男性の方はそこまで多くはないかもしれませんが、女性の方は可愛い物が好きな方はかなり多いかと思います。

可愛い物を見ていると癒されますし、気分があがるという事から女性の方をメインで広く愛されていますが、かわいい物といえばたくさんありますね。

例えば、ぬいぐるみなんかは比較的年齢が若い方には愛用されている場合があり、人によっては大人になってもぬいぐるみが大好きな方もたくさんいるかと思います。

ぬいぐるみ以外にも、たくさんの可愛い物があり、例えば、キャラクターを模したようなグッズなどです。

代表的なものといえば、キティちゃんなんかは大人の女性からも広く人気があり、可愛い物が好きな方には広く大きく人気があると思います。

さて、そんなたくさんの可愛い物ですが、キャラクターといえば忘れてはいけないのがご当地のマスコットキャラクターです。

それぞれの地方には地方を代表するマスコットキャラクターの存在感が大きいです。

マスコットキャラクターはたくさんいますが、その中でもより可愛いキャラクターがたくさんいます。

なので、今回はマスコットキャラクターをテーマにして、可愛いキャラクターについてご紹介します。

️かわいいマスコットキャラクター!

マスコットキャラクターと一言に言ってもたくさんのマスコットキャラクターが存在しています。

今回ご紹介するのはそれぞれの日本の地方を代表するようなマスコットキャラクターを中心にご紹介しますか、マスコットキャラクターは地方を代表するものだけではなくて何らかのグループを代表するキャラクターとしても存在感を表しています。

例えば有名な所で言えばプロ野球球団のマスコットキャラクターとしてジャビットくんなどが存在しています。

ジャビットくんはプロ野球の中でも大きな実力を誇る巨人のマスコットキャラクターとなっています。

プロ野球と聞くと男のスポーツというような印象ですが若い女性からもたくさん人気があり老若男女愛されているスポーツです。

そんなプロ野球の世界にマスコットキャラクターの存在があれば巨人ファンのみならず可愛い物好きな女性からも人気が出やすいという狙いもあるかと思います。

事実巨人のファンの方はジャビット君の関連のグッズなどを集めたりしている方も多いようです。

可愛いマスコットキャラクターがいればその世界においてたくさんの人から愛されてさらにマスコットキャラクターの存在がその世界を盛り上げてくれる存在となってくれます。

日本の全国各地の地方には全国的に有名なマスコットキャラクターなと思いますのでこの機会にたくさんの可愛いマスコットキャラクターをご紹介していきます。

マスコットとは?

可愛いマスコットキャラクターをご紹介する前に、あなたはマスコットの意味合いを理解していますか?
マスコットというと何となく可愛いキャラクターと言うだけであって、実際の意味合いについてはなかなか理解していない方も多いので簡単にご紹介すると、マスコットとは人々に幸運をもたらすと考えられる人や動物、そして物のことを指し示している言葉であり、例えば身近において大切にしている人形であったり、何らかの団体のシンボルとして象徴されているような動物などを指し示している言葉です。

なので、マスコットは人や動物と言うだけではなくて植物だったり、もしくは色だったりする場合も考えられます。

しかしながらマスコットキャラクターと言う名前がつけばそれは人や物を指し示しているという考えができます。

なので、マスコットカラーといえばそれは代表的な色という意味合いになりますので、意味を理解して突き詰めて考えるとこのような違いが生まれていると考える事が出来ます。

もともとマスコットという言葉英語のマスコットという後から来ているのですがしかし英語のマスコットという言葉の語源に関してははっきりしていないことが多く、元々使われだしたのは19世紀であり、 1880年にフランスの作曲家が自身が制作した喜劇で使用していた言葉だそうです。

またフランス語の方言のマスコという言葉から来ていると言う説もあり、プロバンス語のマスコットと言う言葉の意味は魔法使い、おまじないという意味を持っています。

そう考えるとかなり意味が変わっているように感じますね。

なので元々の語源はあまり明らかにされていないと理解してください。

️全国のかわいい12のマスコット紹介!


