1990年代、大きな社会現象となっていた”コギャル”。

丁度世代だった30代以上の皆さんは覚えていらっしゃるでしょうか?茶髪のロングヘアに浅黒い肌・ミニスカにルーズソックスなど、本当に様々な若者文化がコギャルから生まれ、ほとんどの女子がみんな真似をしているほどでしたよね。

そんなコギャルも時代と共にだんだんと衰退していき、いつの間にか見かけることがなくなってしまったように思えましたが……実はまだギャルは存在しているという話?!多くの黒肌ギャルがグループを作ってイベントに参加したり、映画にも出演したりして、大きな話題になっているようなんです。

巷ではコギャルがまた再燃するなんて話も……そこで今回はそんな懐かしすぎるコギャル文化についておさらいをしていこうかなと思います。

昔のコギャル文化がどれだけアツいものだったか、一緒に見ていくことにしましょう。

コギャルって知っていますか?

”コギャル”を知っている人、あるいは覚えている人ってどのくらいいるものなのでしょう?30代以上の方なら「懐かしい!」と感じる方もいらっしゃると思いますが、10代・20代の方だと知らないという方も多いかもしれないですね。

そんな知らないという方達のためにも、まずは簡単にコギャルについてご紹介をしていきたいと思います。

30代以上の方もぜひこちらから読んで、コギャルが流行っていたあの頃を思い出したり懐かしんだりしてみてくださいね。

1990年代頃に流行

コギャルとは”高校生ギャル”を略した言葉で、茶髪にガングロといった独特なファッションや言葉遣いをする女子高生のことを指し、1990年代に大流行となりました。

同年代の間では様々なトレンドや文化を生み出すファッションリーダー的な存在として人気となり、彼女たちの真似をする女子が急増するほどだったんです。

しかしそのファッションと振る舞いの派手さから、大人やマスコミからは「素行が悪い」「モラルが低い」などとして批判されたりもしていたんですよね。

次第にコギャルによる援助交際などの社会問題も取り上げられるようになり批判も更に大きくなっていき、やがてその存在は言葉と共に段々と廃れていくようになっていったんです。

独特なファッションをした女子高生のこと

先程もお話したとおり、コギャルといえばその独特なファッションが1番のトレードマーク。

茶髪のロングヘアに日焼けサロンで焼いた浅黒い肌(ガングロ)・ミニスカートにルーズソックス・厚底ブーツといったファッションで世間の大きな話題になり、それを多くの女子が真似していたんです。

ちなみにこれらのファッションはみんなあの安室奈美恵さんから影響を受けていたもので、当時は”アムラーファッション”という名前でもトレンドとなっていたんですよ。

また当時はコギャルの愛読書なんて言われていた「egg」という雑誌も大人気となり、eggに出てくるモデル達に憧れコギャルになる女子が更にどんどん多くなっていったんですね。

