人間は生きていると様々なストレスを抱えながら生活を送っていますが、そのストレスの大半は職場で受けるストレスが大きな割合を占めているといえます。

仕事にストレスはつきものですので、ストレスを一切感じない仕事というものは存在しないかと思います。

どんなに好きな仕事であっても、行うすべての業務が好きである可能性は低いですし、すべてが好きな業務だったとしても、一緒に働く人の中には嫌いな人や苦手な人、もしくは上司から怒られたり、失敗をしたりしてストレスに感じてしまう事があると思います。

もちろん家庭だったり、プライベートに関してのストレスも存在しますが、仕事に比べると割合としては低いものになるかと思います。

今回はそんなストレスをテーマにして、仕事に疲れた時にやりたいリフレッシュ方法についてご紹介していきます。

ストレスを多くかかえがちな日本人であるからこそ、ストレスを解消する方法についてより理解する事が大切だといえます。

自分なりに行えるストレス解消法を見つけておく事はストレスをためない事にも繋がりますし、健康な精神を養う事にも繋がるので、優先的に見つける必要があると言えます。

仕事疲れてもそのままにしてはいけません!

仕事のストレスはとても大きく、時には精神的な病気になってしまうほど、大きな負荷がかかるといえます。

そんなストレスですが、ストレスがたまってしまうと精神的以外にも様々な問題を引き起こす可能性があります。

例えば、肉体的にも問題が発生して、病気になってしまったり、食事ができなくなったり、頭髪が抜けてしまったりと、身体面でも問題になる事も多いので、極力ストレスを減らす事が健康であり続ける上で大事な事です。

仕事にストレスはつきものなので、一切なくすという事が不可能ですが、体の中に蓄積したストレスを解消する事やストレスを軽減させることはできます。

工夫が必要であり、対策をあらかじめ理解して身に着けておく事ができれば、精神的にも健康でいられる可能性が高まるといえます。

なので、ストレスをそのままにせずに、定期的に発散する事が大切です。

ストレスがたまる

ストレスがたまると、一番負荷がかかるのはまず精神面です。

例えば、ストレスがかかると当然ストレスがかかる事により自分自身のやる気や意識が低下してしまう事に繋がります。

仕事の面でいえば、仕事のやる気が起きなくなったり、職場にいく事自体が嫌になったり、人間関係であればその人と関わる事を極力避けようとして、毎日気を使っていないといけなくなるなど、負担が大きくなってしまいます。

さらには、それがより深刻になるとうつ病などになってしまう可能性などもあるので、仕事がそもそも続けられなくなってしまう場合も考えられます。

だからこそ、ストレスは放置するのではなく、ある程度発散してため込まないようにする必要があるといえます。

やる気が起きなくなる

仕事にやる気が起きなくなると、何をするにしてもモチベーションの低下により仕事のパフォーマンスも低下してしまいます。

パフォーマンスが下がるという事は、仕事の質が低下して、思うように仕事がはかどらなくなってしまったり、成果を上げることができなくなってしまいます。

当然仕事の成果が低くなったり、質が低下してミスが起きてしまうと周りに迷惑がかかりますし、上司からは叱咤されるような状況になります。

そうなってしまうとまさに悪循環になってしまい、何をするにしても嫌嫌行うようになってしまいます。

最終的には職場に行くことが苦痛になってしまい、人によりますが退職をしてしまう場合もあります。

最悪の結果となってしまわないように、あらかじめ対策が必要であるという事です。

ストレス解消の方法はたくさんありますが、これも人によって向き不向きがあります。

例えば、体を動かす事が好きな方には運動が適したストレス解消法になります。

逆に、インドアな方にはストレス解消法は読書とか、漫画、ゲームなどがストレス解消になると思います。

これが逆になってしまうと、行っていても楽しくないですし、ストレスを発散できない事はおろか、逆にストレスが溜まってしまう事にもなりかねませんので、自分が本当に面白いと思っている事や興味がある事を行う事が大切であるといえます。

