男性のみなさん、こんにちは。

もし女性の方も読んで頂いていたらこんにちは。

今回はズバリ、「イケメン」について考えてみたいと思います。

「イケメン」と単に言ってみても、感じ方は、人それぞれなので、いわゆる「これがイケメン」と言うのは、なかなか難しいものがあります。

そこで、考えてみると不思議に難しく、奥の深い「イケメンの世界」。

皆さんとご一緒に整理していき、男性の方は「イケメンを目指し」、女性の方は「ムフフ」と、ニヤついて頂きたいですね。

では順番に参りましょう。

イケメンとハンサムの違いは?

そもそも「イケメン」とは、西暦2000年前後に使われ出した造語で、「イケてる」+「面」または、「イケてる」+「メンズ」とその起源は諸説あります。

もともとは男性同性愛者の方々が使っていたという記録もあり、今ではテレビや雑誌でも当り前に使われるようになった言葉ですよね?
この「イケメン」は、古く言えば「色男」、「美男子」、「男前」、「ナイスガイ」、「伊達男」、「ハンサム」と昔からいろいろな言われ方をしてきました。

「男前」の場合は今でもまだ使いますかね。

今ではもしかして若干の「古さ」を感じられる方もいらっしゃるかも知れませんが、「イケメン」が世に広がるまでは、「ハンサム」が「カッコいい男」を象徴する言い方として、世の中を席巻していました。

しかし「ハンサム」の場合は、英語の「handsome」から来ているので造語というより、単純に「外来語」という見方が強いのではないでしょうか?しかし英語でごく日常的に使う言い方は、「good-looking」が主流のようです。

そう言えば、叶姉妹さんの取り巻きの男性方は「グッドルッキング・ガイ」と言うようですから間違いではないようです。

では、この「イケメン」と、「ハンサム」の違いは何なんでしょうか?個人的な感覚も含まれてしまいますが、「ハンサム」は年上の方にも使える、少しかしこまった丁寧な表現といえるのではないでしょうか?なかなか、年上の男性に「イケメンですね?」とは言いづらいと思います。

まぁ、言われる側は何でも嬉しいんですけどね。

対して、「イケメン」は気心知れた仲で、気軽に使うというのが印象的です。

また使う対象も「若い男性」に使う場合がより的確だと思います。

例えば、どういう人をイケメンって言うの?

なんとなくの「イケメン」の使いどころは分かったと思いますが、では次に、「どんな人がイケメンに当たるのか?」と言う疑問です。

「イケてるメンズ」と言っても人の趣味はさまざまだし、好き嫌いまで言い出したら訳が分からなくなります。

そもそも、人それぞれの違った感覚を、足並み揃えて定義付けする意味はないのかも知れませんが、世間の方が思う「イケメン」を次にまとめてみました。

あなたはどの方が「イケメン」だと思いますか?

福士蒼汰

言わずと知れた「清潔感抜群のさわやかイケメン」、福士蒼汰さんです。

この人が嫌いな人は居るのか?と疑問に思うくらいいい男だと私は思います。

もともとは「仮面ライダー」をおやりになられていた俳優さんで、ニコッと笑うと、なんだかこちらまで幸せになりそうですよね?

水嶋ヒロ

眼力最強、オーラバッキバキの鉄板イケメン、水嶋ヒロさんです。

日本人離れしたような顔立ちで、ドラマ「イケメンパラダイス」などでは、人気の俳優さんでしたよね?今では歌手の絢香さんとご結婚され、芸能界も引退されているようですね。

