突然ですが、今の収入に満足していらっしゃいますか?

好きなことを仕事にして収入にも満足している、嫌なこともあるけどそこそこ満足している、まったく畑違いの仕事で収入も不安定又は低いなど、様々なケースがあるかと思います。

特に、今の世知辛(せちがら)い世の中、なかなか思うように稼げない人は少なくないでしょう。

もちろん、やりがいも大切ですが、それに見合ったお給料が欲しい!

もっと贅沢できるだけの収入が欲しい!と言うのも、誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

今回は「お金を稼ぐには○がおススメ」!をテーマに、その方法や内容、メリットデメリットについて、それぞれご紹介していきますね!

お金を稼ぎたいなら!

お金を稼ぎたい!と思った時、まずは何から手をつけたらいいのでしょうか?

まずは、その作業内容に関して知識を得るために下調べをすることです。

いくら巷で「○は稼げる!」と言われていても、何の知識も無しに挑戦するのは余りにも無謀です。

本・人の口コミ・ネットの情報などを参考に、自分にできそうなことから始めてみてはいかがでしょうか?

そうすることで、初期投資や心構えもできて、やる気も出ますよ!

とは言え、気負いし過ぎることはありません。

最初から上手くいく人はそうそういません。

とにかく収入を挙げないと!と気張らずに、まずは、きちんと知ることや知識を増やすことなどの土台形成をしっかりと為すことから始めましょう!

そうした基礎がきちんと形成できているか否かで、その後の収入にも大きな影響をもたらすことは間違いありません。

ちょっと変わった稼ぎ方を紹介!

ここで「ちょっと変わった稼ぎ方」をご紹介します!

何と!不満を買い取るサービスがあるのをご存知でしょうか?

「不満買取センター」に自身の不満を投稿することで、ポイントが付与されます!

最も良い不満には、最高で10ポイント付与されるそうですよ?

本当にそんなことで収入になるの?と疑惑が高まりそうですが、本当になるんです!

例えば、「あの商品には、こんな機能が足りない」とか「もっとこんなサービスを増やしてほしい」と言った、皆にとって将来還元がありそうな意見は重宝されます。

とは言え、個人的な不平不満や特定の個人を名指しした意見は、ポイントになりにくいだけでなく、名誉棄損にもなりかねないので、よくよく注意が必要です。

不満は「もっとこうだったら良いのに」と言う裏返しの感情です。

逆転の発想から、物事を良くするきっかけになるだけでなく、ポイントとして成果を得られるわけなので、まさに一石二鳥です!

いや、自分の不満を発散できる分、一石三鳥と言っても過言ではありません!

自分が思った意見が反映された時の嬉しさは、思う以上に大きいものです。

自分1人でできることは限られても、皆の意見が束になることで、少しでも良い方向に物事が進んでいくことは、あなたの貢献の証にもなります。

遠慮せずに、自分の意見を表に出してみてください!

相手にはない発想を見出すことができるかもしれない、好機と捉えてみてはいかがでしょうか?

みんなが知らないお金の稼ぎ方!14選

ここからは、「みんなが知らないお金の稼ぎ方!14選」をご紹介します!

これと言った資格やスキルがなくてもできるものから、経験を積む必要があるものまであります!

紹介を読んだだけでは実感が湧かない、わからないこともあるでしょう。

が、この先いずれかの作業を経験するにあたって、少しでも参考にしていただければ幸いです。

それでは、見ていきましょう!

家やスキマ時間で稼げる方法

家やちょっとしたスキマ時間を活用して稼げる方法はないのでしょうか?

そうすれば、本業以外の収入を得ることができて、家計にも財布にも余裕ができてきます。

余裕ができれば、もっとスキルアップできたり、収入を増やすコツを勉強できたりもします。

自宅で簡単にできる作業内容やメリット・デメリットを見ていきましょう!