仕事に疲れた時に使えるマインドチェンジ法

仕事に疲れた時にこそ、ストレスを解消する方法や思考を変えて、マイナスではなくポジティブに考える必要があるといえます。

しかしながら、落ち込んでいる時や疲れている時にはなかなか行動できなかったり、考え方もうまくいかない場合が多いです。

しかし、それを理由にしていつまでも行動しない、思考を変えないでいると何も変わらないので、いつか自分を変える必要があります。

どうせいつか変える必要があるなら、すぐに変えて状況を変えた方が深刻な状況になってから後悔するよりもよっぽど良いですよね。

なので、仕事に疲れた時にこそ、早めにマインドチェンジを行う必要があります。

マインドチェンジする事によって、すぐに効果を発揮して悪循環を断ち切って良いパフォーマンスが出来るように変化しますので、あらかじめ自分なりのマインドチェンジを理解しておく必要があると言えます。

ここからは具体的にどのようなマインドチェンジがあるかをご紹介します。

どれも簡単に行うことが出来る方法ばかりなので、今悪循環に陥ってしまっている人、もしくは今後悪循環に陥った場合に試してください。

①自ら仕事取りにいく

仕事に疲れた時に行うマインドチェンジ法として自ら仕事を取りに行くと言う考え方があります。

どうしても仕事に疲れていたり、精神的に良い状態でない場合はモチベーションが低下してしまったりやる気自体が下がってしまうことが考えられます。

そうすると結果的に仕事を進んで行うことができない状況になってしまう場合があります。

しかしながら仕事のやる気が出なかったり疲れている時にこそ自ら進んで仕事を取りに行く思考に前にすることが大事だと言えます。

人間の想う力はとてつもなく大きな力であり、自分が疲れている何もできないという風に認識してしまえば、本来できることでもできなくなってしまったりやる気が起きなくなってしまいます。

しかしどんなに厳しい状況でも諦めずに前向きな気持ちを常に持ち続けて、自分はやればできる必ず成功させるという自分を信じる気持ちを持ってさえいれば不思議とどんな悪条件でもうまくいく結果が出せる場合があります。

自分を信じる気持ちはとても大きな力を自分自身に与えてくれるので精神的に打ちひしがれている時こそ自分の事を信じて本来やりたくないことでも進んで嫌なことにチャレンジしていく強さを身に付けることで、考え方を変える事も出来ますし、行動に伴って考え方も変わります。

どんなに悪循環の中にいたとしてもその状態でたった一つでも成功体験を生み出すことによって本来の自分を取り戻すことができ、良い環境に自分を戻すことができますので、仕事に疲れている時こそ自らを奮い立たして仕事を取りに行く積極的な思考法を身に着けてください。

②1日の目標を決める

仕事に疲れた時こそ仕事に対して真剣に向き合って1日の目標を決めることが大事です。

仕事に疲れているいないに関係なく、その日の目標を決めると言う事は大きくその日の仕事を左右することにつながります。

どんな事を行うにしても自分なりに目標を持って行動している人と、何も考えずに行動している人の間には大きな力の差が生まれてしまいます。

たった1日でもある程度の差は生まれますし、 それが継続的に行われてしまうと両者の間の力の差は歴然としたさが生まれてしまいます。

例えばあなたが筋肉トレーニングをしようと思ったとして、腕立て伏せを毎日自分の限界を突破するために自分が行える腕立て伏せの回数の+1回毎日増やして行うと目標を立てたとします。

かたや何の考えもなしにただ毎日腕立て伏せを行うという考えだけ思って行なった場合に、自分の限界が10回だとすると1週間経った後には毎日1回増やすと考えした人は17回できるようになります。

しかし、何の考えもなしに行っている人の場合は変わらず10回しか行っていない場合なども考えられますし、もしくは飽きてしまってすでにやらなくなってしまっている可能性も考えられます。

自分が目標を立てて意識をするかしないかで大きく結果は変わってきますし、その過程も大きく変わります。

なので、どんな事を行う場合でも必ず目標を持って行う事が大切です。

特に、仕事においては結果を求められるものなので、疲れている時こそ目標を立てて、自分で決めた目標は必ず達成できるように意識する事が大切だといえます。

ちなみに目標を設定する時には絶対に無理だと思うレベルの目標が立てない方が好ましいです。

目標を立てるのであれば行けるか行けないかぐらいの目標を立てるのが目標設定のレベルには適しており、頑張らなくても達成できるレベルの目標では意味がありません。

頑張らないと達成したい目標を掲げれば、自然と達成するために頑張るのでその過程がとても大事であると言えます。

頑張らないで行えるようなレベルであればそれは目標とは呼ぶべきではありません。

今の自分の力をまずは理解して頑張って行えるギリギリのレベルを常に設定することで自分の限界を突破するために、日々頑張る事が習慣化し、気づけば高レベルな仕事が出来るようになるといえます。

