生きるためには、お金が必要である事は誰しもが知っている事です。

例えば、生きるために食べ物を購入するのもお金が必要ですし、安定した生活基盤を整えるためには住みべき家が必要であり、家を借りる、買うのもお金がかかります。

もちろん工夫次第ではお金がかからないようにすることも出来ますが、一般的にはお金を消費して毎日生活をしています。

お金がすべてではありませんが、お金があるのとないのとでは当然選べる選択肢が大きく違ってきます。

お金があるに越したことはないといえます。

では、お金を稼ぐにはどうすればいいかと考えると、当然働いて稼ぐしかないですよね。

働くスタイルは様々ですが、一般的には企業に勤めて社員として働く方が多いといえます。

お金を得る為には働く事が近道であり、それが一般的に考えられる方法ではありますが、中には仕事がないとあきらめてしまっている人もいます。

年齢であったり、能力、様々な面で働く自信がなくなってしまったり、あきらめてしまっている人達がいます。

しかし、仕事がないなんて事はありません。

努力次第で仕事はいくらでも見つけることが出来ます。

今回は仕事を見つけるという事をテーマにして、具体的に見つけるにはどうすればいいのかという方法についてご紹介していきます。

今仕事を探している方、そしてこれから仕事を変えたいと思っている方にはおすすめです。

仕事がないなんてことはありません

仕事がないと感じている方がいるかもしれませんが、厳しい言い方になりますがそんなことは絶対にありません。

世の中にはたくさんの仕事が存在しておりたくさんの仕事が人手不足で困っています。

仕事がないと決めつけているのは自分に自信がない、もしくは自分自身の努力が足りていないだけです。

実際にどんな田舎でもたくさんの求人が存在していますし、たくさんの企業が人を求めています。

仕事がないと感じている人はもしかしたら仕事を心の中で選んでいる可能性も十分あります。

仕事を選んでいるのであれば、仕事を選べる優れた人材になるまで努力する必要がありますし、仕事が選べないなら選べるくらいまで必死に努力をしなければ筋が通りません。

努力もしないうちに仕事がないなんて愚痴をこぼしているのは単なる言い訳です。

目標を持っているなら近づけるように努力すればいい話ですし、やりたい事がないなら何でもいいからとにかく頑張ってみるなど、自分の今の状況に応じた仕事を見つける努力をする必要があるという事です。

その努力が出来れば、愚痴を言う暇があれば自分の理想に近づけるように行動できるはずです。

仕事の探し方を変えよう!


仕事がないと愚痴を言っている人は仕事の探し方が下手な可能性があります。

当然ながら目標を持っていたり自分がやってみたいと思う理想の仕事があるならば迷わずその目標に向かって行動をしているはずなので、迷うと言うこと自体が存在しません。

しかし、目標を持っていなかったり自分のやってみたい仕事がない場合はどういう仕事をすれば良いのか、そして自分にどういう仕事ができるのかということが何もかも分からない状態で無作為に仕事を探してる状態だとも考えられます。

何かを行うにあたりある程度の道筋を立てて考えたり行動しないと、最終的に意味のないことに時間を費やしてしまいがちです。

人生は有限であるからこそしっかりと目標を持った上で行動すべきです。

仕事を探すということも全く同じであり、何の考えもなしにただ仕事を探していたとしても自分の理想とする仕事にたどり着けないばかりか、時間を大きく消費してしまいます。

なので、仕事の探し方についても自分なりに考えてどういう風に行動すべきかということを見つめ直す必要があると言えます。

具体的な仕事の見つけ方については後ほど詳しくご紹介していきますので、今まで仕事探しがうまくいかなかった方に関しては大きなヒントになり得ると言えます。

仕事探しがうまくいかない人こそ自分を見つめなおすきっかけにしてみてください。

仕事がない人必見!仕事の見つけ方

仕事の見つけ方は様々あります。

しかし、最近の時代の特徴をとらえていうなれば、最近はインターネットが発達し、インターネットを使えば、自分が気になる情報などを簡単に検索して収集することが出来ます。

