なんだかいつもイライラしている、心がすっきりとしない、ということはありませんか?

それはもしかしたら、毎日のストレスのせいかもしれません。

ストレスって、今はどの年代の人も感じていることと言われていますよね。

子どもであっても、年配の方であってもストレスを感じる世の中になりました。

大人はみんな大きなストレスの中生活している、と言ってもいいでしょう。

でも、このストレスを溜め込んでしまう人と、上手に解消できている人がいます。

あなたは、ストレスを上手に解消できていますか?

もし、できていないとしたら、何が悪いのでしょうか?

ストレスとはいったいどんなもので、どんな風に向き合っていけばいいのか、そして、ストレス解消を妨げていることなどを、今回は調査していきたいと思います。

ストレスを上手に解消できるようになれば、もっと自分のパフォーマンスを最大限引き出すことが可能になると思いますので、あなたに役立ちそうな情報を見つけてみてくださいね♪

ストレスとは?

「ストレス」ということば。

たぶん、みんな知っているのではないでしょうか?

最近では子どもたちだってストレスを抱えて生きています。

みなさんは、ストレスを感じることはありますか?

きっと、みなさん「はい!」と答えることでしょう。

ストレスを感じる原因は人それぞれかもしれませんけど、ストレスと戦っているのはみんな同じのようですね。

今では、ストレス耐性がある人のほうが就活でもそれを自分の強みとしてアピールすることができるし、企業側としても採用したい人材のようです。

それもそうですよね。

ストレスに弱いと、何かとすぐにへこたれてしまったり、自分のパフォーマンスを発揮することが難しくなります。

逆に、ストレスに強い人は、そのマイナスの影響と上手に向き合って、更にそれを自分の力に変えていくことさえできているので、非常にメンタルが強く、前向きに生きていくのが上手です。

当たり前のように使っている言葉ですけど、そもそもストレスを定義するといったいどんな意味になるのでしょうか?

心的外傷

多くの場合、ストレスというとすごく嫌なことを上司から言われたり、されたりした問いに感じるような精神的なダメージのことを指して使うことが多いでしょう。

しかし、じつはストレス自体は、嫌なことだけでなく楽しいことであっても、すべて、外から受ける刺激に対する緊張状態を指しています。

つまり、何かうれしいことでもイライラさせることでも、心と体に緊張をを感じる要素すべてが、ストレスの原因というわけです。

ちなみに、わたしたちはよく、「今度のテストがストレス」とか「職場がストレスだ」という言い方をすることがありますけど、ストレスとは何らかの刺激を受けた時の反応なので、ストレスの原因自体は、実はストレッサーと言うのが正しいです。

恋人とのデートや、結婚だって嬉しくて幸せなことだけど、大きな刺激と緊張を心にも体にも与えることでしょう。

それもストレスらしいです。

それで、ストレスというのは、その要素が何かにかかわらず外部からの刺激によって緊張状態を感じることすべてを指しているのです。

この「ストレス」という言葉ですが、最初にそれを使ったのはカナダの学者さんらしいです。

その人の定義によると、ストレスとは外部から受ける刺激に適応しようとして生体に反応が起こること、と述べています。

何か、外的な要素によって緊張状態になると、血圧が上がったり、ホルモンバランスが乱れたりすることがわかっているわけです。

しかし、一般に「ストレスを感じる」と言われるときには、心に大きな負担を感じるマイナスの要素のことを指しますよね。

心的外傷について語られるときにも、ストレスという言葉が頻繁に使われます。

心的外傷とは、心の傷のことです。

ものすごく不快なこと、傷つくことが生じた場合に、その体験が精神的な安定を崩してしまい、その栄光が長く残ることを心的外傷と言います。

それで、トラウマともいわれることがあります。

最近よく起こる災害などで、恐い体験をしたり、自分の持ち物や大事な人を失ったことへのショックから、強い精神的なストレスを感じることがあります。

それが、精神的にその人のバランスを崩し、その後に感情が鈍くなったり、さらにはトラウマとしてそのような体験がずっと心に残ったり、類似の出来事に対してパニックになったりすることがあります。

