ある程度の年齢になると、自立した生活を送る為に、もしくは現在の状況によって家を出て、一人暮らしなどを行う事はもはや常識です。

自分が通う大学が地元ではない場合は、実家を離れて一人暮らしを行ったり、もしくは就職先が県外にある場合も同様に自立した生活を行うために実家を離れて一人暮らしを行っている人も多いかと思います。

親が最初のうちは支援してくれる場合なども多くあり、その際には大体は親が家を決めてくれたりする場合も多いといえます。

もちろん、ある程度の年齢であれば、自分が住み家くらいは自分で決める事が多いかと思います。

その時の状況によって選ぶ家は当然様々で、自分の生活環境に合った家選びを行うと思います。

例えば、一人だけなのか、それとも家族がいるのか、仕事の給料に見合った家賃なのかどうか、そもそもどこに住むのか、そして間取りはどうするのかなどなど…。

選ぶべきポイントも人によって違いますし、家の好みなども人それぞれです。

部屋選びをテーマにして、今回は住む人数ごとにおすすめの間取りをご紹介していきたいと思います。

1人暮らしにオススメの間取りと特徴

まずは1人暮らしにおすすめの間取りと特徴についてご紹介していきたいと思います。

学生の場合であったり、社会人として働いている方で未婚の方は一人暮らしをしている場合がかなり多いといえます。

1人暮らしをする場合でも様々な状況が判断できます。

1人暮らしだから、狭い部屋でも問題ないという方もいれば、料理が好きだから料理するスペースはどうしても確保したい、狭い部屋があまり好きではないから、生活にも余裕が出てきたのである程度見栄えのある部屋の方が良いという方もいると思います。

なので、それぞれのニーズに合ったお部屋選びの基本や、間取りについて簡単にご紹介していきます。

1人暮らしをしているけど、親に選んでもらった部屋に住んでいるから部屋選びなどの細かい知識がないという方には知って頂きたい内容ですし、今後部屋選びのポイントを考える事が出来るので、この機会に知識として蓄えてください。

ワンルーム

まずご紹介するのは、ワンルームです。

ワンルームと聞くと分かる方もいると思いますが、わからない方も当然いると思います。

ワンルームの特徴は、その名前の通りワンルームなので、一部屋という意味であり、例えば自宅の玄関を開けると、すでに生活スペースである場所までが見渡せるような作りになっているという事です。

なので、ワンルームという風に表現されています。

ワンルームについては、1Rという風に表現されることが多く、ROOMのRから取られています。

簡素な造りになっている事も多いですが、デメリットばかりではなく、メリットもあります。

家賃が安い

まず、ワンルームのメリットとして一番大きいのは、家賃が安いという事です。

一人暮らしをする場合必ず発生するのが部屋を借りる家賃です。

家賃は毎月の支出の中で一番多くの割合を占めている場合が多いです。

地方であればそこまで高い家賃を取られることはないかと思いますが、都心であったり都市部が近い場合は家賃はそれなりに高いです。

例えば極端な話地方では3万円ぐらいで借りられる物件内容も都心では7万円8万円ぐらい家賃としてとられる場合も珍しい話ではありません。

毎月それなりの出費になってしまうということで、部屋を選ぶ際には一番考えるべきポイントである場合が多いと言えます。

もし自分の収入に見合わない家を借りてしまった場合は毎月苦しんでしまうことになります。

部屋を借りてからちょっと高かったからやっぱり辞めようということも基本的にはできないですし、もし違う部屋を借り直した場合でもお金がかかってしまうので得策ではありません。

なので必ず家賃については部屋を借りる前に自分の収入に見合った家賃かどうかを確認することが大事です。

そう考えてみると一人暮らしでなおかつ家賃が安く済むというのはとても嬉しいことですし大きなメリットにもつながると言えます。

部屋は狭い


しかし、ワンルームのデメリットとしてはまず部屋が狭いということが挙げられます。

当然ながらワンルームは一部屋しかない分そこまで広い部屋を借りようという方があまりおらず、それなりの間取りで十分だと考えている人の方が多いので、部屋自体はそれほど広く設定されていることはあまりありません。

