現在の日本では、小学校から中学校までは義務教育であり、大多数の方はそこから高校へ通い、大学や専門学校へ通っていると思います。

もちろん人によっては中学や高校を卒業して就職される方もいるかと思います。

大きく分岐するのは高校から人によってどういう人生を歩んでいくか決めていくかと思いますが、まだまだ高校へ進学される方は多いです。

人によっては学力の高い学校へ通う方もいますし、今現在の妥当な学校へそのまま進学、あるいは家から近い学校がいいという方など、様々な状況を考慮して自分で考えて進路を決める方も多いかと思います。

そんな中で、学校選びにおいて学生の方が考えているのは、制服も大きな要因にあるかと思います。

大人になれば、そこまで意識しなくても良かったなと思うような事でも、学生の方にはとても重要な要素であるといえます。

制服に関してはかっこ良い物がいいですし、かっこ悪い物は嫌だと感じている人が多いです。

周りからの見られ方などを気にする年齢でもありますし、美意識に目覚める年齢だからこその考え方でもあるかと思います。

今回はそんな制服の中でも、女性から非常に人気が高いセーラー服をテーマにして、セーラー服の魅力、そして東京でセーラー服を着ている学校をご紹介します。

セーラー服とは?

まずはセーラー服の魅力をご紹介する場合にセーラー服がどういう制服なのかということをご紹介します。

今更説明するまでもないかもしれませんが学校の制服は複数存在しています。

女性の制服として代表的な例はまずセーラー服が存在していますが、そのほかにもブレザーやブラウスなどの制服も存在します。

同じ制服とはいっても制服の種類によって様々な特徴だったり見た目の違いが存在します。

制服と言うとその学校の学生を象徴する格好でありファッション性を求めるものではないかもしれませんが、年頃の年代だということもあり制服の見た目などは学生にとっては大きなポイントになるといえます。

セーラー服が必ずしも良いと言うわけではなく、それぞれの制服の魅力を知ってその上でセーラー服の魅力を知ることで広い視野でどの制服が良いのかということが判断できるようになると言えます。

制服の種類

制服の種類は複数ありセーラー服とブレザーそしてブラウスなどが存在しています。

女性は男性を含めて実際に学生の中で人気があるのはセーラー服が大きな割合を占めてます。

しかしながら上手に着こなすことによってどんな制服でも可愛い人は可愛く見えますし上手に着こなせていない人は可愛いと言われているセーラー服でも上手に着こなすことはできないと言えます。

結局が着こなす人間がどういう風な人間であるかというところに左右される部分は大きいかと思いますが自分の憧れの服を着ることで自分に自信を持つことにもつながるので、制服のすべての特徴を把握して自分にどういう制服があるのか考えてみてください。

セーラー服

まずはじめにご紹介するのはセーラー服の特徴です。

セーラー服はもともとセーラーカラーと呼ばれる独特の形状をした大きな襟が特徴である服装であり、知っている方も多いと思いますが世界中で海軍の軍服として使われていることが一般的になります。

日本では女性の学生の形がセーラー服を着ている印象がとても強く、海軍の軍服というイメージはあまりないので初めて知った時にはギャップを感じた方も多いかと思います。

時々街を歩いているとすれ違ういわゆるセーラー服おじさんと言われるような人が存在しますが、単純に女装が好きな場合もあれば、海軍の格好をしているだけであり、一概に変態な人ではない場合も存在します。

ちなみに日本で取り入れられているセーラー服に関してはコスプレ文化とともに海外に広がっており、海軍のセーラー服とは若干異なる印象を持たれているといえます。

ちなみにセーラー服の襟についてですが看板場なので風などの天候の状況で音声が聞き取りにくい時に襟を立てて、風を妨げる意味を持っているとされている説もありますが定かではないと言います。

