あなたには友達がたくさんいますか?

普段から明るい性格だったり、誘われやすい性格や愛想の良さやコミュニケーション能力が高い人は、周りに友達が多かったり、仲間がたくさんいたりするのではないでしょうか。

ただ、コミュニケーション能力が低かったり、あまり人付き合いが得意ではないという方であれば、あまり友達がいなかったりする事も多いかと思います。

最近ではそういった状況をリア充といったり、一人の人はぼっちと称したりする言葉が生まれていますが、今回はそんなぼっちに関してご紹介していきます。

最近よく聞く”ぼっち”。あなたはどうですか?

あなたはぼっちですか?

それともリア充していますか?

けっこうぼっちであるという方はかなり多いのではないでしょうか。

もちろん、ある一定の交友関係はあってとしても、実際に遊んだり、一緒に過ごしたりしている仲間はいないという方も中にはいらっしゃるかもしれません。

ぼっちの定義がどこからどこまでなのかという事にもよってくるかと思いますが、基本的には遊んだりしてくれる友達がいないという人が大部分を占めているかと思います。

学生であれば友達を作る事に関して、あまり困ったりすることはないかもしれませんが、社会人になるとあまり出会いがなかったり、友達として知り合う機会ってあまりないかと思いますので、友達づくりに困ってしまう事は多くあるかと思います。

なかなかぼっちを脱出できないという方もかなり多胃かと思いますが、ぼっちの特徴についても併せてご紹介していきたいと思います。

なかなか周りに馴染めない

ぼっちである場合、大きな特徴として、なかなか周りになじめないという事が悩みになっている場合が多いかもしれません。

周りになじむ事ができないという事は、基本的にはコミュニケーションを取るという事があまり得意ではないという事に繋がっているかと思います。

コミュニケーション能力ってなかなか意識しないと力がつかないですし、最初は得意に、疲れたり、しんどかったりして、積極的にコミュニケーションを取ろうと思えない場合もあったりするかもしれません。

ぼっちである人は、周りになじめていないと感じている人がかなり多いのではないでしょうか?

まずは周りになじむことから始まり、そこからだんだんと人脈を広げるような事を考えてみてはいかがでしょうか?

無理に人脈を広げようとは思わずに、狭い所から徐々にという考えも大事です。

挨拶するだけで疲れる

挨拶をするだけで疲れてしまうという事もあてはまるのではないでしょうか?

基本的に、明るい人であれば、挨拶は何の躊躇もなく元気よく出来たりするものですが、ぼっちの人の場合は、あまり人づきあいだったり、コミュニケーションがとる事が下手な場合が多いので、挨拶をする習慣がないという方もかなり多くいらっしゃるかと思います。

挨拶ってちょっとした心がけで大きく変わるものです。

元気よく挨拶をする事によって、明るい印象を持ってもらったりも出来ますし、逆に挨拶が暗かったら、どうしても暗い印象だったり、あまり良くない印象が伴ってしまいます。

なので、普段から積極的に明るい挨拶などを心がけるようにすれば、自然と周りも明るい人だと認識してくれるようになりますので、心がけてみてはいかがでしょうか?

”ぼっち”ってどういう意味?

ぼっちという言葉を耳にする機会がかなり増えてきたようにも思えますが、ぼっちという言葉を具体的に知っていますか?

中にはよくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

まずはぼっちという言葉についてご紹介していきたいと思いますので、まだ知らないという方だったり、意味は知っているけど語源がわからないという方にも知って頂きたい内容となっています。

1人ぼっちの略

ぼっちという言葉は、1人ぼっちという言葉から来ています。

そう考えると、もうそのままの意味ですが、1人ぼっちで寂しい生活をしている人という意味になります。

学生であれば、ある程度友達は出来ますし、普段から行動をともにする友達だったりもいるかもしれませんが、社会人になると仕事が忙しかったり、出張や転勤などがあり、もともといた場所から離れてしまうという事もかなりあるのではないでしょうか。