1.在宅ワーク

在宅ワークとは、その名の通り、自宅で働くことを意味します。

最初はお小遣いほどの収入であっても、頑張りや成果次第では本業をも凌ぐ稼ぎを得ることができます!

そんな在宅ワークのメリット・デメリットを、それぞれ見ていきましょう!

【メリット】

自分に合ったペースで働ける。

通勤の手間がなくなる。

雑多な人間関係に振り回されない。

好きな時間に作業ができる。

などが挙げられます。

自分のペースで働けたり、通勤や人間関係のストレスが少なくなるのは、魅力的ですよね。

自分の好きな時間に作業できると言うのも、他の都合に合わせることができるので、便利ですよね!

【デメリット】

何もかも自分でしなければならない。

1人の作業で孤独感が強い。

安定するまでの間、収入面が不安定。

作業をサボると収入が減る。

などが挙げられます。

自分1人で全ての作業をしなければならないのは、大変ですよね。

つまり、全てが自己責任と言うことですね。

会社勤めであれば決まった月収を得られますが、在宅ワークの場合は収入が安定するまでに時間がかかると言うのも不安要素ですよね?

では、それぞれの仕事内容を見ていきましょう!

シール貼り

シール貼りの仕事内容は、商品に値段やバーコードを貼り付けたり、DM(ダイレクトメール)に宛先のラベルを貼り付けることです。

シールを貼るだけなら簡単そうだから自分でもできそう!と思いますよね?

とは言え、ただシールを貼れば良いと言うものではなく、まっすぐ・きれいに貼らないといけません。

一度貼り付けたらはがせないシールもあるので、慎重に貼り付ける必要があります。

単調な作業だけに、几帳面かつ根気強い人向けの作業と言えますね!

気になる単価はと言いますと、シール1個につき1円前後がほとんどです。

例えば、月に1万円は稼ぎたい場合は、1万個のシールを貼る計算になりますね。

1ヶ月は約4~5週あるので、1週間で約2000~2500個、1日で約286~357個貼ると、月1万円の収入になります。

テープ起こし

テープ起こしの仕事内容は、テープに録音された音声を聴きながら、文字を入力することです。

最近では、ICレコーダーに録音し、パソコンに接続し、インターネットで取り込んだ音声を受け渡す方法が一般的となっています。

とは言え、国語力の高さ・入力の正確さや速さを求められるので、作業に慣れるまでに時間がかかります。

作業は以下の3つに分けられます。

素起こし(録音された内容を全て文字に起こす。)

ケバ取り(余分な間投詞を除いていく。)

整文(書き言葉として読みやすいようにする。)

国語が得意で、タイピングはお手の物な人向けの作業と言えますね!

気になる単価はと言いますと、一概には言えませんが、60分のテープにつき約1万円とされています。

とは言え、3つの作業をこなすのに時間がかかるため、最初のうちは慣れるまでに苦労が多いかもしれません。

なので、腰を据えて作業をする必要があります。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のブログやホームページに広告を載せることです。

そして、そのブログやホームページに訪れた人が広告をクリックして商品を購入した時、収入が発生します。

必要なのはパソコンとブログ又はホームページだけなので、始めやすいのが魅力と言えますね!

とは言え、始めやすい反面、成果が出るまでに個人差があります。

ただ広告を貼って、商品の紹介をするだけでは、思うような収入に結び付きません。

自分のブログやホームページを訪れてくれる相手に、いかに広告に興味を持ってもらうか、惹きつける文章力を磨くかなどが問われます。

思うような結果を得られずに、結果が出るまでに挫折してしまう人も少なくないので、難易度は高めと言えますね。

本当に自分が好きなもの、○の知識に関しては負けない!くらいのものを紹介していった方が、気持ちの面においても長続きしそうです。

まずは、何よりも「自分のブログやホームページにアクセスしてくれる人を増やすこと」が最優先です!

