世の中にはたくさんの人間が存在しており、たくさんの人がお金のために仕事を行って経済を回しています。

人間には様々な性格や特徴を持った方が当然存在しているので、仕事の面に関しても仕事が出来る人もいれば、いわゆる普通である人、そして仕事が出来ないと言われる人達、そしてそもそも様々な理由があり仕事が出来ない人などが存在します。

普通の人が当たり前だと思っているような事も、一部の方からは当たり前ではない場合もあります。

具体的には、働きたくても働けないという事です。

中には本人のやる気がないという場合もあれば、それ以外の様々な要因で働けなくなっているという人がいるのも事実です。

当然働けないとなると、生活する上で困ったりしてしまいますし、生活に対して感じる不安は大きなものになります。

今回はそんな悩んでいる人達の問題解決のために援助する専門職であるソーシャルワーカーという言葉をキーワードに、具体的にソーシャルワーカーがどういう事を行うお仕事なのかご紹介します。

ソーシャルワーカーとは?

ソーシャルワーカーという言葉を理解するにあたって、まずは意味から理解する必要があります。

ソーシャルワーカーという言葉はあまり聞きなれないので、言葉の意味自体を理解している人があまりいない場合も多いです。

ソーシャルワーカーの意味は、先ほどお伝えした、仕事がしたくても仕事が出来ない事により、生活する上で困っている方々、そして生活に不安を感じている方々や社会的に疎外されてしまっている方々に対して問題解決に導くプロフェッショナルです。

つまり、問題解決の為に援助し、必要であれば必要な関係を構築してあげるなどの様々なサポートを行ってくれる方の総称です。

特徴的なのが、本人だけの問題だという事ではなく、本人以外でも、密接にかかわりがあるものに対しても含めて協業するという点です。

本人だけではなく、密接にかかわりがある事に対しても含めてサポートしてくれるので、非常に手厚いサポートを行っています。

社会福祉活動に関わる専門家

ソーシャルワーカーの主な仕事内容としては社会福祉活動に関わる専門職だといえます。

なので、国家資格である社会福祉士と精神保健福祉士の総称として用いられています。

ちなみにソーシャルワーカー自体は無資格者でも自称をすることが可能であり、直接的に社会福祉士と精神保健福祉士という名乗りをしなければ法律に触れることはありません。

社会福祉活動と考えた時に問題となるのが、その環境であるのか、それとも悩んでいる人の精神的な問題があるのかということに大きく区分ができるといえ、環境にあるのであれば社会福祉士がその環境を改善するために働きかけてくれたり相談に乗ってくれたりすることが多いです。

その反面本人の精神的な問題があるのであれば、精神保健福祉士が本人の精神状態をチェックした上で、どういう考え方に問題があるのかどういう精神部分に問題があるのかということを把握して改善するように相談に乗ってくれます。

困っている人と関係を構築して援助する

病気や怪我、或いは高齢である、もしくは自分自身の体に障害などを抱えている人、そしてその家族であったり密接に関わる場所に関しても全て含めた上で相談に乗ってくれアドバイスを行ってくれる人が社会福祉士です。

人によって抱えている問題は様々ですが、仕事をしたくてもできないような状態で困っている人に対して関係を構築してアドバイスをしてあげる仕事です。

具体的には、自分自身の体に何かしらの問題があって仕事ができていないのであれば、自分自身の体にあまり負担をかけないような仕事やそれを受け入れてくれる仕事をアドバイスすることも出来ます。

病気自体が深刻な状態なのであれば、例えば作業療法士、理学療法士、介護福祉士などの福祉サービスに従事しているような関係者の方々であったり、病院の場合であれば医師や看護師などと調整を図りながら相談をしてくれた方にとって安心できるような福祉サービスを提案したりすることが仕事だと言えます。

ただの相談窓口とは違い相談してくれた内容によって実際に働きかけてサービスを提案してくれると言う所まで行なってくれるので、とても頼りになりますし、親身になって行動してくれるのでただの相談員ではないといえます。

どこで働いているの?

