毎日、起きては会社へ行ってやりたくもない仕事をこなし、家に帰る。

そんな生活に飽き飽きしてきた…。

もっと良い仕事ないのかな?今の仕事よりも、楽しくてとても夢中になれるものであればいいのに…。

そのように考えている方に朗報です!仕事が楽しくなれば、色々なことにメリットが多数あるんです。

仕事がはかどるだけではなく、あなた自身も顔までもパッと明るく変わっていきます。

どのようにすれば仕事が楽しくなるのか?また、どのような職種についている人が誰よりも楽しみながら仕事をしているのか気になりませんか?
この記事では、楽しく仕事ができる人の特徴や楽しく仕事することの出来る職種をご紹介しています。

また、「仕事は楽しくないものだ」なんて決め付けている方向けに”仕事を楽しむことで増えるメリット”についても触れていますよ。

これから転職を考えている方や仕事を楽しく行なえるようになって人生そのものを変えたいという方にぜひお読みいただきたいです!

仕事が楽しくなる方法知りたい?

あなたに率直な質問をします。

今の仕事は楽しいですか?また、今までしていた仕事は楽しかったでしょうか?色々な人がいますから、楽しいと答える人もいればもちろん「楽しくない」なんて頭にパッと浮かんだ方もいるかもしれませんね。

また、仕事をやめてしまったのであれば、そのつまらなさから退屈になり飽き飽きした結果なのかもしれません。

現在の仕事を楽しいと思えていない人にとって、”楽しい仕事”ってなんだか遠い存在にみえるものです。

それでも諦めずに、仕事を楽しみたい!と考えているかもしれないですよね。

仕事を楽しくする方法、そして楽しめる仕事をご紹介するのでこのまま読み進めれば、あなたは楽しみながら仕事を出来るようになること間違いなし!1日の大半の時間、そして社会人になってから多くの時間を費やす”仕事”ですから、誰であっても楽しみたいはず。

だって、仕事をしている時間だって、れっきとしたあなたの人生の時間なのです。

人生は止めることも、巻き戻すことも出来ません。

いつか死ぬ時に「楽しい仕事をすることができて、よかった」なんて思えるように、今から仕事に対して見方などを変えていきませんか?
「仕事が楽しくなる方法を知りたい!」その気持ちだけで、あなたは仕事を楽しくすることができる才能があるんです。

諦めずに仕事を”楽しい”ものに変えて行きましょう。

仕事が楽しくなれば得する


では、どうしてあなたは仕事を楽しいものにしていきたいのでしょうか?ほとんどの方が「つまらなくて退屈だから」「楽しくなれば何か変わる気がするから」なんて理由でしょう。

どちらも、またはそれ以外の理由であっても仕事を楽しくしたい気持ちに変わりはありません。

少し思い浮かべて欲しいのですが、あなたが好きなものや趣味を行なっているときって、つまらない動作をしているときよりも時間が過ぎるのが早く感じませんか?それって、夢中になってそに取り組んでいるからなんですよね。

子供の頃に遊んでいたおもちゃやゲームのように好きなものであれば、いくらやっても苦痛になりません。

それに楽しい気持ちがいっぱいなので、やめたいとも思わないんですよね。

そのような昔の子供時代のように、仕事を取り組むことが出来たらあなたはどう感じるでしょうか?いつもならいやいややっていたために、時間がかかっていた仕事をすぐに終わらせることができます。

また、次から次へとやってくる仕事に夢中になり、今やっている仕事が終わったとしても次の仕事が楽しみで仕方なくなります。

会社に行くのも、出勤するのも億劫なんてありえない!毎日が大好きなことに触れ、楽しい毎日を過ごすことが出来ると思いませんか?
ずばり、仕事を楽しくすることが出来れば長い人生からみて、とても得することができることになるんです。

損する人生は、そろそろ終わりにしてあなたも”得する人”の仲間入りを果たしましょう。

仕事が楽しくなったらメリットが沢山!

