男性にとったら、好きな人や彼女・恋人に贈るプレゼント程、悩ましいものはありません。

付き合い始めた頃は、女性にも気持ちに遠慮があり、また男性は物凄く張り切る時なので、どんなものをプレゼントしても大抵、うまくいっていました。

ところが付き合いの期間が長くなってくるにつれて、男性の心に慣れと面倒くささが生まれプレゼントも定番化していきます。

一方の女性といえば、好きな彼氏をますます自分の方に振り向かせたくなる一心で要求はエスカレートしていきます。

勿論、プレゼントに対してもです。

では、普通のプレゼントでは飽きてしまったか、欲遠しくて、ありきたりなものには目も向かなくなってしまった彼女のためにどのようなプレゼントを贈ったらいいのでしょう。

彼女の目を覚まさせるようなプレゼントを考えてみる事に致しましょう。

普通のものは嫌な女性へのプレゼントアイディア7個

それでは普通のプレゼントが嫌な女性へのとっておきのプレゼントアイディアを7個、ご紹介していきましょう。

1. 数量限定品

普通のものが嫌な女性へのプレゼントアイディアの1つ目は「数量限定品」です。

女性は昔から「限定品」とか「タイムセール」などの付加価値の付いた商品や販売方法に弱い傾向があります。

ですのでそういった女性の特性を大いに利用させてもらったらいいのです。

その特性を使わせてもらうアイディアの1つ目が「数量限定品」となります。

数量限定品は多くの購買者から人気の的となります。

それもそのはずでしょう。

対象となる商品は人気があってその商品のファンならば喉から手が出るくらい欲しい商品なのです。

そういた女性心理を巧みにつくのが商売人の鋭いところです。

数を十分に多く作って販売すれば全ての購買者に商品は行き渡りますが、それで購買者は満足してしまいその商品の需要は当分やってきません。

売る方としてもヒット商品はたくさん抱えておきたいところ。

だから多くのカテゴリー中の中に1品か2品くらいは数量限定という価値をつけて購買者の目を引きつけるのです。

世の中に出回る商品の数が少なければ、その商品にはプレミアムの価値が付きます。

女性は人に羨まれることが大好き。

だから数量限定品には弱いのです。

ボジョレーヌーボーなど量が少ないもの

例えば、毎年、秋になると新作が発表されるワイン好きにはたまらない「ボジョレー・ヌーボー」。

この商品は完全なる数量限定扱いの商品として世間の目からも認知されています。

しかし、ワインの中でも逸品中の逸品でありその年でないと味わえないということでプレミアムな価格になっても多くの愛好家にとったら関係ないようで注文販売であっという間になくなってしまうようですね。

もし、このような限定品を彼女にプレゼントすることができたら…。

きっとあなたの株はグーンと上がる事間違いないでしょう。

鼻高々です。

但し、彼女の嗜好をよく把握しておきましょうね。

お酒が全くダメな人にワインをプレゼントしても全然、ありがたがらないですからね。

2. 期間限定品

普通のものが嫌な女性へのプレゼントアイディアの2つ目は「期間限定品」です。

今回のこちらもまた「限定」という言葉がくっついていますね。

女性の心を射抜くための必須アイテムだという事がいえますね。

期間限定品もその時期にならないと手に入りません。

よって男性はそういったものの情報を細かくチェックして入荷時期などを頭に入れておく事が必要になりますね。

食品などほんの数日しか販売しないことで有名なもの

具体的にみていきますとやはり女性に喜ばれるのは食べるもの、それも有名なパティシィエや料理人が作ったようなものでしょう。

プロの料理人は食材にこだわります。

最上の美味しさを求めて日夜、食材探しに精を出しています。

そんな努力を続けていれば旬のものやある季節だけしか入手できない、とっておきの食材なども出てくるでしょう。

そんな食材を使った有名シェフたちの逸品ならば彼女の舌も欲望も大いに満足してくれるのではないでしょうか?

