何かと話題に上がる『女子力』
「女子力高いね~!」っていうのは、ひとつの褒め言葉にもなっていますよね。

だけどこの言葉って、女子同士の間の褒め言葉として使われることのほうが多いですよね。

男性から女子力を褒められることって、そんなに無い気がします。

でも、女子力が高いと男性からの人気が高いのは間違いありません。

男性からも女性からも人気者!それが、女子力が高い人なのです。

でも今、なぜ女性は女子力を磨き、高めようとするのでしょうか…?
筆者はこう思います。

女性が社会進出を果たし、男性と同等に渡り歩く昨今でも、女性は女性。

男性になりたいわけではありません。

人としての同等の権利を得たいだけであって、女性は女性らしくありたい。

それが、女子力を磨く理由なのだと思います。

だから、女性が女性性であることをアピールできる女子力は、女性たちがとても大切にしていること。

そこを褒められる「女子力高いね!」は、今や女性にとって、最高の褒め言葉とも言えるでしょう。

女子力の高い女性は魅力的!

女子力の高い女性は、とても魅力的なんですよね!
それは、同性である女性から見ても憧れる存在だし、男性から見ても魅力的に映り、好かれる存在となるでしょう。

でも女子力を褒められるのって、案外同性から言われた方が、嬉しかったりもするんですよね。

筆者も女性ですが、女性から「女子力高い!」と言われたら嬉しいけど、男性から言われたら、ちょっと気まずい思いになりそうです。

女子力を高めたいのは、男性を意識するからこその努力でもある。

だけど、男性へのあからさまなアピールをしたいわけではありません。

男性から「女子力高いね」って言われたら、男性を意識していることがバレてしまったような感覚にもなりそう。

女心って複雑ですよね(笑)

もしこの記事を男性が読んでいるとするなら、女子力を褒めるよりは、女性として魅力的である部分を褒めてあげて欲しいです!たとえ、自分で女子力を高めようと努力していたとしても、それは陰の努力としてやっておきたい部分。

そこを突かれると、ちょっと恥ずかしくもなってしまうのです。

とはいえ、この記事を読んでいる方はほとんど女性だと思いますけどね(笑)

1. 女子力とは?