そうなってしまうと、だんだんと友達関係などが疎遠になってしまったりして、気づけば友達がいなくなってしまったという事もかなりあるようです。

そうなってしまった場合、どうしても一から友達をまた増やすのは難しいですし、気力がいる事になりますよね。

なので、気づけばぼっちになっていたという事がかなり多いようにも感じられますよね。

『ぼっち生活』など何かに接頭して使う事も

よく使用される例としては、ぼっち生活など、頭にぼっちという言葉を付けているという事が挙げられます。

ぼっち飯などもそうであるように、一人でご飯をいつも食べているという人はぼっち飯という言葉を使ったりもします。

こういう使い方が、若い世代ではよく使われるようになり、実際に浸透していっているという事になっているのではないでしょうか。

ぼっちという言葉自体は可愛い表現になりますが、実際寂しい事には変わりないので、ぼっちがいやなら、普段からの人脈づくりだったり、コミュニケーション能力を鍛えられるように努力する事が大事になるのではないでしょうか。

ぼっちあるある

それでは、実際にここからはぼっちだからこそ理解できるような、あるあるの内容についてご紹介していきたいと思います。

ぼっちだからこそ共感できる事があったり、ぼっちだからこそ起こりうることってたくさんあります。

自分自身がぼっちでなければ、理解できないかもしれませんが、それでもぼっちの方には理解していただけるかと思いますし、こうなりたくないと思うのであれば、見習っていただければと思いますので、参考にしてみてくださいね。

1、1人でご飯を食べる

これはかなりあるのではないでしょうか。

あなたは普段一人でご飯を食べていますか?

学校や、社会人になって、お昼ご飯の時間がやってきた時に、どうしても中には一人でご飯を食べている人がけっこう多くいますよね。

友達や同僚と仲良くご飯を食べている人もいれば、一人で静かな場所で食べている人も多くいます。

これに関しては、その人の性格だったりも関係してくるのかもしれませんが、人づきあいが良い人は、周りからも誘われますし、誘われても一緒に食べに行ったりもする事があるようにも感じます。

ただ、人づきあいが悪い人だったり、あまり社交的ではない人の場合は、誘われたりもしないので、どうしても一人でご飯を食べたりしてしまいがちになります。

普段から一人で食べている人は、けっこうぼっちが多いような確率が高いといえるのではないでしょうか?

2、友達が少ない・居ない

ぼっちの人にあるあるなのが、友達がそもそもいないという事です。

もしくは、友達が少ないという事があてはまるのではないでしょうか。

普通に生きていれば、ある程度何かに誘われたり、職場や学校、アルバイト先などなど、交友関係が自然と広がっていくのが普通です。

自然と同じ場所にいる仲間であれば、話すようになるでしょうし、自然と会話を交わして、遊んだり、一緒にすごしたりしていくうちに友達になっていく事も多いかと思います。

ただ、社交的でなかったり、あまり人付き合いが上手ではないという方にとっては、それが苦痛に感じている場合もあるでしょう。

結果的に、周りからも誘ってもらえなかったり、友達になれるチャンスを失っている可能性などもあるかと思います。

しっかりと普段から社交的に出来ているか、チャンスを生かし切れているかという事が大事になってくるのではないでしょか?

3、読書やスマホで気を紛らわす

一人ぼっちで過ごしている方は、基本的に友達と一緒に話したりする事もないので、一人でいる時間が多くなると自然と暇になってしまったりもするかと思います。

例えば飲食店に入った時に、友達と一緒にいれば、待ち時間は友達と話したり、一緒に雑談をしたりする事が多いかと思います。

ただ、友達がいない場合は、友達とそういったコミュニケーションを図る事もできないので、自然と読書をしたり、スマホをいじったりして、時間をつぶしていることが多いようにも感じます。

これはけっこう一人ぼっちならではのあるあるなのではないでしょうか?

