受験勉強で良く言われるのは深夜遅くまで勉強していること。

また一夜漬けで勉強をしていることが効率悪いことと言われます。

その理由は深夜は脳も眠る時間と認識しているからです。

脳が眠っているにも関わらず、無理やり脳を起こして勉強を脳に叩き込むことは、効率良い勉強とは言わないのです。

効率良い勉強は朝早く起きることです。

朝5時に起きて勉強をすることは静寂した時間で集中力も高まります。

実に効率良く学んだことが頭にすんなりと入って行くのです。

仕事も勉強と同じです。

仕事のできない人間は効率良く仕事をこなしていないから結果に結びつかないのです。

自分の中では一生懸命、頑張っているつもりでも結果的に無駄なことをしている。

仕事の効率化を高めると、仕事や人間関係など人生において無駄がないのです。

仕事の効率化をアップさせて、無駄のない人生を過ごしましょう。

仕事効率化アップさせよう!

仕事の効率化をアップさせる方法は無理のないスケジュールを組めることです。

基本のスケジュール管理ができていないと全てが崩れていきます。

例えば深夜まで残業していることを自慢する人間がいます。

また、仕事を自宅で持ち帰ったり、飲食店で食事をしながら自前のノートパソコンを広げてドヤ顔で仕事をしている人もいます。

これらは仕事をしている自分に酔っているだけで効率の良い仕事をしているワケじゃないのです。

本当に仕事のできる人は与えられた時間内に仕事を終えることができます。

時間内に可能な仕事量を考え、スケジュールを組みます。

深夜まで残業したり、プライベートの空間で仕事の道具を入れることは賢い人のやることではないのです。

仕事の効率化をアップさせることで自分自身が楽になるのです。

自分のプライベートな時間をつくることができます。

仕事によるストレスも感じなくなります。

是非、仕事の効率化をアップさせましょう。

仕事効率化できてる?こんな人は要チェック!


仕事の効率化アップする為に1番大事なことは、人を見極めることです。

先輩や上司が仕事を効率よくこなせないとすれば、先輩や上司から仕事を教えてもらっているあなたは同じように効率的に仕事をこなせなくなります。

仕事のできない人と一緒に過ごすことで、あなたも仕事ができなくなるのです。

例えば、上司から注意される人は毎回同じ人が多いと思いませんか?
何故、あの人は毎回のように怒られているのだろう?と感じることあると思います。

同じように怒られる人は、自分が効率悪い仕事をしていることに気づかないからです。

頑張っているのに結果が結びつかないほど、ヤル気を損ねるものはありません。

一生懸命頑張っても時間内に終らないことで自分の時間を無駄にしています。

このような状態が続くと仕事に行くことも辛くなります。

ストレスを溜め込んで体調を崩してしまうこともあるのです。

仕事効率化できる人間になりましょう。

日々のタスクが片付かない

1日のタスクが片付かない人は、タスクが積み重なり日々追われてしまうものです。

まずは1日のタスクを片付けるために自分のキャパをしることが大事です。

何故、1日のタスクが片付かないのか?それは自分のキャパを超えているからです。

「あれもしよう」「これもやらないと」自分で自分を追い詰めるスケジュールを組み立ててしまうからこそ、日々のタスクに追われてしまうのです。

もともとスケジュール組み立てを上手に出来ない人は根本的に仕事ができません。

仕事ができる人はスケジュール組み立てが上手なのです。

仕事ができるできないに成績や有名大学卒業は全く関係のないことです。

結果に出てこない


どんなに頑張っていても結果が出なければ意味がないことです。

仕事は結果を出さない人間は無能と思われてしまいます。

自分自身も頑張って仕事をしているのに結果が伴わないとヤル気が半減するはずです。

例えば、仕事をしている時間帯にマンガ喫茶にいるサラリーマンを見かけますが、スーツを着ているのに長時間もマンガ喫茶に滞在している人を見て仕事ができるように思えますか?何故、マンガ喫茶にいるのでしょう?それは仕事で結果を出せないからモチベーションが下がり、仕事する気持ちがなくなっているからです。

