人間であれば、誰しもが思っている事は、異性からモテたいという事ですよね。

異性からモテたいという願望は人間なら誰しもが持っている願望ですし、たくさんの方はモテるために努力をしていると思います。

人間の生きる目的の一つが子孫繁栄なので、異性と恋愛をして子どもを授かるという、ある意味目的通りに本能が動いている結果、多くの異性からモテるために行動する事は不思議ではありませんよね。

モテるために工夫できる方法はたくさんあります。

例えば、男性であれば、筋肉を鍛えて頼れる男性と思われるように、ムキムキになるまで筋トレを行ってみたり、お金が大事だと思う人は仕事などで成果を出せるように努力して役職を得たり、社長などの社会的な地位を獲得できるように起業してみたりと様々な工夫が存在します。

一方、女性の場合は、見た目が可愛くなれるようにメイクを工夫してみたり、体形をスリムにするためにジムに通ったり、仕草や行動などを可愛く見せられるように考えてみたり、料理の技術を磨いて男性に一目置かれるようにしたりなどなど、様々な事が考えられます。

モテるために工夫できることはたくさん存在しており何を選ぶかは自分の自由です。

客観的に考えてどういう人間が注目を浴びるだろうとか、どういう特技を持っている人が魅力的に感じるだろうなどと、自分なりに考えて自分に足りないものを補ったりしている場合が多いといえます。

ちなみに、様々な工夫が存在する中で、圧倒的にモテやすい要素の中に含まれるのが職業です。

例えば男性であれば先ほどご紹介したように社長という一言を言えるようになれば女性からは社長というイメージからお金を持っていそうとか社会的な地位が高いと言うことからかなりの好感触が期待できますよね。

それ以外にも医者や商社マン、公務員などもお金を儲けていたり、子どもを海外で勉強させられるといった意味でモテやすいといえます。

反対に女性であれば、モデルやアナウンサー、ナースなど、がも出やすい職業だと言えます。

モデルをやっているといえばモデルの彼女と言って周りに自慢することもできますし、同様にアナウンサーであれば一番出来ちゃいますよね。

ナースであればなんとなく面倒見が良かったり、母性を感じる職業なので男性が惹かれやすい職業だと言います。

今回はその中でも女性に着目してモテる職業であるモデルについてご紹介していきます。

女子の憧れ、読者モデル

本格的なモデルも憧れではありますが本格的なモデルとなると異次元のように感じてしまって現実味があまりないので、今回は読者モデルに的を絞ってご紹介していきます。

モデルという仕事であれば男性はもちろん同じ女性からも絶大な支持を持っているといえます。

読者モデルをしているという事はある意味ステータスであり自分が綺麗であるということをたくさんの人に認められているからこそ読者モデルが成り立ちます。

毎月ファッション雑誌などを見ている女性の方は大変多く存在しており、雑誌を見ている中で誰しもが自分もモデルさんみたいに活躍してみたいなと憧れを抱いたりすることも珍しくないと言えます。

実際に読者モデルは雑誌を読んでいた人たちから選ばれているモデルなので現実味があり、なれる可能性も0に等しくはないので、読者モデルになるために色々試行錯誤してみたりしている人も多いと言えます。

華やかな仕事である、活動の幅も広がるので、誰しもが憧れる読者モデルですが、読者モデルがなぜモテるのか考えた事がありますか?

オシャレでステキな響き

読者モデルといえばとても素敵な響きであり、モデルといえばある程度見た目が大事な仕事になるので、見た目がわるければできない仕事です。

見た目が良くてファッションの着こなしも上手だからこそファッションモデルとして選ばれて読者モデルとして活躍することができるのです。

なので当然ながら外見が良いと言う事で一つのモテる要素へと繋がると言えます。

それ以外にも読者モデルがモテる理由は存在しており、知名度が関係しています。

例えば誰もが知っているような雑誌とあまり知られていない雑誌が存在しているとします。

誰もが知っているような雑誌であれば当然知っている人もたくさんいるので有名であるということはすごい人なんだという印象を周りに植え付けることができます。

例えばあまり知らないような人でもテレビに出て有名人と関わっていればなんとなく凄い人の様に感じたりしますよね。

それと同じでたくさんの人が見ていたり読んでいるような媒体で活躍していると言えば、人間は反射的にすごいと思うようになっているので、それだけでモテてしまいやすいといえます。