自分自身からも情報を発信できるようになったからこそ、ネットで求人をしたいと考えている企業は人を探していると発信する事が出来ますし、仕事を探している個人はその情報を検索して見つけることが出来ます。

その方法は企業のHPを見てもよいですし、人と企業を結び付けるようなインターネットサイトなどを利用してみるのも良いといえます。

最近ではスマホのアプリなどでも求人に関する情報をまとめたものもありますので、自分の気持ち次第でいくらでも情報収取が出来ます。

具体的にどういう場所・方法で仕事を紹介してもらう、もしくは見つければいいのか、そしてどういうサイトがどういう特徴をもっていて、よりよい仕事を見つけることが出来るのかという事を具体的にまとめてみましたので、これからの就活のヒントにしてください。

無難にハローワーク


仕事を見つける最初の方向としてハローワークに通うという方法があります。

ハローワークと言う言葉を聞いたことが無い方はあまりないと思いますが、公的職業安定組織が運営する職業紹介所といえます。

もともと国民に安定した雇用の機会を確保するということを目的として行なっている行政機関であり厚生労働省が設置をしている施設になります。

略称してハローワークと言う言葉を使われています。

後ほど詳しくご説明しますがインターネットの求人サイトの場合は比較的若い世代を中心とした求人広告を載せている場合が多く、ある程度年齢が上の世代だったり、高齢の方の職業紹介が難しい場合などもあります。

しかし、ハローワークであれば、ある程度年齢が上でも適した仕事を検索できたりもするので、困った時にはまずはハローワークへ行く事が良いといえます。

もちろん専門知識であったり、なにかしらの経歴があったりするならば、問題ない場合も多くあるかもしれませんが、一般的なサラリーマンの経歴であれば年齢は就活において大きな問題になります。

だからこそ、年齢的な問題で踏みとどまってしまっている人はハローワークへ行ってみてください。

もちろん若い世代の方もたくさん利用されているので、広い人から頼りにされている職業紹介所といえます。

検索時には求人番号を利用しよう

ハローワークを利用する際には、まずは受付へ行き、仕事を探したいという風に伝えると受け付けの方が席を案内してくれるので、そこで求人を閲覧することが出来ます。

ハローワークの大きな特徴としてハローワークの取り扱う求人は正社員の求人であったりパートの求人そして臨時雇用求人など全ての雇用体系についてを網羅しているという点です。

仕事を探している人の状況によって自分自身に一番適した雇用条件の仕事を確認することができますので、とても効率的であり時間の短縮にもつながります。

特に仕事をしていない期間というのはなるべく短くしたい人が多いです。

生活をするだけでも一定のお金がかかりますので、なるべく無職の期間をあけてすぐに仕事を探して開始したい方が多いので、そういった要望などについてもハローワークは職業紹介所として魅力的な場所だと言えます。

またそれぞれの雇用形態に関しては求人番号などがついており、一目でその仕事がどういう求人内容なのかということをある程度把握できるようにもなっています。

なので、インターネットサイトなどをたくさん閲覧して様々な情報を整理する時間などは必要なく、自分の状況を把握してパソコンの番号を確認するだけで該当する雇用条件が全て理想の仕事だけを閲覧できるようになります。

必ずハローワークを利用する際には求人番号を確認して検索するようにしてください。

キーワード検索を活用

ハローワークを利用する際にはパソコンに自分自身が気になるキーワードを入力することでそれに該当した求人情報が検索できます。

インターネットを利用するのと大きく違う点としては、検索対象がハローワークに登録されている求人情報のみになるので、余計な検索結果を省くことができます。

例えば具体的な例としてインターネットで求人と検索すると、当然ながら求人情報も出てきますが、それ以外にも求人に関係する別のサイトが表示されます。

例えば求人という言葉の意味を表すサイトが表示される場合もあれば、自分が知りたい求人情報が出てくる場合もあったり、自分が住んでいない場所の求人情報が出てきたりするなど、調べたい単語に起因した内容がすべて表示されてしまいますので、インターネットを使い慣れている人でなければ、知りたい情報をピンポイントで検索ができない場合があります。

