでいてくれるかもしれませんが、中には厳しい方であると気分を損ねてしまって、取引をしてくれない場合などもあったりする可能性があります。

なので、しっかりと自分自身が注意をすべきですし、使うならばルールを守った範囲で使う事が大事になりますので、ここは肝にめいじておいてくださいね。

ビジネス以外でも使えるけれど…

このマターという言葉であったり、他のビジネス用語などもそうですが、けっこう社外でもプライベートとかでも使ったりできるものも中には存在しますよね。

日常会話などで使ったりしようと思えば、使用する事はもちろんできます。

便利な言葉ですし、相手も理解していれば、使っても問題はないかもしれませんが、時と場合によってはあまり適切ではない事も存在したりします。

具体的には、ご紹介していきますので、状況に応じて考えてみた方が良いかと思います。

それでは見ていきましょう。

日常会話では使わない方が無難

日常会話などでは、ネタとして使ったり、同じビジネスマンだったりしない限りはあまり使う事はおすすめしませんし、使わない方が良いでしょう。

なぜなら、日常会話で使ってしまう事で、なんだか仕事ができるという風にぶってるようにも感じられる場合があります。

ビジネスの現場であるといちはやく内容を理解しておかないといけない場面だったり、早く理解したいといい事があるので、使っているのかもしれませんが、プライベートであればそこまで使用する意味もないですし、意味を知らないと分かっているのに使っている場合は相手も不快に感じます。

なので、基本的には日常会話では使わないという事を理解しておきましょう。

使い過ぎない

もし使う場面があったとしても、あまり使用しすぎるのもどうかという気はします。

あまりにも積極的に使っている場面を見たりすると、どうしても相手からすると仕事ができる風にぶっているように見えてしまうのです。

特に、ビジネスマン相手ならある程度は理解してくれるかもしれませんが、相手がまったく知らないのにわざと多用するにはむしろ嫌がらせのような事にもなります。

もしもそこから悪い方向に発展してしまったと考えると、やはり使うメリットはあまりないようにも感じます。

なので、普段で使用する際には考えて使用する事が大事であり、使い時を間違わないようにすることが大事です。

極力使わないようにするのが一番良いといえば良いのかもしれないですね。

滑稽に見える

あまりにも使いすぎてしまうと、仕事がデキるを通り越して、ちょっと滑稽に感じてしまうようになります。

かっこいいと思われたくて使っているのに、滑稽に見えてしまったら元も子もないですよね。

あなたの周りにもビジネス用語をどや顔でつかっているような人はいませんか?

恐らく、多用しているとまわりも引いていますし、本人だけが気づかないで威張っているようにも感じられます。

使い時をあやまるとあまり良い事にはならないという事を覚えておきましょう。

ただ、使い道によっては非常に便利な言葉なので、やはり知っておいて損はないかと思いますので、オンとオフを使い分けて使用する事が大事になるといえるでしょう。

責任逃れにも使えるけど

マターという言葉の意味という所から、責任逃れに使えるという事もあります。

例えば、今進行状況はどうなってるのか聞かれた時に、もしも責任者が自分ではなく、別の誰かだった場合、自然と別の〇〇マターになっているので、と相手に告げると、自分ではなく、その人が責任者です、という風に相手に伝えることが出来ます。

なので、自分のせいにされそうになった場合に、別の誰かに責任をなすりつけるという言葉は悪いですが、逃れる事はできるようになっています。

なので、自分が悪くないという事を相手に伝えるためのツールとしても活用できるので、いざという時には相手のこのように伝えられるようにすれば便利という事にはなるでしょう。

信頼を落としかねない

ただ、相手に対してこのように回答ばかりしていると、自然とこの人は責任感がないなとおもわれてしまいがちになってしまいます。

まず、問われるという事は、間違いなく自分自身もそれにかかわっているという事にもなります。

まったく管轄が違う人に今の状況を聞いたりはしないですよね。

それに、まったく別でも、自分は関係ないというような態度を取るのは適切ではなく、知っている状況を話したうえで、責任者は別という事を伝えた方が良いかと思います。

毎回席に逃れのような言い訳を使っている場合、周りの人の信頼も落ちてきてしまいますので、このような伝え方はあまり使わない方が良いという事は理解しておくようにしてください。

