普段私たちが何気なく生活をしている中で、絶対的に必要になってくるものがお金ですよね。

私たちが生きていく上で、ご飯を食べるにしても、生活をする家を借りるにしても、必要になってくるものがお金です。

食べる食料を購入するためにもお金が必要ですし、家を借りる場合も当然お金が必要になります。

だからこそ、私たちが大人になると社会人となって企業に属したり、自分で仕事をおこないながら生きていく為のお金を稼ぐ必要があるといえます。

お金を稼ぐためには、一般的には会社の社員となって働いて、労働と対価にしてお金を得ていきますが、働くという状況も様々な事が考えられます。

例えば、正社員として企業に勤める場合もあれば、自分で自営業として仕事を行ったり、アルバイトとして働く方も中にはいます。

人それぞれ事情があるので、働く環境や雇用条件なども様々です。

そんな中で、学生の方や主婦の方は時間の制約などもある関係上、短期のアルバイトなどを行ったりする場合も当然あります。

今回はそんな短期のアルバイトをテーマにして、短期バイトのおすすめをご紹介していきます。

短期バイトとは?

短期のアルバイトとして働いた経験がない方は、実際に短期アルバイトがどういうものなのかという事を知らない方も中にはいるかと思います。

学生や主婦だったりなどの事情がなければあまり就く機会は少ないかもしれません。

しかしながら、人生どんな事があるかはわかりません。

時には現在の状況が一変して、短期間アルバイトを行う場面が出てくるかもしれません。

具体的に短期アルバイトがどういうものなのか簡単にご紹介します。

アルバイト期間が3ヶ月以内のバイト

短期アルバイトとは、一般的には1日から1か月、場合によっては3ヶ月などの比較的短い期間のアルバイトを指し示す言葉です。

一般的にアルバイトといえばある程度長期の雇用を目的として募集されていることが多いです。

経営者の立場になってみると、 新しくアルバイトを始めたがすぐに辞めてしまったら困ってしまいますよね。

仕事を始めてもらうからにはある程度長く働いて頂き、仕事を覚えてもらって、仕事のできる人材をたくさん集めたいと思うからです。

だからこそ経営者の立場になるとアルバイトを雇うのであれば短い期間で辞める人ではなく、ある程度の長期間働いてもらえる人を積極的に雇いたいと思うのがあたりまえの気持ちです。

しかしながら短期アルバイトというものは、一般的なアルバイトよりも比較的短いスパンの中で雇用を行う雇用形態です。

長い時間同じ場所で働きたいと思っている方には不向きかもしれませんが、短い期間だけお金を稼ぎたいと思っている人には好都合の条件で働くことができる便利なアルバイトだと言えます。

単発バイトというのもある

アルバイトの種類の中には短期アルバイトを指し示す言葉として単発バイトと言う言葉が存在します。

単発バイトというものは基本的には日雇いのアルバイトと考えていただければ間違いありません。

1日だけのアルバイトもあれば2、3日のアルバイトなども存在しておりだからこそ、短期アルバイトの中でも超短期な仕事を単発バイトという言葉で表現されています。

どのくらい稼げるの?

一般的なアルバイトの給料を考えた時に、もちろん地域や仕事の内容によっても大きく賃金は変わってきますが、平均的なアルバイトであれば時給が700円800円、 比較的金額が高いアルバイトであれば1200円1300円などの金額で雇用してもらえる場合なども存在します。

例えば存在しているアルバイトを例に出すと、コンビニのアルバイトなどであれば地方であれば700円800円で雇用されていることが多いと言えます。

コンビニのアルバイトがそこまで業務内容が難しくないですし性別や年齢問わずどんな形でも働くことが比較的に着るので時給などを低く設定されてしまいがちです。

しかしながらコールセンターでの職場で働く場合は時給が1200円や1300円の金額である場合が多いです。

なぜならばコールセンターで働くという事は適切な敬語を使わなければいけないので、ある程度の教養がなければできない仕事ですし、 電話対応と一言に言っても様々なクレームなどが多い職場になるので大きなストレスがかかってしまいがちなのです。