セーラー服を最初に採用したのはイギリスの海軍だとされておりその後アメリカの海軍がジャケットタイプとして取り入れたりしてだんだんと広がっていった背景があります。

日本がセーラー服を採用したのは1920年であるとされており京都府の平安女学院が一番最初にセーラー服を取り入れたとの説があります。

そして現在一般的に多く見られるようになった上下がセパレート型のセーラー服に関しては福岡県の福岡女学院が一番初めに採用されたという説があります。

その後からだんだんと日本全国にセーラー服が広がっていき今現在の人気にイタリアになりました。

ちなみに東京大学は男子の学生服としてた定理で陸軍式のチュニックを採用していたという過去も存在しています。

セーラー服自体はとても可愛いもので清潔感もあり多くの型から人気があるのですが過去にはセーラー服を改造して着こなすような風潮が流行っておりセーラー服を制服として採用すると服装が乱れてしまうという背景もありセーラー服ではなくて他の服装を作った方が良いのではないかということでブレザーなどが制作されるようになっていきました。

セーラー服といえば学生の制服として一般的に認知されていますが最近ではコスプレなどの分野においてもセーラー服を着こなす女性の方がたくさんいらっしゃいます。

正式な学生服として購入するのではなくインターネットのでコスプレ用としてセーラー服が販売されているので、多くのコスプレイヤーに需要がある商品であるともいえます。

セーラー服は日本国内だけではなくタイや中国においても一部の学校で日本を真似たセーラー服を制服として指定する学校も増えて、結果的にその学校に通いたいという志望者が大勢出現しだしたということも有名な話となっています。

日本だけではなくセーラー服が世界全体で可愛いと人気がある理由の一つだと言えます。

ブレザー

次にご紹介するのはブレザーの特徴です。

ブレザーとは上着ジャケットの一種であり、リーファージャケット、もしくはスポーツジャケットと呼ばれているファッションです。

金属製のボタンや左胸のパッチポケットに掲げられているエンブレムなどが特徴として挙げられており、欧米などの特徴が無いテーラードタイプの上着もブレザーと称されている場合が存在します。

生地自体は耐久性のあるウールを主に使用されている場合が多く綿や皮の場合も存在します。

ストライプの入ったものや原色の色合いを持っているものも多く、緑や紺などが一般的に多かったりもされます。

制服として採用されているものに関してはそこまで派手な装飾が入っていたり派手な色合いになっていることは少ないのでカジュアルなものやスポーツクラブなどの制服に関しては少し派手なものだったりが採用されている場合が多いです。

元々は学校の制服だけと言うわけではなく航空会社やヨットクラブそしてセキュリティ会社スポーツ大会に出場する選手たちの制服として用いられていたことが一般的になります。

ブレザーの制服に関しては2タイプしており、まずはじめにシングルタイプ、そしてダブルタイプが存在しています。

シングルタイプはもともとクリケットやテニス用のジャケットから製作が始まったと言われており、 制服の中央にボタンが1列に並んでいるタイプがシングルタイプだと言えます。

一般的なブレザーに関してはこのタイプが多く礼服のモーニングが起源であると言われています。

次にご紹介するのがダブルタイプですが、 ダブルタイプに関してはボタンが2列になっているタイプであり軍服が起源となっており今現在士官服や、警察官などが制服として用いられていることが多く存在します。

ちなみにボタンを留める上で注意する点があり男女で合わせが異なり通常ボタンをとめるときに男性側からするとしている人から見て左側そして女性側からすると着ている人を前から見て右側が前になるようにボタンをとめるのが原則となっているのでブレザーを普段から来ている方はボタンの止め方を注意して行うようにしてください。

元々は先ほどのセーラー服の上からも紹介した通りですが、セーラー服を改造して着こなすような方が大変多くいらっしゃったのでセーラー服ではなくブレザーを採用する学校が増えて今現在に至っています。

セーラー服ほどまでは改造はされていないかもしれませんがブレザーに関しても着こなしの崩し方はたくさん存在しており、おしゃれにしている肩もたくさん存在すると言える制服です。

