あなたは今の仕事に満足できていますか?

自分の仕事が毎日充実していて楽しい、という人は多くはありません。

多くの人は、仕事内容自体も自分の好きなことではなかったり、職場環境が万全とは言えない状況でも続けていますよね。

社会で働くということに、完璧な職場などは存在しませんので、多少の不満があっても当然です。

でももしかしたら、「もうこの会社辞めたい!」って思うほどに、今の仕事に不満を感じているかもしれません。

会社を辞めたいという理由は人そえぞれに違ってくるはずですが、ではそんな時はどうしたらよい、後悔のない決定ができるでしょうか?
後悔しない決定をするために、辞めると決定をしてしまう前に考えておきたいことと、その後についてチェックしてみましょう!

【仕事を辞めるか考える前に、こちらの記事もチェック!】

転職をする前に!今後の注意点8個

いろいろな理由で転職を考えているとしても、転職することは自分の人生の中で大きな変化になるでしょう。

だから、適当に決めてしまってはあとで後悔することになりかねません。

後悔しない決定をするためにも、今の会社を退職すると決めてしまう”前”に、考えておきたいことを8つチェックしてみましょう。

1.それ以外なら、なぜ辞めたいのかを明確にする

上記に挙げたような理由で退職を考える人は多くいます。

もしかしたら、今のあなたもそれに当てはまるかもしれません。

でも、もし当てはまっていないとしたら、自分がどうして退社を考えているのかを理解しているのでしょうか?
自分がなぜ辞めたいのか、どんなことが不満で会社にどんなことを求めているのか、ということをちゃんと明確になっていないなら、今の会社を辞めたとしても次にどうしたらいいのかがはっきりしません。

その結果、また同じような職場に行きついてしまって、会社を転職した意味がなくなってしまうかもしれません。

自分がなぜ今の会社を辞めたいのかを分析して明確にすることによって、転職する際の会社を選ぶ際にも失敗を防ぐこともできます。

そして、理由を分析することによって、もしかして自分が辞めなくても済むような問題で悩んでいることにも気づくかもしれません。

職場というのはどこも何かしらの問題があったりします。

それで、今の会社を辞めて別の会社に入社してからも、同じような問題で悩んでしまわないために、自分がどんな会社なら頑張れるのか、どんな環境で仕事がしたいのか、ということをはっきりさせましょう。

2.辞めたいという意志の強さはどれくらいか

辞めたい理由というものを分析し、自分の中で明確にできたなら、自分が辞めたいというその気持ちの強さはどのくらいなのかを考えてみてください。

もしかしたら、今その問題の渦中にあったり、疲れてしまっているゆえに、辞めたい!と強く思っているかもしれませんが、問題が落ち着いたり少し時間がたったなら、そんなに感じなくなるかもしれません。

そして退社するということは、今までそこでがんばって築いてきたもの、地位や人間関係や人脈などを捨てることになるかもしれません。

少なからず今まで会社で積み上げてきたものを置いてくることになるわけなので、それでもいいから転職したいのか、ということも考えましょう。

さらに、転職する際にも転職回数が多いと不利になってしまいます。

それで、明確な理由もないのになんとなく転職を考えるのは自分にとって不利になってしまうこともあるのです。

同じ会社で長く働くと昇進や退職金の面でも有利になりますので、そのようなメリットを捨てても今退職を決意しているのか、ということを考慮しておきましょう。

今の会社に不満があるとしても、そこにとどまるメリットもあるかもしれません。

”なんとなく”今の会社がイヤだから辞めたいでは、後々後悔することも多くなります。

メリットとデメリットをそれぞれ考慮し、自分の意志の固さを確かめてください。

3.期間を決めてもう少しだけ頑張ってみる

今の仕事を永遠に続けると思うと、希望も先も見えなくなるかもしれません。

でも、本当に辞めてしまってもいいのかな?という気持ちとも戦っているかも。

そんな時は、期間を決めてそれまでもう少し頑張ってみる、という方法もあります。

期間を決めて、その時にも今と同じように辞めたいと思っているのであれば退職する、と決めておくのです。

そうすると、気持ちが楽になり、自分の中で可能性を残したまま今の会社での仕事が自分にとって合っているか、ここで働くどんなメリットとデメリットがあるのか、ということを冷静に考えることができるでしょう。

