世の中には様々な仕事が存在していますが自分に合った仕事を探すのはとても難しいことだと思いませんか?

自分自身がしてみたいことがわからないという方はかなり多くいらっしゃるかと思います。

実際に今している仕事が本当にやりたいことなのか、心の底から楽しいか?と聞かれたときに、首を縦に触れる人はそこまでいないかと思います。

もちろん心の底から楽しいと思って仕事をしている人がいることも事実ですが、お金の為に仕方なくしているという方もいるのが事実です。

年齢は関係ないかもしれませんが、若い年齢の方よりもある程度年齢を重ねている人の方が方向転換はしにくいという状況もあり、やりたい仕事が見つかっているにもかかわらず実行に移せないという方も多く存在しています。

実際に仕事に携わることで楽しみが湧いてくることもあるかもしれませんが、一番良いのは自分が心から行ってみたいと思った仕事を早い段階で行うことが一番良いと言えます。

だからこそ仕事選びはとても大事なことであり自分に合った仕事を選びをすることが仕事選びをする上で重要な項目になり得ると言えます。

自分に合った仕事がどんなものか知りたくありませんか?

今現在自分に合った仕事を行われている方は、仕事選びにおいての問題点を感じていることはないかと思います。

しかし今自分が行なっている仕事に対して満足していない人もしくは、どうしても楽しいと思えないと感じている人は自分自身にあった仕事、そして自分自身が本当にしてみたいと思う仕事がどんなものなのか知りたいと感じたことはありませんか?

男性女性どちらもいるかもしれませんが特に男性の方は、人生の大半を仕事にささげていますよね。

だからこそ仕事に関しては納得のいく仕事をしたいと思いますし、心の底から楽しいと思える仕事を見つけたいと思うのは当然の考えであると言えます。

逆に自分自身が楽しんでいないと感じるのは自分自身が一番理解しているかと思います。

今現在、自分自身が本当にしたい仕事が見つかっていない方は、是非自分自身を見つめなおし、やりたい仕事を見つける事に時間を割いてみてはいかがですか?

時間を惜しんでも、自分自身が納得する本当にしたい事を見つけることは、たった一度に人生において、非常に価値がある事だといえると思います。

自分に合った仕事を見つけるためのポイント3選

自分自身に合う仕事を見つけるためにはどうすれば良いのかと悩んでいる人も多いと思います。

今の仕事に満足はしていないと感じでも具体的にどういうポイントを押さえて考えるべきかということが分からない以上は、自分自身が納得できる答えを出すことに時間がかかってしまう場合もあると思います。

そもそもの考え方自体が分からないという方もいるのでそういった方にはまずは自分自身に合った仕事を見つけるためのポイントを理解することが大事だと言えます。

的確な考え方をしなければ同じ失敗を起こしてしまう可能性もありますし、そもそも仕事は気軽に変えたりするようなものでもないので、出来る限り失敗を少なくしたいと考えれば当然のことだと思います。

今回は自分自身に合った仕事を見つけるためのポイントをご紹介していきたいと思いますので、これをきっかけとして自分自身の答えを出してみてください。

①目標をはっきりさせる

まずはじめにお伝えする大事なポイントとして目標をはっきりとさせるという項目が重要になります。

あなたがもし何かを始める場合、 失敗したくないと感じる時にはどういう行動をとるかということを考えてみてください。

失敗したくないという事は、失敗しないためにある程度の道筋を決めたり、目標を立てるという行動を取る事が多いかと思います。

例えば、仕事においてもプライベートにおいても、これから頑張りたいと思う事に関しては自分なりの目標を立てると思います。

目標を立てることによって、その目標に到達するために自分自身が頑張ることが出来ますし、いま自分がどういうポジションにいるのかということを把握することにおいて非常に重要になるからです。

例えば、会社でも良い結果や数字を出すために、毎月必要な数字などを計算して出したり、ダイエットなどをする場合でも、どれくらいの体重を減らすなどの目標を立てますよね?