社会福祉士や精神保健福祉士はどこで働いているのかあまりピンとこない方もいると思います。

普通に生活をしているとなかなか社会福祉士や精神保健福祉士と関わることはあまりありません。

そもそも健康に仕事をしている場合は頼るケースなのはありませんし、医療関係や福祉関係の仕事をしていない限りは密接な関係を持つこともないので分からない方が多いのは当然です。

もしも今後生活をする上で自分がと相談する側の人間になってしまった場合に、どこで働いているのかを理解しておけば頼ることができます。

公共の福祉事務所「ケースワーカー」

ソーシャルワーカーが勤務している場所は、ケースワーカーと呼ばれる場所が多いです。

ケースワーカーとは公共の福祉事務所です。

福祉事務所で働く職員のことを直接的にケースワーカーと呼ぶ場合もあるようです。

福祉事務所と聞くとピンとこない方もいると思いますが、福祉事務所は都道府県や市若しくは一部の町村に置かれている公の施設です。

なので公共の福祉事務所という表し方ができるといえます。

言ってみればそこに住んでいる住民にとっての社会福祉全般に関する窓口としての役割を担っています。

まず社会福祉的な問題が生じた場合には福祉事務所まで足を運んで自分が感じている悩みや不安などを相談することがひとつの解決の手段だと言えます。

社会福祉施設「生活相談員」

ソーシャルワーカーの中には、生活相談員という立場もあります。

社会福祉の相談業務に関わる職種は1963年に決められた法律によって生活指導員という位置づけが行われるようになりました。

老人福祉法によって位置づけられていたので高齢者を中心としたサービス提供が多かったようです。

しかし時代の変化とともにサービス内容だとも大きく変わっており、昔はこちらが提案する方法にそのまま従っていただくことが多かったようですが現在ではサービスは自分自身で決定するという意思を尊重する考えへと変わっており、高齢者の選択を尊重し自立を支えるための相談を受ける場合が多いようです。

だからこそ生活相談員と言う名前が生まれた背景に繋がっています。

なので生活相談員の職場としては高齢者が多いデイサービス、老人保健施設、そして老人ホームなどがメインの職場になります。

ちなみに特別養護老人ホームに関しては明確な決まりが定められており、入所者が100人いた場合は100人に対して1人の割合で生活相談員を置くということが定められています。

そしてデイサービスに関してはサービス提供時間を通して生活相談員を一人は置くということも定められています。

介護の現場では、ただ介護をするだけではなく、入所者の悩みに関しても相談を聞く事がとても大事な事です。

事実、人は悩み、苦しむ生き物です。

だからこそ悩みを解決する人が必要であり、それは年齢や身分など関係なく必要な存在であるという事です。

児童養護施設「児童指導員」

ソーシャルワーカーの中には児童養護施設に勤める児童指導員と言う職業も存在します。

児童指導員は児童福祉現場においてその児童のお父さんやお母さんなど保護者に代わって児童を監護したり代替的な役割を行う仕事であると言えます。

なので簡単に言えば保護者の代わりに子供のことを指導したり監視したりすると言えます。

なのでピンと来た方もいるかもしれませんが、仕事の内容としては保育士と似ている仕事であると言えます。

事実以前は女性は保母さん男性は児童指導員という風な呼ばれ方をしていました。

具体的に児童指導員がどこで働いているのかというと児童養護施設や児童相談所、障害児入所施設、乳児院など児童の自立促進を行うさまざまな場所が職場としておおく存在しています。

医療機関「医療ソーシャルワーカー」

ソーシャルワーカーの中でも病院をはじめとする保険医療機関などで勤務を行う方等の総称である医療ソーシャルワーカーについてご紹介します。

病院へ来られる方々は自分自身の体に不満を持っている方が当然来られます。

誰しもが経験があるように自分の体に関して不安がある場合は当然ながら精神的にも様々な不安や悩みを抱えている場合が多いです。

具体的には今まで通りの生活ができるようになるのかどうか、若しくは治療費などはだいたいどれぐらいかかってしまうのか、今の自分の収入で問題ないのかどうか、もし自分の体に負担がかかってしまうことにより介護が必要となった場合介護をしてくれる人は存在するのかどうか、などなど、様々な悩みが当然生まれますし、いずれ持つようになります。

