女性の方であれば、美人に憧れるのは言うまでもありません。

でも、顔の造作と言うのはある程度決められているところがあります。

もちろん女性であれば、化粧で顔を変えるようなことも十分に可能です。

ですので、ある程度美人を作ることができるのですが、残念ながら先天的な一面があるのも事実です。

その事実にあらがえなくても、世の中顔の造作はそこまでではなくても、雰囲気的に美人に感じられるような人がいるのもまた事実です。

ですので、色々と努力次第で美人になれるのです。

ですので、美人の特徴を見ていくことでより美人に近づいていくことができるようになります。

では、美人と言われる人の特徴を一つ一つ見ていきましょう。

美人な人ってどんな人?

美人な人と言うと、どのような人を想像しますか?

やはり顔立ちが整っているのもありますが、それ以外のところにも美人になれる要素は色々とあります。

ですので、その美人の特徴を一つ一つ研究していくことで自分も近づいていきます。

顔の造作についてもメイク等であらかじめ見せ方を変える事は可能なのです。

例えば目の大きさについて悩みを抱いているのであれば、目の大きさを大きく見せるようなメイク方法があるのです。

例えばですが、目の縁をとることではっきりと見えるようなところもあります。

このように、たとえ顔の造作を変えることができなくても、メイク方法でどのようにでも見せるようなことができるのです。

例えばですが、最近は小顔ブームです。

顔の大きさを変えるなんて無理だと思ってしまいますが、顔の大きさでさえ見せ方によっては違って見えてくることがあるのです。

ですので、美人の条件を研究し、そのように見せるようなメイク方法を研究するのもまた1つの手です。

では、美人の条件、まずは顔の造作の美人の条件について見ていきましょう。

目鼻立ちが整っている

やはり、最近は目鼻立ちが整っている人が美人の条件だと言われています。

現代だと、パッチリとした二重が美人の条件です。

ただ、こちらの美人の条件は時代によって大きく違ってくるのが特徴です。

例えばですが平安時代は今のように目鼻立ちがしっかりとしているような人が美人の条件ではありませんでした。

顔の形は下膨れ、目は一重が美人の条件でした。

このように時代によって美人の条件は変わってきます。

ですので、もしかしたら私たちが年齢を重ねてお年寄りになる理由の時代にはまた美人の条件は違ってきているのかもしれません。

少々話はそれましたが、このようなことから整形をするなどはやめておきましょう。

時代の流れによって美人の条件は変わってくると言うことで、もしお悩みを持っているのであればメイクで目鼻立ちを整えるように努力をしていましょう。

目については先ほども触れたように、アイメイクに力を入れれば改善しますし、鼻もコンシーラーなどを使うことによって改善することがあります。

顔が小さい

最近は小顔ブームですね。

どうやら、この小顔ブームは1990年に安室奈美恵さんの登場によって作られたようなところもあるようです。

また男性であれば、向井理さんも非常に小顔と言うことで、彼について検索をすると、他の有名人の方の顔が大きく見えると言うことで話題を集めていたようなところがあります。

このように小顔の人ほどもてはやされるような風潮があるのです。

ですので、顔の大きさに悩みを抱いているのであれば、顔が小さいという美人の条件は少々辛いものがありますね。

でも、こちらの顔の大きさについても髪型やメイク方法で顔を小さく見せることが可能です。

非常に極端な例ですが、とある女優さんの真似をした女芸人さんですが、彼女もその女性アイドルの真似をするときはわざと頬に濃いコンシーラーを入れていました。

パロディーですのでわざと目立つようになっていますが、自然な感じでやる方法もあります。

ですので、こちらの美人の条件をメイクによってクリアできます。

肌がきれい

美人の条件としてはやはり肌が汚いよりかは綺麗な方が美人の条件に近づきます。

ですので女性のみなさんはスキンケアをがんばっているところがあるのです。

確かにニキビができやすいとかそのような体質の問題で肌がきれいに保つのが難しい人もいるかもしれません。

ですが努力次第でこちらもクリアできる問題です。

どうしてもニキビを繰り返しなかなか治らないのであれば皮膚科にかかるのもありです。

皮膚科であれば、正しい方法でニキビを改善する方法を提案してくれます。

また、病院ですので薬の処方もあります。

著者自身も昔はニキビがひどく皮膚科にかかりましたが、ビタミンCを処方してもらいました。

このように病院だからこそ直接肌に効果があるような改善方法を提案してくれます。

「ニキビができやすいからというそんなことで病院にかかっても良いのか?」と不安になってしまうものですが、きちんと正しい治療するにはエステよりかはどちらかと言うと皮膚科にかかった方がより確実です。