それとまったく同じ考え方です。

なので、自分に合った仕事を見つける時にもこの目標はとても役に立ってくれます。

ここからは具体的に目標をはっきりさせるということのメリットについて詳しくご紹介していきます。

目標を立てる際の確認項目としても活用してくださいね。

自分自身を知ることが大事

まずはじめに自分自身を知ることが大事だと言うことを理解してください。

自分自身を知っておかなければ自分自身が本当にやりたいことだとわかるはずがありません。

自分のことなんて自分が一番わかってるよ、と思うかもしれませんが意外と自分自身のことを細かく考えたりすることは普段ない場合が多いです。

漠然と目の前のことに対して考えたりすることはあるかもしれませんが、自分自身を振り返ってすることは意外と少ないのです。

だからこそ灯台下暗しという言葉があるように、よくよく考えてみると自分はこういう人間だったということに気付かされることもあります。

定期的に自分自身を客観的に見てみることが、自分自身をより細かく知ることにつながるので、一歩引いた目線で自分自身を冷静に分析してみてください。

自分がどういう人間性を持っているのか、自分はどういう性格なのか、 自分は何をしている時が楽しいと感じるのか、どんなに細かい事でも一つ一つ自分の性格を分析してみることによって、自ずと自分がどういったことに適しているのか、どういったことが好きな可能性が高いのか、最終的に導き出すことができると思います。

過去を分析してみよう

自分自身を知る上で過去を分析してみる事が一つの手がかりとなります。

例えば過去の自分を分析してみることで自分がどういう人間なのかということを知ることにつながります。

具体的にお伝えすると、子供の頃から遡ってみてください。

自分は客観的に見てどういう人間であったかということを考えてみると、例えば活発な性格である方がいたり、あまり前に出ることが好きではない性格だったりと、大まかに自分の性格を分類することができると思います。

大きく分類して考えた後に、自分がどういうことが好きであったかということも考えてみるとなお良いと思います。

例えば活発な性格なのであれば、人と人とのコミュニケーションを取ることがとても好きであったということにも繋がるかと思いますし、自分はあまり前に出ないタイプだけれど、細かいことが大好きでコツコツした作業がとても得意だったということが分かると思います。

考えてみることはどんなことでも大丈夫です。

はじめに考えるのは大きく自分を分類できることを考えてみたうえで、後は小さい事をなるべくたくさん導き出してみると、わかりやすいかと思います。

全てを導き出した時に全体的に導き出した答えを見てみた時に自分自身がどういうタイプの人間なのか客観的に分析することができると思います。

コミュニケーションに自身があるのであれば、営業の仕事が向いているという風に分析もできますし、細かいコツコツした仕事が向いていると判断すれば、プログラマーなどの地道な作業を行う方が自分の性格には向いていると判断する事ができ、必然的に自分に合った仕事を絞り込む事に繋がるのです。

今と過去の共通点で見つけてみよう

過去分析してみることが手がかりになるとお伝えしましたが、今を知ることも大きな手がかりの一つになります。

人間は日々考え方や行動などは変わりやすい生き物です。

例えば、自分自身の考え方がずっと変わらないという方がいるかもしれませんが、それはあまり意識していないだけであって10年前から考え方や行動などが全く変わってないという方はあまりいないと思います。

しかし、その中には変わっていない事が存在しているのも事実です。

考え方や行動が変わる背景には、自分自身の中で影響力の高い人が影響を与えてくれる場合もあれば、テレビやインターネット、本などで得た情報などから考え方や行動が変わるということも十分に考えられます。