だからこそ低い時給である場合は、 そもそも働く人が集まりにくいので、高い時給に設定しなければ人が集まらないという事が一つの理由であると言えます。

このように働く仕事の内容によって大きく給料は変わってしまうと言えます。

この点を踏まえると当然ながら短期アルバイトの仕事の内容によって稼ぎの差が生まれてくるといえます。

相場は1日7000〜10,000円

短期アルバイトで働く場合にどれぐらいの給料がもらえるのかと言いますと、ある程度の相場は決まっています。

相場としては1日7.000円から1万円の金額である場合が多いです。

先ほどお伝えした様に、働く場所であったり働く仕事内容によって時給は大きく変わってくるので、同じ仕事だったとしても一概に時給が同じというわけではないのですが、大体相場はこの金額に収まる場合が多いです。

例えば、 東京で短期アルバイトを行う場合、最低保証金額でも100.00円~で最高15.000円で夏フェスなどのイベント設営の仕事が存在していますが、同じ仕事内容でも福岡だと日給8.000円である場合などがあり、地域によって同じ仕事でも値段が違う場合があります。

しかしながら、福岡は中州などの歓楽街があるので、中州などのキャバクラで短期バイト行えば時給は2.500円を超える場所なども存在します。

キャバクラやガールズバーで働くとなると短期バイトとはまた少し違うニュアンスの仕事になるかもしれませんが、例として挙げると仕事の内容が難しかったりストレスが大きくかかる様なものである場合を考えるとこのように大きく時給が変わると言えます。

しかしながら一般的に多くの方がつける仕事を考えた時には相場は7.000円から10.000円と考えてください。

バイト短期のおすすめ6選

ここまでは短期アルバイトの具体的な意味合いであったり相場の給料などについてご紹介しました。

ここからはおすすめの短期アルバイトについてご紹介していきます。

短期のアルバイトに関しては、一般的なアルバイトとは少し性質の違う様々な仕事が存在しており、中には珍しい仕事なども存在しているので新鮮味があって楽しい経験ができると考える方も多いです。

先ほどお伝えしたように、ほかにやることがあって、なかなかまとまった時間に余裕ができない方には、短期アルバイトは自分の生活スタイルに合った仕事方法であるといえるので、時間を有効に使う事が出来るといえます。

これから短期のアルバイトを考えている方は、短期アルバイトがどういう種類があるのかを知ることで興味を持つきっかけに繋がると思いますので参考にしてください。

1.イベントスタッフ

まずご紹介する短期アルバイトのおすすめの1つとしてイベントスタッフが挙げられます。

短期アルバイトの中でもある程度定番になっている仕事であり、主に土日や長期休暇に開催されるイベントなどの設営に携われるお仕事です。

例えばイベントの代表例としては、コンサートやライブ、スポーツイベント、セミナー、ヒーローショーなどなど、行われるイベントの種類はたくさん存在しておりそれぞれのイベント内容によって細かい業務内容なのも変わってきます。

しかしながらある程度業務内容は固定化されている場合が多く、例えばコンサートを行うのであればコンサートを行う人のグッズなどが販売される事が多く、 そのグッズを販売する仕事であったり、チケットをちぎって渡したりする人だったりと、ある程度仕事内容は決められている場合が多いです。

実際にどういう仕事をするのかということは当日集まってから聞かされる場合も多く存在しており、その場の状況によって適した仕事の割り振りが担当社員により行われると言えます。

人によっては運が良ければコンサートなどを行う上で、リハーサル風景を実際に間近で見ることができる場合はあり自分が好きな有名人のコンサートである場合は貴重な体験ができる可能性があると言えます。

もちろん運がよければですので絶対とは言えませんし、そのためだけに働くというのはその他の面で辛いことがあった時にギャップを感じてしまうことにもつながってしまいますが、ひとつの楽しみ方であると言えます。

中には1、2週間の期間限定の短期バイトや、シフト制の長期間のバイトなどが存在しますが基本的には1日限定の日雇いや2、3日のイベントの設営に携わる場合が多いと言えます。

イベント会場での運営のお手伝いをする

イベントスタッフの仕事は主にイベント会場で運営の手伝いをすることなどで、中には警備員として働くような場合もあれば、グッズ販売のみに従事する場合があるのでその場その場によって指示されることが多いです。

