現在の日本では、小学校から中学校までは義務教育であり、大多数の方はそこから高校へ通い、大学や専門学校へ通っていると思います。

もちろん人によっては中学や高校を卒業して就職される方もいるかと思います。

大きく分岐するのは高校から人によってどういう人生を歩んでいくか決めていくかと思いますが、まだまだ高校へ進学される方は多いです。

人によっては学力の高い学校へ通う方もいますし、今現在の妥当な学校へそのまま進学、あるいは家から近い学校がいいという方など、様々な状況を考慮して自分で考えて進路を決める方も多いかと思います。

そんな中で、学校選びにおいて学生の方が考えているのは、制服も大きな要因にあるかと思います。

大人になれば、そこまで意識しなくても良かったなと思うような事でも、学生の方にはとても重要な要素であるといえます。

制服に関してはかっこ良い物がいいですし、かっこ悪い物は嫌だと感じている人が多いです。

周りからの見られ方などを気にする年齢でもありますし、美意識に目覚める年齢だからこその考え方でもあるかと思います。

今回はそんな制服の中でも、女性から非常に人気が高いセーラー服をテーマにして、セーラー服の魅力、そして東京でセーラー服を着ている学校をご紹介します。

セーラー服とは?

まずはセーラー服の魅力をご紹介する場合にセーラー服がどういう制服なのかということをご紹介します。

今更説明するまでもないかもしれませんが学校の制服は複数存在しています。

女性の制服として代表的な例はまずセーラー服が存在していますが、そのほかにもブレザーやブラウスなどの制服も存在します。

同じ制服とはいっても制服の種類によって様々な特徴だったり見た目の違いが存在します。

制服と言うとその学校の学生を象徴する格好でありファッション性を求めるものではないかもしれませんが、年頃の年代だということもあり制服の見た目などは学生にとっては大きなポイントになるといえます。

セーラー服が必ずしも良いと言うわけではなく、それぞれの制服の魅力を知ってその上でセーラー服の魅力を知ることで広い視野でどの制服が良いのかということが判断できるようになると言えます。

制服の種類

制服の種類は複数ありセーラー服とブレザーそしてブラウスなどが存在しています。

女性は男性を含めて実際に学生の中で人気があるのはセーラー服が大きな割合を占めてます。

しかしながら上手に着こなすことによってどんな制服でも可愛い人は可愛く見えますし上手に着こなせていない人は可愛いと言われているセーラー服でも上手に着こなすことはできないと言えます。

結局が着こなす人間がどういう風な人間であるかというところに左右される部分は大きいかと思いますが自分の憧れの服を着ることで自分に自信を持つことにもつながるので、制服のすべての特徴を把握して自分にどういう制服があるのか考えてみてください。

セーラー服

まずはじめにご紹介するのはセーラー服の特徴です。

セーラー服はもともとセーラーカラーと呼ばれる独特の形状をした大きな襟が特徴である服装であり、知っている方も多いと思いますが世界中で海軍の軍服として使われていることが一般的になります。

日本では女性の学生の形がセーラー服を着ている印象がとても強く、海軍の軍服というイメージはあまりないので初めて知った時にはギャップを感じた方も多いかと思います。

時々街を歩いているとすれ違ういわゆるセーラー服おじさんと言われるような人が存在しますが、単純に女装が好きな場合もあれば、海軍の格好をしているだけであり、一概に変態な人ではない場合も存在します。

ちなみに日本で取り入れられているセーラー服に関してはコスプレ文化とともに海外に広がっており、海軍のセーラー服とは若干異なる印象を持たれているといえます。

ちなみにセーラー服の襟についてですが看板場なので風などの天候の状況で音声が聞き取りにくい時に襟を立てて、風を妨げる意味を持っているとされている説もありますが定かではないと言います。

セーラー服を最初に採用したのはイギリスの海軍だとされておりその後アメリカの海軍がジャケットタイプとして取り入れたりしてだんだんと広がっていった背景があります。

日本がセーラー服を採用したのは1920年であるとされており京都府の平安女学院が一番最初にセーラー服を取り入れたとの説があります。

そして現在一般的に多く見られるようになった上下がセパレート型のセーラー服に関しては福岡県の福岡女学院が一番初めに採用されたという説があります。

その後からだんだんと日本全国にセーラー服が広がっていき今現在の人気にイタリアになりました。

ちなみに東京大学は男子の学生服としてた定理で陸軍式のチュニックを採用していたという過去も存在しています。

セーラー服自体はとても可愛いもので清潔感もあり多くの型から人気があるのですが過去にはセーラー服を改造して着こなすような風潮が流行っておりセーラー服を制服として採用すると服装が乱れてしまうという背景もありセーラー服ではなくて他の服装を作った方が良いのではないかということでブレザーなどが制作されるようになっていきました。

セーラー服といえば学生の制服として一般的に認知されていますが最近ではコスプレなどの分野においてもセーラー服を着こなす女性の方がたくさんいらっしゃいます。

正式な学生服として購入するのではなくインターネットのでコスプレ用としてセーラー服が販売されているので、多くのコスプレイヤーに需要がある商品であるともいえます。

セーラー服は日本国内だけではなくタイや中国においても一部の学校で日本を真似たセーラー服を制服として指定する学校も増えて、結果的にその学校に通いたいという志望者が大勢出現しだしたということも有名な話となっています。

日本だけではなくセーラー服が世界全体で可愛いと人気がある理由の一つだと言えます。

ブレザー

次にご紹介するのはブレザーの特徴です。

ブレザーとは上着ジャケットの一種であり、リーファージャケット、もしくはスポーツジャケットと呼ばれているファッションです。

金属製のボタンや左胸のパッチポケットに掲げられているエンブレムなどが特徴として挙げられており、欧米などの特徴が無いテーラードタイプの上着もブレザーと称されている場合が存在します。