4、グループ作りの時に余る

どうしてもグループを作ったりする事が大事になってくる場合があり、例えば学校の体育の授業だったりで周りの人と誰かグループを作ったりする場面が必ず来るかと思います。

そんな時に、誰かに話しかけようか悩んでいたり、普段から友達がいない、一人で過ごしていた場合は、困ってしまいますよね。

自然と周りからも誘われる事もなく、自分から声を掛ける事も出来ないので、どうしても余ってしまいがちになります。

普段からコミュニケーションを取っていないと、こういう場面も出てきてしまうという事を覚悟しておかないといけないでしょう。

学生の時にはこうして余った人が先生とペアを組んだりしてしまう事もかなり多いのではないでしょうか?

5、卒アルのサイン欄が白紙

学校を卒業した時に、卒アルの裏面に色々サインを書いたりする事はかなりあるのではないでしょうか?

そのサインの欄を見れば、大体どんな人間だったのかという事がわかるようになっています

例えば、明るい人であれば、たくさんの人から書かれている状態になるかと思います。

男女関係なく書かれている人はきっと社交的で明るい性格だったはずです。

でも、そのサイン欄がまったく誰にも書かれていない白紙の場合は、それだけ友達が少なかった証拠にもなりますし、寂しい生活を送ってきた人なんだという風になってしまいます。

ぼっちの方のサイン欄はどうなっていますか?

恐らく白紙になっていることがおおいのではないでしょうか?

普段からのコミュニケーションがここで大きく出てくるという事を実感しておくべきでしょう。

6、他人と仲良くなりたいけど1人が楽

他人と仲良くなりたいと思っている人はかなり多いかと思います。

実際、ぼっちの人でも、ぼっちという状況を理解して、改善したいと思っている場合だったり、友達が欲しいと思っている人はたくさんいるかと思います。

実際はコミュニケーション能力だって持っているという方もかなりたくさんいるのではないでしょうか?

ただ、どうしても一人でいるという事に慣れてしまって、一人でいるという事が楽に感じている人が多いのもまた事実です。

なので、一人でいることが味を占めてしまっている場合は、なかなか脱出できない場合が多いでしょう。

ただ、気づいているのであれば、しっかりと行動に移すことが大事ですし、そうする事で、心の中に感じているコンプレックスもはねのけることができるようになるかと思いますので、行動してみてはいかがでしょうか?

7、休日は家でゴロゴロ

休日にあるあるなのが、どうしてもぼっちであれば友達がいないので、外に出る機会は減ってしまうかと思います。

なので、休日は家でいつもごろごろしてしまうという方もかなり多いのではないでしょうか?

確かに友達がいないのに、街にでて何かするって考えると買い物くらいしかないのではないでしょうか。

かなり行動的な方であれば。

問題なく大抵の事はできるかもしれませんが、それでも普通の人はそこまで活動的には行動しないかと思います。

なので、家でゲームをしたり漫画を読んだり、スマホをいじったり、ネットしたりなどの生活がかなり多くなってしまうのではないでしょうか?

8、趣味にハマりやすい

けっこうあるあるなのが、ぼっちの方は趣味にはまりやすいという事が挙げられます。

これはなぜかといいますと、趣味にはまってしまうからこそ、そのほかの事に注力できなくなってしまっているという事になります。

時間を忘れて没頭できるほど、何か趣味を見つけた場合、おそらく強制的な事でもない限りはその趣味を優先して時間を作りたいと思ってしまうのではないでしょうか?

趣味にはまってしまうと、結果的にそのほかの物事はしなくなってしまいますし、自然とコミュニケーションも減ってしまうという事になるかと思います。

人づきあいが減ってしまったり、誘われなくなってしまっても、趣味が楽しいので、何とも思わなくなってしまったりもするかと思いますので、趣味にはまりやすいという事はあるあるになるのではないでしょうか?