彼らも入社当時から数年はガムシャラに働いていたのでしょう。

頑張っても結果が出ないことで頑張っても意味がない、ならサボっても給料もらえる考えになったのでしょう。

でも、その考えは間違っています。

頑張り方がそもそも間違っているからこそ、結果が出ないのです。

結果が出ないということは周囲に仕事ができないと思われるだけじゃなく、
這い上がる気力まで失わせてしまうのです。

1日の大半は仕事をしています。

その1日を「つまらない」とただ時間を埋めるだけに使うことは寂しいことです。

仕事に追われていると感じている

仕事に追われていることをドヤ顔で自慢げに言う男性はいます。

仕事に追われていることを仕事ができる男と勘違いしているのです。

本当の意味で仕事ができる人は仕事に追われることはありません。

定時に仕事を片付けることができ、プライベートが充実して楽しめることです。

自宅にまで仕事を持ち込んで「あー昨日は徹夜で仕事したわ!でも、なんとか片付いたけれどね?仕事多すぎて大変だわ」など得意げに言う人はスケジュール管理ができてない。

このようなタイプは仕事だけが生きがいで無趣味な人に多いです。

仕事は1日の大半をしめる大切なものですが、仕事は一生付き合ってくれません。

趣味やプライベートを充実できない人は今の仕事が蹴躓いたときに別の発想が思いつかないものなのです。

柔軟に仕事をすることができないのです。

柔軟に頭の切り替えが出来てこそ、様々な仕事のトラブルを乗り越えることができます。

それには仕事に追われるような余裕のない日々を送っていてはダメなのです。

仕事が疲れる

仕事が疲れると感じている人は多いと思います。

たしかに毎日通勤電車に乗り週5日働くとなると疲れて当然です。

日本人は他国に比べると働き過ぎと言われていますし、働くことが大好きな民族だと思われているのです。

働くことが別に好きじゃなくても生活の為に働くしかないから働いているのが本音です。

どうして、他国の人は仕事をいていながらも充実感があるのでしょうか?
とくにイタリアやフランスの国を見ると表情でわかるように笑顔が多いです。

それは仕事に疲れていないからです。

オンオフの切り替えが非常に上手です。

休憩時間はランチをゆっくり会話をしながら楽しんでいます。

休みの日はプライベートな趣味を楽しんでいます。

オンオフの切り替えができることで仕事に疲れることはありません。

「しなきゃいけない」「仕方ない」と思い込んで働いていると仕事は疲れます。

自分の気持ちを少しでも切り替える努力をしてみましょう。

仕事効率化におすすめの方法

仕事効率化する為には自分の今の状況をしっかりと把握することが大事です。

自分の仕事をしっかりと把握できると段取り良く物事を進めようと考えます。

段取り良く物事をすすめるために大事になってくることはスケジュールです。

自分の予定を適当に決めていては1日を効率良く過ごすことはできません。

何故、ビジネス専用のスケジュール帳があるのでしょうか?
それはビジネスマンは予定が詰っているからです。

特に毎日のように外出する営業マンにとってスケジュール帳は不可欠です。

営業マンでスケジュール帳をもっていない。

スケジュール管理をしてない人がいるとすれば記憶の中で1日の動きを決めてます。

記憶の中でスケジュールを組み立てると隙間なく神経を張り巡らす必要があります。

そこまでしないと人間は記憶を覚えておくことができないのです。

毎日神経を張り巡らしていると神経が休まる暇がなく疲れてしまいます。

もっと仕事効率化させるおすすめの方法をとりましょう。

スケジュールを立てよう

まず、仕事効率を上げるために欠かせないことはスケジュール管理です。

1日の流れを「何となく」と決めていると曖昧になってしまい、本来やるべき仕事が結局はできないままになってしまいます。

何となくで1日を動いている人は基本的に大雑把な性格なのです。

仕事が残ったとしても「明日でいいかな」と思ってしまいます。

明日には明日のスケジュールがあり、プラス昨日の出来事をしなくてはならない。

玉突きのようにヒトツ終われば、休む暇もなく次のことが続いて行くエンドレスです。

スケジュール通りに物事を考えていれば今日のことは今日終わるように段取りを組むことができます。

たとえ急な出来事で予定が変更しても、明日のスケジュールを組むことで解決することができるのです。

スケジュールはスッキリさせる

