はがきを出すだけで豪華な賞品が当たっちゃう!

懸賞ってなんて素晴らしいのでしょう!

ずっと欲しかった大型テレビに現金、旅行などが当たるとなれば応募するほかないですよね。

だってタダで欲しいものがもらえるんですもの!でも はがきは出したことがあるけど当たったことなんてないわ。

という方も結構多いはずです。

そこでガッカリと気を落として、それ以来ハガキを出していないという方もまたたくさんいるでしょう。

そこのあなた、そこで諦めてはいけませんよ。

懸賞はあなたが思っている以上に奥が深い世界なんです。

今日はみなさんに少しでお当選できるようにコツを伝授しちゃいますよ。

これを読めばきっとハガキを出したくなるし、当たる確率もグンと増えます。

ぜひ勉強してみてください。

そしてあなたの生活により一層の潤いを持たせましょう。

夢の懸賞当選はすぐ目の前にありますよー!

懸賞はがき、当選した事ありますか?

懸賞専門の雑誌などを購入したことがありますか?

ページをめくると大型テレビに、ブランドバッグ。

高額の現金などなど。

ファッション雑誌などをめくってはため息がでるようなアイテムたち。

懸賞では普段の生活では簡単に買えないものが景品となっていますよね。

普段は手が届かない、だからこそ絶対に欲しい!それもタダで欲しいと思うのが人情ってもんです。

応募する人の中には「まぁとりあえず当たればいいや。

ガム一個でもいいや」と応募してみて、実際に当たっているとどんな小さな物でも嬉しかったりするんですよね。

「当たった」という事実だけでもう嬉しいものなんですよ。

大きな物を狙うのも楽しいですが、まずはコンパクトな物を狙ってみるのも「自信」がついていいですよ。

とりあえず「当たったことがある」という経験をつかみ取ってください。

当たったことがある人曰く「当たると絶対に人に自慢したくなる」といいます。

それだけ懸賞に当たるということはハッピーなことなんですよ。

当たらないと嘆く人が多い

当たる人、当たらない人。

この差はなに??と思ったりしますよね。

その差は意外と簡単なことだったりもします。

当たる人には当たる人のそれなりの理由があるみたいですし、それを真似して当たるならぜひ真似したいですよね。

2回や3回出したくらいで「懸賞って当たらないよねぇ」と嘆くのはまだまだ甘いです!当たるまでぜひ頑張ってほしいです。

嘆いていても何にもはじまりません。

でも書いてみて
当たったら楽しくて嬉しくて仕方なくなるし、きっとまた書こうと思いますよ。

世間には当たり続けてる人も居る

昔、番組の企画で「懸賞だけで生活をしよう」といった内容のものがりました。

それはそれでなんとか本当に生活をしていましたが、いくらみなさんが懸賞に当たりたいからといってもそんな生活は望んでいないはず。

とりあえず一個くらい当たるといいなーと欲が少ない人もいますよね。

ところが世の中には懸賞がコンスタントに当たっている人がいるのも事実なのです。

そりゃ、外れる人もいれば当たる人もいるでしょう。

でも当たり続けるっていうのは不思議ですよねぇ。

どういうことなのでしょうか。

必ず何か秘訣があるはずです。

今回はこのサイトを読んでみなさんにぜひ当たってもらいたいですね。

そして懸賞界の女王さまになってもらいたいです。

