人間は年を取る生き物です。

それは当たり前の事であり、誰もが必ず平等に訪れる現実です。

いくら見た目を若く使用とも、体の中の老化を止める事は出来ません。

その為、私たちはいつかやってくる老いに対して心構えをしておかなければならないでしょう。

年を取る事は何も悪い事ばかりではありません。

自分の人生を有意義に過ごす事が出来て居れば、年を取る事自体も悪くないと感じる事が出来るでしょう。

しかし、中には他人から嫌われてしまうようなタイプの人も居る事でしょう。

良い年齢を過ぎると、男性は『おじさん』と言われるようになります。

この『おじさん』という呼び名の中には子供達から向けられる悪意の無い物から、軽蔑の意味を込めた『おっさん』という物まで様々なものがあります。

子供達から呼ばれる物に関しては気にする必要はありませんが、軽蔑の意味が含まれるおじさんという呼び方をされるようになったら注意が必要です。

『おっさん』と言われる事に対して、どうせおじさん出しいいやと思ってしまう事は簡単な事です。

しかし、そこで諦めてしまってはおじさんがますます加速して行きます。

そうなってしまっては周りの人間だけでは無く、家族からも嫌がれれてしまう事があるかもしれません。

そうなってしまわない為にも、私たちは自分の行動を冷静に判断しておじさんにならないように気を付ける事が必要なのでは無いでしょうか。

そこで今回は、「おじさん」と呼ばれる人たちの特徴について考えて見たいと思います。

人によっては当てはまる者が沢山ある人が居るかもしれません。

そんな人たちは、今すぐにでも行動を改める事をおすすめします。

おっさんと思われる人の特徴

おっさんと言われる人にはいくつかの特徴があります。

その為、その特徴を知る事によって自分がおっさんになる事をさける事が出来るかもしれません。

これからご紹介するおっさんの特徴をみて、当てはまる者が沢山ある人は注意が必要です。

自分では意識していなかったとしても他人からは既におっさんと呼ばれてしまっている事も十分に考えられるからです。

おっさんは年齢によって決まる物ではありません。

行動や言動の一つひとつが相手におっさんのい目地を植え付けるのです。

そうなってしまわないように自分の行動をしっかりと振り返って見ては以下はでしょうか。

おしぼりで顔を拭く

おっさんの一番の特徴として挙げられるものの中の一つに、おしぼりで顏を拭くと言うものがあります。

年齢を重ねると、顏の皮膚から油分が沢山出る事になります。

そのため、そのギトギトした部分を拭いてスッキリしたいと考えるのでしょう。

その気もちは分からなくはありません。

ですが、そのそおしぼりは、あくまでも手を拭くために用意された物です。

毎回綺麗に洗濯されているとは言え、その状況を見ている他の人は自分のおしぼりもそうやって顔を拭かれて居たのかと思うと使う気が無くなってしまう事でしょう。

顏を拭いている本人はスッキリした気分になる事でしょうが、周りから見ればその行為は汚らしく正に迷惑行為以外の何物でもありません。

もし顏を洗ってスッキリしたいのであれば、本当に顏を洗ってくれば良いのです。

なにもおしぼりを使用する必要はどこにもありません。

自分だけの事しか考えていない行為ですが、それを他人が見たらどう感じるのか。