コギャル文化を理解するための6個のアイテム


ではコギャルについて簡単に分かったところで、ここからは”コギャル文化”を象徴する6個のアイテムについてもっと詳しく見ていきたいと思います。

現在では有り得ないと思うようなものばかりかもしれませんが、当時はこれが本当に大流行し伝説的となっていたんですよ。

そしてこれを知ればコギャルがどんなものだったのかもっと深く知ることができるはず。

それでは早速読んでいきましょう。

1、茶髪

コギャルと言えばやっぱり茶髪。

現在は黒髪や暗い髪色もオシャレとされていますが、この頃は黒髪=ダサいという認識があり、とにかく派手にするというのがトレンドだったんですね。

そのため当時は校則やモラルなども関係なく、街中には明るい茶髪をした女子高生を当たり前のようにゴロゴロ。

ちなみにこれもアムラーの影響からきていて、髪形も安室さんを真似て茶髪のロングヘアにするという女子高生がほとんどとなっていたんです。

かなり明るめの茶色

しかもコギャルの茶髪は落ち着いた色などではなく、かなり明るめにするのが基本。

先程もお話したようにこの頃はとにかく明るく派手にするというのがトレンドとなっていたので、多くの女子高生が金髪にも近いような明るい茶髪に染めていたんですね。

そして時代と共に髪色は更に派手になっていき、脱色やメッシュなどを入れどんどん明るくなっていくように。

1990年代後半には本当の金髪や銀髪など、もはや茶髪ではない奇抜なカラーのコギャルが続出するようになっていったんですよ。

落ち着いた髪色が流行の現在からするとちょっと有り得ないような話ですよね。

2、派手なメイク


コギャルと言えばメイクも基本中の基本。

しかも茶髪同様メイクもとにかく派手にというのが当たり前になっていたので、学校帰りだというのにがっつりメイクで目立っている女子高生が続出していましたね。

ちなみに1990年代当初はメイクも安室さんを意識して、細い茶色の眉・キラキラのアイシャドウ・濃いマスカラというのがトレンドになっていましたが。

1990年代後半になると色黒のコギャルが増えたこともあり、肌の黒さを際立たせるために白いアイシャドウやアイライナー・リップなどを付ける、ちょっと異質なメイクが流行するようになっていきました。

特にアイメイクに力を入れている

またコギャルのメイクと言えばアイメイクに力を入れているというのも大きな特徴でしたね。

中でも特にコギャルがこだわっていたのがデカ目メイク。

太いアイライナーや濃いマスカラを上にも下にもたっぷり塗ることで目の周りを真っ黒に囲い、その効果でとにかく目を大きく見せようとしていたんです。

しかし1990年代後半にはあまりに過剰に盛り過ぎていたので、周囲からは綺麗という意見よりも異質という意見が多いメイクだったようにも思えます。

現在はむしろなるべくナチュラルに見せるようにといったメイクがトレンドとなっているので、これもちょっとびっくりしてしまうようなメイク法ですね。

3、小麦色の肌

小麦色に焼けた肌、これもコギャルを象徴するものの1つとなっていましたよね。

これもやはり安室さんの影響からきていて、彼女の真似をしてわざわざ肌を浅黒くする女子高生が多くなっていったんです。

が、時代と共にこちらもどんどんエスカレートしていき、次第にコギャルみんながより黒い肌を目指すように。

1990年代後半には本当に驚くくらい真っ黒に肌を焼く人が続出し、黒ギャル・ヤマンバギャルなんて呼ばれるコギャルまで登場していたんですよね。

ここまでくるともはや安室さんの面影はなかったように思えます。

ヒサロで焼く子も

当時はわざわざ海などに行き頑張って肌を焼いている女子高生もいましたが、やはり日焼けサロンに行って焼くという人の方が圧倒的に多かったように思えます。

特に黒ギャル・ヤマンバギャルなどと言われ肌を真っ黒にしていたコギャルの中には、定期的に日サロに通って肌を焼き続けていたなんて人も多かったのではないでしょうか。

あまり健康的とは言えなさそうですが、でも当時はこれが大きなコギャル文化となっていたんですよね。

ちなみに余談ですが筆者の学生の頃の同級生の中にも何人かギャルがいて、その子達は学校のグラウンドに水着で寝て肌を焼いたりしていましたよ(笑)

4、ルーズソックス

ルーズソックス。

これもコギャルの間から生まれ、一気に大きな流行となっていましたよね。

コギャルだけでなく、普通の女子高生の間でも大人気のアイテムとなっていました。

ちなみに知らない人のために説明すると、ルーズソックスとはわざとゆるませてくしゃくしゃな形にして履く靴下のこと。

かなりボリュームのある形で見た目が可愛いということで人気になったのですが、脚を細く見せる効果もあるということでも話題になっていました。

中にはスーパールーズなどと呼ばれるかなりゆるませたタイプのものもありましたが、こちらはあまりにたるませすぎて地面に擦ってしまうため嫌がる人も多く、本当に一部のコギャルの間で履かれたアイテムになっていました。

ゆるさを出すことにこだわっていた

ちなみにこのルーズソックス、当時はよりゆるく履いた方が可愛くてオシャレなんて風にも言われていて、コギャル達はいかにゆるく履くかということに強いこだわりを持っていました。

中にはスーパールーズなどと呼ばれるかなりゆるませたタイプのものもあったのですが、こちらはあまりにたるませすぎて地面に擦ってしまうため嫌がる人も多く、本当に一部のコギャルの間でしか履かれていなかったんですよね。

でもそれくらいこのルーズソックスのゆるさというのはコギャル達の間で重要なオシャレポイントとなっていたわけです。

5、厚底ブーツ

昨年2016年から厚底サンダルやスニーカーなど、厚底シューズがトレンドとなっていますが……実は1990年代もコギャル達が厚底をファッションに取り入れ、それが一気に大流行となっていたんですよ。