スケジュールを立てようと思ったときに頭の中で漠然と組み立てることは良くないです。

頭の中で考えていると急なトラブルのときに記憶が飛んでしまうことがあるからです。

どんな人にも物忘れはあります。

とくに頭の中で記憶しているものは、新しい情報が入り込むと古い記憶が消去されてしまいます。

スケジュールを立てるときは、いつでも目で確認できるように記録をしておきましょう。

例えばマンスリースケジュールのような見開きページには簡単に時間と用件をまとめます。

週間スケジュールには更に詳しく用件や相手などを書き入れると良いでしょう。

最近では時間が割り振られている手帳もありますので、より詳しく書けます。

マンスリースケジュールに全てを書くとゴチャゴチャ感が強くなり、
何日に何時に誰と何の用件で会うのだろう?と自分自身でも見にくくなります。

一般的な手帳はマンスリーと週間スケジュールのページがあります。

上手に使い分けてスッキリとしたスケジュール帳にしてください。

スケジュールに入れる仕事は選ぼう

スケジュールを立ててみたものの、仕事で一杯になってしまうこともあります。

スケジュールを何の為に組み立てるのでしょうか?
自分自身の生活にゆとりを持たせるためにスケジュールを立てるのです。

何でもかんでも仕事を軽はずみで受けているとスケジュールは一杯になり、
いくらスケジュールを組み立てても、ゆとりはできません。

まず、大事な外せない仕事から選び、スケジュールを組み立てます。

そのときにスケジュールを見直して時間やゆとりがあるようなら仕事をプラスしましょう。

ゆとりがなく、自分の時間を削らないといけない仕事であれば翌月や予定がない日にスずらすことが大事です。

とにかく朝型生活にする

最近ではプレミアムフライデーなど大手の会社では15時に仕事を終えてプライベートを充実化させる動きがあります。

しかしプレミアムフライデーが実施されている会社は大手ばかりです。

中小企業や一般的な企業は、まだまだ浸透していないのが現実です。

15時以前に深夜まで仕事している方も多いですし、自宅に持ち帰り仕事をしている人もいます。

このような仕事をしていると翌日は必ずと言っていいほど寝不足です。

深夜に仕事をしていれば途中で疲れて仮眠をしたり、食事をすることもあります。

深夜に仕事をすると集中力を保つことができないのです。

ですが、深夜は無限大にあるような気持ちになります。

時間がないことで仕事がゆっくりとできるような気持ちになってしまいます。

仕事は早朝にする方が集中力がアップします。

例えば朝1番で誰もいない社内で黙々と仕事をします。

たった2時間だとしても驚くべき集中力で仕事をこなすことができます。

早起きは三文の徳という言葉がありますが、朝早く出勤することで満員電車にぶつかることなく朝出勤できます。

それだけでも価値あり、得した気分になりますがフレックスで時間が選べる社内であれば、その分、早く帰宅することもできるのです。

仕事もプライベートもスケジュールは一元化

仕事が頑張れる理由はプライベートが充実しているからです。

休みがあるからこそ、頑張ることができる。

永遠に仕事をしているだけじゃモチベーションも下がります。

仕事の予定もプライベートの予定も一元化することがおすすめです。

「この仕事を終えれば、バカンスが待っている」など気分を変えることができます。

仕事のスケジュールとプライベートのスケジュールを一元化にするのは・・・と、思う人もいますが、一元化にするからこそ乗り切れるのであればするべきです。

スケジュールは誰かに見せるものではなく、自分自身が見るものです。

TO DOリストを作る

毎日のように触るパソコンやスマホでTO DOリストをつくることをおすすめします。

スケジュールを手帳に書くことが三日坊主の人もいます。

これは日記と同じで手帳も購入したものの、初月のみ記入することありますよね?三ヶ月も過ぎると手帳すら見ないなんてこともあります。

そのような人は毎日触り見るパソコンやスマホのアプリを利用すれば良いのです。

パソコンやスマホのアプリの中にあるTO DOリストを作りましょう。

TO DOリストは日常業務で行うべきことを記録しておくアプリです。

「4月5日までにやらなければいけない仕事」などをスケージュール管理をできます。

仕事内容に期日を組み合わせて登録するだけでOKです。

感覚を信じた仕事術

感覚はセンスと同じで効率良い仕事をするうえで欠かせないもの。

