日常生活を送っていると、たくさんの事があります。

その中には楽しい事もあれば、困難な事や腹立たしい事などもあります。

楽しい事があれば、嬉しい気持ちやワクワクするような気持ちになりますし、困難な事や腹立たしい事があれば、苦しい気持ちやイライラするような気持ち、怒りなどもあります。

人間には感情がありますし、様々な感情になってしまうのはしょうがない事ですが、嫌な事よりも楽しい事の方が嬉しいですし、ポジティブな考え方が出来る事が望ましいですよね。

しかし、中には怒りっぽい人だったり、マイナスな気持ちになりがちな人もいます。

今回はそんな怒りという感情をテーマにしてご紹介していきます。

普段感情を抑えられない方には、怒りの感情を抑えるポイントなども具体的にご紹介していきますので、感情のコントロールが下手な方ほど必見の内容です。

なぜ人は怒るのか。

どうして人が怒るのか考えた事がありますか?
感情は持っていて当たり前、誰しもが何かに対して楽しんだり怒ったりするのは当然の感情なので、どうして怒るのかという事を考えた事は普段なかなかないと思います。

しかし、人間が怒るのは何かしらの理由があります。

理由がなく怒ったりする事は基本的にはあり得ない事ですが、怒っている人の中には無意識に怒っている人もいます。

しかし、それも怒っている自分が冷静さを忘れているだけで理由を深く考えていないだけだったり、理由はあるけど深く考えておらず、衝動的に怒っているので冷静にあとから振り返って理由に気づく場合などがあります。

なので、理由は必ず心のどこかに存在しています。

ここからは怒る理由について一般的に多い事からご紹介していきます。

普段怒りっぽい人は、自分がどういう部分に怒りを感じやすいのかを考えてみて頂くと自己分析する事へと繋がると思います。

意味を掘り下げて、冷静に客観的に見る事で、広い視野で物事を考えられるようになりますので、こちらも併せて考えてみてください。

自分の許せる範囲を超えてしまう!

人が怒る理由は様々あります。

例えば、日常生活でいえば、友達にバカにされたり、バカにされるような行動をとられた時、または仕事などでミスをした人に対してであったり、関わる人に失礼な態度を取られたりなど、様々なケースが考えられます。

怒る状況を考えるときりがありませんが、いずれも怒る理由としては自分自身の許せる範囲を超えてしまったから怒るといえます。

許せる範囲というものは人それぞれで、たった少しでも我慢の限界を迎えるような方もいれば、ある程度までは我慢する人もいるなど、人によって範囲が違います。

人によって性格が違うように、我慢の耐性なども人によって大きく違います。

しかし、だからこそ自分の怒りが抑えられずに悩んでいる人が多いのも事実です。

上手く感情をコントロールできない。

上手に感情をコントロールできない人は怒りやすいといえます。

自分の心の中では本当は怒りたくない、我慢しようと思っていても、我慢できないような事が起こってしまうと、我慢するという気持ちよりも怒りの感情の方が強くなってしまい、態度や行動に出てしまう人が多いです。

その逆に、感情を上手くコントロールできる人はその場その場で冷静に問題に関して対処したり、必要な場合は怒り、必要ない場合は感情を抑えて怒らないようにするなどの行動がとれます。