ちなみにですが保険も効きますよ。

顔全体のバランスが良い

基本的に美人の方は顔全体のバランスが良いところがあります。

例えばですが、人は色々と特徴があり例えば目にしても、ちょっと目と目の距離が近く見える人と目が離れて見える人もいます。

また、口も小さく見える人もいれば大きく見える人もいるのです。

そのようなバランスの良い人は美人だとは言われています。

ですが、美人といってもいろいろなタイプの美人がいます。

例えばですが、著者が知っている美人さんは目も大きく口も大きいタイプの方です。

具体的に言うとジャニーズの松本潤さんをイメージしていただければわかるかと思います。

目も大きく口も大きい人もまた美人だったりイケメンだったりします。

どちらかと言うと、目鼻立ちがはっきりしていると言う部類になります。

このように、必ずしも顔のバランスがいいから美人と言う感じでは無いのですが、やはり顔全体のバランスが良ければ美人と言われることが多いようです。

メイクをしなくても綺麗

いろいろな美人さんがいますが、先天的な美人さんと化粧を頑張って努力した美人さんとがいます。

メイクをしなくてもきれいな人の方は先天的な美人さんです。

こちらの天性の美人と言うのはなかなか難しいところがあります。

ただ、コンプレックスを気にせず明るく人生楽しく過ごしていくことで、表情が豊かになり、確かに美人ではないけれどなんだか雰囲気の良い人と思ってもらえることがあります。

ですので、確かにメイクで美人にすることができますが、心の中を充実させることでメイクをしなくても綺麗と言う状態にすることもできます。

ですので、ついついコンプレックスを持って暗くなっりがちですが、暗くなってはモテません。

ですので、人生、心の中を豊かにしていくことでその良い内面が外気に出るような感じするようにしましょう。

性格が美人

このように言ってはなんですが、決して美人とは言えないけれど異性にモテる人っていませんか?

そして、いつも楽しそうで顔の造作はそこまでではなくても、モテる雰囲気の女性もいます。

このような人は性格が美人であることが多いです。

確かに顔の造作変えることはできません。

メイクによって色々と変えることができますが、やはり限度もあるでしょう。

でも性格の美人は誰にでも目指すことができることです。

ですので性格美人な人がどのような考え方をしているのかというのを研究し、自分の心を磨くようにしましょう。

では、具体的にどのような性格美人の女性がモテるのかと言うと、やはり誰に対しても態度が変わらず丁寧に対応できる人であったり、決して男性を否定したり侮辱しないような女性が男性に好まれる傾向にあります。

また、男性はどちらかと言うと押し付けがましい女性を好まない傾向にあるようです。

ですのでそのようなことから、男性がどのような人を好みどのような人が嫌と思っているのかを研究をし、好まれる女性像に近づく努力をすることで性格美人に近づいていきます。

服の着こなしが美人

確かに顔の造作はそこまでではなくても、着こなしが美人であるということも美人の条件になります。

どのような着こなしが良いのかと言うと、やはりその人の体型や顔に合ったような色の服を選んでいくことによって、より自分を美しく見える見せることがあります。

例えばですが、女性の方でしたらご存知の方も多いと思いますが、人間の肌の色には同じ黄色人種でもいろいろな種類の肌の色があります。

例えばブルーベースとかイエローベースと言う言葉を聞いたことありませんか?