9、他人と話しただけで達成感を得られる

これはぼっちにとってのあるあるですが、人と話すだけで満足感、達成感を感じられるという事です。

ここまでいくとかなりのぼっちになってしまっている可能性がありますが、基本的にぼっちの中には完全に孤独な人がいます。

人と話す事自体が面倒だったり、人付き合いがかなり悪いという人の場合、人と話す事自体がなくなってしまっている人もいます。

ここまできてしまうと、どうしても話す事自体に満足感、達成感を感じてしまうようになり、たった話す事だけで満足してしまっている事になります。

そうなってしまうと、コミュニケーション以前の問題になってくるので、基本的に生活をする上でコミュニケーションは非常に大事なものになりますし、必須になりますので、この自覚がある人は少しコミュニケーションについて積極的になったり、自分自身の意識を変えてみる必要があるかといえるのではないでしょうか?

10、修学旅行が辛い

中には、修学旅行が辛いと思っている人もかなり多いのではないでしょうか?

修学旅行って、基本的には好きなグループだったり友達と一緒に回ったりすることが多いのではないでしょうか?

一緒に友達とわいわいしながら楽しい時間を満喫できるイベントになりますよね。

なので、修学旅行が楽しみと感じている人もいる反面、辛いと思っている人もなかにはいます。

普段からコミュニケーションを取っていなくて、友達がいない人からするとどうしても寂しい思いをしてしまう人もなかにはいるでしょう。

なので、普段からコミュニケーションを取っていないと本当に困ってしまう場面が出てくるともいえるでしょう。

大体こういう時には席なども先生の隣になってしまったりする人も出てきてしまうみたいですね。

11、シミュレーションしてから話しかける

人にはなしかける時って、どういう風にはなしかけますか?

恐らく大部分の方は、そこまで深く考えずに話しかけているかと思いますが、普段から話慣れていない人の場合は、しっかりと考えてから話している場合が多いようにも感じます。

会話やコミュニケーションに慣れている方は、そこまで考えずに、感覚で話している場合が多いようにも感じます。

ただし、慣れていない人はまずはこう話して、次にああ話して…など、組み合わせて考えているからこそしどろもどろになってしまったりもするようです。

普段からシミュレーションして話しかけている人はちょっと注意がひつようになるかもしれませんね。

12、映画や旅行など1人で行ける

ぼっちならではのあるあるかもしれませんが、基本的には旅行だったりとか映画って誰かと一緒に行ったりもしますよね。

ただ、ぼっちの場合は誘ってもらえる人もいないので、自分一人で行動してみる事になってしまいます。

もちろん、それが悪いという事ではなく、一人だからこそ自由にできるというメリットなどがあります。

ただし、それでも寂しい事には変わりないので、複数で行きたい場合は普段からコミュニケーションを取る事を意識する事が大事です。

ぼっちの人は、恐らく普段から周りの人がいる人と違って一人での場合の行動力が高い場合が多いかといえるでしょう。

13、お昼休みは寝て過ごす

お昼休みの使い方についてもぼっちならではのあるあるがあるかと思います。

周りに人がいる場合、自然と周りのみんなと雑談をしたり、面白い話をしたりしますよね。

学生であれば、一緒にスポーツをしたり、体を動かしたりする人も多いかと思います。

ただ、ぼっちの場合には、何かをするにしても周りに人がいないので、楽しくないはずです。

なので、自然と寝てしまうという選択肢を取る人がかなり多いかと思います。

普段からこのような行動をとっている人は暗い印象をもたれますし、周りに人が寄ってこないので、しっかりと普段からコミュニケーションを取るように意識しておく事が重要です。

困った事になりたくなければ、コミュニケーション能力を磨くようにしてみてくださいね。

ぼっち恐怖症になる人も

中には、ぼっちでいるという事に対して一種の恐怖を覚えている人も存在するかもしれません。

例えば、ぼっちでいるという事に対して強いコンプレックスを感じている人もいるでしょうし、ぼっちという存在を嫌悪している人もいるでしょう。

昔から人気だった人は、ぼっちになるという事はありえないと思っているでしょうし、一度ぼっちを経験して、人気になった人にはもうぼっちになりたくないという思いがかなり強かったりもするのではないでしょうか。