特に春や秋という季節は、その時期でないと取れない作物がふんだんにあるはずです。

それらの情報を細かくキャッチしておきましょう。

季節限定の高級スイーツをプレゼントされたら、彼女の幸せ度数は限りなく上昇していくでしょうね。

3. ご当地限定品

普通のものが嫌な女性へのプレゼントアイディアの3つ目は「ご当地限定品」です。

今回も「限定」という言葉がつきましたね。

あなたが仕事で出張したり旅行でどこかへ遠出した時など、彼女へのプレゼントやお土産を考えるのではありませんか?

それならば、その行った場所でしか手に入らない、とっておきの逸品を探しましょう。

「わざわざ、私のために行った事もない土地のモノを買ってきてくれたんだ」という感じで感激してもらえたら言うことなしですよね。

はるばる遠方に行った甲斐があったというものです。

女性は何だかんだ言っても、行動範囲が狭いため未知なる土地に対しては色々な想像や夢を膨らませます。

あなたのプレゼントと一緒にその土地の思い出話でもくっつければプレゼントの価値も一層上がる事でしょう。

その地に行かないと買えない物

知らない土地のご当地のプレゼント品は、何といっても希少品という事が最大の魅力です。

特に食べる物に対しては、地元の食材しか使えないという事もあって、テレビなどで紹介されたものは大きな人気を呼びます。

あなたはそういった情報をマメにチェックして今後のスケジュールに加えておきましょう。

ただ、ここでも言えるのはあくまで女性が喜びそうなものを探すという事です。

人によりけりですが、置きもの系を全く好まない人あれば雑貨的関心で重宝している女子もいます。

でも、やはり食べる物が一番好き、という女性も多い事でしょう。

食べるのが大好きな女性にそのご当地ならではのこけし人形を買ってプレゼントしてもありがたがられない可能性もあります。

事前のリサーチはやはり重要ですね。

デパートの物産展などで手に入れられることも

但し、食品ならばデパートの地下や特設売り場などで行う物産展でも手に入れる事は出来ます。

これならば簡単に旬の食材や調理された食べ物をゲットできます。

但し、「君のためにわざわざ、行ってきたんだ」という嘘はつかないことですね。

どうせすぐバレますから。

女性は天性の勘で男の心を読み取ります。

あなたが普段しない行動を今日に限ってわざとらしくやってくれても彼女は怪しむだけ。

嘘偽りは一切申さず、素直に白状した方が二人の仲はよくなるんじゃないでしょうか?

4. サイン入り

普通のものが嫌な女性へのプレゼントアイディアの4つ目は「サイン入り」です。

その女性の好きなもの、収集しているものに自分の気に入っている有名人や芸能人のサインなどが入っていれば、これは世界にまたとない貴重なプレゼントなるでしょう。

このようなレアものはそうそうチャンスがあるものでもありません。

彼女が気に行っている有名人や芸能人のスケジュールをチェックし、サイン会などが催されているかどうか、確認する作業が重要になってきます。

ファンの人のサインが入っているもの

例えば彼女がある作家の本のファンだったとしたら。

これなどもきちんとその作家さんのサイン会などのスケジュールを押さえておけば、サイン会当日にその本を買ってサインをしてもらう事ができます。

都心部の大型の書店ならば月に何度かはこのようなイベントを実施していますので早めにスケジュールを押さえておき、当日、頑張って並んでサインをゲットする。

これくらいの努力がない事には普通のプレゼントでは我慢できない彼女を喜ばせられないかも分かりませんね。

握手会の整理券なども喜ばれる

また、ものを渡すだけでなく彼女が好きな作家さんの握手会やサイン会などの整理券を獲得してプレゼントするのも普通のプレゼントだと我慢できない彼女には有効な手段でしょう。

