メタボな人の14個の特徴と改善策!
健康診断ではメタボも病気の症状の1つとして注意を受けるようになっていますね。

重大な病気になる前に、予防しましょう!という考えからです。

今回はメタボになる人の特徴から予防策、改善策を見て行きたいと思います。

メタボになる人の14個の特徴

1. 意志が弱い

なんといってもメタボになる人は意思が弱いといわざるを得ないですね。

肉体の快楽は何よりも勝るという人が多いです。

快楽といっても何も大きな快楽というものではないかもしれません。

たとえば美味しいものを食べなくては気がすまなかったり、体を動かすことを極端に嫌い
ごろんと楽なスタイルで生活する事を何よりも優先したいなどです。

誰でも 美味しいものは大好きですよね。

でもピザやケーキ、チョコやアイスクリームなど、たまに食べる分には心身のストレスにひと役買ってくれるはずです。

でも本当に自分の健康のことを考えれば、これ以上食べればちょっとヤバイぞ!という感覚は誰にでもあるはずなのですが、意志の弱い人は、でもこれくらいはいいだろうと食べ続けてしまいます。

もしかしたらうすうすこんな生活はいけないだろうということは気づいていたとしても、あえてそんな自分を観ないようにしているのかもしれませんね。

食べたいものを我慢することはつらいものですが、そのつらさは本来ずっと続くわけではなく、メタボにならない生活が軌道に乗った場合はむしろそのほうが心も体も喜ぶようなものなのに、軌道に乗るまでのちょっとした我慢も出来ないほど意思が弱い人たちなのです。

食べるということだけではなく体を動かすことに関しても同じですね。

膝が痛くなるから歩かないという人もいますが、膝が痛いなら痛いで膝に負担がかからないように体を動かす方法を見つけるという努力をすることをしようとしない人も多いです。

ダイエットやメタボ改善法をいろいろ考えてはいても少しやっては効果が出ないといって長続きしない人がほとんどですね。

2. 運動が苦手


メタボになる人は元々運動が苦手な人が多いです。

運動するということに成功体験がないのでやっても無駄だと思っているのか、意思が弱くて長続きしないのか、その両方かもしれませんね。

体を動かすことで心身に動きが生まれますよね。

たとえば呼吸が早くなったり、筋肉が張ったりなど。

それが心地よいと感じるのではなく違和感と感じるのかもしれませんね。

とにかく運動が苦手という人が多いです。

学生時代はスポーツ万能だったという人でも怠惰な生活に慣れていき、運動することが苦手になっていく人もいます。

もったいないですね。

運動といってもなにも激しい運動をしなくてもいいのに。

むしろ激しい運動は体に悪いですから。

体が喜ぶ程度の運動、そして心も喜ぶ運動をしたいものですね。

私はゴルフをやっていますが、あれはほんとうにいい運動になります。

グリーンに出ても上達するまでは飛ばないので、カートに乗る時間がとても短くテクテク歩いていましたよ。

上達する喜びで体を動かすという義務感もなかったですしね。

スポーツは好みもあるのでゴルフをおすすめするということではないですが。

大人になってスポーツをするとなると経済的、時間的な制約もありますから無理にスポーツと考えず、とにかく体を動かす方法を考えたいものですね。

3. 面倒くさがり屋

そうはいっても、そもそも面倒くさがり屋さんのため、体を動かす方法を考えることさへ疲れるという人が多いのがメタボになる所以です。

面倒くさがり屋ではない人から見たら、それのどこが面倒なのだろうかと不思議になるほど、何をするのも面倒くさいという人がいます。

縦の物を横にするということもしないお父さんの話はよく聞きますが、お父さんでなくても若い女性にも多いです。

人が生活するなかで体を動かす場面はとても多いですよね。

というかみんな体を動かして生きているものなんです。

それってとても当たり前のことです。

その一瞬一瞬をほんのちょっとずつ大きくするということでもメタボ予防には絶大な効果があるはずなのですが、面倒くさがり屋さんは、ほんのちょっとずつ動きを省エネモードにしているかのようです。