それとは反対にあまり知られていない雑誌などに関して言えば読者モデルをしていたとしても、可愛ければそれだけでモテますが、そこまで知名度がなければふーん、で終わってしまいます。

なので読者モデルでなおかつある程度有名な雑誌や人であれば知名度を利用してモテることができると言えます。

また男性は見栄を張りたい生き物なので、読者モデルという肩書きだけでなんとなく可愛く見えたり魅力的に感じたりします。

彼女になってもらえれば周りに読者モデルと付き合っていると自慢することができると想像して、肩書きだけでもモテてしまうということが挙げられます。

なので、読者モデルというだけでもモテますし、知名度があればなおかつモテるという結果となります。

読者モデルはなぜモテる?

読者モデルがいかに華やかな仕事であり華やかな響きを持っているかということについてご紹介しましたが、先ほども少し触れましたが読者モデルがどうしてモテるのかということについて細かくご紹介していきたいと思います。

読者モデルと言うだけでモテてしまうには様々な理由が存在しており、先ほどご紹介した理由以外にもたくさんの理由が存在しています。

世の中にはモテやすい仕事がたくさんあると言えますがその中でも読者モデルはかなり上位にランクされている職業です。

だからこそどうしてモテるのかということを正しく理解すればモテる理由や要素を把握することによって自分がモテるように効果的な努力することも出来ますし、近づける用に努力することもできます。

モテるのかということを理解することにもつながるので、男性にモテたいと思っている人は読者モデルがモテる理由から自分自身に置き換えて、モテる努力を行ってみてください。

読者モデルがモテる理由5個

読者モデルがどうしても出るのかと言う理由について様々理由が存在する中で、比較的意見が多いものであったり、可能性が高い物を簡単にご紹介していきます。

これからご紹介する理由を掘り下げて考えていくと、その部分を極めれば、理由によっては読者モデルでなくてもモテる可能性を上げられる事に繋がります。

意識して工夫する事は難しい事ですが、モテるためには努力する事が大雪です。

モテたいと思うのであれば、盗める部分は盗む必要がありますので、読者モデルから、持てる極意を学んでみてくださいね。

かわいいから

読者モデルがモテる理由のひとつとして単純に可愛いからということが挙げられます。

これは読者モデルだからという理由だけではありませんが、まず考えていただきたいのが男性からモテると言う事は可愛い女性であれば無条件にモテることが出来ます。

悲しい現実かもしれませんが、どんなに性格が悪かったとしても外見が美しかったら最低な女性でもモテてしまうのが現実です。

それと同じようにどれだけ性格が良かったとしても外見があまりにもひどかったらモテるものモテません。

現実ですから綺麗事は抜きにして考えて頂きたいので、可愛いと言うだけで男性からちやほやされますしどんなに良い子でも可愛くなかったらちやほやされない場合があります。

読者モデルはたくさんの読者が選んだ中で選ばれたモデルさんなので当然外見が可愛い人が選ばれることが多いです。

なので読者モデルをやっていても不細工と言う言は基本的にはありません。

なので読者モデル=可愛い=モテる方程式が成り立つと言うことです。

スタイルが良いから

読者モデルがモテる理由のひとつとしてスタイルが良いからと言うことが挙げられます。

読者モデルは顔を重視する場合もあればスタイルを重視する場合もあります。

例えば顔が極端に飛び抜けて可愛い人が燃えるとして採用される場合もあればスタイルが良くてすぐの見栄えが良いから採用される場合もあります。

もちろんどちらの状況によってもある程度かを判断されますので不細工な人は採用されないと思いますが、顔もある程度整っておりスタイルが良ければもうそれだけで美しく服を着こなすことができるということで読者モデルとして人気が出やすい傾向にあります。