化粧するときに化粧品屋さんでそのような話を聞くこともあるでしょう。

最近はネット上でも自分がブルーベースかイエローベースかと言う診断ができるようになっています。

この肌の色の特徴を押さえることで、似合う色が分かってきます。

例えばブルーベースの方だと寒色系のものがよく似合い、イエローベースだと暖色系のものがよく似合う傾向にあります。

好きな色で選びがちですが、このような似合う色を選んでいくことで美人に近づくことができるのです。

美人な人の10個の特徴

このようにいろいろな特徴のある美人ですが、もちろん顔の造作の美人の条件もありましたが、性格等の内面についての美人もありましたね。

たとえ美人な人であっても性格がブスであるがばかりにモテなかったり、なかなか結婚ができない事も往々にしてあります。

結構美人な人ほど彼氏がいないということもあるようです。

特に性格には問題ないにもかかわらず、勝手に高嶺の花だと思われ、声をかけられないと言う人もいるようですが、性格が残念なばっかりにと言うこともあるようです。

このようなことから、顔の動作だけではなく内面も磨くことが大切です。

では、さらに美人の人の10個の特徴についてまとめていき、性格面も美人に近づく努力をしていきましょう。

顔が美人な人

確かに、顔がもともと綺麗な人は美人である事は言うまでもありませんね。

ただ、この顔の美人っていうのはある程度作ることができます。

著者も子供が小さいときに、いろいろなお母さんと接することがありましたが、お化粧がバッチリでいつもきれいな人がいました。

そして、その人がたまたますっぴんの写真も見せてくれたのですが、あまりにも違って驚いたものです。

非常にきれいな人でしたので、このようなすっぴんであるとは思いもしない位の驚きました。

ですので、ある程度の美人をメイクで作ることができます。

1.瞳が綺麗

瞳は1番顔の印象強くつけるところです。

ですのでそこがきれいであれば美人だと言われる条件の1つでもあります。

この瞳の綺麗さと言うのは生まれつきのものではなく作ることができます。

例えばですが、目薬をさしたり、充血気味と言うことであれば冷パックをすることでその充血が改善することができます。

瞳の綺麗さじゃ生まれついてのものとか、年齢を重ねることに目が濁ってくるのは仕方がないことと思ってしまいますが、肌と同じようにケアをして行くことで瞳をきれいに見せる事は十分に可能なようです。

また、目頭の際側のほうにラメ入りのメイクをすることで瞳をキラキラに見せることもできるようになります。

そして、そのようにメイクや目薬等でキラキラにするのはもちろんですが、相手の目をきちんと正視できるようにするなど目の使い方にも気をつけましょう。

二重でパッチリの瞳

過去には一重の人がモテるような時代もありましたが、今は二重でパッチリした瞳が大変人気です。

ですのでパッチリ二重を目指してプチ整形をする人もいます。

ただ、こちらの二重も整形をすることなく簡単にクリアできることができます。

例えばですがアイプチを使えば特に整形をすることなく二重にすることができるのです。

ですのでこの方法は高校生などの未成年にも多く使われています。

ですので、一重でコンプレックスを抱いているのであれば、このようなパッチリ二重にする事はそこまで難しくありません。

ですが、最近は一重の切れ長の瞳に魅力を感じる人もいて、必ずしも二重でパッチリだからモテてそうでないからモテない事は全くありません。

2.鼻が高い

また、鼻が高いのも美人の条件です。

ですので、必然的に花が高くない、所謂団子鼻もメイクでどうにかなります。

メイクはもちろんですが、エクササイズでも改善できるとか!

それは、もともとの習慣からそのような鼻になる傾向になると言われているからです。

例えばですが口呼吸をしているのであれば鼻呼吸に変えることで、顔の筋肉のたるみが改善すると言われています。

またうつぶせで寝ているのであれば仰向けで寝たり横向きに寝るなど、鼻を潰さないように気をつけてください。

驚いたのですが、引き締めをすることで団子鼻の改善に役立つと言われているのです。

なんと鼻は肉の塊と言うことで冷水をかけることによって、鼻が引き締まってだんだんと改善していくと言われているのです。

その他にも、小鼻のマッサージをするなどで改善するような方法まであるようです。

整形をせず団子鼻を改善するような方法があるのですね。

もちろんそれと合わせて、コンシーラーを入れるなどで鼻を高く見せることも可能です。

鼻で印象が変わることも

このようなことから、鼻でだいぶ印象が変わることもあります。

最近はいろいろな人が動画をアップする時代ですので一般素人と言われるような方が多くの人の目にさらすれるような時代にもなりました。

ですので、有名人のように整形なども全く施していない状態の方を見る機会が結構あります。

やはり、中にはイケメン(美人) YouTuber言われる人と、残念ながらそうと言われない人とで比較すると、鼻の形に特徴があるように思います。

やはり、人間の顔の真ん中にある部分ですので、どうしてもそこに目が行きがちになり、そこで顔の印象強く印象づけてしまうところがあるように思います。

3.涙袋がある

美人の条件としては、やはり涙袋があるかどうかというのも美人に見えたり可愛く見える条件ではあります。

やはり、いろいろな有名人の涙袋について見ていると、あった方がなんだかより顔に印象づけ、可愛く見えたりします。

ただ、涙袋は必ずしも必須ではありません。

著者は30代後半ですが、それぐらいの年齢になって無理に涙袋を意識すると、意外にも目の下のクマに見えることもありますので、涙袋は美人の条件と言うのは若い人限定なのかもしれません。