当たり続けるには、はがきを出し続けるしかありません!ガンガン出しましょう。

懸賞はがきを当てるための7個の方法

やみくもに応募すればいいというわけではありません。

必ずちゃんと方法があるはずです。

でも、けして難しいことではありません。

誰にでもできる方法です。

それはだいたい7個あります。

全部守る必要はありません。

でもできればそれに近づけていれば当たる確率は高くなりますよ。

ぜひ試してみてください。

1、ライバルが少ない商品を選ぶ

みんなが狙っているような電化製品やバッグなどは、それはちょっとまた今度にしておきましょう。

懸賞があまりしたことがないという方は、とりあえずライバルが少ない物を選んでください。

例えば「ふりかけ」とか「ティーパック」など本当にちょっとした物がねらい目です。

えー、こんなの?欲しくないぁと思うかもしれませんが、懸賞品は数多くあります。

その中で「あ、これは欲しいかも」と思うような物が必ずあると思うので、とりあえずハガキを書いてみてください。

実は食品は結構当たりやすいんですよ。

食品の懸賞は応募人数が割と多いのです。

例えば電化製品が1名様だけだとしたら、食品などは10名から20名だったりします。

食品に限らず、応募人数が多い物を狙うと当たる確率もグンとあがりますよ。

応募数が多い懸賞はたくさんあります。

小さなことからコツコツとやってみましょう。

クローズド懸賞がおすすめ

クローズド懸賞ってご存知ですか。

懸賞には大きく2つに分かれていて応募条件が限られるクローズド懸賞と、誰でも応募できるオープン懸賞があります。

どっちが当たりやすいかといいますと、それはクローズド懸賞が当たりやすいのです。

クローズド懸賞は商品に付いているバーコードを〇枚集めて応募したり、シールを集めて応募するのがクローズド懸賞なのです。

有名なクローズド懸賞と言えば「金なら1枚、銀なら5枚」で「キョロちゃんおもちゃのカンヅメ」が当たるという森永のお菓子がありました。

当時、みんなこぞってこのチョコボールを買っていた記憶があります。

このように、販売促進に繋がるように消費者に買ってもらえるように、消費者が欲しくなるようなオマケを付けたりシールなどを集めもらって応募してもらうのがクローズド懸賞なのです。

誰でも応募できる応募オープン懸賞とは違い、商品を買ってもらっているクローズド懸賞の方が当たりやすいのです。

でも、シールやバーコードを集めて応募したからと言っても必ず皆さんが当たるわけではないのでご了承くださいね。

あくまでもオープンよりは当たりやすいということです。

2、とにかく応募する

四の五の言っていても仕方ありません。

とにかく応募してみるのです。

まずは懸賞に応募するということはどのようなことなのか感覚をつかみましょう。

ん~なんか急に面倒くさくなってきたぁって方も中にはいるかもしれませんが、懸賞にもいろいろ種類がありまして、はがきで書くもの、インターネットで応募するもの、さきほど説明したクローズド懸賞などもあります。

インターネットの応募ははがきで書くものとは違い応募は簡単なのですが、自分のアドレスを教えなければならないことや、その商品の会社からの商品紹介のメールが届いたりと余計なことが出てくるので出来ればハガキで書く方をおススメします。