もちろんまったく関係ない罪をかぶる必要はありませんので、その部分は別という事で理解していただければと思います。

メールでは使わない

メールなどでも活用できるという風に思っている人もいるかもしれませんが、あくまでビジネス用語はメールの文章などでは使わないようにしましょう。

メールでこの件は〇〇マターなのでというように使ってしまうと、相手に対して失礼になります。

口頭で伝えるならまだしも、さらに上司に対してこのような返答をしている場合はかなり注意です。

相手の自分に対する信頼感もなくなってしまいますし、礼儀をわきまえていないという判断を下される事があるかもしれません。

いずれにしても、自分にとってかなりマイナスな事になってしまいがちになりますので、必ずメールではビジネス用語は使わないようにしましょう。

この点はしっかりと理解した上でビジネス用語は使わないと、時にはピンチになってしまう事があります。

日本語に置き換える

きちんとメールなどで伝える場合には、マターではなく、担当という風にメールをする事が大事です。

かなり親しい同僚などでは問題ないかもしれませんが、上司に対してだったり、別の社員に対してこのような返答はしないようにしましょう。

普段使っていると、ついついこのようなメールの文章にも使ってしまう可能性もありますので、親しい間柄でも、あまり使う事はおすすめはできません。

ビジネス用語は便利ですが、こういう問題点などもありますので、メールなどに関してはしっかりと理解して使う事が大事になります。

相手の目線に立って物事を考えられるようになってから使う事がおすすめかもしれませんね。

意味が分かってないと怖いビジネス用語

ビジネス用語の注意点などについてもご紹介していきましたが、便利な反面、このような怖い事が起きてしまう可能性も秘めている事になります。

便利な物は、大体デメリットもありますので、このデメリットだったり、注意点に関してしっかりと把握してから使うようにする事をお勧め致します。

その上で、意味をしっかりと理解していなければ、まったく違う事に置き換えて理解してしまう事もあり、ビジネス用語に関しては、しっかりと早い段階で学んでおく事が大切になります。

ここからはビジネス用語を理解していないと、起きてしまう問題点についてもあわせてご紹介していきたいと思います。

社内で意思疎通が出来ない

ビジネス用語はたくさんありますので、すべてを把握するには多少時間がかかってしまうものです。

なので、使用頻度が高い物から順番に理解しておくことが大事であり、効率も良いかと思います。

その上で、ビジネス用語はしっかりと意味も理解しておかなければいけません。

例えばですが、聞き間違いであったり、意味を間違えて覚えたりしていると、大問題になってしまう可能性などもあります。

例えばベターとマターって似ていますし、同じような呼び方でも、まったく意味が違う物がありますし、そもそも言葉の意味を間違って覚えていた場合、まったくとんちんかんな回答や行動をしてしまう可能性もあります。

このような事を防ぐために、しっかりと事前に確認しておく事が大事になるのではないでしょうか。

ある程度は学んでおく

もしもあなたは指示を出す立場の人間で、部下に命令をしたとします。

もしあなたが、部下が命令した事をしっかりと確認せずに、別の全く違う事をしていた場合、怒りますよね?

そこで起こった時に、間違いましたとか、意味を理解していませんでしたと言われても納得できないですよね。

それに、それが原因で大問題になってしまった場合、おそらくあなたはその部下の事を信頼できないと感じてしまいますし、何か大事な事があった時には頼まなくなりますよね。

なので、しっかりと把握しておくことが大事ですし、学んでおく事が大事です。

間違ったでは済まない事もビジネスの現場ではありますので、信頼をなくしたくなければいち早く覚えておくことが大事になります。

間違った使い方は誤解を生む

間違った使い方などは絶対にしてはいけません。

間違った使い方などをしている場合、きちんとした意思疎通ができないですし、時には大問題に繋がる可能性もあります。

誤解を生んでしまうと信頼もなくしますし、責められても文句はいえません。

普段から間違った使い方をしていないか確認する事が大事であり、意味を間違えてしまっていたり、何の意味なんだろうと思っていることがあれば早急に確認して知識として刷り込んでおくことが大事になります。

これに関しては、早めに行動する事が大事であり、絶対にそのままにしていると大きな問題になってしまいます。

絶対に早急に問題解決するために行動する事が大事ですので、覚えておきましょう。

なんとなく解釈のまま放置しない

ビジネス用語はたくさんの意味があり、用語自体もかなり存在しています。

ただ、ビジネス用語を幅広く使っている会社もあれば、そうではない会社もあります。

多用するだけで、使うビジネス用語自体は少ない場合などもありますので、よく使う用語に関しては早めに理解しておくという事とともに、意味が中途半端に理解しているなぁと感じているものに関しては、早めに相談して確認したりすることが大事です。

一番いけないのは、中途半端に理解している状態になります。

まったく意味が分からなければ、周りの人に確認したり、ネットで確認したりするという行動をとるでしょう。

ただ、中途半端に理解している場合は、なんとなくこうだろうとか、たぶんこんな意味だった気がするという事で、行動してしまう事があります。

行動してしまったら最後、間違っていたら取り返しがつきません。

中途半端に理解している状態が一番危ないという事を理解しておいてください。

きちんと不明点があれば確認する、これは鉄則になりますので、これは必ず守るようにしましょう。

【他にも知っておきたいビジネス用語は、こちらの記事もチェック!】

格好良く感じるビジネス用語。意味も理解していないのに使うのは止めた方が良いかも

いかがでしたでしょうか?

今回はビジネス用語のマターについてご紹介していきました。

ビジネス用語は使っていると格好良く感じますし、なんだか仕事がデキるビジネスマンという感じでつい使ってしまいがちになるかもしれませんが、意味をはき違えていると大きな問題に繋がるという事ももっています。

意味をしっかりと理解して、100%の状態で使うからこそ、便利な言葉になるので、理解していないうちは使わないようにしましょう。

しっかりと意味を理解して、自信を持てるようになれば、使って仕事の効率を上げてみる事をお勧め致します。