さらに、ある程度の期間のなかで自分の状況や職場の環境というものが変わっていくこともあり得ます。

人間関係で悩んでいたりする時なんかも、いついつまでの辛抱と思えば少しは耐えやすいかもしれませんし、その期間のなかで相手のほうがいなくなったりして、自分が辞めるまでもないかもしれません。

自分では決してどうしようもない状況なら難しいかもしれませんが、時が経つうちに変わる可能性がある問題なら、期限を決めてもう少し頑張ってみるという選択も悪くはありませんよね。

もし、このまま辞めたら後悔しないかな?と思っているならなおさら、期限を決めて頑張るのは自分が後悔しないためにもなり、期限まで頑張ったということで自信につながることでしょう。

4.休暇を取って一旦仕事から離れる

会社を辞めたい、仕事に行きたくない、と思っているときは、もしかしたら心も体も疲れ切っているのかもしれません。

心身ともに疲れてしまっていると、仕事に対する意欲も力もなくなります。

さらに、ストレスのせいでどうしても会社に行きたくなくなっているなら、少しその状況から自分を離して、冷静になったり気持ちを落ち着かせる時間が必要かもしれません。

それで、すぐに退職を決定してしまう前に、休暇を取り仕事から一旦離れてみるということもできます。

有給休暇などを使って自分のための時間を取り、ゆっくり自分を見つめられるようなリラックスできる時間があると、少し疲れやストレスが癒されて、物事を冷静に見れたり、問題に取り組むための何か良い方法が見えたりして、また頑張ることができる人もいます。

心身ともに疲弊している状態の時は、一旦仕事のことを忘れられる時間を取ることも必要ですよ。

5.耐えられない仕事は勇気を出して断る

もし、今の職場が残業や仕事量が多すぎて自分に無理をさせているなら、断る勇気を持つことが必要かもしれません。

さらに、自分にとってどうしても耐えられないような仕事があるかもしれません。

人にはそれぞれ限界があります。

でも会社はあなたの限界をいつも試そうとしてくることでしょう。

頑張れば頑張るほど、この人はまだ余裕があるんだなと判断されて、もっともっと仕事量を増やしてくるかもしれませんし、もっともっと求めてくるかもしれません。

それで、自分にできないこと、耐えられない仕事を断る勇気を持つことも自分を守るためには必要な場合もあります。

断るのにはとても勇気が必要だし、周りの目を気にしだすと断るなんてできない・・・と思ってしまうかもしれませんが、それでも、自分は自分のためにも働いているのですから、限界を超えて体と心を壊すことになってはいけません。

毎回断ることはできないとしても、「NO」とも言える人になることで、自分の時間や体力や限界をコントロールできる人になりましょう。

6.辞めた場合の人生計画を立てる

会社を辞めたい!と思っている時って、辞めることばかりが目標のようになってしまいがちですが、辞めた後のほうが大変なこともあります。

今の会社を辞めたとしても、次にどこに転職することを考えているのでしょうか?
その新しい会社に勤めた先の1年、2年・・・自分はどうなっているのでしょうか?
本当に、今の自分が求めていることが実現する可能性はどのくらいでしょうか?
ということで、辞めた後の人生計画をしっかりと立てましょう。

そうしないと、後々になって「こんなはずじゃなかった」と後悔しかねません。

7.1人で抱え込まずに周りの人に相談する

会社を辞めることは、今とその後の人生に大きく関係してくることになるでしょう。

それで、そのような大きなことを自分一人だけで抱え込むのではなく、周りの信頼できる人に相談するなら、良い決定をするためのアドバイスをくれるかもしれません。

とかく、渦中にいる自分のことって感情的になってしまっていたり、大きな視点で物事を見るのが難しかったりしますよね?
でも、他人は物事を冷静に、そして客観的に見ることができるので、自分では気づかなかった点にも気づかせてくれるかもしれません。