勿論、この時も彼女の好きな有名人は誰なのか、把握しておきましょうね。

本の好きな彼女ならば作家さんと決まっているでしょうが作家さんの好みも結構、分かれるものです。

嫌いな作家さんの握手会だったらせっかくの整理券も効果半減ですし、男の方の好みを優先してアイドルグループの握手会の整理券を渡しても怒られるだけですからね。

何事も事前の準備が大切なのです。

5. プレミアが付いているもの

普通のものが嫌な女性へのプレゼントアイディアの5つ目は「プレミアがついているもの」です。

これは先ほどから限定品として紹介してきたものと関連性があります。

期間にしろ季節性にしろ限定品というものは人気があり、故に発売されると一気になくなってしまい購入者にとったら次の再販時期まで待たなければならない憂き目を負う訳です

ところが一部のショップや業者には、ないはずの限定品を扱っている場合があります。

そう、これらは転売屋と呼ばれその限定品が発売された時に予め多めに買っておいて時期を見計らって高めの価格で販売する業者のことです。

しかし、ここが悲しいところで限定品のファンはどうしてもその商品を欲しい訳です。

例え価格が高くとも。

ここが普通を嫌がる彼女への絶好のアピールポイントとすべきなのです。

マニアの間で非常に人気のあるもの

普通のものが嫌な女性へのプレゼントアイディアの5つ目は「プレミアがついているもの」です。

これは先ほどから限定品として紹介してきたものと関連性があります。

期間にしろ季節性にしろ限定品というものは人気があり、故に発売されると一気になくなってしまい購入者にとったら次の再販時期まで待たなければならない憂き目を負う訳です

ところが一部のショップや業者には、ないはずの限定品を扱っている場合があります。

そう、これらは転売屋と呼ばれその限定品が発売された時に予め多めに買っておいて時期を見計らって高めの価格で販売する業者のことです。

しかし、ここが悲しいところで限定品のファンはどうしてもその商品を欲しい訳です。

例え価格が高くとも。

ここが普通を嫌がる彼女への絶好のアピールポイントとすべきなのです。

昔のデニムなど

プレミアのついたもので女性に人気のある商品を探す事が重要になりますね。

何を置いても情報集めを行いましょう。

例えば、今はもう製造していない昔の型のデニムや希少性の高いコレクター品など。

いずれもそういった類のものばかりを集めているショップを探さないと、中々、見つけられません。

仮に見つけられたとしても、価格がびっくりするほど高額なものもありますのでおいそれと手を出す事も出来ないかも分かりません。

よって今後は資金を貯めていく努力も必要になるでしょう。

普通のモノで満足できない女性を納得させようと思ったら、これくらいの努力は怠るわけにはいかないでしょうね。

6. 世界にひとつしかないもの

普通のものが嫌な女性へのプレゼントアイディアの6つ目は「世界に一つしかないもの」です。

これは中々、入手するのが困難な一品かも分かりませんね。

何せ世界中を探しても同じものが2つとないのですから。

もし入手できたとしても、それがれっきとした由緒正しい正規品であったら途方もないお値段がついている可能性もあります。

特に貴金属類だったらば、それこそうん百万円クラスの話でもなくなることでしょう。

下手をすればうん千万円クラスの話しになるかも分かりません。

こうなったら手も足も出ないでしょう。

よって別の方法を考えた方がよさそうです。

メーカー品ではないもの

そこでちょっと話はせこくなるかもわかりませんが、露天でも何でもいいですからオシャレそうなショップや可愛いモノをたくさん並べているお店をしらみつぶしに探してみることです。

10軒、20軒と見ていけばあなたの目は必ず肥えてきます。

このお店にしか並んでいないものが分かるようになってきます。

そこまで足を使えばあなたの彼女に対する気持ちは本物でしょう。

例えその商品がどこの製造元かさっぱりわからないようなものであっても、あなたの魂がこもっていますからきっと普通の一品ではなくなっているはずですよ。

そう、それは「逸品」になっているはずです。

自分で手作りするのも喜ばれるかも

もしくは、思い切って自分で手作りする方法もあります。

あなたが丹念込めて作り上げたものならば、彼女もきっと喜んでくれるのではないでしょうか?

それこそ世界中に一つしかない素晴らしきプレゼントになるはずです。

まあ、あとは何を作るかにもよります。

女性が手作り品で喜んでくれそうなもの。

一般的には貴金属品関係を思ってしまいそうですが、かなりな腕前が求められると思いますよ。

それだったらあなたの日曜大工の腕前を生かして彼女のために食器棚や椅子を作ってみたりしたら如何ですか?

