誰でも眠気に耐えられなくなることもあるでしょう。

眠気があまりにもひどいときには、目の前の物事に集中するよりも、寝ないことが第一の目標となってしまうこともあります。

人間はいきなり襲ってきた眠気に勝とうとするのはかなり難しいものなのです。

眠気がどうしても耐えられないほどになってしまったときには、もちろん寝ることが一番大切ですが、それが必ずしもできるわけではないでしょう。

寝ることができない時に眠気に襲われてしまった場合には、どうにかして自分の目を覚まさなければいけません。

会議の途中などは、いつ話を振られるか分かりませんから、寝るわけにはいきませんよね。

そんなときには、どんな方法で目を覚まさせればよいのでしょうか。

根本的な眠気の解決ンはなりませんが、一時的に眠気を追い払うための方法にはいくつか効果的なものがあります。

全てが効くというわけではありませんが、人によっては「この方法で眠気に完勝できた!」というものが見つかる可能性もあるでしょう。

負けてはいけない眠気に勝つための方法について詳しくご紹介します。

眠気が襲うのはこんな時!

 そもそも、人間はどんなときに眠気に襲われてしまうのでしょうか。

眠気に襲われそうな時を把握しておけば、きちんとその時間に眠くならないための対策を取ることができますよね。

また、その時間に来るであろうことが分かっていれば、ある程度は覚悟もできるはずです。

手元に眠気解消のグッズがあるかどうかで、随分と自分の眠気が変わってくるでしょう。

敵に勝つためには、まずは敵を知ることです。

敵に奇襲されてしまっては、それに勝つことも難しくなってしまうでしょう。

眠気に襲われてから対策するのではなく、迎え撃つくらいの気持ちでいられるように、敵の来襲のタイミングを覚えておくようにしてくださいね。

満腹になった食後


 満腹になった時に眠くなってしまうということはよくあるのではないでしょうか。

満腹状態になると集中できないからこそ、腹八分目で押さえておかなければいけないのに、つい満腹状態を作ってしまって集中できないということもあるでしょう。

食後には自律神経の中でも副交感神経が働いている状態にあります。

これはリラックスしているときに働く神経です。

脳狩りラック指定締まっている状態なので、満腹の食後には眠気が襲ってしまうということですね。

どうしても大事な用事があるというときには、あまり食べずに腹八分目よりも少ないくらいに抑えておいた方が、眠気が襲ってこないのではないでしょうか。

つい、食べ過ぎてしまったというときには、ダメだと思っていても眠気で辛くなってしまうでしょう。

会議の途中

 絶対に眠くなってはいけない時間なのに、つい会議の途中に眠くなってしまうことはあるでしょう。

これは、会議が退屈だからこそです。

会議がとても面白いもので会ったら、眠気が襲ってくることもなく集中力が続いているはずです。

だからこそ、「指名されそうだ」と思った瞬間に、思わず目が覚めるのです。

何も起こらず、ただつまらない時間を過ごさなければいけないと思った瞬間に、眠さがどうしようもないくらいに襲ってきてしまうのです。

つまらない会議に出席しなければいけないことが分かっているときには、事前に眠気覚ましの何かを用意しておかなければいけないかもしれませんね。

14〜15時頃

 14時から15時といった時間にも眠くなってしまう人が多いようです。

昼食を食べ終わってしばらくして、内臓の働きなどがいったん落ち着いてしまった時間に眠気がやってくるのです。

外の日差しもちょうど良くなってくる時間ですから、つい眠気に負けてしまいそうになるということはあるのではないでしょうか。

お昼時に大丈夫だと思って安心していると、第二段階で眠気が襲ってくることもありますので、これくらいの時間帯も要注意ですね。

それを越してしまうと、あまり眠気に襲われるということはないでしょう。

長時間車を運転している時


 長時間、車を運転しなければいけないようなときにも、眠気は襲ってくるのではないでしょうか。

長時間の運転の時に眠気覚ましのガムを用意しておくのは、途中で眠くなってしまったときに戦うためです。

長時間の車の運転の場合には、特に高速道路などで眠気が訪れるようですね。

