世のなかにはたくさんの人間が存在しますが、人間同士の関係性というものは非常に興味深い物です。

人間はもともとはアフリカで生まれ、そこからたくさんの人間が生まれたという話は有名です。

そこから増えて、様々な地方へと旅立っていき、それぞれの大陸や地域に存在し、独自の文化を形成していき、今では日本は当然、アメリカやロシア、韓国など様々な国が存在し、一つの民族として生活をしていくようになりました。

元をただせば、みんな兄弟のような関係性ではありますが、大体身内の人が家族であり、同じ父親や母親から生まれた人が兄弟という風に現在では広く定義されています。

当然ながら、人間は一人で成長していくわけではなく、ご紹介した父親や母親などが世話をしてくれて、一人前になるまで成長を見守ってくれます。

しかし、中には他人であっても気にかけてくれ、様々な支援をしてくれる人が存在するのも事実です。

いわゆるパトロンという存在ですが、他人でありながら存在している、特殊である関係性のパトロンをテーマにして、パトロンがなんと芸術や経済発展などに多大な影響を与えていたという事をご紹介していきます。

パトロンとは?

パトロンと言う言葉を聞いてあなたはどういう意味を想像しますか?
パトロンという言葉の意味はたくさんの意味を持っており幅広いイメージがありますが一般的にはあまり良いイメージとは思えない関係性を想像される方も多いと思います。

しかしパトロンという言葉の意味を理解することによって、様々な関係性を理解出来るようになり幅広いイメージを持つことができるようにもなります。

言葉の意味を掘り下げて理解することで幅広い視野を持つことにもつながりますので、この機会にパトロンという言葉の意味を理解してください。

パトロンの意味とは?


まずはパトロンという言葉の意味についてご紹介します。

パトロンと言う言葉は後継者、支援者、賛助者そして奨励者という意味合いを持っています。

また特権を持っている人であったり財政的な支援を行ってくれる人のことをパトロンと呼ぶこともあります。

なのでパトロンという言葉の意味をもっているという事がわかります。

実際に先ほどお伝えした公園であったり後援、支援、賛助、奨励などの行為に関してはパトロネージュという呼ばれ方をされています。

日本語でいうと「保護者」

パトロンという言葉は日本語でいうと保護者という意味合いになっています。

なので、保護者というと母親や父親などの家族を想像される場合が多いですが、自分の母親や父親に対してパトロンという言葉はあまり使用されません。

英語圏などでも、自分の親に対してというよりかは、例えばあなたがお店を経営しているとして、お店をいつも頼りにしてくれる、いわばお得意様のような人が存在しているとします。

そんな方に対してパトロンという言葉を使ったりするのが一般的です。

そして、そんないつもごひいきにしてくれている習慣についてはパトロネージュという風に表現されるようになっています。

海外ではパトロンとしてお店を利用している方には高価ではないにしても、ある程度のサービスなどを行ったりすることがあるそうです。

これに関しても、これが目的というよりかは、義理や愛情などが強く、いつもお店に来てくてくれるというような行為がメインの感情にはなっているそうです。

経済的に支援する人のこと。

日本でもまったく同じかと思いますが、お店をいつも利用してくれる人に対してはお店も好意的に接してくれますし、中には毎回通う事によってお店の人と仲良くなり、プライベートでも交友があるような人もいたりしますよね。

そういう存在になると、その店の味や雰囲気というよりかは、友達に会いに行くというような目的も含めてお店へ行かれる事の方が多いかと思います。

また、それとは別で考えて、経済的に支援をしてくれる人の事も指し示す言葉でもあります。

例えば、誰かに対して頑張ってほしいと思う事はありますよね。

たとえば自分の子どもが将来有名なピアニストになりたいと思っていたとして、一流のピアニストを養成する学校へ通わせようとしたいとします。

しかし、その子の親はお金がなく、子どもを養成学校へ行かせる事ができなかったとします。

しかし、その子が普段からいい子にしているので、いとこのおじちゃんやおばちゃんが経済的な面で支援してくれるという事になったとします。

そうなると、子どもにとっていとこのおじちゃんやおばちゃんはパトロンになってくれるというわけです。

しかし、経済的な面を援助してくれる人だけがパトロンというわけではなく、パトロンはそのほかにも幅広い意味を持っています。

パトロンの役割とは?