1人で居る事が辛い・耐えられない

1人でいるという事に対して、辛いと思ったり、耐えられないと思ってしまう人がいるのも事実です。

人間はたくさんの種類の人が存在しており、様々な性格を持っている人が多いです。

例えば、このように一人は嫌だと思ってしまう人もいれば、むしろ一人がいいと思っている人もいるかもしれません。

これに関しては性格になりますが、どうしても1人になりたくと思っている人は、1人でご飯に行ったりもしませんし、1人ならごはんをたべないという事も選択肢に入るくらいになるのではないでしょうか。

周りからぼっちと思われたくない

周りからぼっちと思われなくないという思いが人一倍強いという人も中にはいるでしょう。

特に他人からの目線などを気にする人はけっこうこの傾向が強いようにも感じます。

確かにあの人いつもぼっちだよねなどと思われるのはちょっと寂しいですし、なんだか悲しい事のようにも感じますよね。

でも、逆に一人で行動できる行動力を持っている人ってなんだか一人でもボッチではないような感じもしますよね。

ぼっちでも、行動力がある、コミュニケーション能力があるという人は周りからも一人でいたとしてもそのようには思われないかと思いますし、結局は自分次第になるのではないでしょうか?

普段からの自分がどのような自分なのか?という事が重要であり、普段から明るければそのようには思われないですし、普段から暗ければやっぱりねと思われてしまうかと思いますので、その点は深く意識しないでも問題はないのではないでしょうか?

ぼっちが怖くて会社や学校に行きたくない

一人でいるという事が、怖いと感じている人は、ぼっちの場合、学校などに行っても友達が出来ない、いつも一人でいるから楽しくないと思ってしまいがちになっている人もいるでしょう。

確かに一人ぼっちだと楽しくないですし、なんだか疎外感に襲われてしまったり、行く事自体が辛くなってしまったりもしますよね。

でも、ぼっちが怖いからといって逃げていてもいつまでたってもぼっちのままです。

なので、ぼっちがいやなら、しっかりと行動する事が大事になります。

しっかりと行動出来る事によって友達も出来るようになりますし、自然と仲間が出来るようになります。

それに、周りはそこまであなたが思うほどしっかりとあなたを見てはいません。

普段から周りの目線などをびくびくしているくらいな、いっその事大胆に行動してみるのが大事になるのではないでしょうか?

ぼっちから抜け出したい!

ぼっちから抜け出したいと思っている人はかなり多くいらっしゃるかと思います。

なので、今回はぼっちから抜け出したいと思っている人に実際にどうすればぼっちから抜け出せるのかという事をご紹介していきたいと思います。

なかなか最初は難しいかもしれませんが、最初は何をするにしてもそんなものです。

いままで行っていなかった行動を取り入れることは、ストレスですし、最初はつらいです。

何もかも同じです。

でもそれを乗り越えて行動をし続けた時に初めて変わるチャンスが生まれるようになります。

これは何度も経験していくしかありませんし、早い段階で身に着けるべき能力にもなるかと思いますので、行動してみてくださいね。

開き直る

まずは開き直る事が大事になります。

これは、ぼっちという自分から開き直るという事です。

ぼっちだから行動してはいけない、ぼっちだからこう思われるとか、そういう概念をくつがえしてみてください。

自分の中で自分を評価して、行動を下げる事をなくしてください。

前向きに、開き直ってぼっちだから何?くらいに勢いで相手に接するくらいがぼっちの人にはちょうど良いのです。

それくらい前向きで明るい方が相手も楽しく接してくれるので、自分をかえてみてくださいね。

「ぼっちでも良い」くらいの気持ちで過ごす

ぼっちでもいいじゃん、どうせ最初からぼっちなんだから、失うものは何もない!くらいの勢いが大事になるのではないでしょうか?