そしてこの方も「仮面ライダー」出身です。

綾野剛

クールな半面、無邪気なカワイさや、他者に対し情熱的な面を併せ持つ、「ミステリアスイケメン」の綾野剛さん。

お肌もきれいで透明感があり、少し中性的な面もたまに魅せる彼は、ドラマでの演技の評価も上々で、今後がとても期待されている俳優さんの一人ですね。

菅田将暉

鬼ちゃんでお馴染みの個性派俳優、菅田将暉さんです。

とにかく個性的でカワイイという評価をよく目にします。

またファッションにも独特の感性を持っていて、芸術などへのセンスにも溢れている今大人気の俳優さんですね。

因みに、この方も「仮面ライダー」なんですよ。

山﨑賢人

少女マンガから飛び出してきたかのような甘いルックス、山﨑賢人さんです。

正直「女の子」みたいな顔ですよね?女装してもイケるんじゃあと思ったりもします。

また声が魅力的と答えている方も多くみられ、多くの女性を日々癒しているであろう今後の期待の高まる俳優さんです。

坂口健太郎

くしゃっと砕けた笑顔に、キュン死する女性続出、坂口健太郎さんです。

この方も透明感に溢れ、何といっても無邪気に笑う笑顔がステキ。

まぁ、この人に女性がやられてしまうのは仕方ないなぁと思います。

塩顔って言われたりもしているようですね?

向井理

癒し系で包容力がありそうな大人のイケメン、向井理さん。

知的でありながら、カラダも鍛えている事もあり、どことなく頼りがいがある。

でもちょっとイジワルなところもあり、ギャップに萌える女性は多いと聞きます。

結婚するなら女性の方はこのような方を望むのではないでしょうか?

小栗旬

芝居への情熱がアツい、ストイック系イケメン、小栗旬さんです。

アニメの実写版にも多く起用されたりと難しい演技もこなす実力派俳優さんで、その真面目で他者を重んじる姿勢からか、芸能界でも多くの交友関係を持つ、イケメンパパですね。

私も大好きです。

イケメンにはどういう種類や特徴があるの?

ここまではいかがでしたでしょうか?とりあえずイケメン俳優さんを何人かご紹介しましたが、気になるところでは、その中にも「いろんなタイプのイケメン」がいると言う事ではないでしょうか?

次はそのイケメンを3つのタイプに分け、世間の方がどんなところで「この人、イケメンだなぁ」と感じるのか、より詳しく観ていこうと思います。

1.顔イケメン

まずは顔についてのお話です。

人によって好みは分かれるでしょうが、基本的には「肌がきれい」、「鼻筋がすぅっと通っていて」、「歯が白い」、「眼と眉が整っている」、「清潔感がある」といったところでしょうか。

最近では女性も白旗振ってしまうような肌のキレイな男性って一般の方でも増えてきたと思います。

たまに電車に乗っていて二度見する時もありますからね。

また顔は、眼と鼻と口を入れると、顔ほぼすべてのパーツになりますので、これらがバランスよく偏ったりしていないかが「顔イケメン」の条件ではないでしょうか?

2.雰囲気イケメン

最近ではこの「雰囲気イケメン」というのが注目を集めています。

これは「顔イケメンではないが、性格や立ち振る舞いなどがカッコいい男性」というもので、「顔イケメン」とはまったく別の派生形で「その雰囲気を愉しむ」イケメンのことです。

また「雰囲気イケメン」の特徴として「カラダを鍛えていること」や、「やさしい」などの「若干の外見・容姿の部分」と、「内面の部分」、2つの要素が入れられる事もあるので、「雰囲気イケメン」の間口は「顔イケメン」よりずっと広いというのが印象です。

3.性格イケメン

そして最後は「性格イケメン」です。

前述の「雰囲気イケメン」が、「外見と内面」をある程度の総合評価したものと考えると、「性格イケメン」は、「内面に特化した評価」と言う事が出来ると思います。

性格イケメンの特徴としては、「心が広い」、「やさしい」、「他人の事を理解してくれる」、「何事にもポジティブ」、「表裏が無い」、「他人の為に恥をかくことに躊躇が無い」などです。

まさに「性格のいい人」のことですね。

確かにイケメンです、非常にわかりやすい。

目指すべきは「雰囲気イケメン」か「性格イケメン」!