パトロンという言葉の意味をご紹介しましたが、ここからはパトロンの役割についてご紹介していきます。

パトロンというのは支援を行ってくれる人という意味として広く用いられますが、パトロンの役割自体は具体的には知られていない場合が多いです。

知っているという方もいるかもしれませんが、中には悪いイメージを持っている方もいるのが事実です。

例えば、若い女性が裕福な男性に対してパトロンになってもらい、様々な物を貢いでもらったりしている姿を想像される方も多かったりします。

それもあるかもしれませんが、パトロンすべてが悪い場合という事にはなりません。

本来は様々な支援をしてくれる形があるので、偏見を持っている方はパトロンの役割を深く知って頂きたいと思います。

芸術や音楽などの支援を行う。

パトロンは芸術の分野でも広く大きな役割を果たしています。

例えばこのパトロンに関して言えば現代ではなく過去よりパトロンの伝統は受け継がれています。

例えば中世ヨーロッパ家ルネサンス時代においてもパトロンの存在は有名だと言えます。

具体的には芸術パトロネージュという風に呼ばれているのですが、芸術の分野のパトロンをサミュエルジョンソンと言う文学者は水に溺れてもがいてる人を何もせず眺め、陸地にたどり着いたら助けようとする者という風に定義をしています。

意味が難しくて分からない方もいるかもしれませんが、要するに貴族や富裕層の人たちは技術パトロネージュを利用していたという風に捉えることができます。

具体的にどういう風に利用していたのかと言うと、自分の社会的地位であったり特権、そして政治的な野心のために利用していたという風にされています。

なので現代の経済において簡単な言葉でお伝えするとスポンサーいう風な役割を想像していただけたら分かりやすいと思います。

例えば一例をご紹介すると実際にあったのが高利貸により、不正に得た資金を資金洗浄をするためにそのお金を芸術パトロネージュに利用した人も存在しています。

男女間であれば違うかもしれませんが基本的に自分のお金を何かに投資するわけなので何かしらのメリットが自分たちにないとなかなか大切なお金を投資するという事は考えにくいですよね。

もちろん心の底から応援したいと言う気持ちがある場合も存在しますが、大多数の方は自分にメリットがある事を理解した上でで投資をしている場合が多かったりしたそうです。

経済面だけでなく人脈などを使って支援することも。

ここまでの意味合いではパトロンと言うと金銭的な支援を行ってくれる人物団体という風な印象を持たれる方も多いと思います。

しかしパトロンが提供するのは金銭的な意味合い以外でも存在しています。

例えば世の中には慈善団体や福祉団体など多数の非営利団体が存在しています。

いわゆるNPO法人と呼ばれるような組織です。

NPO法人は影響力のある人物を団体のパトロンとすることがあり、簡単に言えば知名度の高い人物を採用することで知名度に繋がると言うことです。

知名度に繋がるとどうなるのかと言いますと、自然とその団体の存在が周囲に知ってもらえることで大きな社会貢献をすることに繋がるということです。

勘違いされやすいのがNPO法人は非営利組織と呼ばれていますが全て無料で何もかもやってくれると言う組織ではないと言うことです。

慈善事業などを行う上で収益などが発生するのは全く問題ありません。

時々NPO団体なのにお金が発生するのはおかしいと言いを唱える人物が存在したりしていますがそれは間違いだと言うことです。

単純に非営利組織の意味合いとしては、発生したお金に関しては分配をしてはいけないということが決められているだけであり、慈善事業で収益は発生する事は違法でもありません。

デマ発生した収益は結局どうなってしまうのかということですかこれは来期の慈善事業に使用されるだけであって、お金を経営者が分けあって、個人的な資金にしているとかそういったことには繋がりませんので勘違いされないように注意してください。

パトロンってどんなことをするの?

ここまではパトロンの役割について詳しくご紹介してきましたが、ここからはパトロンが具体的にどんなことを行っているのかということについてご紹介します。

パトロンがどういう事を行っているのか知ることで、パトロンに関してより深く理解を深め、パトロンが社会において必要な存在であるという事を知るきっかけに繋がります。

意味を掘り下げて理解することで経済的な面で広い視野を持って物事を見ることができるようになります。

物事を広い視野で見れるようになればもっと細かいことに気がついたり社会の仕組みについてより深く理解をすることができるので、社会人として成長するきっかけに繋がります。

社会人として成長しておきたい、様々な意味を知りたいという方はこれを機会に勉強してみてください。

経済的にサポートするだけではない。

パトロンがどちらかといえば経済的にサポートをしているという印象を強く持たれがちですが先ほどもお伝えしたのに経済的な面以外でもパトロンはサポートをしています。

先ほどのNPO団体の件でもそうだったように、必ずしも金銭的な面でサポートしてくれるとは限りません。

結果的にパトロンが一役買うことによって、様々な場面でサポート効果が現れる場合はパトロンと呼ぶには十分だと言えます。

そして冒頭でもお伝えした様にお店の常連客に対してもパトロンと言う言葉を使って表現することがあります。

日本ではそこまで浸透していないかもしれませんが、海外では常連客がパトロンという風に表現されています。

なんとなく日本で使ってしまうと相手に対して少し失礼な言い方になってしまう印象があったりしますが、海外では一般的に呼ばれています。

特にお店に来てくれる人に関しては、間接的に経済面で力を与えてくれていますが、直接個人に対して経済的なサポートを行っているわけではないので、必ずしも金銭的なサポートを個人的に行ってくれる人だけをパトロンと表現するわけではありません。