地道に土台形成をしていき、収入につなげる足掛かりにしていきましょう。

動画の広告収入

動画の広告収入とは、自分が挙げた動画に入れた広告によって、収入になることです。

YouTubeで活躍するユーチューバーなどが、それに当てはまります。

10分の動画を1回再生すると、0.1円の収入になります。

1万円稼ぎたい場合は、10万回再生されれば良いわけですね。

いくらネット社会と言えども、何だか途方もない数字に思えますね。

この作業もすぐに結果が出るものではないので、気長に頑張るしかないですね。

とは言え、まずは「自分自身が楽しみながら作業をする」ことが大切ではないでしょうか?

自分が楽しめないのに、相手が楽しんでくれることはないからです。

自分が楽しいと思えることを、どんな些細なことでも良いので、思いついたら動画に残すと言うのはどうでしょうか?

きっかけは何気ない日常の中に潜んでいることが、案外多いものですよ?

アンケート

アンケートに答えることで、収入を得ることです。

単価は、1件数百円~数千円のものまで様々です。

地味な作業ではありますが、企業にとって、第三者の意見は貴重なものです。

また、答える側もポイントが付与されるなどの恩恵にあずかれます。

何度かアンケートに答えるうちに、ボキャブラリーや知識も増えて、答える内容も質の高いものに変化していくでしょう。

自分の意見がどこかで何かの役に立っていると言うのは、ある意味、自信にもつながります。

自分を高めながら、相手の役にも立って、収入と言う形に結び付く、と言った良い循環になるでしょう。

モニター

モニターとは、発売前の新商品を体験したり、商品やサービスのチェックをすることです。

例えば、化粧品のモニターであれば、発売前の化粧品を試すことができるうえに、サンプル又は収入を得ることができて一石二鳥というわけです。

うまくいけば、月に1~3万円ほどの収入につながります。

慣れてきて段取りが良くなれば、更に収入を増やすことができるでしょう。

新しいものへの好奇心が強い人に向いていると言えますね。

せどり

せどりとは、商品を安く購入して、他で高く売却し、その差額を利益にすることです。

自分が売りたいと思う商品だけを購入し、インターネットオークションなどで転売することで、確実に利益を出すことができるというわけです。

とは言え、商品を購入してからでないと始められないので、その分の「投資」は必要になります。

が、即収入につながるので、やりがいはあります。

ただ、仕入れをし続けないと収入になりませんし、いったん商品を保管しておくための場所も必要です。

梱包も自分でしなければならないので、手間もかかります。

肉体的にも労力を使う作業ではありますが、収入の手ごたえを感じられる作業でもあります。

フリマアプリ

フリマアプリとは、スマートフォンにおいてフリーマーケット式に商品の売買を行うことです。

フリーマーケットのメリットは、何と言っても「不要なものをお金に換えることができること」です。

購入者が前払いした代金を、事業者が間に入って、商品が購入者に確実に届いたことを確認したうえで、出品者に支払われる仕組みになっています。

そうすることで、出品者・購入者の間で揉め事が起きるのを防ぐことができます。

出品者が価格を設定できるので、必要な分の利益を得ることができるのも魅力ですね!

急にお金が必要になった時にも便利ですし、アプリなのでどこでも使うことができます。

自分の身の回りのちょっとした片づけにもなりますし、それで収入にもなるのなら、片付けにも前向きになれそうですね!

ハンドメイド販売

ハンドメイド販売とは、自分が作ったアクセサリーや雑貨をネットで販売することです。

サイトに登録して出品し、商品が売れた時、価格の10~15%を手数料としてサイトに支払います。

または、前述のフリマアプリにて販売することも可能です。

自分が一生懸命作った作品を、他の人が気に入ってくれるのは嬉しいですよね?

