大学生の皆さん、アルバイトはしていますか?

大学生は超忙しいですよね!勉強もちろんだけど、合コンとか遊びも忙しいし、学生時代は限りがあるのでやりたいこと盛りだくさんです。

確かに勉強もあるかもしれないけれど、遊ぶお金などなど何かにつけ学生さんはお金も必要です。

だからこそ、大学生の方の多くはアルバイトをしていますよね。

もちろんお金を稼ぐこともあるけれど、大学を出たらゆくゆくは就職を支援に入れなくてはいけません。

そこで、どのような仕事をしたいのかどのような仕事が向いているのかを考えるのにアルバイトは非常に有効です。

想い描くのと実際に体験するのとでは大きく違いがあることがあります。

だからこそ実際に体験をすることで初めてわかることがあるのです。

ですので、「色々と遊びたい!」学生さんでしたらお金稼ぎを目的としてアルバイト、将来どのようなことをしたらいいのかと悩んでいたり、こんな方向性の仕事をしたいと言うのが決まっている大学生でしたらその方面のアルバイトをするなどアルバイトでお金も仕事経験もゲットしちゃいましょう!

大学生の悩みの1つ、バイト

でも、高校生で進学校であればアルバイト禁止されていることも多く、大学生になって初めてのアルバイトデビューという人もいるかもしれません。

となると、初めて働くことに高いハードルを感じていることも方も多いのではないでしょうか?

確かに、最近はブラックバイトというような良くないバイトも問題視されています。

ですので、どんなアルバイトがいいのかが分からないと悩んでいる人もいるかもしれません。

ただ、大学生の悩みの1つであるアルバイトは、大学の中にはそのようなアルバイトの求人があることもあります。

ですので、大学が紹介するようなアルバイトにするのもアリかもしれません。

では、大学生活において、どのようなアルバイトを選んでいる人が多いのでしょうか?
そのアルバイトの特徴やオススメポイントなどを一つ一つ見ていきましょう。

夢の大学生活、バイト選びは超重要!

もちろん今現役の大学生として過ごしている方もいるかもしれませんが、この春から大学生として学生生活を始める人も多いのではないでしょうか?

もしかしたら大学出て人生初めての一人暮らしと言う人もいるかもしれません。

では、そのような夢の大学生活において、大学の先輩はどのようなアルバイト選んでいるんでしょうか?

お勧めのアルバイトにはどのようなものがあるのでしょうか?
早速色々と見ていきましょう!

大学生におすすめなバイト26個!

では、大学生にお勧めのアルバイトにはどのようなものがあるのでしょうか?

色々と見ていくと、比較的大学生でも簡単に始めやすいようなアルバイトが多いです。

どちらかと言うと飲食系であったり小売業、もしくはコールセンターのような座って出来るアルバイトもあります。

確かにこのアルバイトは仕事ですので向き不向きもありますし、大変さは人それぞれですが、もしかしたらあなたにピッタリのアルバイトもあるかもしれません。

このように言っては難ですが、たかがアルバイトです。

もしどうしても合わないなと思ったらやめてから次に行ってみる事だってありです。

これを社員になってからということにすると履歴書に職歴が増えて、「この人はもしかしたら堪え性のない人なのかな?」と誤解されてしまうことがあります。

ですので、大学生という肩書きに守られているうちに、複数のアルバイトを経験して居心地の良い場所を探していくのもありです。

では大学生にお勧めのアルバイト見ていきましょう。

バイトデビューにおすすめ、コンビニ


コンビニバイトは、バイトデビューには非常にお勧めだと言われています。

ですので、高校生でコンビニでアルバイトデビューをする人もたくさんいる位です。

そのような点からすると、非常にとっつきやすい仕事であることは間違いありません。

その一方で仕事内容はとても多岐に渡ります。

コンビニは最近はいろいろなものがサービスが行われるようになりました。

例えばですがコンビニはレジでお会計をするほかにも、宅急便もありますし、公共料金の支払いなどなどやる事は多岐に渡ります。

その他にも、おにぎりやパンなどの商品の陳列もありますし、出来立てを売っているところであれば、揚げ物、おでん、中華まんなどなどを作る作業もあります。

コンビニで働く時間帯にもよりますが、深夜帯の時間に入ると、コーヒーマシンやおでんの器具などを洗う作業もあるようです。

このような商品に関する事はもちろんのこと、トイレ掃除や床拭きなどの清掃、箸やスプーンなどの消耗品を補充すること、totoくじやチケットの発売や払い戻し等もあります。

本当にやることが多岐に渡ますね。

コンビニバイトのおすすめポイント

やはり、いろいろな作業を次から次へとこなしていける能力を養う点では非常にオススメです。

いろいろな企業があるので一概には言えませんが、やはり少ない人数で会社を回していくところが不景気になっていくいくごとにだんだんと増えてきましたので、1人で何役もやる事はそこまで珍しいことではありません。