人間には個々に違う感覚があります。

自分の中で直感的に「〇〇しよう」と思ったことが吉となる場合もあります。

その反対に凶となることもあるのです。

常に感覚で仕事をしてない方はインスピレーションが養われていません。

急に「〇〇しよう」と思っても「でもなぁ」と迷いが出てしまいます。

迷いが出てしまった時点で感覚を信じていないことになります。

このような状態のときは失敗することが多いものです。

感覚を常に磨き、インスピレーションを高めましょう。

自分の感覚を信じることは自信に繋がります。

自信のある仕事は失敗することがありません。

好きなものから終わらせる

よく料理で好きな食べ物を先に食べる派と最後に残しておく派がいます。

結局、最後に残していると「苦手な物」に思われてしまって片付けられたり、誰かに食べられてしまうことがあります。

仕事も同じで好きな仕事を最初に始めると効率良く終わらせることができます。

それは好きな仕事だからこそスピーディーにモチベーション高くこなすことができます。

苦手な仕事から先にとりかかるとモチベーションは上がらずに時間はかかるばかりです。

結局、次の日に持ち込むことになります。

学校の試験も同じ感覚です。

限られた時間の中で最初に確実に答えられる得意な問題をこなします。

その後、不安な問題や苦手な問題に残された時間を使います。

もし逆にしたら、どうでしょうか?答えられる確実な問題も時間制限で答えることができないまま終わってしまうのです。

大事なことは合計点数です。

仕事も全体の効率化を見つめるなら、好きなものから終わらせることがおすすめです。

自分の直感を信じよう

常に自分の直感で仕事を進めている人はインスピレーションが育てられています。

直感で物事を考えていない人は逆に迷いばかりがウロウロしてしまいます。

自分自身の直感を信じないで誰が信じるのでしょうか?直感を信じることは大事です。

直感を信じることは自分の考えに自信がある証拠です。

「〇〇をすれば、〇〇になるはず」物事を理論的に考えることができるのです。

しっかりと自分の中でイメージができてるからこそ自分の考えに迷いがありません。

自分の直感を信じられないことは曖昧だからです。

自分の中でイメージできないのに物事をすすめても成功することはありえないのです。

自分の感情周期を活用

自分の感情周期は御存知でしょうか?
感情はプラスの日もあればマイナスな日もあります。

毎日のようにハイテンションな方もいますが、それでも日によってはツイテナイ日があるのです。

例えば必ず朝は座れる電車なのに、その日に限って小学校の遠足とドッキングして社内に座ることができない。

ランチを食べに行っても先に入店してしまった1人の差で待たされることになる。

仕事が定時終了予定が思いもしないトラブルで残業になる。

何をやってもツイテナイ日は誰にでもあるのです。

全ては感情周期によるものです。

朝の時点で信号に捕まり足止めされる、電車で座れない、嫌な感じの人が隣に座る。

全ては朝からツイテナイ日がスタートしているのです。

このような日に直感を信じるとイタイ目に合います。

逆に朝から信号に捕まらずにスムーズに駅まで向かい、お気に入りのポジションに座れる、隣に座った人がマナーの良い人だったりすれば、その日は朝からツイテイル日になる。

全ては朝から始まっているのです。

今日は良い日!と思う出来事が重なった日は自分の感情周期をフル活用してください。

スピードアップを心がける

マイペースが一番と思う方もいます。

柔らかい言葉でいえばマイペースかもしれませんが、一般的にはドンくさいことです。

何故、マイペースは良くないのでしょうか?臨機応変が効かなくなるからです。

「これ、急いで」と言われた仕事でも急ぐことで失敗をしてしまいます。

それは慌ててしまうからです。

マイペースに物事を考えていると感覚がにぶるということです。

スピードアップを心がけていることでマイナスになることはありません。

仕事というものはスピードアップをすることで与えられた仕事を片付けることができる。

片付けることができれば、自分の時間がもてるのです。

スピードアップを心がけている人は頭の回転も良いものです。

「これ急いで」と言われても効率よくスピードアップして仕事を片付けることができる。

頭の回転は鍛えないと衰えてしまうのです。

仕事効率の思考は常にポジティブ!