毎日生きていく中でたくさんの人と関わっていくのが人間であり、人との出会いによって何かしらの影響を受けるのが人間です。

だからこそ、過去を知ることも大きな手がかりになりますが、今を知ることも大きな手がかりになります。

過去の自分を知った後に、今の自分を再確認し、今と過去の共通点を考えてみてください。

共通点が存在するということは、その共通点はある程度の時間が経ってもずっと変わらずに自分の中に持ち続けている答えになるということです。

変わらない答えを持ち続けているということはそのことに対して確固たる思いがあるということになりますので、今後も変わる可能性は低いですし、強い考え方を持っているという事の証明にもなります。

もしその導き出した共通点が何らかの仕事に活かせるものになるのであれば、あなたはその考え方を活かせる仕事をするべきです。

自分自身の考え方に納得でき、行動できるその共通点を活かせる事は、自分自身に合った仕事を見つける上で、大事な事へと繋がります。

将来の自分を考える事が重要

過去と現在を知ることが自分自身をより深く知るためのきっかけになるとお伝えしました。

過去と現在とくると今後は未来になりますが、 未来を見据えて行動するということもまた一つの大事な考え方になります。

過去と現在を知ったことで変わった点もあれば変わっていない点もあるということを理解することができると思いますが、そこで今後の自分はどうなって行きたいのかということをさらにプラスして考えてみてください。

過去と現在の延長線上に自分の未来を置いた時に自然と今後どういう風になっていきたいとかという目標を掲げることができます。

目標を立てるということは、今後のことを先読みし、未来でその目標を達成できるように今どういう行動をすべきなのかという事を自分自身が把握することへとつながります。

さらにお伝えすると、目標を掲げる時には無理のない目標を掲げることが大事です。

絶対的に無理だという目標を掲げても、現実的に不可能なことについては目標を立てる意味が薄くなってしまいがちになります。

例えばあなたが営業マンだったとして毎月の契約獲得数が20本が平均だったとします。

そんな状態でも目標を100に設定しても到底無理な事ですよね。

なので、目標を立てる際には、今の自分よりも少し上の目標を立てるようにしてください。

具体的には、毎月の契約獲得数を30にする、30にするには、毎月の10日の休みを考慮すると、2日で3件の契約を取らないといけないなど、掘り下げて考えるようにすることが出来ます。

これを踏まえて、目標を立てる時には具体的な方法を考えながら、現実的な目標を立てるようにしてください。

目標の立て方をマスターする事で、自然とどんな事に対しても対応できるようになりますので、自分自身に合った仕事を見つけたいならば、それを見つけるための目標を立てられるように目標を立ててみてください。

②視野を広げ自分自身を成長させる

自分自身に合った仕事を見つけるためには視野を広げることで自分自身を成長させることでつなげることが大事だといえます。

狭い視野で物事を考えても、良い答えが導き出すない場合があります。

広い視野を持つことで細かいことに気づくようになり、自分自身の知識を深めることも出来ますし、さらに、それが自分自身を成長させることへとつなげることができると言えますので、自分自身の武器へと変化していくようになります。

視野を広げて自分自身を成長させるには具体的にどういうことをすれば良いのか考えていきたいと思います。

自分自身の価値を高めたいと考えている方には必然的に行うべき方法になります。

この機会に自分自身を成長させるきっかけを掴んでみましょう。

普段と違う環境は視野を広げるチャンス

自分自身を成長させる良い機会を説明すると、環境を変えるということが視野を広げることへのチャンスへと繋がります。

もちろん慣れ親しんだ環境は自分自身の最高のパフォーマンスを出すための大事な項目になる場合がありますが、常に同じ環境でいるよりも、自分がいる環境をガラッと変えることで自分自身が成長することにつながるきっかけになる場合があります。

例えば環境を変えることで、普段は何なく行えていたような事も、行う事自体が難しく感じたりする事もありますし、それが原因で何事もうまくいかなかったりする場合が生まれます。

極端な例かもしれませんが、ボクシングをしている選手が普段の練習で走り込み行ったりする場合があるかもしれませんが、時々砂浜で走り込みをしたりする場面を見かけることもあるかと思います。