とりあえず1枚書いてみたら、意外と楽しくて次へ次へと書きたくなりますよ。

自分は絵心ないし字も下手だからと躊躇している人もいるでしょう。

でもその「下手」こそ武器となる場合があります。

つまり下手=「味がある」ということなのです。

あまりマイナスにイメージしないでくださいね。

人生なんでもやったもん勝ちですよ。

継続が当選に繋がる

一回、二回出して外れてしまったからと言って諦めたりしないでください。

また、当たったからといって満足してしまわないでください。

当たらなかったら少しむなしい気持ちになるかもしれませんが、少し休んだらまた書くのです。

先ほどおすすめしたライバルが少ない商品もライバルが多そうな商品も書きまくりましょう。

当然と言えば当然なのですが、やめてしまえばそこでおしまいです。

と言ってもただ書いているだけじゃ飽きるでしょうから、楽しくやることが大事です。

懸賞はご自身の「趣味」くらいだと思ってくだされば気軽にできますよ。

例えばノルマではないけれど、今月ははがき5枚だけ書いてみようとか軽く考えればいいのです。

きっと楽しくなりますよ。

3、感想やコメントを書く

コレとっても大事なことです。

応募した商品への思いなどを書くと抽選する係の方に目に留まりやすいです。

当たりたいあまりに長々と書いてはいけません。

お手本はこうです。

例えば入浴剤に応募したとしましょう。

その時のコメントは「毎日の仕事疲れを〇〇で癒したいです^^」とか、この程度でおオッケーです。

使ったことがある商品なら「いつも〇〇を買っています。

香りがとっても好きです」などを書くといいですよ。

何も書かない人もいるようですが、「当たりたい」という気持ちから書いてしまうのは人情ですし、書いた方が温かみがありますよね。

それと中には、住所、名前、電話番号の基本情報のほかに「応募した商品の感想について書いてください。

とある項目もあるので、その場合は忘れることなくそのコメントを書きましょう。

そうしないと当選の対象外となります。

コメントに熱中するあまり大事なことを書き忘れてしまわないように、書き上げたら上から下まで読んでチェックしましょうね。

抽選者の心に響くはがきを送る

選んでくれる人の心に響くハガキとはどんなものなのでしょうか。

それは「まごころ」がこもったハガキです。

見ていて、ほっこりするようなものがいいです。

字が下手だと気にしている人は、キレイに書くことに集中せずに「丁寧に書く」ことに注力しましょう。

そうすれば必ずキレイな文字になります。

コメントを書く時もあまり尖った言葉を使わないようにしましょう。

悪ふざけや誹謗中傷などは絶対に書かないでください。

あなたの商品を「当たりたいです」という気持ちを優しく書いてみてください。

インパクトを抽選の人に与えて目立ちたいからと言ってくだらないジョークや意味不明なことを書いてはいけません。

4、早めに投函する

懸賞の応募には必ず締め切りというものがあります。

早ければいいって物でもありませんが、できることなら早い方がいいのです。

それは何故かというと、ただ単に精神衛生上安心できるということに尽きるのですが、懸賞を趣味としている人がしていることの一つに、自分がどの商品に応募したのかノートに記している人がいます。

そこには商品の会社名、何月何日にハガキを投函して何月何日に当選が分かって…と細かい情報を書いてデーターとして残しているそうです。

その中に早く出した方が当選しやすいというデーターは特にはないようですが、こうしておくと、自分が何日にした方が当たりやすいとか、自分のラッキーナンバーとかが分かるかもしれませんね。

ノートに細かくは面倒臭いと言っている人はカレンダーにしるしを付けるだけでもいいですよ。

早めに投函できるように毎月買っている懸賞の雑誌などが何日に販売されているかを知ることも大需要事項です。

本屋で見かけたらすぐに買ってすぐにハガキを書いてしまいましょう。

締切ギリギリは避ける

締め切りギリギリに書こうとするのは良くないです。

懸賞に当選するにはいろいろな方法がありますが、一番大事なのは締め切り日をまもることなのです。

でも、応募要項には〇月〇日の消印有効って書いてあるじゃない?って思うでしょうが、実はギリギリに着いたハガキは見てもらっていない可能性もあるのです。

やはり抽選の人は当然ですが先に着いた順から見ていきます。

会社によっては先に着いた順で可愛いハガキ、見やすいハガキ、良いコメントが書いてあるハガキと仕訳をしていっているかもしれません。

本当の所はその会社の人じゃないとわかりませんが、たまに懸賞している人の間で囁かれている噂では締め切りギリギリに出した方が抽選の人の目に止まって当たる確率が高くなると聞いたことがある人もいるかもしれませんが、これは単なる噂にすぎません。

