さて、本日は「苦しい気持ちを改善する為の1000個の方法」を紹介…

すると、多分5年くらいかかっちゃいますから

厳選し極限まで凝縮したとびっきりの「23個」をみなさんにお伝えしたいと思います!!

人間誰にでも苦しくなる時がありますよね?

そしてそんな時は誰しもが「自分は世界で今一番辛い!!」なんて考えてしまうもの。

でも安心してください。

きっと世界中の人があなたと同じ気持ちを体験したことがあります。

余談ではありますが、寂しい男一人暮らしをしている僕は風邪をひいただけで

「このまま僕は死んでしまうのかもしれない。あ、そうだ。手紙を書こう。両親へ。先に逝くことを許してください」

とまで考えてしまいます。←大げさ(/・ω・)/

まあ、治ったらそんなことすっかり忘れちゃうんですけどね。←教訓生かせず(T_T)

人の心はうつろいやすいものですから、今日は元気でも、ふとしたことがきっかけで明日にはどん底、なんてこともしばしば。

人の心とは困ったものです。

さて、そんなそんな苦しい時におススメの方法をこっそり教えちゃいます!!こっそりですよ、誰にも言っちゃダメですよ。

僕、仕事なくなっちゃうんで…。

冗談はさておき!

では本題に入りましょう!!

胸が苦しい時、どうすればいい?

まずは自己分析から始めたらいいと思います。

自分はどんな性格なのか、ご存じですか?ポジティブですか?ネガティブですか?落ち込みやすいですか?打たれ弱いですか?

人の数だけ心の種類もあります。

ゲームのように宿屋に泊まったら、全員が心身共に全回復!!なんてことは残念ながら現実ではありえません。

(あったらぜひ泊まりたいものですね。一泊二日、いやいっそのこと毎日…)←現実逃避(・ω・)ノ

胸の苦しさ、それは特効薬が存在しない病気のようなものです。

そしてそれはその人にしか治せません。

なぜなら

「同じ人はいない」

からです。

苦しみとはその人にとって絶対的であり、他人と比較できる相対的なものではありません。

なので人の数だけある心の種類ほど、原因も対処法もあるということになります。

方法の数だけで言ったら数十億もの方法があるということになりますね。

元をたどれば、自分だけが持っているその心が、自分の性格によって、自分の胸を苦しめている、とも言えます。

原因の多くは「環境や状況」から発生していることでしょう。

例えば失恋

例えば仕事の失敗

などの「ネガティブな状況と結果」が「自分の性格」というフィルターを通り、「胸が苦しくなる」という仕組みになっていると思います。

なのでまずは自分の性格を把握してみましょう。

必要以上に胸を痛めていませんか?←落ち込みやすい人

敏感になりすぎていませんか?←考えすぎてしまう人

などのように、同じ状況でも人によって「苦しみの程度」が変わってしまいます。

生きている限り、ネガティブな状況は必ずやってきます。

必ず胸が苦しくなります。

そんな時、見るべきものは

自分自身と、この果てしない空。

いえいえ、冗談ではありませんよ!!

苦しい理由は何なのでしょうか?

その原因は本当にあなたがそこまで苦しむ必要があるのでしょうか?

見つめてください。

自分自身を。

そしてその苦しんでる自分と、頭上にある果てしなく広い空を比較してみましょう。

「私…ずいぶん小さなことで悩んでるのかもしれない…」

と思えることがたくさんあります!!

「爽やかすぎる意見だね…そんなことで軽くなるなら誰も苦労しないよ…」

と思ったそこのあなた!!

騙されたと思ってよーく空を眺めてみてください。

空ってものすごく大きいんですよ!!←知ってますよね(*‘∀‘)

真面目な話、僕は苦しい時はよく空を見て深呼吸します。

すると、大抵のことは小さく見えます。

自分自身でさえも。

しばらくすると、こんなことでくよくよしてる場合じゃないと思えてきます。

時間も心ももったいないと思えてきます。

お金も時間もかからず、誰にでもできること。

自分を見つめながら、空を見上げること。

本当におススメの方法です!!

ただし、この方法には弱点がありまして…

曇ってる時なんですが…余計に…。

いえいえ!!たとえ雲があっても、空は同じ広さです!!見た目に騙されないでください!!←苦しい言い訳(;・∀・)

もし雨や曇りで、空がはっきり感じられない場合でも…

いつか必ず晴れます。

心も空も!!

(◎_◎;)

苦しいを改善させる方法とは?