さらに、自分と同じように転職や退職を考えたことのある人、それを実行した人、しなかった人たちの体験談を聞くことで、いろいろと自分にとって参考になることを教えてもらえることも多いでしょう。

それで、このような大きな決定をする際には、多くの信頼できる人に相談することによって、いろいろな視点で考え考慮し、決定することができるので後々後悔することが減ります。

それでも会社辞めたい!転職活動の注意点

では、いろいろと分析・考慮し、やはり今の会社を辞めたい!という決意が強い場合、転職活動をすることにするかもしれません。

そうなると、ここで必要になるのは転職をいかに成功させるかです。

では、転職する際に注意したい点をチェックしていきましょう!

収入は大切!今の会社を続けながら転職活動をする

よく、転職を決めたらすぐに今の職場を退職してしまう人もいます。

そのほうが気持ちの面でも落ち着くし、転職活動に力を入れやすいと感じるのかもしれません。

でも、実際は仕事を退職してからよりも、今の会社を続けながら転職活動をしたほうが良い点もあります。

なにしろ、会社を退職するということは、収入減がなくなるということです。

でも、毎日の生活は止まることなく続きます。

雇用保険の失業給付金というものがあるじゃないか、と思うかもしれませんが、自己都合でやめた場合には3か月間は失業給付金は受け取れません。

さらに、今までの社会保険が国民健康保険と国民年金に切り替わると毎月の負担は増えることになったりもします。

それで、退職するとお金の面で負担とストレスを抱えることになり、焦りや不安を感じてしまうかもしれません。

それで、安心して気持ちの面でも余裕を持ちながら転職活動をするために、今の会社で働きながら転職先を探すほうが実際的かもしれませんね。

つまりは、転職活動するときにも収入は大事、ということです。

今の会社の仕事もきちんと取り組む

転職を考えているからと言って、今の会社の仕事を適当で済ましてしまうということもあるかもしれませんが、結局それも自分のためになりません。

仕事を適当にする、という癖や態度が身についてしまうと、それが普段の生活に出てしまいます。

さらに、今ちゃんと仕事ができない人は、どの職場に行ってもベストを尽くせないでしょう。

今、自分がベストを尽くさないことを人のせいにしているなら、きっと新しい職場に転職して何か問題があったときにも、誰かのせいにしてしまうかもしれません。

今の会社でも自分の責任をちゃんと果たしつつ、さらに自分にとって良い会社を見つける人のほうが成功できます。

自分に合った雇用形態を考える

転職の際に自分に合った雇用形態を考えることも大切です。

自分の状況や希望によって、いろいろな雇用形態を選択することができます。

もし、長期雇用を前提としてその会社の中心で働きたいと思っているのなら、もちろん正社員になることを希望するでしょう。

しかし、企業と直接雇用期間を契約したうえで、勤務時間や賃金等を個別に決定したいのなら契約社員としての契約を希望する人もいます。

この場合、賞与や交通費なども支給されたり、福利厚生面は正社員と同等になることもあります。

さらに派遣社員は、一般的に人材派遣会社と雇用契約を結んで、職場となる会社とは別に派遣契約をして働く形態です。

自分の希望する職種、勤務地、働く期間などに合った仕事を紹介してもらえるというメリットがあります。

さらに、パートやアルバイトは短期間だったり、短時間で勤務することができます。

勤務時間や勤務日数などの融通がききやすいので、自分のライフスタイルに合わせた働き方がしやすいといえます。

このように、様々な雇用形態がありますので、自分に合ったものをしっかりと考え、選部必要があります。

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、転職を希望する人のアドバイザーとなってくれるところです。

登録すると一人ひとりに担当者がついて、相談に乗ってくれたり、その人の希望やスキル似合った仕事を考えて転職を成功させてくれます。

それで、転職とは言ってもどのように進めればいいのかわからない、何から準備すればいいの?と悩んでいる人や、自分のアピールポイントや強みがいまいちわからない、という人にはおすすめです。

専任のコンサルタントが、自分に合った企業選びをお手伝いしてくれて、ただただ別の会社に転職するのではなく、自分の希望を叶える転職ができるようにサポートしてくれます。

