人間には様々なコンプレックスが存在します。

例えば、外見の一部や顔のパーツに関してコンプレックスを抱いていたり、見た目には見えない内面に関する自分自身の特徴、自分自身の過去のいわゆる黒歴史など、考えるときりがないくらいたくさんの事が存在します。

人によって恥ずかしい、コンプレックスだと感じる面は様々ですが、大体の方がコンプレックスとして感じる共通点は多かったりもします。

その中でも多くの方がコンプレックスに感じやすい身長というジャンルについてご紹介します。

身長でコンプレックスといえば、身長が小さい事によるコンプレックスを感じる方が圧倒的に多いです。

特に日本人は全世界で見ても比較的小柄な身長の方が多いので、海外に比べるとどうしても平均身長などは低くなります。

その中でもさらに低いとなるとコンプレックスに感じてしまうのはしょうがない部分があるかもしれません。

しかし、人間の魅力は身長だけではありません。

身長が低くても、逆にだからこそ魅力を持っている人はたくさんいますし、逆に低身長だからこその魅力が存在します。

今回は低身長の魅力をテーマにしてご紹介していきます。

低身長な有名人は?

日本の芸能人でも身長が低い芸能人はたくさんいます。

芸能人はみんなスタイルが良くて容姿端麗でというイメージがありますが、そんな事はありません。

芸能人でもスタイルが悪かったり、身長が低い人は存在します。

ただ、それだけではない魅力は豊富に持っている人が多いです。

人間の魅力は身長だけではなく、それ以外の物をたくさん持つことが大事です。

特に身長は生まれ持った遺伝子などで決まってしまう事も多く、どうしようもない事にひとつにもなります。

どうしようも出来ない、自分のせいではない事をぐちぐち悔やんでも何も始まりません。

そんな事よりも、自分の努力で手に入れられるものをたくさん掴んだ方がはるかに良い考え方だといえます。

そんな収まりきらない魅力を芸能人の方はたくさん持っている場合がほとんどです。

ここからは身長が低い芸能人についてご紹介していきます。

みんなが知っている人もいれば、高そうだと思っていたけど、以外だと感じる人もいるかもしれません。

男性

まずは男性の低身長な芸能人についてご紹介していきますが、その前に日本人の男性の平均身長は2015年の平均データを参考にすると17歳の時点で170.7cmと言われています。

海外と比べると、どうしても低い数値にはなってしまいます。

しかし、他の国ではもっと平均身長が低い国などもありますので、かなり低いかといわれるとそうでもありません。

しかし、平均身長なので、この身長よりも高い人がいますし、小さい人も当然存在します。

一般的に平均身長よりも身長が低ければ、少し身長が小さい小柄なイメージをもたれてしまいがちです。

その上で、男性芸能人の身長についても見ていきます。

池乃めだか

まずご紹介するのは池乃めだかさんです。

池乃めだかさんは1943年7月3日生まれのお笑い芸人です。

お笑いに関してあまり詳しくないからでも知っている方は多いと思います。

池乃めだかさんの愛称はよく若手芸人からは師匠と呼ばれていますが、一部からはちっさいおっさんという風に称されています。

ではいけのめだかさんの身長についてご紹介します。

池乃めだかさんの公称身長は149cm と言われています。

日本人の平均身長が170.7cmいうことを考えるとかなり小柄な男性芸能人と言えます。

平均身長よりも20cmも低いので、ちっさいおっさんという相性がよく理解できます。

身長に関するエピソードとして、大阪道頓堀の食い倒れ人形よりも低く、さらには自分自身の娘が小学生の時に身長を追い抜かれてしまったというちょっと悲しいエピソードも持っています。

ちなみに、なんばグランド花月にて仕事があった時に自家用車で通勤をしていたそうなのですが、身長が低いので外から見た時に自分自身が見えづらかったのか、無人の自動車が走っているという通報を周りの人が行い警察署に取り囲まれたことがあったというエピソードもあります。