それを考える事が出来なくなっている次点でおっさん化は進んで居るのでしょう。

つばを道端に吐く

これも自分の事しか考えていない典型的な行為です。

年を取ると、タンが出やすくなる傾向になるそうです。

ですので、その不快感を解消する為にタンを吐き出したいと思う人も居るのでしょう。

ですが、それを床に吐く必要はどこにもありません。

道路は皆が使用する公共の場所です。

そこを汚して良い理由は何もありません。

タンを出したいのであれば、ティッシュを利用するかトイレにでも行けば良いのです。

もし目の前に歩いている人がいきなりタンを吐いたらどう思いますか。

気持ち悪いと感じる人が多々居るのでは無いでしょうか。

自分の事しか考える事が出来ない人は、他人のめなど気にせず自由にやりたいように過ごして居るのかもしれません。

ですが、周りに居る人は確実に迷惑を感じています。

自分の言えであればどんなふうに過ごしたとしても自由ですが、公共の場では少なくともちゃんとモラルを守って生活する必要があるでしょう。

疲れた顔でタバコを吸う

おっさんと言えば、たばこはセットでしょう。

ちょっとした息抜きにタバコを吸う事で気分を落ち着かせてストレスを解消する事が出来るのでしょう。

最近では喫煙者の肩身がドンドン狭くなる傾向にあります。

自由に吸う事が出来る場所もドンドン少なくなりタバコ自体の値段も上がっています。

その為、おじさんたちもなかなか安心して過ごす事が出来にくい時代となってきました。

タバコは健康に良くないと言う事は、前から散々言われてきました。

その為、吸っている本人もその事を十分自覚しているのでしょう。

ですが、だからと言って辞める事が出来るかと言われれば別問題です。

それが一種のストレス解消になって居るのであれば、無理やり辞めさせるのも考えものです。

例えおっさんに見られてしまう事があっても、それがある事によって仕事を頑張る事が出来るのではればそこは目をつぶって上げてもいいのでは何でしょうか。

しいて言えば、出来れば楽しそうにタバコは吸って欲しい物ですね。

「昔は・・・」が口癖

年を取れば取る程、昔の思い出は美化されていく物です。

本当はさほど大したことでは無いような思い出も、自分のイメージが重なりとても素晴らしい事のように記憶がすり替えられて居るのです。

それはわざとしているのでは無く、年を取ると言う事はそういうものなのです。

人によっては、その思い出話を若い人に聞かせる事を楽しみにしている人も居る事でしょう。

チョットした話なのであれば、誰もが付き合ってくれる事もあるかもしれません。

ですが、自分の話と引き合いに今の若い子達を批判するような箸方をすると一気に嫌われてしまいます。

今と昔では時代が違います。

昔は常識として考えられていた事も、今では通用しないような事も多々あります。

それらの事をよくも知らずに批判するような事をすれば、反発される事は目に見えています。

お年寄りの経験を聞き、自分の教訓にする事は良い事ですが、それは若い人が率先して行う物であり、強要されてする物ではありません。

自分の話がいかに凄いかという事を熱弁する余り、周りの人が引いている事に気が付いていないなんてことはありませんか?