なおスタイルが良ければなんとなく雰囲気だけでとても綺麗な印象を残すことができるので、顔云々ではなくそのスタイルだけで、モテてしまう事も当然あります。

長い手足などはセクシーさをアピールすることもできますし、スタイルの良い女性を引き連れて歩いていると男性は自分に自信が満ち溢れて自分がすごいんだという高揚感を味わうこともできるので、スタイルが良い女性はたくさんの男性からモテる傾向にあるといえます。

愛嬌があるから

読者モデルがモテる理由として読者モデルは愛嬌があるからと言うことが挙げられます。

例えば長年本格的なモデルをやってきた人であればある程度モデルという仕事に対して自分のプライドを持っている場合もあるのでかなり高圧的な態度をとる様な形も存在します。

しかしながら読者モデルはそのようなモデルとは違い一般的な読者からモデルになり上がってる人なので、感覚なども一流モデルと言うよりかは一読者というような形の接し方をしてくれるので読者モデルは愛嬌があると捉えることができます。

私がモデルをして行っているんだぞと言うよりかは自分が好きな雑誌に出させてくれてありがとうございます、というような気持ちで撮影をしてくれるので、愛嬌があると自然と男性からモテる様になりますし、愛嬌がある女性と一緒にいたら楽しいと思うのも事実です。

なので読者モデルは愛嬌があり、愛嬌がある女性はモテると、いう方程式が成り立ちます。

華があるから

読者モデルがモテる理由は華があるからです。

たくさんの読者の中から選ばれてモデルとしてデビューさせると言う人は基本的には目に見えない何かを持っている場合が多いです。

それは飛び抜けた顔の可愛さである場合もあれば、飛び抜けたスタイルの良さである場合もありますし、目に見えないような特別な雰囲気を持っているという事も考えられます。

いずれにしても何かしらその人自体に華があるからこそ人から見られるような仕事を任されると言うことにつながるのです。

逆を言えば、華がないのに読者モデルをしていても、人気が出ない場合などもあります。

なので、華がある人の方が適している仕事だといえるからです。

何かしらの突出した魅力があったりする女性はそれだけで魅力的な雰囲気がすぐに相手に伝わるので、自然と異性である男性は夢中になってしまう可能性も考えられます。

なので華がある女性はモテるということにつながります。

一緒にいて楽しそうだから

読者モデルがモテる理由として読者モデルと一緒にいれば楽しそうだからと考えることが理由の一つになります。

読者モデルといえばたくさんの人と関わりがありそうですしたくさんの楽しいお誘いに声がかかっていそうなので読者モデルと一緒にいれば自然とプライベートでも楽しいことがたくさん見られるような気がしてたくさんの異性から声がかかることにもつながります。

そのようなイベント毎などで一緒にいて楽しそうだと思われる場合もあれば、雑誌の写真などでも、笑っている姿の写真が採用される事もかなり多いです。

華やかな笑顔などの写真を見ていると、一緒にいるとこんな風に笑ってくれるんだな、と明るい印象を受けるので、その印象が残って一緒にいると楽しくしてくれそうなどと妄想なども広がります。

なので、ひとりでに良い印象を与えてしまっているからこそ、相手が受け入れやすく、相手から興味を持ってもらいやすいという事も挙げられます。

読者モデルという仕事の魅力

ここまでは読者モデルがモテる理由についてご紹介していきました。

ここからが読者モデルという仕事の魅力について併せてご紹介していきます。

この記事を読んでいる方の中にはおそらく読者モデルとして今後活躍してみたいという願望持った女性の方もたくさんいらっしゃると思います。

読者モデルと仕事の魅力を知ることでより読者モデルになりたいという気持ちに火をつけることが出来ますし、読者モデルになるためにはどういうことを工夫すれば良いのかということを考えるきっかけにもつながります。