転職が初めて、とか自分の可能性をもっと知りたいという人は、転職エージェントを利用することもいいかもしれませんよ。

転職サイトに登録し情報収集

でも、ほとんどの人はまず転職サイトに登録して、どんな求人があるのかを探すことから始めることでしょう。

転職サイトは気軽に閲覧でき、さらに大量の情報を見つけることができます。

転職を成功させるためには、多くの情報を得ることが大切です。

少ししかない選択肢の中から選ぶより、たくさんの選択肢があるほうが有利なのは間違いありませんね。

きっと、自分の希望する仕事内容、条件を検索するとたくさんの情報があることでしょう。

大量の求人を見ると、今どんなスキルを持つ人が必要とされているのかということもわかってきますよ。

さらに、自分のペースで転職活動ができるのもメリットです。

転職サイトのなかには、職務経歴書や履歴書診断、年収診断、自己分析用ツールなどもあります。

それらも無料で利用できるところも多いので、一度試してみるといいかもしれません。

次の志望職種を明確にする

一つの職種に絞りすぎて、可能性を狭めることも転職を難しくしますが、目指す仕事の軸というものを決めておくことは必要です。

自分がやりたいこと、どうしてそれをしたいのか、ということをはっきりさせ、志望職種を明確にしましょう。

転職活動を始めると、いろいろな求人が大量に飛び込んできます。

自分の志望職種があいまいだと、どれを選んでいいかわからなくなったり、どうしてその会社を選んだのかということもあやふやな状態になってしまいます。

何を叶えたいのか、どういった条件で、どんな仕事内容をしたいのか、ということを明確にしておくことが大切です。

会社の勤務スタイルを確認

転職する際には、その会社の勤務スタイルというものをしっかりと確認しましょう。

もし、あなたが年収600万以上という条件を持っていて、ある会社がそれを満たしているとしても、勤務スタイルが自分に合っていないなら、結局その会社も辞める羽目になりかねません。

自分のライフスタイルに合っていて、続けられそうな勤務スタイルなのか、この先の生活にどんな影響があるのか、ということを考えましょう。

通えそうな勤務地か確認

さらに、勤務地も確認が必要です。

どのような交通手段で、どのくらいの通勤時間がかかるのでしょうか?
仕事内容は自分にぴったりでも、毎日の通勤が大変すぎるなら仕事にベストを尽くすことが難しくなるでしょう。

さらに通えない場所に勤務地があるなら、家族はどうなるのでしょうか?
通勤でストレスを抱える人も多いので、その勤務地が現実的に見て自分と家族の毎日の生活にとって負担となりすぎないか確認しましょう。

給料や福利厚生を確認

転職する際に、多くの人にとって一番気になるのは給料かもしれません。

でも、給料だけでなく福利厚生がどうなっているのかもチェックする必要があります。

なぜなら、年収は多ければ多いほどいいと思ってしまいがちですが、じつは隠された条件つまり福利厚生によって好待遇が期待できる会社のほうが実質的には良かったりすることもあるからです。

福利厚生は社員の給与以外の生活面で補助を行う制度なので、福利厚生が充実している会社は社員に対する待遇がいいのです。

つまり、年収が600万円で福利厚生が全くない会社に勤めるのと、年収が500万円で福利厚生が豊富に完備されている会社を選ぶのか・・・。

ここは、どちらが実質的にお金がもらえるのかというのに悩むところですよね。

住宅補助や家族手当、カフェテリアプランなど・・・たくさんの内容がありますので、求人情報を見るときには、額面的に収入が多いというだけでなく、福利厚生の制度でどのくらいのプラスアルファの収入があるのか、ということもチェックして計算しましょう。