ですので、コンビニバイトでそのいろいろなことを1人で行っていく感覚を養うのには非常にオススメです。

また、コンビニで色々と仕事を覚えて信頼を得てくると、今度は発注などお店の利益に直接関係するようなことを任されることもあります。

ですので、頭角を現し出世していく感覚を味わいたい学生さんにも非常にぴったりです。

落ち着いた雰囲気のカフェ


確かにコンビニも魅力的だけど、中にはあれもこれもと色々と仕事を入れられるととてもきつく感じ、コンビニバイトを辛く感じる人も多くいるようです。

そのような人は、落ち着いたふいんきのカフェはいかがですか?
カフェの仕事内容と言うと、そのカフェのスタイル自体で決まってきますが、落ち着いた雰囲気のカフェであればフルサービスのカフェである可能性が非常に高いです。

フルサービスのカフェでしたら、お客様が座っている席に出向いて注文を取り、オーダーを席まで運ぶ仕事があります。

落ち着いた雰囲気のカフェにあるかどうかは不明ですが、フルサービスのカフェとは違い、セルフサービスのカフェもあります。

このようなスタイルのカフェであると、注文はカウンターで取る状態で、お客さんが出来上がった品物を運んで席に着いて飲食するようになります。

ですので、セルフサービスタイプのカフェであったら、注文を受けること、飲み物や食べ物を用意する仕事の他にも店内の片付けが主な仕事になります。

このようなカフェでのバイトは大学生が主に働いていることが非常に多いです。

小規模店であれば、3人から5人のアルバイトの人で営業されることが多いためにスタッフのコミュニケーションは非常に濃厚であるところがあるようです。

ですので、バイトとしてお友達ができやすい特徴もあるようです。

カフェバイトのおすすめポイント

バイトのお勧めとしては、先ほどもあげたように小規模のところであれば3人から5人のアルバイトの方で形成されているので、同じアルバイトの人との仲間意識が芽生えるために学校以外での友達ができるところにあります。

また、落ち着いた雰囲気のカフェであるとフルサービスのカフェというスタイルが多いと思われますが、このようなお店はどちらかと言うとマニュアルがなく、臨機応変に動くようになります。

ですので、自分で考えて自分で動く能力がつくのです。

もちろん、落ち着いた雰囲気とまではいかなくても全国チェーン店であれば、その分アルバイトする人も多く、もし都合が悪くなった時は変わってもらえる人が多いという特徴があります。

ですので、自分の都合に合わせて働きやすいところがあるのもカフェバイトのお勧めポイントです。

教員志望なら塾講師


もし教員志望で、そのような進路を考えているのあれば塾講師をお勧めです。

実際に子供たちに勉強教える体験ができるので、自分が本当に教員に向いているのかどうかということを知ることができます。

また、子供たちに接するのにどのように接したらいいのかということもわかるようになりますので、教員を希望しているのであれば塾講師一択です。

特徴としては週1回2時間からという短時間でも仕事ができること、時給は1,000円越えをしており、1,200円だったり1,500円など高額であること、自分の得意な教科だけに絞ることができるところも大きいです。

また、子供たちが学校から帰ってくる位の時間帯からオープンすることが多いですので、午前中や午後は大学の講義を受けてからアルバイトに行くことができます。

塾講師バイトで誤解されやすいことも多くありますが、たいていはそうではないことが多いのです。

大学は上位の大学でないといけないのかというところも大変気になるところですが、決してそのような事はなく、どちらかと言うと生徒の「勉強がわからない気持ち」を理解できるような人が求められる傾向にあります。

塾講師の仕事先の人が求めている事は、案外勉強の才能がある天才肌ではなく、苦労して勉強した末に大学に入ったような人です。

さらに、時間外労働について心配する声も多く挙げられているようですが、確かに宿題の丸つけ、授業の予習などやるべきことがたくさんあって、時間外労働が多そうなイメージがありますが、そもそも時給が他のバイトに比べて高い傾向にあるので、そこをあまり気にする人はいないようです。

中には授業の時間以外の雑務に対しても給料を出してくれるところもあるのだとか。

塾講師バイトのおすすめポイント

やはり、塾講師バイトのお勧めポイントは、やはり時給の高さにあります。

そして、実際に子供を教えるような仕事につきたいのであれば、実際に子供に教える体験が出来るのは非常に大切なところです。

どのように子供たちと向き合えばいいのかや、例えば勉強する気がなかなか起きない後にどのような働きかけをすると勉強するようになるのか、実際の体験でわかることができるようになるのは非常に貴重な経験です。