それでいて収入にもなるので、モチベーションも上がります。

売れるコツとしては、一度価格設定したものを値下げしないことです。

なかなか売れないからと言って、安易に値下げしてしまうと、かえって売れないままになってしまう場合があるからです。

自分が凝って作った作品なので、それ相当の価格設定をしたいところではありますが、そこは他の出店者の価格と比較したり、自分ならいくらなら買うのかなどを考慮したうえで価格設定をしましょう。

2.クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネットで不特定多数に業務を発注・受注者の募集をすることです。

クラウドソーシングを扱うサイトにおいて、作業内容や発注条件を明記し、それを見た人が案件に応募し、発注者は条件にあった人に発注します。

締め切り期限や報酬などの条件も、発注者によって違ってきます。

方式も、タスク・プロジェクト・コンペなどに分かれます。

それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう!

タスク方式とは、1つの案件に対して、多くの人が参加することです。

例えば、アンケートや記事の作成などが挙げられます。

1つの案件に対して、十円単位の単価の収入になります。

【メリット】

これと言ったスキルや資格は必要ない。

作業にかかる時間も少なくて済む。

空いた時間に活用しやすい。

自分の案件が選ばれれば、収入が得られる。

自分はこれだけのことができると、発注者にアピールできる。

発注者と対等な関係で作業を進めることができる。

収入が高い。

【デメリット】

報酬は少ない。

などが挙げられます。

初心者は、タスク方式で経験を積んだ後に、コンペ方式やプロジェクト方式へ進んだ方が良いでしょう。

コンペ方式とは、1つの案件に対して、自分の提案を直接応募することです。

発注者は応募された数々の提案の中から、自分の出した条件にあった提案を選びます。

自分の案件が選ばれなければ、一切の収入はならない。

競争率が高いので、選ばれるには工夫が必要である。

などが挙げられます。

自分の持つ技術をアピールできる反面、競争率の高さは否めません。

プロジェクト方式とは、案件を作成した発注者に対して、自分が見積もりを提出し、発注者が見積もりを選択してから作業を進めていくことです。

自分ならこれだけの価格でこれだけのことができると、発注者に魅力がある見積もりだと思ってもらえるかが鍵です。

初心者にはハードルが高い。

できることが多い分、責任も多い。

などが挙げられます。

作業内容が色濃く、やりがいも収入も一番高いと言えます。

と同時に、伴う責任も大きいです。

このように、方式によって得られる単価が高くなっていき、同時に競争の倍率も高くなります。

地道に経験を積んでいくことで、できることが増えて、発注者の信頼を得ることができ、次の仕事に繋げることができていきます。

コツコツと積み重ねた努力は、信頼や依頼の多さが形となって、仕事の質も量も格段に上がっていきます。

クラウドソーシングには、以下の作業などがあります。

ライティング

ライティングとは、ブログや日記、記事などを書くことです。

日記のように日常の出来事を書き連ねるものから、専門の知識を要する記事の作成まで様々です。

字数は〇文字以上などの条件がついたりつかなかったりもします。

タスク・コンペ・プロジェクト、どの方式にも使われます。

文章を考えるのが好き・得意な人に向いていると言えますね。

データ入力

データ入力とは、データを入力することです。

作業内容は、リストアップや文章のデータ化、情報収集などがあります。

ワードやエクセルのソフトを使いこなせれば、取り組みやすいですね。

ブラインドタッチのスキル磨きも重要です。

ひたすら入力の作業なので、集中力も欠かせません。

タスク方式に多く使われます。

黙々と作業ができる人に向いていると言えますね。

デザイン

デザインとは、イラストの作成、会社や商品のロゴ、バナーの作成、写真撮影などが挙げられます。

絵が好きな人や絵の勉強をしている人は、自分の力量を試すチャンスとも言えますね!

晴れて自分のデザインが選ばれた暁には、自信に繋がることはもちろんのこと、多くの人の目に触れる絶好の機会になりえます!

