あなたは「仕事ができる人」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?男性で仕事ができる人、女性で仕事ができる人と性別でもイメージが違うでしょう。

仕事ができるってなんだかとてもカッコいいイメージがありますよね。

また、仕事ができる人は「大人」というイメージもあります。

では、仕事ができる人って特別に何かやっているんでしょうか?もちろん見えないところで努力はしていると思いますが、普通に仕事をしている人とどう違うのでしょう?

今回は、仕事ができる人ってどんな人なんだろう?どうすれば仕事ができる人と見てもらえるんだろう?仕事ができる人の効率ってどんな感じなんだろう?そんなふとした疑問についてお話したいと思います!

仕事できる人に憧れている方必見!

仕事ができる人に憧れを抱いている人は多いと思います。

でも、仕事ができるかできないかは、判断する人によっても違ってきます。

自分で「私は仕事ができる人間だ」と思っている人は少ないと思います。

また、仕事ができる人に限って自分を過大評価することはありません。

常に謙虚な気持ちで仕事をしているので、結果的に仕事が「できる」と見られるのです。

仕事ができる人に憧れを持っている人は、自分もそうなりたい!と思っているからだと思いますが、なぜ仕事ができるようになりたいのでしょう?人気者になりたいから?収入を増やしたいから?それぞれ目的はあるでしょうが、どうして自分が仕事ができる人間になりたいのか、目標をしっかり定めて「できる」人間を目指しましょう。