仕事が楽しくなれば、人生で得することがあると先ほどお伝えしましたね。

その「得すること」っていったいなんなのだろう?なんて思われているのではありませんか。

これまでに楽しみながら仕事をしてきた人にとっては、仕事を楽しむことでどのようなメリットがあるのかはすぐに分かるもの。

しかし、これまでの人生の中で仕事が楽しむものであるという概念がないと、なかなか思いつかないんですよね。

それって仕方のないこと。

体験するから分かることがあるからです。

しかし、どのようなメリットがあるのかを知っておくだけで「仕事が楽しいこと」をすんなりと受け入れられるようになるはずです。

未知の世界に足を踏み入れるよりは、ある程度だけでもその先の世界を知っておいたほうが進みやすくなるのと一緒です。

ここでは、仕事が楽しくなったらどのようなメリットがあるのかを具体的に見ていきましょう。

今現在、苦しみながら嫌々に仕事をしている人にとってはなかなか受け入れがたいものがあるかもしれません。

それでも、必ず仕事を楽しく出来るようになればあなたも感じられるようになることばかり。

「ありえない」なんて目をつむらずに、ぜひ未来に期待を膨らませながら読み進めてくださいね!

人生も楽しくなる


1番にいえるのは、”人生そのものが楽しくなる””上向きになる”ということです。

人生ってあなたそのものですよね。

これまでにおかしな人生、不幸な人生を歩んできたとしても、誰でも幸せな人生を歩みたいもの。

そんなとき、仕事が楽しくなるだけで人生が楽しくなるんです。

いやいや仕事をしていれば、その仕事の能率は必然的に下がります。

だって、嫌なものに触れていたくないじゃないですか。

そのため、仕事へ心が入らずにダラダラを行なったり、時間をかけすぎてしまうのです。

その結果として残業となり、会社に残ったり家に持ちこんだりして、休む時間をもうけることができません。

また、休日もいつでも仕事のことを考えてしまったりして、旅行などをしても気が気でないのです。

「あの仕事はあれでよかったのかな」「こんな休んでいる暇はない。

嫌な仕事を早く片付けなければ」なんて気持ちが”人生そのものを楽しむ”力や心意気を消沈させてしまいます。

人生が楽しいからこそ、仕事も楽しめるもの。

逆に仕事が楽しいからこそ、人生を楽しむことが出来ます。

どちらが欠陥していてもだめなのです。

仕事が楽しくできることで、そうやってプライベートな時間とをメリハリつけることができるでしょう。

そして、人生が楽しい!と心から感じられるようになるのです。

だって、今まで趣味の時間までも仕事にあてていたものをしっかり趣味の時間として使えることも出来るんですよ。

充実した日々を送れる

仕事が充実していると、なんだか毎日が充実した気持ちになれるものです。

いやな仕事、退屈な仕事、楽しくない仕事をしていては、仕事をしていても100%の力を出し切っていないことが多々あります。

そのため、提出したりプレゼンをした後になって「あの時ああしていればよかった」「もっと集中すればよかった」なんて後悔することになります。

気持ちの切り替えが上手な方であれば、そのような気持ちをプライベートな部分に持ち込むことはありません。

しかし、仕事を楽しめない人は気持ちの切り替えが下手なことが多いんですね。

そのため、仕事が終わって帰っている途中や家に帰ってからリラックスすることの出来る時間にも嫌な仕事のことばかり考えてしまいます。

いやだからこそ早く忘れて、すっきりしたいのに思い出してしまうのです。

それは仕事が充実していないから。

仕事を楽しみながら出来ていれば、そのようにプライベートな部分で心配に思ったり、思い出すことってほぼないんです。

「いつも仕事をしっかりやっている」その行為が、毎日の自信につながり、人生そのものや毎日が充実する要因になってくれるからです。

あなたは毎日充実していますか?もしもしてないと感じるのであれば、あなたの仕事に対する気持ちや向き合い方を見つめなおす必要がありますよ。

プライベートもうまくいく

一つ前の項目にほぼ似ているのですが、仕事が充実していれば仕事をしていないことに罪悪感を感じません。

そのため、プライベートな時間にはそれ相応の時間を楽しむことが出来るのです。

いつも仕事をしっかりやっている。

たったそれだけのことが仕事をしている人の自信に繋がっているんです。

そのため、自分で決めた仕事がなかなか終わらずにそのまま長期休暇になってしまったとしましょう。

納期はずっと後かもしれません。

それでも「もう終わっているはずの仕事がおわっていない」なんて気持ちが頭の中をグルグルしてしまいそうですよね。

また、どこかに旅行に行ったり、趣味の時間をもうけたとしても仕事が終わっていない、きちんと仕事ができていないという罪悪感から、大好きな趣味であっても心から楽しむことが出来なくなってしまうんです。