…さて。

やや苦しい弁明でしたが…

苦しさを改善する具体的な方法をお伝えしたいと思います。

段階としてはこうなりますね。

1 自分を知りました。

2 空の広さを知りました。

3 行動あるのみ!!

僕が思う「苦しみから抜け出す術」はこの三つの工程に分かれています。

3の「行動」こそが、状況や性格によって異なるので、ここからがいわば伝道師としての僕の本領発揮というわけです。

ご期待ください。

今もし苦しんでる人がこれを読んでいるならば…

必ず心を軽くしてみせます!!

もし軽くならなければ我が家に伝わる秘伝の「誰もが笑う小話」をお話ししてもいいくらいです!!←謎(;・∀・)

では具体例いってみましょう!!

寝る

文字通り寝ます。

俗称「ふて寝」

「あーあ。もうやってられない。何もかも面倒だ。今日できること全て明日にやろう」

誰しもが一度はしたことがある全人類共通の技。

ただし、僕としてはこの方法はあまりおススメしません。

理由は二つ。

まず「寝付けない可能性大」ということ。

布団に入ったけれど、やはり胸が苦しくて、結局眠れず、むしろ苦しみを二倍体感することになる、という危険極まりない可能性を秘めています。

第二に、仮に眠れたとしても、次の日に回復してるとは限らないこと。

起きた瞬間から心に忍び寄る影。

朝からこれなら、昨日よりむしろ悪化してるのでは?と思いたくもなります。

できることなら、投げ出さず、ほんの少しでも光を見つけてから気持ちよく眠りたいと僕は考えます。

音楽を聴く

これは効果的です。

大好きな音楽を、じっくり聴くと心に沁みてきますよね?

いつもより歌詞が響いたりと、心が敏感になってる分、いつもとは違って聞こえるあの曲たち。

個人的にはそんな時はヘッドフォンで聞くことをおススメします。

ヘッドフォンで聞くとスピーカーで聞くよりも、一つ一つの音がきちんと聞こえます。

あまり気にしていなかったコーラスやバックでうっすら鳴ってるピアノなど、「あれ?こんな音も鳴ってたんだ?」と気付き、新鮮に感じたりします。

音楽には常に新しい発見があるものです。

さらに外界と遮断して、自分自身と音楽にだけ向き合うこともできます。

曲に集中するもよし、曲を聴きながら、自分の苦しみを分析するもよし、と、素晴らしい時間を体験することができるでしょう。

散歩する

散歩もいいですね!!空も見れますし!!←やはり空を推します(´▽`)

たまにはスマホも持たず、手ぶらで散歩するのもいいですよ。

いつも歩いてる道も、なんだかいつもと違う風景に感じられたりして、新鮮な世界を見ることができます。

私事ですが、僕はよく電車に乗って、見知らぬ街に遠出したりします。

その街で何をすることもなく散歩します。

山あいの町だったり海沿いの町だったり、日常とは離れた場所に行ったりするのが好きです。

お腹が空いたら、ふらっとお店に入ってご飯を食べて、軽くビールをのんだり…

ものすごく贅沢してる気分になりますが、お金はあまりかかりません。

散歩とはつまり日常を日常として感じないまま歩く行為です。

日常なのにそうとは感じられない風景が、不思議と心を洗ってくれます。

胸の苦しみがいつの間にか軽くなってる、ということもよくあります。

これもおススメの方法です!!

半身浴

僕は男ですが、お風呂大好きなんです!!

温泉、スパなどしょっちゅう行きます。

シンプルにリラックスできるのと、やはりデトックス効果も大きいですね。

汗と一緒に体と心に悪いものを出し切ってしまおう、というわけです。

入浴剤などもこだわればベターです!!

現代人は忙しいのでシャワーで済ましてしまう人も多いようですが、僕は断然お風呂を推します。

全身浸かるとのぼせちゃうので、半身浴がいいですね。

それならあまりのぼせず、ゆっくりまったり浸かれますし。

半身浴しながらぼーっとして、しばらくすると、非現実な空間にいるような気になってきます。

何にも誰にも気兼ねなく、リラックス。

バスルームという狭い空間がなぜか鉄壁の城塞にも感じられるほどの安心感。

疲れてる時ほど、半身浴効果は大きいですよ!!

テレビを見ない

テレビは面白いものも多いですし、ついつい見がちになってしまいますよね?

帰宅したらなんとなくテレビをつけてしまう名付けて「なんとなくテレビ症候群」の方いらっしゃいますか?