キチンと締め切りを守り、余裕をもって投函できる人が当選するんだと思いたいですよね。

それにギリギリ書いてしまうと焦って文字を間違えてしまったり、ハガキが雑な仕上がりになってしまうのでやはり余裕をもって投函しましょうね。

5、何件も応募する

何も一件に集中する必要はありません。

たくさん応募すればその分当たる確率も増えてきます。

それに夢もたくさん増えますよね。

当選までの楽しみも増えます。

下手な鉄砲数うちゃ当たるじゃありませんが、出したもん勝ちなのです。

宝くじが買わないと当たらないように、懸賞ハガキもそうなのです。

何年か前までは懸賞の応募が載っている懸賞の雑誌が主流でしたが今はインターネットからも応募できるものもあります。

みなさんはクロスワードの雑誌などは買ったことありますか。

クロスワードや漢字クロスワード、独数などの雑誌には、解いて答えを送ると景品が当たるものもあります。

これは答えを送れば全員が当たるというものではなく、この商品が欲しい人はこの問題を解いてくださいと言うもので問題を解くのが大前提となっています。

普通の懸賞とは違い応募する人も少なめです。

その他にも、いつも読んでいるファッション雑誌や月刊の漫画の最初のページにも載ったりしています。

こうして懸賞雑誌だけでなく目をこらせばいたるところで懸賞をやっているので見つけたらぜひどんどん送ってみてくださいね。

いろんな懸賞に応募する

私はこれを狙っている!とこだわらずに、化粧品やサラダのドレッシングなどいろんな物にチャレンジしてみください。

やはり、自分の好みの商品だけを送ると自然と数が少なくなります。

欲しくない商品に応募するのは気が引けると思うでしょうが、ところが当たると結構嬉しいものなんですよ。

おすすめは書籍です。

書籍は読者の好みがはっきり分かれるので応募する人が割と少なめです。

応募をみてちょっと興味が沸いたら応募してみください。

ハガキ一枚もお金が掛かるので、興味のない物に出すのは勿体ないと思うかもしれませんが、その商品が必要かどうかと言うよりは、当たって嬉しいかどうかというのが懸賞のようにも思えます。

6、綺麗な文字で書く

文字は汚いよりもキレイな方がもちろんいいです。

でもキレイに書く練習をしている時間もないでしょうし、文字に自信がないという方は時間を掛けて丁寧に書けばよいのです。

整った文字には仕上がらないかもしれませんが、丁寧に書いた文字は読みやすくてその人の気持がこもっています。

これは基本中の基本ですが、抽選してくれる人が読める文字であることが大前提です。

行書か楷書かで言えば楷書で書いてください。

あんまり達筆だと読めない場合がありますので普通の文字でお願いします。

また、殴り書きだと読めないどころか雑な気持ちに見られてしまい良くありません。

何度も言いますが、丁寧に分かりやすくかいてください。

大きさも均等だと尚良い

文字の見やすさも大事ですが、全体がバランスよくなっているかどうかも大事です。

真っ白なハガキに文字を書くというのは難しいものです。

なので、直接書く前に鉛筆などでレイアウトを薄く書いてみるといいでしょう。

ここからここまでが住所などの基本情報、ここら辺はコメント、スペースが少し余ってしまったからここにはイラストをちょこっと入れてみようかなとか全体の構図がわかってきます。