「たぶん失敗するだろうな」なんて思っている人を信用できるでしょうか?
言葉に出さなくてもネガティブな人は表情を見ればわかります。

仕事効率の思考は常にポジティブを目指しましょう。

なんでも疑ってかかってしまえば、相手を信用することができない。

そうすると同じように相手も信用して仕事を任せてくれないのです。

片思いでは周囲からの信頼を得ることはできません。

不安そうな表情や言動を繰り変えす人は周囲も仕事ができない人と認識します。

仕事のできない人は仕事効率が悪い人と同じです。

自信に満ち溢れた表情を心がけるには常にポジティブでいることが大事です。

ストレスやネガティブ思考は✕

「こんな仕事の量、今日中に片付かないよ」「無理だよ」の口癖はネガティブ思考です。

何もしていないのに「無理だよ」という言葉に馴れてしまっている。

無理ということで「大変だね」と誰かに慰めて認めてもらいたいのです。

無理と言ったことで最初から努力をする気はサラサラありません。

無理だと言っても状況は変わらないのに無理と言う。

たとえ誰かが手伝ってくれたとしても「〇〇さんには無理だ」と下に見られているのです。

すぐに無理や出来ないと言うクセをつけてしまうと出来ることも出来ないと決め付けてしまいます。

何か仕事を与えられる度に出来ないストレスが溜まって行くのです。

反省と後悔はしない

はっきり言って反省と後悔をしていたら人生なんて前に進むことはできません。

何故なら人生は日々、反省と後悔だらけです。

反省はするべきところはすることも大事です。

ですが、反省ばかりしている人生は学習能力がないということにもなります。

後悔をする必要は全くありません。

後悔をしたとしても時間は後に戻すことはできません。

やり直しができないことに時間を費やし、モチベーションを下がることに何の意味があるのでしょうか?後悔は何も生み出してくれません。

反省と後悔をするのでしょうか?失敗するからです。

失敗しない仕事の仕方を考える方が時間を効率良く使っていることになります。

ナルシストになる

ナルシストと言うと悪いイメージがあります。

ですが仕事効率化を高める為にはネガティブよりはナルシストになることがおすすめです。

ナルシストは自分に自信があるからこそ、ナルシストになれるのです。

自分に自信がない人は迷いが多くて仕事をするうえで答えを導かすことができません。

自分は仕事ができると思い込むことも大事なことです。

ナルシストになることで自信がない不安な仕事も出来ると思い込めます。

ナルシストになることは一種の暗示のような意味があるのです。

出来ないと不安に思っていることでチャレンジをしないなら、結果に結びつくことはありません。

ナルシストになることは怖いもの知らずでもあります。

恐れないことで前に進むことができ、結果に結びつくことができます。

定期的に運動しよう

仕事効率化させるために見せかけばかり鍛えてもダメです。

心身共に鍛えるからこそ頭の回転率もアップするもの。

日頃、運動をしていないと感覚がにぶってしまいます。

運動することは肉体だけじゃなく感覚を鍛えることにも繋がるのです。

生活にメリハリを与えるようにしましょう。

定期的に運動することで身軽な動きを身につけることができます。

仕事でもアクティブな活動をすることができます。

毎日、運動をすることは肉体的にも疲れてしまいます。

定期的に運動をとりいれることでリズムがある生活をすることができるのです。

情報の取捨選択をしよう

あれもこれもやろうと詰め込み過ぎると自分のキャパシティを超えてしまいます。

やるべきことを見極めることも仕事効率化する為には大事なことです。

身軽であるからこそ、急なトラブルでも対応することができるのです。

予定を詰め込みすぎてしまうと、今日の出来事で一杯になります。

余裕がなくなることで自分自身がパニックになってしまいます。

情報の取捨選択をすることはメリハリのある生活にもなります。

ダラダラと1日を仕事に追われるよりも情報の取捨選択をして仕事効率を上げましょう。