このような症状は、心的外傷後ストレス障害と言われています。

主にイライラすること

心的外傷後ストレス障害のように、トラウマになったり、類似の出来事に対したパニックになったりすることまではいかなくても、精神的に冷静でいられなくなり、イライラするときに「ストレスを感じている」と多くの人は自覚します。

イライラする、不安になる、といったことは誰でも感じたことがあると思いますが、そのようなマイナスの感情について、それを”ストレス”と表現することが多いでしょう。

イライラしているときって、自分の感情を抑えるのが大変だったり、感情が乱されていることによって精神的に疲労を感じますよね。

例えば、上司から理不尽な文句を言われた、いつも恋人が遅刻してくる、友達の態度や言い方が気に入らない、親から結婚しろと口うるさく言われる、満員電車での通勤、めんどくさい近所づきあい・・・などなど。

イライラする原因つまりストレッサーというのは、じつにさまざまですが、イライラしていること自体は、その何かしらのものがあなたに刺激を与えた、つまりストレスを与えたということは事実でしょう。

悪いイメージがある

それで、一般にストレスというとかなり悪いイメージがありますよね。

できるだけストレスフリーに生きたい、と思っている人は多いのではないでしょうか?

誰だってイライラしていることは、自分自身心地よいことではないでしょう。

しかし、イライラさせられるような状況や他人の言動に直面することを避けられることはできないし、生きている限り心配事もなかなかなくなることはないでしょう。

それで、多くの人は外部からの刺激、ストレスというと、すごく自分にとって負担となったり、毎日を苦しくさせる要素、と考えるようになります。

ストレスにはいい原因もある⁉

それで、ストレスと聞くと、すごくマイナスなイメージがありますけど、実はプラスのいい原因もあることをご存知でしょうか?

しかし、ストレスがないということは、刺激がないということでもあります。

刺激がない世界を考えてみてください。

常にぼーっとしていて、何も感じることもなく過ごしているだけなのです。

ものすごくつまらないし、ものすごくひ弱な人間になってしまいそうですね。

それで、ストレスとは一般に悪いイメージしかないけれど、緊張状態になるとか、刺激を受けるということはプラスの面が要因であれば、すごく楽しいし、人生に彩を添えてくれることになります。

例えば、恋人と一緒にいることでドキドキすることとか、新しいことに挑戦するときのあのワクワクする緊張状態とか、それもストレスなんだけど、私たちにとってはすごく楽しいことでもあるわけですよね!

さらに、適度な緊張状態は私たちに大きな力となるので、ストレスはプラスになることもあります。

悪いことだけではないのです。

しかし、現実にはそのような楽しいストレスよりも、イライラさせたり不安にさせたり、悲しいといった不快な刺激が多すぎるために、人はストレスに悪いイメージを持つのではないでしょうか??

そして、そのような状態が長く続くことによって、人は体と心に不調をきたすこともあります。

ストレスによる症状

現代人の病気の原因にも、ストレスが関係している場合が多くなりました。

つまり、ストレスが大きく、長く続いてしまうと、心と体の健康を脅かすことがあります。

では、どんな点でストレスが症状となって表れるのでしょうか?

例えば、ホルモンバランスやが乱れたり、自律神経が乱れます。

その結果、頭痛が起きたり、めまい、だるい、眠いといった症状があらわれたりします。

さらに、目が疲れて痛くなったり、耳なりがしたり、首のコリや痛みを感じたり、吐き気がする人もいます。

さらに、便秘または下痢の原因になっている場合もありますし、皮膚に蕁麻疹ができる人もいます。

胃腸炎になってしまう人も多いですね。

上にあげたように、身体的な症状に加えて、精神的にも大きな影響を与えます。

イライラすること、絶望感、自分には価値がないと感じたり、もう何もかもやる気がでなくて、落ちこんだり、不安になったりすることもあります。

それで、とてつもなくさみしいと感じたり、死にたいと思うほど気分が落ち込んでしまうこともあるのです。

重度になると、うつ病などの精神的な病気になる可能性だってあります。

集中力も下がり、やる気ができないことで、学業や仕事に影響が出て、うまくいかなくなることもあり、それはもっと自分を責めたり、何もかも嫌になってしまう悪い循環を生み出してしまいます。