これは非常に危険ですよ!!

なぜなら、目的なくただぼんやりとテレビを眺めている時、あなたの脳は完全に停止しているからです。

苦しみを改善することと、苦しみを麻痺させることは意味が全く違います。

テレビというのはつまり、「外部からの情報」です。

外部からの情報は嫌でも入ってくるものですが、唯一リラックスできる「自宅」で、なんとなく脳を停止して、なんとなく外部情報を取り入れるのは、不毛な時間を過ごしているとも言えます。

もちろん心から楽しみにしてる番組なら話は別ですが。

そしてさらに悪影響を及ぼすのは、ついつい外部と自分を比較してしまうことです。

似たような話ですが、SNSでみた友人の写真や情報に、ほんの少しの嫉妬や羨望を感じたことはありませんか?

「自分は今こうなのに、あの人はこうだ」

など、思ったことはありませんか?

胸が苦しい時に他人と自分を比較することほど、よくないことはありません。

外部からの情報を取り入れるということは、こうしたことにも繋がります。

苦しい時ほど、他人ではなく自分を見つめましょう!!

相談する

信頼できる人が身近にいるなら相談もするべきですね。

何でも話せる人は、人生において何より財産です。

他では言いづらいことも、その人には話せるのであればどんどん相談しちゃいましょう。

誰かに話すだけで気持ちが軽くなるということはよくありますからね。

ただし、相談はあくまで相談です。

解決の糸口であって解決そのものではありません。

たとえ気持ちが軽くなっても、問題が消えるわけではなく、結局は一人になった時、改めてその問題に立ち向かうことになります。

相談の意味は、気持ちが楽になったり、アドバイスをもらったりした「新しい自分」で再び戦いに挑めることにあります。

それでも胸の苦しみはなくならないことも多々あるでしょう。

そうした時はまた相談しましょう。

それを繰り返すことによって、苦しみが改善されているかもしれません。

時間の経過とともに、苦しみが薄れることもありますから。

泣く

ただ泣くではなく、効果大なのは号泣ですね。

苦しみは涙と一緒に流すべし!!というわけです。

アイテムとして、泣ける映画を見るなどして、涙腺を完全に崩壊させ、「もう体の中の水分がありません。

カラっカラですよ」レベルまで号泣しちゃいましょう!!

泣き終わった後は、疲れてるし、目は腫れてるし、鼻水は出てるしで、人様には見せられない自分がそこにいるはずです。

お化粧してたらもう…すごいことになってますよね??

すると、不思議なことに可笑しくなってきます。

そんな自分に笑えて、また泣けて、なんだかもうよく分からない自分がそこにいます。

これはもはや「無の境地」と呼べるものなのかもしれません。

人は悲しくても嬉しくても泣ける生き物です。

人の涙ほど、心を具現化してくれるものはありません。

その涙の理由を考えれば、すっと心が軽くなっているかもしれませんよ??

【号泣については、こちらの記事もチェック!】

運動する

半身浴に似た効果があります。

運動はリフレッシュ効果ですね。

例えばランニング。

自分のペースで走り汗をかいて悪いものを出します。

複合技として、音楽を聴いたりするのもありですね。

どちらかと言うと、団体スポーツよりはランニングのような個人スポーツの方がおススメです。

団体ですと、やはり他人に合わせる必要がありますから、自分だけの苦しみを抱えてる場合は、自分のペースで運動できるランニングなどがおススメです。

散歩同様、街並みがいつもと違うように見えたりもしますし、少しペースをあげてストイックになる、というのも効果があると思います。

毎日PCに向かって仕事してる人には、健康管理も含めて、運動はおススメです!!

食生活の改善

また私事で恐縮ですが、僕は趣味が料理なんです。←本当です(^_^;)

前まで料理なんてしたことなかったのですが、試しに始めたらこれがもうとにかく面白くて、時間があればいろんな料理に挑戦しています。

料理を始めた理由は食生活の改善と節約です。

男一人暮らしだとどうしても食事がおろそかになってしまいますし、外食ばかりだと食費もかかります。

そこで試しに料理を始めたのです。

すると食生活の深淵なる秘密に気付いたのです。

これにはやる前まで全く気付きませんでした!!

