落胆する時とは、どんな時でしょうか?心から願っていたことが思う通りに進まずに、やる気や生きる気持ちも失せてしまう時ですね。

人によっては、心身共に衰弱して自分の命を断ってしまいたいと思う人もいるのです。

でも、落胆するほどの出来事があっても、自分を奮い立たせて死ぬほど努力して、願いを叶える人もいるのです。

落胆の程度もあるようです。

Jリーグの好きなチームが、格下のチームに敗れてしまった時などは、落胆して飲み屋に直行ということもあります。

「1敗ぐらいは仕方がないし、明日勝てばいいから!」と落胆した気持ちを納得させます。

しかし、同じサッカーの試合でも決勝まで勝ち抜いて、Jリーグチャンピオンシップ決勝戦となるとそうはいかないでしょう。

決勝戦は2試合で行われますが、初戦で敗れるとガッカリですが、第2戦でも敗れようものなら、最高の落胆になるでしょう。

仕事も行きたくないし、サッカーの話もしたくないという心境でしょう。

完全に落胆してしまっている状態です。

恋愛のシーンでも、気に入っている可愛い女性がいたのですが、ある日彼氏とデートしているところを目撃してしまった。

これも落胆します。

そこで、別の女性と交際することとなって、数カ月が過ぎて機が熟したところでプロポーズを決行しました。

しかし、残念なことに振られてしまった時は、これも最大の落胆になります。

世の中が嫌になって、誰も信じられなくて殻に閉じこもってしまうのです。

それ以外でも、大学入試に失敗したり、大学を卒業しても希望の企業への就職に失敗したり、数えきれないほどの落胆の場面に突き当るのです。

そんな時に、落胆した気持ちをずっと引きずって行く人と、ある時にスパっと気持ちを切り替えた人とがいるのです。

いわゆるしっかりリセットできた人は、その後も果敢に人生にチャレンジして行き、大成功を収めた有名人もいるのです。

誰でも失敗はあるのです。

その失敗を成功に活かす方法はないのでしょうか?それは、落胆からすぐに立ち直ることができるかにかかっています。

ここでは、落胆して弱った気持ちから抜け出す対処法をご紹介します。

落胆してしまった時の12個の対処法

落胆するまでの状況は、自分としては思い切り頑張っていたと思っているはずです。

しかし、その努力が報われないことに怒りを覚えて自分を責めるのです。

「あの時に、あれをしていたら良かった」とか「あそこで会わなければよかったのに」とか、反省しきりなのです。

勝負の世界では、「・・・していタラ」「・・・・していレバ」とタラ・レバを反省するようでは強くなれません。

どんな状況でも対応できる、基本的な対処法を確立しておくことが大切なのです。

思わぬ事態に遭遇して、落胆してしまったあなたに、12個の対処法を教えます。

1、反省点を書き出す


落胆するきっかけを作った原因をはっきりさせることです。

運が悪かったとか、想定外のことが起こったとか、他人のせいにすることが多いようです。

それもあるでしょうが、基本的には自分の準備が足らなかったか、予想ができなかったのですぐに対応できなかった筈です。

どこが足らなかったのか、どこを想定できなかったのか反省してみるのです。

それらを具体的に書き出してまとめてみるのです。

同じ過ちを犯しにくくなる

反省点を具体的に書き出して並べて置いておくと、同じような過ちで失敗している時があるのが分かります。

振り返ると、「なんだそうなのか」というような単純なことも多いようです。

適齢期の男女が、婚活に何回も参加するけれども上手く相手が見つからない時。

「私は運が悪いのかな?」とか、「もう少し時間があればなあ」などと他人のせいにしてしまうことが多いのです。

そうではなくて、夜の街で働いているような濃いメークをしたり、高価なアクセサリーやバッグで参加すれば、浮いてしまうのです。