実は著者自身も涙袋を意識してメイクしてみたことがあるのですが、だんだんと目の下のたるみも気になる年齢になってきましたので、あまりにもそこばかりを意識すると目の下のたるみなどが強調されるような感じがし、涙袋を意識するのはやめました。

色々と調べてみると、やはり涙袋が似合う顔と似合わない顔というのがあるようです。

ですので涙袋があるから必ずしも美人と言うわけではないの頭に入れておいてください。

目のプラス要素になる

やはり、このように似合う人と似合わない人がいると言われている涙袋ですが、目のプラス要素になるのは確かです。

芸能人で涙袋がある人とない人を見比べたり、同じ人でも涙袋がある状態とない状態の画像を並べて比べているものがありますが、あった方がなんだか顔が印象的になります。

ただ、涙袋はあくまでその要素だけです。

涙袋がなくても美人に見える人はもちろんいます。

具体例を挙げると吉瀬 美智子さんは涙袋がないですよね。

ですが、年齢を重ねても非常に綺麗な人が多いです。

ですので、涙袋がある人はもちろんそれを大切にするのは良いのですが、ないからといってコンプレックスを抱いて焦る必要はありません。

【涙袋については、こちらの記事もチェック!】

4.歯が綺麗

歯が綺麗な人もまた美人の条件の1つです。

できれば歯並びもきれいであれば非常に美人の条件は高まっていますよね。

確かにお金はかかりますが美を追求し、お金をかけても良いのであれば歯の矯正をしても良いでしょう。

また、歯も黄ばんでいるのか白いほうがきれいです。

ただ著者もそうなのですが、色素がついてどんなに歯医者で歯の清掃をしてもきれいにならない人というのもいるんですよね。

このような人も心配はいりません。

歯を白くするようなマニキュアがあるのです。

そのような商品はいろいろなところで取り扱いがありますのでそのようなものを利用して歯を白くするのも良いでしょう。

やはり、歯が白く、できれば歯並びも綺麗な方がより美人に見えます。

清潔感がある

もちろん、どんなに美人であっても清潔感がないとさすがにモテません。

ですので、大切なのは何より清潔感です。

では清潔感のある人とはどのような感じなのでしょうか?
例えばですが、シャツにしっかりアイロンがかかっている状態だと非常に清潔感があるようです。

また、嗅覚によって嫌だと感じたらその人に嫌なイメージを抱くものです。

ですので体臭や口臭のケアなどを怠らないようにするのも清潔感を出すことにおいて大切なことです。

ですので、肌や匂いのケア、など体のケアを怠らず、いい香りがする感じだと清潔感が出るのです。

また清潔感はそのような服や体のケアのみならず、姿勢を良くする等の仕草によっても清潔感が出るところがあります。

ですので、どのような感じにすると清潔感が出るのかを意識することが大切です。

性格が美人な人

どんなに顔の造作をメイクできれいにしたり清潔感を出すようにしても、性格が残念だときちんと見てもらえないところがあります。

例えばですが、「顔がいいんだけど性格が…」なんて言う話もよく聞きますよね。

ですので、美人の条件として性格が良いことも大切なことです。

では、性格が美人な人にはどのような特徴があるのでしょうか?