景色があまり変わらない中を運転していると、つまらなくて眠くなってしまうのです。

運転中に眠くなってしまうのは最悪な状態なので、どうしてもつらい時には運転を代わってもらう、一度寝てしまうと言った対処が必要になります。

眠気が襲ってきた場合には、それに対抗することも大切ですが、時には負けてしまい、車を止めて寝るのも一つの方法です。

勉強中

 勉強中に耐えられないほど眠くなることもあるでしょう。

つまらないことをしているからということもありますし、脳を使い過ぎて疲れてしまうことも一つの原因です。

受験前などは少しでも時間を節約したいと思ている方が多いでしょうが、そんなときに眠くなってしまうと大変ですよね。

やはり、眠気防止のために何か用意しておいた方が良いかもしれません。

最も、勉強中の眠気の場合には、ビジネスシーンや運転中とは異なって、他の人に迷惑をかけることがないというのがメリットです。

こちらも、一度仮眠をとってみると、頭がすっきりするのではないでしょうか。

眠気を覚ます10個の方法

 眠気を覚ますためには、どのような方法を使えば良いでしょうか。

眠気を覚ますためには、様々な方法が考えられますが、どの方法が合っているかは人によって異なるでしょう。

あるる人にとっては救世主のように役に立つものであったとしても、ある人にとっては全く意味のない方法であるかの所為もありま。

以下に眠気を覚ますために効果のある10個の方法を挙げました。

どれが自分に合っているのかは試してみないと分かりませんから、まずは、色々な方法を試してみるようにしましょう。

自分に合ったものが見つかれば、それを続けるようにすれば良いのです。

1.息を止める

 眠気がひどいとは言っても、その場から動けないということもありますよね。

そんなときにはどうしたら良いのでしょうか。

一番簡単な方法は、息を深く吸いこんでから、一度それを止めてしまうということです。

静かに吸い込めば他の人には何をしているか分からないですから、迷惑をかけることもありません。

ただし、勢いよく吐き出してしまうと意味がないので、最後まで静かに行うようにしてくださいね。

息を止めている時間は任意ですが、もう駄目だというところまで止めていると良いでしょう。

脳を酸欠状態にする

 息を止めることで良いのは、脳を酸欠状態にできるということです。

脳を酸欠状態にすると、必死に身体が脳に酸素を送ろうと心臓を動かすことになります。

息を止めていた直後には心臓がバクバク言っているのではないでしょうか。

これが、身体に酸素を届けるためのものです。

このドキドキが重要で、心臓の拍動を大きくすることで、身体を覚醒状態にするのです。

脳も酸欠状態になっていましたから「今寝ては危ない!」と思ってくれるでしょう。

疑似的に脳に「危険」という信号を出させることで、身体が眠気から解放されますよ。

2.冷たいものを目や額に当てる

 冷たいものを目や額に当てるというのも大切ですね。

冷たいものが目などにあたると、それだけで背筋がピンと伸びるような気分を味わうことができるはずです。

その状態を作ってあげることで、眠気から解放されようというものです。

冷たいものは何でも構いませんが、凍っているものを直接肌に当てると危険なこともあります。

適温のものを見つける、保冷材などをりよする場合には、タオルを使って少し温度を上げてあげるなどの工夫をしてください。

極端なことをすると、目は冷めますが、身体にとってあまり良いことではない可能性があるので、注意が必要です。

簡単にできる

 冷たいものを目や額に当てるという方法の良いところは、簡単にできるということでしょう。

いつでもどこでも簡単にできるのです。

家の中で行う場合には、濡れたタオルを目に当ててあげるだけで良いのではないでしょうか。

冷えピタのようなものを使うことで、温度を保つこともできるでしょう。

簡単にできるので、コストもかからないのが魅力的です。

一方で、外では試しにくいというのが面倒な点ですね。

最も、冷たければ何でも良いので、コンビニや自販機で冷たい缶ジュースなどを買えば、すぐに目を冷やすこともできます。

休憩のついでに飲み物を調達して、ついでに目を冷やして眠気を覚ますようにしましょう。

3.運転中の眠気には歌って対処!