女性は自分では到底無理と思っている分野の事をやってくれる人を尊敬したりもします。

何なら彼女の家の傷んでいる箇所や水道の蛇口の修理などをやってあげる事も、普通を嫌がる彼女にはいいプレゼントかも分かりませんね。

7. 名前や記念日などが書いてあるもの

普通のものが嫌な女性へのプレゼントアイディアの7つ目は「名前や記念品などが書いてあるもの」です。

ただ、「会社の創立記念◯◯念」とかゴルフコンペで優勝してもらったトロフィー類などはちょっとNGでしょうね。

要は彼女が喜んでくれるもの、それにつきます。

何でもかんでもとにかく名前が入っているからいい、という訳ではありませんからね。

その友達の名前を印字してもらったもの

名入れ商品をプレゼントする際の最も大事な点は、そのプレゼントが彼女にとって思い入れのある重要なイベントや出来事に関係しているかどうかでしょう。

例えば彼女が何らかのスポーツ競技で優勝したり優秀な成績を納めた大会に出場したりしたのなら、その時の大会名や競技結果などを額や盾に彫り込んで記念にすることが出来ます。

又は、彼女の特別な日(誕生日や家族の祝い事の日)を狙って彼女の好きな絵や写真、ポートレートなどにしゃれた一言を加えてプレゼントする事も出来るでしょう。

女性の名前を印字してプレゼントする作戦は、かなりピンポイントな戦術です。

当たれば彼女の感激度は天井知らずで、気持ちは舞い上がるでしょうし、狙いをはずしてしまったらせっかくのプレゼントが爆弾扱いになってしまうかも分かりません。

事前のリサーチは緻密に、入念に、思い込み違いをしないよう済ませておきたいところですね。

マグカップやワインボトル、革製品など

名前を彫り込んで贈るプレゼント品で一般的なところと言えば、マグカップやワインボトル、財布類などの革製品が主だったところになるでしょうか。

この辺りの選択ならば、ほぼ無難でしょうから彼女にとっても気兼なく受け取れるでしょう。

ただ、印字したり彫り込んだりするのは彼女の名前くらいに留めておいた方がいいと思いますよ。

男性によっては気持ちが思い込み過ぎて、彼女の似顔絵を擦り込んだり、酷い時は自身とカップルになっているポーズを刷り込んだ夫婦茶碗のようなものをプレゼントする妄想男子もいます。

くれぐれも事前のリサーチを怠りなく行いましょうね。

女性が何をもらったら喜ぶのか。

反対にどのようなものだったら敬遠されたり警戒されるのか。

いくら相手の女性が普通のプレゼントでは嫌、と思っていても女心のニーズのセオリーを無視したようなプレゼントは「NG」にしかなりませんからね。

ちょっと個性的な女性へびプレゼントを選ぼう

女性の全てが定番化された同じものをプレゼントされて喜ぶとおもうのは、少々、早とちりです。

確かに花をプレゼントされれば多くの女性は喜んでくれる事でしょう。

しかし、中にはあまり花には興味を示してくれない女性もいる事でしょう。

むしろ男勝りというか、多くの女性があまり興味を引かないようなものに執着する女性もいるかも分かりません。

そう、個性というものは百人百様なのです。

プレゼントにお花を贈るのは勿論、悪くはありませんが、もっとその女性の心に取り入ろうと思ったなら、お花を超えた何かがあるはずなのです。

もし、あなたに気になっている女性がいるとすればどうしますか?勿論、彼女の気を引くための全ての方法を駆使する事でしょうね。

それも効果的なものを。

今後は彼女に対して、より一層、レーダーの精度を上げてより効果的なプレゼントを探す努力を行う必要がある事でしょう。

では、どんなプレゼントが普通のモノでは嫌な女性にヒットするのか。

考えてみる事にしましょうね。

1. 普通のものでは満足しない人の特徴を理解しよう

あなたが好意を持っている女性が、もし普通の感性でなかったとしたら、あなたはどうし対処しますか?