基本的にはイベントスタッフの仕事は半日から一日がかりの仕事が多く存在しており、だいたいが休日に開催されるので土曜日、日曜日そして祝日やゴールデンウィーク、夏休み、冬休みなど、一般的に多くの方が休みである期間に短期アルバイトとして募集されることが多いです。

給料自体は時給である場合もありますが、多くの場合が日給などで設定されていることが多く、先ほどお伝えした7000円から1万円くらいが相場である場合が多いです。

イベント会場の設営の仕事は朝早く行われることが多く、仕事内容が 当日に告げられることも存在しており人によっては不安に感じる麺や少し面倒だと感じてしまうことがあるのも事実だと言えます。

しかしながら音楽が好きであったり自分が好きな有名人のイベントが行われる場合などであればお金を稼ぎながら楽しく仕事が出来るアルバイトであると言えます。

2.試験監督

次にご紹介する短期アルバイトは試験監督のお仕事です。

試験監督のお仕事といえばそのままの意味合いですが、試験を行う場合にカンニングや、不正などを行わないかどうか監視をする仕事です。

試験監督と考えると、座りながら周りを見渡すだけでお金が発生すると考えられがちですが、実際には行う事がたくさん存在しているお仕事です。

試験監督に関しても主任試験監督である場合、そして試験監督補助である場合など違いが存在しており、その立場によって仕事内容なども微妙に変わってきます。

例えば主任試験監督については、その教室にいる全ての試験監督を束ねてさらにその教室の責任者を務めるという、ある程度責任を持った仕事である場合が存在します。

そして試験監督補助に関しては問題用紙、解答用紙を一人一人に配ったり、出席カードを受験生にまわして出欠の確認を取ったり、学生証と顔を照合したりといった細かい補助の業務を行ったりする場合が多いです。

先ほどのイベント設営の仕事と同じ通り、現地に早めに集合して仕事を行うので朝はかなり早い時間に集合する必要があると言えます。

しかしながら試験の内容によってはある程度早めに試験が終わることも多いのでお昼過ぎに終わったり、夕方前に終わったりするなど比較的早い時間に仕事が終わる場合なども多いので
、時間に余裕を持って一日の仕事を終えることができると言えます。

試験会場で進行や運営を担当する

試験監督の仕事は細かい補助の業務などを考えると、様々な仕事の役割が存在しており、先ほどご紹介した、不正を行わないかどうかの監視業務以外にも、試験会場を作るために準備を行ったりするなどイベント設営と少し似ている部分も存在しています。

しかしながら実際の仕事の時間のなかで働いている時間を考えると、そこまで行うべき仕事は存在しない部類に入るといえます。

例えば実際の労働時間が6時間だったとしても、実際には3時間ぐらいしか仕事をしていなかったと思い返す事もよく存在します。

肉体的な疲労なども特に存在しない仕事なので比較的楽にお金を稼げる仕事であると言えます。

時給であればだいたい1000円から1300円あたりが相場になっており、日給であれば6000円から9000円あたりが一日の相場になっている場合が多い仕事です。

勤務時間で考えると大体4時間などの短期の試験監督もあればある程度大掛かりな試験であれば、8時間働いたりと入った試験の内容によって、時間も変動する場合が多いと言えます。

仕事を行う際が私服ではなくてスーツを着て行う場合が多く存在するので、仕事内容が楽であっても準備が少し面倒だと感じる部分も存在します。

しかしながら楽な仕事であるということは間違いないので、汗水流して外で働いたり、たくさんのことを覚えて仕事を行ったりする業務が嫌な人は向いている仕事だと言えます。

3.交通量調査

次にご紹介する短期アルバイトは交通量調査です。

おそらく誰しもが一度見たことがあるようなアルバイト光景だと思いますが、道端で椅子に座りながらカウンターをカチカチと押して数字を計算している人を見かけたことがあると思います。

まさにこの仕事が交通量調査であり、座りながら仕事を行っているので楽そうだなと思った方もたくさんいると思います。

交通量調査は行政と民間企業が実施しているケースに大きく分けることができるのですが、行政が行っている交通量調査は何年かに一度の調査を行っており、交通的な問題がある場所について交通量調査を把握するために行なっている場合があります。