ブラウス

自己紹介するのはブラウスの特徴です。

基本的に学校の制服といえばセーラー服やブレザーを想像される方が多く、あまりブラウスを想像される方はいないかと思います。

ブラウスは基本的には男性向けの場合シャツと同じような形状で作られておりたけが腰の辺りまでのものが多く存在しています。

素材自体は綿や絹で製造されている場合が多くブラウスの語源がゆったりしたという意味合いになっているので、 そこまで体のラインが密着するようなシャツではありません。

このブラウスが女性向けに開発されて制作されているデザインに関しても同じように袖やエリそして形状に関してもバリエーションが多くゆったりしたような作りになっています。

女性のブラウスに関しては男性用のシャツとは全く逆に製作されており例えばボタンやボタン穴などについても全て男性のものとは逆に製作されています。

男性と女性のボタンの場所を反対にする理由については、服屋側のメリットとして男性と女性のデザインを区別させてもらうことでブラウスの料金を吊り上げることができたと言われており、またもともとブラウスを着ている人は身分の高い人が多かったので、身分の高い人には身の回りにお世話をしてくれるメイドさんも存在していたので他人が脱ぎ着をしやすいような作りになっていたと言われています。

ちなみにブラウスの起源について考えた時にびっくりされるかもしれませんが一万年以上前の原始時代にブラウス形の衣類を発見したという報告がありこれが起源となっている説も存在しています。

ブラウスがだんだんと流行りだしてからは19世紀の終わり頃に主にアメリカの女性の間で装飾が施されたブラウスそして比較的長めのスカートと組み合わせることが流行したのがきっかけと言われています。

そして女性の身分向上とともに社会進出されたという背景も交わり、テーラードスーツの下にブラウスを着るなどの着こなし方が流行ったのも一因とされています。

日本に関しても同じ頃にブラウスがシャツの発展型ということで次第に流行になっていき代表的な衣類として今現在に季節を問わず着られている状況に至っています。

今現在でもブラウスを制服として採用している学校は多く存在しておりどちらかと言えばぱっと見はセーラー服に見えるような作りになっている場合も多いです。

昔のデザインと違ってあまりブリブリしてるような感じはなく細目に作られており脳活若干ゆったりとしたような着こなし方もできるのでファッション性の高い制服であるとも言えます。

白のシャツに関しては清潔感を与えるとともに胸元にリボンなどの装飾がある場合はしまって見えるようになりなおかつ可愛くアピールすることができるので、女性からは大変人気な制服だと言えます。

セーラー服の10個の魅力


ここまではセーラー服そしてブレザーそしてブラウスの制服の特徴についてご紹介しました。

ここからは昔から根強い人気を誇っているセーラー服の魅力についてご紹介していきます。

学生服といえばセーラー服と言われるようにたくさんの女性の方から人気を持っているのと共に男性から見てもセーラー服がなんとなく一番魅力的に感じると想像する方は多いと思います。

具体的な理由について行く機会があまりないのでこの機会に魅力をご紹介してそれらを把握した上で一番自分に合った制服がどれなのかということを考えていただければ幸いです。

1.学生といえばセーラー服!

まずはじめにご紹介するセーラー服の魅力といえばやはり学生=セーラー服という固定概念の大きさがそのまま魅力につながっているということです。

様々な人に学生服といえば何を想像しますかという質問をすると自然と帰ってくる答えが多いのが学ランやセーラー服と答える人が多いです。

実際本来のところを言えば可愛い人が切れば何でも可愛く見えるのが現実的なのですが、それでも多くの需要がある服を着こなすことでさらに魅力を高められると考えた時にセーラー服が女性の着る制服としては一番魅力が大きい制服であると繋がることができます。

実際にどういう見た目が印象的なのかと聞かれる時にそこまで明確な答えが出ない人も多く存在しますが、多くの方の心の中に根強い印象として残っているセーラー服が一番かわいさとしても有利に働くと言えると思います。

万人受けする

セーラー服自体がたくさんの人の印象の中に残っているのでそのまま受け入れることができやすいのでセーラー服は万人受けすると捉えて間違いないと言えます。

制服と考えずにファッションとして考えた時に万人ウケするファッションのほうがたくさんの人から良い印象を持ってもらえるのは明確です。

例えば、男性の目線からして自分のファッションをおしゃれにしようと意識の高い男性を時々見受けられますが女性からするとそこまでファッションに細くこだわらなくてもいいシャツとジーパンだけで十分魅力的に見えると言う意見の方が圧倒的に多いです。