そして、そのような精神的な不安定な状況を何とかしたい、ということで、アルコールや薬物に頼ったり、暴飲暴食をしたり、暴力行為、性的な倒錯行為などに走りたくなる人もいます。

とにかく、今の状態から抜け出したい、逃げ出したいという気持ちから、そのような危険な行動に出てしまうのです。

しかし、そのような行動は一時的な快楽となって一瞬はストレスから逃れられるように感じても、のちにはもっと気持ちが落ち込んだり、良くない行為の依存症のような形になって人生を台無しにしてしまうこともあります。

ストレス解消を妨げている10個のこと

わたしたちは、みんなストレスが全くない世界に行くことはできません。

それも、現代社会は過度のストレス、それも不快な刺激が溢れていてるわけなので、ストレスに対処する方法を知っていないと、自分自身がつぶれてしまう可能性があります。

それで、上手にストレスを発散させていく必要があるわけです。

でも、なかなかそれができていない人も多く、ストレスが溜まる一方で、すでに精神的にも身体的にも不安定になってしまっているかもしれません。

では、何がストレス解消を妨げているのでしょうか?

ストレス解消ができていない人の、10個の特徴をチェックしてみましょう!

1.生活習慣が乱れている

ストレスの多い生活をしている人の多くは、生活習慣が乱れている可能性があります。

みなさんは、毎日しっかりと睡眠をとり、しっかりとバランスの取れた栄養を取って、適度な運動をしているでしょうか?

ストレスを解消するために、睡眠は不可欠なものです。

質の良い睡眠は自律神経を整え、ホルモンバランスを整えてくれます。

質の良い睡眠を毎日とるためには、毎日決まった時間に眠って起きる、という習慣も大事なんだそうです。

そうすることにより、体のサイクルが整います。

しかし、寝る時間がバラバラだったりすると体内時計が崩れるので、疲れが十分に取れていない場合もあります。

それで、休日であってもいつもと同じ時間に寝て起きるといった、生活習慣をしっかり管理することがいいでしょう。

ストレス耐性をアップさせるために、そしてポジティブな思考を持つためには、しっかりと睡眠をとることが重要だといわれますが、そのためには毎日の生活習慣を管理する努力が必要になるでしょう。

さらに、体も心も健康でいるためには、栄養をしっかりと取ることも必要です。

インスタント食品やスナック菓子などはイライラをもっと大きくしてしまう添加物などが入っているので、そのようなものばかり食べていると、もっとストレスが大きくなってしまうかもしれません。

ストレスを感じている時にはビタミンやミネラルが減少しているので、ビタミンやミネラルをたくさん含む食品を積極的に摂ったり、神経を落ち着かせてくれるといわれるカルシウムなどを摂るとよいでしょう。

身体的にも精神的にも影響がある

忙しい社会人などは、良く睡眠時間を犠牲にして働いていることも多いですが、そのようにすると、徐々に精神的にもマイナス思考になったり、脳の疲労が取れていないので仕事にミスが多くなったりしてしまいます。

ストレスが溜まると眠れなくなったり、過度にお酒を飲むようになったりして、疲れが取れず日常の活動への支障が出てきて、更にストレスが溜まるといった負のサイクルが生まれている可能性があります。

それで、生活習慣が乱れ始めると、心と体のバランスが崩れ始めます。

そうすると、ストレス耐性も下がってしまうのです。

それで、ストレスは精神的にも身体的にも力を奪ってしまうものなので、それにたいしょするためにはまず生活習慣を整えて、身体的・精神的な健康を心掛けていきましょう。

2.悩みを1人で抱えがち

なんでもかんでも一人で抱えてしまう人もいます。

そのような人は、自分の消極的な気持ちやイライラや不安などを全部、自分の中に溜め込んでしまう傾向があるかもしれません。

自分の中でだけ、悩みを抱えていると、もっとイライラや不満や不安が膨らんでいき、心がそのような悪感情でいっぱいになってしまったり、冷静で客観的な見方ができなくなるでしょう。

夜になると、今日の出来事を考えて、嫌なこと辛かったことを考え始めるということはありませんか?