もちろんワンルームである程度の面積がある部屋もありますがどちらかといえば狭い家にして毎月の家賃を抑えたいという方が多いので、狭目に設定してあるということも言えます。

部屋が狭いと瀬間苦しくて好きではないと言う彼にとってはあまりおすすめの間取りではないと捉えることができます。

しかしながら自分の収入に見合った部屋を借りるべきであり、給料がそこまで高くない仕事についているのに広い部屋に住んだとしても毎月の家賃に収入が圧迫されてしまい自分の好きなことにお金が使えなくなってしまうということも当然ながら起きてしまいます。

広い部屋に住むということは毎日その場所にいるということでもあるので快適な生活ができるかもしれませんが、自分の好きなことに対してお金を使えないのは大きなストレスになってしまいます。

それが理由で結局香里奈をしてしまうということになると非常にもったいないことになってしまいます。

必ず部屋を借りる前に自分の収入に見合っているかどうかということと、今後生活をしていく上でのストレスに繋がる要素がないかどうか、ということを実際に生活したと仮定して考えてみることが大事です。

1K

次にご紹介するのは、1Kです。

1Kに関しては1Rと似てはいますが、別物です。

具体的に説明すると、まず大きな違いとしてドアがある、ないという点です。

まず1Rに関しては先ほどお伝えした通り玄関から自分の生活スペースがまるまるに入るということが特徴的です。

しかし1Kに関してはキッチンスペースと生活スペースの間に一つドアがあります。

ドアがあるということは玄関から生活スペースが見えないということにもつながり、来客対応などをする妻に生活スペースが見えないようにすることが出来、プライバシーを保護することにもつながります。

友達が来た時はそこまで気にすることはないかもしれませんが知らない人が玄関で対応する場合に生活スペースが丸見えになってしまうとあまり気持ちが良いものではありませんね。

なので一人暮らしをする際には何キッチンを選ぶ方の方がかなり人数としては多いと言えます。

なので名前の意味としては一部屋+キッチン(K)という意味合いを持って表現されています。

キッチンは狭い


1Kの特徴として、キッチンだけ別室で用意されているといってもキッチンが狭いことに関しては変わりはありません。

よくその名前からキッチンが広いという印象を受ける方もいるかもしれませんが、キッチン自体は広く設定はされていないので料理スペースはあまり広くないと思って物件を見に行く必要があります。

キッチンが広いと期待していたのにキッチンが狭くてなく落胆しまうということをなくすためにも理解しておくことが大切です。

料理をする事がが大好きな方についてはキッチンが狭いと毎回料理をするためにストレスを感じてしまうことにもつながるので、部屋選びの中で重視するポイントがキッチンである方はあまりお勧めは出来ないと言えます。

しかしキッチンが広い物件を借りる場合はそれなりに家賃も上がることになるのでどちらが自分の生活環境に合っているのかどうかということを判断することが大切です。

ユニットバスのタイプが多い

1Kの特徴として、ユニットバスである場合が多いです。

ユニットバスというのはトイレとお風呂が一緒になっているという意味合いになります。

なのでトイレとお風呂が一緒になっている分、お風呂が狭く感じてしまいますし、誰かがお風呂に入っているとトイレに入れないということも起きてしまうので人を招いている時に不便に感じてしまう場合があります。

またもう一つのデメリットとしてトイレの音を遮るスペースがない場合もあります。

これに関しては、1Rも同じだと思いますが、部屋自体が狭く生活スペースとトイレが近い場合はトイレの音が丸聞こえになってしまったりするのでストレスに感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし、ドアを挟んでいる分、1Kの方が音などは聞こえにくくなっている場合などもあり、その部屋の間取り次第という点にはなります。

当然ながらメリットもありドアを挟んでいることによって料理をした時の匂いなどが生活スペースに残らないという点があります。

臭いのしない料理であれば特に不便はないかもしれませんが、にんにく料理で当たり魚料理だと比較的匂いが残りやすいものを調理した場合は不便に感じてしまう場合はあるので、ドアを隔てているという事は、それなりにメリットがあると捉えることができます。