民間企業が行っている場合は、単純に交通量だけを調査するわけではなく、どういう場所にどういうお店を出すべきかなどの経営に関係する調査を行う意味でも行われている場合が存在しています。

具体的にどういう調査を行っているのかと言いますと、例えば道路の交差点などで大型貨物が通った回数を記録したり、小型貨物が通った回数を記録したり、バス、若しくは2輪車など様々な車や自転車などの種類ごとに計測が行われている場合があります。

もちろん歩いている人間の数をカウントすることも含まれています。

しかしながら一般的には自動車をカウントするのが交通量調査と呼ばれており、通行者である人間をカウントする場合は通行量調査と称されている場合が多いです。

真夏の暑い日であれば業務が難しい場合もありますが、比較的過ごしやすい時期の交通量調査であれば仕事自体はとても楽に行うことができると言えます。

だいたいが一人で調査を行っている場合が多く休憩をはさみながら誰かと交代で行う場合もあるので、上司に睨まれながら仕事を行うというような状況ではない分、精神的にも肉体的にもリラックスしながら行える場合が多い仕事だと言えます。

集中力と忍耐力が必要である

交通量調査のアルバイトは比較的楽だと思われがちですが時と場合によってはつらい状況が生まれることもあります。

例えば過ごしやすい時期であればそこまで問題にはなりませんが、熱い夏であったり寒い冬に外でずっと座りながら作業を行うのはどうしても辛い部分が生じてきます。

また仕事の内容としては交通量を調査することが目的なので、常に意識していなければついつい眠くなってしまったり集中力が切れてしまって正常なカウントを行うことができなくなってしまうことなども想定できます。

また一人でのびのび仕事ができると考えられる面もあれば、長時間ずっと一人で黙々と仕事をしなければいけないので、話し相手がいない分時間が過ぎ去るのがとても遅く感じてしまうので、働いている時間が苦痛に感じる人も存在します。

なので交通量調査に関しては集中力、そして忍耐力が必要な仕事であると言えます。

単調な作業だったり黙々と仕事をするのが好きな人に関しては向いている仕事だと言えますが、飽きやすく体を動かしたり誰かと話したりしていなければ集中力が切れたり、時間が過ぎるのが遅く感じる方の場合は向いていない仕事だと言えます。

しかしながら仕事自体が楽な上で時給自体は比較的高い給料である場合が多く、時給は1000円から1500円が相場であり、ある程度長時間の勤務に入れば一度の仕事で1万円近い金額を手にすることができる仕事でもあります。

なので楽をしながら稼ぎたい方にとってはとてもおススメな仕事であると言えます。

4.データ入力業務

次にご紹介する短期アルバイトはデータ入力業務です。

データ入力業務と聞くとデータを黙々と打ち込む仕事だと捉えがちですが実際には想像と違う場合も多く存在しています。

データ入力業務はある程度高時給である場合が多く実際には電話の受付などが主な業務である場合が多くデータを入力する業務はそれに付随するおまけみたいなものと捉えていただければギャップは少ないといえます。

いわゆるデータ入力業務といえばコールセンター業務だと理解してください。

例えば一例を挙げると、あるサービスの解約の受付のコールセンターで働く場合や、サービスの入会受付を行ったり、登録している情報の変更などを受け付けたりするなど、様々な場合が考えられます。

大体行っていることはお客様と話をして内容を聞いて説明するという事自体は全ての内容に共通する業務だと言えますが、実際に覚える内容はそのサービスの内容によって千差万別なのでどちらかと言えば認識が重要になる場合も多く存在します。

データ入力の業務は、お客様の問い合わせ内容や希望によってパソコン上でその処理を行ったり、適切な操作をしたりする場合が多くあるので、会話をするだけではなくて、ある程度パソコン操作ができる人の方が向いている仕事であると言えます。

デスクワークで高収入

データ入力だけを考えて仕事に応募してしまうとコールセンターだったと言うことがよくあり仕事にギャップを感じてストレスに繋がってしまう場合もあるので、具体的にどういうデータ入力業務を行うのかということを事前にしっかり把握しておくことがギャップを大きくしないポイントであると言えます。