その点を踏まえた上で目標設定のレベルを考えてみてください。

③仕事が終わった時の楽しみを作る

仕事に疲れた時に使えるマインドチェンジ法として仕事が終わった後の楽しみを設定することが大事だと言えます。

仕事に疲れている時は当然仕事に対して楽しみを感じることはできませんし、ただただ辛いというマイナス考え方しかできない状況が想定されます。

実際に仕事が辛い場合も多くストレスも多くかかるので仕事が嫌だと感じてしまう状況は誰でも感じたことのある状況です。

なので簡単に自分の考え方を変えるのは難しいですが、少し考え方を工夫して仕事が終わった後に楽しみを作ることによってそれを乗り越えようという気持ちに変化させることが上手なマインドチェンジ方だと言えます。

例えばきつい仕事が入っているときはそのきつい仕事が終わった後には友達との飲み会を設定するとか、きつい仕事を行った後には必ず市販で売られている一番高いビールをご褒美で買うなどの何でも良いです。

自分なりに仕事が終わった後の楽しみを一つ決めておくことによって自分のルールを守りながら、なおかつ仕事を乗り越えるためのモチベーションとして工夫することによって仕事を乗り越えるきっかけへとつなげることができます。

仕事自体の考え方を変えるのは簡単にはいかないので、仕事を楽しむ工夫をすることによって簡単に自分の考え方や行動を変える事が出来ます。

たった少しの考え方を変えることによって、 本当は嫌だったものが頑張るべき対象へと変化することができます。

マインドチェンジ方は準備する必要もなく少し自分の考え方を変えるだけで実践できる方法などで、費用もかかりませんし、自分の考え方を変えて今後の自分に役立つきっかけをたくさん与えてくれる思考法なので、前向きに何事も捉えられるように工夫してください。

④お金が入ってくると考える

仕事に疲れた時に行うマインドチェンジ法として仕事を行えばお金が入ってくるという根本的なことを考えることも一つの方法です。

単純にあなたが仕事を行っているのはどういう理由によって行なっているかということを考えてみてください。

おそらくあなたが仕事を行っているのは他でもないお金のためであると考えることができます。

生きていく上でお金はとても大切なものですし、お金がなければ選択肢が狭まってしまい自分の好きなことができなくなる可能性がありますよね。

だからこそ生きていくため楽しく生きるためにお金は必要であり、お金を稼ぐためには仕事を行わなければいけないという結論にたどり着くことができます。

なので仕事が嫌だと感じている場合には、仕事をすることによってお金が入ってきて、お金が入ってくることによって生活ができるという基本的なことを思い出してみてください。

仕事をすることによってお金が入り生活できると考えを改めると、仕事を与えてもらっていることに対して感謝の気持ちが生まれて、仕事を行うことが自分にとって必要なことであるということを深く認識することができます。

自分の頭の中で合理的に考えることによって仕事に対する必要性を再認識することができる仕事に対しての取り組み方が前向きな考え方に変わる場合があります。

お金が入ってくればこういう楽しいことができるということを考えたりお金を貯めてこういうことをしたいという自分なりの願望や欲望などをイメージして紙に書いたり自分の目標として設定することによって、それを実現するための過程として頑張ろうというモチベーションにも繋がりますので、簡単な思考法ですが、仕事が辛い時にこそ試してください。

⑤必要なスキルが身に着く

仕事に疲れた時に行うマインドチェンジ法として仕事を行うことによって必要なスキルが身につくという考え方にチェンジすることが大切です。

仕事を行うことによって知らず知らずのうちに自分の能力を高めていくということに直結します。

例えばあなたが営業会社に所属しており、営業の成果があまり上がらず、悩んでいたとします。

そして、獲得件数が上がらずに焦っている状況だったと想定してみてください。

普通の人間であれば毎日毎日営業しても文句ばかり言われて、獲得件数も上がらないし上司からはその件で怒られたりすると面倒くさいから、職場に行きたくない仕事をしたくないと考えると思います。