明日から心がけよう!仕事できる人に共通する特徴


では、ここで明日からさっそく「できる人」になるために、自分ができることをお話しましょう。

仕事ができる人に共通する特徴を紐解いていけば、必ずヒントがあるはずです。

何でもそうですが、憧れている人がいて自分もそうなりたいと思えば、どうすればいいのか。

それは憧れの対象者の真似をすることです。

例えば、こんなことがありました。

テレビ番組で、ある芸能人がどうしても痩せられないと嘆いていて、試しに2週間ほど痩せている人の生活をそっくりそのままコピーして過ごした。

つまり真似をしたのです。

すると驚くことに、3kgほど痩せることができたそうです。

このように、仕事ができる人の真似をすれば何かノウハウが掴めるかもしれません。

ただし、その方の邪魔になることだけは避けましょう。

仕事ができる人の行動を「盗む」というイメージで観察してみましょう。

ここでは、仕事ができる人の特徴をいくつかお伝えします。

レスポンスが早い

仕事ができる人の特徴のひとつに、レスポンスが早いということがあります。

メールでも電話でもとにかく返事が早いのです。

また、返事が遅れる場合はきちんと「いついつまでに返事をします」と返事が遅れることも、通達してくれます。

仕事ができる人にとって、レスポンスを早くすることは何も特別なことではありません。

ごくごく当たり前の週間なのです。

仕事ができる人はとにかく効率よく仕事を行います。

レスポンスを後回しにすると、どうしても忘れてしまいがちですし、面倒になってきてしまいます。

もし、あなたが仕事の件で誰かに連絡したとして、すぐに返事が返ってきたら嬉しくないですか?そして相手の仕事に対する誠実さも垣間見ることができるでしょう。

このように仕事ができる人はレスポンスが人よりも早いと言えます。

意思決定に迷いがない


仕事ができる人は、迷いがありません。

これは慎重ではないという意味では無く、即決即断の人が多いということなのです。

迷うことは結果的に無駄な時間を過ごすことになりますし、時間の無駄遣いはあとで相殺できないからです。

時間はお金では買えないことを仕事ができる人ほどしっています。

また、物事は迷っていても結局最初に決めたものを選びます。

ですので、仕事ができる人は迷わずに直感で動く人が多いのも特徴です。

このように、ものごとをスムーズにビシビシ決めて行く人を見れば「この人、仕事ができる人なんだな」と思いますよね。

マルチタスクをこなす

マルチタスクとは、複数の処理をタスクという単位に区切り、並行して実行することを言います。

ホームページをイメージするとわかりやすいのですが、ホームページって、同時に色々なページをみることができますよね?タスクはタブのイメージです。

見たいページを同時期に見ることができ、表法を一度に取得できるのがホームページのメリットです。

仕事も同じことが言えます。

普通、一人が一つの仕事だけをすればいいという状況はあまりありません。

一度にいくつもの仕事を並行してこなさなければならないのが通常です。

しかし、多くの仕事の締め切りはだいたい同時期に訪れます。

ですので、違う仕事を同時期に並行してこなすことになりますが、要領が悪い人はなかなかこれがスムーズにできません。

仕事ができる人は、まず自分に与えられた仕事をタスク単位にわけて整理します。

そして、どれを先に終了させるべきか順番を決めるのです。

こうして仕事ができる人は、自分のペースに従って仕事を効率的に行うことができるというのが特徴です。

行動量が高い

仕事ができる人は、生活にメリハリがあります。

休む時は思い切り休んで、仕事をするときは一心不乱に仕事をします。

ですので、ぼーっとしている時間がありません。

休む時は休むことに集中するのでぼーっとしているというわけではないのです。

また、仕事ができる人は行動力が高いです。

思い立ったらすぐ行動に移します。

失敗したらどうしよう、どうせできないなどとは考えません。

失敗してもいい、とにかく動かなければ前に進まないということを経験上よく知っています。

仕事ができる人をみていると、常に動いているというイメージがありますし、じっとしていないという印象もあります。

それは頭の中で同時にいろいろなことを考えて行動に移しているからなのです。

失敗経験が意外とある

先程も述べましたが、仕事ができる人は失敗を恐れません。

というのも、意外と失敗経験があるからなのです。

仕事ができる人が、失敗しても何度も何度も繰り返すことができるのは、失敗することがさほど大したことでは無いと気づくことができたからです。

もちろん失敗しないにこしたことはありませんし、誰も失敗なんかしたくありません。

でもそれを怖がって行動に移さなければ絶対に後悔しますし、失敗したとしてもやらなければ良かったということにはならないからです。

こういう方法で仕事をすると、失敗してしまうんだなと学ぶことは仕事をするうえでとても重要なことです。

自分が失敗して痛い目に遭うことで、二度と同じ過ちを繰り返さないで済むからです。