しかしながらコールセンターの業務に関してはある程度労働環境が整った場所で働くことができる場合が多く、涼しくて衛生的にも良い場所で働くことができてなおかつ時給が高いことも多く存在します。

なので短期間でお金を大きく稼ぎたい方にとってはおすすめの仕事であると言えますし、肉体的な疲労はそこまで感じることがない仕事だといえます。

しかしながら、コールセンターの仕事はさまざまなお客様と会話をする仕事なので、中にはクレーマーであったり難癖をつけてくるような人と話をしなければいけない場合なども存在します。

特に悪質なクレーマーの場合は罵倒や暴言などを吐かれることもあり、精神的な疲労はかなり大きい仕事であるとも言えるので、その分時給が高いというメリットが存在することにも繋がっています。

データ入力業務がコールセンターである場合は、自分の想像と比べてギャップがある仕事でになる可能性を覚悟して働かなければ、働くことが嫌になってやめてしまう場合も存在するので注意してください。

その反面、黙々と電話業務などを行わずにデータをただタイピングするだけの仕事である場合もあり、その場合は精神的な負担はあまり大きくなく、ただ黙々と作業を行えばよいだけなので比較的楽な仕事である部類に入ると言えます。

5.チラシ配り

次にご紹介する短期アルバイトはチラシ配りです。

チラシ配りの仕事に関しては今更説明するまでもないかもしれませんが、誰しもが街中を歩いているのアルバイトの人がチラシを歩いている人たちに配っている光景を見たことがあると思います。

ポケットティッシュにチラシが付随して配られていたり、夏であればうちわに広告がプリントされたものを配られていたりクーポン券が付いているチラシを配っていたりするなど様々な状況が想定されます。

チラシ配りと一言に言っても様々な状況が考えられ今ご紹介した様に道端で歩いている人にチラシを配る場合もあればポスティングのアルバイトも存在しておりマンションなどのポストの中に1つずつ広告を入れていき、マンションごとに配っていく仕事などの存在します。

どちらの仕事に関しても短時間で行われる仕事であり短期アルバイトとして広く募集されている仕事だと言えます。

求人募集が多いため始めやすい

チラシ配りのアルバイトは比較的多く募集されていることがあり、特別なスキルがなく仕事を行うことができるので、どんな方でも気軽に働くことができるという仕事の特徴を持っています。

サンプリングなどの歩いている人にチラシを渡す仕事の場合は決められた時間で行う場合がありますが、ポスティングなどのマンションにチラシを入れる仕事の場合は時間が決まっておらず、自分の空いた時間にチラシを入れるなど出来高制で評価される場合などが存在しており自由度でいえば、ポスティングの仕事の方が自分の裁量で仕事を行うことができると言えます。

気軽に始めることができる短期アルバイトというメリットもあるので、難しい技術を要求されたり考えたりする仕事が苦手な方にとっては気軽に行える仕事であると言えます。

しかしながら暑い時期や寒い時期に関しては、辛い環境の中、外を移動しなければならないので体力的な面で苦痛に感じる場面が存在することもあります。

また、チラシ配りの仕事に関しては比較的時給は低めに設定されており750円から900円程度の時給になっており、 出来高制の場合は1枚あたりに2円から7円程度で給料が支払われている場合が多いと言えます。

他の短期アルバイトと比べると時給は若干ですが低めに設定されているので、高い時給で働きたいという方には不向きの仕事ですが、人に監視される仕事が苦手だという方には向いている仕事だと言えます。

6.軽作業、倉庫内作業

次にご紹介する短期アルバイトは軽作業そして倉庫内作業です。

倉庫内作業とは主に倉庫や工場内で働く仕事を指し示している言葉であり、具体的には物流に関する仕事であると言えます。

例えば商品を出荷するためにある程度商品の仕分けを行ったりする場合は商品にシールを貼り付けたり商品を梱包したりするような仕事である場合が多いです。

シールを貼るだけであればそこまで肉体的な疲労もなく行うことができる仕事ですが、場合によっては重いものを運んだりするので、頭ではなく力を働かせる様な仕事である場合も存在します。