しかしながら仕事を会社のために行うという考え方ではなく自分の必要なスキルを身につけるためにおこなっていると考え方を変えてみてください。

そうすると獲得件数が上がらないという現在の状況を受け入れて、どうして獲得件数が伸びないのか、周りの人には取れて自分には取れないのは自分がどういうスキルが足りていないからなのかということを前向きに考えるようになります。

なおかつ、今おこなっている営業のスキルを高めることが出来ればこの会社以外の会社に転職をしたとしても、営業は仕事の基本のスキルなのでどんな職場に行っても通用する力を身に付けることができると自分のスキルに直結させて前向きな考え方を行うことによって、仕事のやる気にもつながりますし、モチベーションが上がることによって仕事の成果を出しやすくすることにもつながります。

人間は自分が本当に考えていることが表情に出たり、行動に出たりする生き物なので、ダメだと思っていればだめな結果しか出ませんし、自分を信じてがむしゃらに頑張ればうまくいく結果が出やすい場合もあります。

考え方なんて少しの時間があれば改めることが出来ますし、考え方を変えるだけで結果も変わる可能性があるなら、即座に考え方を良い方向に変えた方が自分にとっても得ですよね。

仕事が大変でモチベーションが低下している時にこそ、仕事を行っているのは全て自分のためであり、自分で判断したことであると責任を持って自分の成長のために行っているという考え方を取り入れることで、良い方向に結果が回り始めるといえます。

⑥たまには息抜きしてみる

仕事に疲れた時に使えるマインドチェンジ法として、たまには息抜きを行う事も必要だといえます。

人間は疲れていたりストレスを大きく抱えていると、正常な判断が出来なかったり誤った判断をしてしまいがちでミスにつながることもあります。

また効率的な仕事を行えなくなってしまう可能性もあるので、結果的に仕事に従事していたとしても仕事の質に結びつかない場合が多く存在します。

せっかく仕事に向き合っているのに実が伴っていなければ意味のない結果になってしまいますよね。

なので、仕事の合間だとしても、たまには息抜きを行うことでストレスを解消して仕事に集中できるように改善する事が出来ます。

効率が悪いまま仕事を行うよりも一旦立ち止まってストレスを解消して質の高い仕事を行う方が効率的にも良い判断だと言えます。

だからこそ仕事で疲れている時には時間を大切に思うのであればあえて息抜きを取り入れてみることも、マインドチェンジ法として必要であると言えます。

⑦仕事を任せる

仕事に疲れた時に使えるマインドチェンジ法して仕事を終えて人に任せるということが挙げられます。

常に人に仕事を任せてばかりいる人は信頼されないですし、自分の成長を妨げる行為になってしまいますが、時には必要な行為であるといえます。

責任感の強い人ほどどんなに辛い状況だっても投げ出さずに自分自身で仕事を全て引き受けようとしてしまいがちですが、 自分で行うよりも他人が行った方が効率が良く結果的に良い場合も存在します。

様々な状況から自分自身が仕事を行うことによって適切な成果を上げることができない場合は可能なのであれば他人に仕事を任せて行なってもらう方が効率も良かったり自分が適した本来の仕事を行えるチャンスにもつなげることができるので、時には人に任せるという行為も大切であるという事を理解してください。

毎回投げ出すのではなく、あくまで場合によってという意味なので、総合的な面で大きなメリットがある場合は仕事を任せるという事も大切な判断である事を理解してください。

仕事に疲れた時は4つのRを意識しよう

ここまでは仕事に疲れた時に使えるマインドチェンジ方をご紹介しましたが、 ここからは仕事で疲れた時には意識していただきたい4つのRをご紹介します。

人間なので仕事を行っていれば疲労が積み重なり、どうしても集中できなかったり、仕事が身にならない事は当然起こりうる話です。

なので、仕事に疲れているな、と自己判断した場合には早めに対策を行う事が大切なので、ご紹介する4つのRを試して頂いて、改善へ繋げるきっかけを作り出してください。

①リラクゼーション(Relaxation)

まずはじめにご紹介する一つ目のRはリラクゼーションです。

リラクゼーションとは息抜き、くつろぎ、緊張を解くことを意味している単語です。

仕事などで疲れを感じる場面として、緊張が大きな疲労の原因になっている場合があります。

誰しもがこれまでの人生で緊張する場面を何度も経験してきたことがあると思います。

例えば仕事で言えば多くの人の目の前である商品のプレゼンを行ったりするなど、自分自身がたくさんの人の前で何かを発表したりする場合は緊張してしまう人が多いと言えます。