なるべくならハガキの書き損じは避けたいものです。

なので何を書くかもしっかりとイメージしておくことが大事です。

書き損じは「焦り」から生じるものです。

焦らずゆっくりと丁寧に文字の大きさは均等に、そして全体のバランスを大事にしてくださいね。

7、最低2色は使う

真っ白なハガキに書く場合は少しだけ彩に注意してください。

黒いボールペンで書くだけじゃちょっと寂しいですよね。

文字は見やすいように黒くてもいいですが、ハガキの周りをふちどっとたり、小さなお花を何個も書いたりするのもいいですよね。

二色もどの色でもいい色でいいというわけではありません。

その商品に合わせて色を選んでみましょう。

季節に合わせて涼しい感じの青や水色、春ならピンクと赤なんかも可愛らしいです。

書いているうちに楽しくなって色んな色を使いたくなりますが、使うにしてもバランスよくそして小さめで文字の邪魔にならないようにしてくださいね。

熱意が伝わりやすい

一色よりも二色。

何故かというと、やっぱり適度に手が込んでいた方が「当たりたい」という熱意が伝わりますよね。

もちろん「当たりたいです!」と文字にして書くのもいいのですが、その気持ちを表すのが「色どり」と言ってもいいでしょう。

彩のセンスについてはあまり考え込むことはありません。

よっぽどでなければ悪くはなりませんから。

でもどうやって色鉛筆やマーカーを使いこなしていいか分からないって方は、「懸賞 ハガキ 」でインターネットで画像検索してみてください。

そうするとみなさんがどのように書いてあるかだいたいの感じが掴めますよ。

それを参考にして自分なりに書いてみるといいでしょう。

大事なのは「派手さ」「目立つ」かではなく、「見やすさ」が一番大事なのです。

懸賞を趣味としている方やプロの方のハガキを見てみると、決して派手ではない。

でも、いろどりがキレイで見やすい事が分かります。

文字の下に明るい色でラインをひいたりしています。

とにかく可愛らしい感じになります。

絵や縁取りとかやっぱり苦手ってかたは、どんどん便利な物を使いましょう。

100均などで可愛い模様のテープがあるのでそれを斜めに貼ったり、縁取ったりするといいでしょう。

色々やってみるとわかるので、自分なりのアイディアを華美にならない程度にやってみてくださいね。

応募する際の注意点

応募はがきもガンガン出せばいいってもんじゃありません。

気を付けなければならない点がいくつかあります。

応募条件は必ず守る

当たるためには最低限の守らなければならないルールというものがあります。

懸賞には応募条件というものがあります。

応募の締め切り日はもちろん、応募には募集要項が必ず書かれているのでそれをよく見てから応募しましょう。

そんな難しい事は書いてはいません。

18歳未満は応募できませんや、商品の会社の関係者は応募ご遠慮願いますや、ご応募はおひとり様一回限りや、海外在住のかたは応募不可などが書かれていますのでそれは書かれている以上は守りましょう。

イラストは描かない

イラストを描きたくなるのはよくわかります。

描いた方が当たるんじゃないの?って思われがちなのですが、これに関してはイラストを描いた方が当たる!という言う人もいれば、イラストを描いても別に当たらないよ?っていう人もいます。

実際の所は抽選してくれる人にしかわかりません。

でも、イラストは描いても当たるし、描かなくても当たるのです。

ハガキを書いているうちにノッてきてイラストも描きたくなることもあるでしょう。

それはそれでいいのです。

注意したいのはイラストが大きく書きすぎて、肝心の住所や名前が見えなくなったり、イラストに気を取られて大事なことを書き忘れたりするのでその点は注意したいところです。