特に、情報弱者と呼ばれるようなインターネットが身近にない世代だったり、普段パソコンなどを使い慣れていない世代からすると上手に知りたい情報を手に入れることが出来ません。

だからこそ、普段パソコンなどで上手に検索する事が出来ない人でもハローワークであれば知りたい情報に的を絞って検索できるので、適しているといえます。

キーワード検索を使って知りたい情報を検索する事が自分が探したい仕事をみつける近道となります。

そして、キーワード検索が難しい人でも、ある程度のジャンルにそって仕事がまとめられているので、気になるジャンルの仕事をペンでタッチするだけで検索も出来ますので、パソコンが苦手な人でも安心して検索できます。

転職サイトで探す

ある程度インターネットなどの検索に慣れている世代であれば、インターネットを活用して転職サイトなどを利用する事もおすすめです。

少しでも空いた時間があれば、すぐに検索できるので、忙しい方でも負担がなく利用することが出来ます。

しかし、転職サイトには様々なサイトが存在していたり、それぞれ特徴などを持っているので、どこの転職サイトが良いのか把握するのが難しいという一面などもあります。

当然ながらたくさんの転職サイトを閲覧してたくさんの情報を知ってそれをまとめてどの求人情報が一番良いのかと言う方法が一番満足のいく求人情報を探し出すのが一番満足のいく方法になると思いますが、時間がない方には難しい方法なので、 ここからは転職サイトの特徴をそれぞれご紹介していきます。

ご紹介する特徴をもとに自分が良いと思える転職サイトを利用していただき自分の理想の求人情報を検索するヒントにしていただけると幸いです。

リクナビネクスト

まずご紹介する転職サイトはリクナビネクストです。

リクナビネクストはリクルートが運営している転職サイトです。

転職なら社会人のための転職サイトというキャッチフレーズでおなじみのとても有名な転職サイトです。

毎週水曜日と金曜日に求人内容を更新しており、頻繁に更新してるからこそたくさんの情報に目を触れる機会が多くなり、よりたくさんの情報を入手しやすい転職サイトだといえます。

リクナビネクストを利用する際は無料登録をしていただいて求人を検索する方法になります。

リクナビネクストに登録する事で、得られる大きなメリットとしては、3つあり、1つ目のメリットは会員限定機能の豊富さです。

転職活動を効率化してくれる機能が充実しているので、満足のいく転職活動を行うことができる事に繋がります。

例えば、新着求人がメールで届き、内容を知らせてくれるので、自分が探している情報を見逃してしまうような事がなくなります。

なので、いちいちサイトにログインしなくても、メールでさっと確認できるので、効率的だといえます。

そのほかにも、気になる企業をまとめて保存しておけるので、一覧で管理する事も出来ますし、気になる企業が求人が終わっていたとしても、新しく募集再開した時にメールで知らせてくれるというサービスへも繋がっています。

また、求人に応募する際に、基本情報などを登録しておけるので、気になる企業に応募する際にも自分のこれまでの経歴などを簡単に相手に伝えることが出来ますので、より効率的に就職活動を行えます。

また、2つ目のメリットとして転職活動の幅が広がるというメリットです。

例えば、リクナビネクストに登録する事で、自分の職務経歴や転職希望条件などを記入しておくと、相手企業からオファーが届く場合があります。

あなたに興味を持っていますので、わが社の面接を受けてみませんか?という風に相手からアクションを起こしてくれるので、こちらもチャンスを感じたり、新しい魅力を感じる機会が増えるというとらえ方も出来ます。