そうすると、感情が高ぶったり、さらに次の日のことが心配になったり、落ち込んだりとストレスが増してしまい、良く眠れなくなって、さらにストレスが悪化するということもあるかもしれません。

1人で解決しようとしない

今までも、誰かに頼らずに一人で何でも解決してきた、という人は、もしかしたら一人で何でも抱え込む傾向があるかもしれません。

「これは自分の問題だから」とサポートの手を差し伸べてくれた人の、優しい言葉もはねつける人もいます。

しかし、一人で何でも解決しようとすると、その大きなストレスを一人で全部負わなくてはいけません。

他人に負ってもらうことはできなくても、他人に負担をちょっと軽くしてもらうことはできませんか?

例えば、話を聞いてもらうだけでも心はすっきりとしたり、理解者がいることを実感するだけで力や勇気が湧いてきたり、他人の客観的な視点からの意見が自分の見方を変えて楽にしてくれることもあるのではないでしょうか?

誰が1人にでも相談する

それで、悩みや問題を抱えたときに、自分ひとりで苦しまないで、信頼できる人に相談することができるでしょう。

自分より人生経験が豊かだったり、いろいろと知恵のある人に相談すると、その人も今の自分と同じような悩みを抱えていたことがわかることもあります。

そうすると、どうやって乗り越えられたのか、どんな考えや行動が自分のストレスの負担を軽くしてくれるのか、ヒントをもらえるかもしれません。

さらに、具体的なアドバイスなどは必要ないとしても、誰かに話すことであなたの感情を思いやってくれる人、あなたの悩みに寄り添ってくれる人が見つかるかもしれません。

自分の中のモヤモヤやイライラを誰かに話すだけで、かなり心が軽くなることもありますよ!

3.何事も自分1人で実行する

仕事なども自分ひとりで抱え込む人がいます。

自分でやりたい、と思うのは責任感があっていいのですが、自分の容量を超えた分も、自分ひとりで抱え込むと、ストレスが大きくなります。

誰かに頼ったり、任せたりすることが苦手だったり、頼まれたことは断れなったりと、何事も自分一人でやる理由は、いろいろとあるかもしれませんけど、全部自分で自分に責任を押し付けていると、そのうち潰れてしまうことがあります。

たまには周りに甘えてみる

それで、たまには他の人に甘えてみるのもいいかもしれません。

真面目で責任感の強い人ほど、人に甘えることに抵抗があるかもしれません。

しかし、人に甘えるのは悪いことではありません。

もちろん、人を利用しようとか自分がラクをするために、人になんでもうまいこと押し付けようとするのは、自分勝手だといえるでしょう。

しかし、自分が持てない分の荷を手伝ってもらったりするなら、他人への感謝の気持ちも深まるし、その人との距離も縮まります。

家庭でも仕事でも、周りの人と協力しあう、ということを意識して、自分が負える分だけの仕事と、周りの人に手伝ってもらえる仕事を分けてみましょう。

4.運動不足

運動不足がストレスを引き起こしている場合もあるようです。

忙しい社会人にとって、定期的な運動をするのはなかなか難しいことですよね。

でも、運動不足がつづくと、体の血流が悪くなってしまい、脳に十分な酸素がいかなくなってしまったりして、脳がストレスを感じやすい状態になってしまうようです。

さらに、運動不足になると、肉体的な疲労がたまりやすくなって、免疫も低下するといわれています。

逆に運動をすると、心も頭もすっきりすることを実感している人は多いことでしょう。

そうなのです。

運動すると、脳の感情をコントロールしている海馬と言う部分が刺激され、活性化されます。

この海馬というのは、ストレスにすごく弱くて、ストレスを感じるとネガティブな感情をどんどんと発信するみたいです。

しかし、海馬が活性化されたり、脳全体も活性化させると情報を処理できたり、ポジティブに物事を考えることが可能になります。

消極的な感情でいっぱいになったり、ストレスで頭がすっきりとしないときに、頭を切り替えるために運動をするというのは昔から行ってきたことですけど、最近の脳科学でちゃんとその理由が明らかになっているんですね!