まず自分で作るようになると、今まで食べていたもの(例えばコンビニのお弁当)などが、異常な量の調味料によって作られてることを知ります。

こんなに塩と醤油入れてるのに、こないだ食べた「〇〇弁当」はもっとしょっぱかったな、など、本当に驚くようになります。

そして妙な添加物の味にも気付きます。

そうして自分なりの料理をしていくうちに不思議なことに自分の体と心のことも分かってきます。

今日はこの味付けであの料理をしよう、と計画をたて、キッチンに立ちます。

仮に僕がその時、深い悩みがあったとしても、いずれお腹は減ります。

お腹が減ったらおいしい物が食べたくなりますよね?

ならば今日は絶対においしい料理にしよう!とモチベーションが上がってくるのです。

そうして必死に作り、その料理が満足いく出来だと、食べた時ふと気付きます。

「あれ…これってけっこう幸せなことなんじゃ…」

お金に頼っていつもと違う外食、というのもいいですが、自分の手で自分の為に食生活を改善するというのもまた大きなリフレッシュ効果があるようです。

食生活、侮れません!!

エゴを捨てる

なかなかにハードルが高いですね。

エゴ、欲、多かれ少なかれ誰にでもあるものですから。

そもそも根本的に胸の苦しみはこの「エゴ」に大きく影響を受けてます。

自分はこうしたいという欲が、うまく消化できない場合、人は必ずストレスを感じるからです。

極端に言えば、エゴを捨てれば、胸の痛みの大半はなくなるでしょう。

ではエゴを捨てるにはどうすればいいか?

残念ながら、それは不可能です。

人間が持つ理性の構成分には「エゴ」もありますから。

過剰なエゴは必ずその人の胸の痛みとなって返ってくるでしょう。

なのでエゴとは適度に持つべきものだと僕は思います。

ただし、胸が痛い場合は「捨てる」という意識は持っていた方がいいでしょう。

捨てられないものではありますが

捨てよう→欲を減らそう→惑わされずに精神が安定する

といった効果はあります。

エゴとは非常にナイーブな問題です。

なくせば味気ない心にもなってしまうし、過剰であれば、ストレスに直結します。

捨てる、というよりは控えるといった表現が正しいかもしれませんね。

制限しない

生きるということはすなわち、社会のルールに縛られることでもあります。

それは心に閉塞感を生み、誰しもが自由を欲するようになります。

もちろんそんな自由は存在しないのですが

心を自由に保つことはできます。

自分の範疇で制限しない、例えばショッピングを好きなだけする、おいしい物をたくさん食べる、など、何でもいいです。

自分で責任がとれる枠で心の自由を叫ぶことは誰にでもできます!!

何度も言いますが自己責任ですよ!!お金もカロリーも自己責任ですよ!!

あくまで自分でコントロールできる枠の中での自由ということになりますが、たまには無制限に行動してみてはいかがでしょうか??

大人の特権ですね!!

美味しいものを食べまくる

上の制限しないと同じ意味ではありますが、お金もカロリーも気にせず、とことん美味しいものを食べましょう!!

特に女性は食やスイーツに敏感ですからね。

たまにはいいんです!!焼き肉を食べた後、スイーツを食べてもいいんです!!←後悔のないようお願いします(;・∀・)

つまり疲れてる自分にご褒美ということですね。

胸が苦しい時はなおのこと効果があるでしょう。

ただし…

たまにですよ!!

僕の知人でこないだこんなことを言ってる女性がいました。

「最近嫌なことばっかりだから今日は美味しい物たくさん食べる!!」と。

それ、一昨日も聞いたような…。

考え方・捉え方を変える

初めに言いましたが、人の数ほど心も種類があります。

考え方も当然、その数だけあります。

そしてその考え方は容易に変えられるものではありませんよね?

嫌いなものを好きになれと言われても、なかなかできることではありません。

そこで、見方を変えてみましょう。

厳密に言えば、「見方の角度」です。

当然ですが同じ方向から見ていたら、それはいつも同じに見えます。

少し右から見たり、回り込んで見ると、同じものでも違うように見えますよね?

その時必要なのは…

想像力です。

いろんなパターンを想像してみましょう!!

いつも正面から見てるけど、後ろから見たらもしかしたら…。

いわゆる「If」の世界ですね。

例えば、です。

あなたの恋人が最近どうも様子がおかしいとしましょう。

なんだかそっけない気がすると、あなたは不安を感じています。

もしかして浮気?

とあなたはついつい考えてしまうかもしれません。

そこで別のパターンを想像してみましょう。

そっけないのはもしかしたらサプライズを用意してるかもしれません。

あえて冷たくして、少し不安にさせておきながら…

とびっきりのプレゼント!!喜びも数倍ですよ!!