とは言え、著作権等の厳しい審査もありますので、他の作品とデザインが被らないように注意が必要です。

コンペ・プロジェクト方式に多く使われます。

絵の質を挙げたい人などに向いていると言えますね。

作曲

作曲とは、CMで使われる曲の作成、BGMの作曲、音の調整などが挙げられます。

音楽が好きな人、音楽の仕事をしたい人に向いていると言えますね。

ほとんどが抽選で競争率も高いですが、選ばれれば実績と収入を得られる好機です!

経験を積むうちに、音楽の質も上がって、同時に発注者からの評価も上がります。

コンペ・プロジェクト方式に多く使われます。

商品管理

商品管理とは、商品の仕入れから販売において、商品の在庫や保管、配送、陳列などの管理を行うことです。

商品の売れ行き状況などを逐一かつ正確に把握したうえで、商品の回転率を上げたり、商品の在庫の不足や過大手持ちを防ぐことが大切です。

作業内容は地味に感じるかもしれませんが、商品の循環を良くすることを考えると、とても大切な作業です。

コンペ・プロジェクト方式に多く使われます。

3.お小遣いアプリ・サイト

お小遣いアプリ・サイトとは、ポイントを貯めて、現金や電子マネーに交換できるアプリ・サイトのことです。

ちょっとしたお小遣いや贅沢をしたい時の軍資金稼ぎにはもってこいと言えますね!

無料で始めることができるので、マイナスから始まることはありません。

初心者にも始めやすい作業なので、何の作業にしたらいいのかを決めかねた時には、選択肢の候補に入れても良いでしょう。

【お小遣いアプリについては、こちらの記事もチェック!】

4.ポスティング

ポスティングとは、個人の家に広告又は宣伝のチラシを投函することです。

ちょっとした空き時間にできるので、時間や都合に左右されにくいのがメリットと言えますね!

とは言え、広告を断っている家もあるので、どこでも広告を入れれば良いわけではありません。

そうしたことは、広告を投函する前に地図に明記されているか、通達があるはずです。

収入は、時給制と出来高制があります。

初心者のうちは、時給制の方が収入に結び付けやすいです。

一発ドカンと当てられる方法

上記のようにコツコツと稼ぐ方法もあれば、一発で形成逆転できる場合もあります。

ハイリスクハイリターンではありますが、コツと時の運次第で如何様(いかよう)にも変化します。

【メリット】

得られる収入が大きい。

特に資格は必要ない。

【デメリット】

失敗してしまうと、損失の額が大きい。

綱渡り要素があって、安定しない。

などが挙げられます。

時間や資格を要さない分、失敗した時の反動が大きいわけですね。

では、どういったものがあるのか、一体何なのかを見ていきましょう!

5.パチンコなどのギャンブル

最もポピュラーなうちの1つが、パチンコなどのギャンブルではないでしょうか?

娯楽と言うこともあり、コツを磨きつつ、なおかつ楽しみながら稼ぐことができるからです。

とは言え、それだけで全ての人が稼げる・それだけで生活できる人ばかりではありません。

【メリット】

娯楽の範囲で楽しめる。

それでいて収入にもなる。

【デメリット】

依存性が高い。

失敗したら、つぎ込んだ資金は戻ってこない。

などが挙げられます。

コツや必勝法などが紹介されていることもありますが、あくまでそれはその人個人の経験とその時の運で成り立ったものです。

勝負は勝つ時は勝ちますが、当然、負ける時は負けるものです。

負けてしまった時、その穴埋めを補てんしようと深みにハマる場合も無きにしも非ずです。

一度依存したものから抜け出す・克服するのは、簡単なことではありません。

それによって失ってしまうもののリスクを考えるならば、パチンコで収入をあげることはおススメしません。

先述したように、あくまでも娯楽の一環として楽しむ範囲にした方が無難と言えますね!