なので、感情をコントロールできるようになる事で、怒りっぽさは解消できるといえます。

しかし、今までの習慣や考え方などは簡単に変えることができないのが人間です。

怒りを抑えるためにどうすればいいのか、方法がわからなくて苦しんでいる人が多いのも事実です。

怒りを抑えるための9個の方法

人間が怒る理由についてご紹介しましたが、ここからは怒りを抑えるために適している方法をご紹介します。

普段怒りっぽかったり、感情をコントロールできない人はご紹介する考え方を取り入れてみてください。

そうする事で怒りっぽかった自分とうまく付き合っていくことが出来ます。

普段行っていない事を新しく取り入れたり、実践したりする事はストレスがかかる事です。

しかし、それが面倒だからといって実践しなければいつまでたっても変わらない事は紛れもない事実です。

本当の意味で変わりたいと思うのであれば、まずは行動する事、試してみる事が大事です。

そして、継続する事がとても大事なので、変わりたいと思う自分の気持ちを大事にして行動し続けてください。

1.本当に怒っているのかを自問自答する。

怒りを抑えるために効果的な方法として、自問自答する事が効果的であるといわれています。

怒ってしまいやすいと、ついつい衝動的になってしまって考えるよりも行動が先に出てしまいます。

その結果、文句を言ってしまったり、機嫌が悪くなってしまい相手に対して強く当たってしまいがちになります。

しかし、衝動的になる前に自問自答を行ってみてください。

例えば、嫌な事があって怒りが沸いてくるとします。

その時に、どうして自分はこんなに怒っているんだろう?と自分に問いかけてみてください。

すると、怒っている原因について考える事が始まります。

頭を使って考える事がこの行動のポイントであり、とても重要です。

考える事で、当然理由を導き出すために考えられる事をいくつか頭の中で思いをめぐらせます。

考えている間は怒りを静ませられるようになります。

そして、理由が出た頃には、当初の怒りが少し和らいだ状態になり、冷静に物事を判断できるような状態になっている事が多くなり、結果的に怒る事が少なくなります。

原因や対処法をじっくり考えてみる。

考える事で、理由が導き出されますが、出てきた理由を分析してみると、以外と大した事ではない事に気づいたりもします。

大した理由ではないのであれば、当然怒りも静まりますし、大事な事なのであれば、怒る事も時には大事です。

今回のテーマは何に対しても怒る事が問題であり、本当に大切な事に関して怒れないという事もある意味別の問題ではあります。

怒りの理由を分析する事は怒りを収める行動にも繋がります。

感情をコントロールできない人、そして怒りの沸点が小さい人はまずは客観的に自分の気持ちを考える、そして怒りの理由を考える、この部分を意識して実践してみてください。

今までよりも怒りを抑えられるようになると思いますよ。

2.感情をそのまま出さない。

怒りを抑えるために有効な方法として、感情をそのまま出さないようにすることが大事です。

例えば、つい怒ってしまいがちな人は感情が激しく高ぶる傾向があります。

怒りやすい人のイメージは、冷静に筋道を立て、たんたんとこちらに文句を言うよりも、感情が高ぶって激しい口調で時には理不尽な文句を言ったりする場面が思いつきませんか?
そもそも冷静に淡々と話せるような人は簡単に怒らないですし、怒るとしたらキチンと筋道考えて理不尽だと思った場合のみに怒る事が多いです。

なので、怒りの沸点が小さい人は激しく感情を出す人は多いという事に繋がります。

だからこそ、怒りに沸点が小さい人は感情をそのまま出す事をやめてください。

感情を高ぶらせて、そのまま力任せに相手にぶつけてしまうとその勢いでどんどん怒りがエスカレートしてしまいます。

なので、感情を抑え込み、そのままの感情を出さないようにすると、自然と怒りも比例して抑えられるようになります。

理不尽な怒りをぶつけてしまう可能性も。

感情のままに相手に怒りをぶつけてしまうと、時には怒りを止められずにありもしない理不尽な事で怒ってしまう事もあります。

あなたも怒った時に思ってもいないのに、相手を罵るような事を言ってしまった事がありませんか?
本当は思っていなくても、怒りに身を任せてついつい言わなくても良いような事まで行ってしまう事があります。

これは感情をコントロールできずに、なおかつ怒りに身を任せてしまっている証拠です。

冷静な時には言わなくても良い事までいうはずがありません。

だからこそ、怒りの感情のままに行動していると周りから信頼がなくなってしまったり、嫌われてしまう事にも繋がります。

結果として自分に全くメリットがありませんので、いつも喧嘩してしまうと自分が止められない人は怒りを止める工夫が大事です。

怒ってしまった時ほど、感情に身を任せずに、冷静に自分を取り戻せるようにしてください。

3.ストレスを溜めない。

ストレスを溜めない事も怒りを抑える効果的な方法です。

普段生活をしていると小さなストレスがたまる事がたくさんあります。