マスコットの意味合いをご紹介したところでここからは全国の可愛いマスコットをご紹介していきます。

日本全国にもたくさんの可愛いマスコットが存在しておりその中でもさらに有名だったり可愛いマスコットについてご紹介していきますので、可愛い物好きの方には必見の内容となります。

最近は地方のマスコットキャラクターの中でも全国的に知名度を有しているマスコットキャラクターも存在しており中庭テレビ番組などで活躍するほどの目まぐるしい活躍を見せているマスコットキャラクターも存在しているので、知っているマスコットキャラクターもいるかと思いますが、知らないマスコットキャラクターもいるかと思いますのでこの機会にチェックしてみてください。

北海道 メロン熊

まずはじめにご紹介していく可愛いマスコットキャラクターは北海道のメロン熊です。

メロン熊北海道夕張市の北海道物産センター夕張店のマスコットキャラクターとして活躍しています。

メロン熊という名前の通りメロンと熊が組み合わさったような姿をしており何も北海道を代表するようなモチーフとなっています。

メロン熊の形状としては頭がメロンに立っているクマを想像してもらえればわかりやすいと思います。

夕張名物の夕張メロンと野生に存在する熊(ヒグマ)などを組み合わせたキャラクターになっており、設定としては夕張メロンを食い荒らして変貌したフルーツアニマルという設定として作られたそうです。

メロン熊はとても人気であり沢山のグッズなどを販売されているそうで、グッズに関しては熊の顔がついたマスクメロンに直接的に手足としっぽがついたようなデザインなのだそうですが実際にメロン熊の着ぐるみに関しては人間が中に入る都合もあり、胴体に手足がついてる様な形になっているそうです。

ちなみに余談ですがメロン熊に関しては複数種類が存在しており、元々のメロン熊は当初から可愛くデザインされているメロン熊だったそうですが、そこから可愛いメロン熊とは別に 本来狂暴であるヒグマを再現したような凶暴化したメロン熊なども存在するようになり、一般的にはどちらもメロン熊というくくりで呼ばれていますが、具体的に呼び名を変えるとマイルドなメロン熊と凶暴化したメロン熊と言い換えることができます。

最終的にメロン熊は3体の着ぐるみが制作されてお祭りなどでも披露されたりしているそうで、たくさんの方から愛されているマスコットキャラクターになっています。

今では全国にグッズ販売などがされており、人気のマスコットキャラクターだといえます。

宮城県 むすび丸

次にご紹介する可愛いマスコットキャラクターは宮城県のむすび丸です。

むすび丸は宮城県の観光PRキャラクターであり仙台宮城観光キャンペーン推進協議会事務局所属仙台宮城観光PR担当課長という役職も与えてもらっているマスコットキャラクターです。

豊かな食と文化に恵まれた宮城県を私達の大好きな食べ物であるおにぎりで表現されておりそして伊達氏を象徴する三日月形の兜をかぶっているキャラクターになっています。

実際に伊達氏を象徴するような紋なども描かれており、かなり本格的なマスコットキャラクターだといえます。

たくさんの人に宮城県の良さをPRするために宮城県の観光などをPRしておりその格好可愛い容姿からたくさんのマスコットキャラクター好きから人気を集めています。

ちなみにむすび丸はたくさんのスタイルが存在しており甲冑バージョンもあればお祭りバージョンもあり、スポーツバージョンなども存在しており3つのバージョン以外にもクリスマスバージョンや水産バージョン、ねんりんピックバージョンなどその時の状況によって様々なスタイルが存在しています。

むすび丸には様々な情報が公開されておりお祭りが大好きで子供達と写真を撮るのが好きで踊るのが好きだが暑いのが苦手と言うと特徴を持っています。

それ以外にも東北楽天ゴールデンイーグルスが好きだったり、ベガルタ仙台が好きなの地元のスポーツチームの事を大好きな特徴を持っており昼寝と温泉巡りが趣味と言うたくさんの設定が存在しています。

