やはり、人生何事も順調にと言うわけにはいきません。

人生においてどうしても嫌な事はあるのです。

その中の1つとして失恋があります。

恋愛をすれば、「この人とずっとに一緒にいれればいいな。」と思ったり、ゆくゆくは結婚したいと思うこともあるかもしれません。

だけど、残念ながら失恋はその淡い願いを断ち切るものです。

特に、相手から振られる形での失恋は大変辛いものがあります。

ですが、失恋したからといって、全てを投げ出すのは難しいです。

仕事もあるし、失恋しても今や今後の自分の生活があります。

ですので、失恋したら傷つくし立ち直るのが難しいように思いますが、ゆくゆくは立ち直って行かなくてはいけません。

その立ち直るまでのプロセスはなるべく短い方がいいですよね。

では、どうして失恋すると非常にショックで立ち直れないように感じるのかということや、失恋から立ち直るための足がかりを色々と見ていきましょう。

失恋から立ち直るためには・・・?

人生において1度や2度ぐらいは経験するするんですが、この失恋がショックである理由というのをもう少し堀さげて見ていたらどのようなものがあるのでしょうか。

また、失恋のショックから立ち直るにはどうしたらいいのでしょうか?

失恋はショックなことだからなかなか立ち直れないのも仕方がないところがあります。

だけど、いつまでもふさぎこんでいても精神的に良い影響はありません。

では、具体的に失恋するとなかなか立ち直れない理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

失恋からなかなか立ち直れない理由

失恋するととてもショックですよね。

女性ももちろん失恋をするとショックですが、男性も同じ位いやそれ以上にショックです。

男女平等とは言われてはいるけれど、基本的にまだまだ恋愛においても男性がリードするところはまだまだあります。

ですので、恋愛の主導権も男性であることも多く、その主導権を握ったにもかかわらずうまくいかなかったことが失恋のショックにつながることが多いようです。

あと、やはり男性としても女性に泣かれたり嫌な思いをさせるのはあまり気持ちの良いものではありません。

いろいろな自己嫌悪などが渦巻くこともあるでしょう。

1.大きなものを失ったから

やはり、恋愛関係において相手は非常に大きな関係です。

女性は、男性の恋人が全てとなってしまうかもしれないけれど、男性はどちらかと言うと友情も恋愛も両立させることができます。

ですので、女性ほどぽっかりとという感じではなくても、やはり男性にとっても恋人は大きな存在です。

やはり、どうでもいい人間や関係が薄い人を失うのと、親密に付き合ってきた恋人がいなくなるのとでは、だいぶ精神的なウェイトが違います。

だから、失恋すると男だってショックなのです。

また、一口に失恋といっても、片思いで告白してもうまくいかなかったタイプの失恋も確かにはショックなのですが、何年も親密な関係を築いてきた上での失恋は、やはり後者の方が痛手は大きくなります。

ですので、「男なのに情けない!」と言われるかもしれないけれど、もしかしたら失恋のショックを引きずるのはもしかしたら女性以上なのかもしれません。

2.自分が情けなくなるから

やはり、どんなに自分に自信のある人だって、もし失恋をしてしまえば自分に自信をしなってしまうことがあります。

1人の人とうまくいかないのだから、自分はこれから他の人とうまくいかないのではないかと思ってしまうこともあります。

1つの恋愛を成就させることができなかった自分が情けなくなってくるのです。

確かに、失恋なんて周りにいくらでもありますし、冷静になるとただの人生の一コマだと思うようにはなるのです。

だけど、その最中に冷静にそう考えるの難しいものがあります。

今、失恋の真っ只中で自分を情けなく思っている男性も多いかと思います。

だけど、きっと冷静に考えて、ただの人生の1コマだった、良い経験だったと思える日が必ず来ると思います。

確かに、その彼女とは縁がなかったかもしれないけれど、次に良い女性と出会っていれば、この女性と出会うためのプロセスだったのではないかと思えるようになるのではないでしょうか。