仕事ができる人は失敗を重ねることで実は大きなリスクから回避しているのだとも言えますね。

論理的に判断できる

先程、仕事ができる人は意思決定に迷いが無く直感的に動く人が多いとお話しました。

この直観力が仕事ができる人は優れているのです。

ですので、直感だけで動いてしまって失敗ばかりしている人もいますが、仕事ができる人はそういうのではなく直感で動いたことが間違っているということはあまりありません。

それは、直感で動くのと同時に論理的に判断ができるという能力も備えているからです。

日頃から論理的に物事を考えることができるので、直感的な判断を要する場合も特に問題無く仕事がはかどるようになっています。

物事を順序立てて考えることができますので、判断にもそもそも迷うことはありません。

また、仕事をする場合にはその順序が実は重要なのですが、この順番の決め方も間違えることなく判断できるのです。

【論理的思考を鍛えたいなら、こちらの記事もチェック!】

常に情報収集している

仕事ができる人は、だいたい好奇心が旺盛な方が多いです。

ですので、どんな分野の情報もいつもアンテナを張って、収集するようにしています。

仕事ができる人の中にも、もちろん得手不得手はありますが、広く浅く知っている雑学王タイプが多いと言えます。

つまり、苦手な分野であっても基本的なことはよく知っているということです。

これは結果的に、仕事に結びつく場合が多いのですが、仕事ができる人は無理に情報収集をしているわけではありません。

気になったらすぐに調べる、自分でもやってみるなど先程も述べましたが行動力が高いということにも繋がってくるわけです。

仕事ができる人は話題も豊富です。

それは常日頃から情報収集をしているから話題に事欠かないのです。

また、営業職で仕事ができる人はどんなクライアント様の話にも合わせられるように、新聞やメディア・インターネットでのニュースや情報集めに余念がありません。

質問力が高い

仕事ができる人は、とにかくわからないことをそのままにしておくのを嫌います。

例えばご自身で情報収集をしている際に、わからない文言が出てくればすぐに調べて理解するように努めます。

その他にはセミナーや会議などに参加した場合、たいてい最後に「何か質問はありませんか?」と聞かれますが、みなさんなかなか質問しないですよね。

恥ずかしい、こんなことを聞いてバカにされないかなど小さなプライドが邪魔をするのです。

でも、仕事ができる人は違います。

一見、仕事ができる人ほど質問はしないようなイメージですが逆です。

仕事ができる人ほど積極的に質問し、自分の知識や技術にしていきます。

話の内容を聞いて、理解しよう・納得しようとするので質問したくなるのです。

自ら手を挙げて仕事を取りに行く

仕事ができる人は、自分から仕事を探します。

営業職、事務職、販売など職種は問いません。

どんな分野の仕事でも、仕事ができる人は今行っている仕事が早めに済んだら、他に何かやることはないかと探します。

効率よく仕事をした結果、時間に余裕ができるのだから、わざわざ自分から仕事を取りに行かなくても良いのにと思うのは大間違い。

ようするに、仕事ができる人は仕事が好きなのです。

だから、もし自分が要領が良かったために仕事が早く終わったとしてもそこで終わるのではなく、上司や後輩の仕事を手伝ったり、別の部署の人の仕事を手伝ったりしてくれるのです。

その結果、人々から信頼されて、「あの人は本当に仕事ができる」と人気者になれるわけです。

社交的で人脈が豊かである

仕事ができる人は情報収集を怠らないことは既にお話しましたが、そのおかげで一度話をすると話題に事欠かないこともあって、とても社交的であることがわかります。

社交的であると言うことは仕事において大変重要なことです。

色々な人と交流を持つことで、人脈も豊かなものになるからです。

また、仕事ができる人は多くの人から信頼されているので、もし仕事をしてくれる人を探しているクライアント様がいたとして、仕事ができる人がそのクライアント様に誰かを紹介したとします。

普通であれば会ったことも無い人に大事な仕事を依頼するのは気が引けますが、「この人の紹介であれば安心」「この人の紹介であればまず間違いない」と信頼されているので、お互いがハッピーになれるのです。

それは、仕事ができる人が自分の利益だけを求めているのではなく、他人の役に立てることをモットーとしているので、自然と信頼できる人脈を築いていけるのではないでしょうか?

フットワークが軽い

昔から、仕事ができる人はフットワークが軽いとよく言われます。

これは行動力にも繋がることなのですが、とにかく「あとで」とか「いつか」というのを嫌います。

自分が良いと思ったものについてはすぐにチャレンジしますし、ここと思う場所があればどこでもすぐに駆けつけることができるのです。

仕事ができない人は、基本的に面倒くさがりですから、せっかく良い場所や良い仕事を紹介してもらっても「行けたら行く」「時間があればやる」というように、後回しにしてしまいチャンスを逃します。