ここで男性の読者の方に「イケメンのススメ」です。

もしあなたが「イケメンになりたい」と本気で願うなら、多分「顔イケメン」には成れません。

なぜなら、顔イケメンは、「生まれつきの顔立ち」が強く関わっているので、大人になって垢抜けたり、整形などをすれば「顔イケメン」に変われるかも知れませんが、あまり現実的な手段だとは思えません。

ですので、「イケメンになりたい」、男性読者諸君には、是非とも「雰囲気イケメン」か、「性格イケメン」を目指してほしいのです。

また、具体的な手段については、あとに書きますので、気になる方は最後までよろしくお願いいたします。

「1.顔イケメン」もさらに種類がたくさん!

気になる所で、調べてみると顔イケメンと単に言っても「さまざまな種類」の顔イケメンがいるそうです。

正直私も、友人との話で「あのしょうゆ顔の俳優さん、誰だっけ?」とか言われた時に、「そもそもしょうゆ顔の定義が分からねぇよ」となったときがあります。

巷で言われる「○○顔」、次より順番にまとめていきますので是非見ていって下さい。

結構面白いですよ?

しょうゆ顔

「日本人らしい、すっきりとした顔立ち」がしょうゆ顔の定義です。

正直頭に「?」マークが5個くらい周っているんですけど、みなさんはどうでしょうか?
あまり言葉だけで定義付けしても分かりづらいと思いますので、何人か例を出したいと思います。

上記のイケメン俳優でも出ました「向井理さん」、「佐々木蔵ノ介さん」、「東山紀之さん」、「木村拓哉さん」、「亀梨和也さん」、といったところだそうです。

確かに、何となくこのラインナップを観てみると、「しょうゆ顔の系統」が分かったような気にもなったような気がします。

正直まだ分かっていませんが、とにかく「日本人らしい、キレイな顔立ち」ということですね。

ケチャップ顔

こんな言葉は始めて聞きましたが、次は「ケチャップ顔」の紹介です。

別に「ミートソースが飛び散ったような顔」と言う意味ではありませんよ。

具体的な定義は、「非常に濃い顔で、少年ぽさや、庶民的で親しみがある顔」だそうです。

うーん、全然分かりませんね。

ケチャップ顔の例は、香川のうどん大使「要潤さん」、私の青春「堂本剛さん」、日本サッカー界の頼れるお兄ちゃん「長谷部誠さん」だそうです。

正直私はもうこの時点で分かりません。

ですが巷の方々はこの違いが分かっているようで、このお三方には「濃い顔だけど親しみあるなぁ」と感じているようです。

ソース顔

ソース顔、これなら何となく聞いた事はあります。

定義は「掘りの深い西洋風の顔立ち」らしいです。

なるほど、何となく分かりやすいかなぁと思います。

つづいて例を挙げると、どこのソース顔サイトにも載っている「阿部寛さん」、ラストサムライカッコ良かった「真田広之さん」、龍が如くの実写版「北村一輝さん」、おおきなのっぽの「平井堅さん」、武井壮さんの永遠のライバル「室伏広治さん」などです。

うーん…、簡単に言えば「テルマエ・ロマエ」ですね。

というか「テルマエ・ロマエ」そのものです。

というよりも「テルマエロマエ」でしかありません。

観てない方は実写版をご覧下さい。

インターネットでキャストだけでも見れば分かります。

全員完全な、濃口ソース顔です。

塩顔

塩顔男子、それは「顔立ちの薄いひと」だそうです。

よく「しょうゆ顔」と「ソース顔」の2つと大別されるそうで、顔立ちの薄い順に並べると、「塩顔」・「しょうゆ顔」・「ソース顔」になるそうですね。

うん、何となく分かりました。

例です。

フィギュアスケートの貴公子「羽生結弦さん」、ここで来ました「福士蒼汰さん」、お似合い夫婦の「瑛太さん」、この人に誘われたら断る女性は居ない「佐藤健さん」などです。

キレイな顔立ちでありながらも、「若干病弱そう」というか、「落ち着いた感じ」を連想させる顔なんでしょうか?確かにみなさん優しそうですね。

これは何となく分かったような気がします。

いろいろ調べてみると、「向井理さん」を塩顔に分類しているサイトも多くあり、世間の人はどちらに分類しているのでしょうか?人によって分け方が少し曖昧な部分もあるようですね?