1DK

次にご紹介するのは、1DKです。

1DKは意味合いとしては、1部屋+ダイニングキッチンという意味合いになります。

ダイニングキッチンとは、簡単にお伝えすると広いキッチンがあるという意味合いになります。

キッチンが広いという事は、当然料理などがしやすいという事にも繋がり、とても便利です。

見栄えも良いですし、人を招いた時に気持ちよく対応できるのも特徴だといえます。

しかしながら当然キッチンが広い分家賃も高くなるので先ほどご紹介した1R、1Kよりも価格は高いと言えます。

生活にある程度余裕がある方については比較的借りやすい部屋であり、なおかつ様々な場面でストレスなく生活ができる部屋であると言えます。

ちなみに、DKが付く場合の面積ですが、最低ラインとして25㎡、平均的で35㎡、余裕があると40㎡くらいの大きさであるといえます。

若干部屋の広さに誤差がありますので、必ず借りる際には物件を下見に行ってどれくらいの広さなのかということを体感しておくことが後から間違った物件を借りないためのコツであると言えます。

収納スペースがある

1DKの大きな特徴として、収納スペースがあるという点です。

収納スペースがあるないというのはかなり大きい差になります。

なぜかといいますと、引っ越し当初であればそこまで苦痛には感じないかもしれませんが、だんだんと物は増えてきます。

例えば引越し当初は生活において必要最低限の物しかない場合が多く、生活をしていくにつれてだんだんと不便に感じてる店を補おうと様々なものなどを購入する場合が多いです。

例えば季節家電なんかもそうですし、クーラーだけがあれば良いかなと思っていても空気清浄機を購入したり加湿器を購入したり除湿器を購入したりなど様々な場合が考えられます。

それ以外にもパソコンやプリンター、ノートパソコンなど様々な家電を購入する場合もあれば、部屋のインテリアを気にするようになり観葉植物やソファー、大きなベッドなどを後から購入する場合も十分考えられます。

もちろんあまりにも大きい家具家電については収納スペースは利用できないかもしれませんが細々としたものに関しては収納スペースを利用して必要ない時は収納することができるのでとても便利であると言えます。

比較的物が多い方については、収納スペースがある部屋を選んだ方が間違いないと言えます。

リビングと寝室を分けられる

1DKのメリットとして、リビングと寝室を分けられるという点です。

1DKはその構造上、ダイニングキッチンがあり、それとは別に部屋があるので、極端に言うと部屋が二つあるようなものです。

なので、リビングと部屋を分けて生活できるので、生活のメリハリなどを付けることが出来るので、生活しやすいといえます。

もちろん中にはそこまで仕切りをつけなくても問題ないという方がいるかもしれませんが生活スペースをあまり周りに知られたくないという方については寝室を分けることで友人を招いた時にもプライバシーを守ることにもつながります。

当然ながら若干家賃も高くなりますがそれに伴って生活の面でも様々な利便性の高い生活を送れるようになると考えると当然の結果だと考えることができます。

1DKの物件を選ぶ際に注意していただきたいのが、 玄関から入って廊下がある場合に関して部屋までの道のりが長い人が好きな人ならいいですが、その分部屋として使える面積が少なくなってしまう場合があるので、必ず部屋の間取り図を見るときには注意して下さい。

そして脱衣室が用意されていない部屋を借りるときも注意が必要です。

例えば友人がお風呂に入ってる状態で料理をしている場合は友人は裸のまま出られないと言うこともあったりします。

裸で遭遇してしまう場合も考えられ、プライバシーの面で大きなストレスがかかってしまいがちになりますので、部屋を借りる際の間取りについては必ず確認していただき、実際に自分が生活しているところを想像して部屋を借りるようにしてください。

1LDK

次にご紹介するのは1LDKです。

1LDKの部屋は、意味合いとしては1部屋+リビングダイニングキッチンという意味合いです。

これは先ほどご説明した通り、ダイニングキッチン、つまりは広いキッチンがあり、なおかつリビングという名前がつくので、比較的広い部屋になります。

部屋数自体は変わらないのですが、それでも余りあるスペースを確保できるようになるので、生活のスペースが広くなり快適に過ごせるようになります。

実際にどれくらい違うのかと例を出すと、1DKと1LDKを比べた時に、ダイニングキッチンの部分が7.3帖だったとして、LDKになるとここが11.3帖になったりと、かなりゆったり広く使う事が出来ます。