医療ソーシャルワーカーに従事している人は、このような社会福祉的な問題を抱えた方々に対して経済、心理そして社会的な問題に対しての解決を支援していくということです。

医療ソーシャルワーカーという名称なので仕事をする場としては、病院がメインでありその他には、介護老人保健施設、精神障害者社会復帰施設などの保険医療機関が一般的とされています。

生活に負担を感じている方々の悩みは様々なジャンルがあります。

そのジャンルごとに当然職場なども分かれますし、相談内容なども多きく変化するといえます。

同じ社会福祉士といっても、様々な問題に対して解決する問題解決能力やそのジャンルの知識が必要であり、同じ職業でも行う内容や提案は千差万別です。

とても難しいお仕事であり、やりがいのあるお仕事であるといえます。

ソーシャルワーカーが援助するのはどんな人?

ソーシャルワーカーの意味合い、そしてソーシャルワーカーといっても、様々なジャンルに精通してアドバイスを行っているという事をご紹介しました。

ここからは、具体的にどういう方々に対してソーシャルワーカーが援助を行うのか?という事をご紹介します。

つまり、どんな人がソーシャルワーカーに対して相談を行っているのかという事にも繋がります。

先ほどもお伝えしましたが、普段生活をしているとなかなかソーシャルワーカーに相談する機会などもないですし、関わる事もないので、存在を知らないのでいざという時に自分ひとりだけで悩んでしまいがちです。

しかし、悩みがある時には、プロに相談したいと思うのが人間です。

集められる情報にも限界がありますし、自分ひとりだけで考えるよりも、プロに相談してもらった方が時間も解決も早いといえます。

自分が困った状況になった時のために、どういう援助を行ってくれるのか、対象となるのはどういう人なのかという事を理解しておけばスムーズに解決できます。

いざという時のために知識として蓄えて損はありませんので、自分がもし相談する立場だとしたら、という事を想定して考えてみてください。

生活している上で困っている人々

ソーシャルワーカーの援助対象としては、生活している上で困っている人々に対して返事を行います。

例えば普通に生活している上で困ってしまうこととしては、病気になってしまって満足な生活が送られない人であり、自分自身の体に障害を持っており仕事をすることが困難であったりする場合など様々な対象が存在します。

生活に不安を抱えている人々

生活に不安を抱えている人々も当然ながら支援の対象に入ります。

普通に生活を送る事が出来ない人は当然生活に対しての不安を感じる事になり、生活に不安を抱えている人たちがどのようにすれば満足な生活を送れるようになるのかという事をアドバイスしたり支援します。

どうして生活に不安を抱えているのかという問題定義や、解決までの道筋を明らかにして必要であれば連携などを行ったりなどの対処をしてくれるといえます。

社会的に疎外されている人々

社会的に疎外されている人々も援助対象に入ります。

社会的に疎外されているというのは、多く該当する例としては障害を持っている方たちだといえます。

障害の程度によるかもしれませんが、例えば深刻な障害出会った場合は普通の人が付けるような仕事などに着けない場合があります。

障害の程度というのは、例えば指が一本なかったり、片方の腕がなかったり、手足がなかったりなど、様々な状況を考えてみてください。

指が一本なかった場合であれば、普通の人が行える仕事を考えた時に、そこまで不便する事なく仕事に着けると思います。

しかし、片方の腕がなかった場合は、問題ない場合と問題があって就けない仕事と別れてくるかと思います。

そして、手足がない場合を想像すると、一般的に存在する多くの仕事が出来ない可能性が高くなると言えます。

なので、障害の程度によって大きく悩みなども変わりますし、当然支援の内容なども大きく変わるという事に繋がります。