少年顔

最後に「少年顔」ですが、簡単に言えば「童顔」のことだそうです。

具体例を出すと、「小池徹平さん」、「バカリズムさん」、「神木隆之介さん」、「本郷奏多さん」です。

確かに「バカリズムさん」は言われてみれば、どこからどう見ても「童顔」いやいや、「少年顔」ですね。

まだまだ世間には顔の系統を「調味料」に例えて、「みそ顔」や、「マヨネーズ顔」、「オリーブオイル顔」、「酢顔」など、いろいろとあるそうですね…。

絶対分けられてないと思います、正直。

その内、塩よりも薄い「食塩水顔」とか、マヨネーズとケチャップを混ぜた「オーロラソース顔」とか、ソースとマヨネーズの「お好み焼顔」とかが出て、終いには、「武井壮さんって、関西風中濃ソース少年薄口しょうゆ半ライス大盛り牛丼顔だよねぇ」とか言われる時代が来るかも知れませんよねぇ?一体何なんですかねぇ、これは。

恐いです本当に。

「2.雰囲気イケメン」になる方法

前述でも述べましたが、ここでは更に項目を細分化して、「雰囲気イケメン」になる方法を観ていきたいと思います。

あなたの納得のいく、「自分にもできそう」と思う、理想の「雰囲気イケメンになる方法」は、一体どの方法でしょうか?ご一緒に観ていきましょう。

細マッチョになる

まずは「細マッチョ」についてです。

そもそも巷では良く聞くこの「細マッチョ」というワード、「細いのに、マッチョ?」って、普通はなると思います。

実際に私は思いました。

言葉としても矛盾した語句を合わせている印象ですが、実際のところはどういった意味なのでしょうか?
調べてみると、細マッチョは、「一見、細身に見えるが、キュッと引き締まった筋肉が印象的なカラダの事」と言うものでした。

つまり、体脂肪率が低いマッチョと言う意味なのでしょうか?
男性芸能人で検索してみると、「阿部寛さん」、V6「岡田准一さん」、嵐「桜井翔さん」、EXILE「関口メンディーさん」などでした。

女性と思わしき方の意見を観てみると、外見は細く見えても、脱ぐと凄いというギャップに萌える。

やさしそうな顔立ちなのに、筋肉は凄いというところに萌えるだそうです。

ギャップは大切なのですね?
確かにV6の岡田さんは、何年も「ジークンドー」という格闘技をやっており、その体もキツく引き締まった美しい体つきです。

また、EXILEのメンディーさんは、トレーニングを欠かさず行い、ライブでもそのイタリア彫刻のような強靭な肉体をまざまざと魅せて、多くのファンの方々の目を釘付けにしています。

私個人の意見ですが、正直メンディーさんって、この後出しますが、「ゴリマッチョ」なんじゃないのかとも思いますが、世間の方々はメンディーさんを「細マッチョ」のカテゴリーに入れているみたいですね。