4. 座っている時間が長く歩かない


ある50代の女性は食事は和室の居間でとっています。

食べるのに30分以上時間をかけていますが食べた後2時間も動かないのです。

ゴロンと横になるのかと思いきやそれさえしません。

横にならないのは逆流性食道炎の予防にもなるのでいいのですが、2時間も座り続けるのはどうなんでしょうか?食後30分くらいはじっとしているほうが消化にいいというのは事実ですが、2時間動かないというのは怠惰としかいいようがない気がします。

私は座っていろ!といわれても2時間も座っていられません。

もちろんたまにそういう日があってもいいと思います。

でもその女性は毎日です。

OLをしているので休みの日には朝食後からそんな調子です。

OLさんといえばデスクに座ったきり動かない人もいます。

オフィス内の階段を上り下りするのも嫌だという人です。

掃除を嫌がったりお茶の準備を億劫がったりする人もいます。

歩くのが嫌な人の中には、もともと歩く必要がないという場合もあるようですね。

駅からとても近い所に住んでいるとその距離以上を歩くことが億劫になるようです。

駅から歩いて30分のところに住んでいる人に乗っては毎日1時間歩くのが当たり前になってくるものですが駅から2分のところに住み続けて30年という人にとっては1時間歩くことは苦痛でしかないかもしれないですね。

ただ、駅から30分のところに住んでいても車で送り迎えが当たり前だとしたら話は違ってきますが。

歩くことは運動の基本なので、とにかく歩きましょう。

ジョギングだと心臓への負担など考えられるのでジョギングが好きだから走りたいという人はいいかもしれませんが、あえておすすめはしません。

5. 間食が多い

野性の動物はお腹がすいたら食べて、ちょっと小腹がすいたからおやつをつまもうなんてしません。

犬や猫だって人間が与えたり、目の前に食べ物をちらつかせるから食べるようになるかもしれませんが、しっかり餌を与えればそれ以上、食事と食事の合間になにかくれ!と訴えてくるようなことはないはずです。

その点、人間は違いますよね。

メタボになる人はこれまで書いたように意志の弱さをベースにした間食の多さが生活習慣としてあるようです。

間食は習慣の部分が多いですね。

私はもともと間食をしないタイプだったのですがあるとき、職場の同僚が間食好きで、会社にいつもおやつを持ってきてはみんなに配ってくれるのです。

自分だけ食べるのは気が引けるのか、仕事中間食するという罪悪感を人になすりつけるのかはわかりませんが。

食べることが嫌いではない私はまんまと間食生活にはまってしまったことがあります。

幸い食べる量はさほど多くはなかったのでよかったですが。

そう、3時のおやつを食べるということが口と体全体に染み付いてしまったようでした。

3時のおやつタイムだけでなく、食事以外でもおやつをつまみたくなってしまうのが不思議でした。

あるときこれではダメだなと思い間食をやめてみました。

やめたらやめたで、今度はそれが習慣になって間食をすることが居心地が悪くなったのです。

坂道を転がり落ちるようにならないようにしたいものです。

6. 生活が不規則

意思が弱いということも関係あるのでしょうが、生活そのものが不規則だとメタボ予備軍からメタボへと発展しやすくなります。

体も心も緩めてあげること、リラックスさせてあげることが大切ですが、それと同時に律することも必要です。

人間は夜明けとともに目覚めて日の入りとともに就寝するのが自然な姿のはずですが、文明の発達とともに変わってきたのは仕方ないですね。

今でもできるなら夜早めに就寝して早起きするのが健康には一番よいそうですが、職種によってはそうともいっていられないのも事実です。

それでもその人なりの規則正しい生活はできます。

たとえ夜勤務の人であってもです。

仕事で夜遅くなったり、接待で飲みに行くことが多く、休みの日は昼まで寝ているという生活はサラリーマンなら仕方ないのかもしれないのでしょうか?5回のところを4回にするとか、3次会まで付き合うところを2次回にとどめておくとかできないでしょうか?
休みの日でも朝は早めに起きてみんなで朝食を摂るということができる人は、そのこと自体がどうこういうのではなく、そういうことができるということがその人をメタボリック症候群から救ってくれそうな気がします。