今後読者モデルを目指している人は自分なりに読者モデルになるための工夫を行うきっかけとして自分なりに必要な部分を把握しながら読み進めてみてください。

オシャレになれる

まずご紹介する読者モデルという仕事の魅力はおしゃれになれるという事です。

読者モデルとして抜擢されて今後読者モデルの仕事をするという方は当然ながらどんどんおしゃれになっていきます。

冷静に考えれば簡単にわかることですが例えばあなたがある会社に入って仕事をしていたとしてその仕事内容については当然ながら自分で勉強したり調べたりして仕事を行えるように努力していきますよね。

それと全く同じであり読者モデルという仕事は服をおしゃれに着こなすのが仕事なので、おしゃれに着こなせるように自分なりに努力をします。

どういう組み合わせがいい見え方をするのかということをある程度把握しながらファッションを着飾っている方が多いです。

逆にモデル業界は女性の職場ではあるので、華やかな一面もありながらライバル同士でバチバチと戦いながら仕事を行う場所でもあります。

なのでプライドを持ってファッションという事に関して向き合っている女性の方が大変多いので、その中で勉強をせずに仕事を続けていくということは難しいと思います。

例えファッションにそこまで興味がなかったとしても、読者モデルとして活躍するのであればある程度勉強しなければいけない状況もあるので自然とオシャレになれるということです。

オシャレになれば、新しい自分に気付くことが出来たり、可愛い自分を見せられるようになり自分に自信が持てるようになります。

どんなに見た目が良かったとしても自分に自信を持っていない人はあまりモテることがありません。

なので自分に自信を持てる様になればたくさんの人が自分のところに集まってきますし、たくさんの人からモテる様になります。

おしゃれになることでたくさんのメリットを得ることができるので読者モデルの魅力の一つだと言えます。

トレンドをいち早く知れる

読者モデルになるということは当然ファッションについての勉強を怠らずに、ファッションに詳しくなっていくのでいち早くその年のトレンドを知ることができます。

その年のトレンドをいち早く知ることでそのトレンドファッションに基づいて自分のファッションをコーディネートする事も出来ますし、自分が流行を作れる可能性なども秘めています。

読者モデルと言ってもモデルなどでファッションリーダーであることに変わりはありません。

雑誌を読んでいる読者の中には、自分を憧れの存在だと思って真似をしてくれる人がたくさんいるはずです。

たくさんの人に影響力を与えられるモデルは読者モデルの中でも上位にランクされだんだんと活躍する機会が増えていき読者モデルから芸能人になることも夢ではありません。

実際に読者モデルから有名人になっている人はたくさんいますし、最近は読者モデルをしているタレントさんなどもテレビに出たりしているのでチャンスをつかむことは十分に可能だと言えます。

それを抜きにしても、読者モデルは流行に敏感になるので、トレンドファッションに身を包んで、周りから一目置かれるような存在になれるので、これも大きな魅力であると言えます。

可愛い服をたくさん着られる

読者モデルの仕事の魅力の一つとして可愛い服をたくさん着ることができるということです。

当然ながら読者モデルの仕事は服をたくさん着こなすことであり、着ている服を可愛く見せてたくさんの読者の方に購入してもらうことが一つの目的です。

だからこそ読者モデルは可愛い服をたくさんいることが多いですし、自分流に可愛い服を着こなすことができるので楽しい仕事だと言えます。

ファッションがあまり好きではないからだと苦痛かもしれませんが、そもそもファッションが好きだからこそ読者モデルになっていると考えられるので、ファッションが嫌いな人はあまりいないと思います。

可愛い服は無条件に着るだけでなんとなくテンションが上がったりもするので、終始楽しく仕事を行いつつお金もらえるという、ファッションが好きな人からすると天職な仕事だと言えます。

かわいくメイクしてもらえる

読者モデルの仕事をしていれば当然可愛く移ることが大切なので、専属のメイクさんなどがついたりする場合も多いです。

プロのメイクさんにメイクしてもらえれば今まで知らなかったメイクなどにも気づくことが出来ますし、なおかつ可愛いメイクをしてもらえるので、新しい自分に気づくことも出来ますし、そのメイクをそのまま結んでしまえば可愛い自分の見せ方やプロの腕を盗むこともできます。