女子力が高い女性には憧れ感を抱き、自分もそうありたいと磨こうとするのが世の女性たち。

皆さんは女子力を持っていますか?
そもそも、女子力ってなんだろう?そう思っている人もいるかもしれませんね。

筆者も、「女子力って何?」って聞かれると、その範囲は多岐に渡るように思いますし、漠然としていて答えに困ります。

だけど、大まかに言えば「女性らしい」と感じる部分を持っている、または磨いている人が、女子力が高いと言えるのかなって思います。

女性をイメージさせるもので、男性には無い魅力的な仕草や行動。

持ち物…。

女性らしさを兼ね備えていればいるほど、女子力も高まる。

それが、女子力なのではないでしょうか。

ですので、何か一つだけじゃダメ。

いくつもの女性らしさをもった、ハイスペック女子!それが、女子力の高い魅力的な女性なのだと思います。

ここではその「女性らしさ」の内容を具体的に、外見と中身にわけて考えてみたいと思います。

1. 外見

女子力が高い人は、どんな外見の人なのでしょうか。

外見については、見た目に「女性らしい」と感じさせる部分を持っている女性を想像すれば…おのずと答えが見えてきますよね。

男性には無い女性らしさ…。

それは、男性ではなく女性であると区別できる部分にあると言えるでしょう。

その一番は、身体的特徴。

身体的特徴には、男性か女性かを判断出来る要素がありますよね。

男性と比べて、全体的に筋肉よりも脂肪が多く、ふっくらとしたボディラインをもっているのが女性です。

バストやヒップはふっくらと膨らんでいて、男性よりも筋肉の少ない女性は、肩や腕が華奢。

全体的に丸みを帯びていて、柔らかい印象を与えるのが女性ならではの特徴です。

女子力の高い人は、持って生まれた要素も更に磨いて、女性らしい部分をより魅力的に見えるように気を配っているんですよね。

バストラインやヒップラインが崩れないよう、適度な運動や下着に気を配ったり。

より柔らかい印象に見せるために肌を焼かないように気をつけ、白くてしっとりとした肌を保つようスキンケアも欠かさない。

また、髪をキレイに伸ばし、サラサラでうるんだ、触り心地の良い髪になるようにヘアケアをしていたり、指先はいつでも綺麗にネイル等…。

女性らしさを感じさせる部分は、まだまだ他にもありますよね!
美肌や美髪、美爪…どこをとっても“美”が付くような外見なのが、女子力が高いと言われる人達なのです。

外見的要素って、持っているものに違いがあり、元々が整っていれば得!なようにも感じますが、女子力って、元々持っている要素が良いってだけじゃないんですよね。

持って生まれたものを活かし磨く。

それが、女子力なんだと思います。

だって、持って生まれたものは、自分の力の及ばない部分で与えられたもの。

素材が良いってだけで、女子力が高いことにはなりません。

女性らしさを磨く努力をしているかどうかが、女子力が高いかどうかのポイントなのです。

2. 中身

女性らしい部分をさらに磨き、魅力的に見せる努力をしているのが…外見的女子力が高い人。

だけど、女子力は見た目だけに発揮されるものではありません。

中身だって重要だし、中身こそ磨いていることが、女子力の高さを左右しているように思います。

だって、中身は見た目にも表われますからね。

外見だけ取り繕っても、女子力が高いとは言われないのです。

さて、ではその女性らしい中身とは?どんな中身を持っている人が、女子力が高いと言われる人なのでしょうか。

それは…性格、仕草、言葉遣い等に現れるものだと思います。

優しさを持ち、いつも笑顔。

言葉遣いが丁寧で、立ち居振る舞いや所作がしなやかで美しい。

まさに、日本古来からの女性のイメージですよね。

現在では、女性像に対する価値観も変化してきています。

それでも、日本人女性の女性らしさのベースは、変わらないのではないでしょうか。

昔から女性は、つつましくおしとやかなのが女性らしいとされてきました。

今はそこに強さも兼ね備えていたりしますが、男性の勇ましい強さとはやはり違います。

女性の強さは芯のある強さで、そこにはやはり、美しさを感じるものなんですよね。

女性に“美”は欠かせません。

性格も仕草も言葉遣いも、そこに美しさを感じることが出来てこそ女性らしく、それを忘れずに意識して磨いているのが、女子力が高い人と言えるのでしょう。

2. 女子力が無いとどうなる?


女性には誰にでも、女子力が求められています。

もちろん、その求めに応じなくても良いし、「女子力が高くなければならない」ということも無いと思います。

だけど、女子力が無い女性は…何かと不便を強いられるかもしれませんね。

女性である以上、女性らしくいるほうが世の中を生きていきやすいということも、多々あるものです。

人は、女性には女性にしかないものを求め、男性には男性らしくいることを求めるものです。

そこからちょっと外れると、偏見の目で見られることもあるんです。

世の中の価値観こそ偏ってもいるのですが、社会の流れがそうである以上、女性は女子力を磨いたほうが、得する場面も多いのです。

筆者も、女子力があるほうではありません。

仕事では特に、男性へのライバル心が強いし、男性と同じように渡り歩きたいって気持ちも強く持つ方です。

そのため、「男勝り」なんて言われることも多かったものです。

今はちょっと考えを変えていて、不器用すぎたな~なんて思うこともあります。

男勝りに頑張っていたころは、「男っぽい」が、筆者にとっての褒め言葉だったりもしました。

女として見られたくないばかりに、力仕事だってなんだってやったし、男性に頼ったら負け!と言わんばかりの勢い。

今思えば本当、可愛くないヤツだなって思ってしまいます(笑)