男性側からするとシンプルな服装よりも少し着飾ったようなファッションでネックレスなどをつけてかっこよく見せようと努力をする人もいますが、多くの女性は白のシャツにジーパンにスニーカーを履いてくれればかっこいいと印象を持っている人が多いのが事実です。

そのシンプルな服装を制服で考えた時にセーラー服が当てはまるといえます。

万人受けしてシンプルな制服だからこそ多くの型から受け入れられやすくなおかつ多くの魅力が詰まっている制服だと言えます。

2.意外に動きやすい

セーラー服の魅力としては動きやすいことが特徴です。

セーラー服が動きやすいという印象を特別視したことはあまりないかもしれませんが、 元々セーラー服を採用した理由のひとつとして動きやすいということが理由で作られた背景があります。

運動しやすいということをコンセプトに作られた制服だからこそ今でもその機能性が高く評価されているのが事実です。

元々は「動きやすい」が理由で作られた

実際にブレザーよりもセーラー服の方が動きやすいという点では理にかなっています。

ブレザーはどちらかといえばスーツのような感じなので体を動かす時には邪魔になってしまったりする場合もありますがセーラー服は気軽に動かすことができます。

制服は基本的に毎日来て学校に登校するので、機能性がなければあまり行きたくないと思ってしまいますよね。

セーラー服の機能性の高さについては毎日着るということを考慮すると魅力が大きく詰まっている制服であるといえます。

3.生地が薄い

セーラー服の特徴に関して特に夏服のセーラー服は生地が薄いことでも知られています。

セーラー服の生地が薄いので当然ながら暑さなどの外気から過ごしやすくするための構造になっています。

生地によっても変わってくるかもしれませんがセーラー服の裏地に関してはつるつるとしている感じがあり裏地は肌触りが良いので汗をかくと肌にくっついたりして不快に思うことはあまりありません。

ポリエステル製であれば肌触りも良いですしくっつく心配があったとしても下に薄いシャツなどを着れば特に問題はないと言えます。

またセーラー服によっては裏地がメッシュ生地になっているものも存在しており、メッシュになれば肌にくっつく心配もないですし濡れてしまう様なこともあまりないので機能性が高い理由の一つだといえます。

暑さなどを凌ぐ

制服は毎日着るものなのでどうしても機能性が悪いとあまり着たいと思えなくなります。

ファッションと同じだと考えると、どんなに機能性が悪かったとしても見た目の格好を意識して無理してでも着るという性格の方がいるかもしれませんが、多くの方が機能性を意識してファッションを考えている方が多いといえます。

毎日着ると言うことも考えて機能性を第一に優先した方が快適さでは絶対に勝ります。

他の制服に比べてセーラー服は機能性が頭ひとつ抜けて高いと言うことを理解してください。

4.スカートとの相性が良い

セーラー服の特徴としてスカートとの相性が良いと言う事がいえます。

もちろん他の制服がスカートが全く合わないというわけではないのですがセーラー服とスカートの組み合わせは多くの方が想像する通り制服の定番として受け入れられているので相性がとても良いです。

元々制服を改造して着こなす人が多かった過去を考えると、様々なカスタム要素が存在しているといえます。

その中でも比較的見た目を意識して着こなしている方はスカートをわざと短くしたりしてかわいさをアピールしたり、逆にスカートを長めに着こなして他の人と差を生んで可愛さを見せる形も存在します。

スカートの丈が短くても長くても魅力的

多くの方が制服着崩している例としてスカートの丈を短くしたりなくしたりすることが挙げられますがどんな場面でも可愛く見えるのがセーラー服の特徴です。

スカートを短くして、 セクシーな要素を取り入れても良いですしなくして可哀想アピールするのもどちらも人気が高いと言えます。

しかしながら最近の傾向としてますかとは長めに履いている傾向があり、あまり極端に短く着こなしている人は少ないと言えます。

どちらにしてもセーラー服に関してはどのように着こなしても可愛く見えるので結局が着る人自身の魅力があるかどうかというところにつながってくるかと言えます。

5.上着の丈が短い

セーラー服の特徴として上着が短いということを特徴の一つです。

セーラー服の構造自体があまり丈が長くならないように設定されているので、自分自身の体にジャストフィットしたような制服になっています。

それに反してブレザーはちょっと大きめに作られていたりする場合も多いので体のサイズにぴったりなセーラー服の方がスタイルが良く見えたり、見栄えが良かったりする場合が多いです。