一般的な場合ならば、女性への定番的なプレゼントは「花」で大体、事足るでしょう。

しかし、あなたが好意を持った女性はそのような普通のプレゼントでは全く振り向きもしてくれない人なのです。

あなたがどれだけ努力して彼女に振り向いてもらおうとしても全く効果がありません。

では、普通のプレゼントでは満足してくれない女性って、一体どういう特徴を持っているのでしょうか?

敵の特徴を知っておけば、今後の作戦も立てやすいはずですよね。

思いつくところを4つ、あげておきますね。

センスや感性が普通の人と違う

普通のモノでは満足しない女性の特徴の1つ目は「センスや感性が普通に人と違う」という事です。

センスや感性の違いは、その人の服装や言動に表れます。

一般的な女性ならば友人たちと繋がっていないと不安でたまらない、あるいは寂しくてたまらない、といった性格ではないでしょうか?

しかし、普通のモノでは満足できない女性たちは、決して群がったりつるんだりしません。

また服装にしてもファッション雑誌を彩る最新の流行を追うような事もしません。

それなのに彼女たちのファッションセンスは参考にしたいくらい憧れの的となるようなセンスを持っています。

よってまずは彼女たちの普段の言動や出で立ちをつぶさに観察することです。

相手に媚びたり甘えたりするような仕草の少ない人は、センスや感性が大多数の女性たちとは異なっている、と判断してかかった方が良いでしょうね。

自分に自信がある

普通のモノでは満足しない女性の特徴の2つ目は「自分に自信がある」という事です。

自分に対して自身がある、これは物凄く強い動機付けになりますね。

自分に自信があるからこそ、人と同じような人間に見られるのを嫌う訳なのですよね。

自分に自信がある女性は、それがどのような部分なのかをよく理解しています。

顔、スタイル、ファッションセンスなどの外見上の問題から、思想、考え方、知識、コミュニケーション能力などの内面性の問題まで。

それらの全てを的確に掴んでいるからこそ、周囲にいる大多数の人と同じ扱いをされるのを嫌うわけなのですよね。

よってこのような女性を相手にするのなら、彼女のプライドをくすぐらなければなりません。

女性にしろ男性にしろ、自分の長所を褒めてもらって悪い気を起こす人はほとんどいないでしょう。

例えばその女性が容姿に自信を持っているのなら、その美しさを引き立たせるものがいいのかも分かりませんし、反対にその女性が知性を誇っているのならその部分をくすぐるような仕掛けを用意してあげたらいいと思うのです。

しかし、だからといってあまり奇抜すぎるプレゼントも女性にとったら重くなるだけでしょう。

普通のプレゼントじゃ嫌だけども、かといってあまりに特別過ぎるプレゼントも場の雰囲気を壊してしまうかもしれません。

このあたりが女性を攻略する難しさでしょうね。

いろいろな物を既に持っている

普通のモノでは満足しない女性の特徴の3つ目は「いろいろなものを既に持っている」です。

既にいろいろなものを持っている、これでは仕方ありませんね。

いくらあなたが有り金はたいて高給なネックレスやブランドもののバッグをプレゼントしようとしても、その女性が既に同じようなものを2個も3個も持っていたら、さすがにありがたみはなくなってしまうでしょう。

それだけのプレゼントを既にいろいろと持っているということは、その女性は物凄くモテる女性だと言えますね。

どんな集まりの場に行っても瞬く間に男性が周囲に群がってくるような存在なのでしょう。

そして頼みもしないのに勝手に男たちがプレゼントを贈ってきて何とか自分のモノにしようとする。

恐らく彼女はそのような展開を何十回も見てきたに違いありません。

故意いった女性の場合はモノによるプレゼントよりも想定外な出来事を含ませたデートに誘うなどの方が成功の確率は高いかも分かりませんが、いずれにしても目の肥えてしまった女性に対してプレゼント攻勢は思ったほど成果は出にくい事は間違いありません。