また、イラストを描かないと当たらないのかなと思われている方はまったくそんなことはないので気に病まないでください。

先ほど説明したようにイラストではなくて縁取りをしたり文字の下にラインを引いたりする程度にしておきましょう。

デコり過ぎない

当たらせたいと思うあまりデコってしまうのは可愛い乙女心ですよね。

わかりますわかります。

でもデコりすぎてはいけません。

粉のラメをハガキに散りばめたり、切り絵を貼ったり、子供の写真を貼ったりなどはしないようにしましょう。

全くダメだというわけではないのですが、やはり本来の目的である住所や名前等などをしっかり書くことに集中してください。

それにデコりすぎるとハガキが重くなってしまう可能性があるのでそこも気を付けたいところです。

目立てばいいというわけではないのでほどほどにしておきましょう。

様々な郵便物が送られてくる可能性あり

住所や名前を記入することで、応募した商品の会社からメールや販売促進につながる郵便物が届く可能性もあります。

インターネットもそうです。

メールアドレスを書いてあるのでメールが届く可能性もあります。

メールが届く場合は「このメールのお知らせを停止したい場合は…」と書いてあるはずなのでその方法に従って行ってください。

このような可能性もあるので、個人情報が心配な方は気を付けてから応募してくださいね。

おすすめのクローズド懸賞

先ほど、クローズド懸賞が当たりやすいとお伝えしましたが、クローズド懸賞もいろんな種類があります。

地元のフリーペーパー、アンケート、ラジオ番組の中で、食品についているシールなど意外と身の回りにあるので気軽のできると思いますよ。

地元のフリーペーパー

最近、フリーペーパーも種類が多くなりましたよね。

特に地方でそれぞれの地元で出しているフリーペーパーなどは読んでいても楽しいものです。

地元のフリーペーパーにも懸賞がありまして、その商品もなかなかのものだったりします。

地元で取れたお米、映画館のチケット、地元で有名な美味しいお店の割引券だったり、農園で作ったジャムなど絶対にもらったら嬉しいような物ばかりです。

これは絶対に見逃す手はないですよね。

地元のフリーペーパーが置いていそうなのはスーパーのサッカー台や駅の待合室などに置いている場合が多いので是非手に取ってみてくださいね。

フリーペーパーは毎月、隔週、季節ごとだったりとその雑誌によって出す期間が違うのでこれもチェックしておくといいですよ。

雑誌アンケート

「アンケートに答えて〇〇を当てよう!」よく聞きますよね。

これも条件付きで応募ができるクローズド懸賞の一つです。

雑誌にハガキが付いていてそこに書いてあるアンケートに応えればいい物もありますし、自分でハガキを用意して出すものもあります。

いつも読んでいる雑誌などがあればよく見てみてくださいね。

アンケートは雑誌の後ろの方にあったり、「読者の声」のようなページにある場合もあるので探してみてください。

また、アンケートのほかに簡単なクイズなどもクローズド懸賞となります。

例えば「下着と言えば〇ンゼ」と、〇を部分を埋めたりと誰でもわかるような物もありますのでこいうのはねらい目ですよ。

ラジオの懸賞

家事をしながらや車の中で楽しく聞いているラジオの中でもたまに懸賞がやっている場合があります。

毎日聞いている方なら、何時くらいにそのコーナーがやっているかだいたいわかりますよね。

例えば大切な人に花束を贈ろうとするコーナーや、おすすめの歯磨き粉の説明の後に「今回は5名様にプレゼントしまーす」など言ってくれる場合もあります。

メールで応募する場合もありますし、ハガキを書く場合もあります。

いずれにしてもその普段聞いているラジオのアドレスやツイッターなどをチェックしておくと応募の時有利になるでしょう。

シールなどを一定数集める懸賞

シールなどを集めるクローズド懸賞は昔からありますよね。

食パンや缶コーヒー、ハムソーセージ色々ありますが、応募条件がバーコード何個とか結構多い数だったりします。

一人で集めるのが大変な場合はお友達などに声を掛けておいて、「もしあったら譲って」と頼んでおきましょう。

またこの手の懸賞は毎年行っている場合が多いです。

「春の~まつり」とか「秋の味覚フェア」など、タイトルがあまり変わらない感じで行われています。

この集めて送るクローズドは結構当たる確率が高いので、シールなどを集めるのは大変ですが、当たると思えば楽しくなりますよね。

おすすめは清涼飲料水などについているシールを集めるクローズド懸賞はシールを集めやすいです。

食品だと好みがあるからほかの人に有ったら教えてと言いづらいからです。

缶やペットボトルについているシールなら集めやすいですよね。

好きで毎日飲んでいる商品なら箱買いしておいてもいいですよね。

応募期間が短い懸賞

あ、いいなと思って応募しよう!と思って期限を見たらもう終わっていたということも良くあることです。

応募期間が短いほど、見ている人が少ないので当たる確率が多くなります。

期間が短い商品ほど割と値段の高いもの、みんなが喜ぶようなものだったりします。

もし見つけたらぜひ送ってみてくださいね。

応募が面倒くさい懸賞

書くだけでも面倒なのに、これ以上面倒な懸賞ってなに?と思うかもしれませんが、この面倒な懸賞こそがねらい目と言ってもいいでしょう。

もちろんはっきり言って面倒です。

例えばアンケートが100項目あるとか、クイズに答えるとか、いろいろありますが面倒くさい分、みんな見ていない可能性があるので見つけたら答えてみてくださいね。

当選のコツは運や偶然だけなくマメさとコツが重要になってくる

懸賞の当たるコツはやはり、コツとルールを押さえた見やすいレイアウトのハガキ。

そして何と言ってもマメにハガキを出し続けることです。

一番良いのは懸賞ハガキを出すのが趣味になるのが楽しく出来ていいですね。

当たるか当たらないか分からないのにハガキがもったいない、時間の無駄じゃない?と思うかもしれませんが、当たった時はそんなことも忘れて大喜びしてしまうのが懸賞なのです。

みなさんにも是非その喜びを味わってもらいたいです。

このサイトを読んだ方は今日から懸賞名人です、自信を持って楽しく書いてみてくださいね。