仕事ができる人は、フットワークが軽いので小さなチャンスも逃しません。

それはやがて大きなビジネスに成功する可能性が高く、今まで経験上そうであったことをよく理解しているからです。

計画性がある

仕事ができる人は、判断に迷わず、行動力が高く、そして論理的に考えられる人であるということをお話してきました。

これらのことからも判断できるように、仕事ができる人は計画性があるということでもあります。

仕事ができる人はメリハリのある生活をなさっているので、新しい仕事を与えられた時にまず、人生の計画をします。

一見大げさに聞こえるかもしれませんが、これはプライベートも充実させたいと考えることができるからです。

仕事の為の仕事、遊ぶための仕事などと一緒にせずに、仕事は仕事、遊びは遊びと考えることができます。

しかし、時間というものは全ての人に平等に与えられているものです。

ですから、どのようなペースでどんなふうに仕事をすれば、プライベートの時間をつぶさないで済むということを考え、計画して仕事をはじめるのが基本です。

端的な会話ができる

仕事ができる人は、時間をとても大切にします。

ですので、全てにおいて「無駄」がありません。

それは会話にも表れます。

逆に仕事ができない人というのは、どうしても会話がだらだらと長引いて、結局何が言いたいのかわからずに終わってしまうことが多いです。

しかし、仕事ができる人はまずは結果や、まとめから話します。

時間が無い時は、必要最低限の会話で済みますし、聞いている方も趣旨をきちんと理解することができます。

会話をしている時に、的を得ない人がいますがそういう人とは特に時間が無い時は無駄話となりますので、また話をしたいとは思えないですが、仕事ができる人とはまた話をしたいと思えるようになります。

話が面白い!

仕事ができる人は、端的に話せるだけでなく内容自体もとても面白い人が多いです。

もともと計画性がありますので、会話の中にも起承転結があり、聞いていて飽きないのです。

それだけではなく、聞き上手でもあります。

自分のことだけを延々と話すのではなく、相手のことを思いやって会話を進めて行くので、会話をしている人は「講演」を聞かされるのではなく、きちんと「会話」を楽しむことができます。

仕事ができる人は、頭が良いというのは単に勉強ができる、物事を知っているというだけでなく、今相手がどんな言葉を求めているのか、どういう言葉をかければ嬉しいと思ってくれるのかを瞬時に考えて表現することができます。

周りを頼ることができる

よく、全てのことを自分一人でやってしまう人がいます。

しかし、仕事は連係プレーであり、グループで成功させるものが大半です。

ひたすら入力作業を行う人も、それ単独の仕事では無いはずです。

自分一人だけで成功させたと自負している仕事は、本当の意味で成功とは言えません。

あとで必ずしわ寄せが来ます。

その点、仕事ができる人ほど周りに上手に頼ることができます。

決して仕事を他人に押し付けるのではありません。

時には、自分ができる仕事も部下に回して、スキルアップにつなげさせたり、わざと表舞台から外れることで人材を育成することに専念する人もいます。

仕事ができる人は、自分の周囲の状況をよく把握しています。

礼儀正しい

仕事ができる人は何事にも丁寧です。

ですので、自然とそれが態度に出ます。

仕事ができる人はとても礼儀正しく、言葉遣いも丁寧です。

それは相手を尊重し、思いやることが自分にとって当たり前のことだからです。

礼儀作法は、学校の授業で教えてくれたり習ったりするものではありません。

また、もしマナー講座など何らかの形で講義としてレクチャーを受けた場合でも、いざ実践するとなると違います。

つまり、礼儀正しいということは、昨日・今日で培ったものでは無く、その人が長い間かけて失敗を繰り返しながら身に付けて来た技術であると言えます。

気遣いができる

仕事ができる人は、とにかく周囲をよく見ています。

ですので、とても気遣いができるのです。

気を遣うというのとは、少し違います。

相手に負担をかけずに感謝される。

そんな感じでしょうか。

仕事ができる人は、気遣いができたり、気配りができたりします。

それは、常に相手のことを思いやって、人の為になることをしようと心がけているからです。

自分がこうされたら助かる、こうされたら嬉しいということが自然とできるのです。

それは、その人が今までいろいろな人から与えてもらったり助けてもらったりしたからです。

仕事ができるひとは、同じく仕事ができる人の下で働いている人が多いので、このようなことが自然と身についているのです。

周囲の整理整頓ができる

仕事ができる人のデスクを見たことがありますか?無駄なものが一切なく、いつも整理整頓されていませんか?仕事中は、膨大な資料が山積みにされて常に書類に囲まれているかもしれません。