それってプライベートタイムを楽しめていないのと同じことですよね。

しかし、仕事が楽しければ毎日が充実してきます。

その結果として、自然とプライベートもうまくいくようになるのです。

今までやりたかた習い事、趣味はできるようになりますし、家族や恋人、友達との時間をしっかり持つことが出来ます。

時間の管理もその人の力のうちですが、仕事が楽しいだけでそれは変わります。

プライベートも充実し、仕事も充実するそんな人になりたいのであれば、まずは仕事を充実させることから始めるべきなのです。

経済的に自由になれる

仕事は毎日行くものです。

通常のサラリーマンであれば、期日までに決められた仕事を納品したり、プレゼンしたりしますよね。

しかし、職種によっては”歩合”がつくこともあります。

特に営業のお仕事をされている方は、日々実感されていることでしょう。

やらなければ給料は上がらない、やらなければ給料は下がる一方…なんてことも。

また通常のサラリーマンであっても、あまりにも仕事が出来ないとお給料が減らされてしまうことがあります。

しかし、仕事を楽しみながらしていれば、そのように仕事の成果が悪くなることも営業の成績が悪くなることがほぼありえません。

平均以上をキープすることが出来るか、または給料が今までより上がるでしょう。

営業であれば、成績がアップすることもあります。

通常のサラリーマンであれば、その仕事の成果が認められてすんなりと昇進することも出来るのです。

仕事が楽しいというだけで、仕事に前向きに取り組むことが出来ます。

よって、どんどん突き詰めること、集中することが出来るので必然的にお給料が上がりやすくなります。

そして、経済的に自由になることができるのです。

仕事が充実していれば、休暇もしっかり遊んだり休むことが出来るようになりますよ。

精神的な事由も手に入る

仕事がつまらなかったり、嫌々行なっていたりするとそれってかなりのストレスになっているものです。

だって、嫌なものに向き合わなければ、社会人として認められないだけではなくクビになる可能性があるからです。

それって仕事が嫌いだったり、嫌なものに向き合わなければならないからという気持ちがそのようにさせてしまっているんですよね。

しかし、仕事が楽しければ精神的な自由を手に入れることが出来るのです。

仕事がいや、やりたくないなんて気持ちが浮かばないために、ほぼストレスゼロといっても過言ではないでしょう。

そのようなストレスがなくなるだけで、女性であれば魅力が増していきます。

男性もいつも以上にパワフルに活動でき、キラキラした毎日を送ることが出来るでしょう。

精神的な自由って何をするにもとても重要なものです。

だって、何かに心が縛られているだけで全てに支障が出てしまうから。

仕事に関連しないことであっても本来のあなたの力を100%出し切ることが出来ません。

そんな自分に更に嫌気がさし、仕事にも身が入らなくなってしまうもの。

仕事が楽しいことで精神的に余裕ができ、自由ができるって素晴らしいことだと思いませんか?