転職をした先輩などに相談する

最後に、転職する際には転職を経験したことのある先輩に相談してアドバイスを求めることは助けになります。

実際に転職経験のある人は、転職に伴う課題やメリット・デメリットをよく知っていることでしょう。

それで、体験をもとに転職を成功させるためのアドバイスをもらいましょう。

きっと、成功させるためのポイントやどうしたら効率的にうまく転職活動ができるかを教えてくれますよ。

会社辞めたいおおまかな理由

ここで会社を辞めたいと考える人がいう大まかな理由を見ていきましょう。

仕事は人として、生活するため、そして自分の人生に意義を与えるためにも必要なことですよね。

さらに家族を持っている人であれば、なおさら家族を支えるために仕事は大事なものでしょう。

だから、本来なら自分の力で働き、そこから満足感や充実感を感じられる生活が送れることはとても幸せなことですよね。

でも、現実はそんなに簡単なことばかりではありません。

いろいろなことが原因で今の仕事を辞めたい!と強く思うことだってあります。

実際、働いている20~35歳の人の中で「仕事を辞めたいと思ったことがある人」はなんと、71%もいたんですよ!
だからといって、この時代新しい仕事を見つけるのだってそんなに簡単なことばかりじゃないことを考えると転職することにためらいも感じますよね・・・。

では、多くの人が転職を考えるとき、どんな理由で考えるのでしょうか?
まずは、辞めたいと思っている原因や理由を自分でもはっきりと理解することで、どのような決定をすることが自分にとって一番良いのか、考えることができるでしょう。

会社を辞めたい理由1:職場の人間関係

今の会社を辞めたい!と思っている人の理由の一番にもあげられるのが、人間関係です。

よく、よっぽど自分にとってあっている仕事でも、その職場の人間関係が最悪なら仕事は辛くなるって言いますよね。

仕事自体は好きだったり、自分に合っていると思うのに、一緒に働く人と性格が合わなくて毎日ストレスになることもあります。

上司とそりが合わなかったり、とても理不尽なことを要求されて振り回されたりすることもあるかもしれません。

さらに自分に敬意を持ってくれない後輩を指導しなければいけなかったり、隣の人がクチャラーで一日中イライラさせれたり・・・職場にはいろいろな人がいますから、心地よく仕事ができる環境ばかりではないでしょう。

自分の仕事だけに集中できればいいのですが、職場というのは一緒に働く人たちとの人間関係がとても仕事に影響するものなので、無視できない問題なのです。

さらに、女性ばかりの職場だといじめやこそこそと陰口をたたかれる、なんてこともよくあります。

些細な事が重なって会社に行くのが辛くなることもあれば、いじめなどの悪質な嫌がらせによって精神的に辛い状況に置かれることもあるのです。

そうなると、毎日が辛くて肉体的にも精神的にも追い込まれてしまうことも。

今の状況が近いうちに改善されるかもしれない希望があれば何とかやっていけるかもしれませんが、変わらないとわかっている時には、本気で転職を考える人も多いことでしょう。

会社を辞めたい理由2:結婚や親の介護

結婚や親の介護といった、環境の変化によって仕事の調整を考える時もあります。

結婚しても今まで通りこのまま仕事を続けられる人もいれば、家事などを任されることになりこのままでは両方はきついという人もいることでしょう。

さらに、結婚というのは女性の退職の理由としては一番手っ取り早く、周囲からも祝福されつつ辞めることができます。

さらに、親の介護という問題があり、今の仕事を続けるか辞めるか迷っているという人もいることでしょう。

介護というのは、他人が思っているほど簡単なことではありませんよね。

身体的にも精神的にもかなりの力を消費するものです。

もし、あなたしか介護をする人がいないとしたら、このまま仕事をつづけながら求められている介護をちゃんとできるのか、ということが心配になるでしょう。

会社を辞めたい理由3:会社の雰囲気が合わない

もうだいぶ今の会社に勤めているのに、一向に会社の雰囲気が合わない、居心地が悪い。

そんなことを感じている人も転職を考えるようです。

会社の雰囲気とか社風って実際にそこで働いてみて初めて分かることも多いですよね?
例えば入社して少し経ったら、なんと経営層の人たたいがみんな怪しい宗教に入っていた、とか、忘年会や新年会で毎回出し物をしなくてはいけなくて辛い、とか社風が古くて新しいことに何も挑戦でいないとか・・・会社の雰囲気とか社風は自分一人で何とかできるものではなかったりしますから、いつまでたっても居心地が悪くて転職したいと思うかもしれません。