しかし、仕事をしていない時の机上はきちんと片付いているはずです。

これは、毎日新鮮な気持ちで仕事に取り組むという姿勢の表れ、無駄を嫌う、どこに何があるかすぐにわかるようになっている等の理由からですが、仕事ができない人ほど机の上は散らかっていると言えます。

また、物質的なことだけではなく、仕事ができる人はその人の人間関係もきちんと整理されています。

問題のある人や、輪を乱す人との関係をすっぱり切ることができるのも仕事ができる人の特徴です。

身だしなみが整っている

周囲が片付いているのですから、当然身なりも清潔ですし、整っています。

仕事ができる人はとにかく清潔感で溢れています。

身なりが悪く髪の毛もぼさぼさと言う人が実は仕事ができるなんてあまり聞きません。

テレビの刑事ドラマなんかには稀にそういう人も出て来ますが実際は違います。

特別おしゃれというわけではないけど、きちんとしている人が多く、日頃の生活も整った生活をしているのだなということがわかるでしょう。

時間や納期をしっかりと守る

仕事ができる人は、自分自身が時間を大切にしているというだけではありません。

時間は平等に与えられたものですので、他人の時間も大切にしているわけです。

ですので、遅刻したり約束をすっぽかすということはありません。

もし遅刻したり、予定を急にキャンセルすると相手の時間を奪うことになるからです。

仕事では、納期をしっかりと守ります。

これも、相手の時間を大切にすることを心がけている証拠です。

仕事ができる人は、時間や納期を破られることを嫌います。

つまり自分自身がされたら嫌なことは他人には決してしないという基本姿勢でもあるからなのです。

常に笑顔

仕事ができる人は常に生き生きとして笑顔です。

それは、仕事が好きだからです。

嫌々やっていたり、やらされているという意識がなく、進んで仕事をしているから自然と笑顔になりますし、いつもやる気に満ち溢れた自信のある顔つきになります。

作り笑顔であるということはありません。

仕事への意欲や期待が笑顔になって表れていますので、とても気持ちのいい笑顔で愛想よく、こちらも自然と笑顔になる。

そんな表情をなさっていることが多いのです。

どこにいてもしっかりと挨拶ができる

仕事ができる人はコミュニケーション能力に優れています。

ですので、どんな場所でもどんな人にもしっかりとした挨拶ができるのです。

そんなこと当たり前じゃないかと思われるかもしれません。

しかし、この挨拶ができない人が最近増えてきています。

仕事と言うものはどこでどう繋がるかわかりません。

たとえプライベートで会っていた人でも後に仕事上のパートナーとして繋がったと言うことはたくさんあります。

仕事ができる人は、人と人の縁を大切にしています。

ですので、どんな人に対してもきちんと挨拶ができますし、コミュニケーションの始まりはまずは挨拶からであるということをよく理解しているのです。

目標(ゴール)から逆算して作業を組み立てる

仕事ができる人は計画性があるというお話をしました。

仕事ができる人の計画の立て方にも、ちょっとしたコツがあります。

それは、ゴールとしている目標から逆算して作業計画を組み立てているということです。

それも、少し余裕を持ったゴールにしています。

仕事においてゴールは完了日。

つまり納品日でもありますよね。

納品日は依頼する方が決めるわけですから、ゴールの日は最初から決まっています。

この日程に対して受注した日から何日あるのかを逆算します。

その際、納品締め切り日その日をゴールに設定するのではなく、数日前に余裕をもって設定しておきます。

こうすることで、不慮の事故やトラブルが起こった場合も対処できると言うわけです。

いくらきちんと仕事をしていても急なトラブルは予想不可能です。

しかし、余裕を持った計画をしていれば対応できますね。

優先順位がはっきりしている