それでいて別室があり、寝室として使う事も出来るので、とても良い環境だと言えます。

当然ながら比例して家賃も高くなりますので、注意が必要です。

自分の生活環境に合った部屋選びを行わないと生活が圧迫されてしまう場合などもありますので、注意してください。

1人だとスペースが余りがち

一人で1LDKに住んでしまうとかなりスペースは余りがちになってしまいます。

もちろんそれなりに立場があって給料もある程度もらっているという方であれば、特に気にすることはないかもしれませんが、どうしても1人で住んでしまうとスペースは余ってしまいます。

なので、どちらかと言えばよく頻繁に家に誰かが来る人であったり、恋人と同棲まではいかないにしてもある程度一緒の空間にいる場合などについてはおすすめの物件であると言えます。

しかしながらそのためだけに少し高い部屋を借りると言うのももったいない気持ちはあります。

それならば狭い部屋でも一緒にいて一緒に住んでも良いなと思った段階で二人暮らし用のある程度広い部屋に住む方がおすすめなので自分の生活環境に合わせて選ぶことが大事だと言えます。

学生より社会人にオススメ

1LDKに関しては、学生よりも社会人にオススメの物件であると言えます。

学生であれば当然ながらそこまで収入は高くないですし、学生の身分であまりにも広い部屋を借りてしまっても自分の身の丈にあっていない場合などが多いです。

なので社会人にオススメの物件だと言えそれでも新社会人などにとってはちょっと背が伸ばしにくい物件であると思います。

なので20代後半などの比較的社会人として落ち着いてきて休養も投手よりも上がってきた段階で借りる部屋としてはお勧めであると言えます。

よく言われているのが給料の1/3が家賃として適しているという風にも言われています。

職業によって給料などは大きく変わりますので一概に年齢だけで判断はできないと思いますので、年齢は関係なく自分のもらっている給料で考えてみることが大事です。

見栄えを気にする気持ちも分かりますが、見栄えだけをはってしまって実際の生活がスカスカになってしまうということが一番避けなければいけないことなので、その点は注意してください。

2人暮らしにオススメの間取りと特徴

ここまでは一人暮らしにおすすめの間取りと特徴についてご紹介をしていきました。

ここからは二人暮らしにおすすめの間取りと特徴をご紹介していきたいと思います。

二人暮らしを想定する時には様々な場合が考えられます。

例えば兄弟と一緒に2人暮らしをするということも十分考えられますし、ある程度関係が深まった恋人と一緒にする場合も考えられますし、友達と一緒に住むということも考えられます。

恋人と住む場合は男性が多く金額を出す場合があるかもしれませんが、それ以外の休日あれば家賃など折半して住むことができますので、実質一人暮らし分の家賃で広い部屋で生活することができるという風にも考えられます。

状況によっては一人暮らしの値段でさらに快適な生活環境を得ることができるので工夫して部屋を借りることをお勧めいたします。

1DK

まず、二人暮らしにおすすめの間取りとして1DKが挙げられます。

1DKは先ほどご紹介した通り、キッチンスペースも広く、一部屋ついてくるので、生活環境としてはある程度優れた環境であるといえます。

確かに一人暮らしで1DKとなるとちょっと贅沢をしている気分になるかもしれませんが、二人と考えた場合に関してはこれくらいのスペースがなければ逆に狭いと感じてしまうかもしれませんね。

自分の生活環境や収入に見合った物件を選ぶ事が大事ですが、二人暮らしの場合に関しては自分だけではなく、相手と一緒に相談して決める必要があるので、二人で見合った収入の物件を選ぶ事を気を付けてください。