ぼっちだからといって、犯罪者でもないんですから、そんなに自分を卑下するような事は考えなくても大丈夫なんです。

どうせぼっちだからなどのマイナスな考えをなくすようにする事で、前向きな自分を作り出すことができるようにもなります。

前向きな自分を作るという事が非常に大事になり、これがすべてになりますので、まずはこの考え方ができるように努力をする事が大事になるといえるでしょう。

誰とでも友達になろうとしない

誰とでも、不特定多数の人と仲良くなろうとは思わない方がいいかもしれません。

人間ですからどうしても馬が合わなかったり、もともとの性格が合わないという方もなかにはいるかもしれません。

そういう人と仲良くなろうと努力してもなかなかできないですし、なんだかストレスに感じてしまう場面も出てくるかと思います。

なので、相手の性格や雰囲気によって、仲良くなれそうにないのであれば、早い段階で仲良くなる事をあきらめた方が効率は良いかもしれません。

もちろん相手の事を知らない段階であきらめるのは良くない事です。

なので、しっかりと普段からこの考えを持っておく事が大事になるのではないでしょうか。

気が合う人と友達になればOK

気が合う人と友達になる事が大事になるのではないでしょうか。

例えば、共通の趣味をもった人であったりとか、性格が似ている人とか。

こういう人を事前にリサーチしておく事が大事であり、共通の趣味を持っていればそれだけですぐに話が合いますし、友達になれる事ができるようにも感じます。

しっかりと事前にこういう探りを入れておく事で、円滑にコミュニケーションを取れるようにもなりますので、工夫してみてはいかがでしょうか?

視野を広げてみる

大切なのは、視野を広げてみるという事が大事になるかと思います。

どうしてもぼっちの人は視野が狭い場合が多かったりもします。

自分が思っている以上に世界は広いですし、行動できる範囲って無限に存在しているんです。

例えば、あなたは学校だけがすべてだと思っていませんか?

学校以外にも友達を作る事は可能ですし、今ではネットの世界から、共通の趣味を持った友達を探して、現実でも仲良くなったりもする事は出来ます。

無理にあなたの範囲で探す必要もなく、例えば、地域で同じ趣味を持った活動をしている部活のようなものがあればそこで出会いだってありますよね。

視野をひろげるという事は可能性を多いく広げる事に繋がります。

サークルなどで友情を広げる

例えば、学校などであれば、サークルなども存在するかと思います。

サークルなんかは友達づくりの場所としても最高の場所になるのではないでしょうか。

しっかりと同じ趣味を持った仲間をもてますし、出会いだってたくさんあります。

当然飲み会なんかもあるでしょうし、そこから人脈を広げたりも出来ますし、同年代だけではなく、縦の関係も築く事が出来るようになります。

先輩からしか得られない情報だったり、そこから生まれる人脈などもあるかと思います。

可能性なんてちょっと変えるだけで無限に広がるようになります。

何事も発想が大事であり、この発想を実際に行動に移す事、この2点を大事にすればそれだけで何もかも変われるようになるといえるのではないでしょうか?

【おすすめのサークルについては、こちらの記事もチェック!】

ぼっちだからと悲観する必要はない!自分が楽しんでいれば自然と人は寄ってくる

いかがでしたでしょうか?

ぼっちだからという事で今まで多くの方が悩んできた経験があるのではないでしょうか。

でも、ぼっちだから、どうしたんだ?というくらいの強い思いをもって、変わりたいのであれば変われるように行動する事で、すぐに結果が出てきます。

実際に、友達が一人もいないのであれば、死に物狂いで誰かひとり友達を見つけてみてください。

そうすると、友達と飲み会をするときに誰かを誘ったりもしてくれるでしょうし、同じ趣味を持った仲間を紹介してくれる可能性だってあります。

なので、一人から二人、二人から三人というようにどんどん友達が増えていきます。

最初にたったちょっとの努力をするだけでこのように段々と広がっていくのが人脈です。

難しく考えずに、この事に関して理解しておけば、自然と友達は増えていきますし、コミュニケーション能力もついてきます。

なので、友達一人ひとりを大事にするという事を意識して、行動してみてくださいね。