受験勉強で良く言われるのは深夜遅くまで勉強していること。

また一夜漬けで勉強をしていることが効率悪いことと言われます。

その理由は深夜は脳も眠る時間と認識しているからです。

脳が眠っているにも関わらず、無理やり脳を起こして勉強を脳に叩き込むことは、効率良い勉強とは言わないのです。

効率良い勉強は朝早く起きることです。

朝5時に起きて勉強をすることは静寂した時間で集中力も高まります。

実に効率良く学んだことが頭にすんなりと入って行くのです。

仕事も勉強と同じです。

仕事のできない人間は効率良く仕事をこなしていないから結果に結びつかないのです。

自分の中では一生懸命、頑張っているつもりでも結果的に無駄なことをしている。

仕事の効率化を高めると、仕事や人間関係など人生において無駄がないのです。

仕事の効率化をアップさせて、無駄のない人生を過ごしましょう。

仕事効率化アップさせよう!

仕事の効率化をアップさせる方法は無理のないスケジュールを組めることです。

基本のスケジュール管理ができていないと全てが崩れていきます。

例えば深夜まで残業していることを自慢する人間がいます。

また、仕事を自宅で持ち帰ったり、飲食店で食事をしながら自前のノートパソコンを広げてドヤ顔で仕事をしている人もいます。

これらは仕事をしている自分に酔っているだけで効率の良い仕事をしているワケじゃないのです。

本当に仕事のできる人は与えられた時間内に仕事を終えることができます。

時間内に可能な仕事量を考え、スケジュールを組みます。

深夜まで残業したり、プライベートの空間で仕事の道具を入れることは賢い人のやることではないのです。

仕事の効率化をアップさせることで自分自身が楽になるのです。

自分のプライベートな時間をつくることができます。

仕事によるストレスも感じなくなります。

是非、仕事の効率化をアップさせましょう。

仕事効率化できてる?こんな人は要チェック!


仕事の効率化アップする為に1番大事なことは、人を見極めることです。

先輩や上司が仕事を効率よくこなせないとすれば、先輩や上司から仕事を教えてもらっているあなたは同じように効率的に仕事をこなせなくなります。

仕事のできない人と一緒に過ごすことで、あなたも仕事ができなくなるのです。

例えば、上司から注意される人は毎回同じ人が多いと思いませんか?
何故、あの人は毎回のように怒られているのだろう?と感じることあると思います。

同じように怒られる人は、自分が効率悪い仕事をしていることに気づかないからです。

頑張っているのに結果が結びつかないほど、ヤル気を損ねるものはありません。

一生懸命頑張っても時間内に終らないことで自分の時間を無駄にしています。

このような状態が続くと仕事に行くことも辛くなります。

ストレスを溜め込んで体調を崩してしまうこともあるのです。

仕事効率化できる人間になりましょう。

日々のタスクが片付かない

1日のタスクが片付かない人は、タスクが積み重なり日々追われてしまうものです。

まずは1日のタスクを片付けるために自分のキャパをしることが大事です。

何故、1日のタスクが片付かないのか?それは自分のキャパを超えているからです。

「あれもしよう」「これもやらないと」自分で自分を追い詰めるスケジュールを組み立ててしまうからこそ、日々のタスクに追われてしまうのです。

もともとスケジュール組み立てを上手に出来ない人は根本的に仕事ができません。

仕事ができる人はスケジュール組み立てが上手なのです。

仕事ができるできないに成績や有名大学卒業は全く関係のないことです。

結果に出てこない


どんなに頑張っていても結果が出なければ意味がないことです。

仕事は結果を出さない人間は無能と思われてしまいます。

自分自身も頑張って仕事をしているのに結果が伴わないとヤル気が半減するはずです。

例えば、仕事をしている時間帯にマンガ喫茶にいるサラリーマンを見かけますが、スーツを着ているのに長時間もマンガ喫茶に滞在している人を見て仕事ができるように思えますか?何故、マンガ喫茶にいるのでしょう?それは仕事で結果を出せないからモチベーションが下がり、仕事する気持ちがなくなっているからです。

彼らも入社当時から数年はガムシャラに働いていたのでしょう。

頑張っても結果が出ないことで頑張っても意味がない、ならサボっても給料もらえる考えになったのでしょう。

でも、その考えは間違っています。

頑張り方がそもそも間違っているからこそ、結果が出ないのです。

結果が出ないということは周囲に仕事ができないと思われるだけじゃなく、
這い上がる気力まで失わせてしまうのです。

1日の大半は仕事をしています。

その1日を「つまらない」とただ時間を埋めるだけに使うことは寂しいことです。

仕事に追われていると感じている

仕事に追われていることをドヤ顔で自慢げに言う男性はいます。

仕事に追われていることを仕事ができる男と勘違いしているのです。

本当の意味で仕事ができる人は仕事に追われることはありません。

定時に仕事を片付けることができ、プライベートが充実して楽しめることです。

自宅にまで仕事を持ち込んで「あー昨日は徹夜で仕事したわ!でも、なんとか片付いたけれどね?仕事多すぎて大変だわ」など得意げに言う人はスケジュール管理ができてない。

このようなタイプは仕事だけが生きがいで無趣味な人に多いです。

仕事は1日の大半をしめる大切なものですが、仕事は一生付き合ってくれません。

趣味やプライベートを充実できない人は今の仕事が蹴躓いたときに別の発想が思いつかないものなのです。

柔軟に仕事をすることができないのです。

柔軟に頭の切り替えが出来てこそ、様々な仕事のトラブルを乗り越えることができます。

それには仕事に追われるような余裕のない日々を送っていてはダメなのです。

仕事が疲れる

仕事が疲れると感じている人は多いと思います。

たしかに毎日通勤電車に乗り週5日働くとなると疲れて当然です。

日本人は他国に比べると働き過ぎと言われていますし、働くことが大好きな民族だと思われているのです。

働くことが別に好きじゃなくても生活の為に働くしかないから働いているのが本音です。

どうして、他国の人は仕事をいていながらも充実感があるのでしょうか?
とくにイタリアやフランスの国を見ると表情でわかるように笑顔が多いです。

それは仕事に疲れていないからです。