相手企業との距離を縮めさせてくれるという嬉しい効果が転職活動の幅を広げさせてくれる事にも繋がるといえます。

もちろん匿名で登録する事が可能なので、個人情報などの対策も万全に行われています。

そして、3つ目のメリットとして転職成功実績の高いエージェントに登録する事が可能というメリットです。

転職サイトを利用した事がない方には聞きなじみがないかもしれませんが、転職エージェントとは専任のキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれるという心強いサービスです。

例えば、職務経歴書や面接などにおいてのアピールの方法を教えてくれたり、強みを引き出してくれるようなアドバイスを行ってくれるなど、様々な面で就職活動を助けてくれる存在です。

どうしても自分自身の力だけでは不安に感じる方もいるので、専門のキャリアアドバイザーにお願いする事によって自分自身の力以上のパフォーマンスを出せる事のにも繋がります。

また、自分自身に合った企業選びなど、様々な場面で力になってくれますので、転職活動についての不安がたくさんある方は利用する事で、安定した就職活動を行える可能性が飛躍的に上がります。

まさに転職活動を大きく支えてくれる転職サイトであるといえます。

マイナビ転職

次にご紹介する転職サイトはマイナビ転職です。

マイナビ転職は株式会社マイナビが運営している転職サイトです。

マイナビ転職にしか載っていない求人がなんと81%も存在しており、他の転職サイトに載っていない情報を得ることが出来る魅力の詰まった転職サイトです。

マイナビ転職も会員登録をして求人情報を検索するサイトであり、各都道府県、そして職種から探す事ができるので、みやすいサイト構成から、自分自身が取得したい求人情報を簡単に閲覧することが出来ます。

また、日本だけではなく、海外の求人情報なども確認する事ができますので、海外で仕事をしたい方にも需要があります。

毎週火曜日、金曜日に更新されている求人情報ですが、なんと8300件も存在しています。

マイナビ転職のHPには、たくさんの特集が組まれており、例えば大手・優良企業の求人特集などがあります。

雇用条件の良い大手などをまとめた特集を見る事で、申し込むきっかけなども生まれますし、自分の転職条件に合った特集があれば閲覧する事で、お勧めの求人情報が一気に手に入ります。

また、転職サポートコンテンツなども充実しており、転職を成功にみちびく転職ノウハウや、スカウトサービス、そして転職を考えている方へのスキルアップ動画を公開しているなど、多くのサポートサービスが充実しています。

転職における診断テストなども多く存在しており、様々な視点から自分の転職活動をよりよくしてくれる転職サイトであるといえます。

大手企業のマイナビだからこそ、転職に派生した例えば転職後のお部屋探しサイトや、マイナビミドルシニアという40.50.60代や主婦に向けた人材サービスサイト、そして無料転職支援サービスなどのエージェントが対応してくれるサイトなど、様々な関連サイト、姉妹サイトなどと連携してサポートしてくれるという魅力もあります。

自分に合った転職活動が出来ますので、転職サイト選びに困ったらまずは選択してみてください。

社会人の転職情報 – エンジャパン

次にご紹介する転職サイトは社会人の転職情報 – エンジャパンです。

エンジャパンはエンジャパン株式会社が運営している転職サイトです。

エンジャパンは毎週月曜日、木曜日に求人情報を更新している転職サイトです。

エンジャパンも無料会員登録をして求人情報などを検索していただくのですが、 エンジャパンが選ばれる理由として、100%独自取材を行っているという点です。

独自取材を行っているからこそ、どういう企業であるのか、どういう雰囲気の中では当たらくことが出来る企業なのか、どういう人材が適していて、どういう思考をもって勤務できる人が向いているのかなど、細かく取材した情報を公開しているので、申し込む前にある程度の会社の特徴を網羅できるので、より自分に適した企業選択ができます。

あなたも過去にアルバイトや就職した企業が自分の想像と違ってしまったという経験はありませんか?
そういった気持ちのすれ違いなどを極力なくすことによって、人と企業双方にメリットを与えてくれています。