環境を変えることで、今まではそこまで負担がなかった走り込みという作業が、とてつもなく難しいことに感じるようになります。

普段と違う環境というものは、それほど自分自身に負荷をかけることにつながるのです。

しかし、その辛い環境を乗り越えたり、その環境に適用できるように自分自身が努力をすることで、今までにない力を身に付けるきっかけになります。

走り込みを例にすれば、砂浜に負けない強い足腰を手に入れることが出来ますし、仕事において環境のせいで難しかったことが、新しい知識を得ることによって問題なく行えるようになったりすることへと繋がります。

極端な例かもしれませんが環境を変える事は、実力を身につけるチャンスであり、新しい知識経験を積むことであなた自身の視野を広げるチャンスへと繋がるのです。

苦手なことを克服して自信をつけよう

自分を成長させるチャンスとして自分自身が苦手なことを克服することが大事といえます。

ピンチはチャンスという言葉があるように、普段から苦手としているものを克服することは自分の能力を高めるチャンスであると置き換えることができます。

苦手な事に真正面からぶつかることはとても勇気がいることですし、多少労力が必要な事なので、進んで行いたくない気持ちも分かりますが苦手なことから逃げているだけでは成長することはできません。

むしろ早い段階で苦手な事に気づけた事をありがたく思い、悩む暇があったら行動して克服することで、二度とその問題に対して苦手意識を持たないようにすることが大事です。

極端な話かもしれませんが、自分自身が苦手とすることを一つずつ克服していくと最終的には苦手なものがなくなり、何をするにしても自信を持って行うことができます。

自信を持つと人間は様々な意味で成長します。

自信を持っている人と自信を持っていない人は見比べてみるとすぐにわかってしまいます。

自信がない人は、おどおどした行動や表情をとりがちになりますが、自信を持っている人は真っ直ぐと前を見据えて常に堂々としています。

自信を持つことによって自分自身を1ランク上の自分へと成長させることにつながるので、苦手な事から逃げないようにしましょう。

人と積極的に係わってみる

社会生活において人と人とのコミュニケーションは大事なものであり必然なことです。

自分が今置かれている会社の立場を考えてみてください。

おそらく、常に誰かと協力して仕事をしたり、誰かに仕事を依頼されたり、誰かに仕事お願いしたり、人との関わりは絶対的に存在するものだと言えると思います。

完全に人との繋がりをシャットダウンした上で行う仕事というのは、おそらくなかなか存在しないかと思います。

そう考えると人と積極的に関わる事は大事な事であり、コミュニケーションを取る事が得意であると、結果的に仕事がうまくいくということに繋がると判断できます。

人と積極的に関わることでコミュニケーション能力を伸ばすことができ、なおかつ様々な場面でメリットが生まれますので、人と積極的に関わることを常に念頭において行動しましょう。

③今の仕事から自分に合った仕事を探してみよう

いま自分が働いている会社の仕事内容に、もしも納得をしていない場合は自分に合った仕事を探してみることを始めてみてください。

自分に合った仕事を探すことで、自分が納得がいく仕事に就ける確率が高くなります。

自分に合った仕事を探す上で、今現在、自分が行っている仕事から答えを導き出すことも時には大事になりますし、有効な手段となりえます。

今自分が行っている仕事を様々な観点から分析して、視野を広げて考えてみてください。

今の仕事から自分がしたい仕事を見つけ出すヒントを得るきっかけが生まれるかもしれません。

なぜならば、実際にあなたが考えているよりも、今の仕事からヒントを得られる確率はとても高い場合が多いのです。

具体的にどういう事をすれば今の仕事からヒントを得ることができるのかご説明していきましょう。

真面目な姿勢が自分に合った仕事を見つけるヒントに

真面目に仕事を行う姿勢が自分に合った仕事を見つけるヒントにつながることがあります。

自分自身が納得していないからといって不真面目に仕事をする理由はどこにもないですが、確かに人間ですので、気分が乗らなければどうしても身が入らないという場合があるかもしれません。