 運転中の眠気には、ガムくらいしか対処がありません。

どうしてもきつくなってしまったときには寝てしまうのが一番ですが、寝るにしても車を泊める場所がないということもありますよね。

誰かと一緒にいれば楽になるかもしれませんが、一人で運転しているときにはどうしてよいか分からない眠気と戦わなければいけないということもあるはずです。

運転中の眠気は、事故を起こすのではないのかとひやひやしているのに、それでも飛んで行ってくれないというのが悩みのタネでしょう。

そんなときに有効なのが、歌って対処するという方法です。

思いきり大きな声を上げることで、身体が覚醒してくれるでしょう。

また、自分の大声が耳に入ることで、二重の意味で身体が驚いて起きてくれるのではないでしょうか。

どうしても眠くて仕方がない時は、普段は家ではできないくらいの大声で歌って対処してみてください。

ノリノリで眠気も吹っ飛ぶ!

 歌のチョイスはもちろん、ノリノリのものです。

事前に音楽を用意しておくと良いかもしれませんね。

ムーディーな曲をかけるのはデートの時だけにしましょう。

ゆったりした店舗の曲では逆に眠くなってしまう可能性もあります。

ノリノリの曲、特にロックなどを書けていると、自分のテンションもあがりますし、大声も出すことができるでしょう。

そのテンションで眠気を吹っ飛ばすというのが目的です。

眠くなった時の特別なプレイリストなどを作っておくと、何を謳おうか迷って眠くなると言こともないでしょう。

お気に入りの曲を歌っても良いですし、歌いやすい歌でも構いません。

歌詞が分からない歌なら、大声でハミングをしても良いのです。

とにかく、自分の身体を覚醒させることで眠気を飛ばしてください。

4.体温を下げる

 体温を下げるような工夫をするのも良いでしょう。

どうしても眠い時に休憩時間が友人と被ったら、友人に怖い話をしてもらうのも良いかもしれません。

ですが、一人で怪談をするわけにはいきませんから、もっと現実的な方法で体温を下げるのが良いですね。

例えば冷たい飲み物を飲む、余裕があるような場合にはアイスを食べるなどしても良いかもしれません。

身体を冷やすようなお茶を飲むのも良いですね。

スイカやトマトは身体を冷やす食べ物であると言われていますから、もしすぐ近くにあるのなら、それをつまんでみるのも良いかもしれません。

とにかく、体温を下げることで眠気に対抗することができるようになりますよ。

人は体温が上がると眠くなる

 人は体温が上がると眠くなるという特徴を持っています。

体温が上がってくると安心して、ついリラックスしてしまうからです。

寒い時にはそう言ったことがないので、体温が上がっても眠くなることはありません。

そのため、上がってしまった体温を下げることで眠気を緩和することができるでしょう。

特に危険なのが冬です。

夏の間は室内がキンキンに冷えていることも多いですから、それほど体温は上がらないのです。

ですが、冬には暖房が効いています。

部屋の中が熱いくらいに気温が上がってしまっていると、急激に眠気が襲ってくるでしょう。

部屋の温度の調整をできるのならしても良いですし、それができない場合には一枚脱ぐなどして調整してください。

5.カフェインを摂取する

 古典的な方法ではありますが、カフェインを摂取することで眠気防止になるでしょう。

自分が眠くなりそうな時間が分かっているのなら、少し前から飲んでいると良いかもしれません。

カフェインが入っているものはコーヒーが有名ですし、紅茶などにも入っています。

日本茶なども効果がありますから、カフェインの摂取を心がけていれば、眠気に勝つことができるのではないでしょうか。