人間の食欲は絶つことのできない必要不可欠なものです。

食べなければ身体を維持し活動させるためのエネルギーを吸収することができなくなりますからね。

しかし、だからと言って食べ過ぎは禁物です。

食べ過ぎによる肥満は健康に様々な悪影響を及ぼすことは皆さんも重々、承知でしょう。

でも、美味しいものをついついたくさん食べてしまうことは人間の楽しみの一つ。

完璧に防ぐことはなかなかできません。

では、食べ過ぎた場合のお腹いっぱいな満腹感をチャラにする便利な方法ってないのでしょうか?

いえいえ、ちゃんとあります。

お腹いっぱい感をチャラにしてくれる便利な方法をご紹介して参りましょう。

食べた後にやりたい8個のこと

美味しいものが目の前に並んでいると、ついつい食欲にエンジンがかかり食べ過ぎてしまった!というご経験をされた方は多いでしょう。

でもお腹いっぱいになって満足感を味わったあとにやってくるしまった感!これも経験された方、多い事でしょう。

しかし大丈夫です。

何もしなかったら肥満という恐ろしい事態になってしまいますがきちんと対処していけば最底辺で食い止めることは可能です。

食後にやっておきたい8個の方法を紹介して参りましょう。

1.黒烏龍茶などトクホ飲料を飲む

現在、トクホ商品が大ブームですね。

トクホとは「特定保健用食品」の略称。

ある特定の保険の用途に資する旨の表示がなされている食品のことをいいます。

厚生労働省が認可し認定された商品にのみ用いられる商標です。

トクホ飲料には脂肪吸収を抑えたり、糖の吸収を穏やかにしてくれる成分が入っていることが特徴です。

それらの成分が入ったトクホの飲料を食後に飲めば、表示されている効果が期待できる、という意味合いになってくるわけですね。

ただ、メーカーによって成分表示が違ってきますので、お買い上げの際にラベルをよくチェックしてお買い求めくださいね。

あと、もう一つ気をつけておいていただきたいのは、トクホの食品はお薬ではない、ということです。

そこのところを注意して飲んでいただければ、お腹いっぱいになったあなたの満腹感を少しでも和らげてくれる効果を期待できるのではないでしょうか?

2.体の右側を下にして横になる

一昔前までは、食べてからすぐ横になったりすると「牛になるよ」なんていうことをよく言われたものです。

でも、それって実際は根拠のないガセネタだったようですね。

牛と人間の体は構造的にみてもあまりにも違い過ぎますしね。

さて、では食べた後で体を横にする行為、実際のところはどうなのでしょうか?

消化しやすくなる

人間が食べ物を食べたなら、消化器官である胃や十二指腸は脳からの指令の元、直ちに消化活動に入ります。

そしてそのためには大量の血液循環が胃に必要になってきます。

なので、食後に過激な運動などを行わずに横になって楽にしている方が、消化活動にとっては良い事になります。

更に体の右側を下にして横になると、胃の入り口から出口にかけて消化物の移動がスムーズに行われることになり、消化吸収がそれだけ早くなる、という事になります。

よって、食べた後で体の右側を下にして横になることは、理に叶った行動、という事になるわけなのですよね。

3.次の日の朝ご飯で調整

前日、大好物ばかりが食卓に並んだおかげで、ついつい食べ過ぎてしまいお腹ははち切れんばかり。

これではいけない、という事で翌日の朝食は軽く済ませることでお腹の具合を調整しおようと考えているあなた。

では、一体、どんなものを朝食で用意すればいいのでしょう?