ここで、簡単な筋トレの仕方を書いておきますが、私も何度か筋トレを試みた事があります。

正直続かないこともありましたが、現在ではまぁまぁの細マッチョではないかと自負しています。

実際に筋トレを行う際は、「一番フォームが大切」ですので、しっかりと姿見などで確認しながら(スマホで撮影してみても良い)、行うのが適切です。

フォームが悪いとケガをします。

筋トレでバキバキの体なのに、腰に「ヘルニア」を患っている人って結構いるんですよ?初めは辛いし、結果が出ない時期が結構続くと思います。

焦らず、根気のいる作業が求められますので、それなりの覚悟が必要でしょう。

細マッチョの筋トレは、正直器具を買う程ではないと思います。

お金も無いし、ジムも通えないと言う方は自分の体重を使った「自重トレーニング」をおすすめします。

自重トレーニングは、腹筋・背筋・腕立て伏せなどのトレーニングの事です。

専用のサイトも多く出ていますので、チェックしてみるのが良いと思います。

また、体幹トレーニングもおすすめです。

見た目の筋肉には変化が分かりづらいですが、姿勢も良くなり、疲れにくいカラダになります。

ご高齢の方のトレーニングにも使われています。

気になる方は「自重トレーニング」、「体幹トレーニング」で調べてみて下さい。

ゴリマッチョになる

ゴリマッチョの定義は、おそらく「K-1格闘家」のようなカラダです。

力士で言うと、千代の富士関のような体付きでしょうか?とにかく体が大きく、筋肉量がダントツに凄いことがゴリマッチョの定義のように思います。

少しふわっとしていますが、正直、「細マッチョ」と「ゴリマッチョ」の境界線は「誰にも分からない」というのが的確だと思います。

あなたが「ゴリマッチョ」になるには、「ジムに通う」これしか方法はないと思います。

相当なお金があり、ご自宅で様々な器具や設備を設け、トレーナーの方を呼ぶ事が出来るなら別ですが、独学で行うのは危険も多くあると思います。

正しいかどうかを、まず己の体で実験すると言う事ですからね?前もって先人たちが築き上げてきたものに乗っかって徐々に知識を付け、自分に合った方法を見出していく方が、事故もなくて良さそうです。

姿勢をキレイにする

姿勢は非常に重要なモテ要素です。

アニメや漫画、ドラマでもいいですが、「姿勢の悪い登場人物がモテている作品」を観た事がある方はいらっしゃるでしょうか?探せばあるかも知れませんが、正直少数派でしょう。

どんなに顔が良くてもスタイルが良くても、背筋が曲がっていたらカッコ悪いですよね?あと最近テレビでも、運動音痴の芸能人が走ったり、スポーツをしたりするような映像がありますが、あれを見て「カッコいい」とはならないと思います。

客観的に自分を観る事は難しいかもしれませんが、「今自分はどんな立ち姿なのだろう」と、普段から気に掛けておき、鏡を観ながら、体の使い方、どう筋肉に力を入れたら、姿勢はどう変わるのかなども、訓練しておくのも効果的だと思います。

自分の声を録音して聞くと「可笑しい」と思うのと同じ様に、傍から見られているあなたの姿勢は、「あなたが観ても可笑しい」姿勢になっているかも知れません。

おしゃれをがんばる

難しいところですが、「おしゃれを頑張る」ことも重要なイケメン要素だと思います。

私は正直これについては分かりません。

オシャレの感覚は、その道のプロの方であれば、いろんな基本知識および思考があるはずなので、「この色と、この色は合わない」、「この顔に、このネクタイはナンセンス」など知識や前提に乗っ取って、「客観的に評価」する事が出来ます。

しかしこれは飽くまで「プロの世界の話」で、一般人にこれを求めても無理があるでしょう。

増してやこれまで「おしゃれのこと」をまったく気にしても来なかった人生を歩んできたわけですから、こんな人が急におしゃれに目覚めても、万人が納得する、「何がどう、おしゃれなのかを説明ができるおしゃれ」は到底できないと思います。

ですので、一からオシャレを学ぶのが一番大切で、私の思う「おしゃれになるための方法」は、「①とにかく雑誌を読み漁ること」、「②ファッションの知識を深めること」、「③色認識能力を高めること」だと思います。

センスというのは生まれ持った先天的なものと、経験によって培われる後天的なものの2種類あると思います。

初めは、「確かに良いけど、何が良いのかわからない」といったように、何を観ても何の事だか分からないと思います。

ですが、自分の良いと思うものを日常的に観続けていると、その共通項に気付く瞬間がきっとやって来ます。

とにかく自分の理想のファッション雑誌を読み漁って、後天的なセンスを養いましょう。

そうすることで「ファッションに対する知識も同時に深まります」。

これは「色の選択」についても同じですね?
色には合う色と合わない色というのがあります。

色には性質を分けた「色相環」というものがあります。

中学校や高校の美術で勉強した方も多いのではないでしょうか?この色相環を使い、ある程度器械的に、2つの色を選択する事で、失敗のない色の組み合わせを選択する事が出来ます。