3.相手を傷つけてしまった罪悪感

やっぱり、失恋をするからには何か相手が自分に対してマイナスの感情持ったということをが言えると思います。

ですので、相手を傷つけてしまった罪悪感はやっぱりあります。

もし、この場面でこのようなことを言ったらよかったのではないかと思ったり、逆にこの場面でこのようなことを言わなければよかったと思うこともあります。

特に女性は察する能力が高いことから、男性にも同じようなことを求めてしまう傾向にあります。

だけど男性は女性のようにうまく物事を察するのが苦手な人も多いのです。

そのようなことから、このようにすればフラれずに済んだのではないかと思うこともしばしばあります。

確かに、「言ってくれればよかったのに!」と思うことも多いかもしれません。

ですが、やはり女性はみんながみんなそうだとは言いませんが、そのような傾向がありますので、その失敗をもとに次の恋愛に活かしていこうと前向きに思えるような姿勢も大切なのかもしれません。

失恋から立ち直るための方法1:一人旅に出る

友達と旅行に行くっていうのももちろん楽しくてありなのですが、やっぱり気持ちの整理と言うのは1人でゆっくりとしたい男性も多いですよね。

そこでオススメなのは一人旅です。

1人だと、旅行で周りの友達に気を使いながらという事はなく、自由気ままに旅行することができます。

どのような旅行プランにするかにもよりますがツアーとかでなければ、朝目が覚めて当初の予定は例えば東に行く予定だったけどやっぱり西に行ってみようと言うような気楽な旅をすることができます。

また、1人で旅をしていることによって、旅先で出会った人の親切に触れると、それが大変胸に沁みます。

全く知らないところで、全く知らない人の親切に触れることで、心がリフレッシュしていくこと間違いなしです。

ですので、失恋の傷を癒す旅行としては一人旅が最適です。

見知らぬ場所へ、できるだけ遠く

場所は、失恋を癒す旅行ですので、全く見知らぬ土地がいいです。

間違っても彼女と行ったことのある旅行先は避けましょう。

そこには、彼女との思い出があるので、失恋の傷を癒す旅行になるどころか、思い出に浸ってしまって暗い気持ちになることがあります。

ですので、今まで全く行ったことがないところに行くと良いでしょう。

そして、場所はできるだけ遠くがお勧めです。

この際、会社の休みを取って海外旅行に行くのもいいかもしれません。

気持ちをリフレッシュさせる方法としては、自分が普段全く行こうなんて思い付かないようなところに行ってみるといいかもしれません。

日本人のツアーとしては非常にマイナーなところに行ってみるというのも良いのではないでしょうか。

ただ、オススメとしては基本的に英会話ができる人でないと、いざと言う時に困ってしまうので、そこは気をつけましょう。

「海外は飛躍しすぎ!」と言うことであれば、日本でもいろいろなところがあり、いろいろな人をもあります。

では、日本各国にある離島はいかがでしょうか?

なかなか日本の離島は八丈島や宮古島などのリゾート地でなければそこまで「行ってみよう!」とならない人も多いかもしれませんが、離島にはのどかなところも多く良いリフレッシュになります。

あえて写真は撮らず、心の記憶に風景を収める

この失恋の旅行の時にあえて写真をとらないことが大切です。

それは何故かと言うと、失恋を癒すための旅行なので、その写真を見るたびに失恋で傷ついた当時のことを思い出してしまうことがあるからです。

ですので、ここでは写真は撮らず、あえて心の記憶に留めましょう。

写真に撮らなくても、傷ついた心に染みるような美しい風景と言うのは人生でずっと残ります。

よく言われているのは、子供の頑張っている姿を運動会で撮影しようと思うと、カメラの方ばかりに集中してしまって、あまり子供の活動について覚えていないことがあるようなのです。

ですので、子供の応援の時は、カメラ撮影ではなく肉眼で見る方を進める人までいます。

ですので、そのような意味合いからも、あえて写真をとらないのは悪い選択ではありません。

失恋から立ち直るための方法2:とにかく寝る

この方法は、とにかく気楽にすることができます。

仕事など必要なことあるかもしれないけれど土日休みの時などはとにかくひたすら寝ましょう。

飲み過ぎは良くありませんが、もしお酒が飲めるのであれば飲んでから寝るのも良いでしょう。