結局は好き好きになるかと思いますが機能性の高さから見てもセーラー服の方が軍配が上がるといえます。

清潔感が出る

上着の丈が短いと清潔感が出て異性からの評価も高いと言えます。

また男性目線になりますが男性からの嬉しい声としてはセーラー服特に夏服を着こなしている女性の場合はちょっと体をのけぞったりすると丈が短いのでお腹がチラッと見えてしまうことがありそのお腹がセクシーに感じる様な方が多いです。

特に思春期の男性の方はそういう事ばかり考えてる場合があり、ちょっとでも相手の体で見えないような部分が見えてしまった時には強く反応してしまうこともあり、女性としての魅力を与えることができる服装にもなっています。

6.男子からの人気が高い

セーラー服の特徴の1つとしてそもそも男性からの人気が一番高い制服だといえます。

実際に学生として存在している男性からも評価は高いですし、もう学校を卒業して何年も経っている人からしてもやはり学生服といえばセーラー服が一番可愛いと言う印象を持っている方が多いです。

男性の中には大好きなコスプレ服としてセーラー服をあげる人も多くセーラー服に異常な執着を見せる男性も存在するほどです。

そこまで執着する人に関しては学生時代に自分の恋愛がうまくいかなかったような甘酸っぱい記憶がずっと残っており、そのままその過去に執着するかのようにセーラー服に執着してしまうと言う心理が働いている場合があるそうです。

男女ともに人気!

男性からの熱い支持はもちろんのこと、女性からもセーラー服がなんとなく一番可愛いと印象を持っているからが多いのは事実です。

女性の心理としても相手からは可愛く見られたいと思うことも多いですし、純粋に可愛い服を着たいと思うのは当然の考えです。

なのでセーラー服は男女ともに受け入れられやすい幅広い支持をえている制服であると言えます。

7.ファッションとしても通用する

セーラー服は制服としても根強い人気を誇っていますがファッションとしても通用する要素があるのでさらに人気があります。

男性を例にするのは悪い例かもしれませんが実際にセーラー服おじさんだともファッションとして活用している通り日常生活においても違和感なくこなすことができる要素を含んでいます。

女性の例であげると、 女性向けに販売されているブラウスのかもセーラー服デザインを取り入れてよなものが存在しており胸元のリボンはもちろんセーラー服の襟なども取り入れられているようなファッションも存在しており、女性の下着に関してもセーラー服の形をした下着が販売されており実際に着用している方も多く存在しているのでファッション要素としても充分に通用するということを証明できると言えます。

セーラー服だけで十分おしゃれ

セーラー服を改造してこなくている方も多く存在しますが、改造して着こなせなくてもセーラー服自体だけで十分おしゃれに演出することができるといえます。

確かに流行りなどもあるので改造しておしゃれに着こなすことが一種のステータスである場合もありますが、シンプルイズベストという言葉があるようにシンプルなセーラー服着たいだけでも十分可愛く見えてしまうので、普通に着こなすだけでも十分魅力が詰まっている制服であると言えます。

8.清楚

セーラー服の印象として清楚なイメージを持っている特徴があります。

もちろんブレザー屋ブラウスに関しても清楚なイメージはあるかもしれませんかなんとなくセーラー服の方が清楚なイメージの度合いは高くなっており多くの方から清楚な印象を持たれている制服だといえます。