どちらかといえば男性が力仕事がメインで役割を与えられたり女性はシールを貼るなどの単調な作業を任されることが多いので、性別によって仕事を割り振られる場合があると言えます。

働く職場によって平均時給などは変わってきますがだいたい1.000円から1.300円が相場の金額であると言えます。

実は女性もできる

軽作業や倉庫内作業はどちらかといえば男性しか雇ってもらえないというイメージを持っているかもしれませんが、先ほどお伝えしたように単調な作業や力を必要としない作業であれば女性も多く採用されている仕事場であると言えます。

実際に女性が働いている場合はどちらかと言えば主婦の方であったり、定期的に長期間働くことができる方である場合が多いので、積極的に採用もしてもらいやすい場合も多いです。

男性であれば運が良ければ正社員として雇ってもらえる場合なども考えられ、仕事自体も単調な仕事である場合が多くあまり頭を使わずにすぐに飲み込むことができる仕事なので精神的な疲労が感じることがない仕事だと言えます。

しかしながら重い荷物を何回も守ったり運んだりする仕事である場合が多いので、肉体的な疲労が相当な疲れがたまることを覚悟する必要があります。

しかしあまりにも重い荷物たらを頻繁に持つ場合は時給が高めに設定されていることも多いので大きく稼ぐことができるといえます。

短期バイトのメリット

ここまではおすすめの短期アルバイトについてご紹介してきましたが、短期アルバイトを行う上でのメリットについてもご紹介していきます。

これから短期アルバイトを行うたいと思っている方は参考にしてください。

人間関係が煩わしくない

まず、短期アルバイトのメリットは雇用期間が短期間なので、長期間の人間関係に縛られないで済むという事です。

人間関係はどんな職場でも起こりうる問題であり、たくさんの人が存在すれば当然苦手な人間が存在する事も事実です。

しかしながら、短期であればすぐにその人ともすぐにおさらば出来るので、気まずくなったり嫌な思いをしたりする事も少ないので、人間関係が面倒だと感じている人にはメリットがあるといえます。

給料が高くてすぐもらえる

短期アルバイトは給料が日払いや週払いである場合が多いです。

働いてその日のうちにもらえる場合などもあり、すぐに手元にお金が入るので、急に必要になった時などにはすぐにお金を得ることが出来るので、大きなメリットであるといえます。

短期バイトのデメリット

短期アルバイトにはメリットも存在しますが、中にはデメリットなども存在します。

働く上であらかじめ想定している場合と想定していない場合は精神的にも大きく違ってきますので、ある程度のデメリットについても事前に理解しておいてください。

座りっぱなしでキツかった

仕事内容によりますが、座りっぱなしの仕事の場合も存在し、退屈だったり、同じ姿勢を保つのが苦痛だと感じる事も多いです。

その仕事の特性などを事前に理解しておかなければ、辛い場面が起こりうることもあるので、必ず仕事の環境などを想定して応募する事が大事です。

期間内で終わらせなければならないプレッシャーがある

短期のアルバイトに関しては、短い期間の中で仕事を終わらせられないといけないという強迫観念に迫られてしまう場合があり、苦手な仕事であったりする場合には精神的につらい思いをする場合もあります。

短期だからどんな仕事でもいいやという考え方ではなく、短期だからこそ自分が行ってみたい仕事や、これならできる、とあらかじめきちんと考えた上で応募する必要があるといえます。

自分自身の特性や性格をよく理解して、業務内容と照らし合わせて応募してください。

まとめ

今回は短期アルバイトの定義、そしておすすめの短期アルバイトに関してご紹介しました。

様々な短期アルバイトがある中で、どういう仕事を選ぶかという事はとても重要な事です

短期であるという事から、つい深く考えずに仕事を選んでしまう場合が多いですが、深く考えずに仕事を選ぶと困った状況が生まれる場合もあります。

短期だからこそ、楽しく働けるように深く考えて仕事を選ぶ事で、より快適に仕事を行う事ができる事にも繋がります。

楽しく仕事をするために、自分がより働きやすい仕事を選べるように工夫してください。

【短期バイトについては、こちらの記事もチェック!】