仕事などにおいてもプライベートでもそうですが、緊張を感じることによって人の体には疲労が蓄積されていき、緊張が解けた後にはどっと疲れを感じた経験があると思います。

強ければ強いほど大きな緊張を感じた後は大きな人がやってきます。

なのでそんな仕事の疲れを感じた後にこそ息抜きやくつろぎが大切であると言えます。

温泉やスパに通う

リラクゼーションを行う上でおすすめの方法は温泉やスパに通うということが挙げられます。

緊張でこわばった体を柔らかくほぐすためには体をリラックスさせることが大切です。

こわばった体を柔らかくほぐすためには温泉やスパなどに通って、体の筋肉をほぐしてあげ、体全体の疲労を取ってあげる事が適しています。

温泉に入ることで様々な良い効果が発揮されますが、 例えば温熱効果で暖かい温泉で身体全体の血行が良くなることによって血管が広がり新陳代謝が高まることで体内の不要物の排泄を促してくれる効果があり、疲労回復として移動したときに蓄積される物質である乳酸を排出する効果を得ることができます。

42度以上の熱い温泉に入ると自律神経が冴えて、しっかりと目が覚めた状態になり、37度から40度のいわゆるぬるめの温泉に入ることによって気持ちを鎮めるための自律神経が働いて落ち着いた気持ちになることができます。

日本人が最も適している温泉の温度は42度だと言われているので、42度の温度を目安にして温泉に入ることをお勧めします。

また温泉に入ることで身体表面にかかる静水圧により、天然のマッサージの効果を得ることができ、血液やリンパ液の循環も活発になることで疲労回復が得られるといえます。

また、水の中の浮力効果により、筋肉が緩んだ感覚になり、リラックスした状態になる事で体内にたまった疲れも癒してくれる効果や筋力強化の効果も得ることが出来ます。

短時間で集中してリラックスをするためには温泉やスパで緊張を解くことがお勧めであるわけだと言えます。

②レスト(Rest)

次にご紹介する2つ目のRはRestです。

レストとは、休むこと、休憩、休息という意味合いを持っています。

仕事で疲れた体には当然ながら休息を与えてあげる必要があると言えます。

具体的に休息をするという方法は様々ありますが、その中でも効率が良く、多くの方が行っている方法もここからご紹介していきます。

十分な睡眠をとる

休息を自分の体に取り入れる上で、お勧めの方法はやはり睡眠です。

人間の体は疲労を蓄積すると自分の体を休め用として睡眠をとることを必要とします。

だからこそ私たち人間は朝起きて昼間活動して夜になると、眠って次の日の朝を迎えるように睡眠をとるという事が一つの生活習慣となっています。

睡眠をとるということは生活習慣の一つでありなくてはならない行動になります。

生まれてから今まで睡眠をとったことがないという人間は存在しないと思いますが、睡眠時間を省いてしまって健康的な生活を行っていない方は存在するといえます。

例えば疲れていても夜中遅くまで起きてしまってスマホをいじってしまっていたりとか、夜遅くまで趣味を楽しんでいたりとか、睡眠時間を減らしてぎりぎりまで寝て、それから出勤して体のダル気を感じながら仕事をしているような人は多く存在するといえます。

しかし、それは自分の体の為を思うならば、辞めるべきです。

十分な睡眠をとらなければストレスも自分の中で蓄積した疲れも解消することがありませんし睡眠がとれていないと気分が落ち込んだりイライラしたり、記憶力そして集中力が低下してしまうことによって、十分な仕事を行えなくなってしまう場合があります。

体に疲れを感じているのであれば、 必ず一番に質の良い睡眠を取るべきであると言えます。

質の良い睡眠をとる方法は様々存在しますが、まずは規則正しい生活をすること、そして太陽の明日の光をしっかり浴びること、就寝3時間前までには必ず食事を済ませておくこと、お風呂に浸かる場合は39度から40度ぐらいの比較的温めと言われるお湯に浸かること、そして寝る前にホットミルクなどを飲んで体をリラックスさせて副交感神経を高めること、などが代表的に挙げられているている方法です。