筆者のように女子力が無いと、世間からはどんなイメージで見られることになるのでしょうか…。

1. 可愛げがない

女子力が無いと、まず「可愛げが無い」と思われてしまいます。

もちろん、可愛いと思われることを目指してない!って言う人にとっては、「可愛げが無い」なんて言われても気にもとめないでしょう。

でも、女性は可愛げがあったほうが、やっぱり女性らしいのです。

筆者も、女子力が無かったころの自分を思えば、もうちょっと可愛げがあったほうが良かったなって思うのです。

女性は、男性と同等である必要は無いんですよね。

人としての権利は同等であるべきですが、女性は女性であっていいのです。

男性の様になるのではなく、女性としてのやり方ってものがあるんです。

力ではやはり男性の方が優位だし、ならば力仕事は男性にお願いすればいい。

女性には女性にしかできない仕事があるのですから。

女子力を身につけるということは、賢く生きるということでもあります。

女性は、可愛らしさと美しさを武器に、世の中を渡り歩いていくことが出来るのですから。

2. 周囲から好かれない

そして可愛げが無いと、当然周囲から好かれません。

ここが、女子力があり、可愛げがあったほうが生きていきやすい、最大の理由だと思います。

可愛げが無かったころの筆者も、もちろん周囲からは嫌煙される存在でした。

今もそんなに変わってはいませんけどね(笑)
でも当時の気持ちは、周囲から好かれることも望まない…そんな威勢の良さがあったのです。

女性として好かれなくても、男性と渡り合うことの方が大事だったんですよね。

ですので、男性に対してもバンバン物を言う。

言葉でも力でも男性を打ち負かしては、良い気になっている…本当に可愛げがありませんでした。

立場的にも嫌われ役を買っていたくらいだったので、周囲からは怖れられ、嫌煙されていました。

だけどやっぱり、女性らしい、女性ならではのやり方が、他にあったなって思うんです。

周囲から嫌われず、好かれながらも周囲を引っ張っていけるやり方が…。

それが出来るのが女性でもあって、男性のようにする必要はなかったんですよね。

周囲の人からは、好かれた方が何事もスムーズだったりするんです。

それに自分の気持ちとしてもやっぱり、嫌われるより好かれた方が、気分がいいじゃないですか!そのほうが幸せでいられるし、ストレスも少ないと思います。

周囲から嫌われるのも厭わないって思っていると、自分の首を絞めることにもなってしまうのです。

女性は、賢く強く生きるすべを持っています。

それを活かさない手はありません。

女子力を磨いて女性らしく生きていく方が、何かとお得なのです。

3. 男性に見向きもされない

また、女子力が無いと、男性に見向きもされませんよね。

男性は、自分とは違う異性に興味を持つものであって、違いを感じなければ魅力も感じません。

男性の目には留まらないのです。

女子力が無い人…つまり、女子力の高さを重視していない人はきっと、男性に見てもらうことも重要視していなかったりもするでしょう。

それに、女子力を高めて女性をアピールしている人に、嫌悪感すら感じているかもしれませんね。

女子力を高めるのは、男性に媚びるような気がする。

きっと、こんな思いもあるのではないでしょうか。

筆者もそうでした。

男性に敵対心があると、女性として見られるのが嫌だし、男性に媚びるのなんてもっての外。

男性には女性として見られるよりも、同等だとして認めてもらえることの方が、重要だと思っていたのです。

でも、女子力を高め、女性らしくあることは、決して男性に媚びるということでは無いんです。

むしろ女子力の高い人は、男性に媚びない人でもあると思います。

女性らしい芯の強さを持っていて、自立している。

その姿勢は、女性から見ても男性から見ても美しいと思えるもので、女子力が高いと誰もが惹きつけられてしまうのです。

いくら男勝りで、男性の目を気にしない女性でも、恋愛をしたい気持ちはあるでしょう。

好きになるのは男性であって、いつかは恋愛をして結婚をしたいって、思っている人が多いと思います。

だとしたら、男性に見向きもされないというのは、将来を考えた時に不利ですよね。

アラフォーの筆者も、未だ独身です。

女子力も磨かないと、婚期も逃すことになる…。

いい例になっています。

筆者の様になりたくないのなら、女子力も磨いておくべきですよ!