セーラー服が学生服の象徴であるというイメージを多くの型が持っているからこそこのような連結したイメージを持たれやすいと言えます。

若々しく清楚な感じが醸し出される

セーラー服が学生服の象徴であるというイメージなので当然学生は若いかしかいないので若々しく清楚な感じが連結したイメージになります。

セーラー服自体も夏服であったり冬服に関しても芯があるような服装になっているので清楚な感じが醸し出されて女性の印象を高くすることができる制服であるといえます。

9.可愛く見せられる

セーラー服を着ているだけでなんとなく普通の女性でも可愛く見えてしまうという効果が得られます。

セーラー服自体が清楚なイメージがあり沢山の方から可愛い印象を持たれているからこそその服を着ているだけで可愛く見えてしまいます。

実際に制服ではなくファッションとして考えた時に流行りのファッションであったり、女性の可愛いワンピース姿などを見たときに男性は自然と可愛いと思ってしまいやすいと思います。

すでに可愛い服として認知されていれば知るほどその服を着た時に可愛さを大きくアピールすることができるといえます。

女性の見た目がどうこうと言うよりも、その服自体の持っている可愛い魅力が自分の可愛さをさらに引き出してくれるような存在になっているといえます。

10.どんな髪型でも合う

セーラー服を着こなす上で大事なのが自分自身の外見にもつながりますが、セーラー服を着ている上で髪型はどんな髪型でもあったりするのが特徴的です。

例えば清楚なツインテールの姿やポニーテールの髪型に関しても清潔感がありセーラー服にマッチしますし、ちょっと長めの髪型でそのままおろしているような髪型でも女性らしい可愛い印象を持たせることができます。

ストレートでも巻き髪でも

ストレートヘアーの巻き髪ヘアでもどちらでもセーラー服は似合うことができるので髪型をあまり意識しなくても可愛く見せることができるという点はとてもメリットであると言えます。

清潔感を前面に出した清楚なイメージをアピールするのか、それともちょっとやんちゃでギャルっぽいような印象を相手に与えるかどうかで相手の好みに合わせて変化することもできるので、とても便利であるといえます。

東京でセーラー服が制服の学校とは?

ここまではセーラー服の特徴についてご紹介しました。

ここからは東京でセーラー服が制服の学校についてご紹介します。

東京に住んでいる方若しくはこれから東京に上京して進学したいと考えている方については制服を考えることも一つの大事な格好を決める要因になり得るといえます。

人生に一度の選択などで公開のしないようにしっかりと考えた上で判断できるように良い判断材料にしてみてください。

豊島岡高等学校

まずはじめにご紹介するのは豊島岡高等学校です。

豊嶋岡女子学園高等学校は東京都豊島区東池袋に所在している中古を一貫教育を提供している私立の女子高等学校です。

豊島岡高等学校はセーラー服を採用しており広く多くの方が想像するようなセーラー服そのままの制服だといえます。

白色と紺のコントラストで胸元のリボンなどが存在しており清潔感のある制服であると言えます。

いじめ防止基本方針などを取り入れており学校生活が快適な生活になるように様々な面で尽力している学校であるといえます。

東洋女子

次にご紹介するのは東洋女子高等学校です。

東洋女子高等学校は東京都文京区千石3丁目に所在する私立高等学校です。

ちなみに東洋大学や東洋学園大学とは無関係になっています。

東洋女子でも学校の制服はセーラー服を採用しており スカートがグレーのベーシックカラーでブラウスなどは淡いピンクで彩った制服であり知的な要素を演出していると共に可愛さもアピールすることができる制服となっています。

機能性も高くたくさんの形から人気がある制服であり、古谷夏専用のカーディガンなども販売されていることから様々な着こなし方ができる面もあり人気の一つとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は学校制服の種類、そしてセーラー服の特徴そして東京でセーラー服が制服となっている学校についてご紹介しました。

学校の制服と言っても様々存在しておりセーラー服ひとつとっても学校によって特徴などが様々違ってきます。

人生は一度しかありませんし、高校に通うことも人生で大多数の方は一度しかないので、せっかくの学校生活を十分に楽しむために制服もこだわりを持って選択してください。

そして、たくさんの制服の特徴を知れば、広い視野で判断する事も出来ると思いますので、自分に合った制服選びを行ってみてください。