家賃が安い

二人暮らしの1DKと考えると、家賃が折半できると考えた時にとても安く済みます。

また、もしも折半しないでと考えても、全額出してあげる場合でもある程度の収入がある方であれば、そこまで圧迫される事のない金額で済むという事もあります。

家賃が安いという事は、他の事にお金を使えるという風にも考えられます。

借りぐらしの状況によってはこれからお金が入り用になる場合が多いと言えます。

例えば恋人と一緒に暮らす場合、将来を考えてる恋人だからこそ一緒の生活環境で過ごす選択肢を取っているので、将来の結婚式費用などが必要になる場合もあったり、恋人と一緒にたくさん思い出を残したいと言う事で車を購入したいと考えてる人もいるかもしれません。

部屋の事を考えた時に、もっと広い部屋に二人で住むことも当然ながら視野に入れて部屋を見る場合が多いと思います。

広い部屋を借りて毎月の家賃が圧迫されるのか、それとも少し安い部屋を借りて自由に使えるお金を作り、そこから何かしらの費用に充てたりするのかということを比較して考える必要があります。

家賃が安くなればなるほど、自由に使えるお金が当然増えますので、お金が増えるという事は、様々な選択肢も生まれるといえるのでお互いが1DKでいいと言うのであればそれに越したことはないと言えます。

2K

次にご紹介するのは2Kです。

2Kは名前の通り、2部屋+キッチンという意味合いになります。

なので、部屋が二つあるという所が一番のメリットになり、大体イメージとしては2~4帖の部屋が二つあるという意味合いで取られていただければと思います。

部屋の2つあるということは2人暮らしをするという事を考えた時にとてもおすすめの物件でもあります。

部屋が2つあるということはそれぞれの部屋を使えることができ、生活空間を分けたりするときにも便利ですし二人のそれぞれの時間を楽しみたい時にも負けることが出来ると言う使い方ができる物件です。

1人の時間も大切にできる

人と一緒に生活するということは楽しいことでもあり時にはストレスに感じる面もあります。

例えば一緒に住んでいるからとどうしても生活環境が違う場合があり早い時間に就寝したい方もいれば夜遅くまで起きていて自分の時間を楽しみたいと言うかがいるのも事実です。

生活環境が違ってしまうとどちらか一方が合わせなければいけないと言う状況が生まれてしまったり、どうしてもやりたいことがあるのにできなかったりする事で大きくストレスに感じてしまいがちです。

しかし部屋が2部屋あると片方の部屋で活動して、片方の部屋では就寝できるという風な使い方ができるのでストレスを感じることがなくなります。

また人によっては喧嘩をしてしまったりした時に一緒の空間にいるのが辛いという状況が生まれますが、そんな時に家を飛び出してどこかで時間をつぶしたりせずに違う部屋に移動したりすることで顔を合わせなくても済むというメリットがあります。

たったこれだけのメリットでも、実際に生活をしている時にストレスを感じてしまう状況が生まれた時にはとても便利だと思いますし、2部屋ある物件を選んで正解だったなと感じることがあると思います。

喧嘩をよくするカップルなどで同棲をする場合は、このような間取りを選ぶことがお勧めであると言えます。

1LDK

二人で住む際に、ある程度生活に余裕がある方や、共働きで合算するとある程度の収入がある方などは1LDKがお勧めです。

なんといってもやはり広いので、ストレスなく快適に住む事が出来ます。

仕事をしている方であれば共感してもらえますが、仕事には多大なストレスがかかってしまいます。

大きなストレスを感じている時に、家にまでストレスを持ち込みたくはないですし、家でストレスを感じるような事はあまりしたくありませんよね。

そんな方には1LDKがお勧めです。

たまに1人の時間が欲しい人に

1LDKがお勧めな理由として、2Kと同じように、たまに自分一人の時間が欲しい人メリットがあると言えます。

一緒に生活をしていると先ほども大シャトーに喧嘩をしたり生活環境が違ったりする場合が多いですが、そんな時に一人の時間が欲しいと思ったかたは別室で過ごしたりするなど自分の集中したいことを行ったりできるなどメリットがあります。

特に家で仕事を行ったりすることが多い方についてはパートナーと一緒にいる時に仕事をするのが集中できないという方も多いです。

しかし別室があれば別室に閉じこもってそこで仕事を行ったりすることもできるので仕事がはかどるのももちろんですし集中できる環境があるというのは自分の気持ちの中でも楽な部分があります。