普通の仕事をしていれば可愛くメイクをしてもらえるような機会はあまりないので読者モデルや、モデルなど、華やかな仕事をしている方の一つの特権であると思います。

自分の魅せ方がわかる

読者モデルの仕事の魅力として自分の見せ方がわかり上手になるということです。

例えば読者モデルとして仕事を始めたばかりの場合は慣れないことばかりで、周りを見渡したりするような余裕はあまりないかもしれません。

しかしながら場数を踏んで行きたくさんの写真を撮ってもらいたくさんのポーズをしたりたくさんの表情をすることで、自分がどういう表情の時が一番輝いているのかということが分かるようになります。

そして写真などで自分がしている格好などを客観的に見ることによって、どういうファッションをしていれば自分は綺麗に見せることができるかということもなんとなくわかってくる様になります。

普通に生きていたら自分の服を着た姿を鏡で見るくらいしかないと思います。

たくさんの写真と照らし合わせながら自分の表情やボールなどを見ることはモデルさん以外は基本的に無いと思いますので、結果的にたくさんの自分を見るなかで自分がどういう風に見せれば魅力的に映るかということも分かるようになるのも読者モデルの仕事の魅力だとあげることができます。

周りの子より特別感がある

読者モデルの仕事の魅力として周りの子よりも特別感があるといえます。

読者モデルと聞けば少し特殊な職業であると誰もが感じますよね。

一般的な職業とは少し違いますし、かと言って芸能人の様な華やかな仕事よりではあるものの、完全に自分のプライベートを売ってるまでもいかないような何とも判断のしようが難しいような職業だと言えます。

なので少し特殊な仕事ということもあり、周りの人と比べたときに少し印象の受け方が違いますよね。

人間は誰しも周りと少し経歴が違ったり少し目立つような人のことを意識してしまいがちになります。

なので誰かに自分の仕事を紹介したりするときに印象に残りやすくなり、読者モデルという仕事をしているからこそ特別な印象を与えたりそれが好意に繋がったりする可能性も生まれるので、読者モデルの仕事の魅力の一つだと言えます。

芸能界への近道?

読者モデルの仕事の魅力の一つとして芸能界への近道という可能性が挙げられます。

読者モデルと芸能界は強い結びつきがあります。

現実に読者モデルから現在女優として活躍していたり、テレビに多く出演したりしてたくさんの人の目に触れる場に出演する機会が多くなっていることも十分あり得ます。

例えば知らない人もいるかもしれませんが、有名なガッキーこと新垣結衣さんも元々は女子小中学生向けファッション誌の読者モデルから今に至っています。

また沢尻エリカさんも元々は読者モデルで活躍していた経歴があります。

また国民的美女だと言われている佐々木希さんも元々はショップ店員で、雑誌に掲載されてから人気が出て読者モデルとなって今では国民的女優になっています。

このように読者モデルをすることによって結果的に芸能界への道を歩むことができる可能性を全くないわけではありません。

芸能界といえば誰もが憧れるような世界ですよね。

元々読者モデルとして活躍するという事を考えてる方は、有名になりたいという気持ちだったり、人に認められたいという気持ちを持ってる方も多いので、芸能界という世界に対して強い憧れを持っている方もいると思います。

なので読者モデルをする仕事の魅力の一つとして芸能界への近道である可能性が挙げられると言えます。

人脈が広がる

読者モデルをすることでたくさんの人との人脈が広がる魅力があります。

例えば読者モデルをするに渡って同じ読者モデルの子たちと当然ながら交流が生まれるでしょうから、同じモデルの間でも交友関係が広がりたくさんのファッションに関する情報を共有したり若しくはプライベートなどで一緒に遊んだりするなど、かけがえのない親友へと繋がる場合も考えられます。