そしてこの厚底ブームもやっぱり安室さんがキッカケ。

安室さんがCDジャケットなどで厚底ブーツを履いていたのを見て、コギャル達が真似をして同じような厚底ブーツをどんどん履き始めていったんですね。

ちなみにこの頃はヒールとトゥがセパレートしたタイプの厚底ブーツが人気となっていました。

厚ければ厚いほど人気だったが…

そんな厚底ブーツは当時厚ければ厚いほど可愛いと話題になっていて、厚さが15~20cmあるようなものをみんな普通に履いていました。

しかしやはりそれだけ厚いと歩きにくくなるというデメリットも生じ、転倒などして怪我をする人も続出していたんですね。

中には車の運転中にペダルが踏み切れないことで深刻な事故に遭ってしまった、などという人もいて大きな社会問題としても取り上げられていました。

今また厚底ブームが戻ってきて喜んでいる人も多いかもしれませんが、転倒や事故等にはよく注意をして履いてもらいたいものですね。

6、制服がファッション

そんな奇抜で派手なコギャルは、制服でさえもファッション。

学校の制服を自分なりにアレンジしてオシャレに着こなす人が続出し、それが可愛いと女子達の間で大きなトレンドとなったんです。

例えば先程ご紹介したルーズソックスもそうですし、制服をわざと着崩してゆるく着たり、カーディガンを腰に巻いたりといったスタイルも人気になっていましたね。

近年日本の制服は可愛いと海外にまで広まって話題となっていますが、その制服の可愛さを伝える先駆けとなったのがコギャル達とも言われているんですよ。

気に入った制服を買って着る人も

またこの頃はEAST BOYなどスクールファッションをコンセプトとしたブランドなども登場していて、そこで気に入ったアイテムを買い学校の制服に取り入れる、なんていうのもコギャルの間では人気となっていましたね。

リボンやカーディガン・スカートなどとにかく可愛いと思ったものをゲットしてきて、学校の制服と上手に組み合わせて着ていたんです。

これがまた可愛いということでわざわざアイテムを買いにお店に行く女子も急増するほどに。

ここ数年はスクールファッションを取り扱うブランドも一気に増えているようなので、制服ファッションの楽しみ方もより幅広いものに進化していそうですね。

今でもコギャルは居るの?

そんなコギャル文化も時代と共に少しずつ衰退していき、いつの間にか見かけなくなり。

もうコギャルなんていないんだろうな、なんて思っている人も多いかもしれませんが……実は!今でもコギャルはまだ存在しているということが分かってきて、最近話題となっているんですよ!昔とはちょっと違う形のコギャルですし、あの頃ほどまだ大きなブームとは言えないかもですが、でも巷ではコギャル文化が再燃するのでは?という声が上がってきたりもしているんです。

今も存在しているギャル

そんな今でもまだ存在しているギャル達の中心となっているのが、「強め黒肌ギャル全国ユニット・Black Diamond」と言われるグループの皆さん。

日本全国の黒肌ギャル約150名を集めて結成されたグループで、国内外に再びガングロギャル文化を広めようというのを目的に2012年から様々な活動をされているんです。

コギャルとはちょっと違うかもしれませんが、でも皆さんきっとあの頃のコギャル文化に大きな影響を受けた人達と言えるのではないでしょうか。

「クールジャパン」関連のイベントや映画にも出演

ちなみにBlack Diamondの皆さんの実際の活動も、見てみると結構すごいものばかり。

日本独自の文化を海外に広めることを目的としたあの「クールジャパン」関連のイベントにも多く出演をし、パフォーマンスを披露されていたりもしているんです。

更に昨年2016年には7月に公開された映画「黒い暴動♡」にも出演。

90年代、田舎町の女子高生がガングロギャルになってパラパラダンスユニットで活動する日々を描いた作品になっているのですが、よりリアルなギャル映画に仕上げるためにBlack Diamondの皆さんが脇を固めるキャストとして抜擢されたんです。

コギャル文化が再燃しようとしている

そんなBlack Diamondの皆さんの力もあって、近年日本だけでなく世界からもギャルに注目をする人が出てくるように。

コギャル文化が今まさに再燃しようとしているのでは?と大きな話題にもなってきているんです。

当時世間からは批判的な意見も多かったコギャル達ですが、多くの人に影響を与えたというのは間違いないですし、また復活となったらちょっと嬉しい気もしますよね。

Black Diamondの皆さんにも今後もぜひ活動の方を頑張っていってもらいたいです!