選択肢はなるべく減らす

スケジュールを組み立てることが苦手な人は情報が多すぎることが原因です。

あれもこれも情報を取り入れてしまうと、どこから手を付けて良いかわかりません。

これは部屋の掃除と同じことです。

毎日掃除をする、片付ける習慣を身につけることで部屋は汚くなりません。

何か始めようと思った時にすぐにはじめることができます。

しかし、毎日掃除しないとゴミで充満している部屋は、まず部屋の掃除から始めます。

やりたいことが出来ないまま1日が終わってしまうのです。

部屋の汚れは心の乱れとも言われています。

スケジュールも同じです。

選択肢はなるべく減らすことでスケジュールにユトリを持つことができるのです。

メールチェックの時間を決める

オフィスで仕事をしているとパソコンは終始起動中です。

ついつい、メールチェックをしてしまうことありますよね。

メールチェックしたら返信をすぐにしないと忘れてしまうものですが、メールチェックを年中していると仕事がストップしてしまいます。

メールチェックごとに仕事を止めていることは集中力もなくなり、質の良い仕事をすることはできません。

メールの良いところは電話と違って即対応をしなくても良いところです。

ですが、メールの良いところを活かすことなく即変していることは自分自身のクセです。

朝9時にメールチェック、昼休み明け13時、就業前の17:30とメールチェックの時間を決めることで仕事の手を止めることがありません。

仕事作業をやる前、帰れる最後の仕事としてメールチェックすることがおすすめです。

記事やニュースを読む時はタイトルだけ

パソコンを起動していると思わず読んでしまうのが、ネットニュースです。

このネットニュースや記事を全部読んでしまうと次から次に目が移ってしまいます。

記事やニュースが気になったとしてもタイトルだけで抑えておきましょう。

正直、ネットニュースのタイトルだけ読めば記事を読まなくてもイメージはできます。

例えば大きなニュースであれば、あなたが記事を読まなくても情報は入ってきます。

必ず知らないといけないニュースは帰宅したときにテレビで確認できますし、帰宅途中の電車内でもスマホで確認ができるはずです。

仕事効率化するのに無駄な時間は作らないことを心がけましょう。

仕事効率におすすめの本

実際に会話して「あ、いい言葉を聞いた」と思っても日々の忙しい生活の中では、数時間後に「いい言葉」も忘れてしまうことあります。

ゆっくりと自分の向き合う時間に「いい言葉」を聞くからこそ胸に残るのです。

本を読むことは、何度でも読み返しができるのことです。

自分自身の行動に迷いがでたときに本を読み返すことで新たな発見ができます。

何度も何度も読み返すことで言葉は生かされてくるのです。

仕事効率におすすめの本は、たくさん出版しています。

本との出会いは一期一会のようなところがあります。

100人中、80人が心に響くと言った内容も残り20人と同じ感想を持つことがあります。

自分の人生で刺激を与えてくれる本を見つけてください。

イシューからはじめよ

「イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」著者は安宅和人氏です。

脳科学者と戦略コンサルとヤフーのトリプルキャリアが生み出した問題設定と解決方法になります。

そもそも「イシュー」とは課題設定のことです。

内容的は前半は課題設定が大事という説明から後半にかけて課題設定が決まったら、解決方法の質をどう高める話しになっています。

あらゆるイシューが設定されていることで解決する方法をリアルに学ぶことができます。

好き嫌いの個人差はあるものの、全体的に非常に評価も非常に高い本です。

仕事を効率良くできない、無駄が多い仕事に悩んでいる人に向いている単行本です。

THE ONE THING

「ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果」著者はゲアリー・ケラー 、 ジェイ・パパザン 、翻訳に門田 美鈴氏です。