6.株

株とは、企業が活動していくうえで必要な資金のことです。

その資金を担うために「株式」を発行し、投資家がそれを購入することで、その企業に「投資」と言う形で資金提供をします。

つまり、株を購入することで、その企業のオーナーの1人になるというわけですね。

その時点で、企業の「株主」にもなり、株主総会にも出席できます。

企業が成長し利益が出れば、その一部が還元され、「配当金」となると言うことです。

また、株主には「株主優待」と言う特典もついているので、お得感満載ですね。

企業の成長で株価も上がれば、その株を売ってまとまったお金にすることもできます。

株の売買には、証券会社に口座を作る必要がありますが、無料で作ることができ、手数料なども必要ありません。

1万円からでも始められるので、思いきって挑戦して、上手く経験を積むことで、運用していくのも良いでしょう。

とは言え、株価の低下や企業の業績不振によっては、当然株にも悪影響を及ぼしますので、逐一チェックが必要になります。

7.FX

FXとは、外国為替証拠金取引と言う意味で、外国の通貨の売買によって、利益のプラスマイナスをもたらすことです。

例えば、日本からアメリカへ旅行に行く際、日本でアメリカの通貨に替えます。

その時、1ドル110円だった場合、1000ドルでは11万円になりますよね?

そして、アメリカから日本に帰国した際、1000ドルを日本の通貨に替えます。

その時、1ドル120円だった場合、1000ドルでは12万円になります。

そこで、1万円の利益が発生します。

これがFXの仕組みです。

何だか株よりも簡単そうなので、誰でもその気になれば挑戦できそうですね。

とは言え、初心者のうちは特に慎重にしたほうが良いでしょう。

8.バイナリーオプション

バイナリーオプションとは、一定の時間内に今の相場よりも価格が上になるのか下になるのかを予測して、投資することです。

短時間で結果が出る・簡単に始められるなどのメリットがあるため、最近話題になりつつあります。

とは言え、当然のことながらデメリットも存在します。

それは、予測が当たらなかった時、投資した掛け金を失ってしまうことです。

キリの良いところまでにするなどして、リスクを最小限に抑えましょう。

こんな稼ぎ方、知ってた?

以上が、お金を稼ぐ方法の詳細やメリット・デメリットとなりますが、いかがでしょうか?

気軽に始められるものから、そうでないもの、ハイリスクハイリターンなど、様々です。

初めて聞くもの、聞いたことはあるけれども内容までは知らないもの、知っているようで知らないものも、中にはあったでしょう。

とは言え、これだけの稼ぎ方があっても、お小遣いくらいの「プチ贅沢」できるだけの収入、生活の基盤になるほどの収入、一攫千金を目指すかなど、目標とする価格によっても違ってきます。

どの稼ぎ方にしても、「1日にしてならず」です。

しっかりと成果を出すには、経験を積むことや忍耐力や柔軟に対応できる力が必要となってきます。

「継続は力なり」と言う言葉にもあるように、経験を積むことで収入が上がるものも、いくつかあります。

どの作業も自分の好きな時間にできるものばかりなので、自分に合ったもの・興味を持ったものから始めてみてはいかがでしょうか?

コツコツ型は時間を要しますが、少しずつ確実に信頼や収入を得ることができます。

一発ドカンと当てられる方法も、全てを否定するわけではありませんが、自分の持つ資金にあった「無理のない範囲・楽しむ範囲」に留めるに越したことはありません。

ハイリスクハイリターンとも書きましたが、得られるものが大きい分、失敗した時の反動も大きいからです。

もちろん、在宅ワークにしても、いつまであるか保障もないので一概には言えません。

が、先のことがどうなるかは誰にもわからないのは、平等なことです。

大切なことは、「今の自分にできることは何なのか」「そのために必要なことは何なのか」を見極めて行動に移すことではないでしょうか?

「千里の道も一歩より」です。

何事も行動に移さない限り、結果はおろか、前にも後ろにも進むことができません。

焦ることはありません。

何かを始めるのに、「遅すぎる」なんてことはありません。

自分だけのペースややり方があるからこそ、世の中は成り立っているのです。

まさに、「みんな違って、みんな良い」ですね!