逆にそこまで想定せずに部屋を借りてしまうといざ必要な場面に立たされた時にストレスに感じてしまう面があります。

しかし、ノートパソコンなどを使って仕事をする場合に関しては近くにファミレスがあったりカフェがあったりした場合はそこを利用すれば済む話ではあるので、比較的仕事をする頻度が少ない人に関してはそこまで意識しなくても良い部分ではあると言えます。

自分がどういう風に仕事をするのかという仕事のスタイルに応じて選んだり1人の時間が欲しいという性格の場合はそこを考慮して部屋を選ぶことが大事だと言えます。

4人以上の家族にオススメの間取り

次にご紹介するのは4人以上の家族におすすめの間取りです。

所帯を持っている方で、子どもが2人以上いる場合などにおすすめの間取りをご紹介していきます。

結婚をして子供が2人以上いる場合は、それなりに仕事の面においても出世している場合が多く、収入に関してもある程度の余裕を持っている場合が多いと言えます。

なので今までよりも若干家賃は高くなってしまいますがそれなりに生活しやすい環境であると言えます。

しかし現在であれば不景気なので、あまり高い給料をもらっていないという方もいるかもしれませんので、結局は自分の収入次第という事にはなります。

しかしながらある程度の人数になってしまうと生活するスペースがたくさん必要であるということは紛れもない事実です。

総合的な面を含めて自分の環境にあった間取りの部屋を見つけてみてください。

3LDK

3LDKはある程度の人数がいる世帯であればお勧めの間取りです。

3LDKは名前の通り、3部屋あり、そしてりリビング兼、ダイニングキッチンという風になります。

主に一般的には3.4人以上のファミリー層に人気のある物件です。

部屋がまず3つあるので、ある程度広いスペースであるという事と、子どもの部屋に使用したり、あとは生活スペース、夫婦の寝室という風な使い方などが出来るので、快適に過ごすことが出来ます。

4人以上となった場合に関しては、少し窮屈に感じる場面があるかもしれませんが、部屋自体がかなり広いので、ある程度の快適さを感じながら生活を送ることが出来るといえます。

一番人気の間取りである

3LDKはかなり人気の間取りであり、需要が高いといえます。

やはりリビングがかなり広めに取れるので、快適ですし、生活する分に関してもそこまで不便に感じる面などはありません。

リビングとは別に3部屋あるので、かなり広く使えますので、ストレスに感じることなく、プライバシーなども考慮した上で生活する事がいえます。

人を招いたりする場面でも、問題なく招く事も出来ますし、子どもの遊ぶスぺースなども確保できる事から、ファミリー層には十分すぎるほど人気の物件であるといえます。

一番の魅力はやはりリビングで、かなり広いので気持ち的にも毎日が楽しくなってしまうような空間であるといえます。

4LDK

最後にご紹介するのは4LDKです。

4LDKは名前の通り、4部屋+リビング+ダイニング+キッチンです。

相当広いので、子どもが多い家庭や、いわゆるおじいちゃんやおばあちゃんと一緒に生活をするスペースなどもあるといえます。

比較的大人数であったり、生活などに余裕がある方には最適である間取りだといえます。

部屋数を多くすることができる

もちろん、比例して価格自体は高めにはなってしまいますが、部屋数もかなり多いので、大人数でも生活環境が違っても問題なく生活をすることが出来ます。

収入がある方については問題なく借りることが出来るので、広い部屋に住んで快適に過ごしたい方にはとても便利です。

4~5人家族などに向いており、4人家族であれば客間としても利用する事が出来るので状況次第で自由に使える部屋という場合でもおすすめです。

床面積は大体ですが35㎡~40㎡だといわれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は間取りに関してそれぞれの人数別にご紹介していきました。

新しい部屋選びってわくわくしますよね。

これからの生活などを考えるだけでもワクワクしますし、新しい環境に身を置くのは楽しいものです。

しかし、きちんと自分の身の丈に合った物件を借りないと大変な事になってしまいますので、注意した上で借りてくださいね。

良い部屋探しが出来るように、ご紹介したポイントを参考にしてください。