…例えが微妙ですいません…。

浮気と考えると落ち込むけど、サプライズプレゼントと考えると嬉しいですよね?ということが言いたかったのですが…見る角度変えすぎですかね…。

もし本当に浮気してたら断固激怒しましょう。

僕も一緒に怒りますよ!!

ちょっと例えが微妙でしたが、見方を変えれば、アンラッキーもラッキーと捉えることも可能ですから、これも非常に効果的な方法です!!

正に失敗は成功の元というわけですね!!

外的なストレス発散に頼らない

お気付きの方はいるかもしれませんが、今回のこの「胸の苦しいを改善する方法」は主に内的な方法を紹介しております。

なぜなら、外的なストレス発散はその場しのぎのことが多いからです。

すごく寂しいから友達とカラオケに行っても、その時は楽しくても一人になった帰り道は倍になって寂しさが返ってきたりしませんか??

胸の苦しみはそうそう外的な手段では解決できません。

見方を変えたり、心の自由を満喫した方がよほど、効果があると僕は思っています。

お祭りが楽しければ楽しいほど、終わった後の寂しさも大きくなるものです。

大切なことは、やはり空を見ることですよ!!←くどいですね(-_-;)

精神を安定させる食事をとる

外的なことには頼らないとはいえ、食事は別です。

食生活の改善でも書きましたが、食事はすごく体と心に影響を与えます。

自分の好きな物を作るという作業だけではなく、科学的な栄養分も非常に大きいです。

ビタミン類

例えばビタミン類。

ビタミンCがお肌にいいのは有名ですよね?

厳密にはコラーゲンを生成する為に必要な栄養素で、おおむね皮膚の健康を維持する役割を果たしています。

Dはカルシウム維持、Eは抗酸化作用、などに効果があります。

もちろんビタミンCを多量摂取したから、お肌がぷるんぷるんになった!!ということはありえません。

過剰摂取は別の病気を引き起こしますから、注意してください。

アミノ酸

タンパク質の原料となるアミノ酸は生命活動の源とも言える栄養素です。

人間の体の20パーセントは10万種類のタンパク質でできており、そのタンパク質は20種類のアミノ酸で構成されています。

肌や髪、内臓にもなったりする大活躍のアミノ酸!!美容、健康に必須な栄養素ですから、女性にはおススメの栄養素ですね。

もちろんビタミンやアミノ酸だけではありませんが、こうした科学的に立証されている栄養素を摂取することによって、健康維持、または回復すると、それが心にも大きな影響を与えます。

男性ならかっこよく、女性ならいつまでも綺麗でいたいですよね?

食べてるものは確実に容姿に表れます。

気にかけてる人と気にかけていない人では、容姿、雰囲気が圧倒的に違います。

おいしく食べて、精神まで安定するなら、これを逃す手はありません!!

食事は侮れません!!

大きく深呼吸する

これはもう何度も言った「空を見る」ことにも繋がってくるのですが、実際深呼吸には医学的に心身に大きな影響を与えることが立証されています。

深い呼吸により、リラックスしてる時に働く副交感神経が強まり、緊張時やストレスを抱えた時に働く交感神経が弱まります。

つまり深呼吸は神経レベルでリラックスへ導いてくれるのです。

さらに深呼吸は横隔膜に刺激を与え血管を拡張させるので、冷え症や便秘の改善にも効果があります。

女性には嬉しいですね!!

となれば「空を見て深呼吸」間違いないですよね!?

しつこくてすいません…。

いつもと違うことをする

だいたいの人が生活のルーティンは決まってると思います。

社会人であればなおさらそうですよね?

それをたまには少し変えてみて、ちょっとした非現実を体感してみましょう。

例えば、いつも電車で帰るけれど、あえて一駅分歩いて帰ったり、朝早起きしてカフェに寄ってから出勤したりなど、毎日の行き帰りの中でちょっとした変化を加えることはできます。

毎日が忙しくて、そんな時間があるくらいならゆっくり寝たい…

と思うのもしかたないとは思いますが、そこをあえて時間をかけて変化を楽しむのもいいと思います。

疲れてる時こそ、心に余裕を持てる工夫を持ちましょう!!