野菜か野菜ジュースのみにする

前日に食べ過ぎてしまったら、胃が持たれていたり胸やけが襲ってきたりしている可能性がありますね。

たくさんの消化物を処理しようと、胃が頑張って働いたため、胃酸が多く出過ぎた状態、胃酸過多になっている可能性があるでしょう。

だからといって、朝食を抜いてしまうのも体の健康にとったらよくありません。

そんな時に重宝できるのが、ズバリ「野菜」です。

もし、朝から野菜を準備するのが面倒だ、というのいうのなら、野菜ジュースで代用しても構いませんよ。

食物繊維が豊富なもので体の循環を良くする

野菜には体にとって重要な栄養素が豊富に含まれています。

ビタミンB1,B2・ビタミンC・カロチン・カルシウム・カリウム・鉄分・食物繊維など。

いずれも私たちの身体にとって重要な役割を担う酵素の一種です。

消化・代謝機能にとってこれらの栄養素は欠くことのできない重要なものばかりなのです。

そして、その中でも食物繊維は女性にとっての大敵「便秘」を改善してくれる作用があります。

便秘は有毒ガスと同類の作用を持ちます。

肌荒れ、髪の毛の劣化、若さの喪失と女性にとったら難題ばかりの症状を引き起こします。

前日に食べ過ぎてしまったら、翌朝は食物繊維のたっぷり含まれた野菜を摂りましょう。

4.運動する

お腹いっぱいになった後は、30分くらいの間は横になっていた方が消化の手助けになると書きました。

では、より食べたものの消化吸収を促し、且つ、太らないようにする手段はあるのでしょうか?答えは「運動」ですね。

食後1時間以内に軽い運動

食後1時間以内の軽い運動が消化・吸収の手助けとなる目安です。

それ以上、時間が経過してしまうと効果は薄くなりますし、行う運動を激しいものにしてしまうと、体内の血流が胃の方に集中しなくなり、思わぬ腹痛や気分の悪さなどを起こしてしまう可能性もあります。

出来たら、食後30分経過ぐらいで軽い運動、散歩や体操、ストレッチなどを行いましょう。

血液循環が円滑に行われるようになり胃による消化機能がより活性化されます。

但し、運動の中身はあくまで軽い運動を行ってくださいね。

いくら食後30分が経過したとしても、腹筋運動を100回とかはあり得ません。

内臓は鍛えようがない、ということをよく肝に銘じておきましょうね。

5.お風呂に長く入る

お風呂に入る効果も、いっぱいになったお腹の消化を助けてくれる効果があります。

では、お風呂に入って満腹になったお腹の消化を助ける方法についてみていきましょう。

汗をかいて代謝促進

お風呂に入る目的はお湯によって全身を温めて発汗作用を促し、血流の循環を促進させることに目的があります。

よって、烏の行水的なお風呂の入り方では効果はあまり期待できません。

お湯の温度は少しぬるま湯程度にしておいてなるべく長めの間、湯船に浸かっていましょう。

ただ、お湯あたりなどをすると元も子もないので、首まですっぽりと浸かるのではなく、胸の上半身くらいを浸からない加減で浸かっていましょう。

温浴効果による発汗が全身の血液の流れを促進し、胃の消化活動をより活発にしてくれるでしょう。

ただし食べた後のお風呂には注意!

ここで気をつけておいていただきたい点を一つあげておきますね。

それは、食後すぐは、お風呂は控える、という事です。

脳は食べた後の行動として、胃に血液を流し込むように命令を出します。

ところが、食後すぐにお風呂に入ってしまうと、本来、集中していって欲しい胃に行かず、全身を刺激してしまう事になります。

それによって胃の消化活動が妨げられ胃もたれや腹痛などを引き起こす可能性があります。

食後すぐの過激な運動と同じで、消化活動の前は体をそっと労わっておきましょうね

6.マッサージをする

お腹いっぱいの満腹感をチャラにする方法の6つ目は、マッサージです。

でも、マッサージって、どのような感じで行うのでしょうね?苦しいお腹をさすったりしたら、かえって「オエッ!」ときて、嘔吐してしまったら大変です。

では、早速、紹介して参りましょう。

足のツボを押して消化を促す

マッサージといっても足つぼマッサージのことでした。

これならば「オエッ!」の心配はなそうです。

「足三里」というツボを刺激します。

場所は膝頭の下の骨のくぼんでいる箇所から指4本分下がったところです。

押したら痛い箇所を強めに10~15秒間、押し続けましょう。

他に足のツボではありませんが、もう一か所、ご紹介しておきます。

「承満」場所は、おへそから真っすぐ上のところ10センチ、左右どちらでもいいですから、背中側に異動した場所となります。

そこを約10秒間、圧迫しましょう。

いずれの場所も胃の血液循環を促してくれるツボとなります。

食べ過ぎたと思った場合は、一度試してみてくださいね。

ストレッチで胃を伸ばす

食べ過ぎを起こすと、どうしても背中が前かがみ気味になり、胃が圧迫された形となってしまうので、胃の消化活動に負担がかかります。

そこで背すじをきちんと伸ばすために思い切ってストレッチをしましょう。

ただ、お腹は満腹状態です。

あまり反り過ぎるのは歓迎できません。