4. 就職に影響することも

また、女子力の無さが就職に影響することもあるようです。

これは企業や職種にもよるのかな?とは思います。

だけど会社が人材を採用するにあたって、女性を採用する時のひとつの基準として見ているということですよね。

会社にとって、男性も女性もひとりの人材であることに変わりはありませんが、男性には男性に、女性には女性に求めるものがあり、そこには微妙に違いがある…。

これは、不平等とかいうことでは無く、仕方のないことなのだと思います。

例えば、力仕事なら男性に任せたいと思うし、繊細な仕事や気配りが必要なシーンなら、女性らしさを発揮してもらいたいと思うものです。

男性には男性の得意分野があるし、女性には女性の得意分野があるんですよね。

同じように働くのではなく、それぞれに良いところを活かして活躍して欲しいというのが、採用者の見るポイントにもなるのでしょう。

ですので、女子力が高そうな人は、人前に出る仕事で有利に思われるし、秘書的なサポート力を買われることもあるでしょう。

女子力が高い方が、女性として活躍できる場も広がる。

女性にしか出来ない仕事なら、それは女性の特権で、そこには女性らしさが求められるのです。

女子力の高い人がよくやっている8個の行動

女性にとって女子力を高めることがどれだけ大事か、女子力を磨いたほうがどれだけ得か。

それを感じていただけたでしょうか?
筆者の様に、自分で試行錯誤していく中で、どう生きていくべきかを学ぶのもいい。

ですが、先人の知恵を借りることもまた、賢く生きる方法です。

世の中で女子力が高いほうが良いとされているのには、それだけの根拠があるからなんですよね。

それに女性なら、女性らしく魅力的でいたほうが楽しい!そう思いませんか?
女性でありながら男性と区別せずに生きていくのって、相当な精神力と体力が必要です。

それって本当に疲れることです。

ならば男性には無いものを磨いていった方が、生き生きと日々を送れるって、筆者はそう思います。

ここからは、『女子力の高い人が良くやっている行動』についてご紹介していきます。

女子力高めな人がやっていることを参考に、自分だけの魅力を引き出してみませんか?