幸せになれる

仕事って毎日やるもの。

きちんと休日があったとしても、学生時代が終わってしまえば”仕事をするために生きる”なんて思っている方もいるかもしれません。

そりゃそうです。

毎日のように朝おきて、会社に行く。

パソコンやデスクに向かう。

車を運転して、色々な現場へ行く…。

色々な仕事スタイルがありますが、1日の時間を費やすのって仕事が一番多いのでは?
1年を通してみても、家でゆっくりする時間よりも仕事をしている時間の方が多いはず。

それって、仕事に縛られて生きているようなものです。

仕事をしている時間とはいえ、あなたの人生の一部にしかすぎないのです。

あなたの大切な命の一瞬一瞬を楽しくない仕事に捧げても良いのでしょうか?それってあまりよくないですよね。

でも、仕事が楽しければ仕事をしていても、いつでもあなたは楽しい時間をすごすことが出来ます。

そして、幸せになれるんです。

楽しいと思えるということは、好きだと思えるということ。

好きなことに携えるのって仕事だとしてもとても嬉しいことですよね。

好きなことをしてお金を稼ぐのはよくないなんて言葉がありますが、それは夢を叶えられなかった人の負け言でしかないのです。

いろんなことに挑戦できる

仕事が楽しくなれば、必然的に仕事のスピードがあがりますし、能率もアップします。

そして経済的な自由も精神的な自由も手に入れ、プライベートな時間は充実していきますね。

それって、あなたの”自由時間”が増えるのと同じことなんです。

学生時代は自分の自由時間ってたくさんありましたね。

しかし、社会人になればその時間は少なくなっていくもの。

職種によっては、自分の時間を持つことが出来ずに全ての人生を仕事に捧げている!なんて方もいるのではないでしょうか。

少しつまらない人生だな、もっとやりたいことあったのにななんて感じる気持ちがあるでしょう。

仕事が楽しければ、そのちょっとした夢を叶えることが出来るんです。

だって、自由時間がゲットできるから。

それに金銭的な余裕もできているはずですから、好きなことに惜しみなくチャレンジすることができるのです。

大人になっても人は学んでいけるもの。

あなたのやりたいことを仕事のせいで、諦める必要はないのです。

仕事が楽しいと思える人の特徴

仕事が楽しめる人っていいなぁ、うらやましいなぁなんて感じている方もいるかもしれないですね。

しかし、仕事を楽しめる人っていったいどんな人なのでしょう?
あなたは、どのような性格の人が思い浮かびますか?楽観的な人?人生いつでもニコニコしながら楽しんでいる人でしょうか。