さきほども述べましたように、仕事ができる人はマルチタスクをこなせます。

何故それができるのかというと、仕事の優先順位をきちんと決めることができているからです。

仕事と言うものは、同時にいくつもの業務をこなさなくてはなりません。

しかし、あなたという人間はひとりであり、時間も全ての人に同じだけ平等に与えられています。

仕事ができようができまいが、時間は限られているのです。

この限られた時間内に、こなさなければいけない仕事が複数ある状況で、一人の人間ができる仕事の量も限られてきます。

解決方法はたったひとつ。

優先順位を決めてやるということです。

この優先順位がはっきりしていなければ、マルチタスクをこなすことは不可能です。

進捗管理がきちんとできる

当然ですが、仕事をしていく上で進み具合を把握している必要があります。

仕事ができる人はスケジュール管理がしっかりしているので、自分自身およびチームの仕事の進捗状況をきちんと把握しています。

自分の状況だけでなく、周りの状況も見ることができるので、少し遅れている人のサポートをしたり、仕事を振り分けたりできるわけです。

それには自分自身が常に余裕を持っていなければなりません。

自分のことで精いっぱいなのに周りを見ることなんかできないからです。

仕事ができる人は、余裕を持った時間の管理ができているというわけです。

完璧主義ではない

仕事ができる人ほど実は完璧主義ではありません。

そもそも完璧な人間なんかこの世に存在しません。

仕事ができる人は周りから「完璧だ」と思われていますが、もちろん欠点はあります。

仕事ができる人は、できる人ほど完璧を求めないものです。

完璧な人が存在しないということをよくわかっていますし、そんなことを求めても無駄だからです。

完璧を求めるからストレスがたまり、かえって仕事に支障をきたすということが言えるでしょう。

仕事ができる人のタイプ4つ!

では仕事ができる人って、どんなタイプの人がいるのでしょうか?大きく4つにわけてみました。

もちろん4つだけでは無いですが、よくある「仕事ができる人」のタイプで考えました。

仕事が速くて正確な「スピード」タイプ

とにかく仕事が早い人です。

早いだけではダメで、正確であることも条件です。

締め切り日前に仕事が仕上がるのは当然のことですが、決断力にもすぐれていて、いろいろなことを迷わずさっと決めることができるタイプです。

仕事の処理能力が高い「クオリティー」タイプ

仕事を処理する能力が高いタイプの人です。

スピードよりも、内容・クオリティにこだわります。

もちろん納品日は守りますが、ギリギリまで仕事のできや内容を見直して詰めて行くタイプです。

どちらかというと職人気質の人が多いでしょう。

計画的に仕事を進められる「マネジメント」タイプ

常に周囲に気を配って、仕事の進捗状況を見ながら指導したり、サポートする縁の下の力持ちタイプです。

プロジェクトで仕事を任されても表立って活躍しようとはせずに、マネジメントに徹するタイプ。

日頃から人の相談に乗ったり頼りにされたりする人が多いです。

周囲とうまく関係を作れる「コミュニケーション」タイプ

場の雰囲気を盛り上げたり、人と人とのつながりを大切にして、仕事が円滑に進むように努めるコミュニケーションに優れたタイプの人です。

コミュニケーションが得意な人は元々仕事ができる人でもありますので、自分自身の仕事もこなしつつ周りと上手にコミュニケーションを取りながら仕事を進めていきます。

仕事ができる人を目指すなら特徴を捉えよう

いかがでしょうか?もしあなたが「仕事ができる人になりたい」と思われたのでしたら、最初に述べましたようにまずは、仕事ができる人の真似をしてみることです。

仕事ができる人ってどういう人なのかはおわかりいただけたと思います。

あなたのまわりの「できる人」を見つけて、その人の背中を追い続けていると、いつのまにかあなたも仕事ができる人になっているでしょう。