あまりこれをやり過ぎても「つまらないもの」になってはしまうのですが、「何事も基礎が一番重要」です。

基礎がある程度分かってから、徐々に「そこを外していく」という作業から良い感覚を養う、これが「センス」なのだと思います。

ハットをかぶるだけでもイケメン度がグンと上がる

正直博打の面もあるかも知れませんが、「ハット」をかぶるのも一つの選択肢としては良いかも知れません。

どちらにしても上級者向けであることは変わりないので、難しいところです。

顔イケメンでない場合は、顔の一部のパーツを帽子で隠すといった方法もあると思います。

最近髪の長い女性がきれいだと思うのは、コレと関係がるのでは?と思ったりもしています。

人の認識力って、結構いいかげんですから、自信のないところは隠す。

これで案外、乗り切れる事もあるかも知れません。

ジャケットもイケメン度を上げる

男と言えば、黙って「ジャケット」ですね?正直ファッションセンスがなくても、ジャケット着とけば遊びや面白味は確かに無いですが、無難であることには変わりありません。

スーツで出勤している方は、会社で「似合わないね?」とか、「スーツ姿カッコ悪い」と言われた事がある方はいらっしゃるでしょうか?スーツ姿は問題なくても、普段のファッションセンスが皆無ということは大いにあると思われます。

無難に男らしく決めておくのも良い選択かも知れません。

眉毛を整える

眉なら若干は変えられます。

「youtube」等の動画サイトでも「男らしい眉の整わせ方」など多くがアップロードされています。

動画で、プロの方が分かりやすく工程を詳しく紹介して下さいますので、是非一度ご確認をしてみてはいかがでしょうか?

「3.性格イケメン」になる方法

外見的な要素が大きい、「顔イケメン」や、「雰囲気イケメン」になるのも自信が無いというあなた。

しかしご自身の性格だけでも変えられれば、あなたは世間で認められる「性格イケメン」として晴れて「イケメン」の仲間入りを果たせるかもしれません。

まだまだ諦めるのは早いです。

次から順番に観ていきましょう。

レディーファーストを心がける

アメリカでは「ポリティカルコレクトネス」などと言われ、あまり「レディーファースト」を言い過ぎると逆に、「女性蔑視」になってしまうそうが、私たちの住むこの日本では、まだまだこの「レディーファースト」が浸透していないところもあるので、きちっと出来る方は、モテるかも知れませんね?

少し上級者向けかも知れませんが、「相手が気づかないような気配り」が出来るようになれば、一番良いと思います。

私は親や近所のお兄さんに、女性は大切だから、必ずお前が「車道側を歩いてあげなさい」とか、夏の暑い時期でも夜は寒くなるかも知れないから、一枚多めに着て、寒くなったら、「女性の肩に掛けてあげなさい」などを良く言われました。

レディーファーストと言っても、いろいろな方法があると思います。

日本人女性は何も「紳士淑女のきらびやかなエスコート」を必ずしも望んでいる訳ではないのではないでしょうか?
そっとするシャイな気遣い、それが日本人流のレディーファーストになると思います。

お会計を全部払ってあげる

これは男のサダメのような気もします。

実際のところ、「奢ってくれたら嬉しいけど、なんか気を遣ってしまう」とか、「奢ったんだから付き合ってよ、とか言われてるみたいで嫌」と言う女性も意外に多いみたいですよ?確かに好意を寄せる男性に奢られたら、女性はさぞかし嬉しいでしょう。

しかし、好きでも無い人に奢られたからと言って、「優しい、好き」とは即座にはならないと思います。

男は「奢ればいいんでしょ?」と思うかも知れませんが、相手の女性の気持ちもよく考えて、「奢るか、奢らないか」を選択するのも広い意味での「レディーファースト」なのではないでしょうか?
「今日は僕が払うから、今度また何処か一緒に行ってくれる時があったら、君が奢ってね?」とか、「君も後輩が出来たら、その人に奢ってあげてね?今日は僕が出すから」とか、何か理由を考えて奢る方法もあるかも知れません。

ですが、相手の事も考えて自分の行動を選択していきましょう。

荷物は持ってあげる

女性が荷物を複数個持っている時、重い方を持ってあげましょう。

全て持ってあげるのは正直「ナンセンス」だと思います。

相手も気を遣うし、正直、「人様に自分の荷物をすべて持たせて平気な女性」はあなたが求める理想の女性像でしょうか?