また、応募した企業の面接情報などを無料でお届けしてくれるので、気になる企業を登録しておけば、面接までがスムーズに行える可能性も高まります。

また、面接情報が事前にわかる企業別面接対策レポートなども提供してくれているので、より面接対策が行いやすい環境であるという事も大きなメリットです。

チャンスを逃してしまった、面接対策が不十分だった…という事を防いでくれるので、後悔のない転職活動が行えます。

そして、 エンジャパンもほかのサイトと同様に特集が様々あり、例えばおもてなし、サービス業に関する特集や毎週週休2日制の会社、○○(土地)で働く求人特集、フレックス勤務や時短勤務が出来る企業など、様々な観点からの特集が組み込まれているので、求人をたくさん眺めるのがストレスな方でも、自分に合った情報をすぐに取得できます。

エンジャパンはまさに転職活動を大きくサポートしてくれる転職サイトであるといえます。

DODA

次にご紹介する転職サイトはDODAです。

DODAは株式会社パーソナルキャリアが運営している転職サイトです。

主に正社員のお仕事を中心に取り扱っているサイトであり、DODAも様々なサービスにより就職活動、転職活動をサポートしてくれます。

これまでのご紹介してきたエージェントサービスやスカウトサービスは同様に、イベントなどを定期的に開催している事でも知られています。

例えば、DODA転職フェアというイベントは日本最大級の転職イベントで、求人企業の採用担当者さんと直接話すことが出来るチャンスが生まれます。

本来であれば、なかなか気になる企業と関われるのは面接の時が初めてであり、具体的に会社の事を知る機会がほぼありません。

しかし、転職フェアで実際に担当者さんと話す事で、どういう人が働いているのか、もしくは具体的な質問を相手に直接行うことが出来ます。

面接の時よりもある程度フランクに会話も出来ますし、こちらも緊張しないである程度気になる質問を絞って会話が出来ると思いますので、転職活動においてメリットの高いイベントです。

生の情報を入手できるイベントの開催などを行っているDODAは利用して損はありません。

また、合同転職面談会などを行っており、業界や職種など、同じテーマで転職活動を行っている人に対して企業が合同で主催するイベントです。

採用担当者さんと一対一で話す事が出来るチャンスですので、そこで得られる旬の情報や、希望すり職種の人の生の声が聴けるので、こちらも転職フェアと併せて利用していただきたいイベントです。

個別相談会なども行っており、担当の方に転職活動における様々な悩みなどを相談できる場もあるので、より転職活動が充実する事も間違いなしです。

特別コンテンツなども組まれており、自分が希望する職種に沿ったコンテンツを確認する事で、その職業の知識を得たり、特徴をつかむ事でより面接などの場や、今後の考え方に関しても深く思考を重ねることが出来ます。

充実した転職活動に必要な情報がたくさん詰まっているサイトなので、転職活動を行う時には力になってくれるといえます。

身近なところから仕事を見つける!