1. メイクはシンプルかつ念入りに

女子力が高い人はメイクを、シンプルかつ念入りしているとのこと。

いかにも化粧してます!っていうケバいメイクじゃない。

かといって、化粧っ気がないのでもなく、きちんとメイクをしているのが女子力の高さ。

つまり、品良くメイクをしているってことですよね。

女性はメイクで、いかようにも印象を変えられます。

整形並みに印象を変えることだって出来てしまいます。

でも、メイクもやりすぎると印象が悪くなってしまうんですよね。

印象の良い人のメイクって、ナチュラルメイクです。

作り込み過ぎたメイクだと、素顔も想像がつきません。

あまりに隠された部分が多いと、人は不安感を抱くのだと思います。

素顔が見えないのは、素が見えないのと同じ。

本来の姿が透けて見えるくらいが丁度いいのです。

だから、女子力が高い人のメイクはナチュラルメイク。

だけどもちろん、スッピンではありません。

きちんと念入りに、ナチュラルに見えるメイクをしているのです。

これって、素顔に自信が無いと出来ないことでもあるんですよね。

筆者も、素肌が汚いので、何かと隠さなければなりません。

そうするとどうしたって、濃いめのメイクになってしまいます。

シミやニキビ跡を隠すためにファンデーションを濃くすると、アイメイクや口紅も濃いめにしないとバランスがとれません。

そうやってどんどん、作り込んだ顔になっていってしまうんですよね。

女子力が高い人は、スキンケアなどにもしっかりと気を配っています。

ベースのケアを怠らないからこそナチュラルメイクも出来るんです。

品の良いメイクは、美肌があってこそ。

それが、女子力の高い人がやっていることなんです。

2. 常に微笑みを浮かべている

また、女子力が高い人は、常に微笑みを浮かべています。

その表情には、性格の良さや落ち着きがにじみ出ているんですよね。

いつもにこやかな人は素敵だし、誰もが引き寄せられる美しさを持っています。

女子力が高い人が好かれるのも、この微笑みが魅力的だからですよね。

常に微笑みを浮かべているには、心に余裕が無ければなりません。

いつも心穏やかで、他人に優しい気持ちを向け、日々の楽しさや嬉しさに目を向けていなければ、微笑みの表情にはならないものです。

つまり、中身の女子力が高いから、それが微笑みとなって表情に現れているということです。

そういった表情を引き出すには、まず精神的に安定した生活を送ること。

女子力の高い人は、柔らかい表情でいるために、日々の生活に気を配っているのです。

3. 言葉遣いがきれい

言葉遣いがキレイなのも、女子力が高い人ですよね。

筆者の小学校のころの同級生にも、とても言葉遣いがきれいな人がいます。

その子の言葉遣いの美しさは小学生の頃からなので、女子力を磨こうと意識していたわけではないと思います。

生まれ持った女子力が、既に高いといった感じなんです。

言葉遣いのキレイさも、女性らしさを感じさせる部分なんですよね。

そして、そこには品があって美しいのです。

言葉のひとつひとつに芯があるし、気持ちを的確な言葉で表現できる…。

言葉はその人となりを表わすものなんです。

言葉って、小さいころからの環境などにも影響するものです。

大人になってから言葉遣いを治そうと思っても、そう簡単には治りません。

だけど、努力でキレイにしていくことが出来るのも言葉遣い。

言葉が変われば印象もガラリと変わるのです。

女子力が高い人は、小さいころからにしろ、大人になってからの努力にしろ、キレイな言葉遣いをするように常に心掛けているのです。

キレイな言葉遣いは、外見的な美しさにも影響するものです。

汚い言葉遣いをしないようにするだけで、心もキレイになっていくことがあります。

自分の発する言葉は自分にも、そして周囲にも影響を与えるものです。

美しい言葉を発していれば、それに見合った美しい自分になり、そんな自分に見合った出会いも訪れます。

女子力が高い人はそうやって、どんどん幸せを引き寄せていくのです。

【丁寧な言葉遣いをするためには、こちらの記事もチェック!】

4. 料理も盛り付け方もプロ級

女子力といって、皆さんがまず思い浮かべるのは、“料理が出来ること”ではないでしょうか。

料理は女性としての能力を示す、とっておきのスキルなんですよね。

もちろん、女性だからと言ってみんな料理が出来るわけでもなく、料理が得意なわけでもありません。

だけど、世の中では「女性は料理が出来て当たり前」という考えが根強くあります。

女性らしくあるために、料理は必須の能力なんですよね。

そして、女子力が高い人というのは料理が出来るというだけではありません。

料理が美味しいのはもちろん、盛り付けもプロ並みにこだわっているんです。

女子力が高い人は、常に美しさを意識しているんですよね。

それは、自分の外見のみならず、料理にも反映されるのです。

美意識が高く、美的センスがいい!それでこそ、女子力が高い人と言えるのです。

料理って、味ももちろん重要ですが、見た目もとっても大事!五感で楽しむものなので、見た目が美味しそうだと、料理をさらに美味しく感じさせるんです。

レストランでの料理が美味しく、楽しく感じるのも、盛り付けが工夫されているからです。

見て楽しく、食べて美味しい!そうやって、最大限の満足を引き出すのがプロの技。

女子力が高い人は、それを自宅でも意識しているんですよね。

それに料理は、美と健康のためにも欠かせません。

自分が美しくあるために、食べるものにもこだわるのが女子力の高さです。

美味しく身体に良いものを食べ、楽しい気持ちで食事をする。

そんな日常が、女子力が高い人の美しさや、心の余裕も生み出しているんですよね。

5. ムダ毛処理を完璧にしている

ムダ毛処理を完璧にしているのも、女子力が高い人なんですよね~。

女性にムダ毛は厳禁です!女子力が高い人なら、とっくに全身脱毛をしているでしょうね。

筆者も毛深い方なので、ムダ毛にはいつも悩まされています。

だけど、脱毛サロンには行っておらず…行きたいと思いながらもアラフォーになってしまいました。

そうなると、今更感もあってどうしようかなって(笑)