どうしても女性が荷物を持てない理由があるのなら持ってあげればいいと思いますが、全て持ってしまうのは、ちょっと可笑しいし、優しさとは全く別の意識だと思います。

なんでも話を聞いてあげる

女性は「話すこと」大好きです。

しかし、相手に「否定はされたくはありません」。

もしあなたが「聞き上手」の性格イケメンを目指しているのなら、「①女性の話は否定しない」、「②定期的に相槌を打つ」、「③オチを期待しない・結論を急がない」のが重要です。

女性は話をしたくても、その話を否定されたり、聞いてもらえなかったり、面白い話として話す訳ではありません。

少々面倒臭いと思う方もいらっしゃるかも知れませんが、男性と女性は「話すことへの目的」がそもそも違います。

男性は話をするんだから「きっと面白いのだろうな」とか、「最後はどうなるんだろう?」とか、「貴重な時間を割くだけの事があるんだろうな」とか、話に対しての「対価」を期待すると思いますが、女性はただ「おしゃべり」が出来ればそれで目的は達成なので、特別ゴールもないですし、為になるかどうかは別の事です。

相手が何を求めて話をしたいのか?その目的を考えてあげなければ、聞き上手な性格イケメンにはなれませんので、自分のことよりも相手の女性の気持ちを第一に考えてあげましょう。

いつも女性の心配をして上げる

正直、「オレ様キャラ」や、「ドSキャラ」等の高圧的性格は、好き嫌いが真っ二つに分かれると思いますので、目指すなら「癒し系・性格イケメン」の方が良いと思います。

決して自分から、相手に甘えるのではありませんよ?飽くまで女性に甘えてもらえるような「やさしさ」や、「包容力」のある男性を目指して下さい。

よく「ちゃんと怒ってくれる男性が好き」という女性もいますが、怒るのは「とても難しい技術を要求される行為」なので、単に「性格イケメン」としてモテたい場合、「ちゃんと女性を怒ること」には固執しない方が良いのではないかと思います。

実際に「怒る」となると、説教のタイミングや、言い方、声量、内容、時間などさまざまな点で、「相手が納得できる水準」にこちらから合わせないと効果的ではありません。

むしろ、このどれかが「相手の気に入らないもの」になってしまうと、あなたに怒られている相手は、途端にへそを曲げてしまい、怒られている状況に不快感を露わにします。

こうなったら印象も悪いし、口げんかに発展してしまうかも知れませんよね?
「自分を怒って欲しい」という人は、「何でもかんでも怒って欲しい」訳では決してないと思うので、「相手が気持ちいい怒り方」を習得する事を考えるとその道は、かなりのイバラの道だと私は考えます。

ですので、皆さんはより可能性がある「癒し系・性格イケメン」を目指して下さいませ。

まとめ

イケメンになる為の道は遠く険しい道だと思います。

しかしその、誰もが到達できないというところに異性としての魅力があるのではないでしょうか?

難しい部分もくじけそうな部分も多々あるかとは思いますが、あなた以外にも「イケメン」になろうと日々努力している方々が大勢います。

最後に笑って終わらせられるよう、頑張ってみるのはいかがでしょうか?
また、女性の方もキレイになりたいと何か「コンプレックス」を抱えているのと同じ様に、男性も少なからず「コンプレックス」を抱えています。

何も男性がコンプレックスを抱えるのは女性のせいと言いたいのではありません。

男性も女性も同じと言いたいのです。

男性女性双方で、いろいろと思いを共有することができたら、世の中もっと素敵で楽しいものになるかも知れません。

【イケメンになる方法は、こちらの記事もチェック!】