それは単なる迷惑行為です。

昔の栄光は自分の中だけに留めて置く方が賢明です。

すぐに酔う

アルコールに対する免疫は、年と共に落ちていく傾向にあります。

その為、昔は沢山飲む事が出来た人も今となっては余り飲む事が出来ない事もあるでしょう。

お酒の量が減ったからといておっさんになるかと言われればそういう問題ではありません。

おっさんと言われてしまう原因の一つは、酔った事によって周りに絡んだりする事です。

他人に迷惑をかけるような飲みかたをするような人は『おっさん』と言われ一緒に飲む事を嫌煙されるケースも多々ある事でしょう。

最近の若者は、お酒を沢山飲む事が良い事だとは思って居ません。

その為、お酒を飲む事が出来たからと言って凄いとはならないのです。

これも時代の変化なのでしょう。

その為、年配のおじさん達も、若い子に良い所を見せようとしてお酒を沢山飲んだからといって尊敬されるかどうかは別の話です。

そればかりか、かえって面倒なおじさんとも思われてしまう事も多々あるでしょう。

そうなってしまわない為に、お酒は自分にあった量を楽しみながら飲みましょう。

おなかが出てる

おっさんのイメージの一つに丸く突き出たお腹があります。

これは不摂生な生活を送る事によっておこる傾向にあります。

体系を気にする事が無くなったので、オシャレを楽しむ事も無く毎日グダグダ過ごしている。

そんな姿がおっさんと言われてしまうのでしょう。

おっさんの体系は、健康を害する場合が多々あります。

成人病の原因にもなりやすく、注意が必要です。

いくら自由に生きているからと言って、健康に影響が出てしまっては意味がありません。

楽しい老後を過ごす為にも、多少気を付けて過ごす事は大切なことではないでしょうか。

加齢臭

男性は、年齢と共に加齢臭という独特な匂いが出てきます。

これはお風呂に入っているかどうかは関係なく、ホルモンのバランスによる物です。

その為、、仕方がないと言えば仕方がないのでしょう。

ですが、それを周りが不快に感じているのであれば改善する事が必要でしょう。

最近では、洋服の消臭剤なども良いものが沢山登場しています。

その為、それらを使用する事によって加齢臭を改善する事が出来るようになります。

人によっては、自分では気が付いていない事も多々あるかもしれませんので、家族の人に聞いて自分の匂いを再確認する事も需要です。

悪気がある無いに関わらず、匂いは時として他人に大きな迷惑をかけている事があります。

おっさんだから仕方ないと諦めるのでは無く、他人の迷惑を考えてきちんと対応する事もとても大切な
事出はないでしょうか。

機械に弱い

最近の通信機器の進化は目覚ましい者があります。

それによって、私たちの生活はとても豊かな物になりました。

インターネットを使用すれば、誰もが簡単に自分の欲しい情報を手に入れる事が出来る用になり、自宅でも会社を立ち上げる事だって出来るようになったからです。

その為、今私たちの生活には、これらの機器が無くてはならない物になったでしょう。

それは、会社の中でも同じ事です。

今は、会社の中のデーターも全てインターネット管理されている事が普通でしょう。

その為
手書きで何かを作る事もすっかり少なくなり、簡単にデーターを共有する事が出来るようになりました。

ですが、それを便利になったと感じているのは機会を使いこなす事が出来る
人々だけなのかもしれません。

人によっては、機会を使用する事が苦手だと感じている人も居るかもしれません。

前の手書きの時代の方が早かったと感じる人だって居るかもしれません。

そんな人たちは、会社でも浮いた存在となり『おっさん』扱いされる事も多々あるでしょう。

時代は常に変化しています。

それが良いか悪いかは問題では無く、その変化に自分がいかについて行く事が出来るかが問題となるのです。

変化を嫌い、自分の中で安易も努力をしなかった人はあっという間に世間から取り残されてしまいます。

そうなってしまっては後から取り戻す事は大変です。

自分も社会の一員として生きていくのであれば、努力をする事も大切な事なのです。

身なりが古い

大人になると、体系が変わる事がそうそうありません。

その為、着ようと思えば10年前の服であっても着る事が出来ます。

その為、オシャレに無頓着な方はずっと同じ服を着る事もあるかもしれません。

ですが、洋服は着れればいいと言うものではありません。

デザインは常に新しい物になっており、例え似たような雰囲気だったとしてもやっぱりどこか違うからです。

オシャレに敏感になれとは言いません。

しかし、少しは興味を持つ事も重要です。

自分の年齢にはどんな雰囲気の服装が合うのか。

どんな見た目になりたいのか。

そんな事を考えるだけでも、十分楽しい日々を過ごす事が出来るのでしょう。

オシャレを楽しむ事は、人生を楽しむ事に似ています。

その楽しみを自ら放棄するのでは無く、チョットした人生の色どりとして考えて見てはいかがでしょうか。

自分をおじさんだと言う

年齢を自分で認める事は、悪い事ではありません。

変若作りをするより、自分にあた姿で過ごす方が絶対に合った雰囲気を手に入れる事が出来るでしょう。

ですが、なんでも感でも『おじさん』という言葉で片づけてしまう事はおすすめ出来ません。

自分が過ごしている時代に対して、合わせる努力を辞めたした人は、全て『おじさんだから仕方がない』としてしまいます。

しかし、そこで線を引いてしまってはもうおっさん化は止まりません。

頑張る事を辞めてしまった人は、ドンドン自分の好きなように生きていくようになります。

それが加速して行けばおっさん化はあっという間です。

自由に生きる事は楽な事ですが、全てを諦めてしまってはすぐに社会から浮いてしまいます。

自分の今生きている時代の良い所を感じて過ごす事も、とても大切なことではないでしょうか。