(ハイスペックの集いなら別ですが)見た目だけでなく中身を見てもらうような雰囲気が良いと思いますが。

婚活のアドバイザーの意見を聞いて、反省点をまとめて次に向かえば、同じ過ちを犯しにくくなるのではないでしょうか。

2、期待値を下げる


いきなりの目標が高い時もあります。

目標は高い方が良いとも言えますが、自分の現在の能力を考えると、もう少し目標を下げても良いのではと思ってください。

大学入試の時も、誰でも国立の大学や私立の有名大学を目標にしますが、大学入試が近づくと願書の提出先を考えてしまいます。

希望の学部の過去の倍率や自分の偏差値を考慮すると、もう少し期待値を下げてもいいかなとも思ってしまうのです。

自分の器量を考えると、ハイスペックの男性ばかりを追っかけずに、もう少し期待値を下げてみようと考えるのです。

これは、人生に敗北するのではありません。

期待値を下げても人生で負け組になるのでは決してないのです。

偏差値が高い人だけが人生で成功している訳でもないのです。

ハイスペックの男性と結婚すれば、女性はみんな幸せになるとは限らないのです。

期待値を下げて、落胆しないように対処すれば、もっと素晴らしい人生を過ごせるかも知れないのです。

気を楽に持つことが大事

目標や期待値を少し下げて、気を楽に持つことができれば素晴らしいことです。

期待値を下げて自分なりの生活をすれば、あなたにとって素敵な人生が待っているのです。

気を楽に持つことによって、余計なストレスを抱えることもないはずです。

ストレスから解放されると、神経の働きも正常になり、十分な睡眠を取ることもできるので、体調も良くなります。

十分な睡眠を取ると、お肌もキレイになってツヤやハリも増えますし、化粧のノリも良くなります。

気を楽に持つことで魅力的にもなるのです。

3、とにかく自分を信じる

世の中で信じることができるのは、まずは自分自身です。

落胆するようなことが起こっても、命まで取られることはありません。

命さえあれば、生きて行けるし何でもできるのです。

もし、振り返ってみて自分の力を出し切れていなかったとか、同じ過ちを繰り返してしまったということであれば、すぐにでも挽回ができるのです。

しかし、何が原因で失敗して落胆することになったのか分からない時は、まだ挑戦するべきではありません。

じっくりと自分磨きをして自信をつけてからの話です。

出直して、自分を信じるのです。

「頑張った」と言い聞かせてみる

まあ上手く行かなかった結果は、ありのままを認めてください。

現実ですから。

上手く行かなかったということは、何かが不足していたか目的を見間違ったためです。

あなた自身は、持てる力を使って、精いっぱい頑張ったと言い聞かせてみることです。

4、出来てないことをやってみる

あなたが大事にしていたあなたの武器は使いましたか?いろんなことにチャレンジする時には、そのことを想定していろいろと対処法を考えていたはずです。

想定外のことが起こっても、それに対応する方法も持っていたはずです。

しかし、それらをタイミングよく打ち出せなかったかも知れません。

できることをやっていない可能性があります。

極度に緊張していたかも知れません。

状況をタイムリーに把握できなかったようです。

次回には、今回出来ていないことをやってみることです。

次へ繋がるデータを得られる

ただただ落胆ばかりはしていられません。

次の成功に向けて、次の手を考えておく時期なのです。

時間の猶予はないのです。

そのために、今回どれだけのデータを集めることができたでしょうか。

自分が行うことを先回りして取られていませんか?相手に自分の情報が丸裸にされていませんか?漏れていませんか?相手を打ち負かしたり、物事を成功に導くためには
意外な有効打もあるのです。