内容は簡単に言えば、やるべき仕事は常に「1つ」ということを伝えています。

日々、忙しく膨大な仕事量に追われている人に見てもらいたい本です。

あれもこれもと抱えたところで大きな結果に結びこなせない。

人間は全てを効率力こなすことができないのです。

重要な1点を見つけて集中することが大事です。

そうすればドミノ倒しのように目覚ましい成果に結びつくのです。

では仕事において重要な「ココ」とは、どこのことを言うのでしょう。

重要なココの見つけたかと攻略法を学ぶことができます。

こちらのTHE ONE THINGを読んだ方も評価が非常に高く、「私の大切な教科書」や「内容に満足」している方が多いです。

A4一枚企画書・報告書テンプレート2000

「パパッと作る! バッチリ通す! A4一枚企画書・報告書テンプレート2000 (CD-ROM付)」著者は松田 千恵子、佐々木 直人 、 東京アカデミー・サポーターズ 、bizocean氏です。

内容は企画書や報告書作りで悩んでいる方におすすめです。

魅力のある企画書を作らなければ取引先の目に止まることはありません。

報告書が見にくいと上司に却下されてしまいます。

スクールに行き学ぶ時間もない忙しいビジネスマンにおすすめの企画のプロ集団が開発した企画書・ 報告書・図解・グラフ集になります。

企画書テンプレートは魅力的な思考フレームワークが組み込まれています。

それらの基本を書き換えるだけで、理路整然とした企画書を作成できるのです。

上司も納得の報告書がパパッと作ることができます。

その他も企画書作成のコツ、グラフ活用の 勘所、グラフ、イラストも含まれています。

どうも企画書や報告書作りに頭を悩ませ、長時間作業をしてしまうビジネスマンに効率良く楽して魅力的な企画書を作成しましょう。

武器としての書く技術

「武器としての書く技術」著者はイケダ ハヤト氏です。

イケダ ハヤト氏はプロブロガー」です。

最近ではブログ収入で生活できる、ブログ収入が注目されています。

そんな噂を耳にして一度はブログにチャレンジした方も多いのでは?もちろん、ブログを闇雲に初めて簡単にブログ収入を得る美味しい話しなどありません。

イケダ ハヤト氏は、この本の中で稼ぐための書く技術を惜しげもなく披露しています。

それは特別なことじゃなくビジネスマン、学生、主婦だとしても技術を身につければ稼ぐことはできるのです。

書くということは武器でもあり技術になるのです。

実はイケダ ハヤト氏は炎上することもある、ちょっとしたブログ会では有名な方です。

しかし、この本の中では読んだものが納得してしまう冷静な分析が見えます。

思わず頷いてしまう技術を手に入れてみてはいかがでしょうか?

時間に支配されない人生

「時間に支配されない人生」著者はジョン・キム氏です。

これは誰もが思うことですね。

忙しい毎日の中では分刻みに予定をこなすビジネスマンも多くいます。

ビジネスマンにとって腕時計はかかせないもの。

いつしか時間に支配されている自分自身がいるのです。

ベストセラーの媚びない人生に続く、待望の新刊が「時間に支配されない人生」です。

仕事効率化する為に時間活用術を勉強している方も多いと思いますが、ジョン・キム氏は逆に「すべてに時間を均等に配分することは人生に対する冒涜である」と考えます。

ジョン・キム氏は19歳で母国の韓国を離れて日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、そしてまた新たな天地へと渡り歩き挑戦を続けます。

1分1秒を自分の大切なことだけに費やす生き方を考えを違う目線で考えて見るのも仕事効率化につながる方法かもしれません。

仕事を効率化して素敵な人生を送ろう!(まとめ)

仕事を効率化するためには、自分自身を知ることです。

自分は何が優れているのか?何故、効率力仕事ができなのか?それを客観的に分析したうえで、スケジュールを立てることが大事です。

時には自分の感覚を信じて仕事術を身につけましょう。

迷うときは本を読み替えて自分の気持ちを入れ替えることも大事なことです。

仕事効率化できるとプライベートが充実します。

プライベートが充実すると仕事をする意味があるのです。

ストレスを全くなくすことはできませんが、プライベートが充実することでストレスは半減します。

仕事に追われて1日が終わる人生は、あなた自身が求めるものではないはず。

仕事効率化をして、ゆとりのある素敵な人生を送りましょう。