生地自体は耐久性のあるウールを主に使用されている場合が多く綿や皮の場合も存在します。

ストライプの入ったものや原色の色合いを持っているものも多く、緑や紺などが一般的に多かったりもされます。

制服として採用されているものに関してはそこまで派手な装飾が入っていたり派手な色合いになっていることは少ないのでカジュアルなものやスポーツクラブなどの制服に関しては少し派手なものだったりが採用されている場合が多いです。

元々は学校の制服だけと言うわけではなく航空会社やヨットクラブそしてセキュリティ会社スポーツ大会に出場する選手たちの制服として用いられていたことが一般的になります。

ブレザーの制服に関しては2タイプしており、まずはじめにシングルタイプ、そしてダブルタイプが存在しています。

シングルタイプはもともとクリケットやテニス用のジャケットから製作が始まったと言われており、 制服の中央にボタンが1列に並んでいるタイプがシングルタイプだと言えます。

一般的なブレザーに関してはこのタイプが多く礼服のモーニングが起源であると言われています。

次にご紹介するのがダブルタイプですが、 ダブルタイプに関してはボタンが2列になっているタイプであり軍服が起源となっており今現在士官服や、警察官などが制服として用いられていることが多く存在します。

ちなみにボタンを留める上で注意する点があり男女で合わせが異なり通常ボタンをとめるときに男性側からするとしている人から見て左側そして女性側からすると着ている人を前から見て右側が前になるようにボタンをとめるのが原則となっているのでブレザーを普段から来ている方はボタンの止め方を注意して行うようにしてください。

元々は先ほどのセーラー服の上からも紹介した通りですが、セーラー服を改造して着こなすような方が大変多くいらっしゃったのでセーラー服ではなくブレザーを採用する学校が増えて今現在に至っています。

セーラー服ほどまでは改造はされていないかもしれませんがブレザーに関しても着こなしの崩し方はたくさん存在しており、おしゃれにしている肩もたくさん存在すると言える制服です。

ブラウス

自己紹介するのはブラウスの特徴です。

基本的に学校の制服といえばセーラー服やブレザーを想像される方が多く、あまりブラウスを想像される方はいないかと思います。

ブラウスは基本的には男性向けの場合シャツと同じような形状で作られておりたけが腰の辺りまでのものが多く存在しています。

素材自体は綿や絹で製造されている場合が多くブラウスの語源がゆったりしたという意味合いになっているので、 そこまで体のラインが密着するようなシャツではありません。

このブラウスが女性向けに開発されて制作されているデザインに関しても同じように袖やエリそして形状に関してもバリエーションが多くゆったりしたような作りになっています。

女性のブラウスに関しては男性用のシャツとは全く逆に製作されており例えばボタンやボタン穴などについても全て男性のものとは逆に製作されています。

男性と女性のボタンの場所を反対にする理由については、服屋側のメリットとして男性と女性のデザインを区別させてもらうことでブラウスの料金を吊り上げることができたと言われており、またもともとブラウスを着ている人は身分の高い人が多かったので、身分の高い人には身の回りにお世話をしてくれるメイドさんも存在していたので他人が脱ぎ着をしやすいような作りになっていたと言われています。

ちなみにブラウスの起源について考えた時にびっくりされるかもしれませんが一万年以上前の原始時代にブラウス形の衣類を発見したという報告がありこれが起源となっている説も存在しています。

ブラウスがだんだんと流行りだしてからは19世紀の終わり頃に主にアメリカの女性の間で装飾が施されたブラウスそして比較的長めのスカートと組み合わせることが流行したのがきっかけと言われています。

そして女性の身分向上とともに社会進出されたという背景も交わり、テーラードスーツの下にブラウスを着るなどの着こなし方が流行ったのも一因とされています。

日本に関しても同じ頃にブラウスがシャツの発展型ということで次第に流行になっていき代表的な衣類として今現在に季節を問わず着られている状況に至っています。

今現在でもブラウスを制服として採用している学校は多く存在しておりどちらかと言えばぱっと見はセーラー服に見えるような作りになっている場合も多いです。

昔のデザインと違ってあまりブリブリしてるような感じはなく細目に作られており脳活若干ゆったりとしたような着こなし方もできるのでファッション性の高い制服であるとも言えます。

白のシャツに関しては清潔感を与えるとともに胸元にリボンなどの装飾がある場合はしまって見えるようになりなおかつ可愛くアピールすることができるので、女性からは大変人気な制服だと言えます。

セーラー服の10個の魅力


ここまではセーラー服そしてブレザーそしてブラウスの制服の特徴についてご紹介しました。

ここからは昔から根強い人気を誇っているセーラー服の魅力についてご紹介していきます。

学生服といえばセーラー服と言われるようにたくさんの女性の方から人気を持っているのと共に男性から見てもセーラー服がなんとなく一番魅力的に感じると想像する方は多いと思います。

具体的な理由について行く機会があまりないのでこの機会に魅力をご紹介してそれらを把握した上で一番自分に合った制服がどれなのかということを考えていただければ幸いです。

1.学生といえばセーラー服!

まずはじめにご紹介するセーラー服の魅力といえばやはり学生=セーラー服という固定概念の大きさがそのまま魅力につながっているということです。

様々な人に学生服といえば何を想像しますかという質問をすると自然と帰ってくる答えが多いのが学ランやセーラー服と答える人が多いです。