この方法ではダメだと思っていても、反対側から攻めると簡単に解決できることもあるのです。

そのためにも、次へ繋がるデータを集めておくことです。

5、落胆の感情を外へ出す

上手く行かなかった時には、その感情を素早く表に出してしまうことです。

自分の内側に悔しさをため込んでしまうと、大きなストレスになってしまいます。

この落胆の感情を内側にため込んでしまうと強烈なストレスとなって、あなたの精神的なバランスを破壊してしまうのです。

さらに頭に血が上り興奮状態に陥ります。

アドレナリンが出まくるのです。

すると冷静な判断が出来なくなって、さらに大きな失敗を重ねてしまうことになります。

だから、落胆したら、その感情はすぐに発散させることです。

そして、冷静さを取り戻すのです。

SNSは使わない

落胆した時の感情の発散の仕方ですが、今はやりのSNSは利用しない方が良いでしょう。

冷静さを欠いてその時の感情だけで、SNSで気持ちを発信するのです。

その裏に潜む危険性を認識しておいてください。

TwitterなどのSNSは、すぐに世界に向けて拡散されるのです。

自分の意志に反してドンドン拡散していきます。

「ちょっと聞いてよ!」という声が、瞬時に伝わるのです。

予期せぬ人達にも届いてしまうのです。

もしも、写真などを掲載すると、位置情報と写真で自宅が特定されることにもなります。

あなたを快く思っていない人達は、SNSを通して今度はあなたを攻撃して来るかも知れないのです。

落胆どころではすまないのです。

6、視野を広げ違う視点から見てみる

ここでは上手く行かなかったが、別のところでは期待されるかも分かりません。

今の時代は進行するスピードが早いのです。

そのものの価値観も日ごとに変わってくるのです。

だから、視野を広げて違う視点から見てみましょう。

空を観ると視野を広げられる

落胆すると気分が落ち込んでしまいます。

気分を変えようと何かを始めるのですが、それも手につかず、また思い出してしまうのです。

どうしても、その世界から抜け出せないのです。

眠れない夜に、寝よう寝ようと考えてしまうと、余計に眼が冴えてしまって寝付けないのと同じなのです。

落胆の負のスパイラルから抜け出すには、別次元のことを考えるのもひとつの手法です。

現実とかけ離れた世界のことです。

暗い夜には一度夜空の星を見てください。

目に見える星はどんなところにあるのだろう、どんなに離れているのだろう、宇宙はどうなっているのだろう、と考えてみてください。

多分、答えは出てこないでしょう。

それは科学者でもわからないのですから。

すると、広い宇宙から見ると、人間なんて本当にちっぽけな存在なのです。

少しぐらい能力に差があったって、モテたって、仕事が上手く行ったって、些細なことです。

それよりもあなたの人生を楽しく過ごせる世界を見つけるのです。

昼間にはたまに空を見上げて深呼吸してみてください。

もっと広いあなたの世界があるはずです。

7、出来ていることに目を向ける

あなたは自分が能力のない人間だと落胆していませんか?たまたま、あなたの能力が生かされないところに進んでしまった、ということはありませんか?実際は、十分な能力があるのに見出されていないのかも知れないのです。