そして先に書いた間食をしないということも規則正しい生活の一部ですね。

7. 寝る前にも食べる

間食ならまだしも寝る前に何か食べるという、命取り行為ともいえる習慣を続ける人は間違いなくメタボ予備軍です。

寝る前の4時間は食べないというのが長生きの秘訣のひとつだそうですよ。

寝る前に食べると食べたものが胃や腸などの消化器官にまだあるうちに眠るということになってしまいます。

そうすると寝てる間も消化器官はずっと働き続けなければいけないですよね。

それって体にとっては結構な負担です。

ほんのたまなら問題も少ないですが、寝る前に食べるという習慣がある人はぜひ今日からでもやめてほしいなと思います。

おどすようで嫌なのですが、寝る前に食べるということは短命になる要素の1つだそうですので。

仕事で毎日帰りが遅いという人はどうしたらいいでしょうか?難しい問題ですが、自分の命が大事かそうでないかくらいに、私なら考えます。

朝食と昼食にバランスのいい食事をたっぷり摂ることにして夜は潔く抜きにする、でもまったく夕食抜きにするのはあまりにも辛いので、夕方に少し何かをつまむかもしれません。

夜ごはんは、早く帰れる日や休みの日の夕食や外食のお楽しみにとっておくかもしれませんね。

夕食を食べたあと、寝る前にもう一度何かをたべるということだけはしてはいけないですよ。

これも1番目の「意思が弱い」ということにつながってきますね。

8. 野菜が嫌い

メタボの人は野菜嫌いな人がとても多いです。

脂っこいもの、炭水化物、甘いものならいくらでも食べるのに野菜だけは苦手という人がいます。

大嫌いというほどではなくてもなんとなく避けている、あまり食べていないようです。

食事はバランスよくというのが基本ですね。

女性は健康のことだけでなく美容にも関係するとなると少しは野菜も食べておこうという意識が男性より高いようですが。

野菜 といったら生野菜を連想する人が多いですが、生野菜だけでなく煮たものや大根おろし、お味噌汁の具など野菜を摂る手段はたくさんあります。

チャーハンだって具だくさんにすればけっこうな量の野菜が摂れますよ。

ここでも面倒くさがりという先に書いたメタボの人の性格が邪魔するかもしれないですが。

9. 早食いであまり噛まない

統計をとると太っている人には早食いの人がとても多いそうです。

食べてから満腹感を感じるまでには20分くらいの時差があるそうです。

食べてからすぐに、あ~~美味しいとなれば問題はないのですが、嫌ですね。

実は私も若いころは早食いだったのですが、ゆっくりゆっくりよく噛んで食べる習慣をつけようとおもい努力しました。

よく噛んで食べると唾液線が刺激されて唾液がたくさん出ます。

口の中でよく噛み砕かれた食べ物は、よく噛むことで出た唾液とともに胃への負担を軽くしてくれます。

ひと口30回噛めといわれていますね。

私の友人は唾液の中には癌細胞さえもやっつけてくれるほどの威力があるなんてよくいっています。

医学的にどうなのかはわかりませんが、唾液がたっぷりと出る人は健康的だということはなんとなくわかります。

以前、とても太っている人で食パンを3口でペロッと食べる人を見たことがあります。

ゆっくり食べると食べた気がしないとかなんとかいっていました。

テレビ番組でよく、すごく太った人の食生活やダイエットまでの道のりの特集をやっていることがありますよね?
そこに出て来る太った人たちにはゆっくりと味わいながら食べている人はほとんどいないのです。

みんな食べることがとても好きなようです。

だからこそ太っているのかもしれませんが、
美味しそうに味わって食べているというのではなく、飢餓感に襲われているかのように食べているのが印象的です。

10. タバコを吸っている

東京オリンピックには東京では分煙にするか、飲食店完全禁煙にするかなど、近年はタバコの害が取りざたされていてタバコ好きな人たちにとっては肩身の狭い世の中になってきましたね。

吸わない人たちにとっては、これでもまだまだ煙の害から逃れきれていない思いなのですが。

タバコをやめると太るという人がいます。

ダイエットにタバコといういいわけをしたいのでしょうか?
メタボは太っているとか内臓脂肪の量だけが問題なのではなく、それプラス高血圧や糖尿病、脂質異常の症状の複合による症状を指します。

タバコは血管の老化を引き起こしメタボの原因のひとつになりかねません。

メタボだけではなくその他のさまざまな成人病にならないためにもタバコはやめてほしいですね。