ここでは、仕事を楽しむことが出来ている人の性格の特徴を詳しくみていきます。

もしも、あなたの今の性格がそれと全く違うものであったとしても、心配はいりません。

少しずつ、その性格に似せるようにしていきましょう。

その際のちょっとしたアドバイスも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

仕事が楽しいと思える人は完璧主義じゃない

仕事が楽しいと思える人って、仕事をテキパキとこなして、すぐに完了させるイメージがありませんか。

それって、完璧主義で「ゼロから100までやってやる!」と意気込んでいるからそれを可能にしているのだと感じているかもしれません。

しかし、仕事を楽しめる人はそのように仕事に対して”完璧”を求めていないんです。

それは仕事だけではなく、プライベートな面でもそうかもしれないですね。

仕事を全て終わらせて、しかも完了させることが出来るのって「デキる人」そのもの。

完璧主義じゃなくても、なぜそうやってできるの?と疑問に思いますよね。

ずばり、「倒れても起き上がることができる」ことにあります。

踏ん張って力を込めてそこに聳え立つ”石”と、こんにゃくのように柔らかい・軽い気持ちでそこにそびえたつものを想像してみましょう。

おかしな例だと思われるかもしれないですが、手っ取り早く理解できるはずです。

何かトラブルなどに直面したとき、どちらもそれにぶつかり倒れたことにしてください。

石のように頑固で完璧でなければならない!と思っている人は、なかなか起き上がることが出来ません。

なぜならトラブルにであったことで完璧ではなくなったから。

しかし、こんにゃくのような柔らかい気持ちの人がトラブルに出くわし、倒れてしまったとしてもスグに起き上がることが出来ます。

それは柔軟な心、そして”完璧でなくてもいい”という前向きな気持ちがあるからです。

どちらが仕事を早く終わらせることが出来るでしょうか?
どう考えても後者の”こんにゃく”だと思いませんか。

何かトラブルを起こしても、そこで立ち止まったら終わりです。

どんどん時間は過ぎていきます。

完璧でなくてもいい…その気持ちが仕事の能率をあげ、さらに自分自身にプレッシャーをかけることがありません。

「ああー失敗しちゃった。

次は〇〇してみよ!」と明るく考えられる。

それって仕事を”楽しいもの”と捉えているから。

もしも仕事は”いやなもの”と捉えてしまえば、もう手を付けたくなんかないもの。

もしも、あなたは仕事が嫌いなのであれば、これからは少しゆるめの完璧主義に移行してみませんか?完璧主義をやめるのってなかなか難しいものです。

少しずつ、自分に与えるプレッシャーを下げていくこと。

たったそれだけで、何か問題が起きた時あなたの心の持ち用が変わっているはずですよ。

仕事に追われていない

仕事が楽しいと思っている人は、仕事を追いかけています。

仕事が嫌いな人は、なかなかやりたくないがために仕事に追われる生活をしがち。

ひとつ仕事が終わっても、また新たな仕事が待ち受けているのです。

やってもやっても、仕事が追いかけてきてもうノイローゼ寸前なんてことも。

それはひとつの仕事に時間をかけすぎていたり、いや過ぎてやっていないからことが原因です。

もしも、仕事を楽しむことが出来ていれば、ひとつの仕事をサクッと終わらせるように出来ます。

そして、次の仕事が来るのをドーンと待ち構えることが出来るのです。

もしも、あなたも仕事をドーンと待ち構える側になりたいのであれば、今ある仕事を”楽しみながら”サクッと終わらせることを目標にしてみましょう。

その仕事を好きになることこそが能率を上げる一番の方法。

そして、追われていた仕事を片付けて、一息つける時間を作り出して見ましょう。

全てはアナタ次第なのです。

低いプライドを捨てることができる

仕事が楽しくないと思う人は、誰も期待していないのに自分でプレッシャーをかけ、高いプライドを持っていることが多いです。

普通よりもかなり上の基準にあわせ、「コレが出来て当たり前」「これができなきゃありえない」なんて考えていることが多いはず。

あなたは、そのような節はありませんか?仕事が楽しめないのは、そうやってやらなくてもいいプレッシャーをかけて、プライドを高くしてしまっているから。

仕事を楽しんでいる人は、プライドそのものを持っていないことがあります。

そのため、仕事で何か問題があったり取引先や上司から指摘を受けた時もすんなりとそれを受け入れることができます。

もしもプライドがあったとしても、そこで張り合うことはしません。

素直に相手の意見を受け入れることが出来るのです。

しかし、プライドがありそれを捨てることが出来ない人は、なかなか相手の意見を受け入れることが出来ません。

「私(僕)のやり方が間違ってるわけない!」なんて頑固になってしまいます。

そのように対抗している時間がもったいない。

サッと折れて、相手の意見を受け入れるべきです。

嫌なことがあっても「反省する心」があれば、仕事は楽しむことが出来るのです。

だって、反省すればもう二度と同じ失敗はしないのですから。

無理をしていない

仕事を楽しんでいる人っていつでもニコニコして、明るくて、オシャレで…。

そんなに大変な仕事をしているのに、どうしていつもキラキラ輝いているの?なんて思われているかもしれないですね。

仕事を楽しんでいる人は、仕事が楽しいと思っているときこそ、仕事やプライベートに対して無理をしていないものなのです。

好きなことはするし、仕事以外のことも充実しています。

また、仕事を切り詰めて行なっているなんて事はないのです。

無理をしていないからこそ、心の余裕ができて仕事を楽しむことが出来るのです。

心の余裕って全てのことに関わるもの。

もしも、仕事をやってもやっても終わらなくて精神的な余裕ができていないのであれば、どうにかして精神的な余裕を作り出すことが先決です。

がんばってない

仕事が楽しいからこそ、仕事に夢中になることができるんです。

要するに、仕事を”頑張っている”自覚がありません。

周りから見れば、一生懸命取り組んでいる姿にまじめさを感じ、頑張ってるななんて感じることもあるでしょう。

しかし、当の本人は仕事を楽しんでいるので、頑張っている自覚がないのです。

そして、楽しんでいるから疲れることがほぼありません。

それが仕事を楽しんでいる人のヒミツです。

頑張らないで仕事なんかできるわけないじゃん!と思ったのでは? いやいや、仕事を楽しんだり楽しい仕事をこなせば「頑張る」感覚なんて一切なくなるんですよ。

競争していない

仕事が出来ない人に限って、誰かと競い合っているもの。

「あの人が終わる前に私が仕事を終わらせてやる!」「アイツよりも俺の方が契約をとってやるからな!」なんて勝手に闘志を燃やすのなんて、相手からすればどうでもいいこと。