睡眠は一番基本的な疲れを取る方法であり、一番大切な方法です。

睡眠時間はどうしても削られがちですが、削るべきではありませんし、削るならそのほかの時間を削ってでも睡眠時間は確保すべきであるといえます。

休息を理解する上で、必ず睡眠は避けて通れない方法なので、睡眠を大事に考えてください。

美味しい食べ物をたくさん食べる

休息を取り入れる方法として美味しい食べ物をたくさん食べることも一つの方法です。

美味しい物を食べていると、自然と笑みがこぼれてしまいますよね。

食べる事や睡眠を取る事は人間の本能であり、三大欲求といわれている事です。

だからこそ、美味しい食べ物を食べるという事はストレスの解消にもなりますし、身体が喜んでいる事にも繋がります。

ストレスも解消されますので、疲れた時にはちょっと贅沢をしてでも、自分にご褒美を上げる事が大切な方法であるといえます。

本当に疲れた時には、疲労回復効果を持っている食品を食べたり、高価な物でも惜しみなく食べる事でモチベーションを上げる事にも繋がるので、取り入れてみてください。

③レクリエーション(Recreation)

次にご紹介する3つめのRはレクリエーションです。

レクリエーションとは気晴らし、娯楽という意味を持っている言葉です。

疲れた時にはストレスを解消するために娯楽や気晴らしを楽しむ事が必要です。

溜まったしまったストレスは早い段階で排除しなければ体に毒となってしまうので、おすすめの気晴らし方法についてご紹介します。

カラオケに行って大声を出す

まず、基本的に気晴らしを行うには自分自身の趣味を楽しむ事が一番適しています。

既に自分の趣味を持っている方はその趣味を楽しむことが一番良い方法だといえますが、趣味がない方にはカラオケがお勧めです。

それも、一人でカラオケに行く事がお勧めであり、一人で行く事で周りの目線を気にする事なく、自分が好きな音楽を歌えますし、大声で歌う事によって、ストレス解消効果が得られます。

山登りをした時にも、大声でやっほ~というと気持ちがスッとしませんか?
心の中にため込んだ気持ちをマイクを通して発散する事で、大きなストレス解消にも繋がるので、最近話題の一人カラオケを楽しんでみてください。

④リトリート(Retreat)

最後にご紹介する4つめのRはリトリートです。

リトリートとは退却、撤退という意味を持っている単語です。

具体的な意味が分かりづらいですが、ストレスや疲労を感じた時には、自分のスペースを作って時には逃げることが大事であるという事です。

自分だけの場所を作る事で、敵から身を守って、癒しを与えてくれるという意味合いですが、具体的な内容についてご説明していきます。

他人の視線を感じない場所

自分だけの専用の場所を作る事で疲労を感じた時、思い悩んだ時や、困った時に自分を落ち着けさせてくれ、冷静になれる場所を決めておくとリラックスさせてくれる効果に繋がります。

例えば、他人の視線を感じない場所、他人から話しかけられる事のない場所などが特徴になりますが、自然に囲まれた場所や、静かな場所である方がリラックス効果も高まります。

いわゆる、思い悩んだ時に海を身にいくような行動がそれに該当しますが、自分が感じる特別な場所を持っておく事で、いざという時に考えを整理する際に役立つといえます。

あなたの自宅の近くや、職場の近くにこのような誰にも邪魔されない場所を決めておけば、気持ちを落ち着かせてくれる事にも繋がるので、思い悩むことが多いのであれば、あなただけの秘密の場所を見つけてください。

【疲れたと思った時の気分転換と気持ちを盛り上げる方法については、こちらの記事もチェック!】

仕事に疲れた時は休むのが一番!(まとめ)

いかがでしたでしょうか?

今回は仕事に疲れた時のマインドチェンジ法、そして疲れた時に意識していただきたい4つのRについてご紹介しました。

仕事でストレスを感じない事の方がおかしい今の世の中で、大切なのは自分なりに解決方法を持っているか、対策方法をもっているかという事です。

解決方法を持っていなかったり、対策方法がなければ、押しつぶされてしまい、困ってしまう事になりかねません。

だからこそ早い段階であなたなりの解決方法を見つけるための工夫を行ってみてください。

仕事に疲れた時にはまずはあなたの気持ちを整理して、前向きにする事が大事であるという事も理解しておいてください。

あなたにとっての一番適した休息方法を見つけてくださいね。

【仕事のストレスについては、こちらの記事もチェック!】