またモデルをしていると当然アピールしたいファッションの製作をしている人達と関係を持つこともあるので、アパレル側の人たちと関わることも多くなってくる事もあると思います。

それ以外でも、メイクを担当している方とも仲良くなれる可能性もあります。

プライベートでも遊んだり、メイクなどについて勉強させてもらったり、悩みを相談したりできるなど、現場を知っている人間だからこそ、相談に乗ってくれたり、的確なアドバイスをくれたりする可能性も考えることが出来ます。

このようにちょっと考えただけでも様々な新しい人たちと触れ合う機会が多くなるので、すぐに人脈が広がることが予想できます。

読者モデルを行うことでもしかしたら芸能界の人たちとの交流も生まれるかもしれませんので、交友関係をたくさん広げたい方にはまさに天職の仕事だと言えます。

チヤホヤされる

読者モデルをしているとその仕事の性質上たくさんの人からちやほやされることも多くなります。

読者モデルをしているといえば外見が優れていたりスタイルが良かったりしなければできない仕事なので、外見に関して褒められることも多くなりますし、異性からは読者モデルという仕事をしているだけでモテてしまったりする場合も考えられます。

様々な形がありますが、何かしらの理由から読者モデルをしているとちやほやされる理由になります。

ただ正直な話どんな人でもちやほやされて嬉しくない理由はありませんよね。

誰でも人から認めてもらったりちやほやされたいと心の中では願望を秘めているものです。

読者モデルをしているという言葉だけで評価されたり、認めてもらったりすることは交友関係を築く上でも自分にとってプラスになりますし、嬉しい状況であるとは考えることができます。

なので読者モデルをしていれば、周りからちやほやされるという事は一つのメリットであると考えることができます。

就活などで語れる

読者モデルをしている方は雑誌の媒体などにもよりますが、基本的には年齢が若めの方が多いと思います。

年齢が若い方が自然と人気も出やすいですし、すでに仕事を持っている人の場合は読者モデルをしたくてもできないような状況があったりすることも考えられるので、若い年代の方が比較的チャレンジしたいという気持ちも強いので、引き受ける方も多く、相対的に年齢が若い方が多くなる傾向があると思います。

読者モデルをしていれば当然ながらそのまま有名になっていくにつれて、芸能界の道を歩んで行ったり、読者モデルの仕事をする中で何かしらの仕事を紹介してもらってその仕事をし始めたり、もしくは人気が出なかった場合は活動しながら何か他の仕事をしたり、中にはそのままやめて就職活動などを行う方もいるかと思います。

就活を行う場合に読者モデルという仕事を行っていたということも一つの特徴としてアピールすることができ、就活とは直接的な関係がないかもしれませんが、読者モデルをしていたという女性が面接に来たとなるとなんとなく面接をした人の印象としては色濃く残ってしまいますよね。

外見が綺麗であるということは無条件に面接においては良い印象につながります。

その証拠として一流企業で働いている女性の受付の方などは基本的に外見の基準で採用されている場合が多く、綺麗な方ばかりが採用されています。

そのような状況で読者モデルというステータスを身につけていけば面接などにも残りやすいですし、採用してもらえる可能性も絶対ではありませんが、可能性を上げることができるので読者モデルの一つのメリットだと考えることができます。

読者モデルがモテるのは当然かも…

いかがでしたでしょうか?

今回は読者モデルがモテる理由、そして読者モデルの仕事の魅力について簡単にご紹介しました。

普段生活していると、ある程度都会でなければ読者モデルをしているような人達と関わる機会は少ないですよね。

読者モデルと接した事がある人は分かるかと思いますが、本当にみんな綺麗な人達ばかりなので、一緒にいるとたくさんの事に感化されて勉強する事が出来ます。

読者モデルに憧れている人達もかなり多いと思うので、読者モデルに負けないように自分を磨いて、読者モデルという夢を追いかけるのも良いですし、読者モデルからモテ術を学ぶのも良いかと思います。

自分なりにメリットを導き出して、何かしらの良い影響を受けるきっかけにしてみてください。