そのように誰かをライバルとみなすのも仕事のやる気を奮い立たせるには、とても有効的ですね。

しかし、仕事を楽しんでいる人は楽しい仕事が目的であって誰かに勝つことが目標ではありません。

そのため、競争するということに対してストレスを感じません。

また、誰かをライバルとみなしてしまえば、その相手のレベルがその人のレベルになってしまうこと。

もしも、相手がとても仕事の出来ない人であれば、かなり低い基準で戦っていることになりますよね。

それって成長できません。

それどころか仕事に対して、やる気をかんじなくなるもの。

仕事を楽しみながらやっていれば、目標やライバルは自分になりますからこれまでに感じたことのない達成感を感じたり、目標を達成することができるのです。

仕事の意義を見出している

あなたは仕事ってどのようなものだと思っていますか?生きていくのに必要なこと…と多くの方は応えられるのではないでしょうか。

仕事が楽しくない人は、生きるため、食べていくためにお金が必要でそのために仕事をしているといいます。

しかし、仕事を楽しんでいる人は、もちろん生きていく上でお金が必要だからと感じながらも「その仕事で幸せになれる人がいるから」「これをしている時間が楽しいから」「誰かのためになっているから」「これがなくなったら、困る人がいるから」なんて、その職種本来の仕事の意義を見出しています。

そのため、「お金のために働いている人」とは仕事に対する気持ちの入れようが違うんです。

お金よりもその先にあるものが見えているのが仕事を楽しめる人なんです。

あなたはどのような職種についているのでしょうか?あなたの会社の仕事はどんな業務をおこなっていますか?そこから見直してみましょう。

人に感謝をされる機会が多い人

一つ前の項目でも触れましたが、仕事を楽しいと感じている人は、[誰かのために働く」という意識を持っている人が多いです。

そのため、必然的に周囲の人から感謝されることが多いです。

仕事自体は国民のごく一部を対象にしているものかもしれません。

しかし、仕事を楽しみながらやっている人というのは、誰に対しても分け隔てなく明るく、優しく接するもの。

だからこそ、仕事のサービス対象以外からも感謝されることが多いんです。

仕事が早く終わってしまうがために、他の社員の仕事を手伝ったりだとか、仕事が充実しているために誰かのお祝いをするくらいの心の余裕があったりなど。

そのような日々の積み重ねで、周囲の人から好かれる存在になるのです。

しかし、仕事で「いつも忙しい」といっている人にはあまり人が集まりません。

それは精神的な余裕がないために誰かにお祝いの言葉をかけることもできなければ、いつもしかめっ面をしているからでしょう。

お金のために頑張ることができる人

仕事をするのはお金のため、というのは仕事を楽しんでいる人ではないとお伝えしました。

しかし、仕事を楽しいと思っていてもやはりお金は必要なもの。

また、仕事をするというのは自分だけではなく会社や企業の利益を出すことでもありますよね。

仕事を楽しみながら、利益を出すことに気持ちを費やせるのが仕事を楽しめる人なんです。

お金が欲しいから仕事をしている人というのは、お金がゴールになっています。

それももちろん、お金のために頑張っているには変わりありません。

しかし、仕事を楽しんでいる人は自分だけではなく、周囲(企業、家族)のためにも利益を出すことを頭に入れているのです。

人のためにお金を稼ぎ出すのってなかなかですよね。

明確な目標を立てて成長できる

仕事を行なうとき、あなたは何かしらの目標をたてているでしょうか?もしも、目標を立てているのであればその目標は実現可能なものでしょうか?
仕事を楽しんでいる人は、仕事を終わらせることに達成感を感じているのも事実です。

その基準となるのは、明確な目標を立てているということ。

その目標にそって仕事をすればいいだけの話なんです。

それもやみくもに目標をたてているのではなく、その人自身の目標に向かうものとして計画をたてています。

だからこそ、その計画表を終わらせることが出来れば、成長していることになるんです。

あなたもこれから目標を立てるときは、最終的になりたいあなたの目標像から逆算して目標を立てるようにしてみましょう。

例えば一月に30件の営業によって契約を獲得したいのであれば、1日に何件とればいいのか?を逆算し、毎日実践していくのです。

そうすれば、どんなに大きな目標であってもコツコツと一月が終わる頃には、あなたの理想像に近づいているはずなのです。

【楽しい仕事の職種を知りたい人は、こちらの記事もチェック!】