ここは視点を変えて攻め方を180度、方向転換する必要がありそうですね。

自分は特別だと思っている

普通のモノでは満足しない女性の特徴の4つ目は「自分は特別だと思っている」です。

女性が自分の事を特別な存在だと思っている…。

だから普通のプレゼントでは満足できず、自分にもっと相応しいプレゼントを要求するようになる…。

このような考え方に支配されてしまった女性は、先行きが心配になってしまいますね。

確かにその女性は容姿も素晴らしく、魅力多い女性なのでしょう。

人間、最初に異性のどこを見るかといえば、やはり「顔」ですからね。

顔が可愛かったり、美人顔であったなら、そりゃ、多くの男性がうつつを抜かします。

その女性が適度に甘え方も分かっていたなら、男性陣を落とすのに時間はかからないでしょう。

バカな男たちは競って同じようなプレゼントを彼女に贈って、「我こそは」という気持ちになるに違いないでしょうね。

まあ、人気のあるうちが人間、花です。

そんな自分を「特別な存在」と勝手に自己認識してしまうのも仕方がないかも分かりません。

ただ、一旦咲いてしまった花は、枯れていくより道はありません。

自身の特別感もほどほどにわきまえておいた方がいいかもわかりませんよ。

2. プレゼント選びもポイント

普通のモノを嫌がる女性に対して、ありきたりなプレゼントを贈ってしまうことは、その時点であなたは恋の候補から除外されてしまう重要な瀬戸際に立っているのです。

そう、あなたがお付き合いしたい、と願っている彼女にはあなたを含めて複数人の恋のライバルが存在しているからです。

ならば、きっかけにするためのプレゼント選びは、真剣に慎重に考えて行いたいものですね。

どのようなプレゼントが彼女のハートをくすぐるのか?考えてみましょう。

簡単に手に入りにくいものを選ぼう

まず最初に考えられのは、安易にどこのショップでも購入できそうなものは避ける、という事ですね。

限定品、プレミア品、希少品など、何か彼女に訴えかける要素が必要となってきます。

まあ、プレゼントの良し悪しで付き合う男性を選択するような女性は、長い目で見たらちょっと「?」マークをつけたくなるのですが、そこはあなたの度量と男気で何とかなると仮定した上で突き進みましょう。

最初から理由を付けてマイナス発想するならば苦労はしませんからね。

持っているものは絶対にあげない

次に考えられるのが、既に彼女が持っていそうなものは買わない、という事です。

これは彼女にズバッと聞けたら楽なのですが、現実はそううまく運びません。

そうなるとあなたの洞察力でもって想像するよりありません。

あなたの個性が光る何か逸品を見つけましょう。

あまり高価なものは避けよう

最後に考えられるのが、あまりに高価なプレゼントは避ける、という事です。

相手がどのような女性なのか、よく考えてみることです。

「モノ」目当てで近づいてくるような女性だったらば、あなたの100年の恋も一瞬のうちで冷めてしまうでしょう。

しかし、世の中には本当に「たち」の悪い女性も中にはいるかもしれません。

しかし、あなたが好きになった人が例えそうであったとしても、今更他人の忠告も耳に入らないでしょう。

ここはあなたの予算が許す範囲内で大きくニーズを外さない程度のプレゼントを用意しましょう。

とにかく渡さなければ何も始まりません。

結果はそれからなのです。

普段から欲しいものを上手くリサーチしておこう

如何だったでしょうか?

普通のモノでは嫌な女性へのプレゼントについて紹介させていただきました。

まあ、考えたらプレゼントをもらい慣れている女性にとったら、毎回毎回同じようなものばかりを贈られても心に火は点かないでしょうね。

やはり、プレゼントというものは女性の女心をくすぐるものです。

プレゼントを開けてみる時のワクワク感やドキドキ感は何回味わってもいいもののはずですからね。

だから、同じようなものが重なるとガッカリするのかもしれません。

「誰か、私の心に火をつけてくれるような人はいないの!と真剣に心の中で叫んでいるかも分かりません。

そう思えば男性のプレゼント選び、相手の女性が本当に欲しがっているものをリサーチするのに何の労力もいらないはずです。

普段の何気ない会話の中にヒントはあちこちにちりばめられているのですからね。