5.気が利く

やはり、性格が美人な人は非常に気が利くところがあります。

周囲を見て、それに対応する力があるのです。

ただこの気が利くがつかないかは残念ながらある程度先天的な能力であるところがあります。

周囲の変化に気づくか気づかないかというところはある程度脳の作りの違いっていうのがあるのも特徴です。

ですので、気が利かな言われるような人も残念ながらいらっしゃるでしょう。

ですが、確かにそのようなところはあっても改善することは十分に可能です。

そのような人がパターンで色々と覚えていくようにしましょう。

このような時はこのようにすると喜ばれることが多いと言うような感じにです。

そのためにはネットの掲示板は大変役立ちます。

人の本音が書き込まれていることがありますので、多くの人がどのように考えているのかというのが大変参考になります。

ですので、このようなときにはこうすると言うのをパターン化していく事で気が利く人になっていくことも十分に可能です。

周りへの気配りをしっかりしている

このように気が効くようになるのも訓練次第では可能だと言う話をしましたが、周りの気配りをしっかりとしているというのも美人の条件です。

ただそこは少々難しいところがあり、例えばですが、野菜の取り分けをするなどで気がきくと言うようなことを思いがちですが、意外にもこのようなことをする女性は同じ同性からして大変不人気であるようです。

それはなぜなのかと言うと、気が利く女性だとアピールしているような感じがすると言うことでわざとらしいと感じられるような人も多いようです。

ですので、周りへの気配りは、このような時はこうすると言うパターン化が少々難しいところがあります。

そのような時は、男性からも女性からも好かれている人が周りにいるのであれば、そのような女性がどのような行動しているのかをつぶさに観察しましょう。

6.裏表がない

やはり人間ですので、誰に対しても同じ態度言うのは少々難しいところがありますが、明らかに立場が下の人に対する接し方が悪く、上の人に媚びへつらうようなところがあるとやはり美人には見えないものです。

確かに全く同じ態度というの難しくても、裏表のない人であれば安心して付き合うことができます。

ですので、ついつい人の愚痴や悪口を言ってしまいがちな人は少々注意しましょう。

学生時代でも結構そのような裏表が激しい人というのはいました。

やはり、そのような人は、影で色々と言われているところがありました。

このようなことから、やはり裏表がなく、誰に対してもきちんと接する人こそがモテる女性の条件の一つです。

相手を見て行動しない

裏表がないことにも通用するところがありますが、明らかに立場が弱い人に対して、大きな態度を出さず、誰に対してもきちんと接するような人こそが性格美人の条件です。

店員の人にあからさまに冷たい人は男女ともにがっかりしますよね。

そのような人は、「店員は自分がお金を払ってサービスを受けているのだから下の人間だ」ということを(無意識の可能性もありますが)意識しているのです。

ですので、そのような冷たい態度を取る人は本当の性格がそちらなのではないか?と疑いを持たれ警戒されてしまうところがあります。

そして、そのように人に対して横柄な態度をとり、上の人間に対して媚びへつらうところがあると、たとえどんなに顔の造作が美人でも腹の中が黒いようなイメージが拭えません。

そのようなところがあると、たとえ立場が下だと思っていて横柄な態度をとっていても、例えばその人が社長のご子息だったなどで途端に急に態度を変えるようなことがあると信頼が取り戻せない位に信頼が落ちます。

だからこそ、相手がどんな人であっても平等に接するということが大切なのです。

7.芯を持っている

やはり、美人の条件として芯を持っている事は大変大切です。

周りに流されてばかりと言うと「この人本当は男どのような考えなのかな?」とつかみどころがないイメージがあります。

ただ、この芯の強さってのは自分に対する自信を持つということで少々難しいことかもしれません。

極力考え方を変えることでこの芯の強さを身に付けましょう。

そのためにも、自分が選んだことに対して自信を持ちましょう。

例えば、よく後悔するということがありますよね。

著者の母もシングルマザーになったのですが、やはり自分の生き方に後悔しているようなことを言っていました。

でも、娘の著者から見ても、多分母はタイムスリップをしても生き方を変えないだろうなと思います。

高校生くらいになると例え自分の親に対してでも欠点が見えてきます。

後悔していると口では言うものの、結構楽な方に流される一面が高校生の著者にも見て取れました。

手に職をもって経済的に自立した生活を理想に掲げていたようですが、そのような努力をせずに娘に託そうとしていたのです。

よく「人生をやり直せたら…。」という事は言っていましたが、手に職をもって働いたら幸せという意識にばかりに囚われて、仮に理想的な生き方をしても途中で挫折したりうまくいかない可能性にまで考えが及ばないのです。

人は後悔するときに、必ず他の道を選んだら成功したに違いないと思うのもののようです。

少々話は逸れましたが、後悔したところで時や戻りませんし、その時々の生きていくしかありません。

だからこそ、その一瞬一瞬を芯を持って生きることが大切なのです。

確かにいきなりは難しいかもしれません。

でもそのように心がけて生きていくことでだんだんと芯を持った人生を歩むことができるようになるのではないのでしょうか?