あなたの全てが否定されている訳ではないでしょう。

アナタにも、十分出来ていることがあるはずです。

それはむしろ誰にも負けないことかも知れないのです。

自分の出来ていることにも、一度目を向けてください。

自信が回復する

自分が出来ていることに気が付くと、ハッと驚くことと思います。

何から何まで不適格と自信を無くしていたけれど、そうではないのです。

あと少しここを見直すと、十分勝負できるんだと気が付くことがあるはずです。

自信が回復するのです。

8、様々な出来事を「自分に関係ある」と思わない

何かが起こる時には、様々な要因が重なっているはずです。

落胆している時は、それぞれの悪い出来事が自分と関係ある、自分のせいだと思い込みます。

様々な出来事は全てあなたと関係あるとは限らないのです。

比べても意味はない

あなたは世界で唯一の存在なのです。

あなたには、あなた独特の特徴と能力、運勢があるのです。

少しぐらいあなたと似通っているからといって、比べても意味はないのです。

少しの期間に、あなたと一緒に平行して走っていても、いずれは別々の方向に進むのです。

そんな時に比べることは、将来を考えると意味がないことなのです。

9、心身ともに休める

落胆すると、エネルギーをすごく消費します。

気持ちが落ち込むので、精神的な疲労が大きいようです。

落胆の原因となったことに対する後悔や悔しさの念で、肉体的にも疲労が蓄積します。

一度、心身ともに何も考えずに休めることです。

のんびりして思考を変える

現在の状況から抜け出して、一度のんびりと過ごすべきです。

落胆は一時的なものです。

落ち込んだ気持ちは、いずれ時間が経つと回復するものです。

アニメに出て来るヒーローも、戦に負けてボロボロになってから、またモチベーションを徐々に上げて行って、宿敵をやっつけるのです。

アナタも、のんびりして思考を変えてみると、別のエネルギーが湧いてくるかも知れません。

10、自分の成長を楽しむ

挫折や落胆を繰り返しながら、成長していくのです。

落胆しても、そこに至るまでの経緯は勉強になっているはずです。

アナタも、ひとつひとつの出来事を経験して確実に成長しています。

成長を感じればもっと成長したくなる

周りの人は、あなたが落胆してるのを見ても、「残念だったね」という気持ちと同時に、次回頑張ってという願いも持っているはずです。

あなたも落胆の中から自分の少しの成長も見つけると、もっと成長してやろうという気持ちになるはずです。

この気持ちが、落胆を希望に変える原動力です。

11、知らない土地へ行く

気分転換をして気持ちを整理することも大事です。

そのためには、知らない土地に旅行に出かけることも良いでしょう。

あなたのことを知らない人ばかりです。

そこで、あなたはどのような評価を受けるでしょうか。

自分が認識していなかった評価を受けるかも知れません。

知らなかった自分の発見です。

徹底的に楽しむ

知らない土地で、あなたは別人のように過ごせるのです。

あなたを知っている人などいません。

新しい人生をリセットしたつもりで、しばらく徹底的に楽しむのです。

12、泣ける曲を聴く

落胆して悔しさのあまり泣く涙と、悲しみの涙は違います。

自分の力ではどうすることもできない運命に操られた辛い人生は、また別の涙を誘います。

そんなドラマのような運命を歌った曲を聴けば、悔しさにも違いがあることを理解して、自分を見つめ直すことができます。

映画などでもOK

純愛ものや悲運の名画など、落胆している時には映画館で一度観賞してください。

暗い中でスクリーンに映し出される人生は、集中して見ることができるので心が落ち着くのです。

何もできない自分に落胆したことありませんか

あれだけ準備してきたのに、なぜか何もできなかった自分に落胆することがあります。

準備の方法に問題があったのでしょうか?必要のないことばかりに力を入れていたのでしょうか?どんなに優れたプロのスポーツ選手でも、試合に負けると「何もできなかった」とか「力を出せなかった」と落ち込むのです。

なぜ出来ないのか悩む日々

なぜ出来ないのかと悩むのは、あなただけではないのです。

全ての人が悩んでいるのです。

自分だけが出来ないのではと悲観しないでください。

その時になってもできないので、何回も何回も練習を繰り返すのです。

運動選手は、身体に覚えさせるのです。

あなたも経験を積み重ねていくと、いずれ上手く出来るようになるのです。

ネガティブな言葉ばかりが浮かぶ…

落胆している時には、次にやることも失敗してしまうのではとネガティブに考えてしまいがちです。

逆に上手く行っている時には、今度も上手く行きそうとポジティブに考えてしまいます。

ネガティブな言葉ばかりが浮かんでも構いません。

その後で、もしかしたら上手く行くのでは、と一つでもポジティブなことを考えてみてください。

案外、上手く運ぶかも知れません。

打開するのは難しい

スポーツの世界でも、敗戦が濃厚な時には流れが先方に行っていると表現します。

ヤルことなすこと、何か相手に有利なように運んでいると感じるのです。

実際はどちらにも公平なのですが、ネガティブに考えてしまうからです。

その流れを打開するのは難しいのですが、そのうちに風も変わるから、というようにポジティブに自分を鼓舞することです。

自分なりのスピードで成長していれば落胆する必要はない

あなたにはあなた独自の運勢があるのです。

たまたま、あなたと同じ道を歩もうとしている人が身近にいても、あなたは全く同じ道には進めないのです。

どこかで分岐点があるはずです。

その一つの分岐点で、進んだ方向が将来良い方向かどうかは、その時点では判らないのです。

そこで失敗したと思って落胆しても、長い目で見れば些細な事かも知れません。

あなたが自分なりの道を目指して、自分なりのスピードで成長していれば、細かなことで落胆する必要はないのです。