ここまでは転職サイトやハローワークなど比較的たくさんの方は想像される方法をご紹介していきました。

ここからはちょっと特殊な方法についてもご紹介していきます。

考え付かないからこそ、そこにチャンスが眠っている場合もありますので、実践できる状況であれば一度チャレンジしてみてください。

友人や家族の紹介

企業といっても、要は人が集まって出来ているものです。

人が行っているからこそ、人と人とのつながりがとても大事であることが必然的です。

例えば、あなたの周りにある企業と親しい仲の人、もしくは会社を経営しているという方と知り合いの人は多いと思います。

いわゆる、コネクションを利用して仕事を探すという方法ですが、家族や知人が親しくしている企業があれば、状況によっては紹介してくれる可能性もあります。

実際にそこから優遇されてある程度のポジションを与えてもらった例などもたくさんあると思います。

だからこそ、転職に困った時には周りに相談して良い仕事を紹介してくれる人がいないかどうか探してみてください。

ひょんな事から、すぐに仕事が見つかったりする例などもあるので、困った時にはまずは相談する事が大事だといえます。

中には、フランクな会話だけで採用が決まったりする例などもあり、コネクションの大事さを身をもって味わう事ができるといえます。

取引先

取引先の人の会社に転職が決まる場合もあります。

あなたが務めている企業が取引先を持っており、長い付き合いであれば、ある程度会話をする機会なども多くあると思います。

会話をしてコミュニケーションを取る事で、親しくなり、様々な事を相談できる機会も生まれます。

親しくなれば、困ったことがあった時に声を掛けてくれる事にも繋がります。

例えば、具体的な例としては取引先との商談の時に、実はもうやめる事になったんで担当が変わります、という事を打ち明け、どこへ転職を?という質問から自然と相手は聞いてきます。

そして実は転職先が決まっていない、という話をしたりする事で、もし相手企業が求人を出しているなら、よかったらうちで働きませんか?という声を掛けてもらえる場合があります。

普段の仕事をまじめにこなしていれば、このような取引先への転職というチャンスも生まれます。

人と人との繋がりを大事にしていれば、何かしてあげたいという気持ちが生まれ、チャンスが巡ってくる事もあるという事を理解してください。

仕事がない状態はない!まずは行動してみよう

実際に転職サイトを閲覧してみたり、ハローワークへ行ってみたりするなどをするとわかりますが、求人はたくさん存在しており、仕事がないという状態はありえません。

行動できていない人こそ仕事がないという愚痴を吐き出したりしています。

だからこそ、行動してよりよい仕事を見つけることが大事です。

考え方を変えて、自分に合った仕事選びができるように工夫する必要があります。

そのためには具体的にどういう考え方、そして行動をすればいいのかという事も簡単にご紹介していきます。

仕事につながる好きなことをリスト化

仕事は自分の好きな事や趣味に沿って考えると自分に合った仕事選びが出来る可能性が高まります。

例えば、体を動かしてコミュニケーションを取るのが好きな人が事務などを行っていても自分に合った仕事だとはいえません。

営業職の方が多くの人と関われますし、話も出来ます。

という風に自分が好きな事をリスト化してみてください。

箇条書きでもなんでもいいので、ノートなどに自分の仕事に繋がる特徴を思いつく限り書き出していき、その特徴が多く該当するような職種に的を絞る事で、ギャップを感じない適した仕事選びが出来ます。

やりたくないこと・できないことを明確にしよう

やりたくない事や出来ない事は誰しもが存在します。

確かにやる前からあきらめたり、逃げるのはいけない事ですが、仕事とするなら自分に合った仕事をするほうがパフォーマンスにも繋がりますし、企業としても好きな人にしてもらいたいのが良いので、双方にメリットがある関係の方が良いといえます。

だからこそ、自分がやりたい事、そしてやりたくない事をまずは考えてください。

絶対にやりたくない事があるなら、その内容と関係ない仕事につくべきですし、自分が足りたい事があるならその内容が行える仕事に就くべきです。

単純な内容かもしれませんが、必ず確認しておく事で間違いを防げますので、必ず行ってください。

仕事がなくても焦るのは禁物!見つけ方をマスターしよう(まとめ)

今回は仕事選びの方法を様々ご紹介し、自分に合った仕事選びをする上での大切なポイントについてもご紹介しました。

男性は仕事に携わる年数はかなり長いので、人生のひとつのテーマにも繋がるといえます。

だからこそ自分がしたい仕事を行う事がストレスを感じないひとつの方法にもなりますし、より充実した人生を歩むためにも必要な事です。

それだけ仕事という存在が大きな物であると理解した上で、自分に適した仕事選びを本気で行ってみてください。

失敗してしまうと、自暴自棄になったり、自信がなくなってしまう事へと繋がります。

時間がかかる転職活動だからこそ、時間がかかっても良いので自分が納得できる転職活動を行うべきです。

これから転職活動を行う方は前向きな気持ちを持ち、あきらめずに自分の転職活動を行ってみてくださいね。