周りに流されない

やはり、周りの意見には自分に自信がないとついつい流されてしまうものです。

「そう言われるとそうなのかな?」と思ってしまうところがあるのです。

でも自分の選択に自信があれば決して周りに流されません。

例えば、著者が大人になった頃にはもう既に引退されていましたが、山口百恵さんはご存知の方も多いことでしょう。

彼女は歌手の絶頂期と言う時に、まさかの結婚による引退をしています。

後に本を出版されていますが、その時も結婚して家庭に入ることに対する批判が非常に多かったようです。

(昔は専業主婦が当然と言われていましたが、当時はその価値観と女性も職をもって働くべきという意見がある状態が入り混じった状態だったようです。


でも彼女決してブレませんでした。

このようなブレない彼女の強さがあった頃からこそ、もうすでに専業主婦になっていた彼女を全盛期を知らない世代の人にも広く知られるようになったのでしょう。

8.女子力が高い

やはり美人と言うと自然的に女性ですので女子力が高い人も大変モテます。

そこには顔の造作特に関係ありません。

例えばですが、気遣いがしっかりとできたり、笑顔を忘れないと言うような感じでいいのです。

昨今は、共働きと言うこともあって料理や家事能力もあったら良いに越した事は無いけれどそこまで求められなくなりました。

ですので、性格美人を目指した女子力の高さを目指していきましょう。

向上心がある

確かに、日々に感謝してその日々にのんびりと生きるっていうのもアリかもしれません。

ですがやはり人間日々進歩したほうがより良い生活ができるのは言うまでもありません。

ですので、向上心がある人も美人の条件になります。

確かにバリバリと仕事ができればそれが1番でしょう。

でもそれが難しくても、例えば「昨日より掃除がうまくできるようになった」とか「料理が美味しくできるようになった」と言うのも良いですし、「昨日よりもよりよく笑顔ができた」と言うような些細な事でも良いのです。

日々をより良くする工夫こそが向上心を上げる大切なことなのです。

振る舞いが美人な人

美人と言うのは何も顔だけではありません。

立ち振る舞いが丁寧な人も美人の条件です。

例えば物を無造作に投げる人は美人では無いですよね。

丁寧にものを扱う人が振る舞いが美人なのです。

そのような人もまた美人の条件の趣旨です。

(著者はガサツなので、ギクッとしました<汗)

9.物の持ち方がちゃんとしている

今日でも少し触れましたが、物を投げるように管理するのは美しくありませんよね。

きちんとものを管理できるというのも美人の条件です。

物の置き方が無造作ではないのはもちろんですが、ものを持つ時もきちんとしているっていうのもまた美人の条件の1つです。

物の持ち方の研究も美人には外せない条件ですね。

指先の細かいところまで丁寧

著者もがさつな方なので少々ギクッとするものですが、指先の細かいところまで丁寧にできるっていうのは美人の条件です。

著者はそこまで細くしてなかったなとこれを見て少々反省した次第であります。

やはり、一つ一つ細かなことに注意をすることの中には指先のところまでしっかりと気をつける事も大切なのですね。

10.相手を気遣った立ち振る舞い

立ち振る舞い1つにも相手のことを気遣った立ち振る舞いが大切です。

では具体的にどのようなことかと言うと、相手にものを渡すときには両手を使うというようなことや、女性の方であれば極端なミニスカートや胸が開いた服など相手の方が目のやり場に困るようなことをしないことも相手を気遣った立ち振る舞いになります。

歩き方や話し方など

たとえどんなに顔がきれいでもまだ造作きれいでも、歩き方ガリ股であったり、ドスドスと歩くような感じであったり、話言葉が男言葉と言うような感じでは幻滅されてしまいます。

ですので、美人の条件としては歩き方や話し方にも十分に注意しましょう。

まとめ

美人の条件についていかがでしたでしょうか?

顔の造作もありますし、仕草などもありますが、ある程度は努力次第でどなたでも美人に近づくことができます。

ですので、美人になりたいと誰しも思うものですが、このような工夫で美人に近づいていきましょう。