さすが身長が低い事による様々な面白いエピソードを持っていると言えます。

ここまで面白いエピソードを持っているのは池乃めだか師匠がダントツになるのではないでしょうか。

ちなみに公称身長が149cm お伝えしましたが実際は145cmしかない事が判明しているそうです。

猫ひろし

次にご紹介する低身長男性芸能人は猫ひろしさんです。

猫ひろしさんは1977年8月8日生まれのお笑い芸人です。

今現在は日系カンボジア人のお笑いタレントであり、リオデジャネイロオリンピックカンボジア代表としてマラソンに出場しています。

2011年よりカンボジア国籍を取得しているほどのマラソン大好き芸人とも言えます。

そんな猫ひろしさんは身長は147cmであり、かなり小柄だといえます。

しかし、カンボジア国籍を取得した際には151cmと公表されていたので、身長が少し凹ていることが判明しています。

先ほどの池乃めだか師匠よりは若干高いですが、それでもあまり差はないといえますね。

猫ひろしさんも低身長だからこそのエピソードをたくさん持っており、小さいころから身長は低かったのに、それでいて顔が老け顔だったので、どうしても子ども料金でバスに乗れなかったという悲しいエピソードなどを持っています。

たびたび自分自身の身長が低い事に関してもネタにしており、それで笑いを取っている事もあります。

先ほどの池乃めだか師匠もそうですが、身長が低いなどのコンプレックスをネタにして、笑いを取るくらいの気持ちでいる方が自分自身も楽ですし、強い人間であるとも感じることができます。

うじうじ悩んでいつまでも傷つくくらいであれば、それをネタにして自分自身や周りを明るい気持ちにさせることはとても良い事だといえます。

女性

次に女性の低身長な芸能人についてご紹介していきますが、その前に日本人の女性の平均身長は2015年の平均データを参考にすると、17歳の時点で157.9cmと言われています。

どうしても女性は男性と比べると身長は低くなりますので、平均身長も低くなって当然です。

元より小柄な体形が多いので、それ以上に小柄となるとかなり小さい印象を持ちますよね。

男性の場合でも女性の場合でも小柄であるという事は可愛いという印象を持たれやすく、特に女性の場合には守ってあげたいと感じる男性も多いかと思います。

中には身長が低い人が好みだという方も多く、小柄な女性だからこそ得をする場面なども数多く存在しそうです。

実際に相手と会うとわかるかもしれませんが、テレビの中ではなかなか身長などは伝わりづらいので、驚かれる方もいるかもしれませんが、有名芸能人の身長を見てみましょう。

矢口真理

まずご紹介するのは矢口真里さんです。

当然知っている人の方が多いと思いますが、改めてご紹介させてください。

1983年1月20日生まれであり、身長は145cmとかなり小柄な身長です。

しかし、先ほどご紹介した池乃めだか師匠と同じ身長という事がわかります。

元々はモーニング娘で歌手としてデューしており、今ではタレント業などで活躍している女性芸能人です。

モーニング娘としてデビューした時にも、その中でも身長が特に低いメンバーでユニットを組ませて、ミニモニとして活躍もしていました。

矢口さんに関しては、結婚をした時に相手の中村昌也さんがかなり高身長で、その身長差が話題になった事が有名で、記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。

ちなみに中村昌也さんの身長は192cmといわれており、単純計算すると47cmも差があるというかなり凸凹カップルとしても称すことが出来ますね。

最終的には矢口さんの不倫という形で離婚をする事になってしまったのですが、そういった背景などもあり、矢口さんが低身長であるという印象はかなり広く認知されているといえるでしょう。

高橋みなみ

次にご紹介するのは高橋みなみさんです。

これはけっこう意外だと感じる方も多いと思います。

高橋みなみさんは1991年4月8日生まれで、AKB48にて初代総監督を務めた人物です。

ちなみに身長が148cmであり、かなり小柄ですが、あまり低身長のイメージを持っている方は少ないかと思います。

テレビで見るのと実際に見るのではかなり違いますので、わかりづらいかもしれませんね。

今でこそ有名なAKB48ですが、最初は地道な活動からスタートしている苦労人で、そんな中で初代総監督としてメンバーを引っ張ってきたという事はとてもすごい事であるといえます。