しかし真面目に仕事を行うことによって気づくことができるきっかけも存在するので、まずは今与えられている仕事を真面目にこなす事から初めてみてください。

真剣に今の仕事と向き合った時に楽しみを感じることがあるかもしれませんし、真面目に仕事を行うことで視野が広がり新しい知識を身につけ、今の仕事はあまり好きになれないがこの工程に関しては楽しいと感じることができる、若しくは自分自身が興味を持って仕事ができると感じる部分があるかもしれません。

単純作業である場合はなかなか気づかないかもしれませんが、様々な作業を応用して行う場合、自分自身が好きな作業が見つかる可能性があり、そこに築く事によって自分自身が何がなのか知るヒントへとつながる事になるのです。

そのヒントを細かく掘り下げていくと、自分がどういう仕事に向いているのか、どういう仕事が向いているのかを判断する事を知ることができるかもしれません。

だからこそ真面目に仕事をすることによって思わぬ所で、ヒントを得る事ができるといえます。

まずは向き合う事、そして真面目に行うが大事だと理解しましょう。

会社の人脈を活用して自分に合った仕事を見つける

今自分が所属している会社の中で得られる人脈を活用して自分に合った仕事を見つけるきっかけとつなげることができます。

仕事をしていれば様々な人と知り合うきっかけがあるかと思います。

例えば会社の先輩同僚後輩、そして取引先の会社の方、若しくは新しく営業する営業先の会社の方、逆に営業として来られる会社の方など、日々様々な出会いがあるのが会社です。

人と全く同じ人生を送っている人は基本的に存在しません。

誰しもが様々な経験や体験をしてきて、人と違う人生を歩んでいる。

様々な人と関わりを持ち人脈を作ることで思わぬ所で、自分自身が興味を持っている経験をしている人が見つかるかもしれません。

具体的な話を聞くことの出来実際に経験した人の体験談を知るということは非常に貴重な経験になります。

そこで自分自身が思いとどまる場合もあれば、自分がしたいことを突き進んで行きたいと思うきっかけを与えてくれることになるかもしれません。

人脈を作るということはとても自分自身にとって有益なことであり一種の宝物だと考えることもできます。

人と人とのつながりを大事にして人脈を作ってみましょう。

それでも自分にあった仕事が見つからないなら適職診断を!

自分に合った仕事を見つけるためのポイントについて詳しくご紹介をしていきましたが、ご紹介したポイントを踏まえて、考えても自分自身がやりたいことがどうしてもわからないと悩んでいる方も多いと思います。

自分自身で真剣に考えてわからない場合は人の力を頼ることも、時には一つの選択肢として大事なことになります。

例えば世の中には便利なものがあり、適職診断を行うことができるサービスが存在します。

自分が考えてることや感じていることなどを当てはめていき、自分自身がどういう仕事が向いているのかということを客観的に知るための一つの選択肢として利用する事が出来ます。

もちろん人によっては信用できないと思う方もいるかもしれませんが、一つの選択肢として取り入れることで、総合的に良い判断を行える場合もあります。

おすすめの適職診断についてこれからご紹介していきますので、悩んでいる方は利用して、総合的な答えを出してみても遅くはないかと思いますよ。

①ぴったり講座診断

(http://www.u-can.co.jp/diagnosis/index.html)

まずはじめにご紹介するのは生涯学習のユーキャンから教えてもらえるぴったり講座診断です。

こちらは心理学を用いて6つの属性であなたの性格を診断してくれるサービスがあり診断結果から自分自身にぴったりの口座を確認することができる内容となっています。

こちらはあくまで講座診断ですので近くの学習に関する診断結果にありますが自然と自分自身が得意とする勉強内容を導き出してくれるのでそこから仕事につながるヒントを得ることができるようにもなります。