毎日仕事をする場所というのは、そのうち自分の居場所として安定することを望みますから、ずっと居心地が悪くて「自分にはここは合わない!」「自分の居場所じゃない!」と感じているのは、けっこう辛いですね。

会社を辞めたい理由4:やりたいことが見つかった

一度きりの自分の人生、やりたいこと、挑戦したことが見つかった時、今の仕事を辞めたいと思うことってあります。

今の仕事に満足感や充実感を感じられていないとなおさら、自分がしたいのはこうゆうことじゃないという思いが強くなりますよね。

そして、ある時ピンとくるものがあって「自分がしたいのってこうゆうことなんじゃないの!?」って思ったとき、それに挑戦したいと思うものです。

でも、ここで確認したいのは、それは本当に自分のしたいことなのか?ということです。

今の職場に不満があるからついつい錯覚的にほかの事が魅力的に見えているだけかも知れないからです。

でも本当に、自分が今まで以上に苦労してでも挑戦したいことなら、今の仕事を退社することが自分にとってのプラスになると考えるかもしれません。

この見極めと覚悟が難しいところですね。

会社を辞めたい理由5:残業が多すぎる

毎日残業つづきで、自分のプライベートな時間や休む時間さえ十分に取れない・・・。

そんなブラックな会社に勤めているなら、転職を考えるのも無理はありません。

ワーク・ライフバランス、つまり仕事や家庭自分のプライベートなどをバランスを保ちながら生活するなんて、自分には全く無縁に思えるかもしれません。

家庭を持っている人であれば、仕事が忙しすぎて家族との時間が全く取れず、家族との距離もどんどんと遠くなっていくように感じるかも。

毎日死に物狂いで家族のために仕事をしているのに、その家族と疎遠になるんじゃあたまったもんじゃありませんよね。

本来なら、個人のライフスタイルや家庭生活に合わせた働き方ができれば最高ですが、現実そんな仕事を見つけるのは簡単ではありません。

仕事のせいで他の付き合いができず友達も減ったり、なるべく早く退社できるように頑張って仕事をしたら、もっともっと要求されてどんどん仕事を回されるようになった、など気持ちも体力も限界を感じることもあるでしょう。

会社を辞めたい理由6:給料が少なすぎる

そして、やはり今の会社を辞めたい人の理由の大半を占めるのが、お金のことです。

仕事のモチベーションってやっぱりお給料も関係してきますよね!?
毎日一生懸命に働くのは、「給料」という報酬があるからです。

確かに、仕事は給料だけがすべてではないという人もいます。

自分の好きなこと、充実感ややりがいのある仕事についている人はそれが自分にとってとても幸せなことでお給料が多少少なくても満足できるかもしれません。

でも、やはりそれだけでは越えられないのが「お金」です。

生活そのものに影響するお給料が少なかったり、自分が会社につぎ込んでいるものと比べて割りに合わない、と感じるといっきにモチベーションが下がり、やる気がなくなります。

今の会社を辞めることを考え始める人の中には、給料が30%もカットされた、というこれからの将来性を考えられない職場だったり、残業ばかりさせられるのに残業代は出ないし、計算してみたらコンビニバイトのほうが自給いいし!という、気づいたら最後なことに気づいちゃった人もいます。

さらに、こんなに頑張って毎日奮闘している自分と、何もしない上司や役に立たない同僚と同じ給料しかもらえない、ということに不満が募ることも。

お給料が少ないということは、実際の生活が苦しいという問題と、さらに自分の労働が割に合わないというメンタル面でのストレスになります。

後悔の無い転職を

会社を辞めたい!と思っている人は大勢います。

その理由はさまざまですが、会社を辞めるということは大きな決定になるので、とても悩みそして難しい決定ですよね。

でも、今回取り上げたことも参考にしつついろいろな人のアドバイスを聞いて、よく考え、ぜひ後悔のない選択をしましょう!

【仕事の辞め方については、こちらの記事もチェック!】