肩こり、腰痛予防にも

さらに、運動不足によって肩こりや腰痛が起こっていることもあります。

血流が悪くなっていることによってそのような症状が引き起こされているとかんがえられます。

ストレスがかかるとさらに血流が悪くなり、その結果、かなりひどい肩こり腰痛に悩まされることもあるでしょう。

そのようなことを予防するためにも、適度な運動をして、体全体の血液の流れを良くし、体も脳もいつも良い循環が行われているようにしましょう。

まずは軽いストレッチから始めよう

最初から、ジムに通うとか、ジョギングをするとかウォーキングをするといったことを考えると、忙しい毎日にそれを取り入れることだけでもストレスになるかもしれません。

ストレスを軽減するために運動したいのに、それ自体がストレスになっていたら元もこうもありませんね。

それで、まずは軽いストレッチをすることを目標にできるでしょう。

特にデスクワークで長時間イスに座っているばっかりの人は、定期的に休憩をはさんで、ドリンクを作りにいったり、ちょっと立って体を伸ばすだけでも、血流を良くすることができます。

さらにお風呂上りには、ゆっくりと体を伸ばしてストレッチをすることで、全身の緊張をほぐすこともおすすめです。

【おすすめのストレッチ方法は、こちらの記事もチェック!】

5.仕事中心の生活である

生きるすべてのことが仕事中心になっている人も、ストレスを溜めてしまいやすいようです。

なぜなら、仕事でストレスがかかっているのに、頭を切り替える場所がないからです。

仕事だけが自分の人生だと思うと、仕事でストレスがある時に、人生のすべてがストレスでおおわれてしまいます。

しかし、仕事以外に自分の居場所がある人は、仕事でどんなにストレスがかかっても、そちらで息抜きができるし、頭も心も切り替えて過ごす場所ができるんです。

なので、自分の生活の中に仕事とは関係のないこと、仕事が入り込まない場所があるほうがストレス解消しやすいでしょう。

仕事関係以外の人とコミュニケーションをとる

それで、もしあなたの毎日が仕事関係だけでできているなら、仕事とは全く無関係の交友を作りましょう。

例えば、休日も同僚や上司といつも過ごしているとかなら、仕事とは一切関係ない人と友達になりましょう。

どうやって、仕事関係以外の人とコミュニケーションが取れるのか、と思うかもしれませんが、先ほどの運動を兼ねてサークルに所属してみたり、学生の頃の友だちと連絡を取ってみたりすることができるかもしれません。

いろんな人と交流を持つことで、自分の視野を広くできるし、仕事だけの人生から抜け出すこともできるでしょう。

6.部屋が汚い

あなたのお部屋は整っていますか?

それとも散らかっていますか?

部屋が汚い人は、それだけでストレスを感じているようです。

仕事が忙しいと、ついついお部屋の片づけとか掃除とかがおろそかになってしまうんですよね。

でも、整理整頓されていなくて、ごちゃごちゃとしていて汚い部屋にいることは、それだけで頭の中がごちゃごちゃしたり、精神的にも落ち着かない状態が続いてしまいます。

それはもう、ストレスを加速していることになります。

それで、どんなに疲れていても、すっきりとしたお部屋に帰ると気持ちがホッとしたり、部屋の片づけをしていると、頭も心もすっきりとしてきたりします。

部屋の汚れは心の乱れ

よく、自分の部屋の状態は心の状態を表す、と言いますよね。

まさにそうなんです。

それは心理学でも良く知られていることで、物を捨てられないとか、もうどうでもいいといった気持ちがお部屋の散らかりに繋がることがあります。

うつ病の人は部屋を片付けられなくなりますが、それは、無気力になったり、興味といったものが無くなってしまうことが原因ともいわれています。

さらに、頭の中がごちゃごちゃしていたり、気持ちも不安定だと、身の回りもごちゃごちゃになってしまいます。

そして、お部屋がごちゃごちゃになるともっと頭もごちゃごちゃになるそうです。

それで、部屋が散らかると、うつ病は悪化するといわれています。

心が落ち込んだり、すさんだり、スッキリしないという時には、お部屋から片付けてみるのはどうでしょうか?

部屋がきれいになると、心まですっきりとする感覚が生まれ、ストレスが解消できるといわれていますよ!

7.人の陰口を言っている

いつも人の文句や、人の悪口などを言っている自分がいませんか?