可愛らしいキャラクターでありながら伊達氏の甲冑などに身をまとった姿がなんとも勇ましく女子のハートを鷲掴みにしているマスコットキャラクターだと言えます。

秋田県 スギッチ

次にご紹介する可愛いキャラクターは秋田県のスギッチです。

スギッチは2007年に秋田県で開催された秋田わか杉国体・秋田わか杉大会のキャラクターとして2004年に誕生しており、その人気ぶりから最終的に秋田県のマスコットキャラクターとして一応県の職員と言う形になり2008年12月には何と主任に昇格しており秋田県のPRや秋田県の方法など県内での活動をたくさん行ってきた人気キャラクターです。

見た目としては杉の木をイメージしたようなそのまんま器の形をしており愛くるしい目が特徴的な人気のマスコットキャラクターです。

その可愛らしい見た目から全国的にもかなり人気を博しているキャラクターなのですが、なんと残念ながら2016年12月9日に秋田県が翌年11月29日をもってスギッチが県の職員を退職するということを申し出ていたと発表しています。

これほどまでにたくさんの空から愛されているスギッチがなぜ退職を希望しているのかと言いますとづまり引退理由としてはスギッチをもともと産んだ生みの親である原著作者との期限が2017年11月29日をもって満了するからと言うことであり、可愛い見た目とは違い現実のギャップが感じられる内容ですが、元々原作者の意向からスギッチを引退させたいという意向があり、たくさんの活躍をしてきたスギッチがこの度退職願いを出したということがきっかけなようです。

これまで出演してきたゆるキャラグランプリなどについては出場は検討中ということだそうで、もしかしたら活躍が見られないまま引退になってしまう可能性もあるかもしれません。

スギッチ好きな方には残念かもしれませんが、今のうちにグッズなどを購入しておかないと、後々に手に入れられなくなる可能性もあるので、ファンの方は早めに購入しておいた方がよさそうですね。

福島県 キビタン

次にご紹介する可愛いキャラクターは福島県のきみたんです。

キビタンは福島県が福島県の蝶である君たちをモチーフとして作成をしているマスコットキャラクターのことで主に福島県のPR活動でたくさん使用されているマスコットキャラクターになっています。

1995年の第50回国民体育大会が行われた時にキビタンは登場しており、開催中に沢山の選手や県民から愛されてその後にその活躍から福島県のキャラクターとして名を馳せる様になりました。

もともとキビタンは福島県が版権を保有していたわけじゃなく、版権を保有しているのは電通であり、大会終了後に記念として福島県へ無償で提供されたことをきっかけに福島県が版権を保有しながら活動を行っているといえます。

2001年に開催されたうつくしま未来博でキビタンのデザインが変更されて半ズボンを履くようになりなを新しい家族が加わり四人家族となって今もシンボルマークとしてたくさんの場所で活躍しています。

キビタンの見た目としては鳥を意識しているので鳥っぽいデザインになってはいるものの、なんとなく見た感じは鳥と言うよりかは黄色い果物の様な形をしているので、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、一応翼がついているのでそれらしくは見える様になっています。

可愛い物好きな方にとっては丸っぽくて可愛いデザインになっているので、グッズなども販売されているので購入してみてください。

茨城県 ハッスル黄門

次にご紹介するのは茨城県のハッスル黄門です。

ハッスル黄門は日本の水戸藩第2代藩主である水戸黄門をモデルにしたマスコットキャラクターです。

もともとは2007年の開催したねんりんピック茨城大会のマスコットキャラクターとして誕生しており、その後は茨城県において全国規模のイベントが立て続けに開催されていたので、引き続きマスコットキャラクターとしてたくさんの大会で活躍した過去を持っています。

2010年3月11日に開港した茨城空港のPRマスコットとしても活用されており、またカルビーのポテトチップス茨城限定バージョンなどのパッケージにも採用されるなど、たくさんの活躍の幅を広げているにもかかわらず正式に茨城を代表する統一マスコットとして茨城県から正式に認められるには至っておらず、その点だけが唯一残念な状況となっています。

だんだんとマスコミなどでの露出も増えてきて、多忙を極める日々が続いている中で、2014年には激しいダンスやパラグライダーなどの活動を行ったりできるスーパーハッスル黄門をお披露目しているなど、マスコットキャラクターとして求められる行動を日々進化させていると言えます。