人によるかもしれませんが、質問が大体30個ほど設定されており、イエスかノーで判断できるようになっています。

最終的には自分自身に適した資格講座を紹介してくれ、さらには性格紹介までしてくれるので、客観的な自分自身の性格を確認する事が出来ます。

総合的に自分自身を知りたい方は一度利用してください。

②適職診断

(http://xn--9-ck6b740fv3idxh.com/)

次にご紹介するのは性格診断セブンが出している適職診断です。

本気で就職転職活動を行う方にお勧めしている適職診断サービスとなっています。

世の中には様々な適職診断がありますがしっくりこない結果が出たり診断ごとに全く違う結果が出てしまったりして何を信じて良いのか分からないと言う肩も存在すると思います。

そんな方にオススメなのが適職診断です。

違う結果が出てしまう原因が一つとして診断の選定になる質問部分の精度に限界があるからと言われています。

また、その時の気分によって自分自身の回答も変わってきてしまうので本来の自分とはかけ離れてしまった結果が出てしまうということも診断結果が信じられないひとつの理由に繋がると思います。

本当の意味で性格の結果を知りたい方は、性格診断セブンが紹介しているエニグラ性格診断を利用してみると、非常に高精度の診断ができるとも紹介してあります。

しかしまずは通常版を利用した上で総合的な判断行うことをお勧めします。

適職診断の通常版に関しては、質問数が多く設定してあり、より精密な診断結果を導き出すことができると言われていますので、利用してみて自分の納得いく診断が行われるかどうか確認してみてください。

状況によっては複数の診断を利用してみて、腹痛の診断結果の重複する部分を信じるという風に使ってみると精度の高い診断を得ることができるといえます。

③MIRRORZ(ミラーズ)

(http://mirrorz.jp/article/tekishoku/)

最後にご紹介するのはミラーズという、あなたの心を映し出す心理テストメディアが紹介する適職診断です。

心理テストを応用した設問を用意していることによって、より高い精度で自分自身を客観的に診断してくれるというサービスになっています。

多くの方が利用している適職診断テストになりますが、設問数は10問と少し短いかもしれませんが、その短さが逆に利用しやすいということでたくさんの方が利用している理由になると言えます。

適職診断は何も一つの所だけを利用しなければいけないということは決まっていません。

複数箇所の適職診断を利用することによって、より精度の高い答えを出すことができます。

沢山の適職診断を行い、その中で共通する部分だけを抜粋して考えてみることで、より可能性の高い診断結果を導き出すことができます。

すべては工夫次第で確かな情報を得ることが出来るようになりますので、考えながら適職診断を行ってください。

自分にあった仕事はきっと見つかる!(まとめ)

いかがでしたでしょうか?

今回は自分に合った仕事を見つけるために必要な考え方、そして重要なポイント、そして人気の適職診断サービスについてまとめてご紹介をしていきました。

自分自身の中で今の仕事がしっくりきていない場合は、おそらく毎日モヤモヤした晴れない気持ちを感じながら仕事をしている方も多いといえます。

ただ、安心していただきたい点として、世の中の大多数の方が、本来自分自身がしたいと思っている仕事につけていないという事実です。

みんな同じように悩んでいるので、自分だけが悩んでいるんだと追い込んで考えないようにしてください。

そして、この悩みを早い段階で気づけた自分に対して、自分は幸運なんだと思うようにしてください。

中にはもう引き返せないと感じている方もいるはずです。

悩む必要はまったくありません、なぜなら常に自分自身が前向きな考え方を行い、今後、より良い選択を行っていただけるように努力すればよいだけの話です。

自分自身に合った仕事は、自分の努力次第で必ず見つかると自信をもって、日々行動してみてください。

そして、今一度今回お伝えした内容を振り返ってみて、考え方や行動などに活かしてみてください。

継続した努力を行えば、きっと近いうちにあなたにぴったりの仕事が見つかると思いますよ。