お酒を飲む

またまた私事で恐縮ですが、僕はお酒が大好きで、だいたい毎日飲んでしまうのですが、お酒を飲みながら、大好きな音楽を聴いたり、映画を見たり、本を読んだりすると、それだけで胸の苦しみは浄化されていきます。

本当に幸せな時間を過ごしていると実感できます。

もちろん人と飲んでも楽しいのですが、リラックスするには、一人で家でぼんやり飲んだ方が効果があります。

それは僕個人が「飲み会」ではなく「お酒」が好きだからなのですが。

適度に静かに味わうお酒は、僕個人には副交感神経に作用してくれるようです。

飲みすぎはよくありませんが…。

家ではあまり飲まないという方も、一度ゆっくり一人で飲んでみるのはいかがでしょうか?

自分でオリジナルカクテルを作ったりするのも楽しいですよ!!

哀しみを否定する

哀しみを否定し、心をタフにする、というのも苦しみを改善する方法の一つですね。

号泣するとは真逆な方法ですが、「自分は哀しくなんかない。だから泣かない。泣かないぞ」と、呪文のように唱え、ストイックに痛みと向き合う方法です。

胸の内にある苦しみさえも「これは苦しみじゃない。試練だ」と自分に言い聞かせ、乗り切る、非常に男前な方法論ですね。

僕もそうであり続けたいとは思うのですが…なかなか難しいです…。

とはいえ、こういうタフなメンタルを作る重要性も知っているので、この方法は僕自身にも言い聞かせたいと思ってる次第であります!!

新しいことに挑戦する

今まで全く興味がなかったのに、ふとしたきっかけで興味を持ったことってみなさんもありますよね?

最近だと僕はそれが料理だったのですが、挑戦するのは、どんなジャンルでもいいと思います。

ただし新しいことに挑戦することは非常に骨が折れますし、勇気も必要です。

いざやろうとしたら、ちょっと面倒になった、なんてこともあるでしょう。

そんな時こそ思い出してください。

今抱えてる胸の痛みの原因を。

それは日常というルールの中で抱えた痛みではありませんか?

だとしたら、新しいことを生活のルーティンに組み込んで、その日常にほんの少し違う色を混ぜてみてはいかがでしょうか?

挑戦するだけでも大きな意味があると思いますよ!!

楽しいことする

「嫌なことなんて忘れて楽しみましょう」

誰しもが思う定番の方法ですね!!

いいと思います!!

とはいえ…やはり弱点があるんですよね…例の「祭りの後の寂しさ」ですよ…。

でも、寂しさ以上に楽しかった場合は、上書き保存されることもあります。

「さっきまで辛かったけど、遊んだらけっこう元気になっちゃった」

なんてこともあります。

シンプルに楽しんで忘れる、というのも充分効果がある方法ですよね!!

遠出する

これも誰しもが行うことですね。

完全に「非日常世界に行く」という意味です。

旅行でも散歩の延長でも、見たことない場所に行って、胸の苦しみの原因になってる現実と距離を置き、分析し、その土地で自分を癒し、再び現実に戻りましょう。

英気を養って心が回復したら、この過酷な現実に立ち向かいましょう!!

遠出する前は我慢できなかったことも、リフレッシュした心なら受け止めることもできるはずです!!

家族や好きな人との時間を増やす

あなたにとって大切な人は誰ですか?

人の繋がりはお金に換えられない唯一とも言える財産です。

時には喧嘩したり、面倒になったりすることもあるでしょう。

それでも、その人はあなたにとってかけがえのない存在です。

できる限り時間を共有してください。

そして本当にその絆を大切にしてください。

時間は有限で残酷ですから…。

永遠には生きられない人間にとって最も貴重なもの、それが時間です。

それほどに貴重な時間は自分にとって本当に大切なものだけに使いましょう。

たまには無駄な時間も必要ですけどね。

買い物する

買い物でストレス発散!!

これは女性あるあるでしょうが…

あまりおススメはできません。

なぜならお金がかかるから!!

そしてやはりその場しのぎでしかないから!!

物欲には限度がありません。

一つ買ったら、また別の一つが欲しくなります。

それもたまにはいいと思いますが…。

買い物よりは他の方法をおススメしたいのが本音ですね…。

苦しくなった時の対処法は沢山!(まとめ)

長々と23もの方法を紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか!?

個人的にはやはり外的な方法より、内的な方法をおススメしたいのですが、もちろんそれも人それぞれ。

自分に合うとっておきの方法で、毎日を健やかに楽しく過ごしてください!!

このブログを読んでほんの少しでもみなさんの「苦しい」を改善するお手伝いができたなら嬉しいです!!