見た目は低身長のかわいらしい女性かもしれませんが、内に秘めた情熱はとても大きいものがあるといえるでしょう。

ちびな人の隠れた10個の魅力とは?(女性編・男性編)

代表的な低身長な芸能人をご紹介しましたが、ここからは低身長に隠れた溢れる魅力についてご紹介します。

身長が低いと言う事は一般的にはコンプレックスとして捉えられがちですが、裏を返してみるとさまざまなメリットも存在しています。

あることについてコンプレックスと捉えるか、それともメリットと捉えるかということは自分自身の考え方を変えることによって如何様にも変えることができます。

何事においてもネガティブな考えよりも、ポジティブな考えの方が自分自身にとっても良い選択であるといえます。

だからこそ目につきやすいネガティブな点ではなく、ポジティブな点を常に意識するように工夫してください。

良い面を理解すれば悪い面は少しくらい目をつぶれる様になると思います。

溢れ出る魅力を利用してコンプレックスを無くす考えへ、シフトしてみてください。

女性編

まずは女性の低身長であるメリットについてご紹介していきます。

女性の場合には、あまり深刻にとらえる必要もないかと思います。

必要以上に意識している方もいるかもしれませんが、女性には大きな武器としてヒールが存在します。

ヒールを使えば、中には10cm以上もサバを読めるヒールもありますので、かなり印象を変えることが出来ます。

それに、低身長もメリットがたくさんありますので、外出している時はヒールを使って、家にいる時にはギャップを与えるなどの作戦を行う事も出来ますので、二つの面を使って相手に可愛さをアピールする事が出来ます。

考え方によっては、身長を高く見せられる場合と低く見せられる場合の二つの面を持っているととらえると、少しお得に感じられるようになるのではないですか?

それ以外のメリットに関しても一気にご紹介していきます。

常に前向きでポジティブな気持ちを忘れないようにしましょう。

1.若く見える

低身長である故のメリットとして若々しく見られることが出来るという点です。

例えば、身長が大きいと、どうしても成熟している風にとらえられてしまい、よく小学校などで身長が大きい人が大人っぽく見られている光景を見たことがありませんか?

特に女性はその傾向が強いので、ある程度スタイルが良かったりするとどうしても大人にみられてしまいがちです。

それに比べて、低身長であると子どもっぽくみられがちになります。

子どもの時には大人になりたいと感じていたかもしれませんが、大人になると今度は若く見られたいと思うようになります。

そうなった時には、低身長は大きな武器になります。

本来の年齢よりも若く見られがちなので、年齢を少しくらいサバ呼んでもバレない場合もあったり、本来の年齢を伝えても若いと相手から褒められる事が多いです。

若々しく常にありたいと思うのは人間であれば当然です。

現実的に低身長の人は若く見られやすいので、とてつもないメリットがある事を理解してください。

小さくて可愛い

女性の低身長は小さくて、小柄で可愛らしいという印象を強く与えてくれます。

特に男性に関しては女性を守ってあげたいと思うものですが、大きい女性よりも小さい女性の方がか弱く、守ってあげたいと強く思う場合が多いです。

だからこそ、小さい女性は男性からも優しくされがちであり、小柄な女性が好きという男性の割合はけっこう多いです。

可愛らしい印象を簡単に作れるので、恋愛面においてもラッキーな場合があったりもします。

もちろんない物ねだりなので、セクシーな印象を持ちたいと悩む人もいるかもしれませんが、ヒールを使ったり、メイクやファッションなどでも如何様にでもセクシーは作る事は出来ます。

セクシーと可愛さを兼ね備えた魅力を自分自身は持っていると強く自信をもって見る事が大事であるといえます。