もちろん、自宅でのケアはしています。

でも、カミソリで剃ってもムダ毛はあっという間に伸びてくるんですよね。

しかも面倒です。

ついついさぼって、かなりの長さになっていることも…。

彼と会う前だけ入念に処理して、後は伸ばし放題なんてこともあり、突然彼と会うことになった時に焦ったりするんです。

女子力が高い人は、こういったことがないんですよね。

脱毛まではしていないとしても、処理をさぼることも無い。

肌を出すことになって慌てるなんてことも無いのが、女子力が高い人なんです。

女性として、見習わなければな~って、実感させられますよね。

6. ファッションやメイクにワンポイントがある

女子力が高い人は、ファッションやメイクにワンポイントがあったりもします。

ナチュラルメイクでも、ナチュラルファッションでも、ワンポイントに流行を取り入れたりして…そこにセンスの良さを感じさせるのが、女子力の高さなんですよね。

派手で目立つようなメイクやファッションはしないけど、ふと目に留まる。

そんな魅力をもっているのです。

ワンポイントにこだわるのって、意外と難しいんですよね。

しかもそれをセンス良く取り入れるのって、おしゃれ上級者だからこそ出来る技です。

7. 動作がおしとやか

動作、所作がおしとやかなのも、女子力が高い人です。

おしとやかなのは、もっとも女性らしさを感じる動作。

つつましくおしとやかっていうのが、女性をイメージさせる共通認識であって、そのイメージを壊さないのが女子力が高い人でもあるのです。

言葉と同じで動作も、小さいころからの習慣が現れてしまいます。

生活習慣や性格が、動作からも見て取れるんですよね。

おしとやかな女性であれば、生活も性格も落ち着きがあり、余裕がある人という印象を与えます。

それは周囲の人に安心感をも与えるものです。

ガサツな人だと、一緒に居る方もなんだか心が荒れる…そんな感じがするんですよね。

女性としての期待を裏切らないおしとやかさ。

これも、女子力の高さを示しているのです。

先程お話した筆者の小学校の同級生も、言葉遣いと共に動作がおしとやかな人でした。

日本舞踊を習っているからなのか、立ち居振る舞いが本当に美しいのです。

このおしとやかな動作と言うのは、日本人女性ならではの美しさの様にも思います。

優美で優雅。

まさにそんな言葉がぴったりなのが、おしとやかな女性なんですよね。

筆者もそうありたいと、常々憧れています。

8. 人をよく褒める

女子力が高い人は、人をよく褒めることもしています。

また同級生のことを例にあげますが、彼女は確かに人をよく褒める人です。

かといって、褒めて媚びようっていう魂胆も感じられないし、そこには純粋な気持ちしか感じられません。

人をよく褒めることが出来るということは、人の良い部分を見つけるのが上手だからでもありますよね。

人の良い部分を良く見ているからこそ、人を褒めることも出来るのです。

人の悪い部分ばかり目についてしまう筆者は、本当に自分が嫌になっちゃいます(笑)

人の良い部分を見られるのって、それは自分にとっても嬉しいことだったりしますよね。

人の悪い部分を見るのは気持ちが良いものではないし、それによってイライラしたり、軽蔑したり…なにかと良くない感情ばかりが浮かんできてしまいます。

女子力が高い人はそうやって、いつも幸せな気持ちを感じられるのだと思います。

筆者の同級生も、見るところが他の人とは一味違います。

先日筆者が、ネット購入して失敗だったニットカーディガンを、バッグにリメイクした写真をフェイスブックに投稿した時…多くのコメントは「器用だね」とか「可愛い」とかでした。

もちろんこれだって嬉しい!
でも、女子力が高い同級生のコメントは「物を大切にするって素敵だね」だったんです。

作ったものから、物を無駄にしなかった部分に着目出来るんです。

筆者はその着眼点に、逆に彼女こそが素敵だなって思わせられました。

人を褒めて尚、人を褒められる心が美しいと思われる。

それが、女子力が高い人なんですよね。