ストレスが溜まると、人のことを悪く言ったり、人の陰口を言いたくなるかもしれません。

誰かを責めることによって、自分を正当化したり、自分をもうちょっと良く思えるようになりたい、という心理が働いているのかもしれません。

さらには、ストレスが大きくなっていると、思考回路が消極的になっているし、少しのことでもイライラするので、人に対する文句とか不満が高まることもあります。

思考がネガティヴになっている

しかし、ストレス解消のために人の陰口を言うのは得策ではありません。

人のことを悪く言ったり、批判したり、否定したりする、ということ自体、すごくネガティブなことです。

それで、人の陰口を言えば言うほど、自分の頭や心をもっと消極的なことでいっぱいにしていることになります。

そうすると、なんでも消極的な思考回路になって、どんなこともストレスと受け取るようになるかもしれません。

嫌いと苦手を区別する

しかし、もちろんある人の存在がとても自分にとってストレスになっている、ということがあるものです。

そんな時には陰口を言って、その人を否定することによって自分のストレスを解消したいとおもうかもしれませんね。

でも、自分の中でもうその人を「嫌い」と断定して、否定したい批判したりしていると、全く前に進みませんし、その人との関係が改善されることもないでしょう。

それで、嫌いではなく、苦手として認識することだけでちょっと変わるかもしれません。

その人自身を憎むような感情ではなくて、ちょっと接し方がわからない、まだうまい付き合い方がわからないといった気持ちでいると、その人に対する悪感情が薄くなる場合があります。

人への悪感情は、自分に一番害が及ぶので、できるだけ人に対するネガティブな感情で自分が振り回されないようにしましょう。

8.休日は主に寝ている

休日になると、ずっと寝ている・・・、そんな人もいますよね。

寝ることは身体的にも精神的にも疲労回復したり、ストレスを解消するためにすごくいいことです。

でも、覚えておきたいのは寝溜めはできないことです。

そして、休日は寝ているだけとなると、心がリセットできないまま、またストレスだらけの一週間が始まるということもあり、ストレスが増してしまっているかもしれません。

休日も規則正しい生活を心がける

それで、休日にも規則正しい生活を心掛け、身体的・精神的な疲れをいやすために寝るだけではなくて、自分の楽しい!と思える活動をしましょう。

運動をしたり、趣味に没頭したり、ちょっと日常を忘れられる時間を取りましょう。

9.休むことは悪いこと?

もう、疲れて精神的な限界を感じているなら、休むことも大事なことです。

でも、「休む」こと自体にストレスを感じる人もいるのではないでしょうか?

仕事を休まなくてはいけない、なんてありえないと思うのです。

そして、それは悪いことのように感じます。

しかし、休むことって本当にそんなに悪いこと、責められることなんでしょうか??

休むことに罪悪感を感じるのが日本人の特徴

日本人は休暇を取ることに罪悪感を感じます。

それが日本人の特徴の一つかもしれません。

なんでかというと、仕事のために生きているからです。

しかし、本来は仕事は生きるための手段であり、仕事で頑張った分はしっかりと楽しむということも大事なことではないでしょうか?

それに、自分のカラダや心を壊してまで頑張ることに、その後のメリットはあるのでしょうか?

ストレスで自分の体と心にかなりの不調を実感しているのであれば、自分が壊れてしまう前に休みを取って、体調を整え、また頑張る力を溜めることも良い選択ではないでしょうか。

10.趣味がない

何の趣味もない人も、ストレス解消できていないことがあります。

ストレスでいっぱいになっても、それを忘れたりできる手段がないのです。

例えば、仕事でものすごく辛いことがあったり、ものすごくストレスを感じても、趣味がある人は、それに没頭することによって、「またがんばろう」というところまで、気持ちを切り替えたり、ストレスの原因になっていることに対して客観的な思考を持つことができたりします。

しかし、そのような自分を労わってあげられる要素がない人は、ずっとストレスを頭と心に溜めたままです。

プライベートを充実させる

それで、自分のプライベートをもっと充実させるようにしてみましょう。

自分が楽しい、うれしいと思えることを感じられる時間を取り分け、作り出すのです。

今まだやったことないことに挑戦したり、まだまだ知らない新しい楽しみを開拓していくことができるでしょう。

そうすることで、ストレスの原因となっていることを自分の中で小さなことにしていき、ストレスをリセットできる居場所を作りましょう。

【ストレス解消方法については、こちらの記事もチェック!】